FC2ブログ

疑惑 「預けていたものの受け取り」

甚六にこのようななりをさせられたことはない。

腹上のおカネは戸惑った。

益々充血し、エラが張り出した亀頭が恥骨の内を幾度も幾度も許可を乞うべく嬲ってきている。

腰を使ってこの亀頭を奥に引っ張り込みさえすれば、カリ首を肉球で摘まみ嬲って頸部に押し付けて絞り出せそうな気はするが自身が無かった。

そうはさせまいと、庄衛門は突き出すおカネのアソコへ太腿を使って腰全体を押しのけることで遮った。

下から微妙な位置に亀頭が来るよう己の腰を調整してくる。

おカネはこの先どうしていいのかわからなくなっていた。
女は男が欲しくてもなかなか前に進もうとしない。

下手すれば子を孕むし、一方的に惚れてしまえば捨てられた時 恋しさ愛おしさに泣かねばならない。

確かに男根が欲しくてたまらなくなり腰巻にぶっかけてくれた体液の臭いを嗅ぎつつ待ちはした。

人妻であるにもかかわらずはしたない、軽率な女であることは十分自覚していた。

それでも それほどに乞うてくれるなら ぶっかけが出来るほど元気な棹の御利益で逝ってみたいとも思った。快楽のためだけにではあるが……

だがそれ以上に、おカネには嫁いだ時から使命感のようなものもあった。この家の救済である。

庄衛門から得る食べ物であっても、飢えた夫は山奥の炭焼き小屋でおカネが持ってきてくれるのをじっと待ってくれている。

是が非でも庄衛門をして食べ物を、甚六に苦労させないための切り図を手に入れたかった。

今できることと言えば、庄衛門の首筋に唇を這わせ、熱い吐息を吹きかけ、悩まし気に喘ぎ声を聴かせてやることぐらいだった。

欲情し…… したとは思えない、が、はしたないとおもいながらも張ってきた乳が痛く、療治をと とっくに肉欲がらみで与えてしまっている。

乳首だって、なにもされないうちから子供に吸わせた後のように勃った状態になってしまっていて、欲情故の勃起とわかったのだろう 先ほどから舌先で転がされ、吸われ甘噛みまでされていた。咬まれるたびに、強く弱く啜られるたびに子宮の奥がキュンキュンした。

その、孕む危険のある子宮が眠る腹部だけは、求められたがまだ完全には与えていなかった。

夫にだけ許した子作りのための卵巣がそこにある。

腹部を庄衛門の棹に預けてしまえば、許されたと思って胤を仕込むべく執拗に、散々見せつけられた、腰巻にぶっかけてきた あの勃起で突いてくる。

そうなれば子を生し男を知り過ぎた身体のこと、耐えきれないことは先刻承知。

( この頃のウチは飢えてやすまいか…… )

この飢えは 気を許してまぐわえば孕みにつながってしまうことを母から伝え聞かされ、過去の経験からも学んでいた。

食うや食わずの貧乏所帯なのに甚六の子をふたりも孕んだのである。嫌われないよう、甚六が命を削って仕込んでくれたのだ。

嫁ぐ日が迫った時、母から聞かされた男の秘密、

休むことなく射出させると薄まり、孕みにくくなる。甚六にそういった気遣いなど必要なかったが……

だからどうしても女で糧を得なければならなくなったら見せつけて外に出来る限り放出させなさいと、こんこんと言って聞かされた。

巷でいうところの飯盛り女が客に向かって行う仕草だとばかり思っていた。

ところが現実、この部落に嫁いできて間なしに庄衛門という男に言い寄られた。ふたりも宿し、甚六もそろそろ手を付けてこなくなったから、もういいだろうという頃になって今度は己の中のオンナが騒ぎ出した。男と女の秘密とはこういうことかと思った。その矢先に出来事だったのである。

出来ることなら咥えたり手で擦ってあげたりしながら休みなく放出させ、白濁したものがほとんど混じらない薄い液だけを、庄衛門を満足させ食べ物や切り図を奪い取るために搾り取ってあげるつもりだった。

だが、そうしてほんの少しずつ与えてあげている間にも人妻の扱いに手慣れた庄衛門の棹は、確実におカネをオンナにしつつあった。

その、経産婦が自然に逝き始めるまで挿し込んだまま待つという長い長い結合時間を、か弱いおカネの腹筋は持ちこたえられなくなっていた。

己の棹がどの辺りまで届いたのか探るように腰の細った部分を締め上げてくる庄衛門。

持ちこたえられなくなったおカネの腹部が波打ち始め庄衛門のでっぷりとした腹部をヒタヒタとノックし始めていた。

そうしてはならじと腹部に空間を持たせるべく体勢を九の字に変えようとしたが、遅かった。

亀頭冠の侵入を感知した肉球がオトコを嬲り始め恥骨あたりが意に反してしゃくりあがって、庄衛門にナマのオンナの要求を伝え始めてしまっていた。

男は元来、視覚や聴覚に加え、妄想で欲望を増幅させるが、人妻のように肉の感覚で欲望増幅はしにくい。

しゃくりあげ始めたおカネの上体を押し上げると庄衛門は互いの結合部に目を凝らした。

庄衛門の屹立をどうにかしようと畳に腕を突っ張り、腰を屹立に向かって押し付けようとしたものだから、ついに本能が目を覚まし欲情し始めたアソコが棹を呑み込み混乱し始めていて、その卑猥極まりない様子が庄衛門の眼前で露わになった。

舐られすぎて潮を吹いたアソコに向かい庄衛門が、おカネを発情させるべく抜き挿ししてくれていて、あろうことかその屹立に愛情を込めた証しの泡をまぶしつけヒクついてくれていた。

もはや最前までの物乞いがてらの嬲りではない。本心から男のぬくもりを欲しがっていた。

それを見た庄衛門の屹立の裏筋が豊かな反応を示した。

おカネに組み敷かれた庄衛門の腰が動かないのに、屹立だけがビンビンとおカネの中で跳ねた。

射精感が募って耐えきれなくなってしまっていた。 が、庄衛門は歯をくいしばってこれに耐えた。

目が宙を泳いでしまっている割に、その指は欲しくてたまらないおカネの尻の肉に食い込んでいた。

欲しがっていた。

オンナはこの男どものような反応に弱い。

亀頭冠は射精感が募ってからか未だ襞の入り口付近というのに男がいきり立つ様子が臀部全体で感じられ、メスとしてもてなしてあげたく必要以上に応じ始めていた。

挿し込みはさして深くないというのに、その興奮で棹全体を使って内壁を叩かれる刺激は使わない別の穴の奥にまで響き渡る。

この様子じゃ入り口に出されても溜まり過ぎた膿、まずいことになる。

本能的に振り払っていた。

ビ~ンと弾けた棹がオトコの執念を思わせるように臀部の底を、その勢いで打った。

「あっ!!」 小さな、しかし悲痛な声がおカネの口から漏れた。あまりの勢いに掌で打擲されたとでも思ったのだろう。

嫌われた…… 逃げないでもっと……

屹立に思わずワレメを擦り付け、元の位置に戻そうとするおカネ。

若妻の形相が変わった。

妻である前にオンナであることを、その形相が知らしめた。

オトコの意に反して弾き出したことを悔いていた。

知ってか知らでか、庄衛門は倒れ込んだおカネのアソコから抜けてしまった切っ先を、シルでワレメの内を上下に滑らせ、間違ったフリして後ろの穴にあてがうような仕草を見せた。

「あっ、そこはダメ!!」

悲鳴のような声を上げ振り返るおカネ。

先だっての弾き飛ばすような動きで、初めてそこを突かれる刺激を拒否しつつも求めている。

ツーンとした戦慄が脳天をよぎったのだろう、半眼に目を閉じ眉間に苦痛の色をにじませた。

「そうか、ここも突いてほしかったのか」

後ろ向きに反りかえっていたおカネの背が、引きつったような顔が元に戻り庄衛門を見据えてきた。いやらしい男とでも言いたげに。

すると庄衛門は、何事もなかったかのように再びワレメを切っ先でなぞって元の壺にめり込ませていく。

期待していたところとは別の穴に入れられ、オンナの身体が徐々に熱を帯びて、そのぬくもりが庄衛門にも伝わっていった。

攻守交代の時期が来ていた。

おカネの意識は、今やすっかり子供や夫にはなく、ひたすらアソコ周辺を動き回る興奮し切った男根に注がれていた。

腫れ上がった男根をなんとかしたい……。

その一点に意識を集中させているようだった。

庄衛門がその気ならと、おカネは腰を浮かせ振り払い、跳ねあがる屹立の裏をワレメで幾度もなぞった。興奮に我を忘れた女がやらかす素股である。

意地でも勝ちに乗じたい女の浅はかな仕草だった。

亀頭の先端がマメを、放出の入り口を ともすれば舐る、逝きそうになるが必死で堪え、懸命に擦りあげた。

庄衛門はほくそ笑んだ。

頃合いを見計らっておカネがもてあそぶ屹立をワレメの中心で陰唇に抱かせるようにしながらヒクつかせてやった。

入れてもらいたいのだろう、その都度ビクンビクンと恥骨がしゃくりあげる。

やっと射出の域に達してくれたと勘違いしたおカネは、急いで先端を摘まみ、外に漏らさじと蜜壺に誘う。

そこは心得ていた庄衛門が腰を捕まえて深くは沈ませない。棹を女が望むほどに味わわせないのだ。

庄衛門は待っていた。

おカネの放つ淫臭と視線の先に溢れる愛液、そして微熱 それら全ての刺激によって己の興奮が高まり皺袋の中の胤の濃度が増すのを。

濃度が増すことにより欲するおカネ自身の肌が益々赤く染まり、全身に脂汗がにじみ出て額や首筋に血管が浮き出るほど欲情するのをである。

その時こそが想いを遂げる時期なのだ。血相を変えおツネに離婚を迫るようになるのだ。寝取りの面白さとは、ここまで追い込むことにあった。

子を生したばかりの健康そのものの若妻である。押し倒し、組み敷けば 自然と腰を浮かせ子宮を差し出すだろうと思って待った。

既に小半時、ふたりは身体を重ね合わせていた。

それでもおカネは堕ちなかった。

逝きそうになるのを必死で堪えたおカネは、

「ごめんささい、障子の外が気になって……」

ポツリと呟いた。

かすかだが、外で物音がする。

( しまった! アヤツめ、帰ってきてやがったか……)

焦りが萎縮につながった。

見る見るうちに萎んでしまう男根を目にしたおカネは、醒めた様子で立ち上がり、そそくさと衣服を着始めた。

すっかり着終わると、庄衛門に向かっておカネを堕とすべく脱ぎ捨ててあった衣服を投げてよこした。

「速く着てくださらない? ウチの人 ウチのことが心配で迎えに帰ってきてたみたいだから」

こんな風な乱暴な振る舞いを世間様にでも見つかりでもすれば、庄屋さんとしては困るでしょう?

「今回のことは……」

内緒にしておいてあげると妖艶な笑みを浮かべながら云った。

庄衛門は青くなった。

( しまった! 罠だった!!)

冷や汗が出た。

人様の女房欲しさに、相手が穢多(えた)だということをすっかり忘れて寝取りにかかっていた。

下手を打てば、部落衆によって三尺高い樹の上に吊るされかねない。

裏の小部屋に急いで忍び込み、そそくさと衣服を身に着けると小窓を潜り抜けて藪の中に飛び込み山野を駆け抜け脱出した。

這う這うの体で逃げ帰った庄衛門は、女房に怪しまれてはと野良仕事の支度をして裏木戸を抜けた。

土塀に沿って萱の原に出かけ、そこで冷めやらぬナニを擦ってヌクつもりでいた。

角を曲がった瞬間、物陰に身をひそめて待ち構えていたおカネの夫 甚六がノソリと現れた。

その風体たるや空恐ろしいほどに瘦せこけ白蝋化してはすまいかと思われるほどだった。

庄衛門は思わず跳び退った。

「貴奴めが、何の用じゃ!?」

驚いた弾みに、つい口が滑った。

「いやなにね、おカネのヤツが預けてたもの受け取ってきてくれんかと、泣いて頼むものだからのう」

「預けてた!? はて?何のことやら……」 腑に落ちないフリをしたが腋に脂汗が滲み出たのがわかった。

知ってはいたが、つい今しがた当のおカネのアソコを小半時もつついたばかり、まさかネトラレの代償かなどと言えたものではない
おカネにしても このような風体になった夫に、ワレメを貸し出した駄賃の取り立てを頼むとは思っていなかった。

「それなら納屋に積んである。勝手に持っていけ!」

もうどうでもよかった。

恐ろしさで、一刻も早くこの場を立ち去りたかった。

「ほうですか。ほんじゃあもらって帰りますけんのう」

深々と頭を下げて立ち去っていく。

( 食い物をよこせじゃと!? 誰の米じゃと思うとる! あの風体で女房を抱こうというんか?貴奴め、最初からそのつもりで貸出しておったんか!!)

してやられた。

いい気になって、小半時もおカネの入り口をつつきまわしていた。

あれでおカネも随分逝ったように診た。

食うものにも困る痩せた甚六のモノでは思うように使うことすらできないでいた、子育てと嫁大事で食わせてもらっていたおカネは結核患者によくある ずいぶん溜まっていたのだろう。

衣食足り、漲っている庄衛門の屹立にこの事情の中であっても、目の色を変えてむしゃぶりついてきた。

この機会を逃せば、再び挿し込んでもらえることは出来ない。

その、最後の望みに賭けて庄衛門を部屋に引き込んだことも事実であったろうと そらで思った。

小半時かけて夫に見せつけ、自らも楽しんでいたのだろうことも、何もかも全ておカネが仕組んだ罠だったように思えた。

だが、炭焼き小屋に追いやっておいた夫があのようなさまになっていようとは、流石に庄衛門でも思わなかった。

後家殺しの庄衛門をして奮い立つほどの肉付きで迫るおカネ。

その妻の夫が餓死しようとしている。

( 確か子がいたはずじゃ )

子にもろくに食わせず女房を養っていたことになりはしまいか……。

あの身体を維持させるには、甚六は食った真似をして茶でも啜って誤魔化し、なにもかも与えねば、この飢饉の中乗り切れなかったであろう。

このところの長雨と日照不足で小作連中に貸し出している田からの上りは思うように取り立てが進んでいない。

庄屋であっても、とても元が取れる石高はなかった。

その中にあって、近隣住民の それもうら若い嫁いできたばかりの嫁を狙って食い物を餌に寝取る。

鬼のような仕打ちだった。

恨まれていようが、日頃たんと食っている庄衛門には小作どもと違って脂ぎり、金玉が疼いてしようがなかった。

( それもこれも衣食足りてのこと )

甚六にも食わせてやりさえすれば、あのようなみじめな姿にならぬはず、

今にして思えば、おカネなりに考えてのことであったろう。

それを後先考えずに庄衛門はつついた。

おまけに庄衛門は、勝ち誇ってなにがなんでも逝かせて おカネ自身にせがませてみせようと入り口ばかりつついた。

おカネは惑乱と正気の狭間で庄衛門から食い物を引き出そうとしていた。

( なあに、所詮はオンナ。造作もないことじゃ、よそのオナゴのようにの )

恐怖から立ち直ろうとして庄衛門はうそぶいた。

そう考えでもしなければ気がふれるような恐ろしさに身が持たなかった。

奥深く、心行くまで絞り出して与えてやり かつ逝かせていたなら状況はもっと変わっていただろうにと、ここに至っても考えていた。

(少なくとも、次の機会を狙うための捨て駒 あの程度の米を貢ぐことなど造作もない) そう考えることにした。

炭焼き小屋でじっと待っていた夫に今宵は、その米を食わせることだろうと思うと、庄衛門は心穏やかにはいられなかった。

「アヤツめ!!今度こそ!」

萱藪の中に隠しておいたおカネの腰巻に向かって渾身の飛沫を飛ばし、苛立ちを紛らわそうと擦った。

ひたすら虚しかった。

棹に残る粘りと臭いでおカネのアソコを想い出し、目を閉じ妄想に耽りながら剥けた皮の辺りから血が滲むまで擦った。

足りなくて、足音を忍ばせ人妻の閨を覗き見にでかけた。おカネの中に墓場から這い出したような甚六のアソコが食い込む様子を見に行ったつもりになって近所の夫婦の契りを盗み見た。

その頃甚六はおカネの給仕で粥を啜っていた。

「ゆっくり食べないと身体に悪いから……」

おカネの、甚六を気遣う声が聞こえた。

「こんなになるまで耐えてくれて……」

すすり泣きが聞こえた。

ちゃんと着てたと心の中で甚六に向かっておカネは叫んだ。

「モンペが僅かに足首に引っかかってた…… 拒否してた」

空になった胃の腑に流し込んだお粥で、甚六は苦しげな表情をした。

目がつり上がり、気を失うのではないかと思われた。

もう寸刻遅ければ、命が尽きたかもしれない。

「振り払ってただけ…… ちゃんと頑張った」

ぼろ屋の板壁にはところどころ破けめがある。

そこに顔を押し付け、食い入るように我が妻が庄衛門から何かを得るのを見ていたに違いなかった。

だからおカネは腰を浮かし、庄衛門の要求に応えようとしなかったのかもしれなかった、たとえ先端だけ入っていたにしても傍からでは見えぬようにしつつ扱いた。

腰や胸に手を回され抱きつかれて身動きできない状態ながら、アソコを結合しようとするのだけは振り払っているように見えた。

視力すら失いつつある甚六からすれば微妙である。

切っ先は確かに割っているが、受けたように見えてもコリコリした部分とは、まだまだ中の襞のところじゃないと言いたげだった。

妬みきって覗き込む甚六は、庄衛門の切っ先の行方を追っていたのであろう。

( 儂は生き死にをかけて家族を守ろうとしていた嫁を寝取っていたのか…… )

ことあるごとに神仏に近い扱いを受けていた、その純真極まりない人妻を、ただ中に出したいというだけの理由で寝取ろうとしていたのである。

おカネにすれば もう野で放ちながら許しを乞う必要はなかった。

( 食い物を持って行ってやろう。これまでのように、甚六めが死なぬ程度にの )

庄衛門の妻 おツネは甚六の父親 作左を色恋の果てに篭絡し、正気に戻って地権を全て奪ったが、飢えても食い物を与えるなどの情けをかけたことは一度たりとも無かった。

楽しむだけ楽しんで捨てたのである。それが離婚し不自由の極みにあった作左の更なる不幸に繋がった。甚六は幼くして母と別れ、父が庄屋の妻と女欲しさに契ったことからなおのこと村中の非難の的にされ、父ではなく己が隠れるようにして生きて来ていた。

幼少の頃から食うや食わずの生活を強いられ、強制労働させられ、いよいよ虚弱体質にこたえたのだったのだ。

甚六を思うとき、庄衛門は罪の意識にさいなまれたが、次の瞬間 もう庄衛門の心はおカネの豊かな躰に、臭い立つアソコに飛んで足は勝手におカネの家の方向に向いていた。

おツネのやつは終いには作左と憎しみ合うほどになっていったが、なあに渡すものを渡してやれば、いつかは本気で明け渡すはずじゃ、

懲りない庄衛門は心の中で、こう言い放った。



PR

NёNe(ネネ)🍊
CAMPFIRE☀️太陽のラブレター☀️
制作クラウドファンディング!!!

🔥NEXTGOALに挑戦🔥

次なる目標は
【行くぜ200%🔥目指せ300%🔥】

☀️詳細は画像にて☀️

NёNeの挑戦はまだまだ終わらない!
気合い入れて行くぞ~!ᕦ(ò_óˇ)ᕤ🔥
NёNe(ネネ)
実は、この200%達成でCD化しようと思ってる曲…
いまNёNeが歌詞を書きながら、試行錯誤をしてる最中で
産まれる前の楽曲なのですᕦ(ò_óˇ)ᕤ🔥

この曲で、皆の心を太陽のように照らし
少しでも1日が最高なものになりますよーに!っていう
前向きな想いを込めて制作している曲です❣️
実はこれ、5月14日にあるワンマンの1曲目にしようと思っていて…

タイトルは…☀️
 
\ Happy Sunshine! /

本当はCD化の予定は無かったのだけど
CAMPFIREを通してたくさんの応援と
期待の言葉をもらって、絶対に皆に届けたいなって
心の底から思ったんです!!!!!

ご無理のない範囲で構いません!
どうかもう一度、力を貸してください!ᕦ(ò_óˇ)ᕤ🔥

「他のリターンも見てみたい!」という声も多かったので
リターンの種類を増やすことにしました!

特に「メモリアルTシャツ」は
ご支援してくれた皆のお名前で
NёNeロゴの形にする
NёNeと皆が一つになったデザインのTシャツですᕦ(ò_óˇ)ᕤ🔥

このTシャツを着て、はじめてのALBUMの誕生を
肌で感じてほしいので、絶対に手に入れてほしいです!😽🧡

\ よろしくお願いします❣️ /

関連記事

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

いいえ、とても良い記事で、今後訪問していただけたならその都度ツイートしようと思います。
プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは女性の軽率な性衝動を揶揄した、どちらかといえば人妻の不貞・不倫小説がメインとなっています。
関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

当ブログは「続きを読む」をクリックしていただくことによって全文を読むことが出来ます。

カレンダー
04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よく読まれている記事
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム
Twitterに参加しています。
知佳
@ChikaLetsgo

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブロともを募集しています。

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

アオハル残酷ものがたり

夫婦で楽しむ3P・他人棒

AV-Q

20代肉便器妻の性処理道具な日々

世界の片隅の文華

はりーぽっちゃーの秘密の部屋

熟・変態女教師

人妻のよろめき

真面目にワイ談 ーエロ親父の独り言ー

恵子の妄想

やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~

愛の記録

セイカツ日記~夫婦の性活~

熟女文字コラ&ママ文字コラ&女王様文字コラ

手コキとフェラとM男と痴女 CFNM 痴女風俗探訪記

日々の妄想を形にして(SM小説)

毎日、真面目にエロを考える

豊満熟女 ポチャ デブ専

無くした幸せ探しに行こう

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

SM + 虐 待 & 拷 問

若狭と雫(全頭マスクの女)

amateur japanese wife
更新通知登録ボタン
チェックすると連絡先に更新通知が届きます。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

Sexcy Style by 知佳
なにがなんでも痴態を見ずにはおれない!!

そんなマニア様のご要望にお応えし続けている特殊なページです。
入場はこちら↓

Sexcy Style pics l セクシー・スタイル画像集
Sexcy Style pics
セクシー・スタイル画像集
有料サイト一覧
自動更新サイト一覧では最新発表された20タイトルの番組まで検索することが可能です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
知佳の美貌録(総合)
Japanesewife.com
QRコード
QR
参加ランキング
知佳が参加しているランキングです
人気ブログランキング
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
453位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
30位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogの中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
おすすめ官能小説
法に抵触しない18禁官能小説集です。
タグクラウド
カウント順に表示中
ご利用法:ご希望の文字をクリックしていただくと関連記事が新着順に表示されます。

素人 中出し オナニー 巨乳 美乳 生ハメ・生姦 ハメ撮り お姉さん HD クンニ フェラチオ フェラ 手コキ バイブ 美尻 生ハメ 痴女 パイパン 美脚 スレンダー 潮吹き スリム 69 人妻 熟女/人妻 コスプレ 美少女 ロリ M字開脚 ぶっかけ ギャル おもちゃ マニア 電マ 口内発射 指えっち パイズリ バック マニア・フェチ 騎乗位 レズ AV女優 顔射 オリジナル動画 乱交 清楚 お色気 修正あり アナル パイずり 有名女優 フェチ 言葉攻め 放尿失禁 シチュエーション 洋物 3P乱交 盗撮 イラマチオ 野外露出 微乳 ぽちゃ OL 外国人 パイパン・剃毛 拘束 熟女 指マン スタイル抜群 ハード系 女子高生 日本人 女子校生 手持ちカメラ モデル SM 淫語 ゲイ 放尿 ごっくん 口内射精 超カワイイ コンパニオン・RQ ロリ系 3P 露出 制服 水着 カモフラージュカメラ 若い娘多数 女子大生 玩具 ローター 寝取られ 30代 ミニスカ 剛毛 正上位 ナンパ T-バック ぽっちゃり 痴女・淫乱 乳首 クリトリス フェラ抜き 縛り 長身 不倫・浮気 顔面騎乗 クスコ ミニマム アイドル・タレント 自慰 マングリ返し 指姦 激レア流出 素人投稿 覗き 浴衣・着物 初裏 トイレ盗撮 ディルド 若妻 生姦 青姦 三十路妻 日本男児VS 色白 初心 20代 ラブホテル カップル マルチアングル お姉さん/OL 職権乱用 メイド ショートカット ベスト/オムニバス 自宅 ネトラレ ミセス イマラチオ 爆乳 ハード アニメ (うぶ) 淫乱 40代  69 脱糞 首すじ 黒髪 ポッチャリ 四十路妻 奴隷 むっちり カワイイ系 スローセックス 癒し系 パパ活 女教師 エプロン 着替え プライベート 野外 キャバ嬢・風俗嬢 小柄 細身 美マン 看護婦 妊婦 病院 四つん這い 豊満 部屋 アニメ系 金髪 ナース ピンホールカメラ 凌辱 おすすめ Dカップ アップスカート ワレメ 変態 素股 低画質 母乳 ローション 接写 メコスジ 立ちバック 変態マニア 素人 熟女/人妻 フェラ 中出し オナニー 手コキ クン ドラマ風 SM 不倫 シティーホテル 浴衣/着物 レイプ Fカップ グロマン Cカップ 妄想 3P-4P 羞恥 3P乱交 カーセックス 四十路 シャワールーム JK 顔騎 カメラ発覚(バレ) マッサージ OLスーツ 人妻・熟女 3P 巨尻 着エロ 懐かしの裏ビデオ 街中窃視 調教 望遠カメラ 目隠し 女子風呂 超マニアック 金玉アングル パンチラ Eカップ OL 挑発 腋フェチ 風呂 黒乳首 緊縛 貝合わせ 10代 セフレ 和服 聖水  パンスト・網タイ 痙攣イキ 欲求不満 WEBカメラ 剃毛 セーラー服 スカトロ ブルマ 三十路 熟女/人妻 中出し 生ハメ・生姦 素人 お姉さん 中出し 生ハメ・生姦 お姉さん系 ぽっちゃ スネーク(内視鏡)カメラ 輪姦 ボンテージ 淫汁 民家 パンスト ランジェリー めがね 着衣 十代 若妻・妊婦 潜入 電波カメラ マニアック 痴漢 悪徳犯罪 アニメコスプレ ノーパン 覗き見 処女 そっくりさん チャトレ 足コキ  強姦 背面騎乗 Aカップ  便秘 マスカキ メガネ 援交 ご近所系 愛液 スケスケ 巨根 赤外線カメラ マンスジ ご奉仕 シャワー 実録/ドキュメンタリー Creampie 熟女・人妻 4K動画 50代 洋式 ニューハーフ 制服・コスプレ 視姦 T-バック 異物挿入 胸チラ ノーブラ スクール水着 痴態 網タイツ オフィス 勃起乳首 浴衣 教師 ストッキング スク水 浮気 Gカップ 未通 手マン 肛門 まんきつ69 ポルチモ逝き 隠しカメラ 陰毛 パンティー パフォーマー black 刺青 ローアングル 隠し撮り 寂しがり屋 和式 お掃除フェラ 店内 車中 発情 勃起 ナチュラルヘア モリマン 生理中 M痴女 脱フン ホテル お薦め 面接 胸射 キャバ嬢 和服-喪服 トイレ 美少女モデル 他人棒 ヤリマン S女 NTR 淫臭 巨乳フェチ 種付け 熟女/人妻 洋物 巨乳 筆おろし くぱぁ スワッピング プリーツスカート 桃尻 学生 キッチン 五十路 懇願 おまんこ 誘惑 ご無沙汰 即尺 言葉責め マンコ 寸止め 股間 スプーン 性感帯 仁王立ちフェラ 姦通 貸し出し 五十路妻 淑女 10代 開脚 種絞りプレス チンピク ミセス系 Gカップ以上 Bカップ Cock クリ マン毛 babe cock ペニパン pussy ペニバン ご開帳 締め付け 局部アップ 乳輪 童顔 おブス 唾液 官能小説 本番 美人妻 イチャイチャ オカズ 借金返済 ス股 自画撮り 背面騎乗位 癒し 電マ責め ちっぱい 複数 車内 ハプニング 出会い系 着替 M字開 ブレザー 童貞 ツインテール 5P乱交 ソープ 和服・浴衣 放〇失禁 失禁 3p乱交 チンカス 包茎 素顔 喪服 日本男児VSパイパン 美女 旅行 貧乳 ボーイッシュ 寝盗り ペット 低身長 上司 ブロンド 対面座位 仮性包茎 媚態 嬌声 逆ナン アイナメ 哀願 嬌態 ザーメン搾取 温泉・浴場 夫婦 飲食店 熟女/人妻 中出し 生ハメ・生姦  2穴 駅弁 熟女/人妻 顔射 洋物 巨乳 熟女/人妻 洋物 茶髪 接吻 射精 センズリ 熟女/人妻 顔射 洋物 オムニバス 18才 ムチロリ 家出むすめ 痙攣 天然恥毛 駅弁ファック 鬼逝かせ 浣腸 体操着 教室 焦らされ まんチラ 息子 Tバック お返し 痙攣絶頂 土手 産婦人科 悶絶 絶頂 Hカップ ズボズボ パンティ 背徳感 19歳 黒板 ブルマ姿  オモチャ 盛りマン 大和撫子 美爆乳 美巨乳 コスチューム ゴックン 亀頭 おっぱい お漏らし 腋毛 ラブホ ヤル気満々 シースルー 公園 淫獣 白いパンチラ おもてなし セーラー 体操服 ストリップ 100センチ オッパイ Iカップ 初心者 脱衣所 便臭 しずく 熟女系 過激 セクシー系 すぼまり アブノーマル ご近所 セレブ デカマラ 屋外 騎乗 スマホ挿し込み 美熟女 喘ぎ 電車 美人 土下座 Wフェラ 天然 ドドメ色 バツイチ ベロチュー グラマー スカート捲り 寝取り キス 性感マッサージ 保健室での自慰行為 Hard Ass Big Black 小悪魔 ツンデレ もてなし シル しゃぶり 突起物豊富 アイドル級に可愛い 毛剃り Hカップ ぽろり オフィスラブ タイツ わき腹 おしっこ 股間をまさぐり 童顔系 Pussy わきの下 旦那 年を重ねて色気が増し 局部接写 生中出し 寝取られ願望 超接写 ビラビラ 喘ぎ声 生中継 カメラ目線 M系 チングリ返し 女風呂 パイパンマンコ 2穴同時挿入 無理強い おねだり 口淫 肉棒 投稿 頬張る がっつく 食い込み 逆援交際 対面トイレスタイル騎乗位 ヒトトキ 地下室 玄関 えっち 2穴同時挿入 中出しセックス 妖艶 美容師 玩具責め 興奮 気持ちよすぎ アパレル店員 昇天 ビンビン ザーメン中出し 出会い ハミマン ロリフェイス 猥褻行為 手足拘束 乳首責め 初めて 慰め 膣痙攣イキ のぞき 献身 大絶叫 イチモツ チ〇コとおもちゃ ユニットバスで女三助 持ち上げては落下 high 体を震わして喜び シミの付いたクロッチ おっぱいが国宝 ブピピと音 やっぱり本物 前からタイプだった 好き者 ヒーヒー言わせて 一般女子が生SEX快諾 臭いパンティを頭にかぶり 声を押し殺し だらしなく口を開け オマンコを指でグニグニ 色素が薄い 代わり番こ 電車で痴漢プレイ 頼まれたら何でも heels 強引にされたい派 公衆浴場盗撮 としご【年子】 きなくなるかもしれないと思うと心配 まったりとしたいやらしさ 飲んで 教室で安心 意欲を買ってもらい ウキウキしていた 眺めは最高 鼠径部周辺をさわさわ 剛毛マンコでシゴキ 取っ替え引っ替え ねっとりとした汁 憧れの先生 イケナイこと 泣き叫ぶ バイトそっちのけ 騙され 禁断のSEX動画 まだしたい! 救いようのないスキモノ シロウト生エッチ 悶える姿 オマンコを湿らす ベテラン男優のテクの虜 イケメン韓流男子 ちくわのような物体 見事な放物線 ケバい 「まずい」と一言 マンコをヒクヒク ヨガリ顔 医者・患者 まだ結婚されてまもない 生暖かい 堪らず喘ぎ声 中で受け止め 当たり前 膣奥精子注入 恍惚とした表情 携帯カメラの前でおめかし ビチグソ 合体部分におツユ Daughters Boyfriend 味を確かめ いやらしい腰使い まさに極上 必死の抵抗 のぞき心が爆発 友人のチンポに興味津々 溜まりに溜まったザーメン 親切心だけは旺盛 ばっちりみえるVR 診察台の上 見せ合いっこ 極力体力使わない 眉間にしわ 懸命なフェラ 2人がかりで種付け ゆったりした胸元 チェックアウトの時間 別れを惜しんでもう一度と熱いSEX Bodyguard オッパイへザーメン イラマチオ調教 その気になる 拝んじゃってください 黒ニーハイ 生チンを騎乗で堪能 疲弊 継母のセクシーな妹 予想以上の振動 巧みな指使い シタくて堪らない ソープ嬢の吉原ミィナちゃん ドアップ ちっぱいと小尻 股間をまさぐる いちゃいちゃしたいな♡ 目覚めると朝立ち しっとりしてきた Maid 69でお互い気持ち良く 下から覗き見 一度スイッチ入るとやばい バックで中出し 介護を兼ねて売春 エステ オイル 放課後に密会 父親の介護 ツボ マーブル色のうんち 愛液を撒き散らし guy 準備OKになったところに男優が突撃 出演経験0の素人 こういうところ初めて 旦那様は、単身赴任中なので 妙に色っぽい アッチの始末 誘うような表情 アソコを隠しながら 全身ではんのう ノリノリ 着衣を絶妙に残し ハミ出る イク寸前のグチョグチョお〇んこ 彼氏に贈るビデオレター 制服姿 雨降る路上裏 イケメン巨根 スカートの中 あどけない顔立ち みくろちゃんって名前 羞恥心と布のこすれる感覚 愛くるしい表情 カフェイン入りの飲み物 後がつかえて 妊娠7か月 お風呂にエコー 子供を送り出した後 漆黒ペニス 淫らな肉体と喘ぎ声 準備万端のあそこ 絶対言えない秘密 セックスはあかんでしょう ドリルのように舌技 小柄ボディ 超綺麗なスレンダー美女 マジイキ フカフカ大きなベッドの上で 女子力が反応 bitches 便秘気味 two sexy young 丸見え状態 乙女汁たっぷり 隙が多い奥様 本物妖精 餅肌で童顔 結婚前の違ったチンポ 至福の表情 赤裸々な姿 隠れ巨乳 地味なのにスゴいことに 腋の臭い 一緒に3P 白く濁った粘度のある液体 一滴また一滴 彼氏持ちの女の子 ティーンとおばあちゃん お灸をすえてやる お義母さんが好き カラダをビクッとさせ サイズの合わないスーツ 滴り落ちる 周りの喘ぎ声 業者さんの手元を覗き ちらつかせて誘惑 女性専用の全裸の満員電車 街が見渡せる窓 まんすじが露わ 快楽に腰を振る発情痴女 使用感の無いピンク色の陰唇 夜の公園 濃厚で重厚な若奥さん 照れ 笑顔 豹変して超淫ら 淫乱人妻 大人の昇天 市場買いの臨場感 ハーレム乱交 公務員 ミクロ キツキツ 体操マット 教壇 反り立つチンポ 百合の快楽 フシギ系素人娘 報酬を上乗せ 火照り 洋物のポルノ 大臀筋 裏筋舐め ずっと好きな人がいたのと別れ話 禁断の扉を開く お金と快楽を求め 熱さと快感でおかしくなっちゃう チンコを使ってオナニー 生え始めの毛 マジメ君 オンナの着替え お口に大量ザーメン 不倫性交中 未だ未経験 奥までザーメン 性欲は強い 絵を描く 思わず口内射精 一気に二本お相手 唸りながら気張って メリメリと顔を出し Teen タイ 自虐 拡張 舐め 女は如何にも弱い 魅せつけ妬かせ 二穴 素人熟女/人妻パイパン美乳イラマチオマングリ返しオ 怒張 素人美脚熟女/人妻美尻スレンダー美乳手コキアナルぶ 熟女/人妻 美尻 美乳 フェラ 中出し 痴女 手コキ 69  素人微乳パイパンギャル美乳手コキオナニー中出し生ハ 胸鎖乳突筋 いじめ 御落胤 気違い おしっこを飲ませちゃいます マンコレ セックスってね、キャッチボールだと思うの 白セキレイの尻尾 芽生え ぞよめくように もじつかせ 手洗い)用の如雨露(じょうろ) 手水(ちょうず Upskirt voyeur 妊娠線 teen すっぴん thai 美少年 猥褻 うんこ座り office 素人美脚長身パイパン巨乳オナニーポッチャリ お礼 砂糖 サッカリン 縁側 ブランコ 抹茶 片膝立ち 全裸 chaina 女衒 ザーメンを顔面で受け止め 最高級素人 SEX大好き 結婚4年目 椅子やテーブルの角 おかっぱ 濃い 完ナマ3P 推しぴのおちんちん 初イキ姿 タクシーの中 ハメまくりの乱痴気騒ぎ!! 思わずこぼれ 素っ裸になった女 真っ黒の剛陰毛 いきり勃った巨根 ディルド越しのおまんこ 車中でHな話 思い出の茶畑 秘密の関係 肉厚パイパン カラダをビクつかせ 食われていくさま 浮気率は年々上昇 屋上でのエッチ いいムード 火照った身体 くどき術 目覚め 頬の筋肉を緩め 上司と関係 大人数 絶妙な角度 彼女が攻め 公衆便所 超プライベート 知り尽くした女 連続ゴックン 女同士 チンポを取っ替えひっかえ 普段は内科に勤務 夏休みの学校で Grandma 細い女性の“手” 熱帯雨林の様に生い茂った陰毛 初めてAVに応募 挿入されて興奮 バックからのクンニ ブルマ女子校生たちが大開脚 エッチな提案 ひたすらくぱぁ 二人を相手に話術 おちんちんも咥え 男子便器で立ちション cum 黄土色 敏感に反り 自身も興奮 fantasy 巨乳を揉み 連携ハーレム二輪車 大量潮吹きシーン 巨チンをずっぽし隠し 「万華鏡」の様な女性 借金取り ナスとズッキーニ コスメ販売員 いつ誰が来るかわからない場所 婚約者の姉 大量ブッカケ 一本糞 美巨乳でご奉仕 Two Cocks 性に飢えた人妻たち 眠り閉ざされた性欲が開花 しなやかスレンダーボディ 膣内温度まで測った 幼さの残る超若妻 極上泡姫さくらちゃん プリッとしたヒップ 日焼け 股を目一杯広げ 絶叫する女体 3センチはあろう勃起したクリトリス 憧れの隣の美人妻 等身大の@YOU クリ扱かれ 高収入アルバイト マイクロビキニ 大量の潮 なえと申します 巨乳を責め ちょっかい