FC2ブログ

四畳半での謝礼 ~薄暗がりの中から現れた人妻~

薄暗がりの中から現れた人妻 うだるような暑さが続く梅雨明けの午後九時前、中谷哲也は港方面から歩いて駅方向に向かっていた。

 小さな交差点を右折し、道なりに1キロばかり歩くと駅に着く。 交差点の脇にはパチンコ店があった。 問向かいにはコンビニもあるが、この交差点を過ぎるとしばらくは店らしきものはない。

 お金さえあればパチンコをやりたかったが、情けないことに無一文に近い哲也には、パチンコをする余裕などなかった。 すきっ腹を抱えてはいるがコンビニなど論外だ。

 このパチンコ店には知り合いの女が入り浸っている。 頼めばお金を工面してくれないこともない。 しかり、借りたからといって返す当てなどない。

 哲也自身職にあぶれるどころか、パチンコに入れあげ、今は食にすらありつけなく、仕方なしに警備のアルバイトをしていた。

 炎天下、蒸し風呂状態の中、ひっきりなしに行き交う車を、苦情を言われながらもペコペコ頭を下げ誘導する。

 そうやって得たお金で街外れの廃屋のような1Kを間借りし、インスタント食品を口に放り込むのがやっとという状態になっていた。

 高校を卒業し、最初に勤めたのが鉄工所だった。 だがそこで、先輩のいじめにあい、いやになって飛び出し、あとは職場を転々と変える生活を繰り返していた。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~人妻を賭けた格闘~

人妻を賭けた格闘 哲也はそろりと身構えた。 一瞬逃げようとも考えたが、逃げたら覗き見に来たんじゃないかと思われる。 女の悲鳴を聞いて助けに来たんだと、せめて女にはそう思われたかった。

 哲也の存在に気付いた漢がこちらを向いた。

 目立った動きはないが、闇夜に浮かぶその表情は怒りに目が光り輝いてるようにも見える。

 助けようと哲也が駆け付けたにしては女は、一体何が起こったのか分からず、先ほどまで害を及ぼしていたはずの漢の陰に隠れ、縮こまっている。

 哲也が飛び出してきたことで状況は変わった。 にも拘(わ)らず、女はこの場から逃げようとはしなかった。 漢はそれほど好みじゃないとはいえ、飛び込んできた哲也も味方とは限らない。

 多少救いに思えたのは、飛び込んできた哲也から身を守ってくれっるよう女が、漢に頼まなかった点だ。

(俺はお呼びじゃない…わけでもなさそうだな…)
哲也は自分は正義であると証明するしかないと思ったら声が出た。

「そこのアンタ、強○は止めたらどうです? さっきから嫌がってるでしょう。 それとも人を呼びますか?」
有りもしないのに、さもポケットに携帯を忍ばせてるが如く手を突っ込んだ。
「なんだ? テメエは」
どすの効いた声で漢が凄んだ。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~傷ついた哲也を案ずる救急外来のナース~

傷ついた哲也を案ずる救急外来のナース 薄灯りの中を公園の入り口目指し、足を引き摺りながら戻った。 暗闇の中手探りで置きっ放しになっていた荷物を探した。 見つかりはしたが、荷物はそこら中に散乱していて、もちろん警棒はへし折られ、合羽は引き裂かれ、着替えに至ってはバッグごと水たまりに突っ込まれ泥まみれになって転がっていた。

(あの野郎…やりやがったなー)
逃がしてやった後悔と、お人よし過ぎた怒りとで頭がどうにかなりそうだった。 大事な警備服だって無事では済まないだろうが、調べる勇気は湧いてこなかった。

 荷物を拾い集め、小脇に抱えて公園を出ようとして誰かが近づいてくるのに気付き身構えた。 生垣の向こう側から現れたのはナースだった。

「あそこで誰かと争っていたのは、もしかしてあなたですか?」
痛めた躰を引きずるようにして歩いている哲也を見て、ナースは持っていたピッチでどこかと連絡を取り始めた。

「それがどうかしましたか?」
初対面の人間に対する下目線の物言いに、心底腹が立ち、睨み据えた。 今頃になって現れ、正義漢ぶって通報しようとする。 その態度が気にくわなかった。

「どこか怪我しなかったですか?」
観ればわかるだろうと言いたかった。 医療の専門家であっても、薄暗い常夜灯の下では、余程近づいてみない限り状態は分からないらしい。 

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~わざわざ職場まで様子を見に来てくれたナース~

わざわざ職場まで様子を見に来てくれたナース(こんな調子で果たして明日起きれるだろうか)
不安に駆られながらも疲れと睡魔には勝てず、眠りに引き込まれた哲也を駅員は、アルバイトに間に合うよう起こしてくれた。

(ふう~、助かったァ~。 ここからなら自宅と違い割と近いが…、う~ん…その前になあ…)
まさか店に警備の服を着て仕事というわけにはいかない。 祈るような気持ちでバッグをトイレに持ち込み開いた。 大穴でも開いていたら、どうにかして肌が露出しないよう誤魔化さないと妖し気で街を歩けない。

「ちっきしょう…やられた…どうしよう…」
どこが引き裂かれたのどころではない。 元々着た切り雀で生地は傷んでいた。 闇夜でわからなかったが、捨ててあったものを拾って来たが如くボロボロにされていたのだ。

 夜明け前とはいえ街の中を、汚れ放題に汚れ、裂けてボロボロになった服を着て歩いたりすれば、祭りの仮装行列ではないのだから通りかかる人が見たら良い気はしない。 見た目多少はマシな警備服で移動するしかないが、職場では時間がダブル可能性のあるバイトを禁じている。

(見つかったらヤバイよなあ~…かと言って無断欠勤もなあ~)
上司が罰を食わないよう、気を使いながら働くと、何かと勤務に手心を加えてくれることもある。 それをあからさまに違反してます風な服で登場されては彼らの立場が無い。

 かといって下手な言い訳で無断欠勤でもしようものなら、他のバイト仲間に迷惑がかかる。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~急外で患者の治療に当たるナース~

急外で患者の治療に当たるナース(今日は最高の日になる…ような気がする)
哲也は高校すらまともに出ていない。 その哲也に、美人ナースが差し入れをしてくれた。 劣悪な現場に一輪の花。 この日は仕事のとっかかりから現場は浮かれていた。

「あんちゃんにもとうとう春が来たか。 大事にせにゃいかんぞ」
「そうそう、おっさんのように呑んでばっかおると逃げられっぞ」
「持って来られた荷物は儂らが預かっちゃる」
てんでに親切な言葉を投げかけるが、何のことはない。 ただ単に、中に何が入ってるのか知りたいだけなのだ。

「腐るといけん。 儂のダンプに載せといちゃろう」
「そげんとこに置いといたら、お前がおらんようになったらどうすっで。 なっ? そうじゃろ。 儂がええようにしちゃる」
なんやかんやと御託を並べ、本人の了解なしに中のものを引っ張り出し講釈を垂れ、せめて食べ物でもクーラーボックスに入れてくれるのかと期待し見ていると、結局のところ日陰の、比較的風通しの良いところに吊り下げて終わりとなった。

 それがこの世界で最良の場所ということらしい。
(有り難いには違いないけど、口に入れるころには饐えてるだろうなあ)
グチグチ言いながら、看板やコーン、果てはクッションドラムなどを配置していった。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~救急外来に乱入した不審者~

救急外来に乱入した不審者 病院関係者に対し、更に申し訳ないことが起こった。

「事故と訊いて駆け付けられた方が救外の待ち合いで暴れてます。 すぐ来てください」
ナースから警備室にこのような要請があった。 が、警備員のほとんどが一般企業では雇ってもらえないから来ている定年退職者。 上役から言われたから仕方なしに様子見には来たものの、暴れてる連中を取り押さえようとしないばかりか、警察にも責任を追及されるのが嫌で通報しようとしなかった。

 御託を並べ引き揚げた警備室で警備員たちは乱入者について、散々口汚くののしるものの、もう二度と様子見に来ることはなかった。 誰かが代わりにやってくれるのを待ち、自分たちの目の前から乱入者が消えると、安穏とテレビを見たり新聞を読んだりしながらくつろいでいる。 まるで、夜回りが仕事だと言わんばかりに。

「だあ~から救急隊なんか受け入れなきゃいいんだよ…ったく」
自分たちの意思に反し、救急隊を受け入れたから問題が起こったんだと息巻く。 病院関係者も規則だから、上の指導があるから、世の流れがそうだから仕方なく彼らを雇っている。

 こういった時ナースは、一方で救急救命に当たりながらも、もう一方で暴れる族を説き伏せ、治療の邪魔をしないよう敷地内からお帰り願わねばならない。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~哲也が施したナースへの施術~

哲也が施したナースへの施術(…このままほっといたら彼女は…何とかしなくっちゃ…といって、どうすんだ…)
駐車場で会った時には少しは正気を保ってくれていた。 それが、車に運び込み、自宅に運び込む都度悪化していく。

(救急車か…いや待てよ…そんなことしたら勤務先に運ぶに違いない…)
勝気なふりして帰って来た彼女の、チームへの思いやりが、下手に救急車でも呼ぼうものならフイになる。

(ええい…どうすりゃええんだ、こんな時はよう…バカなオレにでもできることは…)
蒸し暑いからとエアコンをつけてあげた。 良かれと思ってやったのに、彼女の震えはますます酷くなった。

 エアコンを弱め、代わりに冷やしたタオルを額に置いた。 布団の中で躰を折り曲げるようにして寝てるものだから、緊張を解きほぐしてあげるために足の裏のマッサージを始めた。 土踏まずを揉み、親指から順に付け根を揉み、アキレス腱のあたりを揉んだ。

 それを右左交互に繰り返した。 気持ちが良いのだろう。 最初は気味悪がって引っ込めてた脚を、終いには自分の方から伸ばしてきて指圧を要求し始めた。

 勤務の途中、このままでは迷惑をかけるとでも思ったのだろう。 更に薬を盛ったようで、その薬が効き始め気持ち良くなったのだろう、吸い込まれるように寝入った。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~海岸線の漂着物~

海岸線の漂着物 哲也はやることがなくなると決まって海に行く。 釣りに出かけるわけではない。 今節釣り道具もバカにならない。 寝る暇も惜しんで働いても、撒き餌すら買うのをためらう。

 それでも海に行く、気晴らしの散歩に。 

 水際で戯れていると時間を忘れる。 山育ちだから尚の事海は興味をひかれた。 普通の人はそっぽをむくゴミだって、彼にとっては海の一部なのだ。

 大自然と触れ合うのは好きだが、それで生活できるほど世の中甘くない。 少しでも利益に結びつけようと、この頃では海で獲れたものを持ち帰ることに厳しく制限している。

 哲也がゴミと戯れるのは、釣りをしたい気持ちを忘れるためだ。

 だが、一部の人たちから見れば哲也の行動は疑わしいものであったに違いない。 なんとすればそれは、漂流物を装って禁制品を沖合で流しておいて、後になってこっそり回収し利益に結び付ける輩がいるからだ。

 流す時間帯と潮の流れ、それに気象条件によって目的地にうまく流れ着いたり、方向違いのところに漂着したりする。

 懸命にそれらの品々を探し歩いていた関係者の目の前で哲也は、何かを拾い、どうにかしていたようなのだ。

 深夜の公園がどうのというのは、如何にも人が潜みやすい廃屋裏がかつて取引に利用されたことがあったからだ。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~妖艶に微笑みかける人妻~

妖艶に微笑みかける人妻 キキキーッという音がし振り向くと、時代に取り残されたような車が鼻先をかすめ通り具ぎていった。
「馬鹿野郎、あぶねえじゃねえかあ~~~」
怒鳴り上げたものの、もうその時には車のナンバーなど確認しようもないほど遠くに逃げ去った後だった。

「危なかったわねえ、大丈夫でした?」
ひょっこりと家の隙間から女が現れた。
哲也は海岸線で拾ったものをそこら中にぶちまけてしまっており、声をかけてくれた女は、辺り一面に散乱しているそれらをひとつひとつ拾い上げてくれている。

「ありがとうございます。 あいすみませ…」
自分でも慌てて落としたものを拾おうとし、女が拾ったものを手渡そうと近づいてきたのを顔を上げ見て、思わず口をつぐんでしまった。

 そこにいたのは、あの公園の女だったのだ。
「その節はどうも…」
丁寧に頭を下げた女の長い髪は、肩から胸へと滑った。

「はあ…ここいらにお住まいだったんですか…」
「…ええ…まあ…」
言いにくそうだったので、哲也は拾ってくれたものを受け取るなり、自分が先に立って通りを渡った。 渡り切ると右に折れた。 見ると女は後ろを付いてくる。

 こちらが歩を緩めると、同じように緩めると言った風に、何処までも付いてきた。

 年齢からするとアラフォーに近かろうと思われた。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~闇に光る眼~

闇に光る眼 哲也の住まいは格安で入れた。 格安にはふたつの理由があった。 ひとつは窓はあるものの、開けたからと言って陽の光は入らない。 窓の外は隣の家の壁だからだ。

 もうひとつ、それは訳アリ物件だからだ。 

 だから自然光と言えば玄関の硝子戸を通過し、入って来た光だけが頼みだった。

 働きづめに働かされ、寝に帰るだけだから…そう思って借りた。

 それが大きな間違いだった。 夏は熱気が、冬は冷気が部屋を支配し、逃げ場がないものだからその分余計に仕事に逃げた。

 哲也がやせ細るのも、冬はまだしも、熱帯夜と呼ばれる季節になると暑すぎて、この部屋では熟睡などありえないからだ。 夏はだから、海水に脚を浸しながら海岸で寝た。

 いつかここを出てやるという気持ちだけが、彼を揺り動かしていた。

 その猛暑日が、もう間もなくやって来ようという日の午後、女は彼の部屋を、さも危ないところを助けた、何か寄越せと言いたげに訪れていた。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~痛む膝を宥め賺すべく乳房がもってりと乗って来た~

痛む膝を宥め賺すべく乳房がもってりと乗って来た 哲也の気が遠のきかけると、何故だか女は最も痛めたであろうところに手を伸ばす。

「いっ 痛ううう」
あまりの痛さに全身が総毛立つ。 飛び退ろうとする哲也を、抱きかかえるよう背に手を回し、痣が出来ていた頬に触れつつ顔を近づけた。

 あの、独特の甘ったるい匂いが鼻腔を刺激する。 嗅いでいるうちに躰が宙に浮くような感覚を覚えた。 唇を奪うか、それに近い状態を維持しつつ、女は盛んに吐息を吹きかけてくる。

「何度も痛い思いをさせてごめんね。 でも、こうしておかないと後々大変だから」
何がどう大変なのか、そこいらはうまくはぐらかす。 何度か哲也の口元に息を吹きかけておいて、足元にしゃがんだ。

 女も気分が悪くなったんじゃないかと心配になり、供にしゃがもうとした。 だが女の目的は別にあったようで、しゃがんだ格好でトランクスの内股の辺りに手を忍ばせてきた。

「この様子からして、ここいらも相当打ち身が激しかったんじゃないかしら」
「そこは大丈夫です。 何かあったとしても、自分でやりますから」
一度は相手の命を救ったかもしれない、そして今回はそのお返しとばかりに救われたかもしれない。 が、それとこれとは別だった。

 哲也にしてみれば、なにがなんでもそこだけはナースに捧げなければいけないと、この期に及んでも勝手に思い込んでいた。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~お礼にと、乳房を差し出す女を前に困惑する哲也~

お礼にと、乳房を差し出す女を前に困惑する哲也 容姿もそうなら年齢から言っても人妻に違いない。 その女が独り者を裸にひん剥いておいて乳房を露出させのしかかる。

 それも、こんなおっぱいじゃ嫌なのかと問うてくる。 呑まず食わずの生活が続き、意識を保つのさえ懸命だったはずなのに、目の前に異性を突き付けられると、どこにそんなエネルギーがと思えるほどの浅ましい反応が沸き起こった。

 頭に思い浮かぶのは、これから行わなければならないであろう、女と対等に渡り合えるだけの男らしさを保つこと。 いうなれば先ほどまでは恥でしかなかった漲りを、今度ばかりは維持なければならないような気になった。

「こんなになってても?」
哲也が問われたことに素直に応えないものだから、女は晒した手前引っ込みがつかず、これでもかというほどおっぱいを脛と言わず股と言わず擦り付けてくる。

「いや、だからどうだとか、一言も言ってないです」
見ればわかるだろうと言いたかった。 この時すでに女は、上着など着てないに等しいような状態になっていたのだ。 露出した素肌が、漲りを捉えて離さない。

 そこにもってきて、胸元をだらしなく開け、ブラからポロリとおっぱいを片方だけこぼし、今一番敏感になっているであろうところにグリグリと擦りつけてくる。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~凛と張った乳房を惹きたてるたおやかな腹部~

凛と張った乳房を惹きたてるたおやかな腹部「あの漢のことを、忘れさせて頂戴」
それは未経験の哲也にとって唐突な要求だった。
「えっ!?」

 何と言われたのか、ピンと来なかった。 廃屋のようなオンボロ長屋に不釣り合いな、優麗な人妻がそこにいる。 

 ただ居るだけじゃない。 その女は明らかに自分に対し欲情していた。 そうと分かっていながら童貞の悲しさ、勃起すれどここから先何をやったら良いか、皆目見当もつかない。

「あの漢がやったことを、あなたもここでやって」
「…だから見てないんです。 本当です」
そうとでも言わなければ、解放してもらえそうになかった。 第一、ヤルにしても、女の扱い方をまるで知らないものだから格好がつかなかった。

「ウソ、ウソよ。 見てたわ、ちゃんと。 その目で見てたわ」
暗闇だからこそなのか、どうだと言わんばかりに漢は、嫌がる女を甚振り続けていた。 助ける以前に、凌辱に身を揉む女を、もっと近くで見たかったが、腰が引けて自分から近寄ることが出来なかった。

 いま彼女が口にしたことが本当なら、彼女は一方で助けを求めながら、もう一方で嬲られるのを楽しんでいたことになる。

 闇の中の誰かに向かって、漢に嬲られつつあるソコがどうなってるか魅てほしくて晒し続けたことになる。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~舐め取られた先走り~

舐め取られた先走り「今度こそ受け取ってね」
横臥した哲也を宥めすかすように言葉がけすると、女は唇を奪いにきた。 舌が絡まり情が乗り始めると、女は幾度も哲也の口内に向かい耐え切れないと言った風に深く吐息を吐いた。

 獲物の匂いを嗅ぎつけた獣が、ゆっくりと舌なめずりするが如く、女の唇は哲也の皮膚を這い降りてゆく。

 入れ替わりに秘毛の煙るところから、嗅覚を麻痺させるような媚香を漂わせ、ソレが這い上がって来た。 

 哲也と正反対を向いた女の手が鼠径部を盛んにまさぐる。 哲也の、顔近くまで引き寄せられたソレに向かい、口と舌での行為を、彼女が屹立に手を伸ばす前にやってほしいと目顔で促してくる。

「ええっと…怒らない? どうやっったらいいか、さっぱりわからないんだ」
「ナースと付き合うぐらいだから、経験あるんでしょ」
「いえ…女の人と…こんなことするの初めてで…」
せっかく差し向けてくれた彼女の豊かな尻に、手を触れることすらできなく、オロオロしていると

「まっ! 信じらんない! あんた童貞だったの?」
妖艶な仕草から一転、目を剝かんばかりの形相で振り返るなり、サッと顔を跨いだ。

 顔のド真ん中に興奮で捲れ、充血し濡れ光り奥まで丸見えになったソレが覆いかぶさってくる。

 驚くべき速さだった。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~何度もイカされる人妻~

何度もイカされる人妻 すっかり吸い尽くすと、人妻は亀頭を口から放した。
「凄い勢いだったわ。 それにもの凄く濃かった」
「あれ以来色々あって…こんなことする気持ちになれなかったものですから…」
彼女に、それとなく、どちらが先か気持ちを伝えた。 欲して止まなかったそれを受け止めてくれた。 息も絶え絶えであったこともだ。

 正直、大人のセックスとはこれほどまでにすさまじい快楽を求めるが故執り行われるものなのだと、改めて思い知らされた。

 初めて女が侵される様子を拝み、代わってほしかったが耐え、そして今せめても彼女の中に割入るまではと全力で耐え、双方を通じ溜まりに溜まった、行き場所を失ったエネルギーをすっかり抜かれたものだから多少脱力感らしきものは確かにある…。 が

「まだまだ出そうね」
すっかり抜き切り、腹上から降りておきながらその直後に人妻は、もう精液を求め肉胴を、このように言いねめつけてきた。
「……だと思います」

 ヌカれはしたが、まだ顔騎された折に拝んだ女のヒダを味わってない。 それにこの程度では彼女に自分という漢を植え付けたとは思えなかった。 ここは今後を考え、何としても女を堕とすというのをやらかしておかねばと思った。

「ねっ、哲也くん」

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~肉欲に飢え、痴○漢を引き寄せた人妻のおねだり~

肉欲に飢え、痴○漢を引き寄せた人妻のおねだり 人妻の肉壺が哲也の中指を咥え込み、くちゅくちゅと、湿り気たっぷりの音を立てる。

「んっ んっ はああぁぁぁ~~~ 哲也くん…お願い。 そこをもっと、もっとほじって」
下げられ、膝頭の辺りにまとわりつていたパンティを、人妻は自分で脱ぎ、哲也にソコがよく見えるよう脚を広げ導いていた。

「ここいらでいいですか」
言われた通り哲也は、恥芯を掻きこねる。

「あ、 あ……あああ、 そう……そうよ、そこよ。 そこ……はうぅぅぅ……、 あっ、 ああん……」
ときに強く、また時に弱く。 甘く、耳に響き渡る声を上げ、人妻は哲也が挿し込んでくれた指に向かって恥骨をしゃくりあげる。

 女性の芯部に初めてめり込ませてもらえた哲也の指は、びらびらした粘膜から深い奥まで腰の揺れに合わせ何度も往復させられていた。

 室内に漂う淫臭と、卑猥極まりない光景に、哲也の熱棒は極限に達し、人妻の太股の内側あたりを彷徨っている。

 それを、恨めし気に何度もねめつけていたが、何かの拍子に遠のかざるを得なくなると
「…入れて。 ねっ、 お願い。 ね? ね?」
泣きそうな目で人妻は、せがんできた。

「もっとですか? こうですか?」
哲也は深く考えず、教わった通り中指を深々と送り込んだ。 指は秘口に付け根まで、溢れ出てきた白濁液をまとわりつかせぬらりとめり込んだ。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~夕闇の街に消えるお礼に来た人妻~

夕闇の街に消えるお礼に来た人妻 哲也は童貞であったことも忘れ、夫を振り返ることすら忘れさせるほど漲らせたものを人妻のソコに挿し込もうと身構えていた。

 あの夜、痴○を働いてきた漢を彼女は、どうしても受け入れることが出来なかった。 それは、心が通わない行為だったからだ。

 今回に限って運は哲也に味方してくれた。 女はお礼の途中、フェラ中の男根が童貞と知って欲情し、精飲をやらかしてし、逆に借りを作ってしまっている。 借りを返し、そこにお礼を付け足すには、どうしても男根を受け止めなければいけない。

 心配のあまり、沿わせていた手を一旦離し、秘部から尻へ、尻から背中へと撫でながら、待ち受けてくれている谷割れに肉幹を挿し込んだ。

 哲也はこういった折、受ける女のためを思い、一瞬なりと留まり嬲る必要のあるGですら止まることが出来なかった。 女は、そのため指を使わせたが、ついぞその存在すら気づかず通過してしまった。

 勢いのまま、亀頭が恥芯に分け入った。

「あっ、 ひっ……」
人妻には、人妻なりに夫に詫びを入れるべく刻が必要だが、哲也はそれさえ与えなかった。 背徳と、欲情の狭間で人妻の背中がしなり、尻肉がわなないた。 

 哲也は、間髪を入れず腰をせり出していた。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~留守宅に忍び込む人妻~

留守宅に忍び込む人妻「あれっ!? 俺って慌て者だなあ、鍵付けたまま閉めちゃったんだあ」
女性が来訪したというだけで舞い上がってしまった。 そう思うことにした。

 失恋の痛手は相当手ひどく、彼女が公園で漢に凌辱されていたのを助けた折に、漢と争ったこともそうなら、その女性が恐らく、痴○を働いたであろう漢を愛無しに受け入れていたのを見たこともショックで眠れなかったが、今回 それに輪をかけ眠れないのである。

(なんでアイツ帰っちまったんだろうなあ)
考えることと言えば、そればかりなのである。
家庭を持ち人妻となった女性を童貞が、性戯で堕とせるなどと、本気で思ってはいなかった。 が、それでも彼女を想う気持ちだけは誰にも負けてないと思いたかった。

(公園でかっこいいとこ見せて、この部屋で漢であることを示し…あ~あ、なんでかなあ)
何故行為が終わった余韻に浸ることもせず、逃げ帰らねばならなかったのか、哲也にはそこいらが謎だらけ。

 どうせ眠れないならと、深夜になって車に轢かれかけた現場を見て回った。
(変だなあ…ここに間違いないはずなのに、痕跡がないや)
暇なものだから、地べたを捜査関係者よろしく這いずり回って何か落ちてないか見回すのだが、自分が落としたであろう海で拾って来たきれいな貝殻のかけらすら見つからない。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~哲也と人妻、ふたりが思いを馳せた海~

哲也と人妻、ふたりが思いを馳せた海「哲也、ま~た今日も海かえ? そんなんでホンに大丈夫かえ?」
「おはよう、おばちゃん。 わかってるよ、わかってるって。 でもなあ、俺なんかどこの会社も雇ってくんないんだ。 海だけだよ、楽しいのはよ」
盆を過ぎると海はその姿を変える。 夏の間、太平洋高気圧の影響で南から北に向かって吹き上げていた風が、季節が代わってまた西風になり、一気に波高が高くなる。

 あんなに賑わった浜辺が、急に閑散としてくる。

 おばちゃん、女の子が来なくなった海が、そんなに楽しいんか? と、問いたかったのだろう。 会社勤めをするなり、休みに街に出かけたりすれば、運がよければ相手が見つかるかもしれないのにと言いたかったのだろう。

 が、哲也にとって波が異国の何かを運んでくれるであろうからこそ海は楽しかった。 実社会は見た目で判断する。 相手が誰であろうが決めつけてかかる。 海は漂流物を運んできてくれる。 そこに差別はない。 あるのはツキ

 その同じ海に、また別の意味において思いを馳せ彷徨える人物が複数人いた。 そのひとりがあの人妻だ。

 好天の日もあれば、今にも泣く出しそうな空を見上げつつ彷徨わなければならないときもある。

 哲也は、趣味に事欠け茫漠たるものを探し求め海岸線を彷徨い歩いているのに対し、人妻は茫漠という点では似通ってはいるものの、探す範囲は桁違いに広範囲で、モノも夢とは必ずしも言い難いが、あるにはあった。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

四畳半での謝礼 ~追うものと追われるもの~

追うものと追われるもの「なんでなんだろう…」
哲也は、いよいよ食うに困って相談がてら元の職場を暁闇に訪ねた。

 何故暗いうちに出かけたかというと、みすぼらしい格好で店の周囲をうろつかれては、しかもそれが元従業員とあっては店側も困るだろうと思ったからだった。 しかもそこでまさかにナースと鉢合わせにでもなれば、それこそカッコ悪くて逃げ帰らざるをえなくなるからだったが…。

 目を皿のようにし、何度店内を盗み見ても、先輩の姿はもうどこにも見当たらなかった。

(…先輩は彼女に俺のことを…まさか…)
悪い予感がし、その足で急いでナースの下宿に痛めた脚を引きずり引きずり駆け付けてみたが…。 着いた頃には夜もうっすら明け、街の中心部から離れてるとはいえ、この時間になると多少なりとも人も車も行き交っていた。 

(こここそ周囲にそれと棹られないようにしなきゃ…)
最初は恐る恐る物陰から覗き見た。

(…やっぱり…いったい彼らに何が…)
型板ガラスが取り付けてあり、中は見えないものの、玄関脇の格子入りの窓のカーテンはすでに外されていた。
建物の表に回り見上げると、やはりベランダ側の窓のカーテンは取り払われていて、雰囲気からして空き家になってからかなり経っている風にも思えた。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

その他連絡事項

ブログ記事として残さない呟きをここで行います。
Shyrock様からバナーを頂きました。

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」バナー
相互リンク用バナーとしてお使いください
Size : 200 x 40



読み終えた方は感想をこちら (Shyrock様掲示板) にお願いします。
小説感想掲示板

官能文書わーるど様への投稿
  • 残照
  • 老いらくの恋
  • ヒトツバタゴの咲く島で
小説の投稿先と投稿内容の詳細(専用ページに移動)
アップデート 2024/02/21 12:45


投稿記事へのコメントをお待ちしています。



にほんブログ村「ブログみる」 image ぶろぐ村は幅広い分野のブログを閲覧できることが魅力の日本で唯一の検索エンジンです。

 にほんブログ村が提供する「ブログみる」はインストールが簡単で、いろんなブログをストレスなく見ることが出来ます。
 例えばスマホ版をご利用の場合、いつでもどこでも好きな時間に好きなだけブログを見ることが出来ます。
ご利用法>>>
バナーをクリックしていただくと、1つのリンクだけで下記3リンクへ自動で振り分けられるページに移動できます。
※閲覧する端末ごとに遷移先が分かれています。





ページトップの点滅する文字をクリックすると下のようなページに飛びます。下に掲げたリンクをクリックしても飛びません。飛びたい方はURLをコピーしURL欄に貼り付けてください。



PR
料亭で扱われているマグロを中央卸市場より直送でお送り致します。
女性向けお仕事 ここから
DXLIVEJOB


SakuraLiveJOB【英】


モンロー JOB


キャッチレディー


ファンブルビー


シークレットラブ


ウェブマスター

ブログを立ち上げ、日々のちょっとした出来事を書き込むだけ

女性向けお仕事 ここまで
プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは「愛と官能の美学」Shyrock様からのご投稿を含め、365日休まず更新。官能小説を書いており、不倫、近親相姦、スワッピング、NTR,実話など多岐にわたります。掲示板多数。自己紹介の小説あり。

序文 (おおよそ500字) と本文で構成されていて「続きを読む」をクリックしていただくと本文を読むことが出来ます。

関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

アクセスランキング
嫁の性長記録 image


カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
特殊な記事
ブロとも一覧
パスワード禁止

閲覧にパスワードをかけられたサイト様は規定に反しますので、しばらくは様子を見ますが、期間を過ぎ改善がなされない場合、ブロ友から外します。


鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

アオハル残酷ものがたり

AV-Q

 ハメ太郎の性活日誌

熟・変態女教師

えっちな人妻ひめの露出・混浴・輪姦

人妻のよろめき

kaede's Room Annex

Kaede's Room

盛若楠紫楼の官能小説

菜々子の秘密部屋

恵子の妄想

愛の記録

パイパン美マン人妻愛奴「まゆ」の調教日記(完全素人オリジナル)

セイカツ日記~夫婦の性活~

罰と罪-嗜虐的な天使を探して-

寝取られ体験談

日々の妄想を形にして(SM小説)

SM Sleeper

嫁の体験リポート

Sorao's Naked Activity Log -裸活-

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

鳶屋の艶本

北海道SM  調教室   

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

これも愛なんだ

desire Gs  ~妻との性記録~

変態仲良し夫婦の性生活
ブロとも申請フォーム
小説系のブロ友さん募集中

詳しくは「相互リンクについて」をお読みください。

この人とブロともになる

ブロともときめき速報
Mikiko's Room
Mikiko's Room image
タグクラウド
文字をクリくすると関連記事が検索できます。

欲情 背徳行為 婚外恋愛 寝取られ 凌辱 近親相姦 覗き見 生ハメ 姦通 誘惑 締め込み 浮気 レイプ 妄想 中出し 人妻 他人棒 母子姦通 自慰行為 恋人交換 裏切り 輪姦 不倫 W不倫 ファンタジー クンニ 寝取らせ 嫉妬 鬼畜 貸し出し 夫婦交換 騎乗位 ワンナイト 童貞破り 姦淫 バイブ 喪服未亡人 コメディ 借金肉地獄 SM 官能ホラー 強姦 きむすめ 吊り責め SM 裸心縛 女性リーダー 未通女 しゃぶる 夫面前凌辱 M字開脚 旦那制度 暴走族 指マン 足入れ 混浴 兄妹 濃厚精子 花街結婚 義父嫁姦通 手コキ お風呂入り スワッピング 真夜中 クリトリス 四つん這い 愛撫 悲恋 うぶな 使用済み 看護師 露出 フェラ 性教育 寝取り 禁断 完堕ち JK 嫁の羞恥 イタズラ アンチ援助交際 淫略 ゴルフ 生ハメ・中出し 乱交 同一マンションに居住 ごっくん 育児放棄 顔騎 羽交い絞め 年下 襲い来る恐怖 未知の物体 公衆便所監禁 脱出不能 パンチラ 交尾 愛と官能の美学 告白 Shyrock 菊門 純愛 羞恥 秘密の恋愛 未亡人 二股 乳首 義理の母と子 夜這い 夜伽 新妻 姉弟相姦 他人妻 母子相姦 童貞 屋外露出 飢え 後背位 セックス 魅せ付け 夜逃げ 肉便器 モンペ オナニー 奪い愛 娶わせ 夫婦生活 雇女 売春 おしっこ 淫臭 息子の嫁 女性用媚薬 放尿 覗き マムシ 尿意 熟女 禁断の性行為 口淫 おちんちん 絶頂 松葉くずし 舐め ご無沙汰 乳房 追っかけ 風呂 男根願望 生ハメ・生姦 出逢い系 母子家庭 生活保護 いじめ NTR 自慰 アナル 母娘 忍び逢い 想い出づくり 堤先生 横恋慕 脅迫 洗濯物 レズ 人妻・熟女 タンポン 清拭 10代のチ〇ポ 阪神淡路大震災 輪姦・凌辱 ネトラレ ミニスカ チラ魅せ 疑心暗鬼 禁断の関係 誘導尋問 ヒトトキ 性癖 キス 淫靡 母と息子 二股誘惑 カーセックス 媚薬 強制性交 痴辱恋愛 肉棒 禁断の愛 屈曲位 発情 ぶえん お義母さん 仕返し 屋外 経産婦 女囚 セックスレス ホンバン行為 旅籠 六十路 嬲って憂さを晴らす 身を堕とし 夜を鬻で 自己陶酔に陥る 保釈金 寝バック 仲居 不貞 童貞狩り 男鰥 怒張 髪結い 素人 野外露出 女衒 仮釈 黒い茂み 躊躇い シチリア 全裸 咥え バック 義道さん 三所攻め 珠子さん 寛治さん パンティ バイブレーター 万引き 警備員詰所 魔の誘惑 すらりと伸びた脚 チューブトップ 月に1度の憂鬱な訪問者 顔面騎乗 近親愛 オカズ マン繰り返し パンパン 住職 幼稚園先生 処女膜 医療 3P乱交 調理 乳腺炎 檀家 日照り シックスナイン 秘肉をなぞる 和姦 年下の男の子 お母さん 落書き デリ面接 潮時 マンネリ化 妊婦 ディルド フェラチオ 春を鬻ぐ お試し 素股 シモの世話 ポルチオ 姉弟誘惑 背徳的 コンドーム 不特定多数 兄と妹 ご奉仕 鎌首 枕芸者 恋焦がれ 割れ目 くぱー お潮 懇願 未開の地 痛い イタリア 野外セックス 縄張り 壁ドン妻 運搬自転車 荒勘さん  男根 シクスナイン 粘膜  失恋 丸見え アソコ トランクス 優秀な男 男を惹き付け 男と逢瀬を重ね 自慢 二股不倫 くぐり戸 畜生道 危険な冒険 夫婦円満 夫婦の交換 淫声 黄金排泄 よがり狂う 逢瀬 太股 夫婦喧嘩 後家 妻の気持ち 安全日 妊娠・出産 性欲処理 まぐわう 恋文 臭いを嗅ぎ 意識し始め 張形 サカリ チ〇ポとオ〇ンコの娶わせ 嫉妬と苛立ちを増幅 ざわめき 月のものが止まった 浮気の代償 未開発 背面騎乗位  母子 翳り 愛欲 プレゼント攻勢 性行為 間男 同衾 唇を重ね ノーパン 屹立 須恵乃さん あえぎ声 陰裂 ショーツ 躰の関係 浮気心 もてなし セーラー服 ワレメ 有名女優 貢ぐ お下げ髪 緊縛  剛毛 鑑賞 京都 ゴム 下働き 口内炎 性的興奮 ワンギリ 女日照り 割り切り 肉体労働 結婚 逆ナン 旦那 下半身 出逢い 素人人妻 義母 熱い視線 しゃぶり 鯉こく 働き口 栄養補給 身体検査 胤の受け渡し 蜜壺 花弁 廃屋 正常位 バツイチ  うなじ 超ミニ 女教師 後ろのすぼまり 添い寝 出戻り パンモロ 訪問介護 オイタ 顔を跨ぎ 下駄箱 開脚 痴態 初めて 輪姦・乱交 痴漢 対面座位 締めつけ 自己顕示欲 ツンデレ 自信過剰 我慢 睨み据え 妄想癖 秘所 剥き出し 潮吹き 膣口 虐待 堕胎 毛唐 露天風呂 まんチラ 筆おろし 秘めやか クロスラヴ 背面座位 バックスクリュー 浣腸器 ディープキス 羞恥凌辱  だっこ まんこ アップスカート Gスポット 淫語 打擲 すぼまり 女の部分 平手打ち 遺産相続 騎乗 エッチ 聞き耳 青姦 小便臭い小娘 後ろめたい 兄妹相姦 貧民窟 ブラック 上司と部下 ぬめる感触 パート従業員 専業主婦 栄枯盛衰 旦那以外の漢 漢漁り つるつる 姉への口姦 牝蜜を涎のように垂らし お菓子 流出画像 神童 立ちんぼ 性的欲動 娼婦 温泉 ぶっかけ 結婚詐欺 無理強い 清楚 超常現象 胴体 牝獣 快楽に翻弄され 快感を伴う 暗闇 せっくす 全裸の野性的な美女 若いミルク 長い黒髪 油ののりきった女体 本やビデオで勉強 女将 夢精 淫らな光景 SEX 父娘 コッペパン マングリ返し 愛液 飯場 大開脚 98Fの胸 片手と手ぬぐい 息子の肉棒を愛撫 睡蓮 見栄 淫らすぎるキス 血管が威嚇 洗い場の湯椅子 屈辱的な姿勢 クロッチ 哀願 完全勃起 性具 身体をすり寄せ 列車 誘導員 飛び降り 後続列車の車輪 腰を激しく擦り付け ポイント 悩ましげな視線 ビキニ 無賃乗車 利己主義的思考 エッチな写真 ペアルック 毛むくじゃならなもの 恋人同士 ヌメッとした感触 麻美の茂み 同様旧態依然のやり方 黒々として 腰を屈め 口先だけ 写真で見慣れた景色 御歳暮の申し込み 名前だけ旧名 真っ暗な線路上 トイレに立てこもり 寝たふり 大量のTシャツ 見せしめ 切符切り 切りウリ 盗撮動画 売春防止法に抵触 3P乱交 若後家 暴漢 猟奇モノ 収監 業界関係者 隠れ忍ぶ アワビの踊り焼き 嘘で塗り固め 犯罪人登録 情状酌量 仮釈放 ヌード写真 切れ込み 現金書き止め 金の無心 義務教育という概念 売春まがいのこと 将棋賭博 呑兵衛の宛 同房 貶められた 真後ろから撮った 脚を大きく開いた その部分 やや厚ぼったい襞 放物線を描いて クン二 半ば開いて パックリ割れた襞 身体がピクンと震え 透明な密が溢れ 固く張りつめた粒 書画骨董 文化遺産 大きめの突起 黒ずんだ襞 黄金水 ハエ叩き 仕込み 白い身体 脚開いて デジカメ 希少価値 質素倹約 追い掛けるように ヌード 脚を開いて見せ 記念 凄く毛深い 毛を摘んで見せた 疑わしい目つき 女が男に跨って 戦中戦後 遊興に耽った 二束三文 守番 二輪車 やんちゃ 伯父さん 廃慕・墓じまい 改宗 墓参り 黄金色 クッキリ入った溝 身体を観察 藪蚊に食われ 墓地脇 嫌らしい動き 黒い姿 卑しき女衒 駄菓子屋 つかの間の安息日 10円程度で買える菓子 女の子の視線 裸のまま布団に スジ 昇龍 業界でも一目置く 度胸 刺青 組を抜け 鉄火の女 耳たぶを軽く噛み始め 二組の布団 女中が気を利かせ 肩越し その部分のドアップ 重苦しい沈黙 あの部分を連想 押し付けられた唇 白いカスが付着 蹂躙 春を鬻ぎ 抱きしめ 孕んだ 母乳 大きな空洞 拳を握り人差し指と中指の間に親指をめり込ませる シモの話し 風景に溶け込む すっぽりと咥え 3輪車 ヘンタイ 酒池肉林 リカちゃん人形 ままごと道具 舌なめずり クリッとした目 膝と膝が擦れ合う よーいドン 聞き耳を立て ギラギラ 女の指先 三輪車 チャンバラ 独り遊び 戦争ごっこ 差別社会 掃除道具入れ よそ者が紛れ込む 部屋で待つ女 街角に立つ さいなませる わいせつ 豊尻を拝む 寸前まで追い込む 双臀を割り裂く あの匂いが嗅げる 暴行 手アワビ 豊尻の底 下腹部の繁み 丹念に洗って カウパー液 腹部が波打つ 引き寄せる仕草 義母の肛門 舌に蹂躙 包皮を剥きにかかった 肩に片脚を乗せ開いてくれ 頭部を支え腰をわななかせ 禁忌のタブーを犯し 主婦風の女性 遣り手 洗面台に片手を突きながら 濃厚な妖艶さに満ち イチジクの実の形 敗北を伝える 肉リング 跪いて 悪い母親 ひる シズク 囲われ 転校生 一方は素足のまま 通せんぼ 画像 パソコン 悪ガキ 靴が片方なくなって 腰を前後に擦り始め 跨った タヒチの踊り 残留物 通学路 農道 動画 三十半ば 赤んべえ 調教 一緒に寝て 青荷 一人じゃ心細い 伊豆 変態極まりない行為 狼藉モノの侵入 メソメソ 退屈 母親 黒人 盲目的野獣 何年ぶり 縞蛇 健忘症 まだらボケ 交尾に酔いしれ 後期高齢者 半勃ち 正常位を強要 バージン 襞の中をくまなく 反射的に脚を閉じ 最初の人 無防備な状態 排尿介助 強い匂いが沸き上がって 奥を探った お漏らし マッサージ 肉の悦び 淫習 口元がついほころんで 悪戯っぽい目 真っ赤に腫れ 吸って 自由恋愛 根元 出血 呆気なく登り詰め 生理 カップラーメン 血が付いて 覗き込んだ 前を握りしめ 姉弟の淫声 恫喝 スワップ 年下に惹かれ 2穴 3P 唸り声を発しノーパン 成長真っただ中の性 オナった M字に開脚 発情がぶり返して 美容効果 鞍替え 過激交尾 こじらせ童貞 先輩の肉棒 強制的なセックス スケベ妻 男女混声の三重唱 ラヴ 泥沼の三角関係 派手な服装 如何にも狡猾な人妻 熟れ切ったアソコ 恋焦がれた女 こじらせ 女の何たるか 親子丼 恨みがましい目つき スカトロ 姉弟姦通 焚き付け ウンコ アナル拡張 よがる 産婆 真空パック 搾乳機 情交 セーラー服の少女 若鮎 うなじの後れ毛 不憫 展望台 苦しみ 妖しげな手の動き 射精 療治 意思疎通 じらし かかあ天下 嬲られる 尻魅せ 定優等生の回答 スキンシップ 悶々 会陰 沸騰寸前 アヌス 劣情を煽る 拒絶 朝立ち 膣内 ノーパン&スカート わざとらしい泣き顔 膝丈のワンピース 奴隷 唇に軽く口づけ ぷぅっとふくれた顔 あそこ 締め付け 鮮血 ぎこちない舌使い 女性上位 座位 幼すぎる 唾液 小さなニキビ 引締まった上半身 廃墟 デルタ地帯 皮をかむったまま 男性医師 恥骨 淡い恥毛 三角形の布切れ 患部 婦人科 医師 触診 スカートを脱ぐ 白いTバックショーツ 子供特有の香り 清潔感 背面側位 歓喜と羞恥イキ ま○こ 無毛 女子高生 女性器 肉厚の恥丘 陰唇 ピストン 亀頭 ゆっさゆさ たゆんたゆん お姫様抱っこ おっぱい ノーパンスカート ロリコン しごいて 兄妹でセックス 顔射 ぺったんこ 皮がむける 一本のライン ぺろっと舐め 小さくて柔らかい手 まっぱ エロ本 筋一 顔をかしげ 上使い 慈愛に満ちた説教 色即是空 商業科 偏見 貫通式 解放感 晒し 父娘相姦 定時制高校 貧困 3者面談 認知症 進学 優等生 就職組 情熱が実を結び 薬草 薬効 身代わり 躊躇いもなく じっくりと鑑賞 溜息を突いた 白目を剥いて 大きめな粒 ラブホテル 初対面 恋路 ゲンノショウコ 待ち合わせ 婚外性交渉 カップル交換 丁寧に舐めあげ 溢れ出たシル 手を取り合って 連れ合い 欲徳に直結 性的欲望 その場限り 他人の女房を寝取る 茶飲み 覇権争い 下半身は現役 悩み事相談 認知テスト 大胆にも太股を触り 梃子 無償の愛 セイシ ぎこちない手の動き 尿が出にくい それを示す匂い 高齢者 尿道に唇と舌で刺激 具に舌を這わせ フル勃起 やってる 部屋の鍵が掛かって 臭い 一塊りの滴 久仁子の割れ目 柔らかな感触 襞に埋もれた粒 生臭い体液臭 まさぐり合い 肉と肉のぶつかり合う 揉み合うような気配 裸で抱き合っている姿 絞り出すような呻き 肉感的 女の喘ぎ 秘めやかな会話 切羽詰まった声 猟奇的な交尾 グロマン うつろ フェラ抜き 屈曲 即尺 筒抜け 隣人 娘を欲しがる 素っ裸 搾取 娶合わせ 痕跡 横取り 久しぶり ピル 盗み聞き パイプカット 浴室 輪姦乱交 野外 嗅ぐ 信じられない 脅し 盗撮 複数の漢 許可 ふしだらな女 露わ 出来ちゃった 締め人棒 欲得より官能の方が勝って 喘ぎに似た声 よがり声 瞬時の快楽を貪る 他生ハメ 込み 左足を肩で担ぐ 魅入って 松葉崩し 伊豆の温泉 された腹いせ 軽はずみ 怖ず怖ずと 付き合う エッチしてる様子 エッチな雰囲気 脇腹を突っついた 妖艶に微笑み 女の勘 まさぐりながら 長い歳月 身体介助 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
「 知佳の画像掲示板 FC2」以降のリンクは利便性を鑑み取り付けています。
QRコード
QR
参加ランキング
人気ブログランキング


アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
157位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
14位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム
メールは日に何度かチェックしています。お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogと【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」の中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
拍手ランキング
この拍手は「ランクレット」と同様の意味合いで取り付けています。

他の人にお薦めしたいときに記事の上部にある拍手ボタンを押して頂くとあなたがお選びになられた記事がカウントされます。
おすすめ官能小説
18禁官能小説集です。
官能小説投稿
小説を書いたら投稿しよう
小説家になろう

小説を読もう!は「小説家になろう」に投稿されたWeb小説や作品を無料で読める・探せるサイトです。

小説家になろう
小説家になろう

入谷村の淫習を投稿中


愛と官能の美学
愛と官能の美学

愛と官能の美学は投稿も出来ますがご投稿もしていただけます。
お薦め


官能文書わーるど
官能文書わーるど

「官能文書わーるど」の管理者しょうた様はご多忙のため掲載には少々時間を要します。


Pixiv
ひそかに心を寄せる茶店の女店主
各種掲示板
注意書きに沿ってそれぞれの掲示板をご利用下さい。
知佳の画像投稿掲示板
知佳の画像投稿掲示板 image
FC2レンタル掲示板、投稿画像&彼女・妻自慢にご利用ください。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の画像掲示板
知佳の画像掲示板
FC2レンタル掲示板、投稿画像などFC2&国内法に適するなら書き込み自由。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の書き込み掲示板
知佳の書き込み掲示板
書き込みの文章や画像など、規約に沿った内容でお願いします。
Shyrock様のご厚意により宣伝効果大


官能テキスト掲示板
官能テキスト掲示板
当掲示板は小説等更新時の案内用としてご利用ください。
違法画像、児童ポルノは厳禁です。
商業目的の使用は禁止です。
ご利用に当たって相互リンクの有無は問いません。


知佳の書き込み&
投稿画像掲示板
知佳の書き込み掲示板
自撮り画像掲示板
★当掲示板は自分撮り、他人撮り等オリジナル画像限定でご投稿ください。


Kaede's Room
画像掲示板
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。宣伝にご利用下さい。


知佳の掲示板
知佳の掲示板
HTMLにて画像挿入可能です。

投稿写真動画
素人投稿写真/素人投稿動画/素人オリジナル限定の素人投稿専門サイト
紳士淑女の夜の社交場 image
投稿写真動画 画像
35,000 (08/11/23時点)

投稿画像の壷 image

盗撮・覗きetc
どていばん.コム image
昔は盗撮が横行して……いやいや、今でも立派に横行しています。
そんな気分を味わいたい方にお勧めなのが「どていばん.コム」です。

着エロ@電脳女学園 image
着エロ、パンチラ、制服美少女、グラドル、お宝女優、えっちなお姉さんをまったりと楽しむ。そんなリンク集と画像掲示板サイトです!

緊縛・凌辱
アンテナ
更新情報を素早く掲載、宣伝に効果的

読みたい小説を簡単に探し出すことが出来ます。

ブログの登録を依頼し掲載してもらうだけで訪問者が増えます。
宣伝効果が期待できます。
  • 小説・詩ランキング

  • 動画ナビあんてな

    以下「知佳の美貌録」コンテンツ
  • 知佳の美貌集
    上位優遇の強弱設定を弱く上位優遇に設定するなど公平性を高めています。
  • 知佳の小説系アンテナメーカー
    上位優遇の強弱設定を弱く上位優遇に設定するなど公平性を高めています。




  • R小説の栞

サイト内リンク
知佳の美貌録(総合)
知佳の美貌録(総合)バナー
一般ページ

知佳のサイト内では道路標識的役割のページ。


Japanese-wifeblog
Japanese-wifeblog ban
ブログを始めよう思って最初に手掛けたページ。
FC2のまま継続していたとしたらブロ友数の多さが目を引く。
検索エンジン登録数も他のページに比べ桁外れに多いのがこのブログ。


元ヤン介護士の
知佳のブログ
元ヤン介護士の知佳のブログ ban
ぶろぐ村に登録しているブログ



letsgochikaのblog
letsgochikaのblog ban
ライブドアブログ




知佳の美貌集
知佳の美貌集 バナー
アンテナ2号館



知佳の小説系アンテナメーカー
知佳の小説系アンテナメーカー バナー
アンテナ1号館



Sexcy style
Sexcy style ban
カリビアンコムなどの有料動画の最新情報を観たい方はこちら。


知佳の美貌録(総合)
舞ワイフ ~セレブ倶楽部~ 171 ban
不倫・不貞、他人棒の総合案内こちら。


最新動画
セックスレス人…
如月結衣


人気ランキング
アクセスランキング
100位まで