FC2ブログ

知佳の美貌録「甘い罠」

おばさんが深夜支配人の部屋に情けを頂くため押しかける

おばさん夜這いに来る
 ホテル業務の多くは下働きの人たちが支えている。 掃除にベッドメイキング、レストランなどの雑用と独楽鼠のように働かされる。 フロントマンのような正規の従業員に比べ、その身分は低く、従って給金も少ないが自分たちが高名なホテルを支えているんだというプライドが辛うじて彼女らをホテルを支えていた。 その人たちにとって支配人とは特別な存在で、好印象を与えようと彼の為必死に働く。 その熟女の城に30そこそこの小娘が入り込んだことから騒ぎは大きくなった。

雑用係のリーダー格のおばさん事件
 久美は友達に連れられて何度かこの高原に遊びに来たことがあった。

高原ホテルは標高およそ500メートルの高台、つまりスキー場の端にあり、遮るものとて何もない位置にあるため天気の良い日は市内が一望できる。

高原ホテルに降り立った久美は、この秋一番と言われる紅葉に映え美しかったとフロントマンたちが後になって誉めそやしてくれた。

ナナカマドが例年になく赤く色づきススキの原を彩っていた。

眼下に広がる市内には高原ホテルのライバルであるエロ温泉癒し亭を含む温泉街がありただでさえ少ない顧客を奪い合っていた。

時代が時代だけに今のように女性が単独で旅行などということは滅多にない。

どこもかしこもツアー客目当て、それだけに売春ツアーが楽しめるエロ温泉が一歩勝っており、どんなに景観が素晴らしくても高原ホテルは徐々にではあるが客足が遠のいていた。

ホテルとしての対応のまずさも確かにあった。

例えばエロ温泉の場合、久美にコーヒーをよく淹れてkくれた板前さんなど、調理はほとんどできなくても大丈夫で、例の女将のヒモが食品卸業に勤めていることから膳のほぼすべてを工場生産の惣菜を持ってこさせ旅館風に盛り付け顧客に提供していて、手が足りない時には久美に盛り付けを手伝わせている。 調理免許を持たない素人にである。

同じように高原ホテルも板さんは居るものの親子丼とか天ぷら蕎麦などしか造れなく、お客様にはもっぱらジンギスカンの食べ放題で誤魔化していた。

よそ様の温泉施設と同等の料金を、泊まり賃だけではなく料理にも取るのにである。

こうまで悪くなったのはいい加減なおもてなしでも来てくれる客はいるからで、例を挙げれば修学旅行や農協婦人部の団体さん。

天日干ししないから湿りきった布団、おまけに寝るのはただでさえジメジメした半地下で、そこに通づる階段や廊下には雨漏り跡がくっきり残るオンボロホテル。 だが、夜ともなると景観だけは最高だった。 市街の灯りが点々と眼下に広がるのである。

この景観があればこそ、倒産しかかったホテルであっても経営陣は強気でいられた。

「腕さえよければいくらでも立て直せる」

そういわれて送り込まれたのが今の支配人だった。

年齢は40代になったばかり、妻子を残しての単身赴任で、寝泊まりは支配人室の隣の仮眠室を使うと言ってきた。

従業員、殊にフロントマンにある程度任せておけば、自宅から通えないこともなかったが、泊まり込みで業務に当たらなければとても破産管財はできないという考えに赴任してみて変わった。 実際携わってみるとまことに前任者や経営陣はこれまでいったい何をしていたのかというようなような帳簿つけで、施設はというとある種お化け屋敷にツアー客を入れるでもというような有様で仰天したのだ。

新支配人は前任者同様スーツに身を包んではいるが、時によってはフロントマンにも手伝わせ雑務もこなした。

瞬く間に人気者になり従業員の、殊に女性の憧れの的となっていった。 このことで間違いが起こったのである。

当初自宅に帰らず寝泊まりしながら業務をこなすと言われ、冗談だろうと高をくくっていたが実際帰ろうとしなく雑務のおばさんたちこそ慌てた。

40そこそこの若い男に定年退職し夜警を兼ねた用務員のごとくの生活をさせるわけにはいかない。

髭を剃り、身だしなみを整えお客様の前に立っていただかねばホテルの品格が落ちる。

面倒な話しだが、誰かが犠牲になって世話をしなければならなくなった。

こういった手当もろくに出ない仕事はリーダー格がやるしかなかった。

昼間はホテルの仕事で手が抜けない。 仕事が一段落し、アルバイトの女性が帰って しかも支配人の仕事が終わる頃になって、つまるところ支配人の奥様役が必要となる。

掃除はそれでも昼間の仕事でこなせるが、洗濯は人目もあるからどうしても他の従業員の前でやるわけにはいかない。

言ってみれば おばさんは自分の地位を固めるべく、深夜になるとこっそり支配人室に、従業員特権で裏口から忍び込むように入って世話に明け暮れたのである。

最初こそ支配人は遠慮していたものを、慣れてくると平気で汚れた下着を洗濯させお風呂中に着替えやタオルを持ってきて欲しい旨要求する。

公言できないが実態は内妻役である以上、断れなかった。

要求は次第にエスカレートし、入浴中に背中を流してほしいとまで言われるようになった。

支配人は裸のまま後ろ向きに椅子に座って洗ってもらえるものと思って待っている。

タオルを渡してくれるなりしておれば良いものを石鹸すら後ろに回してもらっていない。

伏し目がちに支配人の目の前に置いてある石鹸をとり手の平で泡立てて、その掌を使って洗い始めた。

微熱を帯びたおばさんの肌が若い男の背ごしに温もりと伝えてくる。 これで緊張が和らいだ。

それに慣れると背中全体そしてその体制のまま前も洗ってほしいと言われるようになる。

おばさんは50代にもう少しの年頃、古参でこのホテルでの経験は長い。

これまでホテルの従業員と言えば、地区の農家の出身者か定年退職し、年金暮らしの年寄りが来るのがせいぜいだったホテルにまるで似合わない若い男が来たと評判になった。

おばさんはもちろん近くの、農婦ではないが地元出身者。

同期の業務員の中で ある人物と首位争いを演じていた。

そんな折に若い支配人の赴任。 当然舞い上がった。 支配人の意中の人になれたら女としての株も上がるからである。

支配人はもちろんのこと、フロントマンの許可さえ得ず、女性群の独断で深夜になってこっそり裏口を使い支配人室に忍び込む。

最初の頃こそ業務の邪魔と言われ、何度も追い返されたが、それでもホテルの名誉のため、心配する女性群の要望もあってしつこく粘った。

なんとすれば、支配人は既婚者で女に不自由していて、熟れた自分の躰を魅せつければ、いつか手を出してくると踏んだからだった。

発言もとをただせば要は女性独特の世間話し、猥談だったのであるが、だから女性群の中で一番妖艶に見え、比較的若い彼女 つまり件のおばさんが選ばれたのである。

来る日も来る日も深夜になると押しかけ、最初のころは身の回りの世話を焼いた。 支配人が寝泊まりする部屋の掃除や洗濯、後片付けを行ったり、時にはシャワー中に背中を流しにとドアを開け入ったり着替えを用意したと告げに入ったりとマメに立ち働いた。

家族に悟られない時刻になると出かけて来て、このような世話を焼き深夜帯というより明け方近くにこっそりと帰って行く。

最初のころは支配人も遠慮してか他の従業員に見つからないうちに早く帰れと叱ったが、周囲が周知・黙認し始めると便利なこともあって遣るに任せるようになっていった。

遅い食事に付き合い、食べ物を温めなおし、ご飯をよそおう。

お酒を嗜まない人だったから食事が終われば入浴、背中を流し着替えを用意すると用はなくなる。

風呂から上がってベッドに入るまでの間、疲れたからと、まさか部屋から出るわけにもいかず、支配人のベッドで先に休んで待った。

そして精も根も使い果たしたおばさんにとうとうその時が来た。

普通なら月に少なくとも一度は自宅に帰り、奥様と久しぶりの逢瀬を楽しんだものが、肝心の奥様側に妙な噂が立ったものだから尚の事ムキになって帰ろうとしない。

案の定噂は真実だった。

淋しさを紛らわそうとし、将来を悲観して彷徨った挙句、ひっそりと肉弾相打つ不貞を働いてしまっていた。

それが表面化しなかったのは夫が普段の妻の素顔を見ていなかったからであり、奥様もうまく立ち回っていたからであり、なにより夫が単身赴任故だった。

子供を家に残したまま、家事をしないでどこかにいそいそと出かけていく。

子供や、家の状況を知らせてくれるよう頼んでおいた方からの連絡が度々入っていたが忙しさにたまけたフリをして、妻の正体を正面切って受け止めようとしなかった。

人づてではなく、ソレを直に確かめたくてたまらなくなっていた若い肉体・・・が、業務は益々混乱を極め、帰るに帰れない日々が続いていた。 手を伸ばせば届くところに常に久美がいたからである。

実際には業務のほとんどを久美がこなし、支離滅裂になった支配人を陰でサポートしていたのである。

そのことはフロントマンも気づいていて心配してくれていた。 いくら久美が優秀でも支配人が去ればその時点でホテルは閉鎖に追い込まれるからである。

関係者が(つまりこの場合貸し付けが滞って困っていた銀行が)奥さんをとりなして、表面的には元のさやに戻した。

しかしそこに疑念が残った。 一度味わった甘い罠は容易に忘れることはできないからである。 陰に隠れ別の男と同じようなことを繰り返そうとするからである。

それを女の気持ちとしてたきつけた形に、たまたまなってしまった相手というのが50前のおばさんだったのだ。

おばさんは深夜に来て、着の身着のままベッドに寝ていたものが、噂が立ったその日から下着だけで寝るようになってくれた。

疲れて隣で横になろうとすると、おばさんは下着姿で身体を摺り寄せるようになった。

考えてもみよう、入浴中に若い裸身を晒したまま 自分より10歳近く年上とはいえ、普通で考えると性に熟しきった女性に背中を流せと命じること自体どうかしている。

しかもである、それをなんとも思わないなら前を流せというのはイキリ勃つモノを石鹸を塗った掌で扱けと聞こえないでもない。

背中越しに前に手を廻すと生暖かい息が若い男の背中に吹きかかる。 よく見えないものだから手探りで隅々まで洗うおばさん。

「大きくなっちゃったね」なんとも言いようがなくなったおばさん すると「出そうだよ・・・我慢できなくなった」と、どうにかしてほしいとばかりに訴えてきた。

命令に従うべく誰も見ていないことを良いことにおばさんはイキリ勃つモノを口に含み扱きあげ口内に発射させてあげている。

精一杯抵抗の意味も込めて下着姿で入浴介助に当たっていて疲れ切って眠さも手伝いベッドに躰を投げ出しただけなのであるが・・・

柔らかくふくよかな肌が男の、復活してイキリ勃つモノを包んでしまったのだ。

女が発する甘い香りが男の鼻腔をくすぐった。

「女だって淋しい夜はあるのよ」クンニや指マンで夢中にさせておいて、いざ挿入という段になって萎える支配人に、すっかりその気になってしまったおばさんが発したセリフがこれだった。

家で夫が待ってる身の人妻に、いくら貴方の妻が不貞を働いたからと言ってそれに激高し我慢できなくなったからと他人妻を抱くのか。 オンナは悲しい生き物で淋しいとき フト悪事に走るものと、甘酸っぱい香りが立ち始めたアソコを寝取られ男の鼻腔に向かって押し付けイキリ勃つモノを睨みながら囁いたのである。

浴室で散々やらされた口腔セックスを、疲れ切り平常心を失いつつも顔騎しながら行い 同じく疲れ切ったオトコを交接させるべく奮い勃たせたのである。

性に若い妻と違い、性器が交錯すると瞬時にして獣と化すおばさんは男の性の何たるかを知り尽くし、やんわりと責めてほしい場所を教えてくれ、自分がどれほど狂おしいかを全身を使って示してくれる。

肉感的だったおばさんの肢体の魅力に負け、支配人はついにおばさんとベッドを共にした。

つまり、妻の不貞が許せなく寝取られたことへの興奮が冷めやらず眠れなくなり、職場内であるにもかかわらず卑猥な気持ちになり、性に熟し切っていて猥談は毎度のことでしかも、業務で疲れ切っていたおばさん相手に、左脳の命ずるまま淫行を働いてしまったのである。

お風呂で既にヌカれたはずなのに、挿し込みが始まった直後にはもう扱きに耐え兼ね射出感が募り苦しまねばならなかった。 生まれて初めて話しには聞いたが熟女の壺の良さを恐ろしさを味わう羽目になったのである。

一説によれば月経期を迎えると子宮内壁は通常の数倍程度肥厚し、受精に備えるというが、受精しないとみるや一気に崩落する。 膣の仕組みもこれに似ていて興奮度が高まれば高まるほど肥厚し、精子を受け取るべく勃起に襞を密着させようとするそうだ。

双方の襞が密着し、興奮度を高め孕む確立を高めるためだというが、立場を忘れ交接に酔いしれたことからも、上記の精子を相手子宮内に渡したという条件は満たしたとみてよい。 

おばさんも狂ってくれていただろうから、少なくとも不貞を働いた妻との夫婦生活よりおばさんとのアレのほうが数段気持ちよかったことであろう。

一度味を覚えたら歯止めが利かなくなる年代のふたりは、特におばさんは倫理観もどこ吹く風になってしまったのである。

支配人にしてみれば素人人妻を不貞に走らせる面白さ・興奮があり 他方おばさんにしてみれば仕事仲間がこぞって口にする猥談にある若い男と交接、夢にまで見た支配人との一種童貞破りを思わせる交尾対象の肉体を散々魅せつけられ火が付いたアソコを、まさかの当人直々に鎮めてくれる有難さもあってまぐわいを止められなかったのではなかろうか。

一度許すということは永遠にまぐわえるとみて、しかもその気持ち良さが忘れられず女性は婚外恋愛に走る。

逝くとき、或いは射出するとき、耐え抜き乞い続けたおかげで得も言われぬ快感が脳裏を突き抜けてくれ、婚外恋愛とはそれだけ夢中になれることを知ったのである。 悔しいかな支配人は妻が不貞に走る訳をおばさんにお世話になることよって想い知らされたのである。

未開地の女性、或いは明治・大正以前の女性には発情というものは生涯30回程度しか訪れなかったと言いますが、現代の女性は平均400回程度発情があると言われています。

発情イコール生理のことで、未開地の女性は絶えず妊娠しているため発情は起こりにくいんですが、現代女性のように最初から避妊法でまぐわう場合発情というメカニズムに歯止めはかからないようなのです。

その月経期には子宮壁がすべて剥がれ落ち膣を伝って流れ出しますが、子宮壁は相当肥厚なのもで剥がれ落ちるとき様々な苦痛を女性にもたらします。 鬱や激高、睡眠障害など多岐にわたります。

それを防ぐ唯一の手法は妊娠、つまり精液を孕むがごとく子宮内に放出してあげれば誤作動を起こした卵巣は活動を止め、子宮壁の全崩壊は防げるのではないかと言われていて、事実多くの男性とまぐわう女性ほど精神的・肉体的に安定していることが証明されています。

女性が疲れたりして精神状態が不安定な時に限ってナンパとわかっていても堕ちるのは、こういったメカニズムが働くからと言われています。

猥談が大好きなのが女性なら、見知らぬ人とのワンナイトが好きなのも女性。 疲れが溜まり責任感とか正義感がぶっ飛んだおばさんは科学的に言えば日本人の平均値を超え50過ぎても発情が治まっていなかったんじゃないかと思われ、もしそうであるならば性欲旺盛な男を敢えて迎え入れナマナカを繰り返させたのもうなずけるというもの。

やりまくって朝が来て、すっきりしたのは支配人よりむしろおばさんだったのかもしれないからです。

もしもの場合、支配人なら責任を取ってくれる、それだから間違いが起こってもよい気になれたんだと。

女性群がおばさんをけしかけたのも、このようになることに興味を抱いたからで、自分たちもそうなればコントロールが効かなくなることを知っているからであった。 話しを聞くほどに「あのひとがまさか・・・」と面白くて仕方ないからであった。

おばさんは女性群が予想していた通り、当然若い支配人の身体に夢中になり、業務中でも性興奮で張り始めた乳を乳首を魅せ、その肌艶を自慢げにひけらかすなどし振舞うようになっていった。

我自身も焚きつけた口なのに、いざ自分の躰が自慢話しとはいえ見て体験してきたそのままに語られると根がスケベゆえの男欲しさの身悶えが始まり、相手してくれる男がいないだけに支配人とねんごろになったおばさんが面白くなく、つい妬みが始まる。

そんなことが数日続いたある日、ライバルの告げく口であっけなくおばさんのご主人の知るところとなった。

女性ゆえの、その場限りの猥談のはずが真実を自慢げに女性群に、殊に支配人とそうなることを面白く思っていないライバルの女性に向かっておばさんは話し始めたからであった。

「若造が!殺してやる」

日焼けなのか酒焼けなのか分からないほど不気味な風体のまま、こう息巻いて殴り込みをかけてきたおばさんのご主人と名乗る男をを取り押さえたのは、フロントマンを始め同じ従業員仲間だった。 殊に後に登場する町会議員であるボイラーマンだった。

「みんなが止めるのも聞かず、毎晩押しかけていたのは奥さんの方」

確かに最後のころ半分はそうであったが、実際そこまで発展してしまったのは一にも二にも支配人の妻の不貞に対する一種の仕返しであったし、その不貞ゆえに興奮が治まらなくなった支配人は、その若さゆえおばさんを悩乱させたのであるが・・・

業務に疲れると溜まった気になってヌカなければと想うようになり、妻の不貞に激高しつつも自慰で済ませればよいものを その矛先を人並み以上に発情し続けてるという、ある種厄介なものが治まらないおばさんに向けたのは間違いであった。

その不貞妻と同じようにおばさんも自宅に帰ることを忘れ一晩中逢瀬を楽しむようになっていたからであったが・・・「毎晩押しかけはおばさんの方・・・」

この言葉で、いや、騒ぎを起こせば生活保護を取り消すと町会議員に逆に脅され引き下がってくれたそうだ。 ろくな働きもないご主人を それでも満足してもらうため陰で支えてくれていたのがホテルが支払ってくれたおばさんへの薄給だったことも皮肉である。

それ故におばさんは以降も居座り続け、春が芽生えたことにより事あるごとに支配人と常に行動を共にする久美を、まるで恋敵を見るように威嚇し続けたのである。

もちろん支配人は反省し、以降このおばさんを深夜に迎え入れるようなことは表向きにはしなくなった。 他の誰かが交代番で夜も早めにおばさんの見張り役も兼ね入ったからである。

威嚇目的こそ、30そこそこの久美に「支配人はわたしのもの、手を出すな」だった。 すっかり居竦んでしまった支配人は久美に一切手を出さなかったのである。

下宿生が好子に溺れてしまったように 若い肉体を持つ支配人も熟女故のおばさんの発情しきった躰・胎内の変化に妻の不貞も手伝ってくれ 心底溺れたのである。
関連記事

テーマ : 女衒の家に生まれ・・・ 高原ホテル
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

Secret

一所懸命に力強く生きている人は、多分幸せ・・・について

貧困に至ったとき、親としてどう思うかによって子供の将来は変わってくるように感じます。
以降の文に取り上げるやもしれませんが、桂子の親(生活保護者)は孫がサラ金に手を出しローン地獄に陥った時、某政党を介し自己破産の方法を伝授しています。

子供への育児放棄を自己否定したばかりか孫にまで余計なことを教えました。
わずか17歳の女の子にです。 過去を清算という意味ではなく政府を動かせば悪事も逃れることができると教えたんです。
努力は生涯報われなかったんです。

今後もご贔屓に・・・について

コメントありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。

その他連絡事項

ブログ記事として残さない呟きをここで行います。
Shyrock様からバナーを頂きました。

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」バナー
相互リンク用バナーとしてお使いください
Size : 200 x 40



読み終えた方は感想をこちら (Shyrock様掲示板) にお願いします。
小説感想掲示板

官能文書わーるど様への投稿
  • 残照
  • 老いらくの恋
  • ヒトツバタゴの咲く島で
小説の投稿先と投稿内容の詳細(専用ページに移動)
アップデート 2024/02/21 12:45


投稿記事へのコメントをお待ちしています。



にほんブログ村「ブログみる」 image ぶろぐ村は幅広い分野のブログを閲覧できることが魅力の日本で唯一の検索エンジンです。

 にほんブログ村が提供する「ブログみる」はインストールが簡単で、いろんなブログをストレスなく見ることが出来ます。
 例えばスマホ版をご利用の場合、いつでもどこでも好きな時間に好きなだけブログを見ることが出来ます。
ご利用法>>>
バナーをクリックしていただくと、1つのリンクだけで下記3リンクへ自動で振り分けられるページに移動できます。
※閲覧する端末ごとに遷移先が分かれています。





PR
料亭で扱われているマグロを中央卸市場より直送でお送り致します。
女性向けお仕事 ここから
DXLIVEJOB


SakuraLiveJOB【英】


モンロー JOB


キャッチレディー


ファンブルビー


シークレットラブ


ウェブマスター

ブログを立ち上げ、日々のちょっとした出来事を書き込むだけ

女性向けお仕事 ここまで
レッツゴー(イケイケ)知佳の
プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは「愛と官能の美学」Shyrock様からのご投稿を含め、365日休まず更新。官能小説を書いており、不倫、近親相姦、スワッピング、NTR,実話など多岐にわたります。掲示板多数。自己紹介の小説あり。

序文 (おおよそ500字) と本文で構成されていて「続きを読む」をクリックしていただくと本文を読むことが出来ます。

関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

アクセスランキング
人妻 胸チラ image
嫁の性長記録 image


ブロとも一覧
パスワード禁止

閲覧にパスワードをかけられたサイト様は規定に反しますので、しばらくは様子を見ますが、期間を過ぎ改善がなされない場合、ブロ友から外します。


鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

愛妻変貌録

赤星直也のエロ小説

AV-Q

 ハメ太郎の性活日誌

熟・変態女教師

えっちな人妻ひめの露出・混浴・輪姦

人妻のよろめき

kaede's Room Annex

Kaede's Room

菜々子の秘密部屋

恵子の妄想

愛の記録

パイパン美マン人妻愛奴「まゆ」の調教日記(完全素人オリジナル)

罰と罪-嗜虐的な天使を探して-

寝取られ体験談

日々の妄想を形にして(SM小説)

嫁の体験リポート

Sorao's Naked Activity Log -裸活-

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

鳶屋の艶本

北海道SM  調教室   

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

これも愛なんだ

desire Gs  ~妻との性記録~
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
特殊な記事
ブロとも申請フォーム
小説系のブロ友さん募集中

詳しくは「相互リンクについて」をお読みください。

この人とブロともになる

ブロともときめき速報
Mikiko's Room
Mikiko's Room image
Twitter
タグクラウド
文字をクリくすると関連記事が検索できます。

欲情 背徳行為 婚外恋愛 寝取られ 凌辱 覗き見 近親相姦 生ハメ 姦通 誘惑 締め込み レイプ 中出し 浮気 人妻 妄想 他人棒 母子姦通 自慰行為 輪姦 恋人交換 裏切り 不倫 W不倫 クンニ ファンタジー 寝取らせ 嫉妬 鬼畜 貸し出し SM 夫婦交換 騎乗位 ワンナイト 童貞破り 姦淫 バイブ 乱交 強姦 コメディ 借金肉地獄 喪服未亡人 寝取り SM 官能ホラー きむすめ 吊り責め しゃぶる 裸心縛 M字開脚 未通女 夫面前凌辱 女性リーダー 旦那制度 暴走族 指マン 足入れ 混浴 兄妹 濃厚精子 四つん這い 花街結婚 義父嫁姦通 手コキ お風呂入り 真夜中 スワッピング クリトリス 愛撫 使用済み うぶな 悲恋 看護師 性教育 フェラ 完堕ち 露出 アンチ援助交際 羽交い絞め イタズラ JK 嫁の羞恥 禁断 ゴルフ 淫略 生ハメ・中出し ごっくん 同一マンションに居住 育児放棄 未知の物体 年下 羞恥 襲い来る恐怖 顔騎 脱出不能 公衆便所監禁 パンチラ 夜伽 交尾 告白 屋外露出 愛と官能の美学 純愛 母子相姦 菊門 Shyrock 義理の母と子 他人妻 未亡人 童貞 乳首 二股 秘密の恋愛 夜這い おしっこ 新妻 淫臭 姉弟相姦 覗き 放尿 魅せ付け 夜逃げ 後背位 飢え セックス 売春 オナニー 肉便器 モンペ 娶わせ 雇女 夫婦生活 マムシ 息子の嫁 生ハメ・生姦 医療 口淫 女性用媚薬 尿意 おちんちん 熟女 奪い愛 禁断の性行為 ご無沙汰 乳房 横恋慕 松葉くずし 男根願望 風呂 性癖 10代のチ〇ポ NTR 追っかけ 出逢い系 アナル 生活保護 いじめ 絶頂 疑心暗鬼 母子家庭 自慰 母娘 忍び逢い 仲居 想い出づくり 堤先生 舐め 輪姦・凌辱 清拭 バイブレーター タンポン ラヴ 羞恥凌辱 チラ魅せ 浪花あきんど 女中奉公 大正時代 ミニスカ 阪神淡路大震災 キス 母と息子 誘導尋問 脅迫 禁断の関係 淫靡 ヒトトキ 洗濯物 人妻・熟女 レズ ネトラレ カーセックス 痴辱恋愛 猿轡 二股誘惑 丸見え 肉棒 屈曲位 張形 発情 ぶえん お義母さん 強制性交 仕返し ホンバン行為 旅籠 屋外 経産婦 女囚 夜を鬻で 身を堕とし 禁断の愛 自己陶酔に陥る 六十路 嬲って憂さを晴らす 媚薬 花弁 不貞 寝バック 陰裂 童貞狩り 仮釈 男鰥 怒張 セックスレス 素人 野外露出 女衒 黒い茂み 保釈金 躊躇い シチリア 全裸 咥え 割り切り バック 三所攻め 珠子さん 寛治さん 義道さん パンティ パンパン 万引き チューブトップ 警備員詰所 魔の誘惑 すらりと伸びた脚 月に1度の憂鬱な訪問者 マン繰り返し 秘肉をなぞる 顔面騎乗 近親愛 オカズ 平手打ち 和姦 幼稚園先生 調理 処女膜 奇抜な体位 髪結い 乳腺炎 シックスナイン 住職 檀家 日照り 青姦 フェラチオ 開脚 素股 潮時 お母さん 娼婦 落書き マンネリ化 春を鬻ぐ コンドーム 3P乱交 生娘 妊婦 ディルド デリ面接 年下の男の子 兄と妹 不特定多数 ポルチオ シモの世話 背徳的 枕芸者 姉弟誘惑 鎌首 お試し ご奉仕 荒勘さん 未開の地 くぱー 懇願 運搬自転車 割れ目 野外セックス  お潮 魅せつけ 壁ドン妻 縄張り 痛い 男根 アソコ トランクス シクスナイン  粘膜 腰巻 二股不倫 自慢 くぐり戸 イタリア 男を惹き付け 優秀な男 男と逢瀬を重ね 恋焦がれ 安全日 夫婦円満 逢瀬 危険な冒険 夫婦の交換 よがり狂う 淫声 畜生道 妊娠・出産 後家 貢ぐ 夫婦喧嘩 妻の気持ち  賢婦 黄金排泄 チ〇ポとオ〇ンコの娶わせ 嫉妬と苛立ちを増幅 臭いを嗅ぎ 恋文 まぐわい 意識し始め 背面騎乗位 未開発 まぐわう 性欲処理 月のものが止まった ざわめき 浮気の代償 サカリ 栄養補給 プレゼント攻勢 翳り 性行為 同衾 躰の関係 間男 愛欲 唇を重ね あえぎ声 屹立 ショーツ ノーパン 春をひさぐ 浮気心 剛毛 もてなし 女教師 ワレメ 有名女優  セーラー服 お下げ髪 鑑賞  京都 ゴム 緊縛 須恵乃さん 下働き 結婚 逆ナン ワンギリ 性的興奮 肉体労働 女日照り 義母 素人人妻 超ミニ 太股 下半身 旦那 出逢い 熱い視線 しゃぶり 鯉こく 働き口 身体検査 胤の受け渡し 口内炎 母子 蜜壺 廃屋 正常位 バツイチ  うなじ 失恋 秘孔 下駄箱 痴漢 顔を跨ぎ 添い寝 出戻り 後ろのすぼまり 輪姦・乱交 初めて ブラック 遺産相続 露天風呂 毛唐 痴態 パンモロ オイタ 秘所 堕胎 妄想癖 ツンデレ 自信過剰 自己顕示欲 虐待 膣口 対面座位 訪問介護 締めつけ 潮吹き 剥き出し 打擲 すぼまり だっこ 廃墟 まんこ アップスカート 浣腸器 ディープキス 膣洗浄器 盗み見 しょん便 無理強い 着物の裾をまくり上げ 麻縄 背後から羽交い絞め 筆おろし まんチラ 後ろめたい 小便臭い小娘 兄妹相姦 エッチ 騎乗 聞き耳 淫語 クロスラヴ 秘めやか バックスクリュー 背面座位 Gスポット 我慢 女の部分 つるつる お仕置き 漢漁り ぬめる感触 専業主婦 上司と部下 神童 流出画像 せっくす 淫らすぎるキス 牝蜜を涎のように垂らし 姉への口姦 お菓子 旦那以外の漢 全裸の野性的な美女 超常現象 暗闇 清楚 温泉 睨み据え 快感を伴う 快楽に翻弄され 立ちんぼ 栄枯盛衰 性的欲動 牝獣 胴体 見栄 パート従業員 淫らな光景 SEX 長い黒髪 98Fの胸 油ののりきった女体 若いミルク 飯場 愛液 結婚詐欺 ぶっかけ コッペパン 父娘 マングリ返し 本やビデオで勉強 貧民窟 血管が威嚇 屈辱的な姿勢 息子の肉棒を愛撫 洗い場の湯椅子 夢精 片手と手ぬぐい 性具 睡蓮 完全勃起 女将 大開脚 哀願 クロッチ 人妻の中に迎え入れてもらえる 目は完全に潤んで 言葉がうわつき震え始めた フル勃起した逸物をショーツの隙間から挿し込もうとす 陰部の匂いを嗅ぐ 豊かな乳房を魅せ付けつつ横臥し ニョッキリ突き出した先端部を突っついて まともに顔が見れない オマンコの芸術品 貝合わせをするように割れ目を閉じ合わせ 膣に食い込んでいくタンポン 指先でツンツンし始め 語尾が震え始めた 高級なホース 芳醇な悦楽の指攻 抜き身を翳し誘ってくる 無防備になったお尻 恥丘の膨らみまで丸見え 腕を取って部屋に連れ込んだ 秘所を間近で観察 胸の谷間をうんと魅せ付け ヤルべく声をかけ 肉体を委ね 眉をひそめ 奇妙で卑猥な行動 オマンコだって凝る 大陰唇マッサージ 恥丘も比較的ふくよか 大陰唇を揉む 華を添え ナース 足の親指を襞の合わせ目にめり込ませ 物陰から覗見 型板ガラス 漢遊び 神様のように慕って 着物の裾をチラリと捲る 湯殿で十分お○んこを拝め 武志の意図を汲み 完堕ち寸前まで追い込まれ お酒のご相伴を持ち掛け 嫁が隠密裏に夜伽 反り上がった屹立 Loveホテル 日ごろの愚痴 ぷにゅっとした感触 しなだれかかる クロッチに指を這わせ 咥え込んで 後ろから抱え上げ 許してくれと哀願 チラチラと盗み見ては心を躍らす 男子学生の手を取って 若い男をを釣ってやったと言いたげ 呟き始めた 落ち合える日 夫婦仲 振り向いてもくれない 太股裏側に手を宛がい抱え上げる 小心者の漢どもを誘惑 大陰唇がカエルの腹のようにパンパンに腫れ とんでもない物で犯され 淫らな表情 着衣 暗黙のうちに了解し ヤルたびに気をイカす人妻 不謹慎な使われ方 気持ちよく剥けて 極太のソーセージが秘所に接近 小さな布切れを脇にどかし 支柱のような肉塊に脅え むりやり目撃させ オマンコ結構窮屈 思い悩む日々 年上の女の躰に飽き 腰を掴んだ 床に這った 肉棒の先端を膣口に添え 陰唇に肉棒を滑らせて 女を侍らせ酒盛りをする ぬめりを得てから 白い肌を恐怖に震わせ いたぶる むしろ漢欲しさに火が点いた 女としての自覚が芽生え ショーツをチラつかせ 鏡に映った交尾を繰り返す己の姿 填められた 豊か過ぎる乳房が垣間見え 下から持ち上げるように屹立にかかった 将来を約束したような格好で付き合って 実の父との間で間違いをやらかし 都合上遠距離 相手が誰であろうと手に手を取って睦会う 男性経験 二股かけて 忌まわしい血が流れ 近親相姦の果て結婚したことによる出生 黒々と繁みや凹みが浮き上がる 極端にラフな格好になって掃除 弄ばれ 捨てられ 罵った 直径三センチメートルのソーセージ オマンコの奥まで挿し込んで 自分を見て立たせてくれたペニスに気が行き 本音を晒し 怒張したモノの先端部分 飢えてるようにとられ 思わせ振りな言い回し 出来の悪い子を宥め賺かし まぎれもなく快感によるもの 子宮に突き当たるまで 子宮に傷をつける ガムテープで口を塞いで 股間に触れる 勝手に腰が浮き上がって 思わせ振りな態度と熱っぽい視線 素直に快感を告白 しゃくり上げが止まらない 義父を禁断行為へと煽り立て サカリがついた 精気を搾り取ろうとする 肉柱を頬張る キャンディーを舐める 平常心も音を立てて崩れ 猛り狂った舅 下半身が熱を帯び 吐息が乳輪にかかる 飢えきった若妻 交接行為 歯茎をも舐め上げ カリの部分 すっぽりと咥え込み 楚々とした美しさ 心ときめかせるほどのベッピン 生暖かいものをぶっかけられ 嫁も舅とのセックスに没頭 騎乗位に変換 セックスは濃密 木履で地面を蹴り 薄壁ひとつ隔てた屋外 白い頬に紅が射し 首を縦に振る 艶めかしく映る 秘裂をこじ開け 嫁相手の生ハメ ねっとりと指がうごめく 股間をびりびりと痺れさせ ポジティブワード 初デート カラダ目当て ラップスカート 別の縦線を想像し ゆる腹筋 一番最後の治療 ヘルペス 鎮まりかけていた快楽の炎 抽挿 恥ずかしい蜜液が溢れ 中で出し 放心状態 へそ出しコーデ 気分が高ぶって 強姦めいた青姦 あわや背面座位に 嫁いで間もない嫁の身 カットソーの中 甘い嬌声 ぬめった舌先 年甲斐もなく溺れ 若鮎のような肢体 乳首を吸われ 硬直したペニス 身体中涎まみれに おまんこ 夜這いに応じる 春のつむじ風が吹き荒れ 喘ぎを漏らし 飢えてぎらつく目で舐めまわす エキス混じりの汚れ 客を相手に夜伽 コンビニ 好色家 濡れ衣 新妻を辱めるのが好き 渇きをいやし 逸物を迎え入れ 甚振ってやる お○んこを拝む 一味違う姦通をヤリたがって 男根を埋め込み SEXと私 好奇心旺盛 隠微な微笑を浮かべ 大人の男女が遊ぶ 胸の膨らみを掴んだ 乳房を撫でる 凹んだ箇所 カットソーを捲り上げ 窃盗罪 生理用品 語気を荒げる 過激なイラスト 生理用品のパッケージ 盗んだ 探り アレは済んだ 最近変わった チラリと舅を見やった 仕込んで 足音を忍ばせ 下着を毟り取って 物思いにふけって 淫臭漂うクレバスを舐め 亭主の持ち物チェック 肘立て伏せみたいな体勢 自ら蜜唇を突き出す 誰でも良い 腰を振った 泣き出しそうな声 身体をピクピク痙攣させ まるで包み込むように取って寝間に誘おうと 日ごと夜ごと肌を合わせ 本物の男性が良い ピンチングバイブレーター クリトリスと膣壁を挟み込んで 瞬く間に昇天 ピロートーク 尋常ではないほど高ぶって グロテスク 御指南を仰ぐ 性具のような扱い 独特の感性の持ち主 弱弱しい態度に出て媚び 身売り 楽してカネ儲け 無残に変形 恐怖 怯えきった涙目 未経験の花弁 父親よりの年上の野卑な男 処女を蹂躙し 小ぶりだが美しい乳房 極上の生娘を凌辱し 破瓜の痛みを思いやる言葉 処女の証 まだ散らされていない桜花に宛がう おそそにぶち込んだ 未通の秘孔をおぞましい肉塊が分け入ろうとする 子宮口に到達 わずかに鮮血が滲み出し ほっそりとした腰付き ふくよかな双臀 男子便所 尿意を催し 個室 じんじんと下腹部に疼く尿意 扉側に尻を向けてしゃがみ勢いよくほとばしった小水 金隠しに向かって 歓喜の精 いっそう花弁が締まって 凄まじい破瓜の感覚に溺れ 邪淫でなまめかしい光景を醸し出し 思わず雄たけびをあげ 処女を味わい尽くそうとし 締まる快感に酔いしれ おぞましい肉塊をしゃぶり続け 性交しているかのように 狂う原因となった妖艶さ 娘の紫野を女にした 条件次第で漢を変え 売春の世界に脚を突っ込んで それすら気づかないまま突進し続け 住所不定 見えない敵を追い 深夜の浴室で犯しまくる 面相筆 青竹開脚縛り 亀裂を開きながら 肉芽をそっとなぞり 母の生きざま 根無し草となり はまぐり啜陰 醜怪な物体 膣前庭を覗き込む 怒張した肉棒を押し込んで 勃起した男性器 濃い陰毛が鼻をくすぐる えづきそうになる しょんべん着いてても M字に固定 未知の感覚 秘所と菊門 まだ薄く柔らかな若草 自分でいろて愉しんで 舌先ですくうようにそっと舐めあげ 割れ目の中央から噴き出す水飛沫 はしたない音を立て 陰裂になじませ 赤黒い肉棒 眉を八の字に歪め むっちりとした太もも 熱いぬかるみに柔らかく包まれた 後方に弓なりに 下肢を強引に割り広げ そそり立つ剛棒 鋭敏な果肉 尿の残り香 石清水 肉芽 騎乗位でのまぐわい 碁盤に両手をついて 脱がさずに背後からいたす 膣襞 肉道 松葉 タコ壺 欲望の迸り 加虐心 蜜液 剛棒 情交を結んだ相手 昆布巻き 屈辱的な行為 ピシャリと尻たぶを打った 小さなうめきが漏れ 排尿 肉唇 裾をからげた姿で屈んで 目の毒 おまる しゃがんで ケツを見せる 裾をまくって 顔を真っ赤にさせ 密告 まくれ上がった着物の裾 ケツが丸見え 女のおいど もぎたての白桃 しょんべんしてるとこ 破廉恥な要求に従う 屈服した様子 身を震わせながら羞恥に耐え 尿道口をじっと見つめ ちり紙 口で拭いたる 縦筋 黄金色に輝く小水が流れ落ち 静寂を破る水音 男性環視の元で行われ 二人連れ添って便所 放尿の瞬間を待ちわびて 御虎子をまたいで 突き刺さるような視線 青竹 加虐変態嗜好者 美しいながら後家然とした女 亭主以外の漢の力に頼らざるをえなくなる ごり押し 漢に上手に負けてくれる 淫らな妄想 娘の前で嬲り始めた ダメと分かっていながら堪らなくなる 漢が胤を付けようと迫り来る姿 ごつごつした突腰が弓なりに反り返り起 色責めの歓喜 抵抗する気持ちからして揺らいだ さも大事そうに揉みしだく 漢を我が身を使って慰めてあげたくなった 倒錯した性的嗜好 清廉な色香 やきもきしながら見ている 母に覆いかぶさろうとし 漢を脱がしにかかる 自分に対する千草の許可と知って 幽閉 威圧 熱心に誘ってくれて 内職の仕事 いつも以上に入念に化粧 好色 血相を変え漢の元に走る スカートの中に手を忍び込ませ 思いつめたような顔をし 腰をひくつかせ 粘膜を充血させ始め 垢の染みついた縄 色責め 銭差 舐めたおす しっぽり濡れて 本番 江戸火消し 時代劇 愁いを込めた目で見つめ 色よい声かけ 泊り客の夜伽 襟足に顔を押し付け 差し出された男根を咥え扱いた 湯文字一枚の恥ずかしい姿 両足を座禅に組ませ 異物挿入 異常性愛者 ハスイモの茎を干してひも状にしたもの 大奥のお女中がこっそり使ってる代物 生娘がよがり狂う姿 小さな裂け目 生娘の陰 花びらの液体を指でこすり取る まだ誰にも披露したことのねえ大事な場所 生まれたまんまの姿 はらりと床に落ちた 土手はぷっくらと肉厚で たて筋はぴったりと慎ましく閉じきれいな陰 下品で淫靡な笑み 欺瞞 他人のペニスを我が子の前で咥えて魅せた 刀の腹がクレバスをなぞる 乳房が唾液まみれ 着物の裾をめくる 腿のほとんどが露出 白い太股が露わに 眼前に怒り狂ったものをぶらつかせ 腋や乳房にわざと淫液を擦り付けた 鍵状に折り曲げた指を突っ込んで あられもない言葉を発し わざと声に出しながら探る 腕をうんと伸ばしサカリ始めた ライバル 絹ごし豆腐 野卑な指 常連客がナンパ エッチに不満を持つ孕んだ経験のない妻 母を終えた後娘に手を出す 嫉妬心を露にし 肉芽の包皮を剥かれ 肉芽の愛撫 人妻が堕ちる様子を見たくて ほとんど漢を知らない 震い付きたくなるようないい女 脚をよじって 居酒屋で男漁り 妙な雰囲気 力でねじ伏せ動けなくし 根性焼き直し えげつない娘 寝取られ癖を心得ていて 相手の肩を向こうに押しやるような仕草 漢の股の饐えたような臭いを嗅ぎながら咥える がしんたれ 引き摺って お灸を据え 夫のモノをしゃぶった記憶がない 我が子が夫婦生活を盗み見 夫婦交換中の妻の様子を見たがるように 凹に向かって幾度となく指を往復させ 欲情しきった漢と対峙 関心を持ち始める年頃となった我が子 軽くイカせてもらってからご褒美に咥えてあげる 下手人 引き回し ウチのヒトには内緒 知らないフリした チラリとスカートの奥を魅せた 血が滲んで 鬼の形相 ヘンなことされて喜んでる 毛嫌うべきは母 組される母が心配で見てた すがるような眼 息を呑んで見つめ 父を裏切り漢と乳繰り合って その姿は普通の夫婦では有り得なかった 彼女を想いマスをかいて 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
「 知佳の画像掲示板 FC2」以降のリンクは利便性を鑑み取り付けています。
QRコード
QR
参加ランキング
人気ブログランキング
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
128位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム
メールは日に何度かチェックしています。お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogと【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」の中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
拍手ランキング
この拍手は「ランクレット」と同様の意味合いで取り付けています。

他の人にお薦めしたいときに記事の上部にある拍手ボタンを押して頂くとあなたがお選びになられた記事がカウントされます。
おすすめ官能小説
18禁官能小説集です。
官能小説投稿
小説を書いたら投稿しよう
小説家になろう

小説を読もう!は「小説家になろう」に投稿されたWeb小説や作品を無料で読める・探せるサイトです。

小説家になろう
小説家になろう

入谷村の淫習を投稿中


愛と官能の美学
愛と官能の美学

愛と官能の美学は投稿も出来ますがご投稿もしていただけます。
お薦め


官能文書わーるど
官能文書わーるど

「官能文書わーるど」の管理者しょうた様はご多忙のため掲載には少々時間を要します。


Pixiv
ひそかに心を寄せる茶店の女店主
各種掲示板
注意書きに沿ってそれぞれの掲示板をご利用下さい。
知佳の画像投稿掲示板
知佳の画像投稿掲示板 image
FC2レンタル掲示板、投稿画像&彼女・妻自慢にご利用ください。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の画像掲示板
知佳の画像掲示板
FC2レンタル掲示板、投稿画像などFC2&国内法に適するなら書き込み自由。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の書き込み掲示板
知佳の書き込み掲示板
書き込みの文章や画像など、規約に沿った内容でお願いします。
Shyrock様のご厚意により宣伝効果大


官能テキスト掲示板
官能テキスト掲示板
当掲示板は小説等更新時の案内用としてご利用ください。
違法画像、児童ポルノは厳禁です。
商業目的の使用は禁止です。
ご利用に当たって相互リンクの有無は問いません。


知佳の書き込み&
投稿画像掲示板
知佳の書き込み掲示板
自撮り画像掲示板
★当掲示板は自分撮り、他人撮り等オリジナル画像限定でご投稿ください。


Kaede's Room
画像掲示板
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。宣伝にご利用下さい。


知佳の掲示板
知佳の掲示板
HTMLにて画像挿入可能です。

投稿写真動画
素人投稿写真/素人投稿動画/素人オリジナル限定の素人投稿専門サイト
紳士淑女の夜の社交場 image
投稿写真動画 画像
35,000 (08/11/23時点)

投稿画像の壷 image

盗撮・覗きetc
どていばん.コム image
昔は盗撮が横行して……いやいや、今でも立派に横行しています。
そんな気分を味わいたい方にお勧めなのが「どていばん.コム」です。

着エロ@電脳女学園 image
着エロ、パンチラ、制服美少女、グラドル、お宝女優、えっちなお姉さんをまったりと楽しむ。そんなリンク集と画像掲示板サイトです!

緊縛・凌辱
アンテナ
更新情報を素早く掲載、宣伝に効果的

読みたい小説を簡単に探し出すことが出来ます。

ブログの登録を依頼し掲載してもらうだけで訪問者が増えます。
宣伝効果が期待できます。
  • 小説・詩ランキング

  • 動画ナビあんてな

    以下「知佳の美貌録」コンテンツ
  • 知佳の美貌集
    上位優遇の強弱設定を弱く上位優遇に設定するなど公平性を高めています。
  • 知佳の小説系アンテナメーカー
    上位優遇の強弱設定を弱く上位優遇に設定するなど公平性を高めています。




  • R小説の栞

サイト内リンク
知佳の美貌録(総合)
知佳の美貌録(総合)バナー
一般ページ

知佳のサイト内では道路標識的役割のページ。


Japanese-wifeblog
Japanese-wifeblog ban
ブログを始めよう思って最初に手掛けたページ。
FC2のまま継続していたとしたらブロ友数の多さが目を引く。
検索エンジン登録数も他のページに比べ桁外れに多いのがこのブログ。


元ヤン介護士の
知佳のブログ
元ヤン介護士の知佳のブログ ban
ぶろぐ村に登録しているブログ



letsgochikaのblog
letsgochikaのblog ban
ライブドアブログ




知佳の美貌集
知佳の美貌集 バナー
アンテナ2号館



知佳の小説系アンテナメーカー
知佳の小説系アンテナメーカー バナー
アンテナ1号館



Sexcy style
Sexcy style ban
カリビアンコムなどの有料動画の最新情報を観たい方はこちら。


知佳の美貌録(総合)
舞ワイフ ~セレブ倶楽部~ 171 ban
不倫・不貞、他人棒の総合案内こちら。


最新動画
日下部ひながぼ…
日下部ひな


人気ランキング
アクセスランキング
100位まで