FC2ブログ

自由奔放な人妻の思考に振り回され落涙するオトコ

布団の上でオトコに組み敷かれる人妻瑠美
 午後の淡い陽射しを浴びながら、人妻 森山瑠美さんは布団の上でオトコに組み敷かれつつもなお抗い続けていました。
脇本恵里香さん(35歳)が襖の陰から看る限り心の底からではなかったはずなんです。
その証拠に瑠美さんは先ほどまで四つん這いで尻を高く掲げオトコを受け入れ身悶えていたんです。

 その時の彼女のアソコはすっかり朱に染まり、オトコの侵入を求めて打ち震えていたはずなんです。


 それでも脇本恵里香さん(35歳)が看る限り表面上は、
愛おしんでくれる夫に操をたてようと、オトコの要求を頑なに拒み続けていました。

 その瑠美さんが自ら身体を開いてくれることを願って口説き落とそうとオトコは躍起になっていました。
正常位で挿し込み、折り重なると盛んに瑠美さんの唇を求めました。
両手で払いのけられると今度は右の乳房を口に含み、左の乳房を揉みしだいて懇願に躍起になっていたんです。

 身体を重ねられると診たい箇所が見えなくなります。
「いったいアソコはどうなってるんだろう・・・」
脇本恵里香さん(35歳)は堕とされる人妻と挿し込むオトコのアソコが視たくてたまらなくなっていました。

 ちゃんと診ないことには胤の受け渡しの瞬間留美さんのアソコがどうなるのかわからないからです。

 真昼間に忍んできた電話魔のオトコによって一度は凌辱されたはずの瑠美さんのアソコ。
恵里香さんが最初に彼らを目にした時、彼らは確かに欲情の赴くままにまぐわっていました。

 それは後方から責められ苦悩する瑠美さんをやや真正面から捉える浅い角度だったんですが、
明らかに瑠美さんは下半身にオトコを受け入れてしまい、欲情しきった視線を見えぬまでも責め来る背後のオトコに送っていたところだったのです。

 「ああああああああ!早く!!もっと突いて!!」
行為のそこここに瑠美さんの哀願が聞こえそうな気がしてしまうほどふたりは燃え上がっていました。
それほど情熱を孕んだ交接だったのです。

 襖を僅かに開け、その隙間から覗き見る恵里香さんの、好奇に満ちた満ちた視線は、オトコに夢中の瑠美さんに気付かれる心配はありませんでした。
それほどオトコとの許す許さないのやり取りにのめり込んでいたんです。

 オトコに魅せてあげるべく、尻を高々と掲げワレメをすっかり晒す形で四つん這いになり、しかもここまで受け入れているにもかかわらず不貞を恥じているゆえか拒絶を示すべく被りを振り続けていたんです。
恵里香さんからみれば、ご無沙汰妻が不貞ゆえ堕ちゆくときに魅せる惑乱、でもそれこそが人妻が織りなす典型的な「したい」を表す淫靡な痴態だったのです。

 ふたりの男女が醸し出すパンパンという肉同士がぶつかり合う音がやや湿り気を帯び始めました。
「瑠美ったら、もう溢れてきたんだわ・・・」
恵里香さんはたまらず襖の陰から身を乗り出し覗き見たんです。

 夫に魅せることが出来ないほど自身のアソコも湿り始めていたんです。
「電話を使って卑猥な言葉を浴びせかけられたと云ったわ・・・ きっとその時には相手のオトコが指摘する通り、言葉に酔い、もうシタクてたまらなかったのね」

 瑠美さんは恵里香さんを招き入れ昼食作りに熱中したように見せかけその実、オトコが忍び込みやすいよう取り計らったに違いないと思いました。
「それもこれも、きっと瑠美のアイディアね。そうに違いないわ!」

 相談に乗ってくれる人を招き入れるため玄関ドアのロックとチェーンを解除しておいたら・・・。
いつの間にか電話魔のオトコが忍び込んできて、それと知らずに奥に間に入り待ち受けていたオトコに押さえ込まれてしまいました。
恵里香さんはもし見つかった場合、瑠美さんの夫への言い逃れについてこのように申し開きするつもりだったんだと解釈したんです。

 貞淑な素振りをしながら淫乱さを内に秘めた良家の人妻が見知らぬオトコによって堕とされてゆく。
物語に登場する筋書きそっくりなシーンが今まさに展開されようとしていました。

 「最初の下りこそ見損なったけど、場の雰囲気からも、瑠美が別室に消えてからの時間からも、まだ始まったばかりだわ・・・」
恵里香さんは秘かに見逃してしまった経過を妄想してみました。

 電話であれほどのやり取りを繰り返した瑠美さんならでは。
そこいらにいる普通の主婦のように簡単に堕とされては欲情が満たされるはずもありません。

 「変な言いがかりをつけ、抗ったのね!!」
着衣の乱れにそれが現れていました。

 「どう見ても、いきなり後ろから飛びかかられ、前のめりに押し倒され下着を剥ぎ取られ・・・なのかな?」
そうとしか思えないように見えつつも、そうとも言えなかったんです。

 現に、瑠美さんは衣服を全て身に着けたままパンティーだけ僅かにずり下げられ、その隙間から侵入を許しているんです。
胤付けの瞬間を見落とさなければ、その他のことなんかどうでも良いことなんですが・・・ 気になって仕方ありません。

 抵抗が始まって間もないうちに起こった出来事を、それが教えてくれていました。
野獣に似た抵抗をです。

 「これから夫の留守を利用した人妻の、秘かに望んでいた不貞が始まるんだわ。拒むように見せかけながら、どうやって深く迎え入れるのか、そこが問題ね」
脇本恵里香さんはその光景にすっかり魅了されてしまっていました。

 独身時代から結婚当初まで、恵里香さんはそれほど男に対する興味を抱かなかったんです。
見た目にもセクシーな恵里香さんを、夫は他に先駆けて手に入れたことで優越感と共にライバルが気になって、寝取られたくなく夢中で夜な夜な抱いたんです。

 頑張るだけ頑張って、気づけば恵里香さんの裸身などまるで空気のような存在になっていました。

 だから、
現実の社会では不貞などというものは行われずテレビドラマや一部の特権階級だけのものと思っていたんです。

 その恵里香さんはと言えば、家事が手すきになる時間帯の午後、ドラマの中のヒロインの不貞に走る姿に心躍らせ始めた自分がいたことも事実でしたが、あの高慢ちきな瑠美さんが不貞よろしくストーカーに狙われていると聞くと、やにわに心が躍ったんです。

 一度でいいから不貞を働き始めた人妻というものをジックリ拝んでみたいという心境にかられました。
それというのも、
恵里香さんは殊更に恋愛に関する問題小説を読むのが好きだったからです。
それも寝取られモノには何故か心躍らされました。

 貞淑な人妻が罠にはまり堕ちてゆくシーンなどを妄想すると、いてもたってもいられなくなるんです。
ドラマ鑑賞が終わると汚れたアソコを洗うため必ずシャワーを浴びました。
恵里香さんの妄想癖は人一倍強かったようでした。

 手すきな時間帯に観るのはなにもテレビから流れる昼メロだけじゃなかったんです。
不純なことに、時にはネットを利用して夫や家族に内緒でこっそり結構卑猥なノンアダルトを観ることもありました。

 そこに登場する人物になりきって燃え、感じてしまうと 時として無意識のうちに衣服をたくし上げ乳首を摘まみ捻りあげ、暴漢に噛んでもらっている気になったりもしました。

 そうやっているうちに気持ちが昂り、対抗意識まで生まれ、尻の方から後ろに手を回し、画面の中の登場人物中のオンナに観られないよう、それでいて牡には魅せつけるべく濡れそぼったアソコに指を這わせることもあったんです。

 それが恵里香さんの、いわゆる自慰 夫では満たされない想いだったんです。

 瑠美さんからの電話を受け、いつのころからか森山瑠美さんをして恵里香さんの中でドラマ化され最初の部分に立ち返って溺れ行く人妻を描き出していたんです。

 「相手に欲しがってると悟られないようにしながら迎え入れる。それが問題ね!」
とにかくそれを、その瞬間を確かめたいと願い始めていました。

 「きっと彼女のことだから、ストーカーなんて言い訳に決まってる!」
過ぎたことなのに恵里香さんはいつまでも瑠美さんとオトコの最初のやり取りに気が行って困る様でした。

 第一、恵里香さんが奥の間で瑠美さんを見かけた時には双方は繋がってしまっていて話しのつじつまが合わなかったからです。
彼女が男なら誰でも一度はお相手願いたい美人妻であるという点では話しのつじつまが合いました。

 ですが、物足りなくて夜の性活に苦慮していることとなると話は別です。
そんな素振りを、どこかで魅せてあげない限り他人はご無沙汰とは知り得ないんです。

 「欲しくて、不貞に憧れ密かに周囲に乳房なりワレメなりを魅せつけていたんだ」
彼女と知り合った学生時代から彼女の行動は全てそうでした。
ボーイフレンドがいるにもかかわらず周囲に愛想を振りまくんです。

 半ば強引に割り込まれ願望が強かったようでした。
恵里香さんの妄想の中でそれは次第に確信へと変わっていきました。

 瑠美さんの家から恵里香さんが嫁いだ先までの距離は遠いんです。
それでも出向こうと心に決めたのは「ひょっとすると・・・」という一種の好奇心もあったからでしょう。

 瑠美さんが恵里香さんのように探偵小説が好きなら話しは別ですが、 瑠美さんが推理が得意だったとは誰も気が付かなかったんんじゃないでしょうか。
でも彼女は恵里香さんを利用してまんまとオトコを招き入れてしまっていました。

 オトコの仕草に抗い、野獣に似た喘ぎ声を漏らしながら拒みつつ受け入れが始まってしまっていました。
瑠美さんが描き続けた理想の不貞交尾とは寒空の下で織りなす猫のソレに似たモノでした。

 両肘で上半身を起こしながらオトコの挿し込む瞬間を確認しようと視線をソコに送り込む瑠美さん。
オトコが肝心の場所に亀頭をあてがおうとすると、豹変したように振り払いました。
それでいて蜜らしきものはワレメから溢れ出していたんです。

 繰り返し繰り返し亀頭をあてがうオトコと侵入を拒むオンナ。
業を煮やしたオトコが瑠美さんに覆いかぶさり、やにわに唇を奪おうとしました。
豊かな乳房がオトコの胸で潰されていました。

 両者の興奮しきった腹腔が波打ち、相手にその意思を伝えていたんです。
それでも抗う瑠美さん。 被りを振ってオトコの唇から逃れました。
するとオトコは半分衣服で見え隠れしていた乳房に照準を変えました。

 乳房を揉みしだき、乳首を嬲り始めたんです。
それと同時に脇で魅入る恵里香さんに結合部を魅せ付けました。
彼女共々欲しくなり先走りが始まった屹立を濡れそぼった瑠美さんのアソコに這わせ恵里香さんまでも誘い始めたんです。

 ワレメに沿って雄々しくなった屹立でもって上へ下へとなぞり始めました。
先端から溢れ出る尿道球腺液を盛んに彼女のワレメに塗りたくったんです。

 「あん、そこは・・・」
のけぞった瑠美さんの視線の先に友人恵里香さんの姿がありました。
尋常を通り越している瑠美さんの目にも 欲情しきった友人がみえました。

 手を伸ばせば届く距離にまで近づいて瑠美さんを嬲りつつある、その魅せ付けられている棹を欲しがっていたんです。
しかも、
いつの間にか衣服をたくし上げ、ツンと勃起した乳首とスカートの裾奥に潜むパンティーを自分が得たオトコに魅せ付けていたんです。

 - せっかくいいとこだったのに、盗まれてたまるもんですか -
屹立は敏感になった瑠美さんのクリを責めつつありました。
その先端を彼女に明け渡すまいと密壺に招き入れるには自身で摘まんで蜜壺の入り口にあてがうしかなかったんです。

 受け入れを容易にしようと彼女は腰をやや浮かせたが、摘まんで導きたくとも入り口が見つかりません。
自覚していた以上に恥丘は盛り上がりを魅せ入り口が上にせり上がっていたんです。

 通常なら横になった女性の恥丘は下腹部と大腿部に隠れるようにして目立たない高さを保ちます。
ところが、いったん火が点いて、オトコを迎え入れようとする頃になると恥骨の高さは徐々に上向きます。

 子宮全体が屈曲位置までせり出し、ワレメをオトコの視線の先に晒そうとするんです。
多少棹が短くても濁流を子宮奥に迎え入れやすくするため子宮頸部が膣の入り口付近までせり出します。
瑠美さんの恥丘は欲情するあまり完全にこの状態になっていたんです。

 恵里香さんの上体が前かがみになり視線がある場所に張り付いていました。
オトコは瑠美さんのワレメの状態を確かめ、胤を落とすべく挿し込むだけとなって、それを恵里香さんに「次はお前の番」と威嚇も交え魅せつけていたんです。


 ところが・・・瑠美さんは肝心な時になって拒みました。
胤を植え付ける瞬間が観たくて身体中が火照りかえる恵里香さん。

 瑠美さんが拒んだことで、オトコが覆いかぶさり肝心な部分が見えなくなっていたものが、これによってクッキリと見え始めました。
「見えたわ。やっと・・・」
拒みが限界にきて、オトコを迎え入れる覚悟が出来た瑠美さんでしたが恵里香さんの存在が邪魔してその気になれなかったんです。

 小陰唇が開ききり、ワレメの奥が剥き出しになって蠢き男根を求め濡れ光っていたのにです。
緊張と興奮のあまり恥骨が小刻みに揺れていました。

 アソコとチンコが結び合う瞬間を目に焼き付けようとしていた視線は、とうに外れていました。
またしても拒否の姿勢に入ってしまったんです。

 極限まで高まったからだろう、瑠美さんの頭部がのけぞり大きく口を開いてその瞬間を待っていたはずでした。
限界を極めたはずのチンコの挿し込みが再び始まりました。

 上体が拒否の姿勢故か後ろ向きに反り返っているにもかかわらず、腹部はチンコを深く迎え入れるべく屈曲が始まっていました。

 瑠美さんの意志とは真逆に子宮頸部が勝手にせり出し、胤を迎え入れるべく屈曲が始まったからに相違ありませんでした。
期待に恥丘が浮き上がる
 チンコの先が子宮頸部の狭い入り口をこじ開けたらしく、注ぎ込まれる期待になのか恥丘が浮き上がる様が見て取れました。
彼女の興奮が頂点に達しようとしていました。

 十分に湿った膣口。
それを亀頭先端で確認するとオトコはヌメヌメとめり込ませていきました。
今度こそ、瑠美さんの身体はオトコに屈服していました。

 クリが弾け飛んでいました。
皺袋の中の濁流をより増量させるためなのか棹の峰を懇願と期待を込めなぞり始めていたんです。
恥丘が異様な盛り上がりを見せたように思えたのはオトコが更なる合意を得ようとして亀頭冠で再びGスポットを抉ったからでした。

 そしてまた奥深くへの挿し込みが始まると恥骨の脇が微妙に盛り上がるのが見えました。
「あっ、アソコをチンコの先端が割り抜けていく!!」
亀頭冠の形そのままに瑠美さんの腹部が波打つように盛り上がり凹んでいくんです。

 恵里香さんは興奮のあまり思わず躙り寄ってしまいました。
恥丘から続く膣奥深く、亀頭冠の張り具合を示すかの如く、その先端が通った部分だけ盛り上がりを魅せる留美さんの下腹部。
ビクンビクンと瑠美さんの腹部といわず全身といわず、あらゆる場所の痙攣・屈曲が始まりました。

 瑠美さんの興奮しきり盛り上がった襞が侵入してきたそれを捉えたのでしょう。
ビクビクと恥丘がヒクついてオトコに興奮が最高度に達ししつつあることを伝えていました。
胤つけプレス
 「あ、あああ・・・」
射出寸前の男根の波打ちに合わせるかのように瑠美さんの恥丘もヒクつきます。
遂に根元まで挿し込みオトコの動きが静かになりました。
オトコはそれでも微妙な腰使いで瑠美さんの子宮頸部をノックし続けていたようでした。

 仰け反り大きく開いた瑠美さんの口からため息に似た喘ぎが漏れました。
オトコが腰を振る都度、亀頭冠が瑠美さんの膣内を頸部に向かって行き来するのが外見からも観察でき功を奏しつつあることがわかりました。

 その様子に堪らなくなった脇本恵里香さんは つと振れるか触れないかの位置まで滲み寄ってしまっていました。
めくれ上がった衣服の内からコリコリに固くなった乳首が衣服のずり落ちるのをやっと支えているような状態でです。

 たくし上げたスカートの裾からシミが出来てしまったパンティーが丸見えになってしまっていました。
それをねめつけるように見つめながらオトコは瑠美さんの恥丘に向かって陰茎体(シャフト)をリズミカルに送り込んでいたんです。

 留美さんは恐らくそのすべてを味わいつくそうというのでしょう。
シャフトの上部に沿って小陰唇が愛おしそうに這っていました。

 脇本恵里香さんの痴態を魅せ付けられギュンと反り返るシャフト。
瑠美さんの首筋の血管が逆流した血液でみなぎるのが見て取れました。
射出を待ちわびているオンナの表情がそこにあったんです。

 電話攻勢から待つこと幾日。
やっと叶えられた乗っ取りに酔いしれるわけにはいかない事情が生まれつつありました。
脇本恵里香さんの存在です。

 「むん、むむ・・・」
苦悶の表情を浮かべオトコが視線を恵里香さんに向けました。
そこに己を惹き寄せてやまない乳首が、パンティーがあったからです。

 オトコの意を察した恵里香さんが男の手が届く範囲までにじり寄りました。
せめても苦しみから解放してあげようと脇本恵里香さんは片ブラをずらし乳房を晒してあげたんです。
オトコの顔が恵里香さんの胸元に引き寄せられるように寄っていき、唇が乳首を捉えました。

 我慢できないと云った風のオトコの息遣いが先ほどから洩れ聞こえていたんです。
留美さんを堕とす瞬間を診せてもらいたい恵里香さんにとって乳首を与えてあげることで楽になるならと、そのような態度に打って出たんです。

 十分に漲った亀頭冠。
その大きさ、位置を瑠美さんの腹部から見て取る恵里香さん。
乳首を与えながらも恵里香さんの視線は瑠美さんの恥丘に、奥に潜む亀頭冠に注がれていました。

 「我慢できなくなってるのね。引き抜けなく・・・」
哀願は涙声になっていました。
いま刺さりつつある亀頭冠が欲しくて恵里香さんの顔が歪みました。

 あまりに不用意に行為中のふたりに近づきすぎたからでしょうか。
気付けば唇が奪われてしまっていました。
オトコの指先がそっと脇本恵里香さんのワレメに挿し込まれたのはその時でした。

 不用意と言えば不用意。
人妻 森山瑠美さんの友人であり、夫を持つ身でありながら吸い込まれるように行為を覗き込んでいて、しかも見知らぬオトコにGスポットまで与えてしまっていました。

 3者それぞれピッタリと寄り添う距離にまでなって、半ば重なり合ってしまっていました。
逝きそうになり、深く挿し込んだシャフトを引き抜こうとしたとき、瑠美さんの口から悲しそうな声が漏れ、恥丘がヒクヒクとわなないたんです。

 電話魔までやらかし、留美さんを組み敷き堕とす寸前まで追い詰めたんですが、親友の恵里香さんに結合部を魅せつけようとし、今度は恵里香さんまで欲しくなり始めたんです。

 留美さんを寝取るためのオカズに使うつもりが、双方同時に欲しくなり、留美さんから気が逸れ恵里香さんを堕とすべく彼女のアソコに指をめり込ませてしまっていました。
その不純行為に逆上する瑠美さん。

 正気に返った瑠美さんの襞が一瞬にして亀頭冠を解放し、持ち上げていた恥丘を腰をしゃくってまでしてひっこめたんです。
「えっ、もう始まっちゃってたの?」 冷ややかな言葉が口をついて出てしまっていました。
瑠美さんこそ、恵里香さんの堕ち様が視たかったひとりだったのですが・・・。

 同じ堕ちるなら、友人も堕としてみたいと常々思っていた矢先の降ってわいたような出来事だったのです。
前戯を施され、やっと燃え始めた自分と違い、人様の行為を観ているだけで燃えてしまった友人恵里香さん。

 「どんだけ飢えてんだよ!」 なじるような言葉を投げかけましたが興奮した彼女の耳には届かなかったようでした。

 恵里香さんが満足しきるまで魅せてもらおうと決めました。
瑠美さんの診ている前で恵里香さんはオトコのシャフトを手に取り、ゆっくりと口に運んでいました。
ヌメヌメと照り輝く恵里香さんのふっくらした唇が、今しがたまで瑠美さんの中にいて、愛液に濡れそぼってしまった亀頭冠をすっぽりと捉え啜り上げていました。

 そのまま顔面騎乗に移行してゆく恵里香さん。
見守る瑠美さんの前で、恵里香さんのアソコはすっかり開ききり頸管粘液が膣口を伝って外にまで溢れ始めていたんです。

 「恵里香ったら、入れてもらわないうちからもう恥骨をしゃくってる!!」
オトコが二本の指を曲げ挿し込みGを押すと恥丘の脇が微妙に膨らみました。

 なぞると指先の動きまで読み取れたんです。
「なあんだ、恵里香ったら、あたしと貴方のアソコの出し入れ具合を、こうやって感じ取って燃えてたんだ!!」
だからもっと観たくて顔を近づけすぎ唇や乳首を奪われたんだ!!

 不覚にも不貞を見せびらかすために呼ばれ、魅せ付けられたはずの友人瑠美さんの恥丘の動きに屈したことにもなる恵里香さん。
トロリとした粘液が膣口を伝って滴り、挿し込むオトコの掌を濡らしていました。

 動画や小説を読み漁り妄想を膨らませ思い描いていた通りに、森山宅に忍び込んだオトコによって不貞に溺れ屈していました。

 舐めとられても舐めとられても溢れ出る子宮粘液の処理、オトコの顔はねっとりと粘液にまみれていました。
あたり一帯に脇本恵里香さん(35歳)が放つ淫臭が立ち込めたんです。

 「・・・我慢できないって感じ・・・ 入れてあげないの?」
夫では到底処理できない状態であろうと瑠美さんですら思いました。

 「貞淑な妻が寝取られる瞬間って、素敵ね!!」
指を挿し込まれ、押し広げられた脇本恵里香さん(35歳)の中の粘膜は欲情させられすっかり腫れ上がり、蠢き、亀頭の侵入を今や遅しと待ちわびていました。
関連記事

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは女性の軽率な性衝動を揶揄した、どちらかといえば人妻の不貞・不倫小説がメインとなっています。
関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

当ブログは「続きを読む」をクリックしていただくことによって全文を読むことが出来ます。

カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よく読まれている記事
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム
Twitterに参加しています。
知佳
@ChikaLetsgo

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブロともを募集しています。

鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

アオハル残酷ものがたり

夫婦で楽しむ3P・他人棒

AV-Q

20代肉便器妻の性処理道具な日々

世界の片隅の文華

はりーぽっちゃーの秘密の部屋

熟・変態女教師

人妻のよろめき

恵子の妄想

やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~

愛の記録

セイカツ日記~夫婦の性活~

寝取られ体験談

手コキとフェラとM男と痴女 CFNM 痴女風俗探訪記

日々の妄想を形にして(SM小説)

豊満熟女 ポチャ デブ専

無くした幸せ探しに行こう

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

SM + 虐 待 & 拷 問

若狭と雫(全頭マスクの女)

amateur japanese wife
更新通知登録ボタン
チェックすると連絡先に更新通知が届きます。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

Sexcy Style by 知佳
なにがなんでも痴態を見ずにはおれない!!

そんなマニア様のご要望にお応えし下腹部をUPし続けている画像専門のページです。

他に類を見ない画像数が自慢です。
入場はこちら↓

Sexcy Style pics l セクシー・スタイル画像集
Sexcy Style pics l セクシー・スタイル画像集
Sexcy Style pics
セクシー・スタイル画像集
有料サイト一覧
自動更新サイト一覧では最新発表された20タイトルの番組まで検索することが可能です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
知佳の美貌録(総合)
Japanesewife.com
QRコード
QR
参加ランキング
知佳が参加しているランキングです
人気ブログランキング
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
277位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
18位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogの中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
おすすめ官能小説
法に抵触しない18禁官能小説集です。
タグクラウド
カウント順に表示中
ご利用法:ご希望の文字をクリックしていただくと関連記事が新着順に表示されます。

素人 中出し オナニー 巨乳 美乳 ハメ撮り 生ハメ・生姦 お姉さん HD クンニ フェラチオ フェラ 手コキ バイブ 美尻 生ハメ 痴女 パイパン 美脚 スレンダー 潮吹き スリム 69 人妻 コスプレ 美少女 ロリ ぶっかけ ギャル M字開脚 おもちゃ マニア 熟女/人妻 電マ 口内発射 指えっち パイズリ バック マニア・フェチ 騎乗位 レズ AV女優 顔射 オリジナル動画 乱交 清楚 お色気 修正あり アナル パイずり 有名女優 フェチ 言葉攻め シチュエーション 放尿失禁 洋物 3P乱交 盗撮 イラマチオ 野外露出 微乳 ぽちゃ OL 外国人 パイパン・剃毛 拘束 指マン スタイル抜群 ハード系 熟女 女子高生 日本人 女子校生 手持ちカメラ モデル SM 淫語 ゲイ ごっくん 放尿 口内射精 超カワイイ ロリ系 コンパニオン・RQ 3P 露出 水着 制服 カモフラージュカメラ 若い娘多数 女子大生 ローター 30代 ミニスカ 正上位 寝取られ T-バック ナンパ ぽっちゃり 痴女・淫乱 乳首 剛毛 クリトリス フェラ抜き 縛り 長身 不倫・浮気 顔面騎乗 ミニマム クスコ アイドル・タレント マングリ返し 激レア流出 自慰 指姦 素人投稿 覗き 浴衣・着物 初裏 トイレ盗撮 ディルド 若妻 日本男児VS 青姦 玩具 20代 色白 マルチアングル 初心 カップル ラブホテル 三十路妻 生姦 お姉さん/OL メイド 職権乱用 ベスト/オムニバス 自宅 イマラチオ ショートカット アニメ ハード (うぶ) 淫乱 爆乳 40代 首すじ 69 脱糞  黒髪 パパ活 ポッチャリ 奴隷 癒し系 カワイイ系 スローセックス 女教師 プライベート エプロン 着替え ネトラレ 四十路妻 野外 キャバ嬢・風俗嬢 小柄 細身 病院 美マン むっちり 看護婦 四つん這い ミセス 豊満 アニメ系 ピンホールカメラ 金髪 ナース 妊婦 部屋 凌辱 Dカップ アップスカート ワレメ おすすめ ローション 素股 変態マニア 低画質 接写 素人 熟女/人妻 フェラ 中出し オナニー 手コキ クン 変態 メコスジ 立ちバック SM 浴衣/着物 母乳 ドラマ風 レイプ Fカップ 妄想 Cカップ 3P-4P シティーホテル 羞恥 3P乱交 カーセックス 不倫 シャワールーム JK 人妻・熟女 マッサージ カメラ発覚(バレ) 顔騎 OLスーツ 3P 懐かしの裏ビデオ 街中窃視 巨尻 着エロ 超マニアック 調教 望遠カメラ 四十路 目隠し 女子風呂 パンチラ 挑発 腋フェチ Eカップ グロマン 黒乳首 金玉アングル 貝合わせ 風呂 OL 緊縛 10代  和服 パンスト・網タイ ブルマ 聖水 WEBカメラ 痙攣イキ 欲求不満 三十路 セーラー服 スカトロ セフレ 素人 お姉さん 中出し 生ハメ・生姦 ボンテージ ぽっちゃ 輪姦 淫汁 パンスト スネーク(内視鏡)カメラ 着衣 めがね ランジェリー 民家 十代 お姉さん系 強姦 悪徳犯罪 電波カメラ アニメコスプレ  マニアック 若妻・妊婦 そっくりさん 覗き見 痴漢 剃毛 ノーパン チャトレ 足コキ 潜入 Aカップ 援交 背面騎乗 便秘 処女 メガネ 愛液  ご奉仕 マスカキ スケスケ 巨根 マンスジ 赤外線カメラ Creampie シャワー 50代 実録/ドキュメンタリー 制服・コスプレ 4K動画 T-バック 視姦 Gカップ 洋式 異物挿入 熟女・人妻 スクール水着 ノーブラ 痴態 網タイツ ニューハーフ 胸チラ 勃起乳首 ストッキング スク水 浮気 浴衣 教師 勃起 手マン 肛門 まんきつ69 ポルチモ逝き 隠しカメラ 寂しがり屋 パンティー black オフィス 刺青 ローアングル 隠し撮り 陰毛 店内 お掃除フェラ 車中 パフォーマー 和式 未通 生理中 モリマン M痴女 脱フン ナチュラルヘア 胸射 面接 美少女モデル トイレ NTR ホテル キャバ嬢 仁王立ちフェラ 熟女/人妻 洋物 巨乳 S女 マンコ 淫臭 巨乳フェチ 和服-喪服 種付け お薦め スワッピング 学生 くぱぁ プリーツスカート キッチン おまんこ マン毛 懇願 桃尻 誘惑 寸止め 即尺 股間 性感帯 ご無沙汰 スプーン 言葉責め 筆おろし 10代 貸し出し Gカップ以上 開脚 チンピク ペニバン 種絞りプレス Bカップ ご開帳 クリ 唾液 Cock babe ペニパン cock 官能小説 pussy 締め付け 局部アップ 乳輪 童顔 おブス 本番 オカズ 美人妻 イチャイチャ 自画撮り ス股 借金返済 癒し 背面騎乗位 ちっぱい 電マ責め 車内 着替 ブレザー ハプニング 出会い系 ソープ 寝盗り ツインテール M字開 5P乱交 和服・浴衣 複数 放〇失禁 チンカス 失禁 包茎 上司 童貞 3p乱交 喪服 旅行 貧乳 ボーイッシュ 日本男児VSパイパン 美女 姦通 低身長 他人棒 初心者 ブロンド 対面座位 発情 ペット 嬌態 ザーメン搾取 嬌声 媚態 哀願 仮性包茎 熟女/人妻 洋物 茶髪 飲食店 熟女/人妻 顔射 洋物 巨乳 オムニバス 熟女/人妻 顔射 洋物 センズリ 温泉・浴場 夫婦 接吻 射精 素顔 体操服 ムチロリ 家出むすめ 痙攣 天然恥毛 駅弁ファック 鬼逝かせ 浣腸 体操着 焦らされ まんチラ 息子 Tバック お返し 痙攣絶頂 土手 産婦人科 悶絶 絶頂 Hカップ ズボズボ パンティ 背徳感 19歳 黒板 教室 ブルマ姿 大和撫子 オモチャ 美爆乳 美巨乳 ラブホ 盛りマン コスチューム おっぱい お漏らし 腋毛 ゴックン ヤル気満々 ストリップ 淫獣 シースルー 白いパンチラ おもてなし  公園 セーラー 100センチ オッパイ Iカップ 18才 亀頭 地下室 セクシー系 過激 スマホ挿し込み 美熟女 ベロチュー 便臭 しずく 屋外 デカマラ 騎乗 アブノーマル すぼまり スカート捲り ドドメ色 投稿 旦那 ビンビン アパレル店員 気持ちよすぎ Wフェラ 土下座 天然 電車 喘ぎ 美人 五十路妻 キス 性感マッサージ 保健室での自慰行為 年を重ねて色気が増し Hard Ass 小悪魔 しゃぶり 逆ナン 蛮刀 もてなし シル Big 突起物豊富 Hカップ わき腹 ぽろり オフィスラブ タイツ おしっこ わきの下 アイドル級に可愛い 股間をまさぐり 童顔系 Pussy ハミマン Black 2穴同時挿入 ビラビラ 無理強い 逆援交際 対面トイレスタイル騎乗位 超接写 寝取られ願望 生中継 喘ぎ声 生中出し 局部接写 五十路 ヒトトキ ツンデレ 頬張る 駅弁 興奮 アイナメ 肉棒 おねだり 食い込み えっち がっつく 口淫 パイパンマンコ ヤリマン 献身 初めて のぞき イチモツ 慰め 出会い 玩具責め 2穴同時挿入 女風呂 中出しセックス 妖艶 猥褻行為 美容師 玄関 チングリ返し M系 カメラ目線 膣痙攣イキ 昇天 手足拘束 脱衣所 乳首責め 大絶叫 ロリフェイス おっぱいが国宝 前からタイプだった ユニットバスで女三助 チ〇コとおもちゃ ヒーヒー言わせて 泣き叫ぶ シロウト生エッチ やっぱり本物 ブピピと音 シミの付いたクロッチ 電車で痴漢プレイ イケナイこと オマンコを指でグニグニ だらしなく口を開け 一般女子が生SEX快諾 臭いパンティを頭にかぶり 頼まれたら何でも 好き者 high heels 色素が薄い 代わり番こ 持ち上げては落下 まったりとしたいやらしさ ウキウキしていた 鼠径部周辺をさわさわ 教室で安心 飲んで 意欲を買ってもらい 当たり前 マジイキ フカフカ大きなベッドの上で 声を押し殺し ちらつかせて誘惑 公衆浴場盗撮 としご【年子】 救いようのないスキモノ 騙され バイトそっちのけ ねっとりとした汁 まだしたい! 禁断のSEX動画 きなくなるかもしれないと思うと心配 剛毛マンコでシゴキ 取っ替え引っ替え 強引にされたい派 憧れの先生 悶える姿 イケメン韓流男子 ちくわのような物体 まだ結婚されてまもない 生暖かい ベテラン男優のテクの虜 オマンコを湿らす ヨガリ顔 医者・患者 ケバい 見事な放物線 ビチグソ 合体部分におツユ バックで中出し ちょっかい 超綺麗なスレンダー美女 絶妙な角度 中で受け止め 堪らず喘ぎ声 Daughters Boyfriend 携帯カメラの前でおめかし 恍惚とした表情 マンコをヒクヒク 「まずい」と一言 溜まりに溜まったザーメン まさに極上 必死の抵抗 のぞき心が爆発 親切心だけは旺盛 極力体力使わない 黒ニーハイ ばっちりみえるVR 診察台の上 見せ合いっこ 友人のチンポに興味津々 イラマチオ調教 チェックアウトの時間 別れを惜しんでもう一度と熱いSEX いやらしい腰使い 味を確かめ ゆったりした胸元 2人がかりで種付け その気になる 拝んじゃってください オッパイへザーメン Bodyguard 眺めは最高 エステ ツボ マーブル色のうんち ドアップ ちっぱいと小尻 股間をまさぐる 彼氏に贈るビデオレター イク寸前のグチョグチョお〇んこ 雨降る路上裏 制服姿 着衣を絶妙に残し ハミ出る いちゃいちゃしたいな♡ ソープ嬢の吉原ミィナちゃん しっとりしてきた 彼女が攻め オイル 放課後に密会 目覚めると朝立ち 巧みな指使い シタくて堪らない 疲弊 継母のセクシーな妹 予想以上の振動 あどけない顔立ち スカートの中 ぶっかけタイム 無沙汰 ぱっくりとはっきりとした大きなワレメ 入れよっか? wet 究極の羞恥プレイ 旦那以外のチンポ クロッチ あなた次第 リードしてもらえたら合わせます 妙に色っぽい アッチの始末 出演経験0の素人 全身ではんのう ノリノリ イケメン巨根 準備OKになったところに男優が突撃 guy 誘うような表情 アソコを隠しながら 旦那様は、単身赴任中なので こういうところ初めて 父親の介護 介護を兼ねて売春 淫らな肉体と喘ぎ声 準備万端のあそこ 子供を送り出した後 お風呂にエコー 漆黒ペニス 丸見え状態 ティーンとおばあちゃん お灸をすえてやる お義母さんが好き 乙女汁たっぷり 愛くるしい表情 カフェイン入りの飲み物 sexy young bitches 女子力が反応 two 便秘気味 後がつかえて 妊娠7か月 セックスはあかんでしょう ドリルのように舌技 彼氏持ちの女の子 カラダをビクッとさせ 羞恥心と布のこすれる感覚 隠れ巨乳 地味なのにスゴいことに 腋の臭い みくろちゃんって名前 一度スイッチ入るとやばい 生チンを騎乗で堪能 Maid 69でお互い気持ち良く 下から覗き見 一緒に3P 赤裸々な姿 滴り落ちる 周りの喘ぎ声 業者さんの手元を覗き サイズの合わないスーツ 一滴また一滴 白く濁った粘度のある液体 至福の表情 本物妖精 餅肌で童顔 結婚前の違ったチンポ 小柄ボディ Two 報酬を上乗せ 教壇 体操マット ハーレム乱交 フシギ系素人娘 百合の快楽 使用感の無いピンク色の陰唇 大人の昇天 市場買いの臨場感 反り立つチンポ 公務員 ミクロ office thai すっぴん Upskirt うんこ座り 猥褻 キツキツ タイ 自虐 美少年 快楽に腰を振る発情痴女 まんすじが露わ Teen 一気に二本お相手 思わず口内射精 未だ未経験 メリメリと顔を出し 唸りながら気張って ずっと好きな人がいたのと別れ話 禁断の扉を開く お口に大量ザーメン 不倫性交中 奥までザーメン 性欲は強い 淫乱人妻 濃厚で重厚な若奥さん 夜の公園 街が見渡せる窓 豹変して超淫ら 笑顔 絵を描く 洋物のポルノ 火照り 照れ voyeur 妊娠線 セックスってね、キャッチボールだと思うの 御落胤 気違い おしっこを飲ませちゃいます 白セキレイの尻尾 もじつかせ 胸鎖乳突筋 いじめ 芽生え ぞよめくように 実話  鼻環 だつなぎば はなぐい マンコレ 駄繋ぎ場 締め込み ニナ 上薬研 モンペ 娶わせ 魅せつけ妬かせ 女は如何にも弱い 片膝立ち 抹茶 砂糖 サッカリン 女衒 chaina teen 素人美脚長身パイパン巨乳オナニーポッチャリ お礼 全裸 縁側 ブランコ 素人熟女/人妻パイパン美乳イラマチオマングリ返しオ 二穴 拡張 舐め 素人微乳パイパンギャル美乳手コキオナニー中出し生ハ 熟女/人妻 美尻 美乳 フェラ 中出し 痴女 手コキ 69  手水(ちょうず 手洗い)用の如雨露(じょうろ) 怒張 素人美脚熟女/人妻美尻スレンダー美乳手コキアナルぶ 裏筋舐め 大臀筋 素っ裸になった女 肉厚パイパン カラダをビクつかせ 食われていくさま 思わずこぼれ おかっぱ 濃い SEX大好き 結婚4年目 椅子やテーブルの角 浮気率は年々上昇 秘密の関係 ブルマ女子校生たちが大開脚 幼さの残る超若妻 極上泡姫さくらちゃん プリッとしたヒップ バックからのクンニ 車中でHな話 思い出の茶畑 真っ黒の剛陰毛 いきり勃った巨根 ディルド越しのおまんこ 完ナマ3P ハメまくりの乱痴気騒ぎ!! 頬の筋肉を緩め 知り尽くした女 連続ゴックン 熱帯雨林の様に生い茂った陰毛 目覚め くどき術 超プライベート 大人数 上司と関係 火照った身体 初めてAVに応募 挿入されて興奮 屋上でのエッチ 推しぴのおちんちん 初イキ姿 タクシーの中 夏休みの学校で 普段は内科に勤務 細い女性の“手” Grandma 女同士 チンポを取っ替えひっかえ 日焼け 女性専用の全裸の満員電車 いつ誰が来るかわからない場所 婚約者の姉 大量ブッカケ コスメ販売員 連携ハーレム二輪車 巨乳を揉み エッチな提案 ひたすらくぱぁ 二人を相手に話術 おちんちんも咥え ナスとズッキーニ 大量潮吹きシーン 生え始めの毛 マジメ君 オンナの着替え 熱さと快感でおかしくなっちゃう チンコを使ってオナニー ザーメンを顔面で受け止め 巨チンをずっぽし隠し 「万華鏡」の様な女性 借金取り 最高級素人 男子便器で立ちション cum 絶叫する女体 大量の潮 なえと申します 巨乳を責め 股を目一杯広げ 眠り閉ざされた性欲が開花 膣内温度まで測った しなやかスレンダーボディ Cocks 性に飢えた人妻たち マイクロビキニ 高収入アルバイト 黄土色 敏感に反り 自身も興奮 fantasy 一本糞 美巨乳でご奉仕 3センチはあろう勃起したクリトリス 憧れの隣の美人妻 等身大の@YOU クリ扱かれ 公衆便所