FC2ブログ

知佳の美貌録「森林公園にて」 熟女の魅力に取り憑かれると思った以上に溜まるらしく・・

誘惑しラブホに連れ込み・・人妻に横恋慕した男の一方的な思い込みほど怖いものはない。

「おばさんの旦那が怒鳴り込んできたんだって!?」

ボイラーマンの荒ぶる声が事務所から漏れ聞こえた。

「だからそれは、ちゃんと解決済みだって!」

支配人はボイラーマンに向かってもうおばちゃんとの関係は切れてると懸命に言い張っている。

だが、肝心のおばちゃんは若い肉体が忘れられず、相変わらず深夜になるとこっそり忍び込んで関係を続けてくれていた。

シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。


目的は違えど極秘の部屋として作られた支配人室の明かりはまずもって外には漏れない。

一般常識から考えると、まさか久美を帰す時間はとっくに過ぎている深夜まで書類整理に当たっているとは思っていなかったらしく、支配人に焦がれるおばちゃんがいきなりドアが開けた。

そこに久美を見つけると、訳も聞かず邪険に扱った。

「あんた、こんな夜更けにここで何してるの?」

「何って、書類整理じゃない。見ればわかるでしょ!」

「ふん、どうだか・・」

支配人室に据え付けてある密会に使ったであろう、まるで穴倉のような場所にしつらえてあるベッドを横目で見ている。

その目は、若い久美への欺瞞と今宵こそはと家を抜け出してきた欲望で脂ぎっているように見えた。

( ご主人が寝取られたことにあれほど荒れ狂っているというのに、まだ支配人と通じていたんだ )

しかも他の従業員に見つかるかもしれない深夜帯に潜んで来る・・呆れるしかなかった。

( 話しには聞いてたけどあの年齢になるとある時期母と同じように男が欲しくて狂うようになるんだ )

心のどこかで、この熟女をそう軽んじている自分がいた。

久美たちが懸命に仕事をこなしているというのに、淫行のために駆けつけておきながら万一見てないところで久美と・・とでも思ったのか一向に帰ろうとしなかった。

たとえ明け方になってでも、支配人とベッドを共にしたい、そう顔に書かれていた。

おばちゃんは、職場で普段見慣れている姿と違ってこの日は化粧がやたらケバイ、

すっかりその魅力に取り憑かれてしまった若い男の肉体に、自制心も何もかも忘れ、夫や家族すら投げ出し溺れ切ってしまっているように思えた。

自分はもとより、夫である飲んだくれの父や成績優秀で目に入れてもいたくないほど溺愛した弟をも捨てて男に走った母のように、

枯れたことを認めたくないオンナのホンネが大人に時間なればこそ溢れ、ケツの青い事務員などに奪われてたまるかと必死の形相で睨みつけながら幾度となく咥え込んだ男に事務員を早く追い返し始めない?と熱っぽい視線を送っていた。

キリの良いところまで片付けたかったが、恨まれてまでロハの残業をと考え部屋を出た。

単身赴任が長い支配人は情けないことに相手がおばちゃんであっても眼前に晒される肉体に我を忘れかぶりついてしまう、この後久美の気配が付近から消えると早速始めてしまうんだろう。

その証拠に久美を見送る役の支配人は、おばさんに言い寄られ抜け出せないのだろうついにこの日は部屋から出て来なかった。

フロントマンは通常の勤務時間外ということもあって、おばさんが潜んできたことは気づいたが控室で知らん顔して寝ている。

おばさんさえ顔を覘かせなければ喜んで送ってくれただろうに、この時間ではもう見送りを頼める人もいない。

男にとってこれからシモの世話をしてもらえるからには事務員の送迎などどこ吹く風。ドアの下の隙間から見えていた灯りはとっくに消えていた。

仕方なく久美は地下室に降りてみた。案の定心配顔のボイラーマンがいつもの椅子に腰かけ待っていてくれた。

旦那が怒鳴り込んでくるほど職場で知らない者もいないあからさまな不貞、それを自慢気におばちゃんは職場でこうしたらああなったなどと淫行を事細かに言いふらす。

同年代の女たちも余程飢えているんだろう、眼を輝かせてソレに聞き入り足りないところはわざわざ問うている。

そうして決まって、昼間女たちはおばちゃんの恋路を邪魔する久美を何かにつけて邪険に扱った。

おばちゃんが、せっかく単身赴任で難儀してる若い支配人の溜まりきったモノを抜いてあげようと毎夜忍んで来てあげてるのを邪魔するなとでもいうように。

久美と支配人が、例えば昼間でもふたりっきりでいようものなら、まるで恋敵のように睨みつけ、意地悪した。

この時期ならでは、接客には殊の外気を使うべきなのに、気に喰わないとなるとたとえ相手が客でも自分たちはどうせ学のない百姓女だとでも言いたげに粗野に扱った。

特別変わった事件など皆無の田舎故、ひとりの男に複数の女が言い寄っているんだと、まるでお化け屋敷かと思えるほど朽ち果てたホテルで夜な夜な淫行が・・とでも言いたげに面白おかしく町民に伝わっているようだった。

それ故各所からやんわりと忠告が入った。

体面を保つべく支配人は、とりわけしつこく忠告してくるライバル視していたボイラーマンに辛く当たった。

まるで、職務が終われば私生活をとやかく言わないようにするのがお互い様じゃないのかとでもいうように、

れっきとした妻が近いとはいえ他県に住んでいて、これだけ多忙を極めてるのに時折帰ってはいるんだよと自慢げ支配人はボイラーマン当てつけで云った。

ボイラーマンはボイラーマンで妻もおり、しかも銘家でもある。町議として持ち込まれた問題を不貞の恋愛などというものに首を突っ込むことなく穏便に解決しなくてはならない。

「不貞を働く男に久美ちゃんの送迎を頼むのはどうかと・・」ホテル業界や社長はともかく、町民に聞かれたらどうするんだと言いたいのだ。

どうしても支配人に、男女のことについて泣きついてくる旦那のため止めてあげてほしい、その忠告を町として出ささざるをえないと言い募った。勤務先の都合から町議によって持ち込まれた難題故手下の篠原がこれを伝達しなければならなかったのだ。

支配人はお返しとばかりに久美は許しただろうが出勤状態が同じホテル内の他のものに比べ、殊に話題に上っているおばちゃんに比べ好ましくないと暗に解雇を口にする。

( 支配人とおばちゃんがやらかしていることは通常の恋愛ではなく欲望渦巻く不貞による淫行であることは事実だから忠告は仕方がないにしても、町議はこの場合別で職務上出かけなければならないときだってある )

お互いそれは解っていることだが、こと女の問題が絡むと話しはややこしくなる。

町議の給金では派手な妻と銘家を支え生活できるはずなどないことは事実だった。

それにホテルにしても、客がいないときボイラーはそれほど必要でない。従って給与は青色申告に支障が出ない程度に抑えてある。

久美ならばこそ、それを理解していた。

ボイラーマンが不倫をやめろと警告し、支配人はお返しとばかりに町議を役立たずの無駄飯喰らいと侮蔑する、それを久美が庇ったことから、否応なしに送迎担当を巡って男同士の、 久美をめぐる争いに発展していった。

おばちゃんと支配人は肉欲に溺れ始め、まるで時と場所を選ばず絡み合おうとする。

すると当然久美の送迎はおろそかになる。

それをフロントマンとボイラーマン、出入りの業者が手分けし代行するようになっていた。ボイラーマンと業者はロハでだ。

久美は久美で、仲間内の女の横恋慕を、特に嫌いなおばちゃん達を避けたくて、またそれによって支配人の不自由を阻害してはならじとボイラーマンを送迎に、自然に頼むようになっていった。

だが、ボイラーマンはボイラーマンで相談事にかこつけ、人妻を甚振った過去がある。支配人同様かそれ以上に女好きで職場に知られないように久美を求め、しばしば車を立ち往生させる。

久美としては、行き帰りに身体を求められると、どうしても家事の時間が割かれ子供に迷惑をかけるから避けたいと思った。 が、

そうすれば、また共同作業しなければならない支配人の陰口を聞くことになる。

支配人に頼めば、一直線に家路に向かってくれるのにである。

書類の提出期限が迫っていて時期が時期だけに、本来はそうしたかった。

だが、騒ぎを聞きつけ目の当たりにしたフロントマンや仲間(多くの場合出入りの業者やバスの運転手)が、こぞってボイラーマンの送迎を推した。

「だってさ、支配人がたんびたんび(都度)に留守してたんじゃ、ホテルはどうなるの?」守りたい男のためおばちゃんが発したいかにも正論。

自分のやってることは棚に上げ、疼くアソコをどうにかしたく、このままじゃ支配人が消えてなくなるとでも思ったのか普段は人一倍横着者のクセに切なくなった当のおばちゃんがイの一番にこう言い放った。

支配人も久美もいってみれば監督署の指導要綱をとっくに超えたサービス残業、不貞ならまだしも、官庁に知れ渡ったら元も子もなくなる。そんなことを考えながらコトに及んでいたのかと半ば呆れつつも結局折れるしかなかった。

「どうしてもわたしを定時で追い返し、空いた隙に思う存分抱かれたいんだ」四六時中支配人の傍に居たいんだと気が付き

ボイラーマンに話すと、

「ほっておけ! いつかは再び世間に知れ渡り行き場を失って関係が壊れる」

おばちゃんは50に近い、それに比べ支配人は37、確かに飢えた女を前にすればその空洞を我がモノで埋めんと男なら躍起になるが、所詮奥さんとは比べ物にならないほどの使い古し、どう見たって近いうちに男の方が飽きる。

( 自分たちだって支配人の留守におばちゃんがその気になってくれさえすれば拝むことだってできる ) そう思えばこそひた隠しに隠してくれたフロントマンや帳場の男も、我慢できず代用品で済ましたりすればそれはそれ、一気に萎える。

「奥さんに久しく逢えなくて、溜まってるんだろう。それに体裁を気にする奥さんと違いおばちゃんは手入れの仕方も知らない激情そのままのアソコを晒したんだ。誰だって過ちというものは人生一度や二度はある。可哀そうだが、好きなようにさせてやれ」

おばさんの恋路を邪魔するなと言った。

こうしてボイラーマンが正式とはいいがたいが・・久美の送迎に当たることになった。

そのボイラーマン、運転技術は流石に日頃走り慣れているせいか、無免許の久美が見ても几帳面を絵に描いたような支配人の運転とは雲泥の差だった。

毎度同じ道を通るような几帳面さはなく、知らない道をどんどん走ってくれ、それでいてとにかく巧い。

毎度違う道を通るのに、支配人の時と遜色ない時間で送迎してくれるのである。

すっかり感激してしまった。

この頃では送迎ですらすっかりドライブ気分、慣れが出た。

疲れた身体をシートにもたせかけ、疲れると寝入るようになる。

ところが、いったん身体の関係を持ったボイラーマンは、その都度 隙を見て横道に入ろうとした。
田舎道ご覧のような、誰も通らない悪路に知ったかぶりで入り行き止まりになったこともしばし、そう人が来ない隙に運転中であっても空いた左手で身体を肝心な場所を触ろうと、まさぐろうとするのだ。

ボイラー室でも、行くたびに触ってきていたので、それで十分満足しているかと思いきや、そうでもなかった。

この頃では職場内は色事で満ち溢れていて現役男女にとっておさまりがつかない状態なのである。

リーダー格のおばちゃんが支配人相手に簡単に身体の関係になれたと知って他のおばちゃんたちも後に続けとやたら男どもに声を掛けてくるし触りたがる。

知らぬ間にとは言いながら、元はと言えば久美が赴任してから妙な経緯になり始めたのだ。

仕方ないから溜まりきって我慢できないときはおばちゃん連中に世話してもらうこととし、もしも許される事なら久美と・・皆が皆そう望んでおりボイラーマンも気が気じゃなかったのだ。

男は女を、女は男どもをそれとなく見張るようになったホテルでは、フロントや支配人、おばちゃんたちの手前、逢える時間に限りがある。

お茶を地下室に運んだ隙に、誰か地下室に降りてくるものがおれば見つかるような危うい休憩用のソファーで触らせてあげる程度しかできなかった。

元来方向音痴の久美は送迎途中で一旦脇道に入られると、もうそこが何処なのか見当もつかなくなった。

( 触る場所を探して、懸命みたいな気がする )

次第にどこをどう走ってもらってもそう思えるようになっていった。

「時間がないの、間に合う?」

もうそろそろ危なくなったかなと思う頃になると、わざとこう聞いた。

それはそう、高原ホテルにとって助手席に大人しく座ってるのは町長であり銀行の支店長であり会計事務所の所長、下手すれば弁護士。

彼女の頭脳と機転が無ければ大惨事を招いたホテル・町なのである。

言われることに逆らい、大事な電話を取り損ねたとか業者との約束を違えた。いやいや銀行への支払期限を違えたなどということになれば即数億単位の取り立てに追われる事にもなりかねんのだ。

支配人室でおばちゃん相手に腰が抜けるほど淫行をやらかしただろうななどと妄想するにつけやりたくて狂っていただろうに、そう言われてやっと渋々ながら元の道に戻ってくれていた。

それでも、これはボイラー室の延長だと軽く思っていた。久美が請えば引き返してくれると。彼がこの日忍ばせた右手の指に久美の耐え切れない想いが湿り気となって伝わっていたからだ。

支配人が、このまま突き進めば人生の末路に迷い込むことになると知りながら、おばちゃんとの関係を断ち切れなかったように、ふたりもまた日々募る想いをこらえ路を急ぐ、そうやってある日、とうとう草ぼうぼうの山中に迷い込んでしまった。

( 抜け道がわからなくなった )

助手席の久美はそう思った。

路はだんだんと狭くなり、とうとう道路わきの草がフロントガラスの半分にまでかかり車の腹を音を立てて擦るようになってしまった。

「車大丈夫?この先にUターンする場所あるの?この付近で引き返せない?」

車の運転ができない久美であっても、Uターンできる場所は草に覆い隠されて見当たらない。このままでは車ごと藪の中に突っ込んで車から出ることすらできなくなると恐怖すら覚えた。

先ほどまでの、半ばコンクリート製の道はいつしか、すっかり地道に変わり、やがて車の腹を擦るように轍が切れ中央部だけ盛り上がっていった。

草ばかりか木の枝までもがフロントガラスを叩く。

それでも走るのをやめなかったボイラーマン、

時間ばかりどんどん過ぎて行った。

もうダメかと思ったとき、車は藪を抜けきっていた。

「わぁ~ こんなところに出た!!」

出た先に、木々に囲まれるように見慣れない 如何にもっていう風の建物群が数軒あった。

「良かった~ 凄い!あんな道を知ってたなんて!」それがどんな場所か直ぐに見当はついたが今は生きて無事普通の道に出れたことがうれしかった。

久美は改めてボイラーマンの見識を見直し、褒め称えた。

照れたボイラーマン、

「ちょっと休もうか」

自然を装ってこう言ってくれた。

この言葉に、何の疑いも持たなかったのは、この手の場所に入ったことがなかったからである。

久美も疲れてへとへとだったこともあって、しかももうここはホテルとは程遠い場所に思え誰かに出会ってもバレないだろうしお茶ぐらいならと合意した。

建物群の一軒に、車は勢いよく滑り込んで、シャッター付きの車庫に入った。

シャッターを閉めると中は薄明かりが漏れる程度になった。

車を降りて、車庫の後ろのドアを開け、久美は驚いた。

( 喫茶店じゃない・・ )

チラリと覗いた部屋の奥に大きなベッドがあり、枕がふたつ並んでいた。

(ゲッ、 してやられた ) 最初からここに来るつもりで野分道を強引に突っ切っていたのだ。

久美は焦った。

そこは初めて目にする、うわさに聞くラブホテルの一室だった。

( 抱きたくて、どうにも我慢できなくて迷ったフリしてたんだ )

ボイラーマンはこの付近の路に、完全に迷っていたわけではなかった。

かつてあの相談に乗ってあげたご婦人と逢瀬のため使ったホテルなんだろう。方向だけは見極め、ひたすらラブホテルを目指し、車を進めていただけだった。

久美も悪かった。

久美がホテル内を彷徨っていないかおばちゃんがホテルじゅううろついて探していて、もし万が一久美が帰宅していたら支配人にお情けを頂戴しようと幾度も支配人室の前を行き来していたのだ。

ついさっきまで作業服で立ち働いていたものが、今はすっかり身綺麗に着替えを済ませ気持ち悪いほどの芳香を振りまいてその時を待っていたのだ。

ボイラーマンだって所詮オトコ。あれがお客様が来た時の女かと思ったのも無理はない。もう間もなく待ちに待った淫行が成就できるとあって胸元や裾を心なしか開けてうろついてくれている。男とは悲しい生き物で、発情し切った熟女を見たら勃たなかったものも己の自慢のモノを差し出せば間違いなく堕ちてくれると確信できたとき、その期待にこれまで記憶になかったほどいきり立つ。

その勢いのまま久美を送っていくことになったから堪らない。最初から脇道にそれ、普段誰も来ない森林公園内に車を止め、高台に彼女を引っ張って登った。

そうやって見晴らし台のようなところに立たせ、後ろから抱え込むようにして指を忍ばせた。

「あぁ~ あん・・人に・・観られるかもしれない、こんな場所じゃ・・」

公園のデッキ上になったところに立たせ手摺りに掴まらせ、後ろから攻め抜いている間中、久美は喘ぎながらも気が散って逝けないのかやたらと周囲を気にする。

今日のおばちゃんがそうであるように女とは所詮オトコ次第。欲しがってくれたことに喜びが広がり潤ってしまったからこそ、危険と知るつつもアソコを掲げ耐え切れなくなってくれたはずの男の侵入を促した。

久美は如何にも小さな身体だ。妄想していた通り、指を挿し入れ推し量ってみた通り挿してみて、その具合の良さにキツさに男の方こそ本気になってしまっていた。

狭さと奥行きの短さに加え、締め付けが女をこれ以上ないほど堕とすにはこの場所ではもったいないほどキツかった。

相談に乗ってあげたご婦人の時の感覚で見れば久美もまたごく自然に受け入れているはずなのに、ご婦人の時と違い先端 つまりカリをこれでもかと奥に引き込もうとする。

何度も負けそうになり、とうとうこのまま射出させては負けのような気がして引き抜かざるを得なくなった。

だが久美は、引き抜きにかかるたびに落胆の声を上げ、もっとと懇願した。

逝きたいのに、完全に逝けないと ここに連れて来てくれた男に暗に抗議したのである。

なにしろ出かける前おばちゃんに触発され、あのようになった女にハメたくて間に合わせでコトに及んでいる。

従って合意を得るいとますらないまま挿し込んだ良いが、如何せんナママラなのである。

支配人が何故におばちゃんを選んだかと言えば、ナママラであっても遠慮なく中奥に放出できる。孕む心配はほとんど皆無だからだ。

ところが己が相手をしている女はと言えば、己が開発したに近い30路になったばかりのいわばアソコが熟し始めたオンナなのである。

生涯一度あるか無いかのチャンスが今巡って来ていた。

これからの長い人生、この女を堕とすか堕とさないかですべてが決まるように思えた。

支配人がおばちゃんをモノの見事に堕とし切った。それなら俺もこの女を他の男に奪われないためにも完ぺきに堕とす必要があった。

我慢に我慢を重ね、太さも長さも完ぺきな状態になってから責め抜いてやろうと決めた。山奥とは言っても昼間の森林公園内である。誰が見ているとも限らないが、覗き見されつつ人妻を奪うことこそが彼の性癖にマッチしたと言っても良かったのだろう。

腕の中の人妻は早くしてと狂いまわるがその都度、なだめすかし、ケモノになりきらせ、ともすれば腰砕けになりそうな久美を支え良い景観を拝みつつ深部に向かい、何とか合意を得てドクドクと注ぎ込んだのを覚えている。

( 覗き見する方も覗かれる方もお互いに、第三者から見られているかもしれないという、思ってもみなかったほどの露出の刺激に酔いしれた ) 歓喜の雄たけびを上げたいというのに久美は

支配人のことを悪く言えないようなことをしてしまっていたんじゃない?と問うてきた。

もしも誰かに観られでもしたら、即そのまま議員としての決断を迫られる、

「今度からやめようね。 ねっ、そうしてね」

久美に、こう何度も懇願されながら、それでも回復すると幾度も責めにいたときの完全に逝かせ切れなかったことを、ボイラーマンはいつまでも気にしていた。

( 町議である以上、滅多な場所で・・ )

久美の忠告を感謝しつつも、ある筈もないのにどうしても支配人から奪い取りたい気持ちが抑えきれず悶々としていたとホテルの部屋に入って教えられた。

「支配人とはなんでもないのよ」

いくら説明しても納得しないボイラーマン。

「それじゃ、ちゃんとそれを証明してくれてもいいんじゃない?」

ここなら外部の人から見られる心配はない、

「あの日の続きを、ちゃんとした場所でしたかったんだ」

そう言いながら抱きしめられ、求め続けられ、久美は遂に観念した。

木立の中で、この男との行為に突き抜けるような刺激をオンナとして初めて感じ、悶えた感覚・記憶も確かにあった。

これまで幾たびか送迎してくれ予期せずして脇道を走られ、これと同じような場所に連れ込まれ、いつしかこんな風に責められるかもしれないという期待も欲望も 無二の友人が実際そうされた、気持ちどころか躰も跳んだと聞かされたときから、実はあった。

木々に囲まれてはいるがら、所詮路だから通る人に観られるかもしれないし、またあの話しにあったような刺激を体感できるかもしれない、

そう思うときどうにも、自分では止めることのできない妙な欲望がわいていたものだ、

幾度も、屋外で欲しいと言われるか言われないかのうちに受け入れの態勢を自然とてしまっていた久美、

女衒の家系に生まれたからだろうか、遠慮がちにコクられるまでもなく、逞しすぎる彼のモノを中に欲しくなっていたことも事実だった。

ボイラー室で、お茶を運んできた久美を散々嬲りまわす間に男は久美の中に潜むオンナの弱点をそれとなく見つけ出していた。

最初は「まさか・・」と思わないでもなかった。

それほどに反応は早くなり、男の目から見ても もうこれ以上どうしようもないほど昇り詰めていたのだ。

コトに及ぶ時 声を漏らさせないよう、必ず唇を奪わなければならないほどだった。

おばちゃんが知らずして女たるものの何かを魅せたことで知らぬ間に、久美にも対抗意識が芽生えオンナの部分が男なしではいられないほどに熟しきってしまっていた。

終えた時の、その自慢げな顔も仕草も あの相談に乗ってやったご婦人に負けないほど一段と磨き上げてやりオンナの表情になっていった。

屹立を太腿に押し付けながら指を、時に舌を、寝取りたくて、狂わせたくて間一髪のところに潜ませ這わせてやった。

だからこの時アソコに巧みに挿し込まれ、幾度も突かれ、嬲られ男を奮い立たせるため喘いでくれた。

密林に迷い込んだ時の、あの これから男女の何かが始まるような秘密めいたゾクゾクする気持ちと、

そこを抜け出した時の「やったー!」という感極まるような気持ちがボイラーマンの中でないまぜになった。

この先心配するほどホテル内では自然体のまま、ただがむしゃらにしがみついてくれた。

公園内から移動すべく、ずいぶん時間を要したというのに仕込み切ったアソコは乾くどころか期待に益々潤みを帯び始めている。

ひしと抱きしめ屹立を添えてやるだけで見事な反応が返って来た。

ベッドまで辿り着けなくて、立ったままでコトが始まってしまった。

今受け続けている男の指の、アソコを這いまわる感触に、屋外の ボイラー室の そして送り迎えの指使いの・・、それら長い時間を要した愛撫と相まって、もはや隠しきれない状態になってしまっていたからだった。
関連記事

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは女性の軽率な性衝動を揶揄した、どちらかといえば人妻の不貞・不倫小説がメインとなっています。
関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

当ブログは「続きを読む」をクリックしていただくことによって全文を読むことが出来ます。

カレンダー
08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よく読まれている記事
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム
Twitterに参加しています。
知佳
@ChikaLetsgo

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブロともを募集しています。

鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

アオハル残酷ものがたり

夫婦で楽しむ3P・他人棒

AV-Q

20代肉便器妻の性処理道具な日々

世界の片隅の文華

はりーぽっちゃーの秘密の部屋

熟・変態女教師

人妻のよろめき

恵子の妄想

やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~

愛の記録

セイカツ日記~夫婦の性活~

熟女文字コラ&ママ文字コラ&女王様文字コラ

手コキとフェラとM男と痴女 CFNM 痴女風俗探訪記

日々の妄想を形にして(SM小説)

豊満熟女 ポチャ デブ専

無くした幸せ探しに行こう

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

SM + 虐 待 & 拷 問

若狭と雫(全頭マスクの女)

amateur japanese wife
更新通知登録ボタン
チェックすると連絡先に更新通知が届きます。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

Sexcy Style by 知佳
なにがなんでも痴態を見ずにはおれない!!

そんなマニア様のご要望にお応えし続けている特殊なページです。
入場はこちら↓

Sexcy Style pics l セクシー・スタイル画像集
Sexcy Style pics
セクシー・スタイル画像集
有料サイト一覧
自動更新サイト一覧では最新発表された20タイトルの番組まで検索することが可能です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
知佳の美貌録(総合)
Japanesewife.com
QRコード
QR
参加ランキング
知佳が参加しているランキングです
人気ブログランキング
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
286位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogの中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
おすすめ官能小説
法に抵触しない18禁官能小説集です。
タグクラウド
カウント順に表示中
ご利用法:ご希望の文字をクリックしていただくと関連記事が新着順に表示されます。

素人 中出し オナニー 巨乳 美乳 生ハメ・生姦 ハメ撮り お姉さん HD クンニ フェラチオ フェラ 手コキ バイブ 美尻 生ハメ 痴女 パイパン 美脚 スレンダー 潮吹き スリム 69 人妻 熟女/人妻 コスプレ 美少女 ロリ M字開脚 ぶっかけ ギャル おもちゃ マニア 電マ 口内発射 指えっち パイズリ バック マニア・フェチ 騎乗位 レズ AV女優 顔射 オリジナル動画 乱交 清楚 お色気 修正あり アナル パイずり 有名女優 フェチ 言葉攻め 放尿失禁 シチュエーション 洋物 3P乱交 盗撮 イラマチオ 野外露出 微乳 ぽちゃ OL 外国人 パイパン・剃毛 拘束 熟女 指マン スタイル抜群 ハード系 女子高生 日本人 女子校生 手持ちカメラ モデル SM 淫語 ゲイ 放尿 ごっくん 口内射精 超カワイイ コンパニオン・RQ ロリ系 3P 露出 制服 水着 カモフラージュカメラ 若い娘多数 女子大生 玩具 ローター 寝取られ 30代 ミニスカ 剛毛 正上位 ナンパ T-バック ぽっちゃり 痴女・淫乱 乳首 クリトリス フェラ抜き 縛り 長身 不倫・浮気 顔面騎乗 クスコ ミニマム アイドル・タレント 自慰 マングリ返し 指姦 激レア流出 素人投稿 覗き 浴衣・着物 初裏 トイレ盗撮 ディルド 若妻 生姦 青姦 三十路妻 日本男児VS 色白 初心 20代 ラブホテル カップル マルチアングル お姉さん/OL 職権乱用 メイド ショートカット ベスト/オムニバス 自宅 ネトラレ ミセス イマラチオ 爆乳 ハード アニメ (うぶ) 淫乱 40代  69 脱糞 首すじ むっちり ポッチャリ 四十路妻 奴隷 黒髪 パパ活 スローセックス 癒し系 カワイイ系 女教師 エプロン 着替え プライベート 野外 キャバ嬢・風俗嬢 小柄 細身 美マン 看護婦 妊婦 病院 豊満 四つん這い アニメ系 ピンホールカメラ 金髪 凌辱 ナース 部屋 おすすめ Dカップ アップスカート ワレメ 変態 低画質 素股 ローション 不倫 母乳 接写 変態マニア 立ちバック メコスジ 素人 熟女/人妻 フェラ 中出し オナニー 手コキ クン ドラマ風 SM 浴衣/着物 レイプ シティーホテル Fカップ グロマン Cカップ 妄想 3P-4P 羞恥 3P乱交 カーセックス 四十路 シャワールーム JK 人妻・熟女 マッサージ カメラ発覚(バレ) 顔騎 OLスーツ 3P 巨尻 街中窃視 着エロ 懐かしの裏ビデオ 調教 望遠カメラ 目隠し 女子風呂 超マニアック 金玉アングル パンチラ Eカップ OL 挑発 腋フェチ 風呂 黒乳首 緊縛 貝合わせ 10代 セフレ 和服 聖水  パンスト・網タイ 痙攣イキ 欲求不満 WEBカメラ 剃毛 セーラー服 スカトロ ブルマ 三十路 熟女/人妻 中出し 生ハメ・生姦 素人 お姉さん 中出し 生ハメ・生姦 お姉さん系 ぽっちゃ スネーク(内視鏡)カメラ 輪姦 ボンテージ 淫汁 民家 パンスト ランジェリー めがね 着衣 十代 若妻・妊婦 潜入 電波カメラ マニアック 痴漢 悪徳犯罪 アニメコスプレ ノーパン 覗き見 処女 そっくりさん チャトレ 足コキ  強姦 背面騎乗 Aカップ  便秘 マスカキ メガネ 援交 ご近所系 愛液 スケスケ 巨根 赤外線カメラ マンスジ ご奉仕 シャワー 実録/ドキュメンタリー Creampie 熟女・人妻 4K動画 50代 洋式 ニューハーフ 制服・コスプレ 視姦 T-バック 異物挿入 胸チラ ノーブラ スクール水着 痴態 網タイツ オフィス 勃起乳首 浴衣 教師 ストッキング スク水 浮気 Gカップ 未通 手マン 肛門 まんきつ69 ポルチモ逝き 隠しカメラ 陰毛 パンティー パフォーマー black 刺青 ローアングル 隠し撮り 寂しがり屋 和式 お掃除フェラ 店内 車中 発情 勃起 ナチュラルヘア モリマン 生理中 M痴女 脱フン ホテル お薦め 面接 胸射 キャバ嬢 和服-喪服 トイレ 美少女モデル 他人棒 ヤリマン S女 NTR 淫臭 巨乳フェチ 種付け 熟女/人妻 洋物 巨乳 筆おろし くぱぁ スワッピング プリーツスカート 桃尻 学生 キッチン 五十路 懇願 おまんこ 誘惑 ご無沙汰 即尺 言葉責め マンコ 寸止め 股間 スプーン 性感帯 仁王立ちフェラ 姦通 貸し出し 五十路妻 淑女 10代 開脚 種絞りプレス チンピク ミセス系 Gカップ以上 Bカップ Cock クリ マン毛 babe cock ペニパン pussy ペニバン ご開帳 締め付け 局部アップ 乳輪 童顔 おブス 唾液 官能小説 本番 美人妻 イチャイチャ オカズ 借金返済 ス股 自画撮り 背面騎乗位 癒し 電マ責め ちっぱい 複数 車内 ハプニング 出会い系 着替 M字開 ブレザー 童貞 ツインテール 5P乱交 ソープ 和服・浴衣 放〇失禁 失禁 3p乱交 チンカス 包茎 素顔 喪服 日本男児VSパイパン 美女 旅行 貧乳 ボーイッシュ 寝盗り ペット 低身長 上司 ブロンド 対面座位 仮性包茎 媚態 嬌声 逆ナン アイナメ 哀願 嬌態 ザーメン搾取 温泉・浴場 夫婦 飲食店 熟女/人妻 中出し 生ハメ・生姦  2穴 駅弁 熟女/人妻 顔射 洋物 巨乳 熟女/人妻 洋物 茶髪 接吻 射精 センズリ 熟女/人妻 顔射 洋物 オムニバス 18才 ムチロリ 家出むすめ 痙攣 天然恥毛 駅弁ファック 鬼逝かせ 浣腸 体操着 教室 焦らされ まんチラ 息子 Tバック お返し 痙攣絶頂 土手 産婦人科 悶絶 絶頂 Hカップ ズボズボ パンティ 背徳感 19歳 黒板 ブルマ姿  オモチャ 盛りマン 大和撫子 美爆乳 美巨乳 コスチューム ゴックン 亀頭 おっぱい お漏らし 腋毛 ラブホ ヤル気満々 シースルー 公園 淫獣 白いパンチラ おもてなし セーラー 体操服 ストリップ 100センチ オッパイ Iカップ 初心者 脱衣所 便臭 しずく 熟女系 過激 セクシー系 すぼまり アブノーマル ご近所 セレブ デカマラ 屋外 騎乗 スマホ挿し込み 美熟女 喘ぎ 電車 美人 土下座 Wフェラ 天然 ドドメ色 バツイチ ベロチュー グラマー スカート捲り 寝取り キス 性感マッサージ 保健室での自慰行為 Hard Ass Big Black 小悪魔 ツンデレ もてなし シル しゃぶり 突起物豊富 アイドル級に可愛い 毛剃り Hカップ ぽろり オフィスラブ タイツ わき腹 おしっこ 股間をまさぐり 童顔系 Pussy わきの下 旦那 年を重ねて色気が増し 局部接写 生中出し 寝取られ願望 超接写 ビラビラ 喘ぎ声 生中継 カメラ目線 M系 チングリ返し 女風呂 パイパンマンコ 2穴同時挿入 無理強い おねだり 口淫 肉棒 投稿 頬張る がっつく 食い込み 逆援交際 対面トイレスタイル騎乗位 ヒトトキ 地下室 玄関 えっち 2穴同時挿入 中出しセックス 妖艶 美容師 玩具責め 興奮 気持ちよすぎ アパレル店員 昇天 ビンビン ザーメン中出し 出会い ハミマン ロリフェイス 猥褻行為 手足拘束 乳首責め 初めて 慰め 膣痙攣イキ のぞき 献身 大絶叫 イチモツ ユニットバスで女三助 持ち上げては落下 high heels 前からタイプだった おっぱいが国宝 体を震わして喜び シミの付いたクロッチ ブピピと音 チ〇コとおもちゃ 頼まれたら何でも やっぱり本物 臭いパンティを頭にかぶり 声を押し殺し 眺めは最高 一般女子が生SEX快諾 だらしなく口を開け 代わり番こ 電車で痴漢プレイ 好き者 オマンコを指でグニグニ 色素が薄い 禁断のSEX動画 としご【年子】 きなくなるかもしれないと思うと心配 まったりとしたいやらしさ 剛毛マンコでシゴキ 公衆浴場盗撮 飲んで ウキウキしていた 鼠径部周辺をさわさわ 黒ニーハイ 教室で安心 取っ替え引っ替え 強引にされたい派 憧れの先生 イケナイこと 泣き叫ぶ シロウト生エッチ ねっとりとした汁 バイトそっちのけ まだしたい! 救いようのないスキモノ 騙され ヒーヒー言わせて マンコをヒクヒク ベテラン男優のテクの虜 イケメン韓流男子 ちくわのような物体 まだ結婚されてまもない オマンコを湿らす 見事な放物線 悶える姿 ヨガリ顔 医者・患者 ケバい 生暖かい ビチグソ 中で受け止め 膣奥精子注入 意欲を買ってもらい バックで中出し 堪らず喘ぎ声 恍惚とした表情 合体部分におツユ Daughters Boyfriend 携帯カメラの前でおめかし 「まずい」と一言 味を確かめ 必死の抵抗 のぞき心が爆発 友人のチンポに興味津々 眉間にしわ まさに極上 溜まりに溜まったザーメン 診察台の上 見せ合いっこ 極力体力使わない 親切心だけは旺盛 懸命なフェラ イラマチオ調教 ゆったりした胸元 チェックアウトの時間 別れを惜しんでもう一度と熱いSEX いやらしい腰使い 2人がかりで種付け Bodyguard その気になる 拝んじゃってください オッパイへザーメン ばっちりみえるVR Maid 継母のセクシーな妹 予想以上の振動 巧みな指使い 目覚めると朝立ち 疲弊 シタくて堪らない ちっぱいと小尻 股間をまさぐる いちゃいちゃしたいな♡ ソープ嬢の吉原ミィナちゃん しっとりしてきた エステ 69でお互い気持ち良く 下から覗き見 一度スイッチ入るとやばい みくろちゃんって名前 ちょっかい 生チンを騎乗で堪能 オイル 放課後に密会 父親の介護 介護を兼ねて売春 ドアップ ツボ guy 準備OKになったところに男優が突撃 出演経験0の素人 全身ではんのう 愛液を撒き散らし こういうところ初めて アッチの始末 誘うような表情 アソコを隠しながら 旦那様は、単身赴任中なので ノリノリ イケメン巨根 ハミ出る イク寸前のグチョグチョお〇んこ 彼氏に贈るビデオレター マーブル色のうんち 着衣を絶妙に残し 制服姿 スカートの中 あどけない顔立ち 雨降る路上裏 羞恥心と布のこすれる感覚 隠れ巨乳 カフェイン入りの飲み物 後がつかえて 妊娠7か月 セックスはあかんでしょう 愛くるしい表情 お風呂にエコー 淫らな肉体と喘ぎ声 準備万端のあそこ 絶対言えない秘密 子供を送り出した後 ドリルのように舌技 便秘気味 超綺麗なスレンダー美女 マジイキ フカフカ大きなベッドの上で ちらつかせて誘惑 小柄ボディ 女子力が反応 two sexy young bitches 漆黒ペニス 丸見え状態 本物妖精 餅肌で童顔 結婚前の違ったチンポ 白く濁った粘度のある液体 隙が多い奥様 至福の表情 地味なのにスゴいことに 腋の臭い 一緒に3P 赤裸々な姿 一滴また一滴 滴り落ちる ティーンとおばあちゃん お灸をすえてやる お義母さんが好き 乙女汁たっぷり 彼氏持ちの女の子 カラダをビクッとさせ 周りの喘ぎ声 業者さんの手元を覗き サイズの合わないスーツ 当たり前 膣内温度まで測った まんすじが露わ 快楽に腰を振る発情痴女 使用感の無いピンク色の陰唇 大人の昇天 街が見渡せる窓 夜の公園 笑顔 豹変して超淫ら 淫乱人妻 濃厚で重厚な若奥さん 市場買いの臨場感 反り立つチンポ 公務員 ミクロ キツキツ タイ ハーレム乱交 体操マット 百合の快楽 フシギ系素人娘 報酬を上乗せ 教壇 照れ 火照り 裏筋舐め ずっと好きな人がいたのと別れ話 禁断の扉を開く お口に大量ザーメン 大臀筋 お金と快楽を求め 生え始めの毛 マジメ君 オンナの着替え 熱さと快感でおかしくなっちゃう 不倫性交中 唸りながら気張って 奥までザーメン 性欲は強い 絵を描く 洋物のポルノ 未だ未経験 思わず口内射精 メリメリと顔を出し Teen 一気に二本お相手 自虐 美少年 舐め 女は如何にも弱い 魅せつけ妬かせ 胸鎖乳突筋 拡張 二穴 素人美脚熟女/人妻美尻スレンダー美乳手コキアナルぶ 熟女/人妻 美尻 美乳 フェラ 中出し 痴女 手コキ 69  素人微乳パイパンギャル美乳手コキオナニー中出し生ハ 素人熟女/人妻パイパン美乳イラマチオマングリ返しオ いじめ 芽生え 気違い おしっこを飲ませちゃいます 実話 マンコレ 御落胤 セックスってね、キャッチボールだと思うの ぞよめくように もじつかせ 白セキレイの尻尾 怒張 手洗い)用の如雨露(じょうろ) voyeur 妊娠線 teen 素人美脚長身パイパン巨乳オナニーポッチャリ Upskirt すっぴん 猥褻 うんこ座り office thai お礼 全裸 サッカリン 縁側 ブランコ 手水(ちょうず 砂糖 抹茶 chaina 女衒 片膝立ち チンコを使ってオナニー ザーメンを顔面で受け止め 結婚4年目 椅子やテーブルの角 おかっぱ 思わずこぼれ SEX大好き 濃い 初イキ姿 タクシーの中 ハメまくりの乱痴気騒ぎ!! 完ナマ3P 素っ裸になった女 肉厚パイパン いきり勃った巨根 ディルド越しのおまんこ 車中でHな話 バックからのクンニ 真っ黒の剛陰毛 思い出の茶畑 カラダをビクつかせ 食われていくさま 浮気率は年々上昇 秘密の関係 推しぴのおちんちん 屋上でのエッチ くどき術 目覚め 頬の筋肉を緩め 知り尽くした女 火照った身体 上司と関係 彼女が攻め 公衆便所 超プライベート 大人数 連続ゴックン 熱帯雨林の様に生い茂った陰毛 チンポを取っ替えひっかえ 普段は内科に勤務 夏休みの学校で いいムード 女同士 Grandma 初めてAVに応募 挿入されて興奮 細い女性の“手” ブルマ女子校生たちが大開脚 幼さの残る超若妻 ひたすらくぱぁ 二人を相手に話術 おちんちんも咥え 巨乳を揉み エッチな提案 男子便器で立ちション 敏感に反り 自身も興奮 fantasy cum 連携ハーレム二輪車 いつ誰が来るかわからない場所 巨チンをずっぽし隠し 「万華鏡」の様な女性 借金取り 最高級素人 大量潮吹きシーン ナスとズッキーニ 婚約者の姉 大量ブッカケ コスメ販売員 黄土色 一本糞 Cocks 性に飢えた人妻たち 眠り閉ざされた性欲が開花 股を目一杯広げ Two しなやかスレンダーボディ 極上泡姫さくらちゃん プリッとしたヒップ 日焼け 女性専用の全裸の満員電車 絶叫する女体 大量の潮 憧れの隣の美人妻 等身大の@YOU クリ扱かれ 美巨乳でご奉仕 3センチはあろう勃起したクリトリス 高収入アルバイト なえと申します 巨乳を責め マイクロビキニ 絶妙な角度