FC2ブログ

爺様 和子に看取られ逝く

街と村との間には遥か昔から不文律の決まり事がある。棲み分けである。

たとえ街で長者と肩書きを張っても、村ではそれは通じない。なぜなら村では真っ正直に土に向かうものしか真っ当と見られないからだ。

賭け事のような商いを生業にする人間は長かそれに準ずる位にあるものでなければ相手をしない。

これを上手く取りまとめて歩いたのが商人で、彼らによってやっと不文律を超えて交易やら約束事がなされた。

しかるに村でも、男たちの慰み者になり孕ませだって期待できる和子は大いに歓待されたが、正一に対しては年下好きの婆様以外、どちらかというと冷ややかだった。

正一はよそ者、和子を連れてきた功績は認めたが、如何せん競合する。男たちにとってはただでさえ少ない女や女房を隠さねばならず招かれざるものだったからだ。

村人は博打様の富を求める場合、街へ向かわず、仲間内でも弱いものへ、未開のものへ向かって刃を向ける。

決してしたたかな人種が棲み暮らす町の習わしを受け入れようとはしない。

正一が突然村に現れ、美紀のことを聞いて回ったときも、村人は協力するようなふりだけはしていたものの、陰から冷ややかな視線を送っていた。

美紀というのが女の名前なら押さえつけて愉しもうと考えるものも無いではなかった。

しかし村では表面上は常に、このよそ者に向かっては団結して砦を築き、入り込めないように画策する。

この戒めを自ら破ったものがいた。

それが金玉が疼いてかなわない爺様だったのである。

爺様は女子と見れば誰彼かまわず抱きまくった。

和子もその例外ではなく、村内の者は避けて通るというに、爺様は一向にこれを介さず逆に近づき、廃村に通じるかつての街道から一歩野分道に入ったあたりで例によって例の如く犯していた。

この野分道は、実はこの村の人たちが没落していく、かつて近在を支配した豪農 足立寛治の領地内から盗み働きをするために急ごしらえで作った通った路、魔魅の抜け穴であった。

つまるところ、村人たるものこの道をあだやおろそかに街のものを案内してはならなかったのである。

在りし日の廃村には様々な珍しい産物が採れた。

薬研谷と呼ばれる場所などでは、特に貴重な薬草(ケシではなかろうから恐らく自生する大麻だと思われる)が採れ、それ故に足立寛治の祖先が入植してこれを見つけたときから、あっというまに近在を支配下に置くほど財を成し得たのである。

それを、不文律の元で次に控えていたこの爺様が暮らす村が、焼け野原と化したとされる廃村から、これらのお宝を掠め盗っていたのである。没落者からの搾取、掠奪である。


勤務の都合で市内に帰ってきた正一は、探し損ねた美紀のことについてイの一番に情報収集の拙さを考えた。

挨拶をすれば、にこやかに笑顔が帰ってくることは来たが どこか冷ややかな視線で見られているような気がしてならなかった。

「よそ者が村に入り込んで、何か探し物をしている」

そんな目つきをされたような気がしたのである。

正一はだから、廃村に向かうとき 村からずっと外れた場所まで昼間にヒッチハイクで向かって、その車が廃村とは違う方向の峠を越えるのを見届けて深夜、こっそり村に侵入し、あの路を辿ったのである。

田んぼの畦道脇を通る廃村に通じる街道に入り、爺様が和子を案内して登った通りにわき道にそれ情交のあった場所までの道程を、朝日が昇るまでに休まず歩き登り切った。

この場に立って、和子に永久の別れを言うつもりであった。

別れを決意したくなるほど和子の心は爺様に傾倒し、正一など爺様との挿し込みの刺激剤にしかならないと思われているふしがあった。

「そこまでして妻に娶ろうとは思わない」 これであった。

正一が朝日の昇る時刻に、この場所で行いたいことがもうひとつあった。

それこそが美紀を探すひとつの手がかりになるであろうその魔魅の抜け穴とやらを、いつか必ず探すこと。

あの快楽好きな美紀の失踪の秘密がここに隠されている。いつの頃からか、そう感じていた。

美紀は廃村へ向かうとき、きっと美紀を捜索に来た自分たちと同じように村人に何かしら問い合わせたんじゃなかろうかと思った。

もしも問い合わせていたなら、あの爺様が人妻とはいえうら若い女を放っておくはずはなかった。

気づいて、暗に止める村人を振り切ってこの場所に引き込み、ゆうゆうと犯しただろうと想像できた。和子の時と同じかそれ以上に爺様のふぐりに傾倒し絞り上げたのではなかろうかと思った。

それだからこそ自分という男が和子の付き添いとして一緒に来ているにもかかわらず、美紀と繰り広げたまぐわいが忘れられず山中に意気揚々と和子を引き込んで確信を持って犯したのではなかろうかと思った。

そう考えれば、すべてつじつまが合った。

正一はその場所を、和子が犯された場所の もう少し上の方ではないかと考えた。

遠目が効く村人に、女子を犯すところを見られては、あとあと難儀するとでも思ったのだろう。

和子の場合は、必死で探し回る男を、前戯で逝かせ始めた女に見せつけることで不貞・寝取られの欲情を昂ぶらせてやろうとしたし、美紀を犯した場所まで己も女も挿し込みたさが募り待てなかったこともあったのだろうと感じた。



用心に用心を重ね、正一はほんのわずかの痕跡でも見つけ出してやろうと、まるで地面を這いずりまわるかのごとく這いつくばって探し、先に進んだ。

路の脇の落ち葉や笹が、ほんの僅かでも人が寝ころぶに都合がよく見えたり、笹などが押し倒されたりしている場所については、特に入念に探し回った。

痕跡はあっ気なく見つかった。

それを見つけたとき、改めて爺様の非道さに怒りがこみ上げた。

美紀の服が勝利の証として、情交を交わしたとみられる落ち葉の降り積もった脇に立つ大木の枝に、これ見よがしにぶら下げてあった。

周囲には男女が争ったんだろう落ち葉を蹴散らしたような痕が生々しく残っていた。

美紀が押さえ込まれたであろうその場所の落ち葉は、まるで男女の重さに耐えかねたかのように、女の背の型にしっかり窪んでいた。

爺様は全体重をかけて美紀を貫いていたことが、その窪みの深さで伺われた。

痕跡はそれだけではなかった。

引き裂かれたパンティーは、それから数メートル離れた村が見下ろせる高台の上で陰唇の触れる部分に己の精液をたっぷりふりかけでもしたんだろう、糊が黄ばんで変色したようなものが付着し、投げ捨てられていた。

女を、散々弄んだ挙句 最初に奪った下着に、村人に余程見せつけたかったんだろうこの場所で、残りの精液を全て吐きだし勇者であることを誇示して捨てたものとみられた。

正一は狂ったように落ち葉をかき分け、美紀の姿を、陽が完全に沈むまで山中で探した。

欲望を満たしきった爺様が、用のなくなった女を処分していはすまいかと必死で探した。

僅かでも窪地を見つければ、持参したスコップで地面を掘り返して探してみたし、付近の谷間はすべて見て回った。

疲れ果てた末の結論に、美紀は情交が終わった際、和子の時と同じように爺様に異変が起き、その隙をついて逃げたのではなかろうかと、良い方にとることにした。

その夜は山中でビバークした。

翌朝早く、正一は美紀の服やパンティーを回収しザックに詰めると廃村に向け出発した。



和子が看病を続ける爺様の体調は一進一退を続けた。

毎週決まった日に、和子は婆様を伴って病院に向かうのだが、医師の処方は、そのたびごとに増えて行った。

それはそうである。

医師は、普通に生活しておれば何事もない血圧になるだろうと降下剤を処方する。

ところが和子は、躍起になって爺様の血圧を高めようと努力する。

然るに、医師が測るたびに血圧は、処方の効果なく上昇している。これでは危ないと医師は更に薬量を増やす。

爺様は薬が沢山盛られるたびに日中でもウトウトが増していった。

和子が盛んに誘うから、夜毎忍んできてワレメに舌を這わすには這わすが、途中で寝入ってしまうことさえあった。

和子は一計を案じ、病院の帰り道 こっそりある種の店で特効薬を仕入れ、これを爺様の飲み物に密かに混入させてみたりもした。

毎度立ち寄っては次第に効き目が強く、しかも高い商品を買っていく和子に店主は、よほど好きものの女と見たのだろう、マムシ酒を勧めてきた。

和子は仰天して見せた。そうでもしなければ心を読まれたようで、もうこの店に来れないと思った。

和子は婆様にはひた隠しに隠して持ち帰り、これを忍んできた爺様に丸ごと一本与えた。

高血圧に精力剤、ましてや深酒は禁物である。

普段の食事に、医師が止めていた塩辛い食べ物を婆様に隠れて付け足すことも忘れなかったことが功を奏した。

かくしてその夜は、和子が長い間待ち望んだ爺様の棹が復活し、情交となった。

酒の勢いも手伝って、常より入念に爺様はワレメに奉仕している。

だが一向に棹は皺袋の中から顔を出さない。

「マムシ、偽物だったみたいね。好きものだってあのおやじ言ったのよ。失礼でしょ?」

和子は大きな欠伸をした。

・・・ワレメを毎夜同じ格好で役に立たなくなった爺に舐められているんだもん、刺激もなにもあったもんじゃないわ・・・

和子は心の中でつぶやいた。

それでも懸命に爺様は奉仕を続けている。

和子は爺様を早く寝かしつけたくて、初体験の時の出来事をポツリポツリと話し始めていた。

「わたしね、これでも学年では結構奥手だったの」

それは高校3年の夏休みを前にした時のことだった。

「初潮が始まる前からちょっとだけ身体っていうか、気持ち?変だなって思うようになって・・・」

仲良し3人組のひとりが、ある日の午後、学校に裏で猥談を始めた。

話の中身は、寝静まった隣の部屋から親の絡みの、母親が逝きそうになって悶える声が漏れてきてというものだった。

「それでどうしたの?」

勢い込んで聞く和子に「嫌ね~和子は、餓えてる」笑って続きを教える代わりに、当時噂のあった彼を呼び出して河原で初体験を済ませた話をしてくれた。

「その時ね、もう一人の友達に聞いたら、もうとっくに中学2年の時に隣のおじさんに誘われて済ませたと聞かされたの。そりゃ~焦ったわよ」

「それでね、わたしも当時気持ちを寄せていた彼の家に遊びに行って、彼の部屋でさんざん変な格好して見せて誘ったのよ」

「彼のベッドに寝転んだり、畳の上をごろごろ転がりまわり、あおむけに寝て大きく胸を突き出しながら、足を開いて見たりして・・」

それでも彼は手を出そうとしてくれなかった。

「だからわたしね。とうとう我慢できなくなって、もうひとり気持ちを寄せてくれていた彼を、つまり好きな彼の友人ね」

お寺の裏に学校の帰りに呼び出して、目の前でショーツを脱ぎ、スカートを捲って頭を突っ込ませ、アソコを舐めさせたと言った。

「彼ったら、夢中になって舐めはじめて、恥ずかしさのあまり次第にアソコが変になって・・・」

どんどん足を広げて奥へ奥へと誘い込んでいるうちに、とうとう片足を彼の背中に乗せ、大きく割れたソレを舐めてもらって腰が抜けそうになった時、まじまじと見入る彼がそこに立っていたと和子は話した。

話しが終わった直後だった。

爺様の足が和子の尻をしたたかに蹴っていた。

「このあばずれめが~~」

和子は部屋の隅まで蹴飛ばされていた。

「なにすんだよ!このくそ爺が~」

云い終るか終らないかのうちに爺様の太い手が和子の首を締めにかかっていた。

和子は逃れようと必死にもがいた。もがきながら、何かグニャリとするものを何度も蹴っていた。

爺様の棹だった。

先ほどまで、たとえワレメに奉仕する段階に至っても爺様の血色はどす黒かった。

それが、首を締めにかかっていた爺様の顔は充血色に変わり、頭に脂汗を浮かべ、国筋の血管はウネウネと浮き出て目は真っ赤になっていた。

「いうてみー、どこを舐めさせたかいうてみー。このあばずれが~」

和子は空恐ろしくなって、もう一度最初から事細かく説明し始めていた。

ねめつける爺様は、ワレメに奉仕どころか、利き手の日本の指をかぎ状に曲げ、ワレメの芯を弄り、もう一方の手で乳を握りつぶそうと息んでいた。

棹は完全に復活していた。

指の刺激でワレメが十分に潤うと、爺様は雄々しくなった亀頭を深部にあてがって一息つくと切っ先で肉を割った。

歯を剥き出しにして肩を、首筋を噛まれた。

「このバイタめが!このバイタめが!」

それはもう拷問に近かった。

もしもこの時、婆様が薬さえ飲んでいなければ、血相を変えて止めに入ったであろう。

それほどに罵声と怒号の飛び交う情交だった。

肉は十分に割られ、抉られる苦しさに樹液が溢れかえり、返りシルで幹をしとどに湿らせていた。

和子は久しぶりに肉球で亀頭冠を弄ることができ、全身を打ち振って燃えていた。

少しでもいいから、待ちに待った精液を子宮奥に注ぎ込んでほしかった。

「でも、肝心の彼は友達にさいなまされているのに助けようとしなかったの」

その時ワレメやクリがどうなってたのか、爺様に事細かに報告し、涙を流して爺様に許しを請うていた。

勃起しないから、溜まってなどいそうにもないと思われた精液は、和子の稚拙な思考に反して密度も高く膿のようにたっぷり溜まっていた。

よせばいいのに爺様は、和子の亀頭冠への嬲りと組み敷く女に痴態に、その処女を奪われた話に欲情し、それを一気に和子の中に吐き出そうと腹上で力んだ。

「おおおうっ、むんむん。くく・・」

爺様の顔が急激に浮腫んだ。額に青筋が浮き出ている。

亀頭冠の充血が膣の奥深くで感じられ、棹の脈打ちも伝わってきていた。

「ああ・・・久しぶり・・・凄くすてき。早く頂戴」

爺様の腰が和子の土手をしたたかにパンパンと突き上げたその瞬間だった。

「うっ、う~~~ん」

爺様はまたしても和子の腹の上で唸ると転がり落ちた。

和子は今度も爺様が心臓の発作を起こして卒倒したのかと、以前に正一に教わった口移しの呼吸を試みた。

「爺様、大丈夫。ちゃんと和子の気持ちを吹き込んであげる」

潤んだまなざして爺様の唇を捉えると、静かに、しかも精一杯吹き込んだ。

時間をおかず、次から次へと、棹まで届けと吹き込んだ。

だが、所詮この方法も正一が教えてくれたものであっても、あの時も今回も、情交の一番燃え上がったときに起こっていたから、次に何をすべきかなど知り得なかった。

理性をつかさどる部位の脳は欲情をつかさどるソレに負け、麻痺していたのである。

何度か試みるが、爺様の唇からは愛が伝わってこなかった。

それどころか、唇は次第に冷たくなっていった。

情熱が伝わらないことに、和子は焦れた。

「わたしの気持ち、わかってくれないんだ」 和子は吐き捨てるように言った。

微かに爺様は、鼾をかいた風に 和子の目には寝たように見えたのである。

「呆れたわ、出す直前にまた寝てしまった。こんなに愛を吹き込んであげてるのに。役立たず!」

火照りが治まらないワレメからは未だシルが滴り落ちて太腿を伝っている。

「これ、どうしてくれるのよ・・・もう!!」

和子はついにキレた。

萎えた棹をつま先で思いっきり弾くと、さっさと布団をかぶり寝てしまった。



翌朝になって和子は、婆様に揺り起こされ初めて事態の深刻さを知った。

爺様は脳卒中のため、和子の腹の上で逝っていた。

丁度正一が美紀の衣服を回収し、ザックに納め、念のため情交のあった場所に向かって手を合わせた。まさにその時であった。
関連記事

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

Secret

その他連絡事項

ブログ記事として残さない呟きをここで行います。
Shyrock様からバナーを頂きました。

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」バナー
相互リンク用バナーとしてお使いください
Size : 200 x 40



読み終えた方は感想をこちら (Shyrock様掲示板) にお願いします。
小説感想掲示板

官能文書わーるど様への投稿
  • 残照
  • 老いらくの恋
  • ヒトツバタゴの咲く島で
小説の投稿先と投稿内容の詳細(専用ページに移動)
アップデート 2024/02/21 12:45


投稿記事へのコメントをお待ちしています。



にほんブログ村「ブログみる」 image ぶろぐ村は幅広い分野のブログを閲覧できることが魅力の日本で唯一の検索エンジンです。

 にほんブログ村が提供する「ブログみる」はインストールが簡単で、いろんなブログをストレスなく見ることが出来ます。
 例えばスマホ版をご利用の場合、いつでもどこでも好きな時間に好きなだけブログを見ることが出来ます。
ご利用法>>>
バナーをクリックしていただくと、1つのリンクだけで下記3リンクへ自動で振り分けられるページに移動できます。
※閲覧する端末ごとに遷移先が分かれています。





PR
料亭で扱われているマグロを中央卸市場より直送でお送り致します。
女性向けお仕事 ここから
DXLIVEJOB


SakuraLiveJOB【英】


モンロー JOB


キャッチレディー


ファンブルビー


シークレットラブ


ウェブマスター

ブログを立ち上げ、日々のちょっとした出来事を書き込むだけ

女性向けお仕事 ここまで
レッツゴー(イケイケ)知佳の
プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは「愛と官能の美学」Shyrock様からのご投稿を含め、365日休まず更新。官能小説を書いており、不倫、近親相姦、スワッピング、NTR,実話など多岐にわたります。掲示板多数。自己紹介の小説あり。

序文 (おおよそ500字) と本文で構成されていて「続きを読む」をクリックしていただくと本文を読むことが出来ます。

関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

アクセスランキング
人妻 胸チラ image
嫁の性長記録 image


ブロとも一覧
パスワード禁止

閲覧にパスワードをかけられたサイト様は規定に反しますので、しばらくは様子を見ますが、期間を過ぎ改善がなされない場合、ブロ友から外します。


鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

愛妻変貌録

赤星直也のエロ小説

AV-Q

 ハメ太郎の性活日誌

熟・変態女教師

えっちな人妻ひめの露出・混浴・輪姦

人妻のよろめき

kaede's Room Annex

Kaede's Room

菜々子の秘密部屋

恵子の妄想

愛の記録

パイパン美マン人妻愛奴「まゆ」の調教日記(完全素人オリジナル)

罰と罪-嗜虐的な天使を探して-

寝取られ体験談

日々の妄想を形にして(SM小説)

嫁の体験リポート

Sorao's Naked Activity Log -裸活-

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

鳶屋の艶本

北海道SM  調教室   

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

これも愛なんだ

desire Gs  ~妻との性記録~
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
特殊な記事
ブロとも申請フォーム
小説系のブロ友さん募集中

詳しくは「相互リンクについて」をお読みください。

この人とブロともになる

ブロともときめき速報
Mikiko's Room
Mikiko's Room image
Twitter
タグクラウド
文字をクリくすると関連記事が検索できます。

欲情 背徳行為 婚外恋愛 寝取られ 凌辱 覗き見 近親相姦 生ハメ 姦通 誘惑 締め込み レイプ 中出し 浮気 人妻 妄想 他人棒 母子姦通 自慰行為 輪姦 恋人交換 裏切り 不倫 W不倫 クンニ ファンタジー 寝取らせ 嫉妬 鬼畜 貸し出し SM 夫婦交換 騎乗位 ワンナイト 童貞破り 姦淫 バイブ 乱交 強姦 コメディ 借金肉地獄 喪服未亡人 寝取り SM 官能ホラー きむすめ 吊り責め しゃぶる 裸心縛 M字開脚 未通女 夫面前凌辱 女性リーダー 旦那制度 暴走族 指マン 足入れ 混浴 兄妹 濃厚精子 四つん這い 花街結婚 義父嫁姦通 手コキ お風呂入り 真夜中 スワッピング クリトリス 愛撫 使用済み うぶな 悲恋 看護師 性教育 フェラ 完堕ち 露出 アンチ援助交際 羽交い絞め イタズラ JK 嫁の羞恥 禁断 ゴルフ 淫略 生ハメ・中出し ごっくん 同一マンションに居住 育児放棄 未知の物体 年下 羞恥 襲い来る恐怖 顔騎 脱出不能 公衆便所監禁 パンチラ 夜伽 交尾 告白 屋外露出 愛と官能の美学 純愛 母子相姦 菊門 Shyrock 義理の母と子 他人妻 未亡人 童貞 乳首 二股 秘密の恋愛 夜這い おしっこ 新妻 淫臭 姉弟相姦 覗き 放尿 魅せ付け 夜逃げ 後背位 飢え セックス 売春 オナニー 肉便器 モンペ 娶わせ 雇女 夫婦生活 マムシ 息子の嫁 生ハメ・生姦 医療 口淫 女性用媚薬 尿意 おちんちん 熟女 奪い愛 禁断の性行為 ご無沙汰 乳房 横恋慕 松葉くずし 男根願望 風呂 性癖 10代のチ〇ポ NTR 追っかけ 出逢い系 アナル 生活保護 いじめ 絶頂 疑心暗鬼 母子家庭 自慰 母娘 忍び逢い 仲居 想い出づくり 堤先生 舐め 輪姦・凌辱 清拭 バイブレーター タンポン ラヴ 羞恥凌辱 チラ魅せ 浪花あきんど 女中奉公 大正時代 ミニスカ 阪神淡路大震災 キス 母と息子 誘導尋問 脅迫 禁断の関係 淫靡 ヒトトキ 洗濯物 人妻・熟女 レズ ネトラレ カーセックス 痴辱恋愛 猿轡 二股誘惑 丸見え 肉棒 屈曲位 張形 発情 ぶえん お義母さん 強制性交 仕返し ホンバン行為 旅籠 屋外 経産婦 女囚 夜を鬻で 身を堕とし 禁断の愛 自己陶酔に陥る 六十路 嬲って憂さを晴らす 媚薬 花弁 不貞 寝バック 陰裂 童貞狩り 仮釈 男鰥 怒張 セックスレス 素人 野外露出 女衒 黒い茂み 保釈金 躊躇い シチリア 全裸 咥え 割り切り バック 三所攻め 珠子さん 寛治さん 義道さん パンティ パンパン 万引き チューブトップ 警備員詰所 魔の誘惑 すらりと伸びた脚 月に1度の憂鬱な訪問者 マン繰り返し 秘肉をなぞる 顔面騎乗 近親愛 オカズ 平手打ち 和姦 幼稚園先生 調理 処女膜 奇抜な体位 髪結い 乳腺炎 シックスナイン 住職 檀家 日照り 青姦 フェラチオ 開脚 素股 潮時 お母さん 娼婦 落書き マンネリ化 春を鬻ぐ コンドーム 3P乱交 生娘 妊婦 ディルド デリ面接 年下の男の子 兄と妹 不特定多数 ポルチオ シモの世話 背徳的 枕芸者 姉弟誘惑 鎌首 お試し ご奉仕 荒勘さん 未開の地 くぱー 懇願 運搬自転車 割れ目 野外セックス  お潮 魅せつけ 壁ドン妻 縄張り 痛い 男根 アソコ トランクス シクスナイン  粘膜 腰巻 二股不倫 自慢 くぐり戸 イタリア 男を惹き付け 優秀な男 男と逢瀬を重ね 恋焦がれ 安全日 夫婦円満 逢瀬 危険な冒険 夫婦の交換 よがり狂う 淫声 畜生道 妊娠・出産 後家 貢ぐ 夫婦喧嘩 妻の気持ち  賢婦 黄金排泄 チ〇ポとオ〇ンコの娶わせ 嫉妬と苛立ちを増幅 臭いを嗅ぎ 恋文 まぐわい 意識し始め 背面騎乗位 未開発 まぐわう 性欲処理 月のものが止まった ざわめき 浮気の代償 サカリ 栄養補給 プレゼント攻勢 翳り 性行為 同衾 躰の関係 間男 愛欲 唇を重ね あえぎ声 屹立 ショーツ ノーパン 春をひさぐ 浮気心 剛毛 もてなし 女教師 ワレメ 有名女優  セーラー服 お下げ髪 鑑賞  京都 ゴム 緊縛 須恵乃さん 下働き 結婚 逆ナン ワンギリ 性的興奮 肉体労働 女日照り 義母 素人人妻 超ミニ 太股 下半身 旦那 出逢い 熱い視線 しゃぶり 鯉こく 働き口 身体検査 胤の受け渡し 口内炎 母子 蜜壺 廃屋 正常位 バツイチ  うなじ 失恋 秘孔 下駄箱 痴漢 顔を跨ぎ 添い寝 出戻り 後ろのすぼまり 輪姦・乱交 初めて ブラック 遺産相続 露天風呂 毛唐 痴態 パンモロ オイタ 秘所 堕胎 妄想癖 ツンデレ 自信過剰 自己顕示欲 虐待 膣口 対面座位 訪問介護 締めつけ 潮吹き 剥き出し 打擲 すぼまり だっこ 廃墟 まんこ アップスカート 浣腸器 ディープキス 膣洗浄器 盗み見 しょん便 無理強い 着物の裾をまくり上げ 麻縄 背後から羽交い絞め 筆おろし まんチラ 後ろめたい 小便臭い小娘 兄妹相姦 エッチ 騎乗 聞き耳 淫語 クロスラヴ 秘めやか バックスクリュー 背面座位 Gスポット 我慢 女の部分 つるつる お仕置き 漢漁り ぬめる感触 専業主婦 上司と部下 神童 流出画像 せっくす 淫らすぎるキス 牝蜜を涎のように垂らし 姉への口姦 お菓子 旦那以外の漢 全裸の野性的な美女 超常現象 暗闇 清楚 温泉 睨み据え 快感を伴う 快楽に翻弄され 立ちんぼ 栄枯盛衰 性的欲動 牝獣 胴体 見栄 パート従業員 淫らな光景 SEX 長い黒髪 98Fの胸 油ののりきった女体 若いミルク 飯場 愛液 結婚詐欺 ぶっかけ コッペパン 父娘 マングリ返し 本やビデオで勉強 貧民窟 血管が威嚇 屈辱的な姿勢 息子の肉棒を愛撫 洗い場の湯椅子 夢精 片手と手ぬぐい 性具 睡蓮 完全勃起 女将 大開脚 哀願 クロッチ 人妻の中に迎え入れてもらえる 目は完全に潤んで 言葉がうわつき震え始めた フル勃起した逸物をショーツの隙間から挿し込もうとす 陰部の匂いを嗅ぐ 豊かな乳房を魅せ付けつつ横臥し ニョッキリ突き出した先端部を突っついて まともに顔が見れない オマンコの芸術品 貝合わせをするように割れ目を閉じ合わせ 膣に食い込んでいくタンポン 指先でツンツンし始め 語尾が震え始めた 高級なホース 芳醇な悦楽の指攻 抜き身を翳し誘ってくる 無防備になったお尻 恥丘の膨らみまで丸見え 腕を取って部屋に連れ込んだ 秘所を間近で観察 胸の谷間をうんと魅せ付け ヤルべく声をかけ 肉体を委ね 眉をひそめ 奇妙で卑猥な行動 オマンコだって凝る 大陰唇マッサージ 恥丘も比較的ふくよか 大陰唇を揉む 華を添え ナース 足の親指を襞の合わせ目にめり込ませ 物陰から覗見 型板ガラス 漢遊び 神様のように慕って 着物の裾をチラリと捲る 湯殿で十分お○んこを拝め 武志の意図を汲み 完堕ち寸前まで追い込まれ お酒のご相伴を持ち掛け 嫁が隠密裏に夜伽 反り上がった屹立 Loveホテル 日ごろの愚痴 ぷにゅっとした感触 しなだれかかる クロッチに指を這わせ 咥え込んで 後ろから抱え上げ 許してくれと哀願 チラチラと盗み見ては心を躍らす 男子学生の手を取って 若い男をを釣ってやったと言いたげ 呟き始めた 落ち合える日 夫婦仲 振り向いてもくれない 太股裏側に手を宛がい抱え上げる 小心者の漢どもを誘惑 大陰唇がカエルの腹のようにパンパンに腫れ とんでもない物で犯され 淫らな表情 着衣 暗黙のうちに了解し ヤルたびに気をイカす人妻 不謹慎な使われ方 気持ちよく剥けて 極太のソーセージが秘所に接近 小さな布切れを脇にどかし 支柱のような肉塊に脅え むりやり目撃させ オマンコ結構窮屈 思い悩む日々 年上の女の躰に飽き 腰を掴んだ 床に這った 肉棒の先端を膣口に添え 陰唇に肉棒を滑らせて 女を侍らせ酒盛りをする ぬめりを得てから 白い肌を恐怖に震わせ いたぶる むしろ漢欲しさに火が点いた 女としての自覚が芽生え ショーツをチラつかせ 鏡に映った交尾を繰り返す己の姿 填められた 豊か過ぎる乳房が垣間見え 下から持ち上げるように屹立にかかった 将来を約束したような格好で付き合って 実の父との間で間違いをやらかし 都合上遠距離 相手が誰であろうと手に手を取って睦会う 男性経験 二股かけて 忌まわしい血が流れ 近親相姦の果て結婚したことによる出生 黒々と繁みや凹みが浮き上がる 極端にラフな格好になって掃除 弄ばれ 捨てられ 罵った 直径三センチメートルのソーセージ オマンコの奥まで挿し込んで 自分を見て立たせてくれたペニスに気が行き 本音を晒し 怒張したモノの先端部分 飢えてるようにとられ 思わせ振りな言い回し 出来の悪い子を宥め賺かし まぎれもなく快感によるもの 子宮に突き当たるまで 子宮に傷をつける ガムテープで口を塞いで 股間に触れる 勝手に腰が浮き上がって 思わせ振りな態度と熱っぽい視線 素直に快感を告白 しゃくり上げが止まらない 義父を禁断行為へと煽り立て サカリがついた 精気を搾り取ろうとする 肉柱を頬張る キャンディーを舐める 平常心も音を立てて崩れ 猛り狂った舅 下半身が熱を帯び 吐息が乳輪にかかる 飢えきった若妻 交接行為 歯茎をも舐め上げ カリの部分 すっぽりと咥え込み 楚々とした美しさ 心ときめかせるほどのベッピン 生暖かいものをぶっかけられ 嫁も舅とのセックスに没頭 騎乗位に変換 セックスは濃密 木履で地面を蹴り 薄壁ひとつ隔てた屋外 白い頬に紅が射し 首を縦に振る 艶めかしく映る 秘裂をこじ開け 嫁相手の生ハメ ねっとりと指がうごめく 股間をびりびりと痺れさせ ポジティブワード 初デート カラダ目当て ラップスカート 別の縦線を想像し ゆる腹筋 一番最後の治療 ヘルペス 鎮まりかけていた快楽の炎 抽挿 恥ずかしい蜜液が溢れ 中で出し 放心状態 へそ出しコーデ 気分が高ぶって 強姦めいた青姦 あわや背面座位に 嫁いで間もない嫁の身 カットソーの中 甘い嬌声 ぬめった舌先 年甲斐もなく溺れ 若鮎のような肢体 乳首を吸われ 硬直したペニス 身体中涎まみれに おまんこ 夜這いに応じる 春のつむじ風が吹き荒れ 喘ぎを漏らし 飢えてぎらつく目で舐めまわす エキス混じりの汚れ 客を相手に夜伽 コンビニ 好色家 濡れ衣 新妻を辱めるのが好き 渇きをいやし 逸物を迎え入れ 甚振ってやる お○んこを拝む 一味違う姦通をヤリたがって 男根を埋め込み SEXと私 好奇心旺盛 隠微な微笑を浮かべ 大人の男女が遊ぶ 胸の膨らみを掴んだ 乳房を撫でる 凹んだ箇所 カットソーを捲り上げ 窃盗罪 生理用品 語気を荒げる 過激なイラスト 生理用品のパッケージ 盗んだ 探り アレは済んだ 最近変わった チラリと舅を見やった 仕込んで 足音を忍ばせ 下着を毟り取って 物思いにふけって 淫臭漂うクレバスを舐め 亭主の持ち物チェック 肘立て伏せみたいな体勢 自ら蜜唇を突き出す 誰でも良い 腰を振った 泣き出しそうな声 身体をピクピク痙攣させ まるで包み込むように取って寝間に誘おうと 日ごと夜ごと肌を合わせ 本物の男性が良い ピンチングバイブレーター クリトリスと膣壁を挟み込んで 瞬く間に昇天 ピロートーク 尋常ではないほど高ぶって グロテスク 御指南を仰ぐ 性具のような扱い 独特の感性の持ち主 弱弱しい態度に出て媚び 身売り 楽してカネ儲け 無残に変形 恐怖 怯えきった涙目 未経験の花弁 父親よりの年上の野卑な男 処女を蹂躙し 小ぶりだが美しい乳房 極上の生娘を凌辱し 破瓜の痛みを思いやる言葉 処女の証 まだ散らされていない桜花に宛がう おそそにぶち込んだ 未通の秘孔をおぞましい肉塊が分け入ろうとする 子宮口に到達 わずかに鮮血が滲み出し ほっそりとした腰付き ふくよかな双臀 男子便所 尿意を催し 個室 じんじんと下腹部に疼く尿意 扉側に尻を向けてしゃがみ勢いよくほとばしった小水 金隠しに向かって 歓喜の精 いっそう花弁が締まって 凄まじい破瓜の感覚に溺れ 邪淫でなまめかしい光景を醸し出し 思わず雄たけびをあげ 処女を味わい尽くそうとし 締まる快感に酔いしれ おぞましい肉塊をしゃぶり続け 性交しているかのように 狂う原因となった妖艶さ 娘の紫野を女にした 条件次第で漢を変え 売春の世界に脚を突っ込んで それすら気づかないまま突進し続け 住所不定 見えない敵を追い 深夜の浴室で犯しまくる 面相筆 青竹開脚縛り 亀裂を開きながら 肉芽をそっとなぞり 母の生きざま 根無し草となり はまぐり啜陰 醜怪な物体 膣前庭を覗き込む 怒張した肉棒を押し込んで 勃起した男性器 濃い陰毛が鼻をくすぐる えづきそうになる しょんべん着いてても M字に固定 未知の感覚 秘所と菊門 まだ薄く柔らかな若草 自分でいろて愉しんで 舌先ですくうようにそっと舐めあげ 割れ目の中央から噴き出す水飛沫 はしたない音を立て 陰裂になじませ 赤黒い肉棒 眉を八の字に歪め むっちりとした太もも 熱いぬかるみに柔らかく包まれた 後方に弓なりに 下肢を強引に割り広げ そそり立つ剛棒 鋭敏な果肉 尿の残り香 石清水 肉芽 騎乗位でのまぐわい 碁盤に両手をついて 脱がさずに背後からいたす 膣襞 肉道 松葉 タコ壺 欲望の迸り 加虐心 蜜液 剛棒 情交を結んだ相手 昆布巻き 屈辱的な行為 ピシャリと尻たぶを打った 小さなうめきが漏れ 排尿 肉唇 裾をからげた姿で屈んで 目の毒 おまる しゃがんで ケツを見せる 裾をまくって 顔を真っ赤にさせ 密告 まくれ上がった着物の裾 ケツが丸見え 女のおいど もぎたての白桃 しょんべんしてるとこ 破廉恥な要求に従う 屈服した様子 身を震わせながら羞恥に耐え 尿道口をじっと見つめ ちり紙 口で拭いたる 縦筋 黄金色に輝く小水が流れ落ち 静寂を破る水音 男性環視の元で行われ 二人連れ添って便所 放尿の瞬間を待ちわびて 御虎子をまたいで 突き刺さるような視線 青竹 加虐変態嗜好者 美しいながら後家然とした女 亭主以外の漢の力に頼らざるをえなくなる ごり押し 漢に上手に負けてくれる 淫らな妄想 娘の前で嬲り始めた ダメと分かっていながら堪らなくなる 漢が胤を付けようと迫り来る姿 ごつごつした突腰が弓なりに反り返り起 色責めの歓喜 抵抗する気持ちからして揺らいだ さも大事そうに揉みしだく 漢を我が身を使って慰めてあげたくなった 倒錯した性的嗜好 清廉な色香 やきもきしながら見ている 母に覆いかぶさろうとし 漢を脱がしにかかる 自分に対する千草の許可と知って 幽閉 威圧 熱心に誘ってくれて 内職の仕事 いつも以上に入念に化粧 好色 血相を変え漢の元に走る スカートの中に手を忍び込ませ 思いつめたような顔をし 腰をひくつかせ 粘膜を充血させ始め 垢の染みついた縄 色責め 銭差 舐めたおす しっぽり濡れて 本番 江戸火消し 時代劇 愁いを込めた目で見つめ 色よい声かけ 泊り客の夜伽 襟足に顔を押し付け 差し出された男根を咥え扱いた 湯文字一枚の恥ずかしい姿 両足を座禅に組ませ 異物挿入 異常性愛者 ハスイモの茎を干してひも状にしたもの 大奥のお女中がこっそり使ってる代物 生娘がよがり狂う姿 小さな裂け目 生娘の陰 花びらの液体を指でこすり取る まだ誰にも披露したことのねえ大事な場所 生まれたまんまの姿 はらりと床に落ちた 土手はぷっくらと肉厚で たて筋はぴったりと慎ましく閉じきれいな陰 下品で淫靡な笑み 欺瞞 他人のペニスを我が子の前で咥えて魅せた 刀の腹がクレバスをなぞる 乳房が唾液まみれ 着物の裾をめくる 腿のほとんどが露出 白い太股が露わに 眼前に怒り狂ったものをぶらつかせ 腋や乳房にわざと淫液を擦り付けた 鍵状に折り曲げた指を突っ込んで あられもない言葉を発し わざと声に出しながら探る 腕をうんと伸ばしサカリ始めた ライバル 絹ごし豆腐 野卑な指 常連客がナンパ エッチに不満を持つ孕んだ経験のない妻 母を終えた後娘に手を出す 嫉妬心を露にし 肉芽の包皮を剥かれ 肉芽の愛撫 人妻が堕ちる様子を見たくて ほとんど漢を知らない 震い付きたくなるようないい女 脚をよじって 居酒屋で男漁り 妙な雰囲気 力でねじ伏せ動けなくし 根性焼き直し えげつない娘 寝取られ癖を心得ていて 相手の肩を向こうに押しやるような仕草 漢の股の饐えたような臭いを嗅ぎながら咥える がしんたれ 引き摺って お灸を据え 夫のモノをしゃぶった記憶がない 我が子が夫婦生活を盗み見 夫婦交換中の妻の様子を見たがるように 凹に向かって幾度となく指を往復させ 欲情しきった漢と対峙 関心を持ち始める年頃となった我が子 軽くイカせてもらってからご褒美に咥えてあげる 下手人 引き回し ウチのヒトには内緒 知らないフリした チラリとスカートの奥を魅せた 血が滲んで 鬼の形相 ヘンなことされて喜んでる 毛嫌うべきは母 組される母が心配で見てた すがるような眼 息を呑んで見つめ 父を裏切り漢と乳繰り合って その姿は普通の夫婦では有り得なかった 彼女を想いマスをかいて 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
「 知佳の画像掲示板 FC2」以降のリンクは利便性を鑑み取り付けています。
QRコード
QR
参加ランキング
人気ブログランキング
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
128位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
9位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム
メールは日に何度かチェックしています。お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogと【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」の中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
拍手ランキング
この拍手は「ランクレット」と同様の意味合いで取り付けています。

他の人にお薦めしたいときに記事の上部にある拍手ボタンを押して頂くとあなたがお選びになられた記事がカウントされます。
おすすめ官能小説
18禁官能小説集です。
官能小説投稿
小説を書いたら投稿しよう
小説家になろう

小説を読もう!は「小説家になろう」に投稿されたWeb小説や作品を無料で読める・探せるサイトです。

小説家になろう
小説家になろう

入谷村の淫習を投稿中


愛と官能の美学
愛と官能の美学

愛と官能の美学は投稿も出来ますがご投稿もしていただけます。
お薦め


官能文書わーるど
官能文書わーるど

「官能文書わーるど」の管理者しょうた様はご多忙のため掲載には少々時間を要します。


Pixiv
ひそかに心を寄せる茶店の女店主
各種掲示板
注意書きに沿ってそれぞれの掲示板をご利用下さい。
知佳の画像投稿掲示板
知佳の画像投稿掲示板 image
FC2レンタル掲示板、投稿画像&彼女・妻自慢にご利用ください。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の画像掲示板
知佳の画像掲示板
FC2レンタル掲示板、投稿画像などFC2&国内法に適するなら書き込み自由。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の書き込み掲示板
知佳の書き込み掲示板
書き込みの文章や画像など、規約に沿った内容でお願いします。
Shyrock様のご厚意により宣伝効果大


官能テキスト掲示板
官能テキスト掲示板
当掲示板は小説等更新時の案内用としてご利用ください。
違法画像、児童ポルノは厳禁です。
商業目的の使用は禁止です。
ご利用に当たって相互リンクの有無は問いません。


知佳の書き込み&
投稿画像掲示板
知佳の書き込み掲示板
自撮り画像掲示板
★当掲示板は自分撮り、他人撮り等オリジナル画像限定でご投稿ください。


Kaede's Room
画像掲示板
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。宣伝にご利用下さい。


知佳の掲示板
知佳の掲示板
HTMLにて画像挿入可能です。

投稿写真動画
素人投稿写真/素人投稿動画/素人オリジナル限定の素人投稿専門サイト
紳士淑女の夜の社交場 image
投稿写真動画 画像
35,000 (08/11/23時点)

投稿画像の壷 image

盗撮・覗きetc
どていばん.コム image
昔は盗撮が横行して……いやいや、今でも立派に横行しています。
そんな気分を味わいたい方にお勧めなのが「どていばん.コム」です。

着エロ@電脳女学園 image
着エロ、パンチラ、制服美少女、グラドル、お宝女優、えっちなお姉さんをまったりと楽しむ。そんなリンク集と画像掲示板サイトです!

緊縛・凌辱
アンテナ
更新情報を素早く掲載、宣伝に効果的

読みたい小説を簡単に探し出すことが出来ます。

ブログの登録を依頼し掲載してもらうだけで訪問者が増えます。
宣伝効果が期待できます。
  • 小説・詩ランキング

  • 動画ナビあんてな

    以下「知佳の美貌録」コンテンツ
  • 知佳の美貌集
    上位優遇の強弱設定を弱く上位優遇に設定するなど公平性を高めています。
  • 知佳の小説系アンテナメーカー
    上位優遇の強弱設定を弱く上位優遇に設定するなど公平性を高めています。




  • R小説の栞

サイト内リンク
知佳の美貌録(総合)
知佳の美貌録(総合)バナー
一般ページ

知佳のサイト内では道路標識的役割のページ。


Japanese-wifeblog
Japanese-wifeblog ban
ブログを始めよう思って最初に手掛けたページ。
FC2のまま継続していたとしたらブロ友数の多さが目を引く。
検索エンジン登録数も他のページに比べ桁外れに多いのがこのブログ。


元ヤン介護士の
知佳のブログ
元ヤン介護士の知佳のブログ ban
ぶろぐ村に登録しているブログ



letsgochikaのblog
letsgochikaのblog ban
ライブドアブログ




知佳の美貌集
知佳の美貌集 バナー
アンテナ2号館



知佳の小説系アンテナメーカー
知佳の小説系アンテナメーカー バナー
アンテナ1号館



Sexcy style
Sexcy style ban
カリビアンコムなどの有料動画の最新情報を観たい方はこちら。


知佳の美貌録(総合)
舞ワイフ ~セレブ倶楽部~ 171 ban
不倫・不貞、他人棒の総合案内こちら。


最新動画
日下部ひながぼ…
日下部ひな


人気ランキング
アクセスランキング
100位まで