FC2ブログ

掘割の畔に棲む女 ~何処からか流れて来た通いの女中~

 「うわあ~ ほらっ 見てみてお母さん」 小さな女の子が掘割の中を指さし叫び出しました。 雲を突くような大男なら一跨ぎで渡れそうなほど頼りない堀川が街の中心を流れていて、その清流の中に何かびっくりするようなものがいると叫んでいるようなんです。 「美月ちゃん、鯉ぐらいで何をそんな・・」 言いかけてその母親は怯えきったような表情になり立ちすくんでしまいました。

 この堀川は流れは清らかなんですが、如何にも水嵩が少なく母の千里さんが言うように鯉が泳いでいたとしても浅いところでは背鰭が出てしまう為酸素不足になるせいか、或いは天敵に狙われやすいせいかほとんどの鯉が川沿いの道と対岸の家屋とをつなぐ広いところで幅一間ほどしかない橋の下に人の目から逃れるよう棲み暮らしているんです。

 母の千里さんは美月ちゃんが滅多に人の目に触れないその鯉が餌を求めて橋の下から出て来たのを見つけ騒ぎ立てているとでも思い込んだのか近寄って行ったものの別の何かを見て驚いたように見えたのです。

 たまたま竹細工の水差しを求めて津和野からはるばるこの地を訪れていた旅好きの風来坊宮内司はこの川が何処か津和野に似ていることから鯉でも放したら子供らも喜ぶのにと浮かれて考えていた矢先の母子の会話に、一瞬にして現実に引き戻されてしまっていました。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 渡り者婚外恋愛興味を抱く妙齢の人妻ハンザキ掘割の畔

掘割の畔に棲む女 ~二階の喫茶ルームにて~

 母親が男と並んで掘割沿いを川上に向かって歩き始めたのを見て美月ちゃんはハンザキをどうにかするのを諦め後をついてきてくれました。 「あの子はいつもこうやって独りで遊ぶんです」 その言葉を聞いてちらりと横目で並んで歩く千里さんを見た時、この母娘には何か翳りがあるように見えましたが気の病ということにし、この時は何も言わなかったのです。 ほんのこのひとときだけでいいからこの素敵な女性と過ごす時間を旅の想い出にしたかったからです。

 堀端を歩く人々は道の脇に立ち並ぶお土産屋さんに入り物珍しそうに見て回っては店員とやり取りしていましたが、宮内司がここを訪れた真の目的は竹細工職人の技をこの目で見ることであり、良い品を買い求めんとすることであって民芸品には興味ないので素通りしました。 今はただこの堀川で出逢った千里さんという女性とその娘さんに少しでも近づけたならと、観光はひとまず置いといてその機会を探ることにしたんです。

 掘割沿いに白壁の蔵が立ち並んで賑わっていたのはほんのわずかな距離で一区画過ぎるとまるで景観が変わってしまうんです。 こうなると並んで話しながら歩こうにも話題が見つかりません。 流石に並んで歩くのももう此処までかと諦めかけふと見ると千里さんが立ち止まってウインドウの中を覗き込みつつこちらが誘いかけてくれるのを待つべく間を持たせてくれているように思えたんです。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 子連れ出しに使うナンパプレゼント攻勢忍び逢いウィンドウショッピング翳りひととき誘いかけて想い出づくり

掘割の畔に棲む女 ~コーヒーカップを前にし戸惑う千里~

 注文を取る段になってやはりと言おうか千里さんの遠慮が始まったんです。 「僕がお誘いしたんですからどうぞ何か注文してやってください」 どんなに進めても頑なに首を横に振るだけなんです。 「どうしたもんかなあ、コーヒーはお嫌いなんですか?」 なんとしてもこの場に引き留めようと躍起になる司ですが、あまり強要すればかえって引かれるやもしれないのです。

 店側はと言えば脇に立ち微笑ましそうに見守ってはくれているものの、一向に進めてくれる気配がないんです。
「わかりました。 確かに僕が悪うございました」 こんなところでこんなことを言い張ってる自分が自分に癪に障ったので頭を下げ、しかし美月ちゃんやお店との約束もあるものですから頼んでおいたものだけを出して頂くことにしたんです。

 「うわあ~来た来た、お団子だ~ お母さんも食べよ」 美月ちゃん、目を輝かせ最初のひと串しに手を差し伸べました。 「これ美月、ちゃんとお礼を言いなさい」 チラリとコーヒーセットを目にし、その目を瞬時に脇に反らしてしまわれるに至ってお手上げ状態になってしまったんですが、

 「お連れ様、器はこれと違いましたでしょうか? お気に召さないようでしたら別の物にお淹れしましょうか?」 この時になってコーヒーを運んできてくれた店員が千里さんにコーヒーを薦めてくれたんです。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : プレゼント攻勢誘い母娘泊まり蚊の鳴くような声お付き合い橋渡し仲立ち仲を取り持つ告白

掘割の畔に棲む女 ~女中という名の雇女~

 美月ちゃんが 「ウチなら空いてる」 と言ってくれた言葉にその時の千里さんは一緒に暮らせることを喜ぶどころか顔を曇らせ 「司さんにお泊り頂くようなお部屋はあいにくですが・・」 と断りを入れて来たんです。 母娘がふたりっきりで暮らす家に得体に知れない男が紛れ込むばつの悪さに、その件は諦め無理を承知でこのままもう少し一緒にいたいと申し出たんですが、それすらも用事があるからと断られたんです。

 しかし別れ際になって思い返すように連絡先を問うて来たので電話番号をメモ書きにして渡し、千里さんからの連絡が入るのを待つことにしました。

 別れた場所が喫茶のすぐそばでしたので、ご迷惑をかけたついでに何処か泊まるところはないか聞いてみようとこっそり店内に引き返し声を掛けました。 すると 「そうですねえ~、お客様のような方なら」 近くの旅館ではなくホテルがいいんじゃないでしょうかと、こう言われたんです。 「それはどの辺りでしょう」 と聞き返すと 「お客様がもし列車でお越しになられたんなら、その駅前通りにあります」 と親切に街の観光用地図を添え教えてくれました。

 「タクシーをお使いになれば基本料金にほんの少し足すだけです」 とも 「そこの朝食はバイキング方式になっています」 とも教えてくれたんです。 不可解なのは、つい今しがた女性との仲を取り持ってくれたはずなのに、もう彼女と距離を置けとでも言わんばかりに堀川から追いやられたんです。

シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 春をひさぐ雇女女中売春泊り客夜伽男に買われ住み込み不釣り合いな男弱みに付け込んで

掘割の畔に棲む女 ~夜伽の代償~

 千里母娘が住み暮らす藤乃湯旅館はこの地区にまだ汽車が走っていた時代、近くの公園に大きな池があり周囲に桜が植えられていたことから行楽客を当てにし旅館業を始めた、いわゆる老舗で当時は大層はやりました。 ところが時代の波はこの地からその肝心な鉄道を奪っていったのです。 駅が廃され主要道から外れてしまって客足がぱったりと途絶え今現在藤乃湯旅館に来る客といえばこの街に仕事目的で来る、いわゆる人夫か昔流行っていた頃ここいらの旅館がやっていた雇女という名の女を買いに来るかのいづれかになってしまったのです。

 わけても藤乃湯は秘かに添い寝する女がいると語り継がれていて、今でも千里さんのような女を目当てに遠方からわざわざ出向いてくる客もいたりするんです。 藤乃湯旅館のやり方は流行っていた頃から姑息でした。 本来なら旅館業を営むには調理師免許を持つ板前が居ないことには営業できないんですが、それらをすべて出前と言いましょうか業者が出来合いを持ち込んできたものを皿に盛りつけ客に供し、その分人件費を減らしていたのです。

 しかも〇〇と思える客には特別室にご案内と称し料金をふんだくって一般客に比べ一層奥の間をあてがい、そこに雇女を差し向け酒席のとりもちや時には夜伽までさせ有り金を巻き上げていたのです。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 千里母娘藤乃湯旅館汽車人夫雇女酒席のとりもち夜伽美月宮内司

掘割の畔に棲む女 ~通い妻~

 千里さん母娘との仲を取り持ってくれた人々の間をくまなく回り、その内情を調べ上げたうえで宮内司は急ぎ親元に連絡を取り、当座のお金を借りました。 そのお金を持ってその日の午後、早いうちに藤乃湯に宿を申し込んだのです。 竹細工屋にふらりと現れた時の風来坊スタイルではなくちゃんとした身なりで泊りの予約を入れました。

 千里さんとの仲を取り持ってくれた人すべてが口をそろえ、身なりさえ整えればあの女将は女を買うために来た客だと勘違いするはずと教えてくれたからでした。

 泊まってみて分かったのは母娘の扱いの粗末さでした。 敷地内の片隅に物置小屋のような建物が建っていたんですが、千里さん母娘はそこに押し込められ棲み暮らしていたんです。

 ここに住まわせた理由のひとつにはその忌まわし気な役目があるからでしょう。 他の客人が寝静まった深夜、男の元に忍び足で夜伽に伺うには便利なことこの上ないのかもしれません。 しかし夏もあれば冬もあり、晴れる日もあれば雨の日や雪の日だってあるんです。 飛び石を伝って忍んでいくことのいかに大変なことか。

 司があそこで出逢わなかったら生涯、千里さんはこの境遇を誰にも知られることなく、やがて年老いて朽ち果てていたでしょう。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 物置小屋押し込め忌まわし気な役目飛び石を伝って忍んでいく観光街の人々雇女を買う盛りきりの食事薪で風呂と焚いてる布団は枕元に丸めて置いとく今宵の漢

掘割の畔に棲む女 ~足手まといな雑用係~

 司を藤乃湯に導てくれた土産物店の店員も、そしてあの竹細工屋のご主人までをも困惑してしまうほどに彼の風体が変わっていったんです。 ひとつにそれは一日二食しか賄ってくれない、それも見た目は確かに懐石風に見えますがその実豆腐のおからを再利用しこしらえたような見た目だけの食材でごまかされていたからです。 そしてもうひとつは司が自ら望んで慣れない旅館の下働きを始めたからでした。

 投宿するやいなや不平不満を言い立てたシーツの洗濯・交換から風呂、それに飯場を思わせる食堂と食事等々、それらすべてを千里さん独りで用意から片付けまでこなしていることに気づいたんです。 自分は確かに男でしかも旅館にとっては客です。 その男児がなんだか気力・体力が削げ落ちるような気がするほど粗末な食事を供されていた、ということは千里さん母娘の食事は如何ばかりかと思わずにいられなかったんです。 恋する女を想うあまりとうとう千里さんの足手まといになるとも知らず、しかも女将に許しをも得ず勝手に旅館の中をごそごそいじり始めてしまっていたんです。

 司が最初に手掛けたのが造園の方でした。 荒れ果てた庭の小草を引き抜き、散歩中に親しくなった方々から譲り受けたヤブランを植えたり池の畔にアヤメを持ってきたりと、それが泊り客のすることかという風なことから始めたんです。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 一日二食懐石風見た目だけの食材下働き飯場を思わせる食堂独りで用意から片付けまでこなし足手まとい造園風呂焚き美月ちゃんの遊び相手

掘割の畔に棲む女 ~栄養失調との闘い~

 堀川通で最初に出会った時からしてどことなく弱々しかった千里さん母娘の容体がこの猛暑に次第に思わしくなくなっていきました。 エアコンが無いばかりかこの小屋は天井板もなければ小さな窓がひとつしかなく熱射の中自然風すら通らないんです。

 司もまた労務と栄養不足で躰が悲鳴を上げていました。 口内炎に悩まされ酷い下痢が続いていたんですが、千里さんの唇の荒れようからして母娘とも同じ症状に悩まされてると思われたのです。

 体調が思わしくないなどの理由で司が旅館を立ち去れば、それ以降どんなに頑張っても、投宿を申し込んでも恐らく二度と泊まらせてはもらえないことを知っていました。 かと言って廓の女郎同様千里さんを受け出そうにも女将との関係がぎくしゃくしている今、どんな金額を吹っ掛けてくるか見当もつかないのです。

 今できることと言えばひたすら母娘の健康と安全を願い、ふたりの労苦を陰で支えるしかなかったのです。 これまでコツコツ貯めてきたお金と両親から借り受けてお金。 それらが尽きた時救い出せていなかったら何もかもが水の泡となるのです。

 近くにいさえすれば何か手掛かりがつかめるはずと下働きに入りました。 こうして藤乃湯にとって珍妙な宿六が誕生したのです。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 猛暑エアコンが無い自然風すら通らない栄養不足口内炎下痢暑さをしのげる工夫川遊び冷感ひんやりマット総菜

掘割の畔に棲む女 ~夜泣き~

 いじめ問題でよく耳にする 『別に変わった様子はなかった』 というのはほとんどの場合やらかした方の言い逃れで実際は自分にとって不都合だから見なかったことにしたかったに尽きる。 今回もそのことが問題を更に一層複雑化させていました。

 貧困と差別の元心密かに泣き暮らす真の被害者は司が当初不憫に思って庇った母親の千里さんではなく元気溌溂としていた娘の美月ちゃんの方が深刻だったのです。

 まずひとつに司が口を挟まなかったら美月ちゃんは生涯に渡って生きていくことで精一杯の最低限の生活しか送れなかったからです。 栄養価の低いものを、それもお腹がすいているのに腹いっぱい食べれないものだから下腹だけがポコンと飛び出たような格好になる粗末なものをそれと知らず与えられ続けていたんです。 消化吸収が悪いから四六時中膨満感に悩まされトイレが近くて寝るに寝られないんです。

 しかし美月ちゃんにとって最も耐えがたかったのはこういった状態の中心細くてどうしようもない夜に母親が何処ともなしに家を空けることでした。 その理由が大方見当ついてるだけに体調が悪くても多少熱が出ても黙って寝たふりするしかなかったのです。

 しかもそんな体と心理状態で、ともすれば崩れ落ちそうになる母親を必死で励まし続けなければならなかったのです。 一方で親と同等かそれ以上の考え方をせねばならず、しかしもう一方で幼い子供が持ち合わせているであろう様々な欲望を、もう抑えきれないようになっていたんです。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : いじめ変わった様子言い逃れ不都合貧困と差別泣き暮らす最低限の生活膨満感に悩まされ寝るに寝られない怖い夢

掘割の畔に棲む女 ~嫉み妬み~

 ペットを多頭飼いしたことのある方、どちらかと言えば溺愛したことのある方は覚えがあると思いますが一方の世話に追われているともう一方は拗ね騒いだ大声を張り上げたりすることがよくあります。 特に抱き癖が付いたペットというものは慣れることは慣れるんですがその分その子以外の何かにかまけていると途端に機嫌を損ねます。

 同じことが家族の中でも起こりえます。 上の子ばかり可愛がると下の子が拗ねるという風にです。 そしてまた子供を溺愛してしまうと奥さんに拗ねられるというのもあります。

 仮に離れの小屋に棲む母娘の名字を有本としましょう。 その有本家に他人である宮内司が入るということ、しかも少なからず母娘の世話を焼くとしましょう。 こうなるとこれまで愛に飢えていたふたりですので司の愛情が今どちらに注がれているのか気になって仕方なくなるんでしょう。 ペットほどではないにしろ睨み合いが始まるんです。

 悪いことにその愛情がただ単に仕事だから仕方なしに行っているのではなく、心底将来を気にかけて親身になって行っているとすれば受ける側だって次第次第に自ずと愛されたいという気持ちも生まれます。 美月ちゃんにとってみれば喫茶で必死になって司が母にプレゼントを手渡そうとしたぐらいですので母を好いてくれていると分かってはいますがふたり揃って部屋にいるときに母に愛情を向けたりすると拗ねるんです。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 多頭飼い溺愛拗ね騒いだ大声を張り上げ抱き癖機嫌を損ね睨み合い愛されたい我慢して待つ

掘割の畔に棲む女 ~振り子のように揺れる心~

 女性の心を射止めるにはその心の動きを如何に的確に捉えるかにかにかかっている。 と、ある人は知ったかぶりでのたまう。

 口で言うのは簡単でしょうが、それが如何に大変なことか司は身をもって感じてしまったようでした。 美月ちゃんなら簡単ではなかろうかと近寄り、添い寝させてあげる仲にまで発展したんですが流石に有本家を出て学校に向かってから帰るまでの間に実際何が彼女の身に起こったのか聞き出すなんてことが実際問題できないんです。

 母親にさえ隠し通している、いま彼女が置かれている位置を知るというのは生半可なことではできそうになかったんです。

 これからすると千里さんの場合もっと根っこが深いはずで、この頃では司が心から知りたいと思った 『一体彼女の身に何が』 は永遠の謎のように思えてくるのです。

 これまで一緒に暮らしてきて分かったことと言えばこちらが頑張り通して何かが達成でき、或いは母娘共々明るい兆しが見えてきたように思え、次の瞬間過去にあった何かを思い出すのであろう、瞬く間に水泡に帰す。 そう言ったことを幾度となく繰り返して切ったんです。

 一般世間で言うところの表面面ではなく自分が根底から変わり、しかも下僕で有り得ることが出来たなら心の動きも読み取れるようになるかもしれないとの結論に至ったんです。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 心の動き瞬く間に水泡に帰す正義感に満ちた発言投げやりな言葉の羅列最初は煙たがられ終いには諦め面倒見の良いだけの男誘ってくれた今宵の男

掘割の畔に棲む女 ~鉈を持ち出してきた男~

 千里さんの気持ちが傍目にも揺れ始めると秘かに彼女に狙いを付けていた男たちもそれと気づき彼女の女の部分につられる様に揺れ始めました。 別れ話が持ち上がるとか旦那が亡くなるとか、そういった折に特に女の心は揺れ動くんですが今回に関しては部屋を貸している司と小さな諍いを起こした以外特に変わったことはなかったはずなのに揺れ始めてたんです。

 司はこれまで彼女と接して得た経験からできる限りその部分には触れないよう、話題を変え明るくふるまってきたつもりでした。 美月ちゃんは確かにこういったやり方で徐々に心も生活も安定してくれましたが千里さんは一方方向に振れたまま元に戻りそうにないのです。

 そうこうするうちに藤乃湯とは元来女将の方針からして雇女、つまり女中を使って望むお客様には夜伽をさせていましたので苦心惨憺やっとそういうことから少しは脱却できたと思った矢先、今度は自分で止める方向に舵を切った筈の千里さん自らが進んで誘われるまま男の部屋に忍び込み夜伽を再開させてしまったんです。

 女がそういった状態になると彼女を取り囲んでいた連中もそれに呼応するように蠢きます。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 女の心小さな諍い雇女夜伽彼女目的の野郎ども周囲に群がる熾烈な争い順番に組み入れてもらえない男鉈を奮って襲い掛かって薬を打たれつつ行為に及んで

掘割の畔に棲む女 ~女囚~

 事件に発展したのは確かに鉈を持った男が千里さんを脅して犯そうと藤乃湯旅館の離れに押し込んだのが発端でした。 しかし通報者は有本千里の名と彼女の噂をよく耳にしていましたので痴情のもつれと電話に向かって口走っていたんです。 然るに男を現行犯逮捕し署に連行し調べようにもどうしても参考人として千里さんを召致せねばならなくなったんです。

 不幸にもこの段階で千里さんは事件のことで男が取り調べ中に一体何をしゃべったか知りえません。 しかし警察としては調査がどこまで進んでいるかを知られないためにある程度可能性のありそうな事例を持ち出しと言いましょうかでっち上げ揺さぶりをかけてきます。 千里さんは事件の関係者からではなく房で知り得た感触のみ頼りに回答しなくちゃなりません。 恐怖感にさいなまされ、早く解き放って欲しいものだから必要ないことまで正直にしゃべっちゃうことだってあるんです。

 被害者として任意の取り調べに協力したはずなのに、いつの間にか加害者側 (別件逮捕) になってしまってたんです。 任意同行の要請が男が現行犯逮捕されてしばらく経って行われたのは調べていくうちに署として別件逮捕が妥当ではないかとの上層部の判断で召致を経て逮捕したからでした。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 痴情のもつれ拘置所参考人犯罪者任意逮捕状手錠身体検査留置番号仮釈

掘割の畔に棲む女 ~生きる知恵 阿り (おもねり) ~

 せっかく頑張ってここまで漕ぎ着けたのです。 千里さんにとって休んでいる暇などありませんでした。 結審に至るまで何としても生き延びねばならないと考えていました。 でなければ如何に汚名を着せられたにしてもここで頑張ってこれを晴らさなければ実の娘である美月ちゃんに不幸を背負わせることになるからです。

 だからと言って生き延びる為誰かれ無しに過去の秘密を暴露しまくることなどできません。 それこそ余計に重荷を背負わせることになるからです。

 ともあれ今は恐らく次回公判が結審になるでしょうから無事出廷できるよう頑張りぬくしかなかったんです。 房内で知りえた情報によると初犯で、しかも過去の判例は全てと言っていいほど執行猶予がついていましたから逃げないで出廷さえすればそれで十分なんです。 

 仮釈には何処かの誰かが裁判費用を納めてくれてますので野宿しながらでも働いて返さなければならないんです。 そのためにも過去は過去としてこれから先頑張るしかないんだと覚悟を決め翌日から働き口を探しました。

 弁護士にだけは居場所を知らせ、手間賃仕事を求め しかしながらできうる限り身分を隠し生きる為方々流れていきました。

シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 働き口手間賃仕事清掃外回りの掃除給料が安い履歴書が無くても雇ってもらえた零細月の半分も出勤させてもらえなくなり

掘割の畔に棲む女 ~法律のはざまで~

 千里さんは藤乃湯旅館で行っていた過剰サービスが原因で逮捕・起訴されています。 もしも裁判で執行猶予が付いたにしても執行猶予が解けるまで逮捕・起訴に至った内容のことを行うと執行猶予が解かれ再逮捕されれば過料は前判決に上乗せとなります。

 たとえそれが生活に困るからとか食べるものがないとかの理由で逸脱したにしても仮釈は取り消され仮釈の折に誰かが支払ってくれたであろう保釈金没収され次の裁判に向け新たな費用が発生します。

 最初の仕事、清掃業は問題なかったにしても飲食店関係は気を付けなければなりません。 場合によっては起訴内容に抵触するからです。 飲食店の大分別は 『宿泊業』 と 「飲食サービス業』 になりますが、千里さんの場合宿泊業は限りなくイエロー・カードなんです。 もちろん稼ぎが良いからと飲食業でもピンサロやキャバレーに職業として出入りしたりすれば一発アウトです。

 ここいらが難しくて、例えばオーナーとか店舗系列にそれらが少しでも混じっていたりすれば結審に影響が出るのは必須です。 紹介してくれた社長が組との繋がりがあったり飲食店がみかじめ料を払っていたりし、しかもそれを知っていて務めたりすればアウトだからです。 千里さんは賄い飯を頂く折とかを利用しまさかの情報を得ようとしました。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 起訴執行猶予仮釈再逮捕過料上乗せ保釈金没収起訴内容に抵触みかじめ料

掘割の畔に棲む女 ~知識不足ゆえの行き違い~

 裁判に持ち込まれるまでの間、弁護士はそれなりに身元保証してくれそうな人物に向かってあれやこれやと世話を焼きます。 しかし一旦仮釈が決まったり判決が出て保釈となった時は冷酷なようですが誰に対しても行き先を一切連絡しません。

 その影響は例えば千里さんの場合、千里さんの拘留中司は無駄と分かっていても連日のように署に押しかけ面会を申し込まなきゃ状況把握は出来ないんです。

 しかし不幸なことに事件発生後 司は美月ちゃんを連れ遠く離れた津和野に帰ってしまっています。 拘留されている署まで連日出て来いというのは酷です。 千里さんは状況が一変し仮釈されてしまっていましたが、そのことを遠く離れて暮らす司は知らなかったんです。

 また、たとえ翌日でも良いので署に出向いたとして、果たして彼女の仮釈を署員が教えてくれるかと言うと、これがそうでもないんです。

 面接を申し込んだとしても拘留中なら 「該当しない」 と言われ仮釈なら 「認められません」 とでも言われるのが関の山なんですが、司はこの差を依然と同様 『門前払い』 と受け止めてしまったのです。

 時として若い正義感に満ちた刑務官が窓口にいて 「何時とは言えませんがここにはいらっしゃいません」 とでも言ってくれたなら初めて仮釈なのか拘置所に送致されたかを知ることが出来るのです。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 弁護士保釈行き先拘留拘置所に送致保釈金電話では無理底辺の生活空き家面影はすっかり消え失せ

掘割の畔に棲む女 ~天空に星が瞬く頃に 廃屋からの出発~

 この頃はわざわざ都会を離れ田舎の廃屋を買いDIYして楽しむ人が増えているようですが、それはあくまでも生活基盤がしっかりしている人だからこそ出来るのであって働くところも貯金もない人にとってここに何もない状態で棲めというのはとてもつらいことなのです。 こういったところから這い上がるのは至難の業な半面堕落するのはとても簡単です。 何事につけ人のせいにして豪遊すれば事足りるからです。
 
 千里さんがこういったところに棲まなきゃならなくなって良かったのは彼女に目星をつけていた男どもが気軽に出入りしやすくなった、自宅から何かを持ち出し貢ぎやすくなった点じゃないでしょうか。 布団から何から一切合切無くなったわけですから、しかも無一文に近いわけですからお恵みが無ければとても生きてはいけません。

 その反面都合が悪いのはどうしても躰を求められる点ではなかったでしょうか。 親切心で持ってきてくれたとは言うものの心変わりされたりすれば売買と取られても仕方ありません。

 千里さんはだから誰かとふたりっきりになることを極力避けました。 どうしてもというときには昼間に表の戸を開け放した状態で話しをしました。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 廃屋DIY生活物品電気ガス水道ポリ缶蝋燭深い眠り眩暈

掘割の畔に棲む女 ~心の闇を溶かしてくれた驟雨~

 ほんの少し司に対して反抗的な態度をとってからというもの千里さんの人生は暗澹たるものでした。 やることなすこと全て裏目裏目に出てしまったのです。 そうやって行きついたのが拘留であり廃墟となった藤乃湯旅館から移り棲んだ廃屋でした。

 藤乃湯旅館の離れではそれでも司が何かと食べ物にしても千里さんや美月ちゃんの躰を想って工夫を凝らし買い求め目の前に並べてくれてましたので義務と思って食べればよかったんです。 ところが廃屋に来てからというもの賄いは全て千里さんが考えて出さねばなりません。

 男たちが適当に持ち寄ったものの中から彼らが飽きないよう出す日にちや工夫を凝らし目の前に並べなければなりません。 期限切れや廃品に近いものを持ち込んでこられても、そううまくお膳立てができるはずもなく、従って少ないお給金の中からなにがしかの買い物をして添えなきゃならないんです。

 たとえこのように気を使って添えたとしても出されたものは遠慮なく胃の腑に納めるというのが男の本来の姿ですので肝心の千里さんが体力を保つため食べようとしても何も残っていないんです。

 結局彼らの欲望のはけ口として藤乃湯旅館の離れを新たに作らされ雇女のごとくこき使われるため引っ越したようなものだったのです。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 反抗的な態度暗澹たるもの裏目に出て廃屋働き口仮釈の費用握りつぶし請求季節労働規格外の野菜

掘割の畔に棲む女 ~見習い農婦~

 何かをきっかけにまるで人が変わった。 それが千里さんでした。 屁理屈を重ね世間を渡って行こうと言うんじゃなく肉体労働で稼ぎだした、頂いた給金で渡って行こうとしたんです。

 人から見ればな~んだという程度の野菜を分けてもらえたことであれほど喜ばれたのは農家にとって至上の喜びだったのでしょう。 その家のおばあさんが千里さんを殊の外気に入り手伝いに来いと言われたんです。

 期待してもらっても給金をそれほど出してはあげれないが技術だけは教えてやると言われたんです。 腹が減ったらウチの飯を腹いっぱい食えばいいとまで言われたんです。

 翌日から千里さん、片道10キロをゆうに超える距離を自転車に乗ってその農家に通いました。 どんな天候になろうが休みなく通い詰めました。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 人が変わった肉体労働自転車ラフな格好坂道越えてくる代償を躰で払わせ理想的な肉付き熟しきった千里さん

掘割の畔に棲む女 ~鍛え上げた肉体のみが持つ魔力~

 千里さんは過去から自分というものを消す為藤乃湯旅館の離れに棲み暮らしました。 住まわせてくれる条件が別段仲居だのコンパニオンだのの経験がなくても女ならそれなりに出来る夜伽だったのです。 しかし業突く張り女将は女を売るだけでは許してくれなく雇女、つまり住み込み女中もやらされました。

 旅館が如何に忙しくても体力的には農婦の方が数倍キツイ肉体労働。 しかも掘割に住むと決めた以上自転車通勤せねばならず更に一層躰は逞しくなっていきました。 太股などなまじっかの競輪選手張りになっていったんです。 男との睦言のために躰を鍛え上げたわけではありませんが鍛えるということは肉体が若返るということらしく一時は潮が引くが如く男日照りになっていった廃屋も、それを知った男どもがぼちぼち帰ってきて以前にやや近い状態になってきたんです。

 本当なら仕事で汗をかいた時など、大塚家の浴室に入ってシャワーを浴び着替えてから帰って来ていたものを、そんなことして時間潰したら男どもと繰り返している睦言に間に合わないのでこの頃ではコンロでお湯を沸かし、それを廃屋の浴室に持ち込んで行水するようになったんです。

シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 農婦肉体労働数倍キツイ自転車通勤躰は逞しくなって競輪選手張り男日照り行水肌が水を弾くイケイケ

その他連絡事項

ブログ記事として残さない呟きをここで行います。
Shyrock様からバナーを頂きました。

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」バナー
相互リンク用バナーとしてお使いください
Size : 200 x 40



読み終えた方は感想をこちら (Shyrock様掲示板) にお願いします。
小説感想掲示板

官能文書わーるど様への投稿
  • 残照
  • 老いらくの恋
  • ヒトツバタゴの咲く島で
小説の投稿先と投稿内容の詳細(専用ページに移動)
アップデート 2024/02/21 12:45


投稿記事へのコメントをお待ちしています。



にほんブログ村「ブログみる」 image ぶろぐ村は幅広い分野のブログを閲覧できることが魅力の日本で唯一の検索エンジンです。

 にほんブログ村が提供する「ブログみる」はインストールが簡単で、いろんなブログをストレスなく見ることが出来ます。
 例えばスマホ版をご利用の場合、いつでもどこでも好きな時間に好きなだけブログを見ることが出来ます。
ご利用法>>>
バナーをクリックしていただくと、1つのリンクだけで下記3リンクへ自動で振り分けられるページに移動できます。
※閲覧する端末ごとに遷移先が分かれています。





ページトップの点滅する文字をクリックすると下のようなページに飛びます。下に掲げたリンクをクリックしても飛びません。飛びたい方はURLをコピーしURL欄に貼り付けてください。
プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは「愛と官能の美学」Shyrock様からのご投稿を含め、365日休まず更新。官能小説を書いており、不倫、近親相姦、スワッピング、NTR,実話など多岐にわたります。掲示板多数。自己紹介の小説あり。

序文 (おおよそ500字) と本文で構成されていて「続きを読む」をクリックしていただくと本文を読むことが出来ます。

関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
特殊な記事
ブロとも一覧
パスワード禁止

閲覧にパスワードをかけられたサイト様は規定に反しますので、しばらくは様子を見ますが、期間を過ぎ改善がなされない場合、ブロ友から外します。


鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

アオハル残酷ものがたり

AV-Q

還暦BoBoちゃんの射精日記

 ハメ太郎の性活日誌

熟・変態女教師

えっちな人妻ひめの露出・混浴・輪姦

人妻のよろめき

Kaede's Room

盛若楠紫楼の官能小説

菜々子の秘密部屋

恵子の妄想

愛の記録

パイパン美マン人妻愛奴「まゆ」の調教日記(完全素人オリジナル)

セイカツ日記~夫婦の性活~

罰と罪-嗜虐的な天使を探して-

寝取られ体験談

熟年夫婦の性活

日々の妄想を形にして(SM小説)

嫁の体験リポート

Sorao's Naked Activity Log -裸活-

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

鳶屋の艶本

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

これも愛なんだ

変態仲良し夫婦の性生活
ブロとも申請フォーム
小説系のブロ友さん募集中

詳しくは「相互リンクについて」をお読みください。

この人とブロともになる

アクセスランキング
嫁の性長記録 image


ブロともときめき速報
Mikiko's Room
Mikiko's Room image
Twitter
「知佳の美貌録」
今日はこんなことをツイートしました。
タグクラウド
文字をクリくすると関連記事が検索できます。

欲情 背徳行為 婚外恋愛 寝取られ 凌辱 覗き見 近親相姦 生ハメ 姦通 誘惑 締め込み 浮気 レイプ 中出し 妄想 人妻 他人棒 母子姦通 自慰行為 恋人交換 裏切り 輪姦 W不倫 不倫 クンニ 寝取らせ 嫉妬 鬼畜 バイブ 騎乗位 夫婦交換 童貞破り 姦淫 ワンナイト 貸し出し 喪服未亡人 借金肉地獄 SM 官能ホラー 強姦 M字開脚 きむすめ 吊り責め SM 裸心縛 未通女 女性リーダー しゃぶる 夫面前凌辱 旦那制度 暴走族 指マン 足入れ 濃厚精子 混浴 手コキ 花街結婚 義父嫁姦通 フェラ お風呂入り スワッピング 真夜中 愛撫 四つん這い うぶな 使用済み 悲恋 ファンタジー 露出 寝取り 乱交 完堕ち 有名女優 JK イタズラ 禁断 アンチ援助交際 嫁の羞恥 ゴルフ 同一マンションに居住 淫略 育児放棄 ごっくん 年下 生ハメ・中出し 顔騎 性教育 羽交い絞め 襲い来る恐怖 未知の物体 脱出不能 公衆便所監禁 パンチラ オナニー 告白 愛と官能の美学 Shyrock 純愛 菊門 秘密の恋愛 未亡人 二股 交尾 義理の母と子 夜這い クリトリス 夜伽 姉弟相姦 他人妻 羞恥 母子相姦 新妻 童貞 屋外露出 後背位 飢え 肉便器 魅せ付け 夜逃げ モンペ 奪い愛 娶わせ 夫婦生活 雇女 売春 淫臭 マムシ 放尿 女性用媚薬 覗き 息子の嫁 尿意 熟女 禁断の性行為 口淫 松葉くずし 堤先生 乳房 ご無沙汰 母娘 絶頂 出逢い系 追っかけ 横恋慕 生活保護 野外露出 素人 乳首 男根願望 いじめ 母子家庭 想い出づくり アナル 自慰 忍び逢い 風呂 ミニスカ 洗濯物 レズ 人妻・熟女 タンポン 清拭 生ハメ・生姦 阪神淡路大震災 輪姦・凌辱 ネトラレ 脅迫 チラ魅せ 性癖 10代のチ〇ポ 禁断の関係 ヒトトキ 疑心暗鬼 NTR 母と息子 淫靡 誘導尋問 強制性交 二股誘惑 痴辱恋愛 お義母さん カーセックス 女囚 媚薬 肉棒 屈曲位 発情 ぶえん セックスレス ホンバン行為 経産婦 仕返し パンティ 旅籠 夜を鬻で 自己陶酔に陥る 六十路 嬲って憂さを晴らす 身を堕とし 禁断の愛 黒い茂み 男鰥 寝バック 仲居 不貞 怒張 女衒 髪結い 巨乳 美乳 電マ 童貞狩り 仮釈 義道さん バック 躊躇い シチリア 寛治さん 珠子さん 保釈金 三所攻め 舐め 咥え 魔の誘惑 チューブトップ 万引き 警備員詰所 すらりと伸びた脚 月に1度の憂鬱な訪問者 マン繰り返し 秘肉をなぞる 顔面騎乗 近親愛 オカズ バイブレーター おしっこ 調理 幼稚園先生 看護師 3P乱交 乳腺炎 日照り 和姦 住職 檀家 フェラチオ パンパン 年下の男の子 お母さん 落書き デリ面接 潮時 マンネリ化 妊婦 コンドーム ディルド 春を鬻ぐ お試し 素股 ポルチオ 兄と妹 シモの世話 姉弟誘惑 背徳的 枕芸者 不特定多数 ご奉仕 鎌首 キス 恋焦がれ セックス イタリア くぐり戸 お潮 男を惹き付け 未開の地 優秀な男 運搬自転車 荒勘さん 割れ目 くぱー 懇願 失恋  全裸 太股 痛い 超ミニ 粘膜  二股不倫 自慢 トランクス シクスナイン 男根 男と逢瀬を重ね 夫婦の交換 性欲処理 黄金排泄 屋外 まぐわう 月のものが止まった よがり狂う 淫声 逢瀬 畜生道 夫婦円満 危険な冒険 下半身 ざわめき 浮気の代償 サカリ 張形  壁ドン妻 野外セックス 意識し始め 恋文 背面騎乗位 未開発 嫉妬と苛立ちを増幅 チ〇ポとオ〇ンコの娶わせ 臭いを嗅ぎ 縄張り 栄養補給 間男 同衾 躰の関係 浮気心 剛毛 性行為 プレゼント攻勢 ノーパン ショーツ 唇を重ね 愛欲 翳り  鑑賞 AV女優 ワレメ お色気 痴女 妊娠・出産 もてなし 女教師 ゴム 京都 緊縛 お下げ髪 セーラー服 あえぎ声 須恵乃さん 割り切り 女日照り 肉体労働 熱い視線 しゃぶり 性的興奮 ワンギリ 素人人妻 出逢い 義母 逆ナン 結婚 正常位 廃屋 身体検査 鯉こく 胤の受け渡し 口内炎 下働き 働き口 母子  バツイチ うなじ 花弁 蜜壺 旦那 ぶっかけ 訪問介護 オイタ 対面座位 締めつけ 潮吹き パンモロ 出戻り 下駄箱 痴漢 顔を跨ぎ 添い寝 後ろのすぼまり 剥き出し 虐待 貧民窟 睨み据え 結婚詐欺 コッペパン 父娘 我慢 自信過剰 秘所 堕胎 妄想癖 ツンデレ 自己顕示欲 輪姦・乱交 初めて 淫語 Gスポット シックスナイン 青姦 聞き耳 背面座位 バックスクリュー 筆おろし 安全日 まんチラ 秘めやか クロスラヴ 小便臭い小娘 後ろめたい 露天風呂 ブラック 毛唐 痴態 開脚 遺産相続 平手打ち エッチ 兄妹相姦 すぼまり 打擲 女の部分 マングリ返し 浣腸器 栄枯盛衰 全裸の野性的な美女 立ちんぼ 性的欲動 牝獣 旦那以外の漢 専業主婦 漢漁り 神童 ぬめる感触 上司と部下 パート従業員 胴体 快感を伴う 後家 貢ぐ 夫婦喧嘩 妻の気持ち 飯場  無理強い 超常現象 暗闇 清楚 温泉 娼婦 流出画像 快楽に翻弄され 女将 本やビデオで勉強 大開脚 クロッチ 哀願 油ののりきった女体 若いミルク SEX 淫らな光景 お菓子 長い黒髪 98Fの胸 完全勃起 夢精 見栄 片手と手ぬぐい 淫らすぎるキス せっくす 姉への口姦 牝蜜を涎のように垂らし 洗い場の湯椅子 睡蓮 屈辱的な姿勢 性具 息子の肉棒を愛撫 血管が威嚇 三十半ば 動画 退屈 盲目的野獣 黒人 メソメソ 母親 一方は素足のまま 囲われ 狼藉モノの侵入 転校生 通せんぼ パソコン 画像 犯罪人登録 嘘で塗り固め 隠れ忍ぶ 切りウリ 仮釈放 悪ガキ 情状酌量 追い掛けるように 覗き込んだ 赤んべえ 調教 一緒に寝て 青荷 一人じゃ心細い 伊豆 変態極まりない行為 後期高齢者 呆気なく登り詰め マッサージ お漏らし 出血 生理 血が付いて カップラーメン 半勃ち 正常位を強要 バージン 襞の中をくまなく まだらボケ 健忘症 業界関係者 交尾に酔いしれ 根元 自由恋愛 腰を前後に擦り始め 跨った タヒチの踊り 残留物 通学路 農道 何年ぶり 縞蛇 肉の悦び 淫習 口元がついほころんで 悪戯っぽい目 真っ赤に腫れ 吸って 靴が片方なくなって 悩ましげな視線 大量のTシャツ 寝たふり 見せしめ 名前だけ旧名 同様旧態依然のやり方 御歳暮の申し込み 真っ暗な線路上 トイレに立てこもり ポイント 誘導員 飛び降り 後続列車の車輪 切符切り 無賃乗車 麻美の茂み 黒々として 駄菓子屋 卑しき女衒 10円程度で買える菓子 つかの間の安息日 藪蚊に食われ 墓地脇 嫌らしい動き 黒い姿 写真で見慣れた景色 ヌメッとした感触 腰を屈め アワビの踊り焼き あの部分を連想 強い匂いが沸き上がって 列車 身体をすり寄せ 真後ろから撮った 脚を大きく開いた その部分 やや厚ぼったい襞 貶められた 放物線を描いて 切れ込み ヌード写真 盗撮動画 売春防止法に抵触 3P乱交 若後家 暴漢 猟奇モノ 同房 金の無心 エッチな写真 ビキニ 毛むくじゃならなもの ペアルック 腰を激しく擦り付け 恋人同士 利己主義的思考 口先だけ 義務教育という概念 現金書き止め 売春まがいのこと 呑兵衛の宛 クン二 将棋賭博 収監 あの匂いが嗅げる 色町 春の臭い  たらい回し ふたつの豊かな膨らみ 義母の胸元 エプロン姿 金玉マッサージ ピストン攻撃 中で字を書かれ 謝罪 指を口に当て シングル 悪戯 ノーブラ 釣鐘型の真っ白な肉丘 ベルを鳴らしてきた アナル責め 乳房の肉丘 下腹部の繁み 丹念に洗って 豊尻の底 義母のパンティー クリーム色のシミ お口で愛し ぽってりとした唇 甘い体臭 お尻を愛し 匂いを嗅ぎ 義母の汚れ物 狭い肉道 オナホ 強請る 半透明の液体 力づくで抑え 連れ込み 枕がふたつ 妾話し 留守電機能を解除 ローター 排他的思想 改宗 恥骨裏側 放尿前の感覚 携帯電話 おびただしい液体 上玉 全身をわななかせ のの字交尾 いやらしい音 野球拳 ただまん 体位変換 馬乗り 膣道に滲み出す愛液 欲望が激しく炸裂 叔母息子姦通 しっぽり濡れ 着崩した寝巻 万引き犯 ほどよい潤滑油 怒張したいちぶつ カウパー液 引き寄せる仕草 ままごと道具 リカちゃん人形 独り遊び チャンバラ 差別社会 戦争ごっこ 孕んだ 母乳 大きな空洞 拳を握り人差し指と中指の間に親指をめり込ませる 蹂躙 白いカスが付着 抱きしめ 春を鬻ぎ よそ者が紛れ込む 掃除道具入れ シズク ひる 最初の人 反射的に脚を閉じ 押し付けられた唇 無防備な状態 聞き耳を立て ギラギラ 女の指先 三輪車 クリッとした目 舌なめずり よーいドン 膝と膝が擦れ合う ヘンタイ 酒池肉林 舌に蹂躙 義母の肛門 敗北を伝える イチジクの実の形 跪いて 肉リング 双臀を割り裂く 寸前まで追い込む 手アワビ 腹部が波打つ 暴行 わいせつ 豊尻を拝む さいなませる 悪い母親 濃厚な妖艶さに満ち 部屋で待つ女 街角に立つ 風景に溶け込む シモの話し 3輪車 すっぽりと咥え 主婦風の女性 遣り手 肩に片脚を乗せ開いてくれ 洗面台に片手を突きながら 包皮を剥きにかかった 頭部を支え腰をわななかせ 禁忌のタブーを犯し 奥を探った ゆっさゆさ 野外 輪姦乱交 ピル 久しぶり 娘を欲しがる 素っ裸 浴室 盗み聞き 女の喘ぎ 絞り出すような呻き 肉感的 筒抜け パイプカット 隣人 搾取 娶合わせ 苦しみ 妖しげな手の動き セーラー服の少女 情交 ウンコ アナル拡張 展望台 不憫 痕跡 横取り 色即是空 慈愛に満ちた説教 若鮎 うなじの後れ毛 裸で抱き合っている姿 肉と肉のぶつかり合う 長い歳月 まさぐりながら エッチな雰囲気 エッチしてる様子 松葉崩し 伊豆の温泉 女の勘 脇腹を突っついた 露わ 許可 ふしだらな女 左足を肩で担ぐ 妖艶に微笑み 魅入って された腹いせ 軽はずみ 即尺 フェラ抜き 屈曲 切羽詰まった声 揉み合うような気配 秘めやかな会話 うつろ 猟奇的な交尾 怖ず怖ずと 付き合う 信じられない 兄妹 グロマン 嗅ぐ よがる 産婆 恨みがましい目つき スカトロ 熟れ切ったアソコ 如何にも狡猾な人妻 強制的なセックス スケベ妻 親子丼 女の何たるか 2穴 3P こじらせ童貞 先輩の肉棒 恋焦がれた女 こじらせ 男女混声の三重唱 ラヴ ディープキス お姫様抱っこ 陰唇 肉厚の恥丘 背面側位 歓喜と羞恥イキ おっぱい たゆんたゆん 泥沼の三角関係 派手な服装 朝立ち 膣内 ピストン 亀頭 年下に惹かれ スワップ 拒絶 劣情を煽る 悶々 スキンシップ 意思疎通 じらし アヌス 会陰 真空パック 搾乳機 射精 療治 沸騰寸前 3P かかあ天下 嬲られる 鞍替え 過激交尾 成長真っただ中の性 唸り声を発しノーパン 姉弟の淫声 恫喝 美容効果 発情がぶり返して 尻魅せ 定優等生の回答 焚き付け 姉弟姦通 オナった M字に開脚 複数の漢 脅し 守番 二束三文 二輪車 女が男に跨って ヌード 疑わしい目つき 戦中戦後 遊興に耽った 固く張りつめた粒 透明な密が溢れ 文化遺産 書画骨董 質素倹約 希少価値 半ば開いて 脚を開いて見せ 無償の愛 大胆にも太股を触り 梃子 覇権争い 連れ合い 茶飲み 認知テスト 下半身は現役 毛を摘んで見せた 記念 凄く毛深い 排尿介助 悩み事相談 身体介助 パックリ割れた襞 身体がピクンと震え その部分のドアップ 肩越し 重苦しい沈黙 耳たぶを軽く噛み始め 昇龍 鉄火の女 二組の布団 女中が気を利かせ 黄金色 墓参り 身体を観察 クッキリ入った溝 裸のまま布団に 女の子の視線 スジ 業界でも一目置く 白い身体 騎乗 デジカメ 脚開いて 大きめの突起 黒ずんだ襞 仕込み 黄金水 組を抜け 度胸 刺青 伯父さん ハエ叩き やんちゃ 手を取り合って 欲徳に直結 カップル交換 婚外性交渉 初対面 ラブホテル 身代わり 躊躇いもなく 待ち合わせ 恋路 父娘相姦 解放感 晒し 薬草 ゲンノショウコ 薬効 前を握りしめ じっくりと鑑賞 込み 瞬時の快楽を貪る 他生ハメ 締め人棒 盗撮 出来ちゃった よがり声 欲得より官能の方が勝って 大きめな粒 溜息を突いた 白目を剥いて 生臭い体液臭 喘ぎに似た声 まさぐり合い 貫通式 商業科 襞に埋もれた粒 柔らかな感触 部屋の鍵が掛かって やってる 尿が出にくい それを示す匂い 久仁子の割れ目 臭い 他人の女房を寝取る 性的欲望 その場限り セイシ 一塊りの滴 ぎこちない手の動き 高齢者 尿道に唇と舌で刺激 情熱が実を結び 優等生 就職組 貧困 偏見 定時制高校 進学 3者面談 具に舌を這わせ フル勃起 溢れ出たシル 丁寧に舐めあげ 認知症 廃慕・墓じまい 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
「 知佳の画像掲示板 FC2」以降のリンクは利便性を鑑み取り付けています。
QRコード
QR
参加ランキング
人気ブログランキング


アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
189位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
13位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム
メールは日に何度かチェックしています。お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogと【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」の中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
拍手ランキング
この拍手は「ランクレット」と同様の意味合いで取り付けています。

他の人にお薦めしたいときに記事の上部にある拍手ボタンを押して頂くとあなたがお選びになられた記事がカウントされます。
おすすめ官能小説
18禁官能小説集です。
官能小説投稿
小説を書いたら投稿しよう
小説家になろう

小説を読もう!は「小説家になろう」に投稿されたWeb小説や作品を無料で読める・探せるサイトです。

小説家になろう
小説家になろう

入谷村の淫習を投稿中


愛と官能の美学
愛と官能の美学

愛と官能の美学は投稿も出来ますがご投稿もしていただけます。
お薦め


官能文書わーるど
官能文書わーるど

「官能文書わーるど」の管理者しょうた様はご多忙のため掲載には少々時間を要します。


Pixiv
ひそかに心を寄せる茶店の女店主
各種掲示板
注意書きに沿ってそれぞれの掲示板をご利用下さい。
知佳の画像掲示板
知佳の画像掲示板
FC2レンタル掲示板、投稿画像などFC2&国内法に適するなら書き込み自由。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の書き込み掲示板
知佳の書き込み掲示板
書き込みの文章や画像など、規約に沿った内容でお願いします。
Shyrock様のご厚意により宣伝効果大


官能テキスト掲示板
官能テキスト掲示板
当掲示板は小説等更新時の案内用としてご利用ください。
違法画像、児童ポルノは厳禁です。
商業目的の使用は禁止です。
ご利用に当たって相互リンクの有無は問いません。


知佳の書き込み&
投稿画像掲示板
知佳の書き込み掲示板
自撮り画像掲示板
★当掲示板は自分撮り、他人撮り等オリジナル画像限定でご投稿ください。


Kaede's Room
画像掲示板
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。宣伝にご利用下さい。


知佳の掲示板
知佳の掲示板
HTMLにて画像挿入可能です。

投稿写真動画
素人投稿写真/素人投稿動画/素人オリジナル限定の素人投稿専門サイト
紳士淑女の夜の社交場 image
投稿写真動画 画像
35,000 (08/11/23時点)

投稿画像の壷 image

盗撮・覗きetc
どていばん.コム image
昔は盗撮が横行して……いやいや、今でも立派に横行しています。
そんな気分を味わいたい方にお勧めなのが「どていばん.コム」です。

着エロ@電脳女学園 image
着エロ、パンチラ、制服美少女、グラドル、お宝女優、えっちなお姉さんをまったりと楽しむ。そんなリンク集と画像掲示板サイトです!

緊縛・凌辱
アンテナ (アクセスアップ)
更新情報を素早く掲載、宣伝に効果的

読みたい小説を簡単に探し出すことが出来ます。

ブログの登録を依頼し掲載してもらうだけで訪問者が増えます。
宣伝効果が期待できます。
サイト内リンク
知佳の美貌録(総合)
知佳の美貌録(総合)バナー
一般ページ

知佳のサイト内では道路標識的役割のページ。


Japanese-wifeblog
Japanese-wifeblog ban
ブログを始めよう思って最初に手掛けたページ。
FC2のまま継続していたとしたらブロ友数の多さが目を引く。
検索エンジン登録数も他のページに比べ桁外れに多いのがこのブログ。


知佳の美貌集
知佳の美貌集 バナー
アンテナ2号館



知佳の小説系アンテナメーカー
知佳の小説系アンテナメーカー バナー
アンテナ1号館



Sexcy style
Sexcy style ban
カリビアンコムなどの有料動画の最新情報を観たい方はこちら。


知佳の美貌録(総合)
舞ワイフ ~セレブ倶楽部~ 171 ban
不倫・不貞、他人棒の総合案内こちら。


知佳のアルバム
知佳のアルバム
知佳の美貌録のアルバムをご覧になりたい方はこちら。
最新動画
セルフ潮吹きと…
南原みさき    
恍惚 〜色気た…
佐々木優奈    
早抜き 与田知…
与田知佳    
サービス精神が…
水元恵梨香    
家事代行のドデ…
櫻木梨乃    
面接セックスを…
紗霧ひなた    
バイト先の人妻…
小泉真希    
極上泡姫物語 V…
藤咲ゆい    
即ハメしちゃう…
紗倉みゆき    
女熱大陸 File.09 …
加藤えま    
SNSで見つけた …
七瀬結衣    
セクシー女優エ …
大久保ゆう    
早抜き 舞咲み …
舞咲みくに    
人気ランキング