FC2ブログ

疑惑 「55万2千もいる例のファンのひとりが庄衛門だった」

おカネの放ったシル
庄衛門が路傍で放ってくれるとおカネもお返しとばかりに草むらにしゃがんでシャーッと臭い立つものを放った。
興奮冷めやらぬ庄衛門はコトを終えたおカネのおいどを周囲の者からそれと気づかれぬようサッと心を伝えるべく撫でた。

田舎の、しかも水呑みなどと呼ばれる身分の家では近年まで厠は地面に穴を掘り、甕 (かめ) をいけ、周りを粗末な板で囲った程度のものであった。覗き見しようと思えばいくらでも可能なほど露出に近いやり方で、それゆえに野ションについても罪の意識などなかった。
シゲチャンオススメ 老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。
したがってモンペをずらし、腰巻をからげて草深い野にしゃがみ放つなどというのはごくごく当たり前…… というよりその方が自宅の厠で用を足すよりきれいで安全なことから頻繁に行われ、誰も咎めなかった。

このようなことは現代でも一部で行われている。

フォロワーが55万2千に達するアマゾンの女王がいる。

彼女の場合知佳から言わせれば釣りが特別上手いわけでは決してない。どちらかといえば口だけだ。

顔もそうだが泉南ヤンキーそのものの口の利き方に加えスリーサイズも…… 本人曰く盛り乳もあるようだが悔しいかな頭抜けていて、しかもそれを 例えばケツをこれ見よがしにフリフリさせ魅せつけながら例のはすっぱな口利きをする。

その彼女は恐らく、釣行でもよおした場合 野でしゃがむと思われ、男どもは隙だらけな牝に群がっているように思える。つまり妄想  我こそはヤンキーの尻を、できれば己の粗末なもので撫でてやりたい!!が55万2千に繋がっているのである。

であるから、ここでいう卑猥な行為とは尻を挨拶代わりに撫でることをいう。

男と女の、このようなふしだらな行為を許せる風潮では、当時僻地の村では皆無であった。

入沢村でなくとも昔堅気の村では男女が並んで歩いただけで厳しくとがめられた時代もあったという。

それ故、気持ちを伝える手段と言えば、

何かをそれとなく届けるとか笑顔で対応する程度で、婚姻に付けてもこの程度でわかたっつもりになって執り行われていた。

庄衛門とおカネのように周囲の目に触れるか触れないかの瀬戸際のところで、

相手にだけわかるよう野で放つフリをして晒してあげる、しかもまぐわいの合意を取り付ける際に行う尻を撫でてやるなどということを人前では村人は決してしかなかった。

このような行為を大っぴらに行えるのは街ならではの事だった。

おカネと庄衛門は村の若い連中でさえ周囲の目を気にして滅多に行わないこれを、頻繁に、しかも執拗にして秘かに行ったのである。

しかも妙な話だが、当時は生理現象ゆえ行う排泄行為を、今のように完全密閉の空間で行う習慣を貧乏屋では持たなかった。

母屋の中にこれらを備えれば悪臭がして大変なだけでなく家屋が傷むから別棟を建て、そこで済ませた。掘っ立て小屋の厠である。

だがこれが特に女子供にとって不平不満の元となった。

暗がりで用を足そうとして落ちたなどという話しは枚挙にいとまなない。だから人は好んで野辺で放った。

確かに下肥の確保の観点から考えれば野に放つなどという行為は、それだけで食い物を粗末に扱ったことになる。

だが家の厠で用を足そうとすると、まず覗き見されないよう隠すのは大変、そして御居処 (おいど) の処理ともなると外の、しかも水辺に比較的近い野で放つほうが利便性が良かったのである。

ともかくどこであっても潜むように物陰に隠れて、女はしゃがむ以外になかったのである。

男は堂々と道端に放出するのが普通であったが……。

だがそれは、気になる つまり好意を寄せる相手からみれば、

どうしても拝みたい光景で、まだ温もりのある間に嗅ぎに行き、

手で触れることが出来たなら、その時は満願成就できなくても現代でいうところの右手を使う折のオカズにもなる。しかも現物に触れ嗅いでである。

「オラのために……」

ひとまわり以上歳の離れた男女であっても、いかにも不自由している村のこと、庄衛門とおカネはものの見事に気持ちが伝わった。

庄衛門もおカネも、幼少の頃から成長期に至るまで食うことに労しなかった。したがって極めて健全だった。自然の摂理として異性を時が満ちれば欲しがったのだ。

そこで庄衛門は、決まった場所で決まったように放出しておカネに見せた。

それをまた、遠間から見たおカネは、それとなく物陰…… といおうか草むらに忍び込み、しゃがむのである。

鍛冶屋でいうところの鉄は熱いうちに打たねばならない。まぐわいで言うところの求めを示すシルもまた同じで、臭い立つ間に嗅がねば勃ちに繋がらない。勃たねばうつろわない。

こういったことは阿吽の呼吸・以心伝心である。

なんの遮るものとてない田舎の事ゆえその距離が次第次第に縮まったのは言うまでもない。

ある日のこと庄衛門は、おカネが用を足そうとする繁みの近くに予め身を潜め覗き見ておき、済ませて立ち上がった瞬間を見計らって、

素知らぬ顔で真後ろから近づき、

湯気の上がる地面にしゃがみこんで臭いを嗅ぎ味を確かめると、

今放出し終わったおカネを、お宝を真下から見上げた。

放出し終え、モンペを履こうとして庄衛門の存在に気付きおカネは慌てた。

なにしろ、モンペの前ひもは後ろに廻して最初から結んであってよかったものの

前で結んでいた後ろから回した紐はほどいて、モンペをペロンと後ろだけまくって尻を剥きだしにしていたからたまらない。

焦るあまり、たくし上げようと試みたモンペの後ろが、

豊かな臀部に引っかかり、

どうにもこうにも未だシズクの垂れるアレを覆い隠せなかった。

当時は当たり前の事であったが庄衛門はそれを見逃さなかった。

「おいっ、まだシズクが垂れとるぞ!」

こういったかと思うと、

おカネの背をポンと押した。

前のめりで倒れ四つん這いになった拍子に、おカネは尻を高々と掲げアレを庄衛門に晒す格好になってしまった。

「どれどれ、しょうのない奴だ」

再びしゃがみこんだ庄衛門は両の手で豊かな尻を鷲掴みにすると臀部に顔を埋め、ぺろりとせっかく垂れていたおカネのシズクを舐めとってしまった。

しまったという思いがおカネに沸き起こった。

〈 他人じゃなくなってしまう 〉

夫の甚六に知れたら…… 当時は手を握っただけで結婚させられた時代である。ましてや姦通の、しかも穢多が被害を被ったとあらば死ぬまで打ち据えられるなどということはままあった。

しかも子を孕む、その仕組みすらおカネはよく知らなかった。おカネに許されているその手の事とは妄想だけであったが、主がそれを忌み嫌えば即離縁に繋がった。穢多の部落で出戻りではいかにも肩身が狭い。甚六にだけは捨てられたくなかった。

そう考えただけで胆が冷えた。

地面に崩れ落ちるようにおカネは身を投げ出し、

必死で胸を押さえた。

この状態から庄衛門に押さえ込まれ、胸を開けられ、吸われたりすれば

日頃から庄衛門のあそこに興味を抱き悶々とする日々を送り続けていただけに、拒絶しきる自信がなかったからである。

「恥ずかしい…… 垂れて困っていたシルまで舐めとられた気が……」 穢多である以上隣近所のばばあどものように気軽に庄衛門のあそこをお借りするわけにはいかない。

相手を、横目でにらみながらジリジリと地面を這いずって逃げようとした。

「えらい匂いがしたぞ。どうれ、儂もひとつ」

おもむろに庄衛門は前を開くと、

すっかりそそり立ってしまったアレを取り出し、

おカネの放った痕に向かって放出の姿勢をとった。放精の準備が整った棹から別のものが簡単に出て来ようもないが…… ともかく捧げておカネに、これみよがしに見せた。子を産んだことのあるおカネには目の毒だった。空気感だけで反応してしまうのが男女の妙。それを、双方魅せあって…… いや、意図せずして誘い合ってしまっていた。

微妙な時間が流れた。

庄衛門の、充血しきったソレからは

放出しようにも前立腺が邪魔して路が開かなかった。それもそのはずで、目の前に仕舞い忘れたおカネの潤んだお宝が見えていたのである。

これみよがしに反り返りながら、懸命に力む庄衛門。

だが、滴の一滴も その先端方出てこない。

当たり前のことだが、庄衛門の計画では女のおカネにすればこうまで難儀する己の恋してやまない男をほおっておくわけにもいかない筈であった。

豪快な、そのさまを見せ付ければおカネも恋してくれていると納得しやすまいかと思ったが、

その考えが甘かった。

ただでさえ、おカネ欲しさに充血し自然なる生理現象の放出を妨げているのに、

その狙うアレから滲み出たシルを舐めてしまって、しかも未だ拝み続けていた。

前を開く直前に褌の端で我慢汁を拭い取り、

何の変哲もないソレを晒し、力みに合わせ さもまぐわいによく似た風に腰を振る

妙な格好をするだけになってしまっていた。

「おいっ、おカネ。手伝っ……」

一見親孝行そうにみえるおカネなればこそ、出ないソレを口に含んででも吸出しにかかってくれはすまいかと考え…… が、

言いかけて脇を見ると

おカネの姿は消えていた。

おカネはおカネで、甚六に見つかってはと

懸命に水場に向かって走っていた。

「見つかる前に洗い流せねば・・・」

庄衛門の唾液で間違いが起こってしまう。

生まれて初めて他人の男の愛撫というものを、まさかの あの心を寄せていた庄衛門から受けてしまっていた。

それも、庄衛門のやることなすことに、

常々すっかり我を忘れつつあり、ともすれば恋慕のシルが垂れるほどになっていた まさにソレにである。

混乱する頭を冷やすには、

ソレごと谷川に浸かり冷水で冷やし、流水を手の平にとって擦り上げ具の奥まで清める以外に方法がなかった。

尻を隠すべきモンペは後ろを開け放ったまま、転がるように走っていた。

地面にシルの一滴も垂らすまいと、前を掌で押さえつつ走った。

「庄屋が…… 庄衛門さんが……」

押さえた掌に生暖かいシズクが溜まるのが分かった。

「どうにか…… せんと……」

しゃがみこみ、指を挿し込んでは溜まったのもを掻き出して、誰にも、殊に庄衛門に見つからぬよう秘かに まず枯草の柔らかい部分を使って拭い取った。

なんとか乾いたと思いきや、また立ち上がって走った。

「あんた…… オラ……悪いことした」

水辺に辿り着くと、

モンペを脱ぎ捨てて水に入り、下半身を洗った。

すっかり下腹部が冷え切って、

どんなに指を挿し込んで掻き出そうとしても

ヌルミすら感じなくなるまで探った。

すっかり擦れて血が滲むほどに擦り洗った。

それを覗き見ていた庄衛門には、

おカネが庄衛門のいきり立つものを、実は欲しくて、

治まりが付かず、

指を使って感情を押し殺そうとしているように見て取った。

透き通るような谷川の水の中で、

すっかり上気したソレに指を挿し込んで、しゃくりあげる腰を空いた掌で抑えつつ鎮め

自身の指で興奮が治まるまで掻き回している。

そう感じた。

おカネ自身、なにがなんだかわからないまま、とにかく洗い清めた。

それでも、自宅に帰り着き、甚六と向かい合わせに坐して食事のもてなしをするときなど、

庄衛門の臭いを甚六に嗅ぎつけられはすまいかと冷や汗が出た。

正座でもしようものなら、

踵が庄衛門に舐められ、唾液を落そうと川で指を使って嬲ったところに食い込む。

するとたちまち忘れたはずの庄衛門の舌の、唇の感触が甦ってまた濡れた。

よく働く甚六の手前、もてなしが忙しく、正座もできないという風に装いはしたが……

〈 オラを欲しがってた。うっかり気を抜こうものなら押さえ込まれる 〉

これまでのように、気安く近寄れば、きっと犯される。

そう思う先から濡れた。

「あん人も、オラのこと…… だのにオラは…… どうしたらええだか」

腰巻のその部分は、もう危ういほどに湿っていた。

モンペを通して、腰巻の中が危うい状態になっていることを、

甚六に悟られはすまいかとヒヤヒヤしながら給仕を済ませた。

庄衛門から逃げ延びながらも、いつのまにか身体が庄衛門を受け入れようと蠢いていることに気づいた。

甚六は食事を終えると昼間の疲れが出たのか、

その場で横になり、鼾をかき始めた。

その隙に、おカネは外に出て裏に回り、モンペを下にずらし腰巻を脱いだ。

替えの腰巻を履くまでの間、モンペの下はスッポンポンだが、

腰巻の濡れがモンペを通して内側も湿っているように見えるのは何としてもこっ恥ずかしく避けたかった。

汚れた腰巻は何気ないように汚れ物と一緒に洗い場に置いておいた。

この様子を、裏の竹やぶの中から、眼を光らせ盗み見るものがいた。

その翌日からだった。

モンペや腰巻を干しておくと、

肝心な部分に何かが付着して黄ばみ、ゴワゴワになってしまっている。

ぶっかけだった。

おカネの奥深く、渾身の想いを注ぎ込みたくて……、

実はあのあと、治まりが付かなくなった庄衛門はおカネの自宅付近を連日うろついたのだが、

どうにも同意を得て押さえ込む手段と言おうか、

突破口が見当たらなかった。庄屋たるものが平常心を失いつつあった。

だが目の前には、熟れきった人妻が立ち働いている。

厠の板壁の隙間から放出する様子を覗き見ては、己の分身を擦ったこともあった。

秘かに貢ぎ物を置いて「逢に来た」の合図代わりとし、立ち去ることも忘れなかった。

そうこうして見つけたおカネの、大切なまだ洗わない腰巻に向かって鼻面を突き付け、

胸いっぱいに香りを吸い込んだ。

吐き気がするほど肉体はおカネを欲しがり、その興奮ゆえの血圧上昇で後頭部に鈍痛が走り、行き場を失った濁流が皺袋から飛び出せないものだから、その胤の圧が前立腺を圧迫し、まるで脱腸のごとく下腹部にも鈍痛が走る。

「あのアマめが……」

己のもとに屈しようとしないおカネに、焦がれるゆえの憎しみが増していった。

咄嗟に思いついたのが、このぶっかけだった。

せめて分身に向かって放出でもせねば、憎しみで打擲しそうになるのだ。

このことに気が付かないおカネは、ひょっとすると付着したままの下着を……、

それとも とうに汚されたことを知っていて、秘かに身に着け胤がシルと絡み合う具合を楽しんでくれるかもしれないとも思った。

もしも知ったうえで身に着けてくれていて、身悶えてくれていることさえ分かれば、

それこそ真の気持ちを秘かに推し量れる、またとない手段だと思ってしまい、ありったけぶっかけようとした。

たまりにたまった胤は、自身の力で寸止めすることなどできないほど勢いよく飛び出しきった。

射出の瞬間、全身に鳥肌が立つほどゾッとするような快感が駆け巡った。

「ふふっ、この勢いのあるモノをアソコが受け入れたなら、間違いなく惑乱するはず」

妄想の中で、おカネが何度も欲しがり、よがり声をあげしがみつく。

「ええ具合なアレじゃった。儂のを挿し込むとキツキツじゃった風に見えたでのう」

やっとのことで萎えたオノレをズボンの、薄汚れて黄色く染まった褌の中にしまった。

帰り際、おカネの家のいつもの庭先で、おカネがかつて喜んだ臭い付けを試みると、あろうことか膀胱が空になるほど放出できた。

庄衛門の頭上に幸運が一気に舞い降り、おカネと間もなく結ばれるような気がしてならなかった。

初手は妙だなと思った。ひょっとしたら月のものでも着いていたことをわからず洗濯をと思いもしたが、どんなに考えても膀胱が空になることについては思い当たるふしがなかったし、生まれてこの方腰巻のおかげとかについては見たことも聞いたこともなかったので頓着しなかった。

貧乏暇なしというが、のんびり洗濯をしている暇などない。

洗いあげたはずの腰巻の、アソコに触れる部分が妙に、多少ゴワゴワするけれど、〈 生地が傷んでいたところに太陽さんの照り返しが当たったものだから 〉そう思って、おカネはそのままの状態でいつもの通り身に着けた。

働き出すと、もうその忙しさに気が紛れてしまったが、その間にもアソコは汗蒸し、じんわりとゴワゴワがその汗様のモノで元の射出された時の臭い・形に戻り始め、おカネの女のオンナの部分を刺激し始めていた。

身に着けて働き出し、おおよそ小半時も過ぎたころ、妙にアソコが火照り、気にするほどに痒みを覚えた。

それに加え、胸元からなにやら人恋しい臭いが立ち上って鼻腔をついてくるのである。

その匂いをかすかに感じるたびに、風邪を引いたわけでもあるまいに頬が火照った。

そして、何に反応してか、しっとりと、さらに一層アソコが潤みを帯び始めている。

おカネの放ったシルの刺激に耐えかね、庄衛門が洗濯を終え干しておいたおカネの腰巻に残していった胤に、おカネのオンナが反応し始めているとは…… おカネこそ、どこか懐かしい香りだと感じてはいたものの、さすがにそれが庄衛門の胤だとは思い浮かばなかった。

甚六から日頃、お情けを受けていなかったから、胤の臭いだの、卑猥な気持ちにさせられた時に滲み出るシルだのの混合臭をすっかり忘れ、己の身体の、男への変化に気づかなかったのである。

庄衛門が秘かに忍び込んで、おカネに向かってまぐわいたい合図を、胤を擦り付けるという卑怯な手段でよこした。知らなかったおカネも下腹部付近を通して双方の想いは実を結んだのである。

おカネは、甚六に気づかれないよう作業の合間に、付近の野で手に入れた柔らかそうな枯草を使って、用を足すように見せかけながら、とにかくこまめにシメリを拭き取った。

「オラとしたことが、漆にでもかぶれたか……」

恥ずかしさでいっぱいになった。

「あぁイライラする、妙な臭いに乳まで張りよるわ」

さては先だって冷水につかりながら、指で擦りすぎたんではあるまいかと、しゃがんだ時に中を覗き見たりもした。

「あれ嫌だ。拭いたばかりというに、まだ出てきよる」

だがそれが、甚六の、何とも言えない不可解な行動で、その原因を知ることになる。

いつぞや、秋の法然まつりの宿になった、あの家の奥の間で呆れたことにまぐわい合っていた男女から発散されていた臭い……

それが今、女房のおカネの身体から発せられている。

ねめつけるように甚六はおカネの御居処を見て回った。

寝床に入ってからも、時々布団を持ち上げて、中から香り来る臭いのもとを探った。

そうしてとうとう、ある夜のこと、甚六がたまりかね

おカネの臭いがする部分に手を伸ばしてきたのである。怒鳴りながら。

その時になって初めて、おカネはゴワゴワしていたものが何か思いついたが、知らん顔でその場は通した。

添い遂げて初めて、我が女房のソレの様子がすっかり変わり果てていることに気づいた甚六。

下手に疑えば、せっかく嫁いできてくれた女房を手元から解き放つことにもなると、

己の中に沸き起こる悩乱に、わざと背を向け、素知らぬ顔をする哀れな甚六は、

ここで我が妻を取り戻さねばという焦りから、尚更のこと委縮してしまった。

寝ぼけた拍子に触ったように見せかける甚六だったが、身に覚えのあるおカネだけは、ただそれだけで身体を固くしてその場から逃げようとし、寝返りを打ったようにみせかけ夫に背を向けた。

夫婦は、息をひそめ背を向けながら夜の明けるのを待つようになっていった。

本人は気づかないようなふりをしていようとも、

庄衛門がおカネの衣服に浸み込ませたゴワゴワするものから発散される淫臭いという、

下腹部がもたらす温もりとシルで胤が溶け出し、開いた胸元から淫臭として立ち上る、或いはシル同士が交じり合い醸し出す粘りというものの刺激に痒みすら覚えた。

女としての本能からか、たとえそれが洗濯物に付着させただけの胤であっても、悲しい女の性で感じてしまい、焦がれた男に対し、その懐かしさのあまり、身体の芯からごく自然に潤みが生じているのは確かだったからであった。



PR
シークレットラブ NёNe(ネネ)🍊5月14日ワンマンライブ!
🐱NёNe、本気の大挑戦!🔥

💥はじめての1st ALBUM💥
『#太陽のラブレター 』制作☀️💌
🔥目標金額 /500,000🔥
クラウドファンディングを開始します!!

アルバムに収録される楽曲を公開!!
今スグ聴いてみてネ!😼⚔

シークレットラブ今、NёNe史上💥はじめてのCDアルバム💥
『太陽のラブレター』を制作するために
クラウドファンディングに挑戦しているんです!ᕦ(ò_óˇ)ᕤ🔥

    \目標金額は\500,000/

とっても高い壁だけれど、絶対に諦めず目標を達成したい。
"諦めなければ夢は叶う"って、希望と勇気を歌って来た事を、今ここで証明したい。

まだ私のことを知らない人にも
応援してくれてる皆…日本中、世界中の人たちにも
NёNeの歌の力で、希望と勇気の言葉を伝えて、
心をハッピーに染め上げたい!

だから、NёNeの魂そのものを表現する「太陽のラブレター」を絶対に完成させる。
そんな気持ちを胸に、NёNeは大きな大きな挑戦をすることにしました!!!

見事目標達成したら、NёNeの書いた大切な曲を、さらにレコーディングして
本当の意味で、「太陽のラブレター」を完成させます!!!!
どうかNёNeの挑戦に、手を貸してください!!😽🔥

アルバムに収録する予定の最新曲
『Excalibur~約束された勝利の歌~』の視聴が
リンク先で出来るようになっています🎶

ぜひ聴いてみてくださいっ!😽🎉
関連記事

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは女性の軽率な性衝動を揶揄した、どちらかといえば人妻の不貞・不倫小説がメインとなっています。
関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

当ブログは「続きを読む」をクリックしていただくことによって全文を読むことが出来ます。

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よく読まれている記事
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム
Twitterに参加しています。
知佳
@ChikaLetsgo

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブロともを募集しています。

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

アオハル残酷ものがたり

夫婦で楽しむ3P・他人棒

AV-Q

20代肉便器妻の性処理道具な日々

世界の片隅の文華

はりーぽっちゃーの秘密の部屋

熟・変態女教師

人妻のよろめき

真面目にワイ談 ーエロ親父の独り言ー

恵子の妄想

やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~

愛の記録

セイカツ日記~夫婦の性活~

熟女文字コラ&ママ文字コラ&女王様文字コラ

手コキとフェラとM男と痴女 CFNM 痴女風俗探訪記

日々の妄想を形にして(SM小説)

毎日、真面目にエロを考える

豊満熟女 ポチャ デブ専

無くした幸せ探しに行こう

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

SM + 虐 待 & 拷 問

若狭と雫(全頭マスクの女)

amateur japanese wife
更新通知登録ボタン
チェックすると連絡先に更新通知が届きます。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

Sexcy Style by 知佳
なにがなんでも痴態を見ずにはおれない!!

そんなマニア様のご要望にお応えし続けている特殊なページです。
入場はこちら↓

Sexcy Style pics l セクシー・スタイル画像集
Sexcy Style pics
セクシー・スタイル画像集
有料サイト一覧
自動更新サイト一覧では最新発表された20タイトルの番組まで検索することが可能です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
知佳の美貌録(総合)
Japanesewife.com
QRコード
QR
参加ランキング
知佳が参加しているランキングです
人気ブログランキング
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
453位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogの中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
おすすめ官能小説
法に抵触しない18禁官能小説集です。
タグクラウド
カウント順に表示中
ご利用法:ご希望の文字をクリックしていただくと関連記事が新着順に表示されます。

素人 中出し オナニー 巨乳 美乳 生ハメ・生姦 ハメ撮り お姉さん HD クンニ フェラチオ フェラ 手コキ バイブ 美尻 生ハメ 痴女 パイパン 美脚 スレンダー 潮吹き スリム 69 人妻 熟女/人妻 コスプレ 美少女 ロリ M字開脚 ぶっかけ ギャル おもちゃ マニア 電マ 口内発射 指えっち パイズリ バック マニア・フェチ 騎乗位 レズ AV女優 顔射 オリジナル動画 乱交 清楚 お色気 修正あり アナル パイずり 有名女優 フェチ 言葉攻め 放尿失禁 シチュエーション 洋物 3P乱交 盗撮 イラマチオ 野外露出 微乳 ぽちゃ OL 外国人 パイパン・剃毛 拘束 熟女 指マン スタイル抜群 ハード系 女子高生 日本人 女子校生 手持ちカメラ モデル SM 淫語 ゲイ 放尿 ごっくん 口内射精 超カワイイ コンパニオン・RQ ロリ系 3P 露出 制服 水着 カモフラージュカメラ 若い娘多数 女子大生 玩具 ローター 寝取られ 30代 ミニスカ 剛毛 正上位 ナンパ T-バック ぽっちゃり 痴女・淫乱 乳首 クリトリス フェラ抜き 縛り 長身 不倫・浮気 顔面騎乗 クスコ ミニマム アイドル・タレント 自慰 マングリ返し 指姦 激レア流出 素人投稿 覗き 浴衣・着物 初裏 トイレ盗撮 ディルド 若妻 生姦 青姦 三十路妻 日本男児VS 色白 初心 20代 ラブホテル カップル マルチアングル お姉さん/OL 職権乱用 メイド ショートカット ベスト/オムニバス 自宅 ネトラレ ミセス イマラチオ 爆乳 ハード アニメ (うぶ) 淫乱 40代  69 脱糞 首すじ 黒髪 ポッチャリ 四十路妻 奴隷 むっちり カワイイ系 スローセックス 癒し系 パパ活 女教師 エプロン 着替え プライベート 野外 キャバ嬢・風俗嬢 小柄 細身 美マン 看護婦 妊婦 病院 四つん這い 豊満 部屋 アニメ系 金髪 ナース ピンホールカメラ 凌辱 おすすめ Dカップ アップスカート ワレメ 変態 素股 低画質 母乳 ローション 接写 メコスジ 立ちバック 変態マニア 素人 熟女/人妻 フェラ 中出し オナニー 手コキ クン ドラマ風 SM 不倫 シティーホテル 浴衣/着物 レイプ Fカップ グロマン Cカップ 妄想 3P-4P 羞恥 3P乱交 カーセックス 四十路 シャワールーム JK 顔騎 カメラ発覚(バレ) マッサージ OLスーツ 人妻・熟女 3P 巨尻 着エロ 懐かしの裏ビデオ 街中窃視 調教 望遠カメラ 目隠し 女子風呂 超マニアック 金玉アングル パンチラ Eカップ OL 挑発 腋フェチ 風呂 黒乳首 緊縛 貝合わせ 10代 セフレ 和服 聖水  パンスト・網タイ 痙攣イキ 欲求不満 WEBカメラ 剃毛 セーラー服 スカトロ ブルマ 三十路 熟女/人妻 中出し 生ハメ・生姦 素人 お姉さん 中出し 生ハメ・生姦 お姉さん系 ぽっちゃ スネーク(内視鏡)カメラ 輪姦 ボンテージ 淫汁 民家 パンスト ランジェリー めがね 着衣 十代 若妻・妊婦 潜入 電波カメラ マニアック 痴漢 悪徳犯罪 アニメコスプレ ノーパン 覗き見 処女 そっくりさん チャトレ 足コキ  強姦 背面騎乗 Aカップ  便秘 マスカキ メガネ 援交 ご近所系 愛液 スケスケ 巨根 赤外線カメラ マンスジ ご奉仕 シャワー 実録/ドキュメンタリー Creampie 熟女・人妻 4K動画 50代 洋式 ニューハーフ 制服・コスプレ 視姦 T-バック 異物挿入 胸チラ ノーブラ スクール水着 痴態 網タイツ オフィス 勃起乳首 浴衣 教師 ストッキング スク水 浮気 Gカップ 未通 手マン 肛門 まんきつ69 ポルチモ逝き 隠しカメラ 陰毛 パンティー パフォーマー black 刺青 ローアングル 隠し撮り 寂しがり屋 和式 お掃除フェラ 店内 車中 発情 勃起 ナチュラルヘア モリマン 生理中 M痴女 脱フン ホテル お薦め 面接 胸射 キャバ嬢 和服-喪服 トイレ 美少女モデル 他人棒 ヤリマン S女 NTR 淫臭 巨乳フェチ 種付け 熟女/人妻 洋物 巨乳 筆おろし くぱぁ スワッピング プリーツスカート 桃尻 学生 キッチン 五十路 懇願 おまんこ 誘惑 ご無沙汰 即尺 言葉責め マンコ 寸止め 股間 スプーン 性感帯 仁王立ちフェラ 姦通 貸し出し 五十路妻 淑女 10代 開脚 種絞りプレス チンピク ミセス系 Gカップ以上 Bカップ Cock クリ マン毛 babe cock ペニパン pussy ペニバン ご開帳 締め付け 局部アップ 乳輪 童顔 おブス 唾液 官能小説 本番 美人妻 イチャイチャ オカズ 借金返済 ス股 自画撮り 背面騎乗位 癒し 電マ責め ちっぱい 複数 車内 ハプニング 出会い系 着替 M字開 ブレザー 童貞 ツインテール 5P乱交 ソープ 和服・浴衣 放〇失禁 失禁 3p乱交 チンカス 包茎 素顔 喪服 日本男児VSパイパン 美女 旅行 貧乳 ボーイッシュ 寝盗り ペット 低身長 上司 ブロンド 対面座位 仮性包茎 媚態 嬌声 逆ナン アイナメ 哀願 嬌態 ザーメン搾取 温泉・浴場 夫婦 飲食店 熟女/人妻 中出し 生ハメ・生姦  2穴 駅弁 熟女/人妻 顔射 洋物 巨乳 熟女/人妻 洋物 茶髪 接吻 射精 センズリ 熟女/人妻 顔射 洋物 オムニバス 18才 ムチロリ 家出むすめ 痙攣 天然恥毛 駅弁ファック 鬼逝かせ 浣腸 体操着 教室 焦らされ まんチラ 息子 Tバック お返し 痙攣絶頂 土手 産婦人科 悶絶 絶頂 Hカップ ズボズボ パンティ 背徳感 19歳 黒板 ブルマ姿  オモチャ 盛りマン 大和撫子 美爆乳 美巨乳 コスチューム ゴックン 亀頭 おっぱい お漏らし 腋毛 ラブホ ヤル気満々 シースルー 公園 淫獣 白いパンチラ おもてなし セーラー 体操服 ストリップ 100センチ オッパイ Iカップ 初心者 脱衣所 便臭 しずく 熟女系 過激 セクシー系 すぼまり アブノーマル ご近所 セレブ デカマラ 屋外 騎乗 スマホ挿し込み 美熟女 喘ぎ 電車 美人 土下座 Wフェラ 天然 ドドメ色 バツイチ ベロチュー グラマー スカート捲り 寝取り キス 性感マッサージ 保健室での自慰行為 Hard Ass Big Black 小悪魔 ツンデレ もてなし シル しゃぶり 突起物豊富 アイドル級に可愛い 毛剃り Hカップ ぽろり オフィスラブ タイツ わき腹 おしっこ 股間をまさぐり 童顔系 Pussy わきの下 旦那 年を重ねて色気が増し 局部接写 生中出し 寝取られ願望 超接写 ビラビラ 喘ぎ声 生中継 カメラ目線 M系 チングリ返し 女風呂 パイパンマンコ 2穴同時挿入 無理強い おねだり 口淫 肉棒 投稿 頬張る がっつく 食い込み 逆援交際 対面トイレスタイル騎乗位 ヒトトキ 地下室 玄関 えっち 2穴同時挿入 中出しセックス 妖艶 美容師 玩具責め 興奮 気持ちよすぎ アパレル店員 昇天 ビンビン ザーメン中出し 出会い ハミマン ロリフェイス 猥褻行為 手足拘束 乳首責め 初めて 慰め 膣痙攣イキ のぞき 献身 大絶叫 イチモツ チ〇コとおもちゃ ユニットバスで女三助 持ち上げては落下 high 体を震わして喜び シミの付いたクロッチ おっぱいが国宝 ブピピと音 やっぱり本物 前からタイプだった 好き者 ヒーヒー言わせて 一般女子が生SEX快諾 臭いパンティを頭にかぶり 声を押し殺し だらしなく口を開け オマンコを指でグニグニ 色素が薄い 代わり番こ 電車で痴漢プレイ 頼まれたら何でも heels 強引にされたい派 公衆浴場盗撮 としご【年子】 きなくなるかもしれないと思うと心配 まったりとしたいやらしさ 飲んで 教室で安心 意欲を買ってもらい ウキウキしていた 眺めは最高 鼠径部周辺をさわさわ 剛毛マンコでシゴキ 取っ替え引っ替え ねっとりとした汁 憧れの先生 イケナイこと 泣き叫ぶ バイトそっちのけ 騙され 禁断のSEX動画 まだしたい! 救いようのないスキモノ シロウト生エッチ 悶える姿 オマンコを湿らす ベテラン男優のテクの虜 イケメン韓流男子 ちくわのような物体 見事な放物線 ケバい 「まずい」と一言 マンコをヒクヒク ヨガリ顔 医者・患者 まだ結婚されてまもない 生暖かい 堪らず喘ぎ声 中で受け止め 当たり前 膣奥精子注入 恍惚とした表情 携帯カメラの前でおめかし ビチグソ 合体部分におツユ Daughters Boyfriend 味を確かめ いやらしい腰使い まさに極上 必死の抵抗 のぞき心が爆発 友人のチンポに興味津々 溜まりに溜まったザーメン 親切心だけは旺盛 ばっちりみえるVR 診察台の上 見せ合いっこ 極力体力使わない 眉間にしわ 懸命なフェラ 2人がかりで種付け ゆったりした胸元 チェックアウトの時間 別れを惜しんでもう一度と熱いSEX Bodyguard オッパイへザーメン イラマチオ調教 その気になる 拝んじゃってください 黒ニーハイ 生チンを騎乗で堪能 疲弊 継母のセクシーな妹 予想以上の振動 巧みな指使い シタくて堪らない ソープ嬢の吉原ミィナちゃん ドアップ ちっぱいと小尻 股間をまさぐる いちゃいちゃしたいな♡ 目覚めると朝立ち しっとりしてきた Maid 69でお互い気持ち良く 下から覗き見 一度スイッチ入るとやばい バックで中出し 介護を兼ねて売春 エステ オイル 放課後に密会 父親の介護 ツボ マーブル色のうんち 愛液を撒き散らし guy 準備OKになったところに男優が突撃 出演経験0の素人 こういうところ初めて 旦那様は、単身赴任中なので 妙に色っぽい アッチの始末 誘うような表情 アソコを隠しながら 全身ではんのう ノリノリ 着衣を絶妙に残し ハミ出る イク寸前のグチョグチョお〇んこ 彼氏に贈るビデオレター 制服姿 雨降る路上裏 イケメン巨根 スカートの中 あどけない顔立ち みくろちゃんって名前 羞恥心と布のこすれる感覚 愛くるしい表情 カフェイン入りの飲み物 後がつかえて 妊娠7か月 お風呂にエコー 子供を送り出した後 漆黒ペニス 淫らな肉体と喘ぎ声 準備万端のあそこ 絶対言えない秘密 セックスはあかんでしょう ドリルのように舌技 小柄ボディ 超綺麗なスレンダー美女 マジイキ フカフカ大きなベッドの上で 女子力が反応 bitches 便秘気味 two sexy young 丸見え状態 乙女汁たっぷり 隙が多い奥様 本物妖精 餅肌で童顔 結婚前の違ったチンポ 至福の表情 赤裸々な姿 隠れ巨乳 地味なのにスゴいことに 腋の臭い 一緒に3P 白く濁った粘度のある液体 一滴また一滴 彼氏持ちの女の子 ティーンとおばあちゃん お灸をすえてやる お義母さんが好き カラダをビクッとさせ サイズの合わないスーツ 滴り落ちる 周りの喘ぎ声 業者さんの手元を覗き ちらつかせて誘惑 女性専用の全裸の満員電車 街が見渡せる窓 まんすじが露わ 快楽に腰を振る発情痴女 使用感の無いピンク色の陰唇 夜の公園 濃厚で重厚な若奥さん 照れ 笑顔 豹変して超淫ら 淫乱人妻 大人の昇天 市場買いの臨場感 ハーレム乱交 公務員 ミクロ キツキツ 体操マット 教壇 反り立つチンポ 百合の快楽 フシギ系素人娘 報酬を上乗せ 火照り 洋物のポルノ 大臀筋 裏筋舐め ずっと好きな人がいたのと別れ話 禁断の扉を開く お金と快楽を求め 熱さと快感でおかしくなっちゃう チンコを使ってオナニー 生え始めの毛 マジメ君 オンナの着替え お口に大量ザーメン 不倫性交中 未だ未経験 奥までザーメン 性欲は強い 絵を描く 思わず口内射精 一気に二本お相手 唸りながら気張って メリメリと顔を出し Teen タイ 自虐 拡張 舐め 女は如何にも弱い 魅せつけ妬かせ 二穴 素人熟女/人妻パイパン美乳イラマチオマングリ返しオ 怒張 素人美脚熟女/人妻美尻スレンダー美乳手コキアナルぶ 熟女/人妻 美尻 美乳 フェラ 中出し 痴女 手コキ 69  素人微乳パイパンギャル美乳手コキオナニー中出し生ハ 胸鎖乳突筋 いじめ 御落胤 気違い おしっこを飲ませちゃいます マンコレ セックスってね、キャッチボールだと思うの 白セキレイの尻尾 芽生え ぞよめくように もじつかせ 手洗い)用の如雨露(じょうろ) 手水(ちょうず Upskirt voyeur 妊娠線 teen すっぴん thai 美少年 猥褻 うんこ座り office 素人美脚長身パイパン巨乳オナニーポッチャリ お礼 砂糖 サッカリン 縁側 ブランコ 抹茶 片膝立ち 全裸 chaina 女衒 ザーメンを顔面で受け止め 最高級素人 SEX大好き 結婚4年目 椅子やテーブルの角 おかっぱ 濃い 完ナマ3P 推しぴのおちんちん 初イキ姿 タクシーの中 ハメまくりの乱痴気騒ぎ!! 思わずこぼれ 素っ裸になった女 真っ黒の剛陰毛 いきり勃った巨根 ディルド越しのおまんこ 車中でHな話 思い出の茶畑 秘密の関係 肉厚パイパン カラダをビクつかせ 食われていくさま 浮気率は年々上昇 屋上でのエッチ いいムード 火照った身体 くどき術 目覚め 頬の筋肉を緩め 上司と関係 大人数 絶妙な角度 彼女が攻め 公衆便所 超プライベート 知り尽くした女 連続ゴックン 女同士 チンポを取っ替えひっかえ 普段は内科に勤務 夏休みの学校で Grandma 細い女性の“手” 熱帯雨林の様に生い茂った陰毛 初めてAVに応募 挿入されて興奮 バックからのクンニ ブルマ女子校生たちが大開脚 エッチな提案 ひたすらくぱぁ 二人を相手に話術 おちんちんも咥え 男子便器で立ちション cum 黄土色 敏感に反り 自身も興奮 fantasy 巨乳を揉み 連携ハーレム二輪車 大量潮吹きシーン 巨チンをずっぽし隠し 「万華鏡」の様な女性 借金取り ナスとズッキーニ コスメ販売員 いつ誰が来るかわからない場所 婚約者の姉 大量ブッカケ 一本糞 美巨乳でご奉仕 Two Cocks 性に飢えた人妻たち 眠り閉ざされた性欲が開花 しなやかスレンダーボディ 膣内温度まで測った 幼さの残る超若妻 極上泡姫さくらちゃん プリッとしたヒップ 日焼け 股を目一杯広げ 絶叫する女体 3センチはあろう勃起したクリトリス 憧れの隣の美人妻 等身大の@YOU クリ扱かれ 高収入アルバイト マイクロビキニ 大量の潮 なえと申します 巨乳を責め ちょっかい