FC2ブログ

残照 序章

残照
 6月に入ると河川はこれまでの閑散とした様相と様変わりし、鈴なりの釣り人で溢れ返り一気に活気を取り戻す。

 殊に6月1日は毎年恒例になったこの河川の鮎のゾロ掛けの解禁日(友釣りの解禁日はもう少し後になる)で、アユ釣り目的の太公望たちが夜も明けやらぬころから場所取りと称し川に入り、夕暮れまで釣り糸を垂れる。いや、垂れるというより川床を長尺の竿の先から垂らした糸の先につけた掛け針で引っ搔き回す。それがこの時期この川の風物詩となっていた。
 ゾロバリは初心者でも簡単にできることから無許可の人間が釣りに高じるまたとない機会である。
今年も解禁日が数日後に迫っていたその川べりを監視員の男は汗だくになって物陰に身を伏せるようにしながら見回りを続けていた。

 「こう暑くちゃやっとられんわい。 組合長も組合長じゃ、とっ捕まえたヤツらは警察に引き渡せばよいのもを!」
ブツブツ文句を垂れながらも双眼鏡の先の視線は怠りなく川面に注がれていた。

 その視線の先の河原、いや対岸から件の澱みに向かうには中州に生えた木々の間を道具を携え歩いてゆかねばならないが、しかもそこを監視するなら場所柄今監視員がいる岸辺にも木や草が生い茂り、問題のポイントは遥か川上から河川沿いを川下に向かって見通すしか方法がない。監視員というだけあって流石ベテランで、確かにアユ釣りに向かおうとするのは不向きだが密漁にはこれ以上ない絶好のポイント。そこを睨み据えていたのだった。

 このような場所で密漁をするものを、これほど苦労しながら捉えたとしても組合に連れ帰り、それ相応の罰金を科し、その年度 鑑札を付与しない旨を告げたら後は無罪釈放となるのが恒例になっていたのである。

 「ふん! 温泉街の安宿なんぞ、奴らが卸す密漁の鮎を二束三文で買い叩きしこたま儲けとるゆうに、罰金1万円じゃ割に合わんことぐらい・・・」
言いかけて監視員の動きが止まった。

 狂信的な太公望にとってイの一番に良い場所を確保しアユを釣ることほど魅力に富んだものはないから勢い場所の奪い合いとなるが解禁日前に川に入ろうとするものは当然のごとく鑑札を持たない。俄か漁師ではないものなどはあぶれてしまうことからこれを僻み、解禁日を待たずして根こそぎ稚アユを捕まえてしまおうと人の目の届かないところから川に入る。

 このようなならず者が毎年必ず現れるのが解禁日を翌週に控えたこの時期であり、狙われる場所として特にこの河川では遡上途中生気を養い更なる川上を目指すため稚鮎どもが集まるこの付近の澱みだった。

 監視員は主にボランティアで構成され、この時期はこれらならず者の行為を未然に防ごうと夜っぴいて見回っていた。だからおっとり刀 忍者の如く隠れ潜んでまで見回りをしていたのだ。ヤマメ釣りなどは既に解禁になっていて川に入ってるとはいえ鮎とは釣るスタイルやポイントが全く違う。ましてや夜釣りの対象魚ではないため暗くなって行動したりしない。ところが密猟者となるとこれをやる。だから見張る場所も時間もそうで、解禁前のアユを狙う無法者を見逃すことは長年の勘からまずない。

 「うん・・・ なんだあれは!? 俺らをおちょくっとんかい、バカにしやがって!」
男が舌打ちするのも無理はない。
河川敷に転がる流木では足りず、中洲の木立の中からあらん限りの枯れ枝を集めて中州に野火をつけたがごとく猛火が立ち昇っていた。

 監視員が陽もとっぷりと暮れた河川敷で焚火を囲む親子らしき数人を例によって離れた場所から目撃したのは見回りを始めて二時間ばかり経過したころだった。鮎は漁火を太陽と間違えて寄ってくる。その習性を利用し投網にかけるのも漁法のひとつだが、焚火に照らし出された彼らの足元に釣り道具らしきものがあるわけでも、寒さ除けのウェットスーツの類があるわけでもなく、ただ焚火を囲んでいるだけであり監視対象外のキャンプファイヤーか何かだと、さして気にも留めず通り過ぎた。が、後々になって考えてみればそこにキャンプファイヤーなどを好む男らしき者の姿は認められなかったことが思い起こされ、 あくまでもこの男の監視員としての勘だが・・・ このような大火を河岸で燃やすスタイルで鮎を狩っていた例が無いでもなく「まさか違法な素潜りをしていたのでは?」と夜が明けるのを待ってその場に、動かぬ証拠でも見つかれば引き継ぎの申し送り事項にでもと思い、帰りがけのついでに立ち寄ってみた。

 「儂が見回りする時間を知っとって暮を待って藪から抜け出し焚火したんじゃろうが・・・、にしても世間知らずもええとこじゃ」
ブツブツほざきながら藪の中から手ごろな折れ枝を見つけて来て埋火を突き始めた。

 盗人の痕跡を見つけ出してやるんだと焚火の燃えカスをひたすらつつきまわした。この男が意気込むのには先にも述べた通り訳がある。暖をとるだけならこれほど大きな焚火はしないだろうというほど埋火や燃えカスは多量にあったからだ。こうなると不信感は否が応でも募る。なにがなんでもと燃えカスを埋火を突くうちに腐臭が立ち昇り始め、中から現れたのが紛れもない人間の頭部とわかり110番通報した。

 警察もこの時間帯はまだ当直明けの申し送りを待つだけの、言わばどうでもよい時間。電話に出た当直員は事件の内容より電話を掛けてきた相手の素性探りに躍起になった。焼死体が出ただのと下手な電話を管轄に取り次げば己に勤務怠慢の罰が回ってくる。散々電話口ですったもんだのやり取りを行ってやっと仕方なしのような口ぶりで管轄に繋いでくれた。

 駆けつけた県警によって現場検証が行われた。

 遺体は体格・殊に頭蓋の大きさや形から監視員の言う通り密猟者ではなく親子らしい3体ではないかと思われたが相当炭化が進んでおり埋火を消し、御遺体を傷めないよう残らず引き出すのにまず時間がかかった。更に身元を確認するのに手間取った。なにしろ行方不明者の捜索願も出ていない現状において、ましてや事件などここ数年皆無に等しいこの田舎で、下手すれば殺人事件に発展しかねない焼死体。鑑識課もDNA検査は実施したものの対象を何処に絞ってよいものやら見当すらつかない。自殺か他殺か不明ではあるが万が一に備え結果を出さないわけにも捜査しないわけにもいかず、ただ困惑するばかりだった。

 所轄はもちろん駐在所の職員も休日返上でこれが自殺なのか他殺なのか、本来ならそこらあたりから捜索を進めなくてはならないが、目撃者である監視員が語る生きていた最後の証言が夕暮れ時に河原で焚火をしていたというだけではなんの確証も得られるわけもない。しかも現状に争った跡などもなかったこと、周辺に置いてあった、一見焼死者が持ち込んだと思われる遺品が過去に見聞きした路上生活者などが身に着けている古着や廃品に類似していたことから県警は何らかの理由で行き場を失い自殺したものとして、また遺体を身元不明者として荼毘に付し、県警としての面目もあり早々に一件落着とした。 いや、この場合面倒だからさせたと言った方がふさわしい。

 この上層部の決定にどうしても従う気持ちになれない人物がたった独りいた。
それがこの地区の駐在所の巡査で、焼き肉や川魚を焼く程度の焚火ならいざ知らず、人3人が丸焼けになるほどの大火を、初動の段階で電話を受けた者を始め、対処に当たった者は消防署はおろか役所の所轄に連絡もせず知らぬ存ぜぬで済ませ監視員を帰してしまったこと、駐在員である自分への職務怠慢への厳重注意処分が下されたことなど腹に据えかねたからだった。

 つまるところ「上の決定に従えぬ」と、憤懣やるかたない住民への怒る気持ちをも代弁するがごとく己の中にある官憲への不信感をどうしても抑え切れず暗に自分が悪いのではないと己の心に向かって異議を唱え断固たる行動に出たのである。

 先も述べた通りこれまで事件というようなものに彼自身出くわしたこともなく、残念ながら出世には遠く及ばなかったものの老駐在は秋が来れば無事定年を迎え退官でき、二階級特進で褒賞と金一封も授与され、家族一同お祝いの席で・・・というところまで来ていてこの事件である。皆が止めるのも聞かずいきり立った。

 「俺のどこが悪いというんだ!!」 調べに出かけようとして身支度する巡査を引き留めにかかった妻を怒気で顔を土気色にし蹴とばした。所轄内で決して事件などという問題を起こしてはならないと、巡視も諸先輩から教わった通り怠りなく続けてきてこのありさまとなったからだ。

 管轄地区の住民に対し、何事も穏便に取り計らったツケがこの時になって失態を招いたと悔いた。が後の祭りだった。

 河川の漁連(主に鮎の稚魚を育て川に放流し収入を得ている団体)から連絡を受けるまで親子であろうがなんであろうがこの時期、許可している場所ではなく河川敷でキャンプファイヤー級の焚火などという状況は、勤め上げた今日まで目にもしていなければ思ったこともない純朴と言えば純朴そのものの巡査であったのだ。
この事件のどこから手を付けて良いやら空想を巡らそうにも、土台見たことがないから知恵が働かない。
そうなると強がりを言った手前 いつものように・・・いやテレビなどでよくやる足で稼ぐしかなかった。

 「警察庁表彰を受け、バカにしたやつらを見返してやる!」
我こそは隠れた名探偵と言わんばかりに自転車をこぎ走り回った。

 鮎釣りなどにまるで興味を示さない巡査にあって、ズブの素人の考えでは川遊びするには山間部のこのあたりの水は冷たすぎるように思えたのである。
自分でスッパのまま川に入り捜査した後、河原で焚火をとも思ったが現場に立ち入り試しにズボンの裾をまくって川に足を入れ、余りの冷たさに飛びあがった。捜査のためスッパで川に入り寒さに気を失い流され・・・などと考え、懲戒を受けたものの現役という立場もあり怖じ気た。

 巡査とはそつなく調書を取ることに意義がある。昔諸先輩から口を酸っぱくして言われた言葉が身に染みた。
年老いて身体が動かなくなると派出所にしがみつき、諸先輩の教えに従い気の利いた巡回などほぼやらなかったのが裏目に出た。
もしもこの状況を先に見つけていたならば必ず現場に立ち寄って何らかの話をするなりし、それとなく状況確認もできたはずだと、取って付けたような考えが頭をもたげるに至りここに及んで何をとそれが悔しかった。

 それ以上に己は懲戒なのに依然としてアユ釣りなどと浮かれている輩がいることがまず憎かった。
憎かったが調書を取るためには彼らの仲間から情報を得るしかない。
「ご面倒をおかけしますが・・・」オズオズといつもの調子で河原で釣りを楽しむ男たちに話を聞いて回った。

 監視員はともかく、アユ釣りなどというものは例年同じメンバーが顔をそろえる。
もしも見かけない顔が混在していたなら、そこは縄張り意識故必ず注意を怠らなかっただろう。
ましてやそれが女子供であればなおさらのことだった。

 何らかの事情で灯油をかぶり火をつけたという事件はよく耳にするが、どの事件でも熱さのあまり暴れ回った挙句絶命している。
自分なりに現場検証を幾度か試みたが河川敷で母子と思われる3人が、己が焚いたたき火の中で身動き一つせず焼死するには余程の訳があるに違いないと、まず思った。
だが、それが他殺ならろくに見回りもしなかった己という巡査の居るこの田舎、都合の良い証拠隠滅となりうる。

 「願わくば観音様よ、どうか我に武運長久を」何でも良いから祈った。

 この日以来巡査は鬼になった。
「どんなことをしてでも犯人を突き止めてやる」
勤務時間も含め、寝る暇も惜しんで聞き込みに当たった。

残照

 街外れに大河が流れていてその河口が小さな湾を形成し漁港となっており、休みとなると湾の入り口の堤防は太公望たちの格好の釣り場になっていた。

 その日の午後遅くから北里新三郎は7歳になる長男の健太と5歳になる長女の奈緒、それに妻の沙織を連れて湾に群がる鯵を釣りに来ていた。

 自慢げに子供たちの相手をしながら鯵釣りに講じる新三郎だったが、出かけるのが早朝でなく午後になったのも、撒き餌をすれば誰にでも釣ることができる湾内の鯵が対象だったのも、それもこれも沙織の提案で、その沙織も知り合いに相談して教えてもらってここに来ていた。

 父親が自慢げに子供たちに釣り談義をしているが、元はと言えばまた聞きのまた聞き、存外本人は釣法は元より湾内で鯵が釣れることすら知らなかったのである。

 北里家では
夫の新三郎は開発部に勤務しており、幼年からエリートコースを歩いてきた反面、幼友達と遊んだ記憶や世間との付き合いは勿論のこと、家庭内のことなどさっぱりで、沙織が黙っておればおそらく何年たっても子供たちと交流を持とうとせず老いていってしまうと思われ、それを案じ、また、多少でも子供たちの手が自分から離れてくれたらと思ってこの計画を持ちかけていた。

 声をかけないで放置したらいつまでたっても食事もせず寝ることもなく研究に次ぐ研究、つまり仕事に没頭してしまうと妻の沙織からも同居の両親や子供たちからも愚痴られる通りの仕事の虫で、ひっきりなしに本を読みパソコンと睨めっこするためか眼鏡なしでは一歩も歩けないほどの強度近眼、良い方に例えれば学士様だが悪く言えば世間知らずの引きこもりだった。

 湾内に鯵が遊泳し始める冬季の昼間は殊更日照時間が短い、頑張って撒き餌を始め鯵が釣れ始めた頃にはすっかり陽は西に傾いていて新三郎にとって子供たちが釣り上げた小魚を針から外し釣り糸を調整するのが次第に困難になり始めたころ、妹の奈緒の釣り針がひょんなことから隣で釣りをしている人の服に引っかかり騒ぎ始めた。

 妻の沙織は長男の健太の世話に当たっており手が離せない。自分が釣りに行こうと誘っておきながら沙織は元来魚だの虫だのが大嫌いで幼少の頃より触った記憶が無い。今日とてキッチン手袋の上に軍手を付けて釣りに臨んでいて、とても他人の衣服に引っかかった針を外すなんて芸当は出来そうになかった。

 「お父さん、早くしてよ!お魚さん逃げちゃうじゃない!」
父親に向かって助けを求めるが一向に埒が明かずそのジレンマからか長女の奈緒の声にはトゲがあった。
「うん、わかったからちょっと待ってなさい」

 新三郎は急いで車に戻るとハッチを開け道具箱を取り出し駆け戻った。
ラジペンで引っかかっていた針を根元から切り取ったのである。
これには針を引っ掛けられた釣り人の方が驚いた。

 釣り針が衣服に引っかかった程度の事なら ほんの少し針を引っ張り衣服の布地に弛みを持たせ針を抜いてしまえば事足りる。
釣りに来て大切な釣り針をこともなげに切り捨てるやり方に尋常ならざるものを覚え、そそくさとその場から移動してしまった。

 釣り方にしても北里一家は浮いていた。
凍った撒き餌を持ってきて撒こうとするものだから海水に浸してもすぐには溶けず、従って付近の石を拾ってきて岸壁で砕いて凍った状態のものというよりまだ塊の状態なのにドボンドボンと撒くのだ。
撒いた餌で直ぐに啄めるものが少ないものだから北里一家の近くでは魚の寄りが頗る悪い。

 そこで子供たちは父親の元を離れ付近で一番釣れている大人の近くに寄っていく。
新三郎はと言えば毛バリに撒き餌の小さなアミを手が悴んでしまって上手く動かないものだから針先に上手く命中しない、それでも頑張って体全体を震わせながらひとつひとつ手で付けて釣りをさせていた。
一事が万事そんなんだから棹を振って海に糸を垂らす前に付け餌は落ちてしまっていた。

 周囲の大人たちは勿論のこと妻や子から冷たい視線を浴びながらも新三郎は奮闘を続けていたのである。

 寒さと焦りからやんちゃを口にするその、夕景に染まった奈緒のシルエットを見ていた新三郎に不思議な感覚が一瞬よぎった。

 普段なら屈託のない表情を見せる我が娘であるはずが、母親そっくりなきれいな整った笑い顔しか見た記憶がない、愛おしい奈緒であるはずが、強度近眼の新三郎が見た まさに今そこにいたのは自分の意にそわない、人を釣ってしまった竿先の感覚に顔を歪め、役立たずの父親を急かし愚弄する裏の顔を持つ別物のようにも見え、だが見方を変えれば見も知らぬ顔の他人の子供のようにも映ったのである。

 強度近視ならでは、生涯においてこういった感覚を頼りに視力で補えないものを第六感と言おうか、そういうもので補い生きて来ていた。故に新三郎で言うところの野生の動物的なこう言った感覚というのには一種鋭いものがある。

 目が見えないからこそ、普段から何かと感覚を研ぎ澄ますしかなかった新三郎にとって、常日頃妻と子は視線の先ではなく妄想の中にのみ存在する。だがその時、残照の中で現実を垣間見せてくれた奈緒は妄想とはあまりにもかけ離れており一瞬だがこれが我がの子かと疑念がわいた。

 それでは共に暮らしてきたこれまでに一度たりとも疑ってかかったことはなかったかというと、そうでもない。

 新三郎も沙織もどちらかというと顔立ちは整ってはいるが小柄で華奢、ところが奈緒は保育園の中では大柄な方で頬骨など確かに北里家の祖父母に似てはいるものの血の繋がっていない新三郎とは全く違っていた。

 元来研修肌の新三郎は疑問がわくとたとえこう言ったことでも正しい答えを導き出さずにはおれない性格だった。

 奈緒の出生について沙織と知り合い、躰の関係を持ちを宿したであろう行為の瞬間までをも新三郎は遡って想い出そうとし、思い出した事柄はいちいち文字に刻み自分なりに調べつくした。

 そうして得た結論が彼なりの結婚感であった。沙織の胎から出て来て自分に預けられたものなら、たとえそれが他人のであっても自分の子供であることにするというもの・・・ だったはずであった。妻の沙織はそれほどにかけがえのない存在だったからだ。

 だが、今回ばかりはその硬い決心も躊躇するものがあった。 それが己の出生の秘密で、興味本位で密かに調べた結果によると新三郎は今起居をともにしている両親との血の繋がりはおそらく無いようなのだ。

 記憶にもない遠い昔、産んでくれた両親が何らかの都合によりどこかに自分を捨て、 それを子供のなかった現在の両親が養子に迎え入れてくれて今がある・・・。ように受け止められる証拠が、既に随分前に出てきていた。

 このことを知ったのも今回と同様偶然だった、職場で残業をしていてフッと脇に目をやったときデスク脇に身だしなみ用に置いていた手鏡に映った自身の顔に両親と違うなんとも言い表せない疑念を抱き、DNAの自己判定キットを購入し調べ、実の両親ではない結果を見て改めて探偵を雇って調べさせ確証に近いものを得ていた。

 それでも今の現在まで内緒にしているのは、いかに身分や収入があろうと ~微かな記憶の片隅にある施設での生活のこと~ 世間にただ独り放り出されるのがひたすら怖かったからである。

 人もうらやむ美人の妻の沙織だって、元はと言えば見合い同然の結婚で彼女の確たる出生の秘密など知らない。 彼女を紹介してくれたのが職場の上司であればこそ、かつては業界に隠然たる勢力を誇っていた上司であるだけにそこに両親や自身の出生にまつわる団体の力が働いていないとは言い切れなかったが、まかり間違ってもしも迂闊な発言で関係が壊れることがあればと、それも怖かった。

 それやこれやが今になって再び思い起こされ新三郎を苦しめた。
「それはそうだろうな。あんなきれいな女に言い寄らない男などいるわけがない。独身時代はさぞかし・・・」

 そう思って通勤や休みに近所の親子を見るにつけ、あの父親の手を取って嬉しそうにしている子供が実はが違っていて、ただ単に見も知らぬ男がをつけ托卵させられた妻が産んだ子を我が子と信じ育てているだけなのではと思うとき 野生の本能が騒ぎ、いても立ってもいられない気持に苛まされる。いっそのこと妻を・・・そんな激情に流される気持ちになれない新三郎ではあったが時として再び妻が寝取られはすまいか、今でも他人棒にしがみついてはいまいかと邪心が湧き眠れない夜が次第に増えて行ったのも事実だ。

 「まあ三郎さんったら、ちゃんと食べてるんでしょうね」
重い躰を無理やり引き起こし食卓に着いたが母が心配してくれる通り、頭の中に鉛のようなものを流し込まれたような状態にあって出された食事に手を付ける気持ちにすらなれなかった。
「どこか調子が悪いんだったら会社に連絡してあげますから、今日はこのまま横になったらいかが?」
だがその言葉すら今は疎ましかった。

 「大丈夫です。仕事が始まってしまえば気にならなくなりますから」
自分に対する気休めの言葉を口にした。いつもそうだった。
職場で休み、家に帰って遅れた分を取り返すべく、いやその何倍もやり続けていることでやっと一人前に働いたような気になる新三郎。

 恵まれた家の養子に迎え入れてくれたことはありがたかったが、はれ物にでも触るような扱いを四六時中受け絵に描いたような道だけ歩まされ続けた新三郎は育ててくれた両親。だからその期待に添うよう努力した。神童と呼ばれるほどの記憶力はすべてこの努力のたまものだった。

 その記憶力の元となったのは 学ぶ上で、どんな些細なことでも聞き漏らすまいとメモを取るようになり、それが高じてそのメモを夜になると正式な日記にしたためるようになって、つまり寝ていても記憶が欠けるような恐怖に駆られ、これに打ち勝つべく無理強いして覚えていったからだったが・・・。

 皮肉なことに年齢を重ねるごとに、位が上がるごとに覚えなければならない会話や出来事は増えたのだ。疎ましくて仕方がないが止めるにやめられない。

 普通にメモを取っていては間に合わないからと、自我流で速記も考案しこれに備え 見たものや聴いたものすべてを対象に深夜日記を書くことで記憶を新たにし、また研究開発の足しにこの速記を利用することもあった。

 隠れ忍んで書き溜めたこれらの日記風メモ。

 誰にも怪しまれず妻の不貞を見つけ出すにはこのメモを調べるしかなかった。

 日記を調べればよいのだが、調べられては困る内容が書かれていた場合 恐らくその日記は妻によって処分されていると見た方が賢明だと思って書庫に行ってみた。官庁上がりの父が常日頃口癖のように言っていた「書類の保存期間は5年」を過ぎたこともありその年代は、案の定と言おうか既にごっそり消え失せていた。

 目の中に入れても痛くないほど大切に育ててくれたはずの新三郎の書物を父や母が処分するはずがない・・・・。とすれば処分したのは沙織に違いなかったが問い詰める勇気が湧かなかった。

 残すところは会社の自分用に研究室に保存しておいた速記しかなかった。年代ごとに異なる文字表現で書かれている速記の中から妻 沙織の月経周期とにまつわる交渉を持った日付を探し出すのに数ヶ月要したがなんとか探し出すことができた。

 沙織の月経周期はおよそ28日サイクルで回っている。問題の月は月経が始まったのが5日で終わったのが8日 (初期値) だとすると受胎可能日は12日から20日までである。

 この間に交渉を持ったのは14日と18日だけであったから奈緒の生年月日とほぼ一致していて、この点だけは自分の胤だと言い含められても言い返すことはできないが、もしもこの間に沙織が外出しほかの男と交渉を持ったら胤を宿すことはできないこともない。

 新三郎はこの期間の中の可能性について調べ始めた。

 土日は会社が休みの場合が多いから新三郎は家にいることが多く沙織も滅多な約束事で外出はできない、したがってこの日ではないことは分かったが、問題は平日の昼間で なにかの用事があって近所ではなくほんのちょっと足を延ばし出かけてはいないかとその記述を調べ始め、それに行き当った。

 最初の交渉日が日曜の夜、次の交渉が水曜の夜 木曜と金曜は両親と一緒に買い物に出かけているから自由になれた日と言えば月曜と火曜だ。

 結婚以来妻に申し訳ないと思いながらも若いころよりどちらかと言えば性に淡白だった自分をこの時だけはなぜか沙織の方から執拗に誘って交渉を持とうとしてくれていて、当時はそれが愛のなせる業ではないかと思ったりもしたが、果たして子が産まれ育っていくにしたがって様子が違ってくる彼らを見るにつけ、それが研究者の本能なのか疑念を持つようになっていった。

疑念

 「えっ、信じられない。あなた本気でそんなこと言ってるんですか?」
遅く帰ってきた新三郎は夕食の片づけが終わった沙織をテーブルに呼んで長い間思い悩んだことについて問うてみた。
考えていた通りの反応が沙織の口を突いて出た。

 「本気さ。結婚当初から なぜお前が私の妻になったのか不思議でならなかった。そう思って子供を観察しているうちにどんどん私の遺伝子を引いていると思えない姿かたちになって現れてくる。行動や思考までもだ」

 冷静に話そうとずいぶん考え、その通りに口を開いたつもりだったが顔は強張り手足が緊張で震えているのがわかった。
屋敷は広く、両親の寝室と子供部屋は離れていて声は届かない。それでも極力トーンを押さえて話したつもりだったが・・・。

 「このごろのあなたって、寝付けないのか夜半寝汗をかきながらうなされていて・・・様子がおかしいと思っていたら、まさか自分の子供の父親が誰なのか疑ってかかっていたなんて!」
沙織もまたテーブルの端を掴んでうつむいて表情を読まれないようにしてはいるが顔面蒼白だった。
「根も葉もないでっち上げだとでもいうのか?」

 「来る日も来る日も一生懸命この家のために尽くしてきたわたしに向かって、まさかあなたが・・・」
沙織は言葉を失った。
「お前のことを大切だと思えばこそこれまで何もせず黙って見過ごしてきたんだ。失いたくなかったから・・・。陰になり日向になり尽くしてくれたお前が不貞を働いているなどと思いたくもなかった。そう思って何度も実行を躊躇ったが日ごとにお前には似ていても私にはちっとも似たところのない子供たちを見るにつけ研究者の身である私の内なる心が調べずにはおれなんだ。いろんな本を読んだ。その中に書かれていたことをひとつひとつあてはめてもみた。体毛にして然り、薄毛の私に体毛のやたら濃い子供ばかりというのも変だし、背丈だってそうだ。頭部の形状だって全く違う。それらを総合すると私の胤ではないという結論に研究室というものは達するんだ」

 生みの親より育ての親などときれいごとを言うつもりはないと沙織に向かって言い切った。
「なんて陰湿な方なんでしょう。自分の子供を密かに鑑定にかけようとねめまわしていたなんて」
沙織は視線を落として反論した。

 夫に言われるまでもなく沙織には独身時代親しく付き合っていた男たちがいた。
恵まれた環境で育ってきた新三郎にはわからないかもしれないが沙織にとって彼らは守護人だった。

 その守護人との関係を絶ってまで北里家に、なぜ嫁いで来たかと問われれば、それは食い扶持と住まいを求めてであった。
新三郎への愛からではない。

 だから物事に行き詰まると必然的に昔の仲間に頼ることになる。
その代償に仲間から求められれば、出来る範囲でこれに応じようと努力した。
沙織は新三郎と違い、それほど学はない。遺伝子云々など論外で安全日の行為ならと許してやっていたが、そこを夫につつかれたのだ。

 家族全員が入り終えた風呂は沙織が翌朝掃除するのが常だった。
ところがある期間、排水口を掃除していて排水溝が既に誰かの手によって掃除されていることに気が付いていた。
新婚時代、自分が入浴を終えた頃を見計らって夫がこっそり浴室に忍び込んで何かを探していることは知っていた。

 恐らくそれは執拗に手を伸ばしたがる陰部の毛を探し、或いは脱いだ下着を・・・と。
同じことを娘が浴室から出た直後に誰かがこっそり忍び込んだ痕跡があることも知っていた。義理の父とばかり思っていたがまさか・・・。 沙織は絶句した。

 「もしこれが真実だとしたら、お前の腹に胤を仕込んだやつは その子供を自分の子供として懸命に育てる私の姿を物陰から見て嘲笑してるんだ。妻が生んだというだけで手放しで喜んで認知までさせて」
「なぜなの? なぜ今頃になって子供たちをそんな目で見るの? あの子たちが何か悪い事でもしたっていうの?」
沙織の瞳は深い翳りにつつまれ始めていた。

 「結婚以来これまでに一度たりとも間違いはなかったと断言できるのか?」
「断言も何も・・・わたしはそんなふしだらな女じゃありません」
物言いは静だが、やり場のない憤りが翳りに含まれていた。

 新三郎は初めて沙織とまぐわった時のことを想い出した。
何故か新三郎だけが緊張しきっていて沙織のアソコを、本当に自分ひとりのものになってくれたのか確かめたくてむしゃぶりつきはしたが、己の下半身は極力妻の目に触れないよう遠間に置き、妻を舐めたり吸ったりで誤魔化したのは勃たなかったからだ。

 そんな新三郎のアソコを沙織は窮屈な体勢であるにもかかわらず手を伸ばして愛おしむかのように摘まみ上げ掌で優しく擦り上げ、半勃起させ導き入れてくれた。
目もくらむような美しい壺に夢に見た挿し込みが叶えたうれしさで新三郎は妻沙織を夢中で組み敷く恰好を採っていた。
下になりながらも入り口付近で立ち往生したものを妻沙織は何処で覚えた来たのか腰を使って嬲り、ついには中に放出させてくれたのだ。

 その瞬間の美しい妻を征服した時の飛び上がらんばかりの喜びを何に例えよう。
この日を境に新三郎は妻の沙織に夢中になった。
家族の目を盗んで尻を追いかけた。

 誰も来ない場所に追い込んでは、例えば立ったままの沙織のアソコを見上げるように顔を埋め舐め上げたのは二度や三度ではない。

 「そこまで言い切れれるなら正面切ってお前たちの体毛を鑑定に回しても別段問題はないだろう。あの娘だって父親から疑いの目を向けられながら一生暮らさせるよりましだと思うがな」
「あなたが育てた証拠に、仕草なんかうりふたつでしょう?そうまでして父親を慕ってるあの子たちがかわいそうだとは思わないんですか?」
「仕草なんてものは育つにしたがってなんとでもなる。肝心な部分は血の繋がりだ。そんな簡単なこともわからんのか」

 妻沙織は自分とまぐわうほんの少し前まで、想いを寄せていた男と最後の契りを結んでいたんだろう。
花嫁衣装に身を包んで結婚式場から抜け出した花嫁が、想いを寄せていた男の胤をもらい受けるための契りを男を誘惑しつつ交わす。「待たせてごめんね。今日はナマで大丈夫なの・・・」と嘘までついて
正にそれが行われ、それをヒタ隠そうと帰るや否や夫を閨に誘い込んだ。

 だから準備もなしに私のことを迎え入れが出来たし、男に散々嬲られた発情もあの瞬間になってもまだ治まっていなかったんだ!
妄想とはいえ新三郎は憤怒で今にも爆発しそうになっていた。

 北里家の家訓に染まりかね、沙織は時に独りでふらりと出かけ、その男に慰めてもらって家路についていた。
相手の男も妻子ある身ならばこそ、久しぶりの逢瀬は逢えなかった間に何があったか探り合って、確かめ合って、そして幾度も激しく求めあうことが常だった。すべての煩悩を消してもらって初めて家路につくんだという気になった。
そうすることで厳格な家庭を鬱にならず切り盛りできたのである。

 沙織の中でそれは北里家のために「我慢してこんなことまでやってあげてるんだ」という意味合いが強かった。
それ故夫の追求は我慢できないものがあった。

 「何事もなかったかのような生活を繰り返していながら、あなたが心の底でそんなことを考えていたなんて、悲しすぎます」
「だから正直に答えてくれたらいいんだ。あの子たちはいったい誰の子なんだ?」
「決まってるじゃありませんか」

 沙織の言葉に険があった。
「奈緒を孕んだと思われる頃にお前はひとりで出かけている。帰ってきたのも遅かったと聞いた。計算からすると受胎は紛れもなくあの日あたりだ。子供の様子からすればその両日に誰かと交渉を持たなければ・・・」
「やめて! そんな嫌らしい想像は」
沙織の表情に険しいものがあったが、それに反して顔面は蒼白だった。

 「結婚していたからと言って必ずしも間違いを起こさないまま人生を全うできる人間はいないと思う。そんな格式ばったことを言ってるんじゃない」
「いいえ、そんな目で見られたということ。それこそが侮辱です」
新三郎は何も言い返せなくなっていた。

 目の前に愛してやまない妻 沙織の涙ぐむ姿がある。
平穏無事な生活を送っていたものに向かってこれほど侮蔑に満ちた言葉を放ってただで済むものとは思っていない。
それでもあの日、寸暇を惜しんで男と出会いセックスを楽しんだ妻がいて、しかもそれがもとで孕んでしまい、結果夫に知らせずして密かに夫の子供として育てさせるという罪悪・身勝手さだけはどうにも許せなかった。

 「それでどうしろとおっしゃるんですか? 子供を連れて出て行けとでも?」
「今直ちにそうしろとは言っていない。育てるに納得のいくように協力してほしいと言ってるだけだ」
「どんなことをすれば協力になるんですか?」

 寝取られというものをやるとED持ちでも勃起するという話を聞いたことがある。
妻沙織を自身の漲るもので取り換えしたかった。
だが厳格な家系で育てられた新三郎には軽々しくそのようなことを妻の前で口にできないでいた。

 「さる機関にDNA鑑定を依頼しようと思う。それなら文句は無い筈だ」
「なにもそこまでしなくても。生まれたときもそうであったように血液検査は毎年のようにやっているではありませんか?それでも不満だと・・・」
DNA鑑定では4兆7,000億分の1の確率で間違いが起こるという。そこまで辿れば否定材料 すなわち親子ではないという証拠が法的にもつかめる」

 証拠を突き付けてやれば、それ以降どんな要求でも素直に応じるかもしれないと新三郎は思った。
現場検証でも犯行時の再現というものをヤル。
それを妻沙織に強いてみようと思った。その瞬間わずかだが股間にあの感触を覚えた。

 「もしそこで親子じゃないという結果が出たら、あなたはどうなさるんですか?」
「それは結果を見てから決めることだ」
「結果によっては父親と認めるんですね?」

 こうなると沙織だって負けていなかった。
夫が寝取られの貸し出しをたくらむなら、自分だって大手を振ってとまではいかないが、時々は逢瀬を楽しんでも文句を言われる筋合いはない。
独身時代聞きかじった夫婦の妙とは、ひょっとするとこんな風にしてレスを解消してるんじゃなかろうかとも思った。

 相手さえ好みの男なら、夫の目の前で抱かれてやっても、それはそれで楽しめるんじゃないかと心の中でほくそ笑んだ。
何より覗き見させることであの中折れの夫が見事甦るのか、そのことも興味が湧いた。

 「関係を結んだ男のDNA鑑定の結果も合わせて検討し、間違いなく私の子だとわかればだ」
「それは自白の強要じゃありませんか。先ほどから何度違うと言ったか・・・ 信じようとしないからです」
「それなら逆の立場だった場合、信じたというのか? えっ、どうなんだ?」

 事実が判明すれば妻の前で回復した漲りを使い他人の妻を犯すこともできる。

 「そこまで言われるならお好きなようにどうぞ」
沙織は毅然とした態度で部屋を出て行った。決して間違いなど犯す安っぽい女ではないという態度がそこに現れていた。新三郎の頭に一瞬後悔の念がよぎった。 が、ここで動じては真相は闇の中ではないかと思うと再び憤怒の虜にもなった。

 翌日、遅くに帰宅した新三郎は両親の部屋に呼ばれ、こう告げられた。
「今朝、新三郎さんが出勤された直後に沙織さんは子供ふたりを連れて家を出られましたよ」
心淋しい声の中にも、どこか他人事のように聞こえた。

 沙織が家を出たことは知っていた。
あたりがほの白く染まるような暁闇の中、沙織は徹夜で調べものに時を費やしていた書斎の新三郎に向かってこの家を出る旨告げてきた。
新三郎は机に向かって沙織に背を向けたままそれを聞いたが何も応えなかった。

 「当分実家に帰って考えてみるそうだ」
「そうでしたか、ご迷惑をおかけしました」
「私達にとってはかわいい孫で喜んどったところだが、それではいかんかったかのう・・・」

 なんの相談もなく夫婦で勝手に決めたことに対する不満の気持ちがそこに込められていたが、自分を育ててくれながら どこか世間体を気にしてばかりいた育ての親。 そのやり方がここに至っても変わらないことを言葉の端々からも感じ取れ一層落胆した。
「いまここでご説明するわけにはいかない。仔細あってのことで、解決には時間がかかると思います」
「そうか・・・ 裁判でも起こすつもりか? くれぐれも体面をな」

 「新三郎さん、あなたにとって妙な考えを起こすと仕事にも影響が出ますよ。それでもおやりになるんですか?」
「よしなさい、妙な勘繰りをするもんじゃない」
話はこの一言で終わった。新三郎は軽く頭を下げると両親の部屋を出て行った。 その後ろ姿を見送る義父の口から深いため息が漏れるのを鬱々たる気持ちで聞いた。

 老い先短い両親は生涯を通じて家名を守るべく全力を傾けなければならない運命にあったといえよう。
そのためなら非道にもなれたのだろう。
息子を養子縁組する段になり、打つべき手はすべて打って素性を調べさせ迎え入れたはずの息子だったが 成人してみて初めて次代を担う子宝に恵まれないかもしれないという危惧を覚えた。

 口にこそしなかったが厳格さが祟り、性は汚いものであり避けて通ろうとする姿が垣間見え慌てた。
それならばと、誰がみても惚れるような美女を探し出し嫁になるよう手を回した。
ただし、先に息子で失態を演じた手前相手の素性は調べないことにしてコトを進めた。

 養子に迎えた息子の嫁がまさかの育て上げた息子と氏素性が良く似た、育児放棄の子であることを知った時には既に婚約が成ってからだった。

 腹を痛めた我が子を持ったことのない夫婦がどんなに頑張ってみたところで子供に意思は伝わらない。ましてやもともと他人の子となれば どこか仰々しい態度に出たり疎遠だったりと 人との意思疎通にかけた子供を育ててしまった感があった。
そしてそれ以前に、肝心な成長期に杓子定規にものを図ったような態度で育てたことにより女の気持ちというものをはかり知る機会を失ったまま大人になり、他から手を廻しでもしない限り結婚には結びつかないと思われついつい手を出してしまいこのような結果を生んでしまっていた。

 「一度こうと決めたら筋を曲げない子ですから」
「そうかもしれんな・・・」
老父は傍らの老婆に頷いた。

 その性格ゆえに塾にも通うことなく独学で進級を重ね東大にも合格し、今の職にも就けた。
だが性格は暗かった。
その暗さをこの老夫婦は、東大まで出たエリートならおおよそ察しはつき調べ上げたうえで実の子ではないと知ったうえで今の境遇に何も言わず従ってくれているのではないかと暗黙の中にも考えていた。

 新三郎はうっすらとした記憶の中に粉雪の舞う深夜、病院の玄関先にじっと立っているよう命ぜられ、両親と思える人影が自分と何か大きな包みを脇に置いたまま立ち去ったと、この歳になってもそれだけは覚えている。寒さと恐ろしさに泣き続け、明け方になって巡回してきた警備員に発見されて病院で保護されたような光景が過っては消え過っては消え それが病的にまでなっていた。
病院の、薬臭い一角の部屋をあてがわれ自由に外出することも出来ない中での生活でその性格は陰湿で暗いものに変わっていった。
社会人になり、上司や同僚と話す機会が増えるにしたがって暗い気質は影をひそめたように思え、突然今になって戻ってしまった。 あの日、早い冬の訪れを秋の日差しの中に見た気がした。

 「暗い冬を未だ脱し切れていなかったとは・・・」
自分を捨てた両親を慕ってやまない、そのための布石として些細なことでも聞き漏らすまいとする気質は未だ深いため息の中にあった。

別離


 沙織が健太と奈緒を連れて戻ってきたのは新学期が始まる直前だった。
新年度の配置転換早々の出勤で周囲の手前出過ぎた真似と言おうか当てつけのような残業もならじと定時で上がって帰ってくると、連日まるでお通夜のようだった家がウソのように活気に満ちていた。
「お帰りなさい。お疲れ様でした」

 沙織が玄関で出迎え、子供たちは奥の 恐らく両親の部屋からであろう元気よく飛び出してきた。
新三郎は沙織には手も触れずふたりの子供のを両腕で抱くとそのまま書斎へと向かった。仕方なさそうに沙織が後をついてきた。
「子供の将来を考えて帰ってきました。あれからいろいろ考えてみたんですが、わたしが止めても調べるのを止めようとしないんでしょうからお好きなようになさってください」

 シンとした物言いだった。
子供たちはともかく、沙織のいなくなった家はどこか陰気くさかった。
その当人がいま、薄化粧し目の前に立っている。

 性に興味がないようなふりをしていたものの妻にだけは抑圧した想いがあった。
嫁いできて間もない頃もそうだが、普段でもひとりで出かける際など誰かとまた逢瀬かと疑うと、それだけで寝取られを妄想し脳乱してしまう。
それが今回の騒動で心ならずも背徳行為を行った風な言い回しをして追い出してしまった。

 ことの発端となった相手の元へまさか身を寄せでもしなかったろうかと妬けて仕方がなかった。
煩悩に打ち震える妻をあの男は再び組み敷いてることだろうと思うと心穏やかでいられなかったのだ。

 その妻が今何事もなかったかのような顔をして目の前にいる。

 ほんのわずかの間離れただけだったが沙織の放つ濃密な色気に惹き寄せられるように新三郎の視線は豊かすぎる乳房を射止めた。
着やせをするたちで、ベッドに誘って目にした乳房も下腹部も豊かすぎるほど豊満だった。
いつの間に床を別にし始めたのか記憶をたどらなければ思い出せないほどだったが、わずかの間離れて暮らし 初めて湧き上がる飢えを覚えた。

 その飢えには沙織が我が家から離れている間中ほかの男に組み敷かれ、身体を開いて受け入れ狂喜しのけぞり悶え苦しむ姿が浮かび、そのことが頭の片隅に焼き付いて離れない。
「そうか・・・  納得してくれたか」
一旦云い出したら後に引かない夫である。

 拒んでもいつか必ず調べると言い出すし、結果次第によっては裁判沙汰にもなりえる。
そのあと円満解決するにせよ、或いは離婚となるにせよ、まずもって世間の物笑いになる。
それなら多少の分別がある自身が内密に検査という密約を取り付け、取り決め通りの方法をとらせた方が得策だと沙織は考えた。

 初めての子を産むときも次の子を産む時も、両親が指定した病院の院長はなにかと理由をつけクスコでソコを開き中の様子を診て楽しんでくれたものだ。
人も羨む美女のアソコを開くだけ開き、不必要な場所まで刺激し、感触に打ち震える姿を観て楽しんでくれた。

 あのような屈辱を再び受けるようなら調べは拒否しようと決めていた。

 よしんばかたくなな考えであろうが胤のない男が他人の胤の子供を育てることを拒否するため裁判に持ち込まれたとしても彼なら職業上不利になるような態度には出まいと踏んだ。
夫である新三郎が他人の子と知らずに育て続けた屈辱に比べればこんな結果を招いてしまった以上調査という申し出は仕方のないことだと諦めもした。

 新三郎にしても沙織側から同意を取り付けたといっても一度は拒んで家を出ている。
生まれた子供に関して絶対揺らがない信念があるからこそできた所業だと思うだけに自信がぐらついた。
----そんなはずはない。かつて研究チームにいてこれはと思った題材の芯を外したことは一度たりとてない。

 新三郎は自身に言い聞かせた。
思いつく限りの参考書をひも解いて調べ上げたつもりだった。
DNA鑑定のみならず血液のABO型、Rh型にMN型、それらすべてを考慮に入れた答えが自分の胤ではないという結論を導き出している。

 ふたりの子供の父権が否定されたら沙織はどうするつもりだろうかと思った。
不貞を理由にすれば即座に離婚が認められるだろう。その時になって沙織は貞節の陰に隠れて不倫を繰り返した、その男の名前をどんな気持ちで打ち明けるだろう。
新三郎は黙って沙織を見つめた。

 沙織は一礼して踵を返した。
その沙織の肩を掴んで引き戻し無言のまま床に押し付けた。
沙織はあらがわなかった。

 瞳を閉じて横たわった。
新三郎は部屋に鍵を掛けた。

 子供たちや両親は内鍵を掛けたことを不振がるかもしれないが、そのことへの配慮より脳内を駆け巡る沙織を凌辱しておいてあざ笑う男達への嫉妬に対する昂りのほうが勝った。
着物の裾を捲ると男達が弄り尽くしたと思われる白い下半身が現れた。
この段になっても両腿をぴっちりと閉じて、見た目にも夫の侵入を拒み続けている妻 沙織。

 勝手に出ていった先で男を味わってたくせに生意気な!

 怒りと嫉妬がないまぜになり、それが頂点に達した。
軽く手をかけて、やさしく手をかけて引き下ろすつもりでいたパンティーを、繁みに指先が届き生暖かさを感じた瞬間耐えきれなくなって引き裂いていた。
帰る直前まで男のことを想っていたか、それとも男に抱かれてきてたのかと、女性の躰を未だ理解できないでいる新三郎は一方であざけりもう一方で愛おしく思った。
凌辱で始まった仮面の夫婦のまぐわいなのにそれでも沙織は逃れるような動きはしなかったのだ。

 白く透き通るような下半身の奥のソレをひた隠しに隠そうとするかのような姿勢で横たわる妻の、太腿の付け根にごく自然な繁みがあった。
人妻を寝取る輩の手練手管を本で学んだ際に、このような女にはそれ相応の前戯をとあったが、かつてそのようなことを妻に行った記憶すらない新三郎である。
その、真心を込めてクンニを施し開くように仕向けてくださいというような妻の下半身を夫は遮二無二割って覆いかぶさった。

 もとより前戯も何もなかったし期待したこともなかった夫との夫婦性活に今回も沙織はあきらめに似た感情を押し殺し素直に従った。
夫婦のまぐわいが始まると沙織は、決まって独身時代とろけさせてくれた男たちの性技を想い出し妄想の中で準備を整えてきた。
今回も帰り着いて義父母を見た瞬間から「ああ・・・この人たちも不自由なら夫はなおのこと不自由だったんだ」と思った。

 もしこの場を収めることが出来るとしたら、それは依然と変わらぬ妻になりきること。
女が欲しくて飢えている夫を迎え入れ、溜まった濁流をヌイてあげることぐらいである。
夫が帰る時間に合わせ、後に起こるであろうコトのために心の中で自慰に耽った。夫のためにと思ってやったことが裏目に出た。

 他の男たちがこの場所へ向かって注ぎ込む情熱に沙織はもだえ苦しんだかと思うと復讐の念に黒い炎が渦巻いたのだ。
自分の時とは違って沙織は自ら進んで美しい足を開き男を迎え入れた。その今組み敷いている個体とは違った妖しい肢体が男の身体に絡みつき露わな声を張り上げる様子が目の前の暗闇に映し出されたような気がした。

 強引に侵入した新三郎はあっという間に自分だけ果てた。
沙織の中に放った瞬間、欲望は果てたが目の前の情事のあとの妻の下半身を見て益々疑念は強まった。
しかし逆に検査結果が悪い方に出た場合、沙織と離婚することになるが、元はと言えば男として自分がふがいないからであって不貞を働いたからと言って果たしてこの美しく魅惑的な妻と別れる決心がつくかと一抹の不安をも覚えた。

 欲を言えば妻だけ残し、子供の父権は胤を仕込んだ男に子供を添え送りつけてやりたかった。
だがそれは法的にもできるわけはなかった。
母親はどうしても親権を持つことになる。そうすれば沙織は胤を仕込んだ男の元へ子供等とともに送り出してしまうことになる。

 検査の結果が自分の胤であってくれたらという気持ちが脳裏をかすめた。
そうすれば疑心暗鬼の日々は消え、元の穏やかな家族に戻れるし例え育ての親であっても父母も喜ぶと思われた。
だが、そうでないことは調べるまでもなく明白の事実ということもわかっていた。

 旧正月が空けると新三郎は研究機関に夫婦と子供たちの鑑定を依頼した。
「こうまでなさる確固たる理由はおありですか?」
新三郎はこの問いに自分が探り当てた研究結果と妻の行動記録を添えて説明した。

 「おっしゃりたいことはわかりました。しかしながらあなた様も高名な研究員、とすれば結果は調べずとも明白なはずで、我々の結果を待たれるもの良いですが無駄に時間を費やされるより探偵を雇われてそのあたりを調査されることをお勧めしますよ」
「探偵をですか?」
「そのとおりです。精子は膣内で3日は生存しますから、あなた様の日記に記された奥方様の妊娠可能周期から計算した日に誰か他の男と接触を持たれたか調べ、その男のDNA鑑定を依頼なさるともっと効率よく回答を差し上げることができます」

 なるほどと思った。
神聖な研究機関の職員なればこそ、主に不倫や浮気調査が主な仕事の探偵屋を雇うという思い付きはこの場合門外ではなかったはずだ。
「どこかにお知り合いでも・・・」
頭を下げて紹介を受け、研究所を出る段になってどっと疲れが出た。

 何故こんな屈辱的なことのために走り回らなければならないのかと思った時、わけのわからぬ子を孕んだ沙織が無性に腹立たしかった。

 夫婦とは実に陳腐なものである。

 その夜は久しぶりに親子そろって料亭で外食をした。夫は他人棒に抱かれる妻に、妻は執着する男に身も心も奪われていることを押し隠して。
沙織の表情は明るかった。
目の前のはしゃぐ我が子を見守る両親の眼には その胤を父が疑ってかかっているんだという罪悪感というようなものが一切窺われなかった。

 妻である沙織はどこか他の男と逢瀬し孕んだとすればこのように明るくふるまえないはずだがその立ち振る舞いに翳りは見えない、それを書斎で契った一夜のことで帳消しと考えてはいまいかと疑ってもみ、もしそうであるならばなおさらのこと自分で女の快感というやつを開かせるんだ!このまま手放すには惜しいとさえ思った。
「あなたお酒の追加はどうなさいます?」
ぼんやりと子供たちを見やっている脇で沙織がくったくなく問いかけてきた。

 「ああ、もらおうか」
もしかしたら早まったかもしれないという懺悔で胸がいっぱいになったが、次の瞬間目の前を横切った妻の豊かな尻の線に打ち消された。
妻がどこかに出かける風に見える日など、妻の腰は何時もと違って今のようにどこか艶めいた動きをする。

 何かの本で読んだ、女が発情期になると躰の線や動作まで変わってくると。
今の妻 沙織がまさにそれだった。
孕む危険性が無い時分のまぐわいであっても、それが自分を守ってくれる男であるならせめても遺伝子を残そうと蠢かす。妻を見るにつけそのように思えてならなかった。

 あの嫋やかな尻をほかの男が鷲掴みにしながら組み敷いて妻を頂上まで昇りつめさせ孕むことさえ許すまでイカせ、濁流を注いで!!と懇願するまで寝取ってしまわれている現実に、反省などどこへやら再び恨みつらみがふつふつと燃え上がりはじめていた。
関連記事
  • 残照

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

tag : DNA母子北里新三郎健太奈緒沙織寝取られ嫉妬勃起

コメントの投稿

Secret

その他連絡事項

ブログ記事として残さない呟きをここで行います。
Shyrock様からバナーを頂きました。

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」バナー
相互リンク用バナーとしてお使いください
Size : 200 x 40



読み終えた方は感想をこちら (Shyrock様掲示板) にお願いします。
小説感想掲示板

官能文書わーるど様への投稿
  • 残照
  • 老いらくの恋
  • ヒトツバタゴの咲く島で
小説の投稿先と投稿内容の詳細(専用ページに移動)
アップデート 2024/02/21 12:45


投稿記事へのコメントをお待ちしています。



にほんブログ村「ブログみる」 image ぶろぐ村は幅広い分野のブログを閲覧できることが魅力の日本で唯一の検索エンジンです。

 にほんブログ村が提供する「ブログみる」はインストールが簡単で、いろんなブログをストレスなく見ることが出来ます。
 例えばスマホ版をご利用の場合、いつでもどこでも好きな時間に好きなだけブログを見ることが出来ます。
ご利用法>>>
バナーをクリックしていただくと、1つのリンクだけで下記3リンクへ自動で振り分けられるページに移動できます。
※閲覧する端末ごとに遷移先が分かれています。





ページトップの点滅する文字をクリックすると下のようなページに飛びます。下に掲げたリンクをクリックしても飛びません。飛びたい方はURLをコピーしURL欄に貼り付けてください。
プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは「愛と官能の美学」Shyrock様からのご投稿を含め、365日休まず更新。官能小説を書いており、不倫、近親相姦、スワッピング、NTR,実話など多岐にわたります。掲示板多数。自己紹介の小説あり。

序文 (おおよそ500字) と本文で構成されていて「続きを読む」をクリックしていただくと本文を読むことが出来ます。

関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
特殊な記事
ブロとも一覧
パスワード禁止

閲覧にパスワードをかけられたサイト様は規定に反しますので、しばらくは様子を見ますが、期間を過ぎ改善がなされない場合、ブロ友から外します。


鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

アオハル残酷ものがたり

AV-Q

還暦BoBoちゃんの射精日記

 ハメ太郎の性活日誌

熟・変態女教師

えっちな人妻ひめの露出・混浴・輪姦

人妻のよろめき

Kaede's Room

盛若楠紫楼の官能小説

菜々子の秘密部屋

恵子の妄想

愛の記録

パイパン美マン人妻愛奴「まゆ」の調教日記(完全素人オリジナル)

セイカツ日記~夫婦の性活~

罰と罪-嗜虐的な天使を探して-

寝取られ体験談

熟年夫婦の性活

日々の妄想を形にして(SM小説)

嫁の体験リポート

Sorao's Naked Activity Log -裸活-

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

鳶屋の艶本

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

これも愛なんだ

変態仲良し夫婦の性生活
ブロとも申請フォーム
小説系のブロ友さん募集中

詳しくは「相互リンクについて」をお読みください。

この人とブロともになる

アクセスランキング
嫁の性長記録 image


ブロともときめき速報
Mikiko's Room
Mikiko's Room image
Twitter
「知佳の美貌録」
今日はこんなことをツイートしました。
タグクラウド
文字をクリくすると関連記事が検索できます。

欲情 背徳行為 婚外恋愛 寝取られ 凌辱 覗き見 近親相姦 生ハメ 姦通 誘惑 締め込み 浮気 レイプ 中出し 妄想 人妻 他人棒 母子姦通 自慰行為 恋人交換 裏切り 輪姦 W不倫 不倫 クンニ 寝取らせ 嫉妬 鬼畜 バイブ 騎乗位 夫婦交換 童貞破り 姦淫 ワンナイト 貸し出し 喪服未亡人 借金肉地獄 SM 官能ホラー 強姦 M字開脚 きむすめ 吊り責め SM 裸心縛 未通女 女性リーダー しゃぶる 夫面前凌辱 旦那制度 暴走族 指マン 足入れ 濃厚精子 混浴 手コキ 花街結婚 義父嫁姦通 フェラ お風呂入り スワッピング 真夜中 愛撫 四つん這い うぶな 使用済み 悲恋 ファンタジー 露出 寝取り 乱交 完堕ち 有名女優 JK イタズラ 禁断 アンチ援助交際 嫁の羞恥 ゴルフ 同一マンションに居住 淫略 育児放棄 ごっくん 年下 生ハメ・中出し 顔騎 性教育 羽交い絞め 襲い来る恐怖 未知の物体 脱出不能 公衆便所監禁 パンチラ オナニー 告白 愛と官能の美学 Shyrock 純愛 菊門 秘密の恋愛 未亡人 二股 交尾 義理の母と子 夜這い クリトリス 夜伽 姉弟相姦 他人妻 羞恥 母子相姦 新妻 童貞 屋外露出 後背位 飢え 肉便器 魅せ付け 夜逃げ モンペ 奪い愛 娶わせ 夫婦生活 雇女 売春 淫臭 マムシ 放尿 女性用媚薬 覗き 息子の嫁 尿意 熟女 禁断の性行為 口淫 松葉くずし 堤先生 乳房 ご無沙汰 母娘 絶頂 出逢い系 追っかけ 横恋慕 生活保護 野外露出 素人 乳首 男根願望 いじめ 母子家庭 想い出づくり アナル 自慰 忍び逢い 風呂 ミニスカ 洗濯物 レズ 人妻・熟女 タンポン 清拭 生ハメ・生姦 阪神淡路大震災 輪姦・凌辱 ネトラレ 脅迫 チラ魅せ 性癖 10代のチ〇ポ 禁断の関係 ヒトトキ 疑心暗鬼 NTR 母と息子 淫靡 誘導尋問 強制性交 二股誘惑 痴辱恋愛 お義母さん カーセックス 女囚 媚薬 肉棒 屈曲位 発情 ぶえん セックスレス ホンバン行為 経産婦 仕返し パンティ 旅籠 夜を鬻で 自己陶酔に陥る 六十路 嬲って憂さを晴らす 身を堕とし 禁断の愛 黒い茂み 男鰥 寝バック 仲居 不貞 怒張 女衒 髪結い 巨乳 美乳 電マ 童貞狩り 仮釈 義道さん バック 躊躇い シチリア 寛治さん 珠子さん 保釈金 三所攻め 舐め 咥え 魔の誘惑 チューブトップ 万引き 警備員詰所 すらりと伸びた脚 月に1度の憂鬱な訪問者 マン繰り返し 秘肉をなぞる 顔面騎乗 近親愛 オカズ バイブレーター おしっこ 調理 幼稚園先生 看護師 3P乱交 乳腺炎 日照り 和姦 住職 檀家 フェラチオ パンパン 年下の男の子 お母さん 落書き デリ面接 潮時 マンネリ化 妊婦 コンドーム ディルド 春を鬻ぐ お試し 素股 ポルチオ 兄と妹 シモの世話 姉弟誘惑 背徳的 枕芸者 不特定多数 ご奉仕 鎌首 キス 恋焦がれ セックス イタリア くぐり戸 お潮 男を惹き付け 未開の地 優秀な男 運搬自転車 荒勘さん 割れ目 くぱー 懇願 失恋  全裸 太股 痛い 超ミニ 粘膜  二股不倫 自慢 トランクス シクスナイン 男根 男と逢瀬を重ね 夫婦の交換 性欲処理 黄金排泄 屋外 まぐわう 月のものが止まった よがり狂う 淫声 逢瀬 畜生道 夫婦円満 危険な冒険 下半身 ざわめき 浮気の代償 サカリ 張形  壁ドン妻 野外セックス 意識し始め 恋文 背面騎乗位 未開発 嫉妬と苛立ちを増幅 チ〇ポとオ〇ンコの娶わせ 臭いを嗅ぎ 縄張り 栄養補給 間男 同衾 躰の関係 浮気心 剛毛 性行為 プレゼント攻勢 ノーパン ショーツ 唇を重ね 愛欲 翳り  鑑賞 AV女優 ワレメ お色気 痴女 妊娠・出産 もてなし 女教師 ゴム 京都 緊縛 お下げ髪 セーラー服 あえぎ声 須恵乃さん 割り切り 女日照り 肉体労働 熱い視線 しゃぶり 性的興奮 ワンギリ 素人人妻 出逢い 義母 逆ナン 結婚 正常位 廃屋 身体検査 鯉こく 胤の受け渡し 口内炎 下働き 働き口 母子  バツイチ うなじ 花弁 蜜壺 旦那 ぶっかけ 訪問介護 オイタ 対面座位 締めつけ 潮吹き パンモロ 出戻り 下駄箱 痴漢 顔を跨ぎ 添い寝 後ろのすぼまり 剥き出し 虐待 貧民窟 睨み据え 結婚詐欺 コッペパン 父娘 我慢 自信過剰 秘所 堕胎 妄想癖 ツンデレ 自己顕示欲 輪姦・乱交 初めて 淫語 Gスポット シックスナイン 青姦 聞き耳 背面座位 バックスクリュー 筆おろし 安全日 まんチラ 秘めやか クロスラヴ 小便臭い小娘 後ろめたい 露天風呂 ブラック 毛唐 痴態 開脚 遺産相続 平手打ち エッチ 兄妹相姦 すぼまり 打擲 女の部分 マングリ返し 浣腸器 栄枯盛衰 全裸の野性的な美女 立ちんぼ 性的欲動 牝獣 旦那以外の漢 専業主婦 漢漁り 神童 ぬめる感触 上司と部下 パート従業員 胴体 快感を伴う 後家 貢ぐ 夫婦喧嘩 妻の気持ち 飯場  無理強い 超常現象 暗闇 清楚 温泉 娼婦 流出画像 快楽に翻弄され 女将 本やビデオで勉強 大開脚 クロッチ 哀願 油ののりきった女体 若いミルク SEX 淫らな光景 お菓子 長い黒髪 98Fの胸 完全勃起 夢精 見栄 片手と手ぬぐい 淫らすぎるキス せっくす 姉への口姦 牝蜜を涎のように垂らし 洗い場の湯椅子 睡蓮 屈辱的な姿勢 性具 息子の肉棒を愛撫 血管が威嚇 三十半ば 動画 退屈 盲目的野獣 黒人 メソメソ 母親 一方は素足のまま 囲われ 狼藉モノの侵入 転校生 通せんぼ パソコン 画像 犯罪人登録 嘘で塗り固め 隠れ忍ぶ 切りウリ 仮釈放 悪ガキ 情状酌量 追い掛けるように 覗き込んだ 赤んべえ 調教 一緒に寝て 青荷 一人じゃ心細い 伊豆 変態極まりない行為 後期高齢者 呆気なく登り詰め マッサージ お漏らし 出血 生理 血が付いて カップラーメン 半勃ち 正常位を強要 バージン 襞の中をくまなく まだらボケ 健忘症 業界関係者 交尾に酔いしれ 根元 自由恋愛 腰を前後に擦り始め 跨った タヒチの踊り 残留物 通学路 農道 何年ぶり 縞蛇 肉の悦び 淫習 口元がついほころんで 悪戯っぽい目 真っ赤に腫れ 吸って 靴が片方なくなって 悩ましげな視線 大量のTシャツ 寝たふり 見せしめ 名前だけ旧名 同様旧態依然のやり方 御歳暮の申し込み 真っ暗な線路上 トイレに立てこもり ポイント 誘導員 飛び降り 後続列車の車輪 切符切り 無賃乗車 麻美の茂み 黒々として 駄菓子屋 卑しき女衒 10円程度で買える菓子 つかの間の安息日 藪蚊に食われ 墓地脇 嫌らしい動き 黒い姿 写真で見慣れた景色 ヌメッとした感触 腰を屈め アワビの踊り焼き あの部分を連想 強い匂いが沸き上がって 列車 身体をすり寄せ 真後ろから撮った 脚を大きく開いた その部分 やや厚ぼったい襞 貶められた 放物線を描いて 切れ込み ヌード写真 盗撮動画 売春防止法に抵触 3P乱交 若後家 暴漢 猟奇モノ 同房 金の無心 エッチな写真 ビキニ 毛むくじゃならなもの ペアルック 腰を激しく擦り付け 恋人同士 利己主義的思考 口先だけ 義務教育という概念 現金書き止め 売春まがいのこと 呑兵衛の宛 クン二 将棋賭博 収監 あの匂いが嗅げる 色町 春の臭い  たらい回し ふたつの豊かな膨らみ 義母の胸元 エプロン姿 金玉マッサージ ピストン攻撃 中で字を書かれ 謝罪 指を口に当て シングル 悪戯 ノーブラ 釣鐘型の真っ白な肉丘 ベルを鳴らしてきた アナル責め 乳房の肉丘 下腹部の繁み 丹念に洗って 豊尻の底 義母のパンティー クリーム色のシミ お口で愛し ぽってりとした唇 甘い体臭 お尻を愛し 匂いを嗅ぎ 義母の汚れ物 狭い肉道 オナホ 強請る 半透明の液体 力づくで抑え 連れ込み 枕がふたつ 妾話し 留守電機能を解除 ローター 排他的思想 改宗 恥骨裏側 放尿前の感覚 携帯電話 おびただしい液体 上玉 全身をわななかせ のの字交尾 いやらしい音 野球拳 ただまん 体位変換 馬乗り 膣道に滲み出す愛液 欲望が激しく炸裂 叔母息子姦通 しっぽり濡れ 着崩した寝巻 万引き犯 ほどよい潤滑油 怒張したいちぶつ カウパー液 引き寄せる仕草 ままごと道具 リカちゃん人形 独り遊び チャンバラ 差別社会 戦争ごっこ 孕んだ 母乳 大きな空洞 拳を握り人差し指と中指の間に親指をめり込ませる 蹂躙 白いカスが付着 抱きしめ 春を鬻ぎ よそ者が紛れ込む 掃除道具入れ シズク ひる 最初の人 反射的に脚を閉じ 押し付けられた唇 無防備な状態 聞き耳を立て ギラギラ 女の指先 三輪車 クリッとした目 舌なめずり よーいドン 膝と膝が擦れ合う ヘンタイ 酒池肉林 舌に蹂躙 義母の肛門 敗北を伝える イチジクの実の形 跪いて 肉リング 双臀を割り裂く 寸前まで追い込む 手アワビ 腹部が波打つ 暴行 わいせつ 豊尻を拝む さいなませる 悪い母親 濃厚な妖艶さに満ち 部屋で待つ女 街角に立つ 風景に溶け込む シモの話し 3輪車 すっぽりと咥え 主婦風の女性 遣り手 肩に片脚を乗せ開いてくれ 洗面台に片手を突きながら 包皮を剥きにかかった 頭部を支え腰をわななかせ 禁忌のタブーを犯し 奥を探った ゆっさゆさ 野外 輪姦乱交 ピル 久しぶり 娘を欲しがる 素っ裸 浴室 盗み聞き 女の喘ぎ 絞り出すような呻き 肉感的 筒抜け パイプカット 隣人 搾取 娶合わせ 苦しみ 妖しげな手の動き セーラー服の少女 情交 ウンコ アナル拡張 展望台 不憫 痕跡 横取り 色即是空 慈愛に満ちた説教 若鮎 うなじの後れ毛 裸で抱き合っている姿 肉と肉のぶつかり合う 長い歳月 まさぐりながら エッチな雰囲気 エッチしてる様子 松葉崩し 伊豆の温泉 女の勘 脇腹を突っついた 露わ 許可 ふしだらな女 左足を肩で担ぐ 妖艶に微笑み 魅入って された腹いせ 軽はずみ 即尺 フェラ抜き 屈曲 切羽詰まった声 揉み合うような気配 秘めやかな会話 うつろ 猟奇的な交尾 怖ず怖ずと 付き合う 信じられない 兄妹 グロマン 嗅ぐ よがる 産婆 恨みがましい目つき スカトロ 熟れ切ったアソコ 如何にも狡猾な人妻 強制的なセックス スケベ妻 親子丼 女の何たるか 2穴 3P こじらせ童貞 先輩の肉棒 恋焦がれた女 こじらせ 男女混声の三重唱 ラヴ ディープキス お姫様抱っこ 陰唇 肉厚の恥丘 背面側位 歓喜と羞恥イキ おっぱい たゆんたゆん 泥沼の三角関係 派手な服装 朝立ち 膣内 ピストン 亀頭 年下に惹かれ スワップ 拒絶 劣情を煽る 悶々 スキンシップ 意思疎通 じらし アヌス 会陰 真空パック 搾乳機 射精 療治 沸騰寸前 3P かかあ天下 嬲られる 鞍替え 過激交尾 成長真っただ中の性 唸り声を発しノーパン 姉弟の淫声 恫喝 美容効果 発情がぶり返して 尻魅せ 定優等生の回答 焚き付け 姉弟姦通 オナった M字に開脚 複数の漢 脅し 守番 二束三文 二輪車 女が男に跨って ヌード 疑わしい目つき 戦中戦後 遊興に耽った 固く張りつめた粒 透明な密が溢れ 文化遺産 書画骨董 質素倹約 希少価値 半ば開いて 脚を開いて見せ 無償の愛 大胆にも太股を触り 梃子 覇権争い 連れ合い 茶飲み 認知テスト 下半身は現役 毛を摘んで見せた 記念 凄く毛深い 排尿介助 悩み事相談 身体介助 パックリ割れた襞 身体がピクンと震え その部分のドアップ 肩越し 重苦しい沈黙 耳たぶを軽く噛み始め 昇龍 鉄火の女 二組の布団 女中が気を利かせ 黄金色 墓参り 身体を観察 クッキリ入った溝 裸のまま布団に 女の子の視線 スジ 業界でも一目置く 白い身体 騎乗 デジカメ 脚開いて 大きめの突起 黒ずんだ襞 仕込み 黄金水 組を抜け 度胸 刺青 伯父さん ハエ叩き やんちゃ 手を取り合って 欲徳に直結 カップル交換 婚外性交渉 初対面 ラブホテル 身代わり 躊躇いもなく 待ち合わせ 恋路 父娘相姦 解放感 晒し 薬草 ゲンノショウコ 薬効 前を握りしめ じっくりと鑑賞 込み 瞬時の快楽を貪る 他生ハメ 締め人棒 盗撮 出来ちゃった よがり声 欲得より官能の方が勝って 大きめな粒 溜息を突いた 白目を剥いて 生臭い体液臭 喘ぎに似た声 まさぐり合い 貫通式 商業科 襞に埋もれた粒 柔らかな感触 部屋の鍵が掛かって やってる 尿が出にくい それを示す匂い 久仁子の割れ目 臭い 他人の女房を寝取る 性的欲望 その場限り セイシ 一塊りの滴 ぎこちない手の動き 高齢者 尿道に唇と舌で刺激 情熱が実を結び 優等生 就職組 貧困 偏見 定時制高校 進学 3者面談 具に舌を這わせ フル勃起 溢れ出たシル 丁寧に舐めあげ 認知症 廃慕・墓じまい 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
「 知佳の画像掲示板 FC2」以降のリンクは利便性を鑑み取り付けています。
QRコード
QR
参加ランキング
人気ブログランキング


アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
189位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
13位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム
メールは日に何度かチェックしています。お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogと【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」の中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
拍手ランキング
この拍手は「ランクレット」と同様の意味合いで取り付けています。

他の人にお薦めしたいときに記事の上部にある拍手ボタンを押して頂くとあなたがお選びになられた記事がカウントされます。
おすすめ官能小説
18禁官能小説集です。
官能小説投稿
小説を書いたら投稿しよう
小説家になろう

小説を読もう!は「小説家になろう」に投稿されたWeb小説や作品を無料で読める・探せるサイトです。

小説家になろう
小説家になろう

入谷村の淫習を投稿中


愛と官能の美学
愛と官能の美学

愛と官能の美学は投稿も出来ますがご投稿もしていただけます。
お薦め


官能文書わーるど
官能文書わーるど

「官能文書わーるど」の管理者しょうた様はご多忙のため掲載には少々時間を要します。


Pixiv
ひそかに心を寄せる茶店の女店主
各種掲示板
注意書きに沿ってそれぞれの掲示板をご利用下さい。
知佳の画像掲示板
知佳の画像掲示板
FC2レンタル掲示板、投稿画像などFC2&国内法に適するなら書き込み自由。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の書き込み掲示板
知佳の書き込み掲示板
書き込みの文章や画像など、規約に沿った内容でお願いします。
Shyrock様のご厚意により宣伝効果大


官能テキスト掲示板
官能テキスト掲示板
当掲示板は小説等更新時の案内用としてご利用ください。
違法画像、児童ポルノは厳禁です。
商業目的の使用は禁止です。
ご利用に当たって相互リンクの有無は問いません。


知佳の書き込み&
投稿画像掲示板
知佳の書き込み掲示板
自撮り画像掲示板
★当掲示板は自分撮り、他人撮り等オリジナル画像限定でご投稿ください。


Kaede's Room
画像掲示板
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。宣伝にご利用下さい。


知佳の掲示板
知佳の掲示板
HTMLにて画像挿入可能です。

投稿写真動画
素人投稿写真/素人投稿動画/素人オリジナル限定の素人投稿専門サイト
紳士淑女の夜の社交場 image
投稿写真動画 画像
35,000 (08/11/23時点)

投稿画像の壷 image

盗撮・覗きetc
どていばん.コム image
昔は盗撮が横行して……いやいや、今でも立派に横行しています。
そんな気分を味わいたい方にお勧めなのが「どていばん.コム」です。

着エロ@電脳女学園 image
着エロ、パンチラ、制服美少女、グラドル、お宝女優、えっちなお姉さんをまったりと楽しむ。そんなリンク集と画像掲示板サイトです!

緊縛・凌辱
アンテナ (アクセスアップ)
更新情報を素早く掲載、宣伝に効果的

読みたい小説を簡単に探し出すことが出来ます。

ブログの登録を依頼し掲載してもらうだけで訪問者が増えます。
宣伝効果が期待できます。
サイト内リンク
知佳の美貌録(総合)
知佳の美貌録(総合)バナー
一般ページ

知佳のサイト内では道路標識的役割のページ。


Japanese-wifeblog
Japanese-wifeblog ban
ブログを始めよう思って最初に手掛けたページ。
FC2のまま継続していたとしたらブロ友数の多さが目を引く。
検索エンジン登録数も他のページに比べ桁外れに多いのがこのブログ。


知佳の美貌集
知佳の美貌集 バナー
アンテナ2号館



知佳の小説系アンテナメーカー
知佳の小説系アンテナメーカー バナー
アンテナ1号館



Sexcy style
Sexcy style ban
カリビアンコムなどの有料動画の最新情報を観たい方はこちら。


知佳の美貌録(総合)
舞ワイフ ~セレブ倶楽部~ 171 ban
不倫・不貞、他人棒の総合案内こちら。


知佳のアルバム
知佳のアルバム
知佳の美貌録のアルバムをご覧になりたい方はこちら。
最新動画
セルフ潮吹きと…
南原みさき    
恍惚 〜色気た…
佐々木優奈    
早抜き 与田知…
与田知佳    
サービス精神が…
水元恵梨香    
家事代行のドデ…
櫻木梨乃    
面接セックスを…
紗霧ひなた    
バイト先の人妻…
小泉真希    
極上泡姫物語 V…
藤咲ゆい    
即ハメしちゃう…
紗倉みゆき    
女熱大陸 File.09 …
加藤えま    
SNSで見つけた …
七瀬結衣    
セクシー女優エ …
大久保ゆう    
早抜き 舞咲み …
舞咲みくに    
人気ランキング