FC2ブログ

知佳の美貌録「似たもの同士」 放浪する母

座布団芸者の道を選んだ久美の母
座布団芸者久美たち姉弟を置き去りにして男のもとへ走った母好子だったが、こうなって後も夫幸吉から逃れるため住む場所も職も転々としていた。

ある日突然店先に見も知らぬ女が現れた。店主にすれば大衆酒場を開いていて、訳アリの人妻が自ら進んで転がり込んでくるとは思ってもみなかった。
見るからに食い物が無くて困り果てた末に転がり込んできた女である。
翌日から店の看板として与える仕事はともかく、己自身不自由なく女を抱けることにほくそ笑んだ。

シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。

続きを読む

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「覗き見により発覚、追放」 解雇されたボイラーマンの後を追って

生ハメを覗き見長い夏休みが終わり、高原ホテルも書き入れ時を過ぎ、やっと一息つけるようになった。

久美は久しぶりに待たせておいたボイラーマンの仕事場、地下室へ向かった。

もう2ヶ月近く逢っていない。

ボイラーマンは多忙を極める支配人やフロントマンに代わって送迎をしてくれた時期があった。

一度関係を持って以降ず~っと、久美は求められるままにボイラーマンに抱かれた。

続きを読む

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「良き理解者を得て」 町議に身を任す日々

良き理解者を得て出産を終え、自分としては望んでいなかったが夫の実家に帰ることが出来た。 が、夫はもちろんのこと、夫の家族も何ひとつ育児を手伝ってやろうとはしなかった。

生まれたばかりの我が子が、少しでも泣いたりぐずったりすれば、夫の母 つまり義母は血相を変えて怒鳴り込んできて出来の悪い嫁、学のない育ちの卑しい嫁と久美をなじった。

生まれたばかりの子供を泣かさないよう、あの母がかつて実家で自分たちを育ててくれたように息をひそめて住み暮らした。

シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。

続きを読む

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「女が牝に変容するとき」 職場を避け森林公園の更に奥まった場所に向かうふたり

森林公園の人妻目を惹くほど美しくなっていく女を前にしたときの男たちの行動ったらスケベを絵に描いたような・・こうなると何かにつけライバルの女たちはその女を目の敵にする。

久美が地下室への階段を下りてボイラーマンのもとに、訳ありで通い始めたとの噂を聞くと、これまで沈黙を貫いていた支配人が真っ先に阻んだ。

聖人君子然としていた支配人は最初の頃こそ、なんやかやと業務を言いつけ事務所のあるフロアーに縛り付けた。

だが職務上の身分は上でも実務では到底かなわなく久美は独り歩きする。願いが叶わないとみるや、フロントマンたちを巧妙に使ってゆく手を阻ませた。

おばちゃんたちが支配人に告げ口する。そのことをフロントマンは久美に告げ、長話に持ち込ませるのである。男と女の関係になれなくても一定期間共に過ごすことが出来れば古んとマンの溜飲も下がる。

それでも久美の意志が固く、払いのけてでも行こうとすると支配人の八幡はボイラーマンを事務所に呼びつけ、彼に向かって久美の前で解雇通告を突き付るのである。

続きを読む

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「森林公園にて」 熟女の魅力に取り憑かれると思った以上に溜まるらしく・・

誘惑しラブホに連れ込み・・人妻に横恋慕した男の一方的な思い込みほど怖いものはない。

「おばさんの旦那が怒鳴り込んできたんだって!?」

ボイラーマンの荒ぶる声が事務所から漏れ聞こえた。

「だからそれは、ちゃんと解決済みだって!」

支配人はボイラーマンに向かってもうおばちゃんとの関係は切れてると懸命に言い張っている。

だが、肝心のおばちゃんは若い肉体が忘れられず、相変わらず深夜になるとこっそり忍び込んで関係を続けてくれていた。

シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。


続きを読む

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「ボイラーマンの貢物」 連れ込まれたのはいわくつきの墓場

密会に選んだでくれたのは墓場高原ホテルのボイラーマン 篠原は町の議員であるにもかかわらずここでは一介の臨職に過ぎず機械の見張り程度の仕事と思われ、兎角疎んじられていた。

憧れの眺望と温泉がウリの高原ホテルにあって冷泉しか出ないなどと知れ渡れば客足は遠のく。それをカバーしてくれたのがボイラーマンの篠原だった。

始めの頃こそ哀れみや、正義感にも似た気持ちが久美の中に湧き彼を殊更にかばった。

生まれや育ちこそ違えど、置かれている立場に、話を進めれば進めるほど、聞けば聞くほど自分と違いはないように思えたからだ。

シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。

続きを読む

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「闇の支配者」 陰の実力者あっての高原ホテル

闇の支配者高原ホテルには表向きの顔と影の顔があった。

うらぶれた片田舎でなければとっくに倒産に至ってる接客サービスの何たるかも知らない経営者が建てたお化け屋敷のようなホテル。

そんなホテルをつかさどる表の顔とは代々庄屋にありがちな如何にも温厚そうな顔で周囲を睥睨、頭を低くすれば身をもって助けてやらんとする顔だ。褒められれば褒められただけ納入業者や借り入れた銀行に本来支払う筈のカネも手下と共に遊興費として右から左に垂れ流し、客としてきた身内に近い者にはロハ大盤振る舞いするのだ。

彼らに開設当初借り受けた金銭がすべて借金という意識はない。口八丁手八丁で得た金は全て純利益として豪遊したのだ。

陰の顔とは一見穏やかな顔をし銀行・会計事務所らが組んで実態を暴き彼らの資産を残らず没収しようとするものだ。

シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。

続きを読む

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「女に疎い支配人の送迎」嫉妬心が渦巻いて

嫉妬心が渦巻いて客も寄り付かない廃屋寸前のホテル

そんなホテルでも倒産させるための書類整理は山ほどあった。

アルバイトの身でありながら

連日泊まり込みで書類整理に明け暮れた。

極秘書類を扱うからには一般事務職が使う部屋では支障をきたす。

そこでホテルでは久美だけ特別な部屋に通された。

シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。

続きを読む

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「ボイラー技士召喚」 人恋しさに地下室の彼の元へ

通い妻 地下のボイラー室で密会高原ホテルは元々低温度ながら温泉がわき出ていたと聴いていた。

それが、久美が赴任したころには既に湯など湧き出てはおらず冷泉となっており入浴はもとより

シャワーすらもボイラーで追い炊きしない限り使えない状態になっていた。

新設当初はボタンを押せばボイラーが立ち上がりお湯が沸いていたが、なにせ温泉は硬水、時間と共にパイプは詰まり施設は錆が回り、メンテナンスを施さなければ動かなくなった。
シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。

続きを読む

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「人生相談」 生活保護一歩手前の苦悩

廃屋を思わせる安アパートで「ウチってなんか変・・」卒業したら一緒に住みたくない!!
あの頃のお母さんってまるで怒鳴るようにまくし立ててた。末娘の留美が語る偽らざるあの時代の感想だ。

一家にとって唯一の団欒の場となる食卓で、今日も久美は旦那を相手にまくし立てていた。

勿論旦那は言われていることをちっとも理解してない。だが不思議と合いの手だけは打つのである。久美にとっては腹立たしい事この上ない。

その、叱られている当人は反省するどころか大皿に盛られたおかずをひとり抱え込んで、しかもそれだけでは足りないような顔つきをしつつ食べ、酒を呑み、タバコを吸っていた。

子供たちは仕方なくご飯にふりかけをかけボソボソと食べていて、一家の大黒柱である久美は もうそれだけ用意するのが精一杯、食べ物が何処をどう探しても無いのである。


続きを読む

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「発達性障害」 結婚相手に選んだ男は生まれつき人の感情が理解できなかった

人並みのことが出来ないオトコ生活苦に陥ったのは久美が2番目の女の子を身籠った頃からだった。

人の感情、ましてや家計のことなど理解しようもない夫は、連日現場に出かけてもうつろな目を宙に泳がせ、働こうともしない日々が続いた。

そうなってくると、いくら一人親方 兄に使われている身とはいえ給料は周囲と同様に払ってもらえない。

その、足らずまいを妊婦である久美が何とかする毎日が続いた。

続きを読む

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

知佳の美貌録「山のようにたまった伝票」 黒字を赤字に塗り替えるための格闘

二重帳簿 花代計上会計事務所から突然の呼び出しを受けたのは7月に入ってからだった。

それは、温泉街の旅館の女将から使い込みの疑いを受け、突然解雇された直後だった。

「女将さん、貴女は根も葉もない犯罪をでっちあげ、久美さんを解雇に追い込んだ。久美さんの事務処理は完璧でした。本来あのような運営をなさっていては倒産するのが当然、それを何度も忠告したはずです。もとはと言えば、一緒に住んでおられる男の方が金庫からこっそりお金を抜き出し、遊興にふけったことも原因の一端にあります。とても面倒を見切れませんので、こちらも今日限り取引をやめさせていただきます」

呼び出された会計事務所で、女将を目の前にしてきっぱりと言い放ってくれた。

続きを読む

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

御託を並べ立てた末に始まる恋も不倫も元はと言えばたかが性処理

今朝の記事の中に典型的な女性像がある。
鷲見 菜々子 28歳と花村 千咲 39歳
双方とも激痩せし花村 千咲 39歳は体中にタトゥーまで入れていて、その荒み切った生活が垣間見えるよう。

男と違って女は食べることを我慢する。文字通りやせ我慢だ。

食べたつもりになって空腹をお菓子や飲み物で誤魔化す。つまり安価な糖分で紛らすのだ。

骨からカルシュウムを抽出させ、それをエネルギー・・つまり激情に変え身体を動かす。

これが日常化すると拒食症に陥る。食べ物の味が、空腹がわからなくなるのだ。

このようにして彼女らは眼光鋭い激痩せ・・つまり女の鏡を手に入れる。

お金なんかその気になればなんとかなるという風にやけっぱちになる。

我が子を家に置いたままパチンコ三昧し餓死させて逮捕された・・を絵に描いたような女たちだ。

タトゥーは恐らく彼を誰にも渡したくなくて彼命のつもりで入れたんでしょうが、見事にフラれ行く当てもなくAVに出演を依頼し、しかも激痩せとなると捨てられた腹いせに遊びまくって散財、その生活苦から業界を頼って来たんじゃないかと思われますし、ただ単に不健康そうな身体の鷲見 菜々子 28歳は子供をほったらかしてパチに走りお金に困り・・のように思えます。

いづれ劣らぬ激情型でヤリマン女 イコール性処理には最適な女ってことになる。

死ぬほどスキだのアソコがキュンキュンするだのヌカすのは要するにハメてもらいたくて子宮が疼いて我慢できないだけ。

タダポックスなんて商品を使って勃起させ、その膨らみを見せつけながら彼女たちが好きで堪らないんだと懇願すれば、これ幸いと誰にでも股を開く節操のない女のようにみえる。

それでなくても「婚期を逃さないように」とか意味深にのたまうのは、要は熟した身体を持て余し・・なのだ。

考えてみると知佳も10代とか20代前半は決まったボーイフレンドとかいても雰囲気が知佳好みとかちょっとキュンキュンしたりするとその場限りの男の人と気持ちとか関係なくエッチしてた。

ちょっとした会話の中とかで軽くにおわせる時もあったりして、一日に何人もって時もあったよ。
それはそれで楽しかったし、一瞬だけど懸命に求め合うじゃない?その一生懸命が気持ちよかった。
よく人数とか何本とか言われるけど、そんなのいちいち覚えてないし彼も聞いても来なかった。

だってさ、同棲中とかいう友達は外で頻繁に誓う人とエッチしてて、それで一生に暮す人 その理由で拘束しないでしょ?

不倫なんて言葉が出るようになったのはアラサーあたり?結婚とかいいだしたあたりからかな?
そのころになるとさすがに言い寄ってくる人減ってきて、仲間同士でも盗ったとか盗られたなんてよく揉めてた。
身に着けるものが高級になってきたのと反比例し、言い寄る男性は明らかに減って結婚を焦った。

10代ころと違って異性が身体の中に入ってきたときの後追いする感覚はアラサーになり始めたころから高まったから、若いときの男性遍歴って確かに不倫のような心が動くものじゃなくおしゃべりとか、せいぜい手をつなぐ程度?
シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

女の中の何かが変わる

このブログを通じて人間の生涯は家庭環境に左右されると幾度も書きました。

今回はそのことについて書きます。

ここに登場する彼女はあの、女衒の子孫であり久美の娘で当然家系環境に問題がありました。

オギャーと生まれたその時既に女を売り物にする運命にあったのです。

発達性障害様の思考の持ち主である父親は人付き合いが下手どころか人の心情が読めず、しかも育児や家事どころか仲間と折り合えず、従って稼ぎもままならず、酒たばこの我慢もできず無いない尽くしの中、ひたすら小さな体の久美におんぶにだっこでした。

高原ホテルでも書いたように久美は、寝る間も惜しんで稼ぎに出ていました。

従ってこの記事の主人公の女は半ば育児放棄状態の中で育ちました。

欲しい何かを手に入れる手段はだから、親ではなく他人にねだるしかなかったんです。

祖母の好子にしろ久美にしろ男が泣いて喜ぶ身体を備えており彼女もまた劣らずで多少頭が足りないものですから従って愛想は非常に良いのです。

ろくな教育を受けないということは成績にも影響を及ぼしました。

生まれつき痙攣発作という難病を抱えていた彼女はその影響が学業に出てしまいました。

成績が振るわなくても小学の頃は大人しくしていましたが、中学に進むと落ちこぼれ同士徒党を組み深夜徘徊が始まりました。

親の留守に仲間同士集まって酒たばこ・・それがある日仲間のひとりが万引きをしたことから警察の御厄介になり札付きと称されるようになります。

高校進学のための内申書など期待できるはずもなく、当然生活は荒れました。掛け持ち仕事に奔走する久美の心配をよそに徘徊が頻発、それが元でせっかく入った産業高校も中退に追い込まれます。

父親は茫然と眺めるだけで何もできず、とうとう警察を通じ民生委員に親代わりに面倒をみてもらうことになることになるのです。

先にも書いたように彼女はとても魅力的な身体をしていました。

未発達の、しかも魅力的な肢体に老いが迫る生活指導員が夢中にならない筈がありません。

彼女は初潮を覚えて間もなく当時民生委員をしていた男に深夜徘徊を止めさせるための補導と称し既に手を付けられており、余程好みに近い女だったんでしょう程なくして自身が経営するコーポの一部屋を与えられ暇さえあればセックスを仕込まれ始めました。

あらゆる強制剤を服用し勃起を促進させるなどして彼女の気を惹くことに全力を注ぎました。

こうして二十代前半で既に交尾の何たるかを知り尽くしていました。それでも男女の体力の差は埋めようもありません。

生来天真爛漫な性格の彼女、民生委員の男に大人の交尾を仕込まれつつも、隙をみて逃げ出し深夜徘徊していたあの仲間と遊び歩いたんです。

生活指導員は烈火のごとく怒り彼女を𠮟咤しましたが、彼女が別れを切り出すたび矛を収め彼女の交情を許しました。

彼女がこうまでして若者の集まりに出かけるのは生活指導員が仕込む身体の関係より若者同士の精神的つながりが彼女に合っていたようでした。

だから金銭が絡む囲われの身でも20代の頃は身勝手な行動で相手を振り回す若さがありました。
それが、30歳を超えたころから彼女の中に微妙な変化が起こり、しかも与えられた部屋の様子も変わってきていた。

生活指導員に囲われた当初は部屋を飾るものと言えば親が与えてくれなかったお人形屋おもちゃ専門だったが、何時の頃からかちゃんとした大人用の家具に変わり、実家と同じ畳に敷布団だったものがダブルベッドに変わり・・
そして、生活指導員の趣味であるアダルトのCDがやたら多くなっていた。

女に聞くと、男がそれを観て大きくし女にのっかって楽しんでいたものが
いつのまにか二人で鑑賞しどちらからともなく誘い合うようになり・・
大人のそれと同じかそれに近いやり方をするようになっていました。

男は主だった技巧をCDを参考に駆使、女はモニターに映し出された媚態と同じ刺激度合い、時間を望んだ。
望んだというより二回りも歳の離れた生活指導員相手に何度もせがんだとのこと。
ふにゃチンなんかで..と
親子ほども年の違う男性のソレをせせら笑っていた彼女。

この頃から立場が逆転し始め、生活指導員が気が付いたときには彼女はボーイフレンドなるものを連れて遊び歩くようになっていました。

立場上これを止めることが出来ない生活指導員は幾度も親に泣きつきました。

お金を出し、これまで面倒をみてきたのは誰なのかというのが生活指導員の秘めたる気持ち、それを知っているだけに久美も悩みました。

生活指導員の奥さんや娘さんも知ったうえでの不貞であり、癌の闘病生活を送る奥さんに後釜にと考えないでもなかったからです。

奥さんも旦那の性癖を知り尽くしており、女性問題が湧きおこるたびに家庭大事と目をつむってきたわけです。

だが、結婚したいと言い張る彼女を誰も止めることが出来なかったんです。

なぜなら久美たち一家は旦那の稼ぎがほぼないものだから、彼女の生活指導員から得るお小遣いに頼り切っていて反対などと到底言えなかったのです。

彼女は結婚を殊の外急ぎました。

同窓と同じように一人前の女になって一家を構え愛の証である子供が欲しかったからです。

それはそうだろう、世に知れれば手が後ろに回る生活指導員との房事に明け暮れた挙句出来てしまった不貞の子供など望まないからです。

生活指導員が家に帰れない彼女に宿を世話するとほのめかし半ば強引に手を出した、確かに祖母も母も溺れたように彼女もまた生活指導員の男根に溺れました。しかしそれに対抗するが如く結婚も生活指導員の反対を押し切って素早く行われました。

新居の全てはどちらかと言えば貯蓄のない愚鈍な介護士の彼に頼らず、生活指導員から得たお金とバイトで得たお金で彼女が賄ったんです。

結婚して間もなく彼女は第一子を孕んだが相変わらず生活指導員は遠慮寄尺なく彼女の身体を弄ぶものだから、妊婦検診で胎内の子の心臓の鼓動が確認できずやむなく取り出した。死産だった。

いきり立った彼女は遮二無二旦那に夫婦関係を強要し年子で二番目の子供を妊娠したが、既にこの頃になると旦那の彼女に対する愛情と言おうか交尾熱は冷めており、旦那に代わって新居に生活指導員が押しかけ、旦那の留守に彼女を癒すため抱き続けた。

彼女は拒まないどころかお小遣いをくれ、常に買い物に付き合い、時に家電まで買ってくれるものだから生活指導員をおおっぴらに、しかも快く迎え入れ始めた。

しかもこうなったことで外に男を作って遊びまわるようになっていった。

彼女の荒んだ心を射止めたのがネトゲ仲間の男だった。

三十路を過ぎ、あれほど大人の肉体関係を毛嫌いし同級生の男たちと心の繋がりに走っていたものが、いつの間にか胎内を掻き回してくれる強い男なしではいられなくなっていたのだ。

生活指導員は満足できるような状態で身体を差し出さない限りご褒美をくれない。生活費に事欠き、だが、躰はより刺激的な男を求め悲鳴を上げる。

ある日の事、旦那が仕事に出かけたすきにネットで知り合った男と1回こっきりのつもりで逢い交尾し、その強靭な肉体と知的なマスクに夢中にさせられてしまう。

それはそうだろう、旦那は身の丈6尺豊かとは言うもののデブで見るからに愚鈍、女に興味を抱いていない。

生活指導員はチビ・デブ・禿の3拍子揃っており、しかもAVを見ないと勃起しない老害。

そこへゆくと彼は族上がりかと思えるほどキリッとしていて、いつでもどこでも転がしてくれ しかもピアスまで付けたイケメン。

それも人妻と知っていて全力を傾け寝取りを試みてくれている。

その彼からのお誘いを、どうしてもはねつけられなくなっていた。

女の中の何かが三十路半ばにして変わったのだ。

旦那や生活指導員の目を盗んで子連れで逢瀬を交わしていたが、彼の女になって子を産みたく2歳に満たない我が子を家に置き去りにして旅行に出かけ大騒ぎになった。

そしてとうとう彼女は我が子の待つ家に帰らなかった。

調停離婚しほとぼりが収まった頃合いを見て彼と結婚し、今新居を建てふたりの子まで成し幸せに暮らしている。

ただ普通と違うのは未だに自分を真の女にしてくれた生活指導員のことが心に引っかかるのか、時に彼の願いをかなえてやって旦那と違うアソコで気持ちを落ち着かせてもらってるようなのだ。
シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

男はチャンスを最大限利用すべき

愚鈍な使い走りであっても時としてチャンスが巡ってくる時がある。

W不倫にすっかり気を良くした男はつい手抜きし、己の趣味に走った。

イラついた人妻は夜の街を飲み歩き普段目もくれなかった愚鈍そうな男に、つい声を掛け流れのまま身を任せた。

「オンナがいないんじゃ溜まってどうしようもないでしょう」ヌイてあげましょうかと言わんばかりに男の車に乗り込んで終わったら家まで送れと言って来た。

狭い車の中とはいえ、もう完全にウエてるもの同士が逆向きで互いのアソコを魅せ合うんですから、男としてはたまりません。

みつえは裕二のクンニにもう30分近くも苦しんでいた。

裕二は近所に住む自由業者、つまり便利屋でみつえは夫が叶えてくれそうにない頼みごとを、この裕二という男にほとんど報酬などというものを渡さずやらせていた。

裕二がそうまでしてみつえの言うことを素直に聞いてくれるのは一にも二にもみつえにぞっこんだからだった。

みつえは地区でも飛び切りの美人。

しかもどちらかと言えば見栄っ張り、

夫の拓海と結婚したのも仲間同士の会話の中でうっかり拓海が自分に気を寄せていると言いふらしてしまったからだが、

噂が広まってしまった以上言い出しっぺの自分の方から断るわけにもいかず、ずるずると時が過ぎ嫁ぐことになってしまった。

拓海の名前を出したのは彼が3高だからではない。

家柄と財産は十分すぎるほどあったがブ男でしかも年下、仕事以外何の取り柄もないが見栄っ張りのみつえに逆らうような真似はしなかった。

友達の間でも色恋沙汰では一番に名の上がるみつえにとって、これほど好都合な男はいなかった。

美人で聡明ながら生来のけちで下半身がだらしないことだけは周囲に伏せておきたかったからだ。

なるほど夫は良く働いてくれた、

しかし家柄が良かったせいか稼いだお金をみつえの言うまま自由に使わせてはくれなかった。

みつえは仕方なく小遣い欲しさにパート・アルバイトに出た。

だがその稼いだお金は生来の見栄っ張りで消えてしまっており、内情は火の車だった。

プ~太郎の裕二を色仕掛けで口説き、家の周りの雑事からアッシー君までやらせた。

その裕二が何処から聞き付けてきたのか「これまで働いた給金をよこせ」と言ってきたのである。

「そんな・・・ あんたとウチの仲で・・・第一働いたっていうけど、これまで何をしてくれたっていうの」

いつ何をさせたかみつえには大体わかっていたが空とぼけた。

「麗子ちゃん、ほらっ、みつえちゃんの同窓生の」

「麗子ぐらい覚えてるわよ。それがどうしたっていうのさ」

玄関先に坐しおどおどしながらお金を要求する裕二に向かってみつえはやにわに立ち上がり睨みつけた。

「麗子ちゃんに計算してもらったんだ」

恐る恐る懐から出してきたのがミミズの這うような字で書かれたみつえから依頼された内容書だった。

末尾に数万円の文字が麗子の手によって書かれていた。

「あんた、どうして麗子なんかに・・・」

「みつえちゃん、知らんかったんか。 麗子ちゃんは拓海さんのいい人だったんだ」

みつえがあることないこと言いふらしたおかげで麗子の実家が勘違いし、諦めさせた経緯があると裕二は言った。

「そんな昔のことなんか・・・ それにあんたがウチに惚れてたことぐらいウチだってとっくに気づいてた。だから・・・」

「それ知っててタダ働きさせておいて、余った時間にお金を渡し他の男とか」

「ウチが誰と付き合おうが裕二にゃ関係ない話でしょうが!」

「うにゃ、関係ない。黙っとくからお金の代わりにみつえちゃんのアソコを嗅がせてくれ」

「嗅いだら気がすむっていうの、これまでの給金もなかったことに?」

玄関に這いつくばるがごとくひれ伏してみつえをやり取りしていた裕二。

当のみつえにもその視線の先がスカートの中に注がれていることにとうに気付いていた。

何かにつけて仕事にかこつけ家を留守にする夫の拓海、

パート・アルバイトもそれほど収入があるわけでもなく久しく男に飢えていた。

その仁王立ちしたみつえの脚に裕二の熱っぽい手が伸び絡まった。

「これからもこれまでと同じようにみつえちゃんに尽くすから、なっなっ お願いだから」

玄関先で押し倒されたみつえの上に裕二が覆いかぶさり遮二無二胸を探ってきた。

子供を産み、一層豊かさを増したみつえの胸だが久しく空き家になっていた。

愚鈍とバカにしていた裕二だったがみつえにして驚くほどの強力で衣服を掻き毟り、ブラをたくし上げて乳房にむしゃぶりついてきた。

まるでグローブのようなゴツゴツした手が豊かな乳房を鷲掴みにし揉みしだく。

「ほらっ、こんなに乳首が尖ってきたよ。これ、吸っていいんだよね」

これまで幾度も浮気を繰り返してきたみつえだったが自宅の玄関で男を迎え入れたことはない。

脳裏に夫の顔がちらつき、どうしてもその気になれないでいた。

執拗に迫る裕二から逃れようと身を揉むみつえ。

蠢いている間にみつえのスカートはすっかりめくれ上がりパンティーが丸見えになった。

裕二の乳首への責めが効いたのだろう、パンティーが見えてしまっているにもかかわらずみつえは両足を開いて裕二を振りほどこうとした。

振りほどかれてなるものかと裕二もみつえの下腹部を左手で押さえ込む。

やがてその抑え込んだ裕二の指がみつえのマンスジをパンティーの布切れ越しに捉えた。

「みつえちゃん、なんだか湿って来てる」

「うそよそんなの、ウチはそんなふしだらな・・・」

「だって・・・ほらっ びっしょりだよ!!」

みつえには反す言葉もなかった。

裕二の執拗な押さえつけを受けている間中、当の裕二は気づかなかったかもしれないが股間のふくらみがみつえを苛ましていた。

衣服を身に着けたままではあったが裕二の股間は幾度もみつえのマンコにアタックを繰り返してくれていた。

その、どうしようもなくなったマンコにやっと裕二の指が割り入ってくれている。

みつえの、夫の手前と抗い続けた気持ちが久しぶりの男の情熱に揺らぎ始めていた。

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

男にとって都合の良い恋愛

このブログには幾度も寝盗られ記事を書いてきました。

頭が古い男性は機会あればよそ様の女房を寝取り、よい想いをしたいなどと考えますが・・

時代が代わっていつも間にか女房が寝取られる。すると己の地位を固めることが出来ると考える夫が増えてきたようなんです。弱みを握ってなんとやら・・です。

男が燃える寝盗られとは旦那をよその女が寝盗ったことを云うのではなく、女房がよその男に屈することを言うのではないかと思われます。

しかも、
妻がよその男に騙され寝盗られた、その歯ぎしりしたくなるような男の心情こそ「寝盗られ」と騒ぐんだと思っていたんですが、実情はいつの間にか変わってきていたんじゃないかと、最近の世相に思いつつありました。

何かにつけすべからく妻が実権を握る時代が来たとでも申しましょうか・・

そんな中、今日のライフに下記のような題の記事が掲載されました。

「女にはわからない・・・40男が求める愛は〇〇欲求!?」

記事を読み進めていくとその根幹に、他の男と比較した時、唯一無二自分が優れていると妻が感づいてくれることとありました。

寝盗られたことで、改めて妻を盗られたくないと夫が妻を守る気持ちになった・・・それもありますがそうじゃなくて、

寝盗られた妻本人が夫の良さを再確認し、×の悪さに戻ってきて尽くそうとする。その愛が欲しいようなことが書かれていました。

寝取ってくれた男と比較されることで自身が妻を見直す。つまり家事・育児を担うなど・・ではなく、妻の方から自身がいかに優れているのか開眼し認めてほしいという幼 児の駄々に似た要求を今節の男はするようになったとでも申しましょうか。

平たい話、寝盗られ振り返ってみれば裏切ったはずの旦那との行為・性活がいかに優れていたかがわかるであろうから、気のすむまでよそ様に抱かれて来いというもの。

偶然街で見かけた女に声を掛けたらとんとん拍子に結婚へと・・だが、何時の頃からか離婚をちらつかされる。

アンタなんかタイプじゃないと事あるごとに罵倒される。

そんな屈辱に耐え尽くしたことで再び夫の座に帰り咲くというもの。

AV動画でもこんな様子を揶揄し、よそ様に寝取られる妻の様子をベッド脇で見守りつつ、耐え切れなくなり擦るというものではありません。

夫とは夫婦生活の中でも性の部分で尽くしてほしいんじゃなくて、金銭と家事の部分で尽くしてほしいというもののようなんです。時にこっそり遊んでくるのは大目に見るようになってしまったようなんです。

「わかっています。だけどやっぱり彼女にとって自分が過去にも未来にも最高の男だと思われたいんです」

これって情けないことに「我と思わんものは我が妻を寝盗ってみてくれないか!!」 という貸し出し宣言じゃないですか。

かつてはとかく夫の目の届かないところで若い男に手を伸ばそうとする妻が話題に上り、こぞってメディアは叩いたもの。

ところが現実は立場が逆になりつつあったんですね。

レスに耐えきれなくなって妻は浮気し、当然ご無沙汰だったでしょうからその時は徹頭徹尾逝かされます。

その、

逝かされ、飽きられ、捨てられそうになった時、夫に助けを求めて縋り付け!!という、誠に女にとって都合の良いもの。

逝き始めた妻、それに向かって食わせて面倒見てやってるんだから振り返れと駄々をこねる夫。 これって覗き見AV撮影中じゃないんですよ。 現実にです。

確かに既婚、或いは恋人がいながらセフレを求める女性が爆発的に増えてはいます。

家計を助けるためと称し、デリに籍を置き高額報酬を得る人妻が急増しています。

ですがそれは同じ一生を送るなら周囲の誰よりモテたいと願うのと、受け取った高額報酬で遊び歩きたいだけのもの。

けしからんことを妻や恋人がしていると、憤るのが普通なんですが...

それを暗に助長し自分には女房がいると自慢したがるのが現代社会の男。見た目優れた女をツレと自慢したいがための変な癖なってきつつあるようなんです。

そう、どこかで見てきた風景と思ったら、かつて嫁いだ女性が置かれた立場そのまま今風にひっくり返っただけだったんです。

飢餓に飢えるより食べ物を持ち帰ってくれる女房が有難く思える。

中流階級を気取るなら見栄えの良い女房は必須・・このように考えるようになったというわけです。

未だ古いタイプの旦那から離れられなくレスに悩む人妻さん、こういった男たちをどう思われますか?

そろそろよそ様の奥さんに熨斗付けてくれてやる時期が来たように思えるんですが、違います?

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

人妻の快楽のための不倫や女の子のウリを正当化且つ擁護する社会現象

不倫と言えばかつては男性の独断場でした。

特定の女性が男性に狩られる時を待つというのが不倫の構造でした。

ところがある時代から、この構造に変化が表れ始めました。

女性の社会進出を法律で後押し・・、というのがその時代の始まりではなかったかと。

最近のニュース、記事を読むと既婚者同士のW不倫が蔓延しています。

その ある意味男性の専売特許と思われた裏切りを働く割合が半々になりつつあるようなんです。

このままでは確実に女性のソレは男性の域を超えるでしょう。

原因はというと・・、恐らく当初は男性が性を謳歌しやすい社会を作り出すことを念頭に置いた制度改革?を行ったことが発端ではなかったかと思われます。

ところがどっこい、女性は強かにこの機会を狙い不倫やウリを擁護する社会現象を叫び始めたんですね。

盗撮だの猥褻だのを矢鱈つるし上げておきながら、一方で性の解放のため不貞やウリの擁護を叫んだんです。

時として溜まり過ぎれば犯罪に手を染めてしまう男性の弱点を逆手に取った手法を強要してきたんです。観音様には逆らえないことを盾にとってです。

以前からこの問題について記事にしてきたんですが、生物は性をつかさどる脳の働きに反して理性を保つことは並大抵のことではありません。

もしも性を心の中に閉じ込めたまま、理性だけを働かせ続けたとすれば、寿命は極端に短くなるでしょう。

ひょっとしたら 人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり・・・になるかもしれません。

学問なども持続して思考できる範囲はせいぜい15分間程度と云われています。

訓練によって、この能力は挿げ替えられると云いますが・・・

現代社会では、常に精神状態を理性的に保つことが要求されています。

バブル時代以降、常に耐えさせられた男性は慣れが生じていますが、やれ男女平等だのセクハラだのと、近年ますます上げ膳据え膳の女性は、こと精神統一は不慣れです。

夢を描くことが苦手なんです。

国会議員であっても半ば堂々と不倫してしまうように、この種の甘い誘惑には弱いんですね。

夢? 違います。  性欲・逝く甘い現実です。

嘘かまことかわからないような甘い言葉に、ついホロっと母性愛らしきものをのぞかせてしまう。

「屁理屈を用意してくれさえすれば、性欲に溺れてもいいわよ」と暗に伝えてくるんです。

話しを元に戻しますが、

この反動が理性で耐え続けさせられた心に反発し、本能を求めてしまうに繋がってしまうようです。

人は皆、一様に自己を評価してほしいと願います。

心はもちろん、新婚初夜のように身体も褒めて使ってほしいと暗に要求する。

まさかひとつ屋根に下で暮らす夫が四六時中高い評価を、甘い言葉を囁くわけもありません。

そこで「外部にこれを求めていました」と彼女らは必ず言います。

これまでの時代、男女が何かの理由をつけて集まって評価をしあうのが普通でした。

コンパとか婚活パーティーとか、理由は様々でしたが、集まる顔ぶれはいつも同じでした。

中にはパーティーの後でこっそりラブホという危急のカップルもいたようですが、普通はこうはいきません。

それが今般SNSにとって代わり、目的さえ入力すれば相手を探せる時代になってきました。

PTAなどの会合で知り合えた同窓生と、いつの間にか不倫してしまう時代と異なり、初対面でありながら目的を一にする相手を探すのに苦労しなくなりました。

連日何の変化も感動もない夫婦生活で会話や性はおざなりにされてしまっている。

殊に性は女性にとって重要な地位を占めていたんですね。

価値観や痛みの解消などです。

それが恋愛という甘い言葉に代わる。

褒め、関心を継続させてくれる相手を求め、結果それが肉欲をも求めるW不倫、

つまり都合が合う相手同士(性欲はあるが同居人は理解してくれないもの同士)が肉体を求めあうことにつながってしまうよう、 W不倫こそ逢えば激情 理想の形だったんです。

なにせ互いに寝盗りでしょうから、逢えば燃え上がって幾度も求めあう。 当然ですね。

場所さえ都合が良ければドラマのようなシナリオが展開できるとあって、人妻には理想に映ったんでしょう。

「友達同士」と言いながら、その実肉体関係を激情に任せチャッカリ出会うたびに繰り返さしている人がほとんど。

この構造はバブルが弾け、男性が社会能力を失って以降、これにとってかわって女性進出が著しく今日益々拍車がかかりました。

シングルにも、底なしに拍車がかかりました。

厚生労働省は大慌てで対策に乗り出す始末。

なにせシングルマザーには母子手当てが必要なんです。

隠れて複数の男性と危険な交友を繰り返していたとしても、社会通念上母子手当ては外せません。

捻じれ切った性欲の社会。

女性が本来持つ性に目覚め、不倫を謳歌しているからだと云います。

自慰は男性が、AVを観て行うもの 相場が古き良き昔はそう決まっていたと云えば決まっていましたが、

現在は女性も同様、相手の要求に合わせ性器にモテる機能を備えようと膣前庭に自身の指を入れ掻き回し、肉球の働きやクリの感度を高め、これによって益々W不倫に自信を得、楽しんでいると云おうか、世の圧迫から逃れているそうなんです。

彼女らの言い回しを逆に捉えれば、性欲に抗しきれなくなってきたと云ってもよいかと。

15分間どころか、求める個体を見つけたが最後、秒でさえ我慢できず逆ナンパも辞さなくなってきたと云えます。

それなら夫に隠れて不倫すればよいものを、何故かばらしてしまうような行動に出るんですね。

ひっそりと隠れて不倫すべき身分にありながら、何故バレてしまうのか、

それこそ女性が抱える問題、生ほど心浮き立つ、寝盗りほどワクワクする人生はないという理由からなのです。

「今日は安全日」とか、

「ピル飲んだから」と言いながら危険日に生ハメ・中田氏を要求する。

肴も腐る前が一番美味しいと云いますが、危険度の限界を超えるか超えないかの瀬戸際で絡み合うことほど燃えるものはないと彼女らは言います。

暴走行為はW不倫の破綻を招きます。

「出来ちゃったの、結婚・・・」この言葉は男性をして現実社会に引き戻してしまいます。

消えかかっていた性欲に向かって冷水を浴びせかけたと云っても差し支えないでしょう。

それなのに人妻は一線を越えたW不倫を消えそうになればなるほど求めてしまいます。

満たされない性を抱えて夫と人生の最終日まで共に暮らす。

こんな生活に疲れ切った女性が暴走し始めてると、現代は言われています。

元々草食動物ではなかったかと言われている日本人は、

女性を観る限りにおいて複数同時に交接することこそ、ごく自然であるかもしれないと思うこの頃です。

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

逝く瞬間寸止めしちゃうシングル

セックスは双方にとって、それ相応の性欲が発生するから見栄も外聞もかなぐり捨て、始まる。

各々が身勝手に快楽の境地を貪る。

それほど気持ちよくなれるなら何度でも試したくなるのは必定のはずだが・・・

今回の話題は、何故快楽を得ようとしなかったか。そのメカニズムに迫ることにしよう。

そもそも男女の快楽が始まるメカニズムは少々異なる。 これが問題の始まり。

脳内の視床下部に発生するこの性欲、

男性は飢餓感、空腹とか孤独感によって頻繁に湧き起るのに比べ、

女性は満腹感や幸福感によって時々湧き起る。

しかも感度は男性は女性の十倍以上と云われている。

だから女性と違って男性は四六時中オンナとみたらセックス対象と、悲しいかな思考してしまうし、

何もない状態で出会った瞬間でも、既にエッチをしたがる男性。

女性はデートをして相手の状態、幸福感や裕福・資産状況などを確かめ 安心しないことにはスイッチが入らない。

遅延がある。

真逆だ。

ドーパミンやオキシトシン、エンドルフィンといった快感を引き起こす視床下部因子、男女それぞれの神経伝達にはこのような違いがある。

この時脳内に発生する物質がドーパミンやオキシトシン、エンドルフィンだが、

スイッチが入ると次から次に溢れ、確かに最終的にはオーガズムを得ることが出来る。

ところがこの物質は容量はとても少ない。

男性などは「満たされた」と感じたことですぐに尽きてしまうほど、というより発生が止まってしまうほど少ない。

極端に言えばマウンティングしようと考えた時点でフル発生し、できたことで飢餓感が失せ、ドーパミンの発生が抑制される。

上記以外、尽きてしまう理由が自分の性的能力に対する不安感。 この厄介なものがある。

性行為に入る寸前の男性にはドーパミンが大量に発生し女性に性行為を迫るが、行為が始まってしまうとある種の男性(男性器・胤を送り込む能力に疑念を抱く)は尽き始め、逆に変なところで理性面が増大する。

挿入が始まる頃になると女性の過去歴が気になりだし、接触感覚などから過去に身体を交えただろう男性器と比較してしまい、時に自己嫌悪に陥り自信喪失、照れから中途で降りたりする。

女性にとっては不幸としか言いようがない。

なぜならこの頃になって女性は男性にこじ開けられ、やっとドーパミンが溢れ始めたばかりだからだ。

しかもドーパミンの発生は一時的に理性を阻害するため、挫折感として記憶に残る。

降りられた苦い経験、自己嫌悪から「逝くを寸止め」する女性がここに現れ始める。

考えてもみよう、逝くとはてんかん発作にも似たロト麻薬様の脳内興奮発生。

気持ち良くないわけがないし、癖にもなりたい。

それなのに「逝くを寸止め」

確かにオーガズムは生理にも美肌にも効果的で、セックスしない女性に比べ旺盛な女性は若く見られる傾向にあるという。

男性が40代に達すると必然的に性欲が衰えるのに比べ、女性はこの年代こそ残された最後の子を得る時期と、逆に活発化する。

それのに途中下車。

逝くは自身をコントロールできないほど興奮でき、しかもきれいになれる。

その部分だけをとってみれば大変良いように思われるが、この絶頂後に圧倒的な虚無が、男女とも、しかも男性側から拒否まがいの態度を示されるなどして女性に訪れることから、必然的にセックスから遠ざかろうとする。

虚無を埋めてくれるのがデートにみられる心のつながり。

それを面倒と感じる男性。

女性は冷静さを保っているほうが人生徳と考える。

「逝くを寸止め」はこのような状態から発生する。

すなわち満たされず、下手をすればセックスをしなかったほうが良かったと思えるほどに気分が落ち込むから。

オーガズムによる気分の高揚を繰り返し得ようとして、セックス中毒に陥る女性も確かにいるにはいるが・・・

それは稀な例と言えよう。

こうして男性は自身から性能力の無さを悲観しながらも、凝りもせず再び別の女性に向かって行為を迫ろうとする。

飢餓感が得られなくなった女性を、男性は相手にしようとせず婚姻の根本原因であったセックスから離れようとする一方でマウンティングの相手を探す。

相反する行動とみられるかも知らないが、これがオス本来の悲しい習性。

婚姻中であっても次の飢餓感を求めて不倫に走ろうとする。

妻が懐妊中などには特に頻発する。

ドーパミンは旺盛に発生するが、性能力の自信がそれほどない男性が特にこの傾向にある。

相手をする女性にとって皮肉なことだが、この手の不倫願望男性こそ満腹感の対象になるから、当然迎合してしまう。

こうして女性は実質上シングルとなる。

シングル女性のの問題点は資金不足 イコール 決断力に現れる。

おかまちゃんなら同じ状態でも決断力はある。が、残念ながら女性には何故か欠ける。

先に述べたように経済観念ばかりが先立つからだ。

せめても潤沢にお金があればとコールガールではなく下層の風俗 幸福感イコール性欲に走ることになる。

コールガールになるためには宣伝費と美貌・教養が必要だから。

「逝くを寸止め」したはずなのに部屋にオトコを招き入れることになる。

相手を選んで身体の関係を持てなかった女性が、安値で切り売り。

これが悲しいことに今の日本の現状。

生き抜いていくための自信の無さを、「逝くを寸止め」したはずの性欲を逆手にとって生き延びようとする。

40歳前の女性なら胤を注ぎ込んでくれる、裕福でなくても、多少横暴でもイケメン男性を選ぶが、

40歳を過ぎ、孕むことをあきらめ始めた女性はセックスに絡まない優しい男友達を探したがるとのこと。

血色がよく、脂ぎった男性より、若かりし頃は「枯れ枝」と鼻先でせせら笑った男性を、むしろ好んで選ぶようになる。

この観念に当てはまらないのがセレブ妻。

彼女らにお金の苦労はない。

逆にドーパミンの苦労は十分教え込まれている。

男性から見て理想的な不倫相手に映るかもしれないがそうでもない。

地位も名誉もそれなりにあると自分で自覚し始めた男性は支配されることを好まない。

それ以上に餓鬼感などまるで存在しない女性に向かっては委縮してしまう。

それでも肉体関係を、一時的に築けたとしよう。

そして良からぬほうにむしり取られたとしよう。

某女優のように相手男性を訴え、慰謝料を請求するが、寝盗られた妻にこそ未練たらたらではない。

もしも何かの理由でその地位からこれ等女性が転げ落ちたとしたら、典型的なシングルマザーになり得るかもしれない。

AVと周囲の、何も知らない人たちは思うかもしれないが、宣伝などしてもらえるはずがない。

もしもこの先、シングルマザーと呼ばれる、或いはバツイチ以上の女性と知り合う機会に恵まれたとしよう。

一度は「逝くを寸止め」した女性ではなかろうかと疑ってみるのも、ひとつの 男として生き抜くための 生活の知恵かもしれない。

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

我が子の前で父が母と淫襲

×イチの女がオトコ日照りになることなど、古今東西まずもって有り得ない。

ご無沙汰が続くと女は必ずと言っていいほど男探しを始める。

その気がなくとも淫臭を漂わせてくれるものだから、鼻の効く男は直ぐに見つけ出し乗る。

載ってもらえた女というものは決まってその男に尽くそうとする。近隣の女に寝取られないためだ。

そうして見つけた男を、よせばよいものを生活に困窮しているにも関わらず我が身を投げ出し自宅に引きづり込んで淫靡なコトをヤル。

とあるうらぶれた借家の一室で居候を決め込む男相手にそのようなコトが始まろうとしていた。

連れ子を外に追いやるなど気を使いながら懸命に男に尽くそうとする彼女。

なけなしの御馳走を並べ、一本つける。 襖ひとつ隔てた隣室には枕が二つ並べられ、いつでもコトを始められるようにしながら酌をしつつ世間話に講じるのである。

子供は見た目にも成長が遅く、食を与えれれていないことがわかった。

見回す限り、家の中に食べ物のかけらさえ見当たらなかった。

困窮を極めていることは明らかだったが、男の枕元にはふんだんに現金が置かれていた。

彼女がどこからか工面してきたお金出ることに間違いはなかった。

「パチンコですっちゃってよ」

「あたしがなんとかする。そのかわり・・・」

わかってるよと言うが早いか、男は女を組み敷きにかかった。

「そんな・・・急になによ・・・」

拒む仕草を見せながら、男の行為に合わせ身体を割り始めるオンナ。

「気が散るじゃないか!どっかへ出ていきな!!」

甘ったるい声が罵声に変わった。

怯えきったような目つきで家を後にする子供。

玄関ドアが閉まるのを待たずして絡みは始まってしまっていた。

この感覚というか、やり方はなんと 離婚前から彼との間で続いていたというから驚きだ。

この女性にとってこのヒモともいえる男から、どうしても離れられない理由があった。

剛柔織り交ぜた責めだった。

女性をある時は支配下に置こうとし、ちゃぶ台返しをやった。

ところがまたある時には掌を返すかの如く優しくなった。

そこに理屈などなかった。

現在住み暮らす家庭と違ってつかみどころのない男だった。

物事を常々正常な寸法で測らなければ気のすまない性格に育てられていなかった彼女。

つまり、生まれ育った家庭も、常に父親の顔色を窺いながら住み暮らさなければならなかったのである。

この、顔色を窺い、気に入られるように努力することこそ生きがいとなって大人になり結婚した。

夫は見栄えで選んでくれていた。

最初寸法を測り間違えたのは夫、

次に寸法を測り間違えたのは妻だった。

ある日の夜、女子会の2次会会場で今回の彼と出会った。

スマートに女性をリードしてくれる彼に彼女は興味を持った。

女子会の仲間も彼と彼女の関係が発展するよう仕向けてくれた。

女性陣にとって、人妻が恋に溺れ堕ちてゆく様ほど面白く、興味を惹くものはない。

酔うほどに、時間が経過するほどにふたりは熱い抱擁を繰り返し、結局一緒に行ったみんなに見送られるように、せかされるようにしてホテルに入った。

肉体関係に発展するきっかけだって、優しさの裏に隠された強制さで割り込まれたからだったと今でも彼女は思ってる。

彼の良さ、それは家庭を顧みることなく、常に快楽を追究するかの如く強引さで愛を語ってくれること。

我が子の前で、恥ずかしさに、夫へのすまなさに身を揉みながら延々犯し続けられ、オンナを押し広げられた。

平凡な暮らしに疲れていた彼女にとって、この彼の行動・存在は青天の霹靂だった。

愛は包み隠す必要のないものだったのかもしれない・・・

怒鳴られながら、息を殺し父に組み伏せられていた母。

恥ずかしさで身を揉みながらも応じていた母の姿をこの時になって思い起こした。

行為の前に恥じらいなどという屁理屈が通じなかった父。

子供の頃は観るもおぞましき光景に映ったものが、今なら理解できると思った。

この強引すぎる愛に、たちまち夢中になっていった。

彼に命じられれば我が子のことなど忘れ、食事も与えず幾日も家を空けた。

家事育児の方針まで、彼の意見を聞くようになっていった。

最初の時こそ、彼が突然家に押しかけてきて関係を結んだ。

だがそれ以降、彼女は彼の後を追いかけるようになっていった。

彼の友達を紹介されたとき、本来自分がいるべき場所はここだと思った。

限界になるまで相手を弄ぶ。 彼らの主義だった。

それがどんな状況になろうと振り返らないというのが無言の鉄則になっていた。

仲間の顔ぼれが揃う。

その中で、彼は群れのどの女性に対しても真摯に通した。

オンナになりたがって媚びを売るものがいる。

それをひけらかすのが彼ら集団のやり方だった。

常に懸命であれ、それが彼を引き留めるモノサシとなった。

遊び歩き、家庭を顧みなくなった妻を、見て見ぬふりをする夫。

離婚を申し立てられると覚悟を決めていた彼女だったが、

夫の口から離婚という二文字が発せられることはなかった。

結局離婚に至る原因を作ってくれたのは、彼の行動だった。

間男の存在を無視され、怒った彼によって彼女はある日仲間内で回された。

媚びを売る仲間のオンナが彼と連むのを魅せ付けられながらの輪姦だった。

「お前にめり込ますと、アイツ凄い状態になっちゃうみたいだよ」

男どもが先を争うようにのしかかってきて挿し込む。

子供を産んで熟れ切った中に競うようにオトコが突き刺さる。

押し広げられると意識もないのに愛が満ち溢れた。

その苦しみに声が高まるほどに彼とオンナの連みは激情化した。

「ああ・・・彼が盗られちゃう!!」

男が押し入る惑乱と、彼を盗られまいと魅入るを繰り返すうちに意識が遠のいた。

婚姻性活でも得られなかった「イッタ」瞬間だった。

何事につけ言いなりにならないと機嫌が悪くなる彼。

他人の妻を弄んだことへの感想を、弄ばれた妻の夫に直接問いただすつもりでいたらしい。

が、夫はこれを無視し続けた。

気に食わない相手を凹ます。

しかもそのことが公になるよう、事が終わったその姿のまま自宅周辺を連れまわされた。

彼女のことを、まるで自分たち共用のオンナとでもいうかの如く仲間連中が彼の前でも触りまくってきた。

身を揉むしかない彼女を前にして声高らかに、男たちの勝鬨が上がった。

噂は近所の主婦を通じて夫の耳に入った。

冷ややかな視線を送る近隣周辺の人々、

夫は冷めた口調でこう言い放った。

「仕事で疲れてるんだ!いい加減にしろ!!」

だが彼だけは違っていた。

疲れ果て、何もやる気を失っている彼女に向かって、

「気にすんな、俺が守ってやる」 と。

その言葉を良く呑み込めないで逃げようとしていると、

まるでそんなことなどなかったかのように強く幾度も抱いてくれていた。

〈 許されたんだ・・・ 〉

彼は何をさておいて、自分の身体を求めてくれている。

そこには夫や子供、近隣住民への気使いなど全くなかった。

それどころか、あれほど仲間の連中に玩具扱いされた身体なのに、何もなかったかのように求めてきてくれていた。

どんな状況にあろうと畏怖することなく求めてくれている、それがこの上なくうれしかった。

「あなたの仲間のどのオンナより、あたしってキレイ?」

言い終わるのを待っていたかのように身体の芯に衝撃を送り届けてくれていた。

彼女が生まれて初めて気づかされたモテ度だった。

彼の最上位に、自分の存在があると 回された後であったからこそ思い違いをしてしまっていた。

お求められたお金や時間を、彼の要求を満たす以上に与えた直後は何の脈絡もなく刺激を送ってきてくれる。

幼いころ父が家族、特に母に見せてくれた、

「今夜はお酒、たくさん買っておきましたよ」 それとあまりにもよく似ていた。

〈 機嫌が良い夜は、必ず母は父に苦しめられていた 〉

あの悶え苦しみが両親の愛の形だと彼によって教えられた。

実家からお金を工面できなくなった母は、やがてあたしとともに捨てられたんだっけ・・・

ふとしたきっかけで不安がよぎることもあった。

でも彼は、父とは違う。

飽きて、お金を持ってこれなくなったら捨てられるなどということなど、到底知る由もなかった。

〈 あの子にかかる費用と時間をなんとかしたら、もっと彼を喜ばすことが出来るかもしれない 〉

我が子同様に折檻され捨てられることが怖かった。

「ねぇ・・・あたしのこと好き?」

ただ、毎夜身体の中を強引にひっかきまわすが如く暴れ狂う彼に一抹の不安を覚え、身を揉むばかりだった。

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

誤魔化しきれない熟年人妻の性

SHELLYが番組内で行われた見合いでカメラマンとして登場してくれた一般男性と意気投合したように見せかけ結婚、すぐさま妊娠しました。あの年齢になると男なしではいられなく飢えておられたようで、しかもライバルもいたことで男性側もなお一層燃えたんでしょう。

事実婚ということでもお分かりのように、確かにライバル男性と一度は食事したものの、その余韻が冷めやらぬうちに今一緒に棲む男性と関係を持ったようです。

初婚の相手、日テレの男性とそれとなく別れたのも誤魔化しきれない熟年の性に日テレの男性が応じきれなかったからにほかなりません。

SHELLYはやんわりとそのあたりの事情を告り、次なるオトコを探し求めていました。

どういった生き方をしている男性を×とはいえ衰えてない女性は求めているのかをこの番組は紹介したかったようで、番組としては大成功だったようですが、問題は象使いの彼がどの程度彼女を夢中にし続けることが出来るか、そこに彼の将来がかかっていると思われます。

熟年離婚は、もう珍しくもないと云われ始めて久しいですね。

離婚願望と言おうか、夫や妻と一緒に暮らしたくないという人々は年々増えてきていて、熟年ほどその比率が高く、女性ほどその願望が高いと云われています。

奥様はご主人を尊敬はする、嫌いじゃないけど結婚したころもそれ以降も愛したという感情を持たなかったと云っています。

男性とはそこの部分が正反対なんですね。

男性は愛しているからこそ、産んでくれた子供に稼いできたお金をつぎ込んだんだと主張します。

疲れていても抱いてきたんだと主張します。

ところが奥様は、

愛してないのに性を営む、これが苦痛だったが感謝したような顔をしながら日々家事・育児をこなしてきたんだとおっしゃる。

ひとえに、離婚願望の主たる理由に外で働く夫に代わって家事を強いられ家に縛られていたんだとおっしゃるんです。

これからの人生、愛を謳歌し自由気ままに暮らしたいというのが大半の理由だそうなんですが・・・

とすると近所中に触れ回っていた愛する夫や子供のために ← これが嘘だったということなんです。

老いると物忘れもひどくなる。いよいよもって嘘を隠し通せない。

誤魔化しが効かなくなって粗野に扱われるようになったから、これまで以上に暴力を振るわれるかもしれない。

それなら外でチヤホヤしてくれる相手を見つけ、

或いは既にいる彼に付き従って家を出たいというのが本音のようです。

外に出たら学生時代のようにもっと素敵な恋人、愛する人が見つかるかもしれないと、そうおっしゃるんです。


お父さんは勤めている間、何かにつけて宴会・飲み会があり風俗で垢を落とせる機会もあったはず。羨ましく妬ましかった。

その間、私はじっと彼とも逢わず家で耐えてきた。

ウチの人は定年を迎え、もう出世のための宴会や飲み会はなくなった。

それを今後は自宅で、耐えてきた妻に向かって酌をしろというのか!! との怒りにも似た感情。

それなら役目を終えたあなたに代わって自分だって外で自由に遊んできても差し支えないはず、

子供も成長し出ていった今ならそれが許せるはず。

結婚以来、本当のところ夫と同じように遊びたかったのに貞淑な妻を装わねばならず、家風にも子育てにも支障が出ねばと自分を抑えてきた。

年齢を重ね、いつポロリと本音が出るとも限らない。

ならいっそのこと、年金受給の見通しも立った今 出ていってもいいじゃないだろうか。

こんな結論に達したんですね。

随分以前から、チクチクやっていた家に出入りしてくれた、或いは昔の恋人との遊び、その心中が誤魔化せなくなりつつあることも確か。

人生第二の花を今から咲かせようというんですね。



若年カップルは違うんですね~。 根本から違うんです。

元々の始まりからして打算です。

学生時代、恋愛感情を抱いた彼とは確かに同棲はしていたものの、

結婚となると経験なんかこれっぽっちもなかったかの如く3高をちゃっかり選んでいます。

働き・稼ぎの悪い胤馬はこの段であっさり捨てられているんです。

自分だって散々楽しんでおいてですよ。

相手もそれを知って結婚するんですから、家事も育児も家計までも最初っから割り勘。

但し、男性の割り勘とは勤務はもちろん、家事・育児の労働とお金、つまりこれまでの貯蓄と給金全て。

女性の割り勘とはそこにマ●コの使用料が入るんですね。

これが高額の上、多少でも気に食わないと外で使うことも許さなければならない。

割り勘だから変じゃないかという向きもあるかもしれません。

ですが、見栄えよく着飾る必要のある女性には折半とはいかない高額料金が必要なんです。

夫のためじゃなく「寝取られた」妻自身が自ら外部に秀麗なオンナとひけらかすため。

奥様はこの、危うい状況の中で家庭と外の彼とのバランスを上手に保っているんですね。

男性にとって不利と思いがちなんですが、誤魔化しの関係を散々目にしてきた若者は、その両新世代が織りなす光景に辟易していたんじゃないかと思うんです。

つまり、熟年カップと違って若年カップルの婚姻とはシェアハウスに同棲していると、さして違わないんですね。

シェアハウスならでは、嘘は嘘で相手もある程度理解したうえで一緒にいますから誤魔化しというのも内に向かってではなく外に向かってなんです。

忙しく立ち働き、頭を休める余裕すら失ってる現代の男性は、高額料金を払って使わせてもらわなければならないほど溜まらないんです。

だから女性と同棲するというのはカーテンの模様替えとか部屋の隅に飾っておく花と同等なようなんです。

ソレを心得ている女性は、他からたらずまいの何かを稼ぎ出す。アバンチュールの前の貢かもしれません。

夫はというと、レスを訴えられることもなく、自分流で生きていける。

そとで遊ばれたとしても、いづれは金で解決できる。

そこが男性としての、夫としての自信につながっているようなんですね。

男性にとってこれからの時代、マ●コを使用するからといって、敢えて嘘に目をつぶる必要がなくなってきたようです。

砂糖に群がる蟻とでも考えているんでしょうか?

熟年離婚に怯えるお父さんへ。

政府は海外の優秀な人材確保に本格的に乗り出しました。

夫に仕え、ひたすら耐える生活、ある種の国の優秀な人材は今でもそれを当たり前のように考えています。

貧困国の人々にとって、今も昔もそうだからなんです。

どうせ墓の中までお金を持っていくことが出来ないなら、いっそのこと海外から来てくれた秀麗で若い人を後添えに選ばれてはいかが?

どんな僻地でも彼女らにとって日本は先進国、喜んで耐えてくれます。

奥様の嘘は、笑って許し 解放してあげてください。

女性の性は生涯枯れることはないと云いますが、男性は定年に達したころには既に枯れ始めていると云いますから、



釣り合わなくなる前に解放してあげることは奥様にとって とても助かることなんですよ。SHELLYのように。

だって嘘を目の前で暴露されたら、懸命に貢ぎ続けた手前 悲しくなるじゃないですか。

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは女性の軽率な性衝動を揶揄した、どちらかといえば人妻の不貞・不倫小説がメインとなっています。
関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

当ブログは「続きを読む」をクリックしていただくことによって全文を読むことが出来ます。

カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よく読まれている記事
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム
Twitterに参加しています。
知佳
@ChikaLetsgo

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブロともを募集しています。

鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

アオハル残酷ものがたり

夫婦で楽しむ3P・他人棒

AV-Q

20代肉便器妻の性処理道具な日々

世界の片隅の文華

はりーぽっちゃーの秘密の部屋

熟・変態女教師

人妻のよろめき

真面目にワイ談 ーエロ親父の独り言ー

恵子の妄想

やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~

愛の記録

セイカツ日記~夫婦の性活~

熟女文字コラ&ママ文字コラ&女王様文字コラ

手コキとフェラとM男と痴女 CFNM 痴女風俗探訪記

日々の妄想を形にして(SM小説)

豊満熟女 ポチャ デブ専

無くした幸せ探しに行こう

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

SM + 虐 待 & 拷 問

若狭と雫(全頭マスクの女)

amateur japanese wife
更新通知登録ボタン
チェックすると連絡先に更新通知が届きます。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

Sexcy Style by 知佳
なにがなんでも痴態を見ずにはおれない!!

そんなマニア様のご要望にお応えし続けている特殊なページです。
入場はこちら↓

Sexcy Style pics l セクシー・スタイル画像集
Sexcy Style pics
セクシー・スタイル画像集
有料サイト一覧
自動更新サイト一覧では最新発表された20タイトルの番組まで検索することが可能です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
知佳の美貌録(総合)
Japanesewife.com
QRコード
QR
参加ランキング
知佳が参加しているランキングです
人気ブログランキング
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
419位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogの中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
おすすめ官能小説
法に抵触しない18禁官能小説集です。
タグクラウド
カウント順に表示中
ご利用法:ご希望の文字をクリックしていただくと関連記事が新着順に表示されます。

素人 中出し オナニー 巨乳 美乳 生ハメ・生姦 ハメ撮り お姉さん HD クンニ フェラチオ フェラ 手コキ バイブ 美尻 生ハメ 痴女 パイパン 美脚 スレンダー 潮吹き スリム 69 人妻 熟女/人妻 コスプレ 美少女 ロリ M字開脚 ぶっかけ ギャル おもちゃ マニア 電マ 口内発射 指えっち パイズリ バック マニア・フェチ 騎乗位 レズ AV女優 顔射 オリジナル動画 乱交 清楚 お色気 修正あり アナル パイずり 有名女優 フェチ 言葉攻め 放尿失禁 シチュエーション 洋物 3P乱交 盗撮 イラマチオ 野外露出 微乳 ぽちゃ OL 外国人 パイパン・剃毛 拘束 熟女 指マン スタイル抜群 ハード系 女子高生 日本人 女子校生 手持ちカメラ モデル SM 淫語 ゲイ 放尿 ごっくん 口内射精 超カワイイ コンパニオン・RQ ロリ系 3P 露出 制服 水着 カモフラージュカメラ 若い娘多数 女子大生 玩具 ローター 寝取られ 30代 ミニスカ 剛毛 正上位 ナンパ T-バック ぽっちゃり 痴女・淫乱 乳首 クリトリス フェラ抜き 縛り 長身 不倫・浮気 顔面騎乗 クスコ ミニマム アイドル・タレント 自慰 マングリ返し 指姦 激レア流出 素人投稿 覗き 浴衣・着物 初裏 トイレ盗撮 ディルド 若妻 生姦 青姦 三十路妻 日本男児VS 色白 初心 20代 ラブホテル カップル マルチアングル お姉さん/OL 職権乱用 メイド ショートカット ベスト/オムニバス 自宅 ネトラレ ミセス イマラチオ 爆乳 ハード アニメ (うぶ) 淫乱 40代  69 脱糞 首すじ むっちり ポッチャリ 四十路妻 奴隷 黒髪 パパ活 スローセックス 癒し系 カワイイ系 女教師 エプロン 着替え プライベート 野外 キャバ嬢・風俗嬢 小柄 細身 美マン 看護婦 妊婦 病院 豊満 四つん這い アニメ系 ピンホールカメラ 金髪 凌辱 ナース 部屋 おすすめ Dカップ アップスカート ワレメ 変態 低画質 素股 ローション 不倫 母乳 接写 変態マニア 立ちバック メコスジ 素人 熟女/人妻 フェラ 中出し オナニー 手コキ クン ドラマ風 SM 浴衣/着物 レイプ シティーホテル Fカップ グロマン Cカップ 妄想 3P-4P 羞恥 3P乱交 カーセックス 四十路 シャワールーム JK 人妻・熟女 マッサージ カメラ発覚(バレ) 顔騎 OLスーツ 3P 巨尻 街中窃視 着エロ 懐かしの裏ビデオ 調教 望遠カメラ 目隠し 女子風呂 超マニアック 金玉アングル パンチラ Eカップ OL 挑発 腋フェチ 風呂 黒乳首 緊縛 貝合わせ 10代 セフレ 和服 聖水  パンスト・網タイ 痙攣イキ 欲求不満 WEBカメラ 剃毛 セーラー服 スカトロ ブルマ 三十路 熟女/人妻 中出し 生ハメ・生姦 素人 お姉さん 中出し 生ハメ・生姦 お姉さん系 ぽっちゃ スネーク(内視鏡)カメラ 輪姦 ボンテージ 淫汁 民家 パンスト ランジェリー めがね 着衣 十代 若妻・妊婦 潜入 電波カメラ マニアック 痴漢 悪徳犯罪 アニメコスプレ ノーパン 覗き見 処女 そっくりさん チャトレ 足コキ  強姦 背面騎乗 Aカップ  便秘 マスカキ メガネ 援交 ご近所系 愛液 スケスケ 巨根 赤外線カメラ マンスジ ご奉仕 シャワー 実録/ドキュメンタリー Creampie 熟女・人妻 4K動画 50代 洋式 ニューハーフ 制服・コスプレ 視姦 T-バック 異物挿入 胸チラ ノーブラ スクール水着 痴態 網タイツ オフィス 勃起乳首 浴衣 教師 ストッキング スク水 浮気 Gカップ 未通 手マン 肛門 まんきつ69 ポルチモ逝き 隠しカメラ 陰毛 パンティー パフォーマー black 刺青 ローアングル 隠し撮り 寂しがり屋 和式 お掃除フェラ 店内 車中 発情 勃起 ナチュラルヘア モリマン 生理中 M痴女 脱フン ホテル お薦め 面接 胸射 キャバ嬢 和服-喪服 トイレ 美少女モデル 他人棒 ヤリマン S女 NTR 淫臭 巨乳フェチ 種付け 熟女/人妻 洋物 巨乳 筆おろし くぱぁ スワッピング プリーツスカート 桃尻 学生 キッチン 五十路 懇願 おまんこ 誘惑 ご無沙汰 即尺 言葉責め マンコ 寸止め 股間 スプーン 性感帯 仁王立ちフェラ 姦通 貸し出し 五十路妻 淑女 10代 開脚 種絞りプレス チンピク ミセス系 Gカップ以上 Bカップ Cock クリ マン毛 babe cock ペニパン pussy ペニバン ご開帳 締め付け 局部アップ 乳輪 童顔 おブス 唾液 官能小説 本番 美人妻 イチャイチャ オカズ 借金返済 ス股 自画撮り 背面騎乗位 癒し 電マ責め ちっぱい 複数 車内 ハプニング 出会い系 着替 M字開 ブレザー 童貞 ツインテール 5P乱交 ソープ 和服・浴衣 放〇失禁 失禁 3p乱交 チンカス 包茎 素顔 喪服 日本男児VSパイパン 美女 旅行 貧乳 ボーイッシュ 寝盗り ペット 低身長 上司 ブロンド 対面座位 仮性包茎 媚態 嬌声 逆ナン アイナメ 哀願 嬌態 ザーメン搾取 温泉・浴場 夫婦 飲食店 熟女/人妻 中出し 生ハメ・生姦  2穴 駅弁 熟女/人妻 顔射 洋物 巨乳 熟女/人妻 洋物 茶髪 接吻 射精 センズリ 熟女/人妻 顔射 洋物 オムニバス 18才 ムチロリ 家出むすめ 痙攣 天然恥毛 駅弁ファック 鬼逝かせ 浣腸 体操着 教室 焦らされ まんチラ 息子 Tバック お返し 痙攣絶頂 土手 産婦人科 悶絶 絶頂 Hカップ ズボズボ パンティ 背徳感 19歳 黒板 ブルマ姿  オモチャ 盛りマン 大和撫子 美爆乳 美巨乳 コスチューム ゴックン 亀頭 おっぱい お漏らし 腋毛 ラブホ ヤル気満々 シースルー 公園 淫獣 白いパンチラ おもてなし セーラー 体操服 ストリップ 100センチ オッパイ Iカップ 初心者 脱衣所 便臭 しずく 熟女系 過激 セクシー系 すぼまり アブノーマル ご近所 セレブ デカマラ 屋外 騎乗 スマホ挿し込み 美熟女 喘ぎ 電車 美人 土下座 Wフェラ 天然 ドドメ色 バツイチ ベロチュー グラマー スカート捲り 寝取り キス 性感マッサージ 保健室での自慰行為 Hard Ass Big Black 小悪魔 ツンデレ もてなし シル しゃぶり 突起物豊富 アイドル級に可愛い 毛剃り Hカップ ぽろり オフィスラブ タイツ わき腹 おしっこ 股間をまさぐり 童顔系 Pussy わきの下 旦那 年を重ねて色気が増し 局部接写 生中出し 寝取られ願望 超接写 ビラビラ 喘ぎ声 生中継 カメラ目線 M系 チングリ返し 女風呂 パイパンマンコ 2穴同時挿入 無理強い おねだり 口淫 肉棒 投稿 頬張る がっつく 食い込み 逆援交際 対面トイレスタイル騎乗位 ヒトトキ 地下室 玄関 えっち 2穴同時挿入 中出しセックス 妖艶 美容師 玩具責め 興奮 気持ちよすぎ アパレル店員 昇天 ビンビン ザーメン中出し 出会い ハミマン ロリフェイス 猥褻行為 手足拘束 乳首責め 初めて 慰め 膣痙攣イキ のぞき 献身 大絶叫 イチモツ ユニットバスで女三助 持ち上げては落下 high heels 前からタイプだった おっぱいが国宝 体を震わして喜び シミの付いたクロッチ ブピピと音 チ〇コとおもちゃ 頼まれたら何でも やっぱり本物 臭いパンティを頭にかぶり 声を押し殺し 眺めは最高 一般女子が生SEX快諾 だらしなく口を開け 代わり番こ 電車で痴漢プレイ 好き者 オマンコを指でグニグニ 色素が薄い 禁断のSEX動画 としご【年子】 きなくなるかもしれないと思うと心配 まったりとしたいやらしさ 剛毛マンコでシゴキ 公衆浴場盗撮 飲んで ウキウキしていた 鼠径部周辺をさわさわ 黒ニーハイ 教室で安心 取っ替え引っ替え 強引にされたい派 憧れの先生 イケナイこと 泣き叫ぶ シロウト生エッチ ねっとりとした汁 バイトそっちのけ まだしたい! 救いようのないスキモノ 騙され ヒーヒー言わせて マンコをヒクヒク ベテラン男優のテクの虜 イケメン韓流男子 ちくわのような物体 まだ結婚されてまもない オマンコを湿らす 見事な放物線 悶える姿 ヨガリ顔 医者・患者 ケバい 生暖かい ビチグソ 中で受け止め 膣奥精子注入 意欲を買ってもらい バックで中出し 堪らず喘ぎ声 恍惚とした表情 合体部分におツユ Daughters Boyfriend 携帯カメラの前でおめかし 「まずい」と一言 味を確かめ 必死の抵抗 のぞき心が爆発 友人のチンポに興味津々 眉間にしわ まさに極上 溜まりに溜まったザーメン 診察台の上 見せ合いっこ 極力体力使わない 親切心だけは旺盛 懸命なフェラ イラマチオ調教 ゆったりした胸元 チェックアウトの時間 別れを惜しんでもう一度と熱いSEX いやらしい腰使い 2人がかりで種付け Bodyguard その気になる 拝んじゃってください オッパイへザーメン ばっちりみえるVR Maid 継母のセクシーな妹 予想以上の振動 巧みな指使い 目覚めると朝立ち 疲弊 シタくて堪らない ちっぱいと小尻 股間をまさぐる いちゃいちゃしたいな♡ ソープ嬢の吉原ミィナちゃん しっとりしてきた エステ 69でお互い気持ち良く 下から覗き見 一度スイッチ入るとやばい みくろちゃんって名前 ちょっかい 生チンを騎乗で堪能 オイル 放課後に密会 父親の介護 介護を兼ねて売春 ドアップ ツボ guy 準備OKになったところに男優が突撃 出演経験0の素人 全身ではんのう 愛液を撒き散らし こういうところ初めて アッチの始末 誘うような表情 アソコを隠しながら 旦那様は、単身赴任中なので ノリノリ イケメン巨根 ハミ出る イク寸前のグチョグチョお〇んこ 彼氏に贈るビデオレター マーブル色のうんち 着衣を絶妙に残し 制服姿 スカートの中 あどけない顔立ち 雨降る路上裏 羞恥心と布のこすれる感覚 隠れ巨乳 カフェイン入りの飲み物 後がつかえて 妊娠7か月 セックスはあかんでしょう 愛くるしい表情 お風呂にエコー 淫らな肉体と喘ぎ声 準備万端のあそこ 絶対言えない秘密 子供を送り出した後 ドリルのように舌技 便秘気味 超綺麗なスレンダー美女 マジイキ フカフカ大きなベッドの上で ちらつかせて誘惑 小柄ボディ 女子力が反応 two sexy young bitches 漆黒ペニス 丸見え状態 本物妖精 餅肌で童顔 結婚前の違ったチンポ 白く濁った粘度のある液体 隙が多い奥様 至福の表情 地味なのにスゴいことに 腋の臭い 一緒に3P 赤裸々な姿 一滴また一滴 滴り落ちる ティーンとおばあちゃん お灸をすえてやる お義母さんが好き 乙女汁たっぷり 彼氏持ちの女の子 カラダをビクッとさせ 周りの喘ぎ声 業者さんの手元を覗き サイズの合わないスーツ 当たり前 膣内温度まで測った まんすじが露わ 快楽に腰を振る発情痴女 使用感の無いピンク色の陰唇 大人の昇天 街が見渡せる窓 夜の公園 笑顔 豹変して超淫ら 淫乱人妻 濃厚で重厚な若奥さん 市場買いの臨場感 反り立つチンポ 公務員 ミクロ キツキツ タイ ハーレム乱交 体操マット 百合の快楽 フシギ系素人娘 報酬を上乗せ 教壇 照れ 火照り 裏筋舐め ずっと好きな人がいたのと別れ話 禁断の扉を開く お口に大量ザーメン 大臀筋 お金と快楽を求め 生え始めの毛 マジメ君 オンナの着替え 熱さと快感でおかしくなっちゃう 不倫性交中 唸りながら気張って 奥までザーメン 性欲は強い 絵を描く 洋物のポルノ 未だ未経験 思わず口内射精 メリメリと顔を出し Teen 一気に二本お相手 自虐 美少年 舐め 女は如何にも弱い 魅せつけ妬かせ 胸鎖乳突筋 拡張 二穴 素人美脚熟女/人妻美尻スレンダー美乳手コキアナルぶ 熟女/人妻 美尻 美乳 フェラ 中出し 痴女 手コキ 69  素人微乳パイパンギャル美乳手コキオナニー中出し生ハ 素人熟女/人妻パイパン美乳イラマチオマングリ返しオ いじめ 芽生え 気違い おしっこを飲ませちゃいます 実話 マンコレ 御落胤 セックスってね、キャッチボールだと思うの ぞよめくように もじつかせ 白セキレイの尻尾 怒張 手洗い)用の如雨露(じょうろ) voyeur 妊娠線 teen 素人美脚長身パイパン巨乳オナニーポッチャリ Upskirt すっぴん 猥褻 うんこ座り office thai お礼 全裸 サッカリン 縁側 ブランコ 手水(ちょうず 砂糖 抹茶 chaina 女衒 片膝立ち チンコを使ってオナニー ザーメンを顔面で受け止め 結婚4年目 椅子やテーブルの角 おかっぱ 思わずこぼれ SEX大好き 濃い 初イキ姿 タクシーの中 ハメまくりの乱痴気騒ぎ!! 完ナマ3P 素っ裸になった女 肉厚パイパン いきり勃った巨根 ディルド越しのおまんこ 車中でHな話 バックからのクンニ 真っ黒の剛陰毛 思い出の茶畑 カラダをビクつかせ 食われていくさま 浮気率は年々上昇 秘密の関係 推しぴのおちんちん 屋上でのエッチ くどき術 目覚め 頬の筋肉を緩め 知り尽くした女 火照った身体 上司と関係 彼女が攻め 公衆便所 超プライベート 大人数 連続ゴックン 熱帯雨林の様に生い茂った陰毛 チンポを取っ替えひっかえ 普段は内科に勤務 夏休みの学校で いいムード 女同士 Grandma 初めてAVに応募 挿入されて興奮 細い女性の“手” ブルマ女子校生たちが大開脚 幼さの残る超若妻 ひたすらくぱぁ 二人を相手に話術 おちんちんも咥え 巨乳を揉み エッチな提案 男子便器で立ちション 敏感に反り 自身も興奮 fantasy cum 連携ハーレム二輪車 いつ誰が来るかわからない場所 巨チンをずっぽし隠し 「万華鏡」の様な女性 借金取り 最高級素人 大量潮吹きシーン ナスとズッキーニ 婚約者の姉 大量ブッカケ コスメ販売員 黄土色 一本糞 Cocks 性に飢えた人妻たち 眠り閉ざされた性欲が開花 股を目一杯広げ Two しなやかスレンダーボディ 極上泡姫さくらちゃん プリッとしたヒップ 日焼け 女性専用の全裸の満員電車 絶叫する女体 大量の潮 憧れの隣の美人妻 等身大の@YOU クリ扱かれ 美巨乳でご奉仕 3センチはあろう勃起したクリトリス 高収入アルバイト なえと申します 巨乳を責め マイクロビキニ 絶妙な角度