FC2ブログ

嬲られる (なぶられる) ことを、殊の外好む女

性欲旺盛な父に嬲られる母
 まだ佳子が幼かったころに両親は離婚した。 佳子の父もまた、彼女の夫同様に酒好きで酒が入ると気が大きくなり暴力をふるい、その勢いで母をよく折檻・凌辱 (当時はそうと思い込んでいた) していた。 逃げ惑う母を追いかけまわし部屋の隅に追い詰め強引に裾を払い太股を開かせのしかかり馬のような抜き身を突き刺し事に及んだ。 力任せの父を受け入れながらも、それが男女のまぐわいというものなのかやがて母の口から苦し気なうめき声が洩れ始め全身を震わせ父の漲ったモノを胎内深く受け取りふたりの腰の動きが加速するとやがて母の絶叫が家中にこだまし朽ちるように果てる。
 暴力と恐怖に満ち満ちた大人の男女の折檻・凌辱 (当時はそうと思い込んでいた) 行為が家族の前で・・・、 といっても祖父や祖母の前じゃなく子供の兄と佳子の前でだが・・・ 日に幾度も繰り広げられた。

 「おい!帰ったぞ佳乃」 脂汗を浮かべ玄関に立ちこう叫ぶ憲之は役所務めで課長 45歳 平田家の当主である。 「あっ お父ちゃんだ!お帰りなさい」 元気な声でこう応えたのは娘の桂子だった。 「佳乃はおらんのか!」 憤怒の顔で怒鳴りつけるように言い放つ父に 「おるよ、具合悪いって寝とる」 桂子は父親が帰って来た嬉しさについ、言わでも良いことを口走ってしまっていた。

 本来亭主を出迎えるはずの妻の佳乃は奥の間で気分が優れぬのをさも病気のせいにして臥せっていた。 「桂子、儂が仕事で居らん間中佳乃は寝とったんか?」 「うん、そうだよ」 こう応えるしかなかった桂子だが、佳乃は憲之が出かけたとみるや子供たちが見てるのに裏口を抜けコッソリ何処かに出掛けて行ったのだ。

 ものの2時間と経ずして帰って来た佳乃は気分が優れないと床についてしまっていた。 桂子は母の佳乃が寝込んでしまったためお昼も食べないで腹を減らし父の帰りを玄関で待ってくれていたのだ。

 夫の留守に家を空けた佳乃はまっしぐらに駆け遥か向こうの田んぼの脇にある小屋に向かっていた。 農具などを仕舞うために建てられたこの小屋は近隣近在の若者たちの密かな出逢いの場所となっていて、閂(かんぬき) を使って木戸を固く閉ざしていたがこの閂 (かんぬき) というのは勝手に入るなと言う印だけのものであり、誰も彼も好き勝手に出入りしていた。

 具合の良いことに牛を飼っているこのお百姓は小屋の片隅に冬場の餌となる藁 (わら) を保管していて、大量に積み置かれている藁 (わら) を各々勝手に敷布団代わりに敷き直し男女の交接が行われていたのだ。

 佳乃は男と約束した場所がこの小屋であると勘違いし一散に駆けだしていたのだが・・・待てど暮らせど来ない蔵敷頼雄と言う遊び人風の男に業を煮やし元来た道を引き返してしまった。

 家の近くまで辿り着いたとき、近所のスーパーから女と手に手を取り合って出てくる蔵敷を見つけ更に一層腹を立て家に帰り着くなり奥の間で仮病を使って布団をかぶり寝込んだフリをしたのである。

 佳乃が追いかけている蔵敷頼雄なる倉持紀夫と言う遊び人風の男については薬を使った寝取りと博打などにより役所はもとより官憲でも手を焼いており、風紀担当の平田 憲之もその被害を被ったひとりだったのだ。 

 佳乃が紀夫に寝取られるきっかけとなったのが防犯活動に従事する役職に回された憲之のあまりにも几帳面すぎる勤務態度のせいで、これにより官憲の取り締まりが厳しくなり賭博の資金源を失い恨まれていたからだ。

 初潮を迎えたばかりの女から五十路の女までその手練手管で転がす紀夫は情報源にも精通していた。

 佳乃の母も相当のスキモノだったことを嗅ぎつけた紀夫に月が迫ると癇癪持ちとなる盲点を突かれ公務員に嫁いだ貞淑な妻 佳乃は例によって例のごとく良薬と称し媚薬を薦め、効用が出てくると次に躰に触れさせてもらい段々と肝心なところを魅せてもらいつつ刺激を重ねついに自慢の棹を使って転したのだ。 

 憲之の裏の仕事でもある蜻蛉 (忍び) は困難を極め疲れ果てて帰る日が続いた。 佳乃は夫を手助けするべく特に人妻たちがよく被害にあうという寝取られの情報を探していた。

 彼女の唯一の情報源 大の親友である敦子と貞子から話しがあると連絡を受けたのはそんな時だった。

 喫茶で気軽に話せる内容ではないのでと言われ公園のベンチに3人並んで座りながらの話しになった。

 おずおずと話しだす佳乃に 「そう・・・そうね、寝取られって言うからには相当秘境には違いないけど彼女らが如何にも興味を持つ卑猥なことやってんだろうね」 これまた如何にもスケベそうな顔をして敦子が応えるに 「そうそう、聞いたことがある。 凄いんだってね~、そのネトラレっての」 貞子もさも知ったかぶりで露骨に顔をしかめこう続けたのだ。

 「教えてあげたいけど・・・その道はオミズ系とか風俗さんじゃないとねぇ~ あたしたち素人じゃ役不足かも」 「でもさ、一度でいいからネトラレてみたいわね、きっと夫にないテクで堕としにかかるんでしょうね」 「ふふっ 敦子ったら! あのお堅い佳乃の旦那さんにネトラレてみたいなんてこと聞かれたらコトだわよ」 佳乃に警戒心を抱かせないために彼女の旦那まで持ち出したのだ。

「そんなに危険なコトなの?」 真顔で聞く佳乃に 「そりゃそうよ! なんてったって夫はもちろんだけど産んだ我が子まで置いたままオトコに血相変えて走るってんだもの」 と聞かされその ”オトコ” なる言葉に合わせ左手をグーの格好にして握り、右手の人差し指をピンと立て左手で作った輪の中に挿し込み腰を閨で行うがごとくグラインド状に振ってヨガリの表情まで作ってみせたのだ。

 佳乃は聴いてるだけで体中が火照って仕方なかった。 その折話題に上ったのが蔵敷頼雄と名乗ってた倉持紀夫だったのだ。 

 蔵敷頼雄は有名大学の法学部を出たと聞かされ 「優秀な人なんだ」 と夫と違い高学歴と聞いて即座に応じる佳乃に、都市部に小さな会社を運営しているが普段は地元で法律相談の真似事みたいなことをやってる 「見た目かっこいい人よ」 とどちらかと言えば素朴風な貞子に教えられ、母親譲りの下心からいてもたってもいられなく佳乃は教えられた番号に電話をかけ相談ごとのお願いをし了解を得た。

 事務所に入ってまず最初に驚いたのは立派な法律相談所と聞かされていたのに事務机どころか事務員すらおらず、食卓テーブルに数脚の椅子と大きめのソファーが置いてあるだけの簡素で狭い空間に辿り着いてしまったからだ。

 更に奥に通じる扉があるものの古めかしく嵌め殺しの小さな小窓の奥はキッチン程度のスペースしか無いように思われ逆に ”これなら誰にも聞かれることなく・・・” と佳乃は初めての訪問なのに既に閨の心づもりで来ていたから安心しきってしまったっていた。

 「よくここがわかりましたね」 にこやかに出迎えてくれた蔵敷の、なんと好印象だったこと。

 「友達が教えてくれたんです」 イケメン風な顔立ちにボーッとしつつもあえて友達の名前を伏せて答えた。

 話しが進み蔵敷頼雄と名乗る男がうやうやしく示してくれた資料に是非ともこの目で一度は拝んでみたかった件のネトラレ調書なるものがあった。

 佳乃の前に蔵敷頼雄は資料と併せ封筒に入った写真らしきものを渡してくれ 「良かったらざっと目を通しておいてください。 お茶の用意してきますから」 「そんな、お構いなく」 佳乃の言葉を笑顔でかわし奥に引っ込んでしまった。

 「ざっと目を通せ」 と言われた佳乃は資料をめくりつつ ※参考写真あり と書かれている部分に目を止め、封筒から数枚の写真を取り出しテーブル上に置いた。 資料と併せ見ようとしたのだ。

 そこに写っていた1枚目の写真は一組の男女がもつれ合うように腕を絡ませ一軒の民家に入っていく隠し撮りと思われるもので2枚目は室内に入り男にしがみつきつつ腰を押し付け合いキスを交わす欲情に我を忘れた例の人妻風の写真だったのだ。 「孕んだ我が子まで忘れ・・・」 の声が耳朶を襲った。

 3枚目以降 佳乃は資料の存在を忘れ写真に魅入った。

 3枚目はベッド上で半裸にされた女性の太股が大きく割られ秘部に吸い付くかの如く男の顔が埋まっていた。

 急ぎめくる更なる4枚目になると、のけぞる女性の下半身に己の下半身を密着させ豊かな乳房を吸おうとしている様子が映っていた。

 蔵敷頼雄が姿を見せないことを幸いに佳乃は隆起し始めた乳房を揉み濡れ始めた下腹部に手を忍ばせ興奮しムラムラしきって濡れ始めたオ〇ンコを諫め始めてしまっていた。

 敦子と貞子が口にした卑猥な言葉も手伝ってか、それとも自分だけ密やかな密会写真を魅せられた興奮なのか過去記憶にないほどしとどに濡れていた。
 
 5枚目をめくった佳乃は我が目を疑った。 寝取られと言うからにはお互い意思疎通から始まるものである。 ところがそこに映っていたのはそんなものはとっくに度外視した欲情真っ盛りの獣のぶつかり合いだったのだ。 パックリと口を開けた女の淫靡な部分に硬直した男のソレが突き刺さろうとしており欲情からだろう結合が始まろうとしている淫靡な入り口は硬直を一時でも早く迎え入れようと溢れんばかりのシルが滴って女の窮状を物語っていた。

 しかも婚外恋愛ゆえなのか、それともいまだ夫への忠誠心なのか或いは不貞ゆえか苦悶の表情を浮かべ、それを差し引いたとしても蕩けるような快感が全身を襲うのか結合部を夫の大事なアレなのにアンタが舐めたり吸ったりした挙句こんなモノ挿し込もうとするからと憎らしさを瞼に浮かべ、が、欲望には勝てず期待に胸膨らませ魅入る人妻の顔がアップで映っていたのだ。

 「・・・ネトラレって夫にないテクで堕とされ・・・」 などと真昼間の公園で軽やかに言い放ったあの大の親友である敦子が言葉とは裏腹に正に今堕とされようとしそこにいたのだ。

 これほどのモノが入るのかと案じたくなるほど敦子の入り口は双方を性器を結合直前に比較するに狭い。

 だが男は憤怒の表情を浮かべ充血し切った先端を人妻のソコにめり込ましにかかっていたのだ。 ガッチリと野太い腕が敦子の腰に巻き付き身動きできないようにしての強引と思われメリメリと音でも聞こえるような挿し込みだった。

 ふと何かが前を過ぎったような気がして顔を上げるとそこに盆の上にふたり分のお茶を乗せ蔵敷頼雄がたたずんでいた。

 「どうですか? 綺麗に撮ってあるでしょう。 資料をお持ち帰りになりますか?」 にこやかに微笑んでくれたが 「いえっ 大丈夫です!」 とんちんかんな答え方をし しゃっちょこまってしまっていた。

 「そんなに緊張されなくても・・・ 資料読まれましたか。 詳しく書いたつもりですよ。 写真の件ですか? そりゃあ男女の仲ですからいろんな恋愛がありますからねえ」 参考にされるんならもっと他の事例もありますがと言われたが 「今日はもうそろそろ食事の用意しなくちゃ・・・ 夫が帰る時間に間に合わなくなるから・・・ だからあの・・・ せっかくだからお茶だけ頂いて・・・」 語尾を濁しお茶を飲む間少しだけ世間話しをし、蔵敷頼雄が敢えて引き留めてくれなかったことを幸いに帰途についた。

 家路につく間中敦子がどうしてああなったのか考えてみた。

 確か読みかけのページにローンの返済云々と書かれていたが男に縋り付きながら民家に入っていく様子を見てもどうせ体の良い言い逃れだと唾を吐きかけたくなるのを我慢し歩き続けた。

 帰ってからが大変だった。

 何を飲まされたのかは知らないが玄関を入り気が緩んだからだろう自制心が吹き飛ぶほど躰の芯が火照るのだ。

 事務所で欲情し切った男女の結合部を魅せられ乳が張り下着を濡らしたことは認める。 が、それにしても独身時代はともかく、結婚してから初めて苦悶に近い欲情感を味わわされたのだ。

 食卓のテーブルの角に火照る下半身を押し付けてみたが治まらず、仕方なく台所にあった買ってきたばかりの人参を奥の間に持ち込み淫靡な部分に当て羞恥の中声を殺し抑えた。

 ようやく治まりを見たのは憲之の呼ぶ声が玄関から響いた時だった。 

 「おい!佳乃 今帰ったぞ。 風呂の前に酒・・・ う~ん冷でいいから用意しとけ」 「はい、ただいま。 お疲れさまでした。 ビールで良かったかしら? おつまみに貴方の好きな人参のキンピラ作りますね」 やっとも思いでこう言ってみたが 「酒と言ったろう」 という罵声を聞きながら、それでもさりげなく人参の汚れを洗い落としピラーで皮をそれでもシルが残ってたらイヤだからと剥いて千切りに刻み始めた。

 「倉持のヤツ、怖気を奮ったのかどこかに隠れやがった」 上機嫌で夫が言い募るのを聞きながら 「そう・・、きっと貴方が恐ろしくなったのよ! きっとそうだわ・・、そうに違いない」 と応えつつも ”ああ嫌だイヤだ、またこの話しか。 それはそうと騙された相手がクラシキで良かった” と佳乃は履き替える暇がなく濡れたままの下着を気にし、媚薬の恐ろしさと心地よさをないまぜにしながらもキッチンに立ち胸をなでおろした。

 深夜に至り終い風呂に入るため脱衣場で下着を脱ぎ手鏡にアソコを映してみて初めて未だ陰部は治まりがついていないことを思い知らされた。 気を張り詰めていなければ何処かに持っていかれそうなほど子宮奥のキュンキュンは続いており一向に納まる気配を見せなかったからだ。

 うねうねと穫れたてのアワビのようにくねりながら奥底からシルを流し、あの敦子に挿し込まれていた肉棒を憎らしく想いつつも求めて疼き暴れていたのだ。

 眠れない深夜 布団の中で指を這わせ 『確か別の資料も・・・』 見てみませんかと言われたような気がしたのを思い出し助かったとその時は思った。

 「そうよね・・・ それを理由に訪問すれば見せてもらえるかもしれないし・・・」 脇で高鼾をかいて寝入る夫には悪いけど淫靡な場所の治まりがつかないでいる以上よくAVでやる ”もう一度・・・うん、一度だけ魅せてくれたら諦めもつく” などという男の人が本屋で立ち読みする心境が分かったような気になっていた。

 ”ひょっとしたら例のお茶をごちそうに” なれるかもしれないとも考えてみた。

 公務員の妻がスキモノだと思われたくなく、一週間空けて敢えて電話を入れ否か応かももはや頭に残らない中で訪った。

 蔵敷頼雄は上機嫌で出迎えてくれ、早速と言いながら資料を手渡してくれた。

 蔵敷の手前文章にざっと目を通し 「ここまで調べるのって大変でしょうね」 と世辞とも取れる言葉をかけておいた。

 誰が資料を作ったり撮影を行ってるのか聞きだすためだった。

 「そうですね。 オファーをくれた方のご意向に沿うよう常時メモを取ることを心掛けているんです」
 ここまで聞いて ”ああ・・・・彼が資料編集や写真撮影やってるのか” と感づいた。 なんとすれば事件の真相を解くカギになるからだ。

 「あの女性、貴方が近寄ってカメラを向けても平気で男とあんなことヤルんですか?」 事件の核心に迫りたく問うてみると 「敦子さんですか? もちろんですよ! 貴女だってお付き合い長いんだから彼女の性癖見抜いてらしたんじゃないんですか?」 こう問われしどろもどろになると 「佳乃さん、敦子さんは貴女の大の親友だったんじゃないでしょうか?」 ズバリとこう指摘され 「その資料もめくってご覧になれば敦子さんが語ってくれたコトの真実が見えてきますよ」

 ここまで言い切ると再び 「私は奥でお茶の用意しますからごゆっくり」 言いおいて部屋を出て行った。

 男の姿が見えなくなったのを機に佳乃は封筒に入っていた写真を大急ぎで一枚一枚テーブル上に広げてみた。

 撮影スポットも構図も似通っていたが被写体が違ったし淫靡な様子もまるで違った。 

 今度の写真を撮影するにあたり敦子よりももっとキツイ媚薬を盛られたのだろう。 彼女のアソコには大きな張形が埋め込まれソレを伝いシルがソファーまで滴り落ち尻の下の部分をしとどに湿らせていたのだ。

 3枚目の写真はと言うと相舐め (69) の体形を求められたのか男性の顔にまたがり舐めてほしくてかアソコを顔に押し付けながら男か或いはカメラマンからなのか要求に応え逞しいものを口に含み・・ だが結婚以来夫にしか見せたことのない秘部を晒す屈辱に耐え切れないのか腰をくねらせ身悶えておりカメラは彼女の淫靡な部分を執拗に追い求めアップでしかも証拠となるよう全身像が収まるよう撮られていて秘貝が佳乃が薬を盛られ身悶え手鏡に映し見た時と同じように妙な形に口を開けヨガリ狂ってる風に まるで脱衣所で手鏡に映した自分の秘部と似通った風に開き切りうねり 印画紙に収まっていた。

 4枚目は観ずともおのずと中身は知れた。

 前回の写真ではそこまで見なかったので分からなかったが佳乃は知らぬこととはいえこのような休憩を楽しませる宿では絡み合うふたりの脇に互いの行為を覗き魅せるため大きな鏡がしつらえてあり、不貞を働く男女は結合した状態を鏡に映し興奮を募らせるという処方を採用していて彼女も相方にはもちろん周囲の人たちも含め魅せ合い燃えていたのだ。

 写真を魅せられた佳乃には期待に反し男性の憤怒のシンボルが反り返り状態になってるのを推し量ることはできなかったが女性の堕とされる様子はよくわかった。

 佳乃が例の薬を盛られ前後不覚になった折りに脱衣場の鏡に映し見た、あの欲情した乳房や乳首が興奮でヒクつき興奮度を推し量る腹筋・首筋に浮き出る血管までもが写真の友人である貞子の様子と酷似していたからだ。

 「ここまで逝かせ、誰がこれ観て楽しむっていうの?」 佳乃は興奮し切っていたが平静さを装わねばとかねてから怪訝に思って訪ねた真意を問うと 「以前お話しした方々ですよ」 曖昧な返事が返って来た。

 「不潔! 他人の行為観て楽しむなんて!」 吐き捨てるように言うと 「佳乃さんだって十分楽しまれてたじゃありませんか」 蔑むような言い回しをして新たな封筒を渡してくれた。

 もうここまで来たら・・・ そう思い詰め ”あのお薬が手に入るなら” と覚悟を決め封筒の中身を確認する佳乃。

 中に潜ませてくれた写真には前回訪問したとき手渡された敦子のあまりにも卑猥な写真についにオンナに火が付き場所もわきまえず指を使った。

 その折に隠し撮りされたのであろう。 下着を脇にどけ丸見えになったオ〇ンコの、この件をと言って乗り込んできた割にはあまりにあられもなさ過ぎる佳乃の姿が写っていたのだ。

 恐らく・・・いや今回の訪問でもテーブルの向こうの椅子上にカメラが仕掛けてありわざと男女の結合部まで魅せつけ興奮する人妻の様子を隠し撮りしていたのであろう。

 頬が赤くなったのは下腹部への撮影のみか乳房を押さえつつ身悶えたくなるのを必死に耐えた様子まで克明に写されたいたことだ。

 いつの間に戻って来たのかとその時は思ったが実は随分前に忍び込み欲情する様子を彼自身が目の前で楽しみつつ撮影していたに過ぎなかったのだ。

 興奮のあまり喉がからからに乾き、テーブル上にいつの間にか置かれていたグラスに入ったお水を一気に飲み干した。

 にやつく彼に 「ネガ返してよ! どうせ変になった女の人にあの写真を魅せつけ興奮させておいて堕とすつもりなんでしょ?」 こう言い募ると 「貴女みたいにですか? 佳乃さん」 細い眼を更に細くし佳乃の目をじ~っと見返してきたのだ。

 「先だって私のを使わせてあげても良いと魅せてあげたのに振り切るようにしてさっさと帰ってしまわれた」 そう言われやっと思い出した。

 「あっ、あの時見たのは写真の中の敦子のアソコに食い込んだ男の人のモノかと思ってたけど・・・」
 そこまで言うと
 「へぇ~ 肝心なところはしっかり見てらしたんだ」 こう言いおいて

 「で、どうです? これと比べてあの男の方が逞しくなってて良かったでしょうか?」
 ファスナーを引き下ろし逞しくなったモノを抜き出して佳乃の目の前に捧げてきたのだ。

 「それで犯そうとでもいうの?」 つい突っかかってみたものの反り返りのまぶしさと湧き上がる欲情に視線を、どうしても逸らせないでいた。

 「ご主人の大切な場所を侵されるのがイヤなら私を犯してみてはいかがです?」 「侵されるですって?」 気丈に聞き返す佳乃の目の前に仁王立ちするとわななく手をまるでひったくるように取って反り返ったモノを握らせ睨み上げ目顔で口に含めと合図を送って来たのである。

 「イヤ!!」 顔をそむけたときにはもう男の手によって両手で顔を挟まれ強引に口を開けさせられ咥えさせられており臭い立つ男の体臭に下腹部が思考や恐怖とは真逆に興奮し始めておりご奉仕が始まると犯されたく張り出した乳房を彼女が苦しみに耐え乞うたように鷲掴みにされ乳首も腋も嬲られ始めていた。 これまで守り続けて来た亭主への貞操がもろくも崩れた瞬間だった。 だが疚しいゆえかその反動で全身に火が点いてしまっていた。 ふたりの男の間で心が激しく揺れ動いた。 こうなるとオンナは弱い。

 「これは申し上げにくいことなんですが・・・」 口ごもる蔵敷に 「なあに? なんでもおっしゃってくださいな」 散々痴態を晒しつつ、それでもなんとか希望がかなって望み通り結合を、幾度も逝かされつつみた。 その余韻が残る中での会話に甘ったるい声で、しかも彼の女になりきったつもりで応える佳乃。

  「奥様のお写真を先方様にご覧いただいたところ、他のおふた方以上にご興味を示していただいたものですから・・・」 別の封筒が渡された。

 そこに写っていたのは奥の間で人参を使い湧き起る欲情を必死に抑える佳乃の姿があった。

 「まっ!! いつの間に!」 絶句したものの殿方がこんな破廉恥な人妻の姿に興味を示してくれるなどということを予想だにしなかったものだから、ましてや大の友人である敦子や貞子以上に興味を惹かれたなどと言われ 女のただの慢心かもしれないが背徳の甘美さを存分に仕込まれた今となっては断れるはずもなかった。

 もう少しの間夫婦生活では到底味わえない刺激に満ちた他人棒なるものの臭いを嗅ぎ亭主に内緒でのしかかってくれる間男なるものの肉感を楽しみたかったからだ。

 「夫の名前や顔を出さないと約束していただけるなら・・・ 仕方ないわね。 盗撮されてると気づかずはしたない恰好しちゃったんだもの」 彼という男を一瞬でも独占できた優越感に浸りながらも後々スポンサーとやらと薬を使って敦子や貞子のように婚外恋愛の果て絡めるかもしれないという期待もあって即答してしまっていた。

 「先方から落ち合う場所について提言されたなら必ずお伝えしたいと思いますので」 その先をちゃんと聞かず 「じゃ、よろしくね」 佳乃はまるで交際クラブのママにでもなったつもりでゆうゆう事務所を後にした。

 帰り着き蔵敷の射出した液体が付着でもしていたらと心配になり着替えがてら衣服を点検するとスカートのポケットの中にあの薬を見つけ飛び上がらんばかりに喜んだ。

 「スポンサーなんて言っておきながら、ホントは彼がわたしを欲しくて堪らなくなってたんだわ」 優越感に乳首の勃起も気にならなくなっていた。

 全て脱ぎ終わり姿見に映しつつそっと触れた指先に下腹部から排出したであろう生温かいものが垂れ、もうそれだけで夢心待ちになってしまっていた。

 数日後の昼近く郵便受けにメモ書きが投函されていて 『来る月曜日の午前十時に例の小屋で』 と書かれており、佳乃はてっきり噂にある田んぼの外れの小屋のことだと思い込み息せき切って駆け付けたのだが・・・

 佳乃が蔵敷だと思い込んでいた当の倉持紀夫は急遽連絡を受けナンパに向かい当の本人に運よくスーパーで出逢うことができ、適当な理由を付け例の事務所に案内中だったのだ。

 このご婦人に差し出す資料として倉持紀夫自身が佳乃に咥えさせてる写真が参考として添えてあり、ナンパに応じてくれたご夫人自身も世間の噂としてだが佳乃を官庁職員の堅婦人としてよく見知っていて思った以上に興奮してくれていたのだ。

 当の佳乃は連絡のないまま待ち続け、耐え切れなくなると女としての自信を取り戻すため例の薬を服用した。

 すると鬱状態の躰は燃えるように熱くなり居ても立ってもおれない状態となって手あたり次第おもちゃを使って鎮めるようになっていった。

 欲情が募れば募るほど醒めた時家族も心配するほど顔色が優れなくなり朝など眩暈がし立ち上がれなくなってしまっていたのだ。

 容体の不安定な日々が続く丁度その頃、市中で妙なうわさが飛び交った。 堅婦人である佳乃が田んぼ脇の小屋で密かに密会してるというものだ。 当人に言わせれば根も葉もない噂に過ぎないのだが・・・

 ところが憲之にしてみれば確かに思い当たるフシはあったにはあった。

 自慰の後放心状態となって佳乃は深い眠りにつく。 床脇には今しがたまで使ったとみられる張型めいた代物だけが置かれていて誰が見たにしても自慰の跡だと一目でわかった。

 股間はとても妻とは思えない尋常ならざる状態になっていた。 それを昼間用事を思い出し自宅に帰り見つけたのである。 

 佳乃のアソコは夫の憲之から見ても、とても子を生したとは思えないほど窮屈にできていて夫婦性活も遠慮がちに先っぽだけめり込ませてもらい広げないように気を使って果てる前に済ませていた。

 嫌われたくなくて美器を壊したくなくて、一般世間の夫婦生活でいうところの深々と挿し込み腰を使うなど思ってもみなかったのだ。

 成人した折の憲之は立ちんぼが待つ民家に遊びに時折連れ出してもらっていたが並み居るオンナどもが恐怖を抱くほどの極太、それゆえ本当の意味での結合なるものは出来ずじまいで結婚に支障をきたすのではと引け目を感じていたのだ。

 それなのにあろうことか妻の佳乃は憲之のモノより太い張型を挿し込み感じ入り極楽浄土に堕ち安息の眠りについているではないか。 憲之をして美人ゆえ自慢この上なかった妻をこのように誑かした者への怒りは頂点に達した。

 この日以来憲之は一変した。 佳乃を追いかけ追い込み褌からはみ出すほど雄々しくなったものを着物の裾をたくし上げかつて小さすぎだの美麗だのと誉めそやしたそのオ〇ンコを晒しつつ悲鳴と狂態の中で貫くようになったのである。

 ある日など憲之のあまりの凶暴さに奥の間で怯え隠れる妻を見つけることができず、近くをオロオロと逃げ惑っていた幼い桂子を押さえ込み未発達なソレに突き立てようとシャカリキになった。

 慌てた佳乃が桂子に 「出しゃばった真似を~」 とビ〇タをくらわせなかったら実の父親に未通を割られていたかもしれなかったのだ。

 斯くして佳乃はその後倉持紀夫が寄こしたスポンサーと名乗る男と希望通り田んぼの小屋の中でカメラを前に貫かれることになる。 賭博の資金云々は犯してもらえたご婦人が貢ぐのではなくスポンサーが同好会のメンバー向けに撮影した写真に添え調査資料を配布することで得たお金が当てられていたのだ。

 敦子にしても貞子にしても素人AV女優として写真で晒してもらう代わりに薬物を盛ってもらい、その薬物による発情を今度は抑えてもらうため次のオトコを女衒よろしく得ていたのだ。 そこに至った理由は佳乃の場合と同じだった。

 根がスキモノだった佳乃はまんまと罠にはまった。 脅され誘われ友達と張り合うようになって益々不倫に溺れ数々の男と浮名を流すようになったのだ。

 よそ様の旦那と快楽目的で寝たと知った憲之は荒れた。 嫉妬心からこれまで棹を根元まで埋めなかったものを渾身の力を込め妻の腰や太股を引き寄せ臀部に痛みに伴う叫びを通り越し喘ぎ声が洩れるまで打ち付けるようになっていった。 佳乃の汚れ切った躰に向かい放性しまくったのである。

 妻を妄想の末堕としスッキリしたはずなのに憲之は浴びるほど酒を呑んだ。 飲むだけ飲んで己の妻に八つ当たりすると決まって大鼾をかいて寝た。

 すると佳乃は憲之が寝るのを待っていたかのように家を抜け出しどこかに消える日々が続いた後、とうとう夜が明けても帰らなくなり幾日か過ぎた日、突然代理人という男が現れ憲之に離婚手続きの書類を突き付けた。

 「役所務めの貴方が妻に働いた暴力は、いかなる理由があったにせよ許されることではありません」 捉えようと追い回していたはずの倉持紀夫がこう述べたのである。

 「なにお!! てめえこそ人様の女房を寝取っておきながら! ようもヌケヌケと!」 盗人めがといきり立つが 「奥様はご無沙汰に耐え切れず人様のご主人様であると知りながら情交を持たれたもの。 いかに私共でも恋愛まで引き留めるわけにはまいりませんから」 「佳乃が・・・ まさか・・・」 「確たる証拠をお見せしまししょうか? これをご覧になれば、或いは・・・」

 封筒から数枚の写真を取り出す倉敷
 「・・・なんて恰好しとるんだ・・・あいつは!」

 その写真に写っていたのは貞子のアソコに男の逞しいモノが食い込み歓喜の声を上げる写真を食い入るように見つめ、それも全体ではなく結合部だけに魅入る佳乃と、余程欲情したのだろうかその後下着を足首に引っ掛けテーブル上に片足を乗せているではないか。

 倉敷を誘うべく大股開きになりパックリと割れシルを滴らせるオ〇ンコの、具の蠢く様子をも魅せつけ かつわざと床から見上げるような角度で撮らせた合わせて2枚だった。

 「お友達と奥様がこのようなコトをされては・・・」 今でもまだ妻を愛しているなら役を退けとの威嚇だった。

 代理人の男は憲之に向かって奥様は出るところに出たので書類に印鑑を捺すようにと語気を強め言ったのだ。

 憲之は拒否すれば良かったものをスポンサーの逞しいモノに妻の佳乃は酔いしれてしまったんだと勘違いし倉持の要求に屈し印を捺してしまっていた。

 佳乃が姿を消したのは憲之の棹を誰にも渡したくなく、あの淫靡な写真を取り戻そうと事務所に走り待ち構えていた複数の男どもに嬲り者にされ屈し、帰るに帰れなかったからであった。

 小屋での淫靡な写真も半分は欲望からだったが残りの半分は罪を償おうとしたからだった。

 かくして愛してる筈なのに散々妻佳乃の悪態をついた後憲之は書類に捺印し離婚となった。

 倉敷はその日のうちに娘の桂子を母佳乃の待つ妾屋に案内してくれた。

 堅婦人を嬲りたい男どもが母佳乃のために用意してくれた、あの古の田舎家によくある夫婦の閨に使われる奥の間によく似た部屋のある一戸建てだった。

 何のことはない、母は家を出て行ったその日のうちにこの男たちが予てから用意していた部屋に連れ込まれ嬲られ、終いに男たちに向かい懇願するほどに堕とされ、逆上した母は益々多くの男どもによって交代で貫かれ凌辱・折檻を働いた父に比べ一層罪深い不倫乱交という乱れた関係を持ってしまっていたのだ。

 そう、佳子の母は父から暴力を受けていたのではない。 乳は母が不貞を繰り返し、媚薬を盛られ淫靡極まりない写真を魅せつけられ発情し自慰に疲れ家庭を顧みないことに業を煮やしているのを取り戻すためだったのだ。

 愛する妻を寝取ってくれた男との淫靡極まりない行為に父が嫉妬してのことだったのだ。
 離婚してのちの母とは如何にも不思議な女で、父との時もそうであったようにとにかく力でねじ伏せられながら行為に及ぶのを好んだ。

 部屋を借りてくれた男どもと母佳乃の関係は当然家で待つ妻には内緒の所帯持ちのW不倫同様の快楽を楽しむだけの間柄。

 言い訳をして家を抜け出し男が妾然となった母のもとに通ってくる日、母はその男の閨の相手を真剣に勤め待ち望んでも来ないとわかっている日は別の男を誘い入れて、とにかく酒と博打と情事にふけった。

 今思えば母は父のもとに帰りたかったのだろう。

 家じゅう逃げ惑い追い込まれて貫かれる喜びを妻として良き夫に巡り合え幸せだと感じていたのだろうと思う。

 妾宅でまぐわう男と言う男に同じやり方を暗に強いたからだ。

 佳子の母が魅せてくれた父という名の男の想い出とは、代わる代わる来ては母を凌辱していく男たちのことである。

 彼らは四六時中佳乃を飽きもせず抱きに来た。

 小遣いをくれと言うと 「これで何か買って遊べ」 と如何にも父親らしい口ぶりをきいたのも彼らだ。

 憲之は一度だって小遣いなるものをくれたことが無かったし、時に襲ったりもしたから親とも思わなかったのである。

 呆れたことに佳乃はこれらひとりの男を引き込んで情事を重ねながら外に別の男を情事が終わるまで覗き見がてら待たすこともやった。

 そんなとき佳乃は覗き見できるよう部屋の小窓を少し開け男に組み伏せられ割り込まれる様子を見せ 「憲之さん、観ないで・・」 と聞こえよがしにつぶやき元夫に許しを請う風を装い寝取られの悲壮感に打ちひしがれる妻を演じていきり立つ 外で待つ男どもの棹を嬲って魅せたのだ。

 室内でなんとか人妻を外で待つ男より先にその気にさせようと躍起になって腰を打ち付ける先人。

 佳乃の下半身だけは言葉とは裏腹になぜかそんな男の持ち物をしっかりと下腹部で受け止め扱こうとしているかのように見える。 

 いやらしそうに波打つ人妻の腹部は強い足腰の男に視姦させ挑ませ惑乱させた。 絡みつくように彷徨う足は男の腰に回り奥深く引き込もうとさえし覗き見る男に逝きつつある状態を魅せつける役目を果たした。

 興奮が高まると腹部をうねるように捻じ曲げ男の持ち物の出し入れに合わせ淫靡な部分は微妙に形を変えて拒否とお願いを繰り返していて、突かれ果て弛緩した陰唇は涎を垂らしだらしなく口を開け始め肉胴が食い込む隙間から襞の奥まで丸見えになっていた。

 それをまた覗き見させたのである。 見方によっては元夫の憲之恋しさに打ち震える女を寝取ろうと亀頭冠が肉球を嬲っているのが傍目にも分かる容体をやらかすのだ。

 時折特徴ある男の持ち物が佳乃の肝心な部分をひっかくように刺激するのだろう。 佳乃はその刺激を受けた時だけのけぞるように反り返る。 いやらしいことをと、なじるような視線が結合部に走り次の瞬間逝き始めたのか弓なりにのけぞり切なそうな声を喉奥から絞り出す。

 どうだと言わんばかりに男の探りが入り口となく奥となく入り 時に乳首を啜る。

 背中を弓なりに逸らし苦し気な顔になり 「ああ・・・ あなた・・・」 と切なそうな吐息が漏れ豊かな乳房が揺らぎこれをとめどなく繰り返す。

  硬くなった乳首が興奮で一段と黒ずみ隆起するのが見て取れた。

 佳乃にとって自分の理解者であり協力者であると認めてくれた憲之こそ忘れられない存在だったのだ。

 女として初めて胤を付けてくれた愛しい夫を裏切って不貞を働いていることに快楽さえ覚えるようになった己を心底恥じてそれを寝取られの快感に変えていたいたのだ。

 そんな佳乃が己の男根で逝く様子を視姦した男は慎重にそのあたりを探し回る風に腰を使って更に敏感になった部分を突き女に 「良かったのか」 とわかっていても敢えて聞き出そうとする。

 「ウチのひとに観られたら困るから・・・ ヌイてちょうだい」 意味不明な応えに 「旦那はこれより良かったのか? 中にたっぷり出してほしいのか?」 あくまでも競争心を燃やす。

 桂子は覗き見ていて悲しい男の性だと幼心にも分かった。

 「良かったのか」 の問いに正面切って応えようともしない母。 だがオンナの弱い部分が見つかってしまえばとことんそこを責められ、やがて母が逃れられなくなり追いかけまわしたあの父に謝りつつ昇り詰めるのがわかった。

 何度も男の行為を結合部を見据え、『卑怯者!』 とでも言いたげな顔をし押しのけと迎え入れを繰り返したかと思う間に力ずくで逝かされる母。

 恥も外聞もなく我が子が盗み見ている眼前で母は男の筋肉隆々な体躯に押さえ込まれ貫かれ絶叫し身悶えた。

 男が来るという日は母の機嫌がよく、滅多にくれない小遣いも気前よくくれた。

 「これを上げるから、しばらく外で遊んできなさい」 家から追い出す口実はいつもこうだった。

 子供たちが出て行ったのを確認するとそれまで茶飲み話しなどをしていたものが男は表情を一変させ決まって母に覆いかぶさるがごとくのしかかる。

 奥で、母が見ている前でお茶に薬を入れておきながら 「なんだ、もう濡れてやがるのか」 と吐き捨てるように言うが速いか着物の裾を大きくめくり秘部の確かめが始まる。

 他の男に使った形跡がないか調べるのである。

 前戯もくそもない。

 薬を盛られ数分後に佳乃は出来上がってしまっている。

 あとは欲情しきった肉を引き裂くように切っ先が割り入るだけだった。 

 兄は母のこうしたことを嫌って母が遊んでいるところまで男との行為が終わり正気に戻って迎えに来てくれるのを待って帰っていったが、妹の佳子はいつもこっそり帰って母の苦し気な様子を心配しつつ盗み見た。

 男を迎え入れると必ずこうなってしまうことを恥じて母は子供たちを遠ざけていたのだと知ったのは逝かされた母が男の逸物を握り咥え再び奮い勃たそうと腐心していたからだ。

 欲情し広がりきった蜜壺。 口を開けた淫裂から未だ結合前だというのにぬらぬらと光るモノが滴り落ちていたからだ。

 佳子は佳子で母が子供たちを置いて男の元に走った時と言い憲之を捨てた時と同じように逃げ出しはしまいかと見張るつもりだった。

 媚びる母が目の前にいる。

 そうやって幼いながらも佳子は母を理解しようとした。

 女とは男にこのようにされることで幸せな気分になれるものだと思い込むようになっていった。

 そして、佳子もまた、ふたり目の子供が生まれて間もなくあのガソリンスタンドの同僚と身体の関係を、半ば甚振られるような行為の元不貞を働き夫婦生活では味わえなかった突き抜けるような快感を得た。

 それがあの日観た男たちと母が織りなす姦通の快楽であることを知った。 親友の久美もそのことを教えてくれていたからだ。

 今やっている夫への裏切りが寝取ろうと躍起になる男たちの情熱によって生まれ快感に変わり、平田家に代々伝わる不貞の条件である嬲られることを好む性癖に換わらせられ、いつしか母のように淫靡う極まるまぐわいに溺れていくことを夢見たのである。

関連記事

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

tag : 背徳行為婚外恋愛寝取られ強制性交凌辱貫通媚薬欲情覗き見レイプ妄想

コメントの投稿

Secret

その他連絡事項

ブログ記事として残さない呟きをここで行います。
Shyrock様からバナーを頂きました。

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」バナー
相互リンク用バナーとしてお使いください
Size : 200 x 40



読み終えた方は感想をこちら (Shyrock様掲示板) にお願いします。
小説感想掲示板

官能文書わーるど様への投稿
  • 残照
  • 老いらくの恋
  • ヒトツバタゴの咲く島で
小説の投稿先と投稿内容の詳細(専用ページに移動)
アップデート 2024/02/21 12:45


投稿記事へのコメントをお待ちしています。



にほんブログ村「ブログみる」 image ぶろぐ村は幅広い分野のブログを閲覧できることが魅力の日本で唯一の検索エンジンです。

 にほんブログ村が提供する「ブログみる」はインストールが簡単で、いろんなブログをストレスなく見ることが出来ます。
 例えばスマホ版をご利用の場合、いつでもどこでも好きな時間に好きなだけブログを見ることが出来ます。
ご利用法>>>
バナーをクリックしていただくと、1つのリンクだけで下記3リンクへ自動で振り分けられるページに移動できます。
※閲覧する端末ごとに遷移先が分かれています。





ページトップの点滅する文字をクリックすると下のようなページに飛びます。下に掲げたリンクをクリックしても飛びません。飛びたい方はURLをコピーしURL欄に貼り付けてください。



PR
料亭で扱われているマグロを中央卸市場より直送でお送り致します。
女性向けお仕事 ここから
DXLIVEJOB


SakuraLiveJOB【英】


モンロー JOB


キャッチレディー


ファンブルビー


シークレットラブ


ウェブマスター

ブログを立ち上げ、日々のちょっとした出来事を書き込むだけ

女性向けお仕事 ここまで
レッツゴー知佳の
プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは「愛と官能の美学」Shyrock様からのご投稿を含め、365日休まず更新。官能小説を書いており、不倫、近親相姦、スワッピング、NTR,実話など多岐にわたります。掲示板多数。自己紹介の小説あり。

序文 (おおよそ500字) と本文で構成されていて「続きを読む」をクリックしていただくと本文を読むことが出来ます。

関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

アクセスランキング
嫁の性長記録 image


ブロとも一覧
パスワード禁止

閲覧にパスワードをかけられたサイト様は規定に反しますので、しばらくは様子を見ますが、期間を過ぎ改善がなされない場合、ブロ友から外します。


鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

愛妻変貌録

赤星直也のエロ小説

アオハル残酷ものがたり

AV-Q

 ハメ太郎の性活日誌

熟・変態女教師

えっちな人妻ひめの露出・混浴・輪姦

人妻のよろめき

kaede's Room Annex

Kaede's Room

菜々子の秘密部屋

恵子の妄想

愛の記録

パイパン美マン人妻愛奴「まゆ」の調教日記(完全素人オリジナル)

セイカツ日記~夫婦の性活~

罰と罪-嗜虐的な天使を探して-

寝取られ体験談

日々の妄想を形にして(SM小説)

SM Sleeper

嫁の体験リポート

Sorao's Naked Activity Log -裸活-

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

鳶屋の艶本

北海道SM  調教室   

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

これも愛なんだ

desire Gs  ~妻との性記録~
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
特殊な記事
ブロとも申請フォーム
小説系のブロ友さん募集中

詳しくは「相互リンクについて」をお読みください。

この人とブロともになる

ブロともときめき速報
Mikiko's Room
Mikiko's Room image
Twitter
タグクラウド
文字をクリくすると関連記事が検索できます。

欲情 背徳行為 婚外恋愛 寝取られ 凌辱 近親相姦 覗き見 生ハメ 姦通 誘惑 締め込み レイプ 浮気 妄想 中出し 人妻 他人棒 母子姦通 自慰行為 恋人交換 裏切り 輪姦 不倫 W不倫 クンニ ファンタジー 嫉妬 寝取らせ 鬼畜 貸し出し 夫婦交換 騎乗位 ワンナイト 童貞破り 姦淫 強姦 バイブ 借金肉地獄 コメディ 喪服未亡人 SM 官能ホラー きむすめ しゃぶる SM 吊り責め 裸心縛 M字開脚 未通女 女性リーダー 夫面前凌辱 旦那制度 暴走族 指マン 足入れ 混浴 濃厚精子 兄妹 花街結婚 義父嫁姦通 手コキ 四つん這い スワッピング 真夜中 お風呂入り クリトリス 愛撫 悲恋 うぶな 使用済み 露出 看護師 寝取り 乱交 性教育 フェラ 禁断 完堕ち JK アンチ援助交際 嫁の羞恥 イタズラ 淫略 ゴルフ 生ハメ・中出し ごっくん 同一マンションに居住 育児放棄 未知の物体 年下 顔騎 襲い来る恐怖 羽交い絞め 脱出不能 公衆便所監禁 屋外露出 パンチラ 交尾 告白 愛と官能の美学 Shyrock 純愛 羞恥 母子相姦 菊門 未亡人 義理の母と子 秘密の恋愛 他人妻 乳首 夜這い 夜伽 二股 淫臭 童貞 放尿 覗き 姉弟相姦 魅せ付け 新妻 後背位 飢え セックス 肉便器 夜逃げ オナニー 生ハメ・生姦 モンペ 娶わせ 夫婦生活 売春 雇女 マムシ 息子の嫁 奪い愛 医療 おしっこ 女性用媚薬 尿意 熟女 禁断の性行為 口淫 おちんちん 横恋慕 ご無沙汰 乳房 舐め 追っかけ 風呂 NTR 男根願望 10代のチ〇ポ 出逢い系 自慰 生活保護 いじめ 絶頂 性癖 母子家庭 アナル 母娘 忍び逢い 想い出づくり 堤先生 松葉くずし 清拭 タンポン ミニスカ 脅迫 輪姦・凌辱 阪神淡路大震災 疑心暗鬼 羞恥凌辱 ラヴ 洗濯物 バイブレーター キス 誘導尋問 ヒトトキ レズ 淫靡 母と息子 チラ魅せ ネトラレ 人妻・熟女 禁断の関係 二股誘惑 カーセックス 媚薬 強制性交 痴辱恋愛 肉棒 禁断の愛 屈曲位 発情 ぶえん お義母さん セックスレス 屋外 経産婦 仕返し 女囚 ホンバン行為 旅籠 六十路 嬲って憂さを晴らす 身を堕とし 夜を鬻で 自己陶酔に陥る 保釈金 寝バック 仲居 不貞 童貞狩り 男鰥 怒張 髪結い 素人 野外露出 女衒 仮釈 黒い茂み 躊躇い シチリア 全裸 咥え 割り切り バック 三所攻め 珠子さん 寛治さん 義道さん パンティ 和姦 万引き 警備員詰所 魔の誘惑 すらりと伸びた脚 チューブトップ マン繰り返し 秘肉をなぞる 顔面騎乗 近親愛 オカズ パンパン 住職 幼稚園先生 処女膜 3P乱交 奇抜な体位 調理 乳腺炎 檀家 日照り 青姦 シックスナイン フェラチオ 月に1度の憂鬱な訪問者 コンドーム お母さん 娼婦 落書き 年下の男の子 潮時 妊婦 ディルド 春を鬻ぐ マンネリ化 デリ面接 素股 兄と妹 ポルチオ シモの世話 姉弟誘惑 背徳的 不特定多数 お試し ご奉仕 鎌首 枕芸者 割れ目 くぱー 恋焦がれ 未開の地 お潮 懇願 縄張り 野外セックス イタリア 壁ドン妻 痛い 運搬自転車 荒勘さん 失恋 男根 シクスナイン  粘膜 丸見え  アソコ トランクス 優秀な男 男を惹き付け 男と逢瀬を重ね 自慢 二股不倫 くぐり戸 夫婦円満 夫婦の交換 危険な冒険 淫声 よがり狂う 黄金排泄 賢婦 太股 逢瀬 妻の気持ち 夫婦喧嘩 安全日 妊娠・出産 畜生道 性欲処理 まぐわう 恋文 臭いを嗅ぎ 意識し始め 張形 サカリ チ〇ポとオ〇ンコの娶わせ 嫉妬と苛立ちを増幅 ざわめき 月のものが止まった 浮気の代償 未開発 背面騎乗位  鯉こく 翳り 愛欲 プレゼント攻勢 性行為 間男 同衾 唇を重ね 春をひさぐ あえぎ声 屹立 陰裂 ショーツ ノーパン 躰の関係 浮気心 もてなし 女教師 ワレメ 有名女優 後家 セーラー服 お下げ髪  剛毛 京都 ゴム 緊縛 須恵乃さん 下働き 性的興奮 ワンギリ 女日照り 肉体労働 熱い視線 結婚 逆ナン 旦那 下半身 出逢い 素人人妻 義母 しゃぶり 正常位 栄養補給 働き口 身体検査 胤の受け渡し 口内炎 母子 蜜壺 バツイチ 廃屋  うなじ 花弁 超ミニ 鑑賞 後ろのすぼまり 添い寝 出戻り パンモロ 訪問介護 オイタ 顔を跨ぎ 下駄箱 開脚 痴態 初めて 輪姦・乱交 痴漢 対面座位 締めつけ 自己顕示欲 ツンデレ 自信過剰 我慢 睨み据え 妄想癖 秘所 剥き出し 潮吹き 膣口 虐待 堕胎 毛唐 露天風呂 筆おろし 浣腸器 まんチラ 秘めやか バックスクリュー クロスラヴ ディープキス アップスカート 膣洗浄器 貢ぐ 廃墟 だっこ まんこ 背面座位 Gスポット 打擲 すぼまり 女の部分 平手打ち 遺産相続 騎乗 エッチ 聞き耳 淫語 小便臭い小娘 後ろめたい 兄妹相姦 貧民窟 ブラック 上司と部下 ぬめる感触 パート従業員 専業主婦 栄枯盛衰 旦那以外の漢 漢漁り つるつる 姉への口姦 牝蜜を涎のように垂らし お菓子 流出画像 神童 立ちんぼ 性的欲動 ぶっかけ 温泉 無理強い 結婚詐欺  清楚 超常現象 胴体 牝獣 快楽に翻弄され 快感を伴う 暗闇 せっくす 全裸の野性的な美女 若いミルク 長い黒髪 油ののりきった女体 本やビデオで勉強 女将 夢精 淫らな光景 SEX 父娘 コッペパン マングリ返し 愛液 飯場 大開脚 98Fの胸 片手と手ぬぐい 息子の肉棒を愛撫 睡蓮 見栄 淫らすぎるキス 血管が威嚇 洗い場の湯椅子 屈辱的な姿勢 クロッチ 哀願 完全勃起 性具 脅し 複数の漢 許可 ふしだらな女 左足を肩で担ぐ 盗撮 露わ 瞬時の快楽を貪る よがり声 魅入って 欲得より官能の方が勝って 込み 締め人棒 他生ハメ 出来ちゃった 付き合う された腹いせ 松葉崩し 軽はずみ 信じられない 喘ぎに似た声 怖ず怖ずと 伊豆の温泉 エッチしてる様子 女の勘 脇腹を突っついた まさぐりながら 長い歳月 エッチな雰囲気 妖艶に微笑み 情熱が実を結び 解放感 貫通式 父娘相姦 晒し 薬効 薬草 商業科 偏見 進学 嗅ぐ 優等生 就職組 定時制高校 貧困 ゲンノショウコ 恋路 じっくりと鑑賞 前を握りしめ 溜息を突いた 大きめな粒 生臭い体液臭 白目を剥いて 身代わり 躊躇いもなく 婚外性交渉 待ち合わせ カップル交換 初対面 ラブホテル まさぐり合い かかあ天下 ウンコ アナル拡張 よがる 産婆 真空パック 搾乳機 情交 セーラー服の少女 若鮎 うなじの後れ毛 不憫 展望台 苦しみ 妖しげな手の動き 射精 療治 意思疎通 じらし 3者面談 嬲られる 尻魅せ 定優等生の回答 スキンシップ 悶々 会陰 沸騰寸前 アヌス 劣情を煽る 拒絶 慈愛に満ちた説教 色即是空 肉と肉のぶつかり合う 揉み合うような気配 裸で抱き合っている姿 絞り出すような呻き 肉感的 女の喘ぎ 秘めやかな会話 切羽詰まった声 うつろ 猟奇的な交尾 フェラ抜き 即尺 屈曲 筒抜け 隣人 娘を欲しがる 素っ裸 搾取 娶合わせ 痕跡 横取り 久しぶり ピル 盗み聞き パイプカット 浴室 輪姦乱交 野外 グロマン 黒ずんだ襞 身体を観察 黄金色 クッキリ入った溝 女の子の視線 女中が気を利かせ 裸のまま布団に 墓参り 廃慕・墓じまい 10円程度で買える菓子 駄菓子屋 つかの間の安息日 墓地脇 改宗 藪蚊に食われ 二組の布団 肩越し 組を抜け 度胸 刺青 伯父さん ハエ叩き やんちゃ 業界でも一目置く スジ 重苦しい沈黙 その部分のドアップ 耳たぶを軽く噛み始め 鉄火の女 昇龍 卑しき女衒 嫌らしい動き 飛び降り ポイント 後続列車の車輪 無賃乗車 トイレに立てこもり 切符切り 誘導員 列車 毛むくじゃならなもの エッチな写真 ペアルック 恋人同士 身体をすり寄せ 腰を激しく擦り付け 真っ暗な線路上 寝たふり 写真で見慣れた景色 ヌメッとした感触 腰を屈め アワビの踊り焼き 黒い姿 あの部分を連想 黒々として 麻美の茂み 見せしめ 大量のTシャツ 名前だけ旧名 御歳暮の申し込み 同様旧態依然のやり方 黄金水 仕込み 性的欲望 欲徳に直結 他人の女房を寝取る その場限り ぎこちない手の動き セイシ 手を取り合って 連れ合い 大胆にも太股を触り 認知テスト 無償の愛 梃子 茶飲み 覇権争い 一塊りの滴 臭い 尿道に唇と舌で刺激 高齢者 フル勃起 具に舌を這わせ 丁寧に舐めあげ 溢れ出たシル 尿が出にくい それを示す匂い 柔らかな感触 久仁子の割れ目 襞に埋もれた粒 部屋の鍵が掛かって やってる 下半身は現役 悩み事相談 固く張りつめた粒 透明な密が溢れ 文化遺産 書画骨董 質素倹約 希少価値 パックリ割れた襞 身体がピクンと震え デジカメ 白い身体 脚開いて 焚き付け 大きめの突起 遊興に耽った 戦中戦後 記念 脚を開いて見せ 毛を摘んで見せた 凄く毛深い 身体介助 排尿介助 半ば開いて ヌード 守番 二束三文 二輪車 女が男に跨って 疑わしい目つき 認知症 顔射 艶めかしく映る 白い頬に紅が射し 秘裂をこじ開け 嫁相手の生ハメ 木履で地面を蹴り 薄壁ひとつ隔てた屋外 首を縦に振る すっぽりと咥え込み サカリがついた しゃくり上げが止まらない 精気を搾り取ろうとする キャンディーを舐める カリの部分 肉柱を頬張る 心ときめかせるほどのベッピン 楚々とした美しさ 腰を振った 自ら蜜唇を突き出す 泣き出しそうな声 身体をピクピク痙攣させ 亭主の持ち物チェック 肘立て伏せみたいな体勢 素直に快感を告白 喘ぎを漏らし 嫁も舅とのセックスに没頭 生暖かいものをぶっかけられ セックスは濃密 騎乗位に変換 春のつむじ風が吹き荒れ 義父を禁断行為へと煽り立て 平常心も音を立てて崩れ 乳首を吸われ 硬直したペニス 身体中涎まみれに おまんこ 若鮎のような肢体 夜這いに応じる 気分が高ぶって へそ出しコーデ ポジティブワード 初デート カラダ目当て ラップスカート 別の縦線を想像し ゆる腹筋 年甲斐もなく溺れ あわや背面座位に 下半身が熱を帯び 吐息が乳輪にかかる 飢えきった若妻 交接行為 猛り狂った舅 歯茎をも舐め上げ ねっとりと指がうごめく 股間をびりびりと痺れさせ 嫁いで間もない嫁の身 強姦めいた青姦 カットソーの中 ぬめった舌先 甘い嬌声 仕込んで チラリと舅を見やった 盗んだ 生理用品のパッケージ 探り 生理用品 大人の男女が遊ぶ 窃盗罪 語気を荒げる 過激なイラスト コンビニ 客を相手に夜伽 濡れ衣 好色家 好奇心旺盛 SEXと私 隠微な微笑を浮かべ 胸の膨らみを掴んだ 嫁が隠密裏に夜伽 お酒のご相伴を持ち掛け 反り上がった屹立 湯殿で十分お○んこを拝め 足の親指を襞の合わせ目にめり込ませ 着物の裾をチラリと捲る 武志の意図を汲み 華を添え カットソーを捲り上げ 乳房を撫でる 凹んだ箇所 無残に変形 女を侍らせ酒盛りをする 飢えてぎらつく目で舐めまわす エキス混じりの汚れ 弱弱しい態度に出て媚び 性具のような扱い 身売り 楽してカネ儲け グロテスク 御指南を仰ぐ 独特の感性の持ち主 日ごと夜ごと肌を合わせ 下着を毟り取って 足音を忍ばせ 淫臭漂うクレバスを舐め 物思いにふけって まるで包み込むように取って寝間に誘おうと ピンチングバイブレーター 本物の男性が良い お○んこを拝む 逸物を迎え入れ 一味違う姦通をヤリたがって 男根を埋め込み 新妻を辱めるのが好き 渇きをいやし 甚振ってやる アレは済んだ 瞬く間に昇天 クリトリスと膣壁を挟み込んで 尋常ではないほど高ぶって ピロートーク 最近変わった 一番最後の治療 ヘルペス 背面側位 歓喜と羞恥イキ ま○こ 無毛 女子高生 女性器 肉厚の恥丘 陰唇 ピストン 亀頭 ゆっさゆさ たゆんたゆん お姫様抱っこ おっぱい ノーパンスカート ロリコン しごいて 兄妹でセックス ぺったんこ 一本のライン 清潔感 皮がむける ぺろっと舐め 小さくて柔らかい手 まっぱ エロ本 筋一 顔をかしげ 上使い 膣内 朝立ち 姉弟の淫声 恫喝 スワップ 年下に惹かれ 2穴 3P 唸り声を発しノーパン 成長真っただ中の性 オナった M字に開脚 発情がぶり返して 美容効果 鞍替え 過激交尾 こじらせ童貞 先輩の肉棒 スケベ妻 如何にも狡猾な人妻 強制的なセックス 男女混声の三重唱 泥沼の三角関係 派手な服装 熟れ切ったアソコ 恨みがましい目つき 恋焦がれた女 こじらせ 女の何たるか 親子丼 スカトロ 子供特有の香り ぎこちない舌使い 小陰唇がまとわりつく 小陰唇をかき分け 膣壁を執拗に擦られ 乙女の泉をかき廻され 膣の洗浄 おびただしい愛液にまみれ 乱交パーティ 生交尾 嘴のような形 治療の一環 クスコ くちばしが開き シモネタ 薄暗い四畳半 陰唇を開いて 膣壁を擦るように進攻 抽挿 弓のように反り返って 鎮まりかけていた快楽の炎 恥ずかしい蜜液が溢れ 放心状態 中で出し 男のモノ 太くて硬い器具 性器に触れ おびただしい愛液 包皮がめくられ クリトリスが剥き出しに クリトリスを擦る治療方法 M字開脚 膣内を検査 ノーパン&スカート わざとらしい泣き顔 膝丈のワンピース 奴隷 唇に軽く口づけ ぷぅっとふくれた顔 あそこ 締め付け 女性上位 鮮血 座位 唾液 幼すぎる 小さなニキビ 引締まった上半身 皮をかむったまま デルタ地帯 男性医師 淡い恥毛 クリトリスを硬化 恥骨 三角形の布切れ 患部 婦人科 医師 触診 スカートを脱ぐ 白いTバックショーツ 姉弟姦通 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
「 知佳の画像掲示板 FC2」以降のリンクは利便性を鑑み取り付けています。
QRコード
QR
参加ランキング
人気ブログランキング


アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
136位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
13位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム
メールは日に何度かチェックしています。お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogと【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」の中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
拍手ランキング
この拍手は「ランクレット」と同様の意味合いで取り付けています。

他の人にお薦めしたいときに記事の上部にある拍手ボタンを押して頂くとあなたがお選びになられた記事がカウントされます。
おすすめ官能小説
18禁官能小説集です。
官能小説投稿
小説を書いたら投稿しよう
小説家になろう

小説を読もう!は「小説家になろう」に投稿されたWeb小説や作品を無料で読める・探せるサイトです。

小説家になろう
小説家になろう

入谷村の淫習を投稿中


愛と官能の美学
愛と官能の美学

愛と官能の美学は投稿も出来ますがご投稿もしていただけます。
お薦め


官能文書わーるど
官能文書わーるど

「官能文書わーるど」の管理者しょうた様はご多忙のため掲載には少々時間を要します。


Pixiv
ひそかに心を寄せる茶店の女店主
各種掲示板
注意書きに沿ってそれぞれの掲示板をご利用下さい。
知佳の画像投稿掲示板
知佳の画像投稿掲示板 image
FC2レンタル掲示板、投稿画像&彼女・妻自慢にご利用ください。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の画像掲示板
知佳の画像掲示板
FC2レンタル掲示板、投稿画像などFC2&国内法に適するなら書き込み自由。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の書き込み掲示板
知佳の書き込み掲示板
書き込みの文章や画像など、規約に沿った内容でお願いします。
Shyrock様のご厚意により宣伝効果大


官能テキスト掲示板
官能テキスト掲示板
当掲示板は小説等更新時の案内用としてご利用ください。
違法画像、児童ポルノは厳禁です。
商業目的の使用は禁止です。
ご利用に当たって相互リンクの有無は問いません。


知佳の書き込み&
投稿画像掲示板
知佳の書き込み掲示板
自撮り画像掲示板
★当掲示板は自分撮り、他人撮り等オリジナル画像限定でご投稿ください。


Kaede's Room
画像掲示板
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。宣伝にご利用下さい。


知佳の掲示板
知佳の掲示板
HTMLにて画像挿入可能です。

投稿写真動画
素人投稿写真/素人投稿動画/素人オリジナル限定の素人投稿専門サイト
紳士淑女の夜の社交場 image
投稿写真動画 画像
35,000 (08/11/23時点)

投稿画像の壷 image

盗撮・覗きetc
どていばん.コム image
昔は盗撮が横行して……いやいや、今でも立派に横行しています。
そんな気分を味わいたい方にお勧めなのが「どていばん.コム」です。

着エロ@電脳女学園 image
着エロ、パンチラ、制服美少女、グラドル、お宝女優、えっちなお姉さんをまったりと楽しむ。そんなリンク集と画像掲示板サイトです!

緊縛・凌辱
アンテナ
更新情報を素早く掲載、宣伝に効果的

読みたい小説を簡単に探し出すことが出来ます。

ブログの登録を依頼し掲載してもらうだけで訪問者が増えます。
宣伝効果が期待できます。
  • 小説・詩ランキング

  • 動画ナビあんてな

    以下「知佳の美貌録」コンテンツ
  • 知佳の美貌集
    上位優遇の強弱設定を弱く上位優遇に設定するなど公平性を高めています。
  • 知佳の小説系アンテナメーカー
    上位優遇の強弱設定を弱く上位優遇に設定するなど公平性を高めています。




  • R小説の栞

サイト内リンク
知佳の美貌録(総合)
知佳の美貌録(総合)バナー
一般ページ

知佳のサイト内では道路標識的役割のページ。


Japanese-wifeblog
Japanese-wifeblog ban
ブログを始めよう思って最初に手掛けたページ。
FC2のまま継続していたとしたらブロ友数の多さが目を引く。
検索エンジン登録数も他のページに比べ桁外れに多いのがこのブログ。


元ヤン介護士の
知佳のブログ
元ヤン介護士の知佳のブログ ban
ぶろぐ村に登録しているブログ



letsgochikaのblog
letsgochikaのblog ban
ライブドアブログ




知佳の美貌集
知佳の美貌集 バナー
アンテナ2号館



知佳の小説系アンテナメーカー
知佳の小説系アンテナメーカー バナー
アンテナ1号館



Sexcy style
Sexcy style ban
カリビアンコムなどの有料動画の最新情報を観たい方はこちら。


知佳の美貌録(総合)
舞ワイフ ~セレブ倶楽部~ 171 ban
不倫・不貞、他人棒の総合案内こちら。


最新動画
日下部ひながぼ…
日下部ひな


人気ランキング
アクセスランキング
100位まで