FC2ブログ

知佳の美貌録 「就職と失業」 突然の別れに失望と落胆を隠せない久美

粗末な木の長椅子の上で執り行われた3P乱交 一度深い関係になってしまうと、もうそこから先は不貞の概念すら見失っていった久美。 行って来ますもただいま戻りましたも全て子供たちや旦那にではなく孝志さんに向けて発せられていました。 孝志さんも久美と織りなす性活をずっと以前からそうであったような感覚にとらわれ奥さんの時と同じような自分本位なやり方に変わりつつあったんです。

 そんな心変わりに気付かずひたすら尽くしました。 悲しいかな久美は過去において大切に扱ってもらったことなど一度だってありません。

  「帰りにスーパーに寄ったらあなたの好きな鰤のお刺身安くなってたから買って来たよ」 こう伝えても
「ああ、こんな時間になるとあそこのスーパー 刺身なんか活きがいいように見せかけてるだけで生臭くなるんだ」 食わないとは言わないものの皮肉だけはそれが彼流であるのか口をついて出たんです。

 久美がどのような状況の中から自分に対し生活物品を運んで来てくれているかさえももはや意に介さなくなりつつあったんです。
出逢った当初は愛する妻を上司に寝取られ男の本能ゆえか久美にその矛先を向け他人妻を貪り食ったんですが、次第に元気を取り戻しあの頃のような生活に焦がれ始めると、何時しか久美こそが疎ましい存在に思えてきたんでしょう。 何かと辛く当たるようになりました。 彼にとって女とは出世の肥やしでしかなかったのです。

シゲチャンオススメ 茨城県にお住いの老健ナース シゲチャンから「イイね!」をいただきました。
 久美にしても自分なりに疎まれる理由に心当たりがないわけではありません。
艶子さんや友里ちゃん、パート・アルバイトのおばちゃんまでもが派手に男漁りをやらかしていたものだから、経産婦だけが知りえるなんとも言えない快感に向かって躰は微妙に変化し始めてたんです。

 其処へ持って来て噂を聞きつけ女欲しさの男どもが店に押しかけたものですから適当にあしらいはすれど所詮オンナ、簡単に押し切られることが度々あったんです。
雇い主の艶子さん、同じ売り子で先輩格の友里ちゃんと身近で色恋沙汰が絶えないものですからついつい自分も少しぐらい許されるんじゃないかと思い始め自分んが遅番に当たった時、裏の部屋をつき時使いました。

 とは言っても久美が遅番に当たった時、裏の部屋で行ったのは孝志さんへの貢物を得るべくご機嫌取りに開いて魅せてあげものの5分程度舐めさせてあげるだけなんですが・・・
飢えた男の舌はガッチリとクリから割れ目へと移動し芯部を捉え啜り舐め愛情を伝え始めていて、どんなに言葉で制しても諦めてくれなく・・・オンナとしてはたったそれだけのことでも火種にはなり得ます。

 「ああああ・・・ もうやめて! 人が来るから・・・」 必死に制すると顔を離してくれたもののやおら立ち上がってズボンを脱ぎ始めるんです。
「こいつをちょっとだけ入れさせてくれ。 もう我慢できないんだ」 今度は泣き落としが始まります。
「そんなこと言ったって・・・工場の人が売れ残りを回収に来る時間なんだよ。 こんなとこ見られたら・・・」 そこまで説明し、やっと挿し込みだけは諦めてくれたんですが、「今度何時逢える?」 をしつこく繰り返すんです。

 そんなやり取りの中、ドアが外からノックされました。
「きゃっ ダメ! 隠れて」 さっきまで目の前に晒してくれていた逸物を慌ててズボンの中にしまい込みオロオロする男。
「ここから入ってショーケースの向こう側に隠れてて」 男を真っ暗な店の奥に押しやるとドアを開けました。

 入って来たのは何故か艶子さんでした。
「俊介さんは? 何かトラブルでもあったの?」 怪訝に思って聞くと
「今日の遅番久美さんと聞いてはいたんですよ。 でも万が一ってこともあるでしょ?」 自分専用のチ〇ポくんをまたあの小娘に寝取られでもしたらと心配になって確かめがてら売れ残りを取りに来たと言いました。

 「そうね。 感の良いあなただから言うけど、確かに始めはあの子さえ合意してくれたらウチの上客さんをここでもてなそうと思ってたわよ」
「それって売春ですか? 友里ちゃん子を産んだからには孕みやすいんですよ。 それ知っててやらせようと?」
「だから合意してくれたらって断ってんじゃない。 あんたもわからない女だね~」 根っからのオトコ好きなオンナにはそれなりに餌を与えてやる必要があるんだと艶子さんは声高らかに言うんです。

 「きれいごとを並べ立ててるけど、あんたもここで時々男を連れ込んで気持ちいことやってんじゃない」 時々覗きに来てたと言いました。
「部屋に入って臭いを嗅げば、さっきまでここで何が行われてたかぐらい判断できるわよ。 そうでしょ?」 言うが早いか店内の電気を点けちゃったんです。

 慌てふためきショーケースの向こうで男が立ち上がりました。
「ほらね、言わんこっちゃないでしょ?」 勝ち誇ったように久美の方を振り向くと
「そんなとこ隠れてないで出てらっしゃいよ。 取って食おうってんじゃないんだから」 オズオズと姿を現した男に向かって奥の部屋に来いと軽く顎をしゃくる艶子さん。

 店内の明かりを消し潜り戸を占めるとおもむろに男の方に向かて振り返り、艶子さんはいきなりスカートをめくったんです。
「さっきここで彼女にやってたこと、もう一度魅せてもらおうじゃないの」 小さな布切れをほんの少し脇にどかしチラ魅せしました。
「あの~ ホントに良いんですか?」 オズオズと聞き返す男に
「くどいわね~ なんなら途中止めして帰る? それとも警察呼ぶ?」 警察と聞いて男は慌てました。

 「舐めたら許してもらえるんですか?」
「さあ~ どうかしらね~ 時と場合によるんじゃない? ねっ そうでしょ久美さん」 睨み上げられ
「気の棲むようにシテあげて。 それで済むなら・・・あなただってスッキリして帰れるでしょ?」 久美も燃えるような目で艶子さんのヌラヌラと光り輝くアソコをねめつけながら言葉を添えた。 いや・・・これからのことを考えれば添えざるを得なかったんです。

 艶子さんと男の淫交が久美の目の前で始まりました。
粗末な木の長椅子の上で横臥しパンティーを脱ぎ捨て花弁を晒す艶子さん。
椅子は思た以上に高いからか両足のいつま先がほんのわずかに地面につく程度で、支えを失った両のしし肉は下方に向かって引き裂かれ欲情し濡れ光るグロマンが露わになりました。
久美にお預けを食っていた男のソレは説教を食らった折は萎え切っていたものが興奮にたちまちズボンの前を膨らませ、期待に荒い息を吐き胸を弾ませ艶子さんの股間に顔を埋めていったんです。
部屋中に響き渡るビチャビチャと淫裂を舐めあげる音。 それに混じって
「ああああ・・・ いいわ! たまんない・・・」 先ほどの勢いはどこへやら、艶子さん喘ぎ声を漏らしつつは大きく股を広げ花弁を男に与え続けていました。

 男はピンコ勃ちになって窮屈であろうズボンを脱ぐのも忘れ溢れ出る愛液をクン二を施すべく啜り続けています。
艶子さんのアソコに硬くなったモノを挿してあげない事には失態を償いきれません。 久美は手伝ってズボンを引き下ろしてあげました。 ピンッと弾け出る初めてみる極太。 もしも艶子さんが来なければ自分が・・・と思うと躰の芯が熱くなりました。
久美は艶子さんが納得できるであろう雄々しさに至るまで男の後ろから手を伸ばし極太の屹立を擦り上げたんです。

 女狐と呼ばれるだけあって艶子さん、興奮を呼び込む方法に慣れていました。
久美が擦り上げる極太屹立を花弁を舐めさせながら厭らしい顔でさも汚らしいと言った風にねめつけていたんです。

 でもそんな余裕は数分後にはすっかり消えうせました。
そそり立つ屹立を男は艶子さんのだらりと伸ばした足に向かって擦り付け始めたからでした。
花弁を舐め上げられながらビクンビクンと腹筋をヒクつかせる艶子さん。 我慢も限界に達したようでした。

 「ああ・・・ もうダメ・・・ 来て・・・ 早く!」 艶子さんは消え入るような声でオトコの頭を抱え込み胎内に呼びつけました。
攻守交替の時が来ました。 悠然と立ち上がった男は最初、亀頭冠に丁寧に溢れ出た愛のシルを塗りたくり挿し込みが始まりました。

 腫れ上がりどす黒さを増した亀頭冠がゆっくりと外陰唇を脇にどかし、ピンクの奥底目掛け消えてゆきます。
ほんの少しめり込むたびに艶子さんは大きくのけぞり快感を気持ち良さをオトコに伝え更に一層奮い勃たせました。
久美は背後から花弁の中に屹立が埋め込まれる様子を観ていましたが、艶子さんを黙らせるには硬度が足りないように思え艶子さんと男の枕元に回りました。

 「艶子さん相当混乱してるみたい」 口ではそのように言いながら これっ 欲しくない?と魅せつけたんです。
男の前でスカートをめくり、小さな布切れを脇にどかし、先ほどまで男が舐っていたソレを晒してあげたんです。 男の顔が軽蔑と興奮で土気色に変わりました。 怒りを伴った血流が男の体内を支配し始めました。
「アン、ああああ・・・ イク! 凄い! もっと突いて・・・お願い」 もっと強く奥までと喘ぎながらも懇願する艶子さん。 送り込む棹を角度を変え艶子さんの体内を亀頭冠で探る男。
久美はそんな艶子さんのピンと勃起した乳首を摘まみ捻り上げました。

 「あああ もっと強く咬んで! 素敵よあ・な・た」 男が乳首を気に入り吸ってくれたとでも思ったんでしょう。 オンナの気持ち・胎内が行きずりのオトコに乗っ取られた瞬間でした。
久美は更に深く艶子さんを逝かそうと男に花弁を与えました。 丁寧にシルを舐め上げた後
男は執拗に久美の花弁に指を挿し込み掻き回していましたが、艶子さんの中に送り込んでいるモノに限界が来たんでしょう腰を強く艶子さんの土手に押し付け時折動きを止め天空を拝み始めたんです。

 艶子さんはとみると、既に三白眼になっていました。
ただ屹立を咥え込んだ襞だけが蛇の如くヌラヌラと棹を舐っていたんです。
「助けてあげなくちゃ、艶子さんにヌカれちゃう」 NTRなど想像だにしなかったことなのに、今自分の身の上に降りかかろうとしてるんです。
このまま手をこまねいて見守ることなどできませんでした。

 久美は男の指を淫裂から引き抜くと後ろに回り屹立の根元を握って締め上げました。
射出感を抑えじらし続け艶子さんが根負けし逝くまで持ちこたえさせ奥に放出せずしてとどめ置かせるためでした。
艶子さんが昇天したのを見届けた男はヌラヌラと光り輝く屹立を引き抜き、今度は久美を追いかけ始めました。

 隅に追い込んでは花弁を切っ先で嬲るんです。
先端が入りそうになると久美は懸命に振り払いました。
滑って孔の方を刺激してくれた時だけ腰を振って射出感を募ってあげたんです。

 そうこうするうちに気が付いた艶子さんが割って入り花弁を嫌がるならと四つん這いにさせ孔に亀頭冠を添えさせました。
幾度も幾度も試行錯誤を重ねるんですがすぼまりが固く割入れません。
萎えさせてはならじと艶子さん、自分の花弁を一瞬だけオトコに与え復活させました。

 今度は艶子さんが久美と男のなぐわいに手を貸し魅入る番でした。
自分の置かれた立場すら忘れ男女の交合に耽る艶子さん。
長い間オトコ絶ちし、自分が認める屹立であったならもう誰でも構わないような心境になっていたようでした。

 艶子さん自身、この男の射出を受け止めたと自負していたんですが、久美だけはあれは寸止めだったと見破っていました。
行きずりのオトコであっても自分が先に手を出された方で艶子さんは隙をみてふたりの間に割入って来てます。
いわば寝取られです。

 たとえ何処であろうと自分の躰に向かって放って欲しくてその場を離れることが出来ません。
逝かされフラつく艶子さんを椅子に手をかけさせ四つん這いにさせて花弁を魅せつけ男を煽りました。
後ろから突かせ、極限状態になったところで棹を掴んで引き抜き、ぶっかけてもらおうとしたんです。

 一旦火がつくとなかなか燃え尽きないのが女のサガ
男は懸命に腰を振り、久美を睨みつけ結合部をよく見てろとどやしつけてきます。
具合が良くなり引き抜かれてなるものかと艶子さん、腰をグラインドさせ始めたんです。
皺袋が規則正しく律動を始めたのはそんな時でした。 ピシャリと尻に平手打ちが跳んだのは
「ちゃんと見てろ、今気持ち良くさせてやるから」 怒りに満ちた目で怒鳴り上げるオトコ

 「ううう 早く出して!奥に来て!もう待てない」 懇願を繰り返す艶子さん
何時の間に入って来てたのか俊介さんが暗がりで立ちすくみつつ結合部に魅入っていました。
不貞に恥じつつも挿し込まれてる屹立を振り払えない艶子さん、ここに集うものは皆が皆艶子さんと行きずりのオトコが織りなすNTRに釘付けになっていたんです。

 よくみると俊介さんのアソコが張り裂けそうに膨らんでいました。
友里ちゃんを簡単に堕とした棹を目の当たりにし久美のアソコがNTRを凝視し限界に達し始めたこともあって反応を始めてしまったんですが・・・ 

突然の別れに失望と落胆を隠せない久美  それを振り払って懸命に自分の男の元に駆けつけようとする久美。 苦労の甲斐あって10時近くになりやっと帰りつき待ち焦がれたご褒美の時間もそろそろというときになって・・・
- もうそろそろ - 今宵もいつものようにあの人は私を抱いてくれる、そう感じただけで心も躰も浮き立ってました。
浮き立つ心の内はつい先ほど裏の部屋で繰り広げられた乱交から無傷で帰り着いたことを褒めてもらいたかったんです。

 「おい! そんなことほっといて早く来いよ!」 苛立ちを隠せない孝志さん。 一刻も早くアソコを埋めてもらいたい久美。
「はい、もうちょっと・・・ 今日の集計もう少しで終わるから」 几帳面にその日その日の収支を家計簿に焦る気持ちを抑えながら付ける久美。

 少ない収入で如何にやりくりするか、長い下積み生活で覚えた知恵を孝志さんのためにと毎夜頑張って集計してたんですが、彼でみれば日課であるヤルこと自体疎ましいからサッサと済ませたかったんです。

 何時もやってるように孝志さんが明かりを点けたままパジャマのズボンだけ脱ぎ、これも下着だけ脱いだ久美が孝志さんの足元に跪きご奉仕を始めるんですが、芸がないものだから言われるがまま握ったり咥えたりしながら雄々しくしてあげようと頑張るしかないんです。

 ほんのわずかでも微熱を感じると騎乗をと言われるんですが、偶然初めて上に乗らされた時婚外恋愛の高揚感から自然の流れで素股は出来たものの普通の夫婦ならその格好からオンナは男を迎え入れるんだということは聞きかじっていてもいざ実際に迎え入れようにも慣れてなくて上手くいかない どうしてよいやらわかんないんです。

 ぐずぐずしてるうちに太腿に力が入らなくなり腰砕けになって孝志さんに向かってくぱーっと開いてしまいました。
途端にいや~な顔する孝志さん。

 孝志さん、奥さんを上司に寝取られたと勘繰った時には上司と妻が織りなす痴態が脳裏をよぎり、もうそれだけで久美が相手であってもエキサイトしてたものを久美との行為が当たり前になったいま、当たり前すぎてそのような感覚すら起こらなくなったんです。

 それであっても射出の気持ち良さは男にとって永遠のものですから多少の期待感は持ち合わせており、久美も必死になって半勃ちを摘み迎え入れようとするんですが、上手く入り口を切っ先に押し付け腰を落とせなくて無理をしたが最後プルンと弾き飛ばしちゃうんです。

 グニャチンと思われたくないためか孝志さんは突然機嫌を悪くし、久美を腹上から振り落とし自分だけサッサとズボンを履いてしまうんです。
それが帰れと言う合図となったように思えてか彼は自分で自分を責め、これまた身勝手にせっかく用意してくれた食事も摂らずサッサとフしてしまうんです。

 「ごめんね。 疲れてるのに」 久美は孝志さんが起きた時何時でも食事が出来るようにテーブル上にちゃんと配膳し明かりを消し静かに足音を立てぬよう玄関を出て帰っていきました。
「チッ やっと帰ったか。 ふん、こんなもん食えるか」 もうそろそろ県住の敷地内を久美が出て行った頃になってむくりと起き上がりテーブル上をねめつけるとおもむろにベランダの窓を開け、そこから食卓に乗せてあった食べ物の全てを放り投げる孝志さん。

 彼の中に芽生え始めた不貞を働くであろう人妻そのものが許せないという気持ちはくぱーを診せつけられ確信に変わっていきました。
奥さんと契ろうとした折に同じような失敗を繰り返し、すっかり心が折れていたんです。
惨めな自分にけじめをつけたく彼は仕事に没頭しました。 そしていつも間にか夫婦の何たるかを忘れてしまったんです。

 何故だか孝志さんはそんな時決まって難解な本を引っ張り出して読み込むんです。 読み込むほどに理解が増しました。
眠っていた能力が蘇り思わぬ結果に結び付いたことで彼はいつしか天狗になっていました。
彼の心の中がそこまで変化を遂げたことを質素倹約に勤め寝る間も惜しんで働きづめに働いてきた久美は気づきませんでした。
なぜなら二度とやってはいけないと、あれほど弁護士に忠告されたにもかかわらず久美は、孝志さんの生活を支えるためにとサラ金にまた手を出していたからです。

 何処から算段して来るのか時々渡してくれるお小遣い、それをせびりにせびってガメて貯めかつて取った杵柄 株に投資し相当の利益を得ていました。
このことで気が大きくなったのか一般社会に戻るべく職安に出向く気になり数社面接を受け、そのひとつから合格通知が届いてたんです。

 県外資本の企業への就職
就職面接で孝志さんは突然、その会社の業績を面罵したんです。 それも投資が根本から間違ってると。
今ある状況を鑑み、面接官として来ていた本社の専務の口利きで孝志さんは本社近くに住まいをあてがわれ、営業職ではなく内勤の事務職として雇われることになったんです。

 ある日の夕刻、何時ものように食品を買って県住に駆けつける久美
でも何時もの部屋のドアを開けようと鍵穴に鍵を差し込もうとするんですが、型が合わず差し込むことすらできません。
「孝志さん、ドアが開かないの。 鍵を開けてくれない」 隣近所に聞こえないようドアを小さくノックしつつ郵便投函口を押し開き呼びかけるんですが中からの返事はとうとう帰って来ませんでした。

 留守中何があったんだろうと思案しながら、今夜は帰るしかないと引き返しふと見たゴミ捨て場
其処には見覚えのある衣服や雑多な日用品が捨ててありました。
「まさか・・・」 見上げた通いなれた階のベランダに置いていた、ふたりで頑張って育てて木が今宵に限って何故か無くなっていたんです。

 「・・・引っ越したんだ」
安堵と悲しみ、怒り・やるせなさがないまぜになってこみ上げてきました。
孝志さんにとって久美はただ単に生活物品とお金を運ぶ鳥でしかなかったんだと今になって気づかされたからです。

 「奥さんが宮田さんと言う人と良い仲になったのも、本当は彼の仕打ちに耐えかね行き場を失いオンナとして淋しかったんだ」
他人をあげつらうことでしか自分を見出せない夫に、何時しか愛想つかしてたんだなって気が付いた。 久美にはそう思えたんです。

 「一瞬会社を乗っ取れたと喜んだ艶子さんも、結局オトコに振り回されただけだったんだ」
2本のチ〇ポに翻弄されつつも幸せに満ちたような顔になり堕ちていた艶子さん。
「ウチはあんなことやってる暇なかったんだ」 見上げたお月様も泣いてるように見えました。

 翌日にはもう、久美は職安に向かって自転車を飛ばしていました。
ヒマワリベーカリーが店舗を閉鎖すると通告してきた以上収入源は絶望的でサラ金に金利を返す目途さえ立たなくなったからです。
「悲しみに暮れてる暇なんかないんだ」 友里ちゃんの面倒も見なくちゃと気が付いた瞬間、もう久美は次の次元に走り始めてたんです。

関連記事

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは創作小説及び実話集がメインとなっています。

序文 (おおよそ500字) と本文で構成されていて「続きを読む」をクリックしていただくと本文を読むことが出来ます。

関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
よく読まれている記事
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム
Twitterに参加しています。
知佳
@ChikaLetsgo

この人とブロともになる

ブロとも一覧
ブロともを募集しています。

鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

アオハル残酷ものがたり

夫婦で楽しむ3P・他人棒

AV-Q

20代肉便器妻の性処理道具な日々

世界の片隅の文華

はりーぽっちゃーの秘密の部屋

熟・変態女教師

人妻のよろめき

恵子の妄想

やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~

愛の記録

セイカツ日記~夫婦の性活~

寝取られ体験談

手コキとフェラとM男と痴女 CFNM 痴女風俗探訪記

日々の妄想を形にして(SM小説)

豊満熟女 ポチャ デブ専

無くした幸せ探しに行こう

女性用風俗のソフトSMが無料で体験できますin大阪(関西)

SM + 虐 待 & 拷 問

若狭と雫(全頭マスクの女)

amateur japanese wife
更新通知登録ボタン
チェックすると連絡先に更新通知が届きます。

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

Sexcy Style by 知佳
なにがなんでも痴態を見ずにはおれない!!

そんなマニア様のご要望にお応えし下腹部をUPし続けている画像専門のページです。

他に類を見ない画像数が自慢です。
入場はこちら↓

Sexcy Style pics l セクシー・スタイル画像集
Sexcy Style pics l セクシー・スタイル画像集
Sexcy Style pics
セクシー・スタイル画像集
有料サイト一覧
自動更新サイト一覧では最新発表された20タイトルの番組まで検索することが可能です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
知佳の美貌録(総合)
Japanesewife.com
QRコード
QR
参加ランキング
知佳が参加しているランキングです
人気ブログランキング
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
292位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
18位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogの中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
おすすめ官能小説
法に抵触しない18禁官能小説集です。
タグクラウド
カウント順に表示中
ご利用法:ご希望の文字をクリックしていただくと関連記事が新着順に表示されます。

素人 中出し オナニー 巨乳 美乳 ハメ撮り 生ハメ・生姦 お姉さん HD クンニ フェラチオ フェラ 手コキ バイブ 美尻 生ハメ 痴女 パイパン 美脚 スレンダー 潮吹き スリム 69 人妻 コスプレ 美少女 ロリ ぶっかけ ギャル M字開脚 おもちゃ マニア 熟女/人妻 電マ 口内発射 指えっち パイズリ バック マニア・フェチ 騎乗位 レズ AV女優 顔射 オリジナル動画 乱交 清楚 お色気 修正あり アナル パイずり 有名女優 フェチ 言葉攻め シチュエーション 放尿失禁 洋物 3P乱交 盗撮 イラマチオ 野外露出 微乳 ぽちゃ OL 外国人 パイパン・剃毛 拘束 指マン スタイル抜群 ハード系 熟女 女子高生 日本人 女子校生 手持ちカメラ モデル SM 淫語 ゲイ ごっくん 放尿 口内射精 超カワイイ ロリ系 コンパニオン・RQ 3P 露出 水着 制服 カモフラージュカメラ 若い娘多数 女子大生 ローター 30代 ミニスカ 正上位 寝取られ T-バック ナンパ ぽっちゃり 痴女・淫乱 乳首 剛毛 クリトリス フェラ抜き 縛り 長身 不倫・浮気 顔面騎乗 ミニマム クスコ アイドル・タレント マングリ返し 激レア流出 自慰 指姦 素人投稿 覗き 浴衣・着物 初裏 トイレ盗撮 ディルド 若妻 日本男児VS 青姦 玩具 20代 色白 マルチアングル 初心 カップル ラブホテル 三十路妻 生姦 お姉さん/OL メイド 職権乱用 ベスト/オムニバス 自宅 イマラチオ ショートカット アニメ ハード (うぶ) 淫乱 爆乳 40代 首すじ 69 脱糞  黒髪 パパ活 ポッチャリ 奴隷 癒し系 カワイイ系 スローセックス 女教師 プライベート エプロン 着替え ネトラレ 四十路妻 野外 キャバ嬢・風俗嬢 小柄 細身 病院 美マン むっちり 看護婦 四つん這い ミセス 豊満 アニメ系 ピンホールカメラ 金髪 ナース 妊婦 部屋 凌辱 Dカップ アップスカート ワレメ おすすめ ローション 素股 変態マニア 低画質 接写 素人 熟女/人妻 フェラ 中出し オナニー 手コキ クン 変態 メコスジ 立ちバック SM 浴衣/着物 母乳 ドラマ風 レイプ Fカップ 妄想 Cカップ 3P-4P シティーホテル 羞恥 3P乱交 カーセックス 不倫 シャワールーム JK 人妻・熟女 マッサージ カメラ発覚(バレ) 顔騎 OLスーツ 3P 懐かしの裏ビデオ 街中窃視 巨尻 着エロ 超マニアック 調教 望遠カメラ 四十路 目隠し 女子風呂 パンチラ 挑発 腋フェチ Eカップ グロマン 黒乳首 金玉アングル 貝合わせ 風呂 OL 緊縛 10代  和服 パンスト・網タイ ブルマ 聖水 WEBカメラ 痙攣イキ 欲求不満 三十路 セーラー服 スカトロ セフレ 素人 お姉さん 中出し 生ハメ・生姦 ボンテージ ぽっちゃ 輪姦 淫汁 パンスト スネーク(内視鏡)カメラ 着衣 めがね ランジェリー 民家 十代 お姉さん系 強姦 悪徳犯罪 電波カメラ アニメコスプレ  マニアック 若妻・妊婦 そっくりさん 覗き見 痴漢 剃毛 ノーパン チャトレ 足コキ 潜入 Aカップ 援交 背面騎乗 便秘 処女 メガネ 愛液  ご奉仕 マスカキ スケスケ 巨根 マンスジ 赤外線カメラ Creampie シャワー 50代 実録/ドキュメンタリー 制服・コスプレ 4K動画 T-バック 視姦 Gカップ 洋式 異物挿入 熟女・人妻 スクール水着 ノーブラ 痴態 網タイツ ニューハーフ 胸チラ 勃起乳首 ストッキング スク水 浮気 浴衣 教師 勃起 手マン 肛門 まんきつ69 ポルチモ逝き 隠しカメラ 寂しがり屋 パンティー black オフィス 刺青 ローアングル 隠し撮り 陰毛 店内 お掃除フェラ 車中 パフォーマー 和式 未通 生理中 モリマン M痴女 脱フン ナチュラルヘア 胸射 面接 美少女モデル トイレ NTR ホテル キャバ嬢 仁王立ちフェラ 熟女/人妻 洋物 巨乳 S女 マンコ 淫臭 巨乳フェチ 和服-喪服 種付け お薦め スワッピング 学生 くぱぁ プリーツスカート キッチン おまんこ マン毛 懇願 桃尻 誘惑 寸止め 即尺 股間 性感帯 ご無沙汰 スプーン 言葉責め 筆おろし 10代 貸し出し Gカップ以上 開脚 チンピク ペニバン 種絞りプレス Bカップ ご開帳 クリ 唾液 Cock babe ペニパン cock 官能小説 pussy 締め付け 局部アップ 乳輪 童顔 おブス 本番 オカズ 美人妻 イチャイチャ 自画撮り ス股 借金返済 癒し 背面騎乗位 ちっぱい 電マ責め 車内 着替 ブレザー ハプニング 出会い系 ソープ 寝盗り ツインテール M字開 5P乱交 和服・浴衣 複数 放〇失禁 チンカス 失禁 包茎 上司 童貞 3p乱交 喪服 旅行 貧乳 ボーイッシュ 日本男児VSパイパン 美女 姦通 低身長 他人棒 初心者 ブロンド 対面座位 発情 ペット 嬌態 ザーメン搾取 嬌声 媚態 哀願 仮性包茎 熟女/人妻 洋物 茶髪 飲食店 熟女/人妻 顔射 洋物 巨乳 オムニバス 熟女/人妻 顔射 洋物 センズリ 温泉・浴場 夫婦 接吻 射精 素顔 体操服 ムチロリ 家出むすめ 痙攣 天然恥毛 駅弁ファック 鬼逝かせ 浣腸 体操着 焦らされ まんチラ 息子 Tバック お返し 痙攣絶頂 土手 産婦人科 悶絶 絶頂 Hカップ ズボズボ パンティ 背徳感 19歳 黒板 教室 ブルマ姿 大和撫子 オモチャ 美爆乳 美巨乳 ラブホ 盛りマン コスチューム おっぱい お漏らし 腋毛 ゴックン ヤル気満々 ストリップ 淫獣 シースルー 白いパンチラ おもてなし  公園 セーラー 100センチ オッパイ Iカップ 18才 亀頭 地下室 セクシー系 過激 スマホ挿し込み 美熟女 ベロチュー 便臭 しずく 屋外 デカマラ 騎乗 アブノーマル すぼまり スカート捲り ドドメ色 投稿 旦那 ビンビン アパレル店員 気持ちよすぎ Wフェラ 土下座 天然 電車 喘ぎ 美人 五十路妻 キス 性感マッサージ 保健室での自慰行為 年を重ねて色気が増し Hard Ass 小悪魔 しゃぶり 逆ナン 蛮刀 もてなし シル Big 突起物豊富 Hカップ わき腹 ぽろり オフィスラブ タイツ おしっこ わきの下 アイドル級に可愛い 股間をまさぐり 童顔系 Pussy ハミマン Black 2穴同時挿入 ビラビラ 無理強い 逆援交際 対面トイレスタイル騎乗位 超接写 寝取られ願望 生中継 喘ぎ声 生中出し 局部接写 五十路 ヒトトキ ツンデレ 頬張る 駅弁 興奮 アイナメ 肉棒 おねだり 食い込み えっち がっつく 口淫 パイパンマンコ ヤリマン 献身 初めて のぞき イチモツ 慰め 出会い 玩具責め 2穴同時挿入 女風呂 中出しセックス 妖艶 猥褻行為 美容師 玄関 チングリ返し M系 カメラ目線 膣痙攣イキ 昇天 手足拘束 脱衣所 乳首責め 大絶叫 ロリフェイス おっぱいが国宝 前からタイプだった ユニットバスで女三助 チ〇コとおもちゃ ヒーヒー言わせて 泣き叫ぶ シロウト生エッチ やっぱり本物 ブピピと音 シミの付いたクロッチ 電車で痴漢プレイ イケナイこと オマンコを指でグニグニ だらしなく口を開け 一般女子が生SEX快諾 臭いパンティを頭にかぶり 頼まれたら何でも 好き者 high heels 色素が薄い 代わり番こ 持ち上げては落下 まったりとしたいやらしさ ウキウキしていた 鼠径部周辺をさわさわ 教室で安心 飲んで 意欲を買ってもらい 当たり前 マジイキ フカフカ大きなベッドの上で 声を押し殺し ちらつかせて誘惑 公衆浴場盗撮 としご【年子】 救いようのないスキモノ 騙され バイトそっちのけ ねっとりとした汁 まだしたい! 禁断のSEX動画 きなくなるかもしれないと思うと心配 剛毛マンコでシゴキ 取っ替え引っ替え 強引にされたい派 憧れの先生 悶える姿 イケメン韓流男子 ちくわのような物体 まだ結婚されてまもない 生暖かい ベテラン男優のテクの虜 オマンコを湿らす ヨガリ顔 医者・患者 ケバい 見事な放物線 ビチグソ 合体部分におツユ バックで中出し ちょっかい 超綺麗なスレンダー美女 絶妙な角度 中で受け止め 堪らず喘ぎ声 Daughters Boyfriend 携帯カメラの前でおめかし 恍惚とした表情 マンコをヒクヒク 「まずい」と一言 溜まりに溜まったザーメン まさに極上 必死の抵抗 のぞき心が爆発 親切心だけは旺盛 極力体力使わない 黒ニーハイ ばっちりみえるVR 診察台の上 見せ合いっこ 友人のチンポに興味津々 イラマチオ調教 チェックアウトの時間 別れを惜しんでもう一度と熱いSEX いやらしい腰使い 味を確かめ ゆったりした胸元 2人がかりで種付け その気になる 拝んじゃってください オッパイへザーメン Bodyguard 眺めは最高 エステ ツボ マーブル色のうんち ドアップ ちっぱいと小尻 股間をまさぐる 彼氏に贈るビデオレター イク寸前のグチョグチョお〇んこ 雨降る路上裏 制服姿 着衣を絶妙に残し ハミ出る いちゃいちゃしたいな♡ ソープ嬢の吉原ミィナちゃん しっとりしてきた 彼女が攻め オイル 放課後に密会 目覚めると朝立ち 巧みな指使い シタくて堪らない 疲弊 継母のセクシーな妹 予想以上の振動 あどけない顔立ち スカートの中 ぶっかけタイム 無沙汰 ぱっくりとはっきりとした大きなワレメ 入れよっか? wet 究極の羞恥プレイ 旦那以外のチンポ クロッチ あなた次第 リードしてもらえたら合わせます 妙に色っぽい アッチの始末 出演経験0の素人 全身ではんのう ノリノリ イケメン巨根 準備OKになったところに男優が突撃 guy 誘うような表情 アソコを隠しながら 旦那様は、単身赴任中なので こういうところ初めて 父親の介護 介護を兼ねて売春 淫らな肉体と喘ぎ声 準備万端のあそこ 子供を送り出した後 お風呂にエコー 漆黒ペニス 丸見え状態 ティーンとおばあちゃん お灸をすえてやる お義母さんが好き 乙女汁たっぷり 愛くるしい表情 カフェイン入りの飲み物 sexy young bitches 女子力が反応 two 便秘気味 後がつかえて 妊娠7か月 セックスはあかんでしょう ドリルのように舌技 彼氏持ちの女の子 カラダをビクッとさせ 羞恥心と布のこすれる感覚 隠れ巨乳 地味なのにスゴいことに 腋の臭い みくろちゃんって名前 一度スイッチ入るとやばい 生チンを騎乗で堪能 Maid 69でお互い気持ち良く 下から覗き見 一緒に3P 赤裸々な姿 滴り落ちる 周りの喘ぎ声 業者さんの手元を覗き サイズの合わないスーツ 一滴また一滴 白く濁った粘度のある液体 至福の表情 本物妖精 餅肌で童顔 結婚前の違ったチンポ 小柄ボディ Two 報酬を上乗せ 教壇 体操マット ハーレム乱交 フシギ系素人娘 百合の快楽 使用感の無いピンク色の陰唇 大人の昇天 市場買いの臨場感 反り立つチンポ 公務員 ミクロ office thai すっぴん Upskirt うんこ座り 猥褻 キツキツ タイ 自虐 美少年 快楽に腰を振る発情痴女 まんすじが露わ Teen 一気に二本お相手 思わず口内射精 未だ未経験 メリメリと顔を出し 唸りながら気張って ずっと好きな人がいたのと別れ話 禁断の扉を開く お口に大量ザーメン 不倫性交中 奥までザーメン 性欲は強い 淫乱人妻 濃厚で重厚な若奥さん 夜の公園 街が見渡せる窓 豹変して超淫ら 笑顔 絵を描く 洋物のポルノ 火照り 照れ voyeur 妊娠線 セックスってね、キャッチボールだと思うの 御落胤 気違い おしっこを飲ませちゃいます 白セキレイの尻尾 もじつかせ 胸鎖乳突筋 いじめ 芽生え ぞよめくように 実話  鼻環 だつなぎば はなぐい マンコレ 駄繋ぎ場 締め込み ニナ 上薬研 モンペ 娶わせ 魅せつけ妬かせ 女は如何にも弱い 片膝立ち 抹茶 砂糖 サッカリン 女衒 chaina teen 素人美脚長身パイパン巨乳オナニーポッチャリ お礼 全裸 縁側 ブランコ 素人熟女/人妻パイパン美乳イラマチオマングリ返しオ 二穴 拡張 舐め 素人微乳パイパンギャル美乳手コキオナニー中出し生ハ 熟女/人妻 美尻 美乳 フェラ 中出し 痴女 手コキ 69  手水(ちょうず 手洗い)用の如雨露(じょうろ) 怒張 素人美脚熟女/人妻美尻スレンダー美乳手コキアナルぶ 裏筋舐め 大臀筋 素っ裸になった女 肉厚パイパン カラダをビクつかせ 食われていくさま 思わずこぼれ おかっぱ 濃い SEX大好き 結婚4年目 椅子やテーブルの角 浮気率は年々上昇 秘密の関係 ブルマ女子校生たちが大開脚 幼さの残る超若妻 極上泡姫さくらちゃん プリッとしたヒップ バックからのクンニ 車中でHな話 思い出の茶畑 真っ黒の剛陰毛 いきり勃った巨根 ディルド越しのおまんこ 完ナマ3P ハメまくりの乱痴気騒ぎ!! 頬の筋肉を緩め 知り尽くした女 連続ゴックン 熱帯雨林の様に生い茂った陰毛 目覚め くどき術 超プライベート 大人数 上司と関係 火照った身体 初めてAVに応募 挿入されて興奮 屋上でのエッチ 推しぴのおちんちん 初イキ姿 タクシーの中 夏休みの学校で 普段は内科に勤務 細い女性の“手” Grandma 女同士 チンポを取っ替えひっかえ 日焼け 女性専用の全裸の満員電車 いつ誰が来るかわからない場所 婚約者の姉 大量ブッカケ コスメ販売員 連携ハーレム二輪車 巨乳を揉み エッチな提案 ひたすらくぱぁ 二人を相手に話術 おちんちんも咥え ナスとズッキーニ 大量潮吹きシーン 生え始めの毛 マジメ君 オンナの着替え 熱さと快感でおかしくなっちゃう チンコを使ってオナニー ザーメンを顔面で受け止め 巨チンをずっぽし隠し 「万華鏡」の様な女性 借金取り 最高級素人 男子便器で立ちション cum 絶叫する女体 大量の潮 なえと申します 巨乳を責め 股を目一杯広げ 眠り閉ざされた性欲が開花 膣内温度まで測った しなやかスレンダーボディ Cocks 性に飢えた人妻たち マイクロビキニ 高収入アルバイト 黄土色 敏感に反り 自身も興奮 fantasy 一本糞 美巨乳でご奉仕 3センチはあろう勃起したクリトリス 憧れの隣の美人妻 等身大の@YOU クリ扱かれ 公衆便所