FC2ブログ

杉山家の浴室で須恵乃さんの尻の魅力に惹かれ本気の交尾を始めてしまう

 堤先生はお医者さんの言いつけをよく守り、阿部先生や薬種問屋の女将の挑戦をことごとく跳ね返し禁欲を守りつけていました。
堤先生に中出しを求めるのはもう諦めたわ。 その代わりといっちゃなんだけど、私を捨てるなんてこと許しませんからね」
深い関係になって随分経つけれど今でも三日に一回程度は躰を重ねることを強要されていたんです。 それも阿部先生、生理が近づくともう我慢できないらしくしつこく関係を迫られました。

 薬種問屋の女将はと言うと、これも律儀に先生は毎朝決まって店を訪れ週に一回は必ずマムシの処方を受けるものですから診察を兼ねチ〇ポを咥えてもらい、情が募ると奥座敷に招き入れられ短時間ではあるけれど躰を重ねたんです。

 これまでと違うのは下薬研 (しもやげん) のふたりで、殊に晩夏から初秋にかけては大忙しとなり須恵乃さん、真紀さんや公子ちゃんの体調を気遣って右に左にと働きづくめに働くものですから双方とも躰を重ねる暇などなかったのです。

 過去にこういった状態を上手に打破してくれたのは須恵乃さんでしたから彼女との関係を持たなくなると自然、堤先生はほかのふたりと交わっても射精したいという感覚を忘れてしまっていたんです。

 「男先生も秋の運動会に向かって何か出し物を考えてくださいな」
阿部先生に遠慮して普段滅多に声を掛けない他の女先生たちもこの時期だけはここぞとばかりに堤先生を利用しました。

 「いい気になって鼻の下伸ばしてるとあとでろくなことにならないわよ」
他の女に渡したくなくて阿部先生はこう釘を刺すんですが何が取り柄と言って先生、体育以外他にないんです。
「ああ… でも力仕事と運動会は僕の役目ですから」
長年連れ添った夫婦関係がそうであるようにとんと意に介さなくなっていたんです。 そればかりか周囲の女先生が声を掛けてきたりするたびに阿部先生、それはもう妬いて躰の関係を求めてくるんですが堤先生はいつのまにかそれを疎んじるようになっていったんです。 そんな折でした。

 「先生、お母ちゃんが今度の日曜早場米を刈り取るんだって」
出来たら手伝いに来て欲しいと声を掛けてきたんです。

 「うん、必ず行くと伝えてくれない」
公子ちゃん、体調も良くなり学校に慣れてくると堤先生に対する阿部先生の言動が気になるらしくお見送りも峠まででいいと言ってきたんです。
「先生、早く帰らないとまた叱られるんでしょう? 公子ここから先は慣れてるから独りで帰れるよ」

 朝のお見送りは真紀さんが体調を崩してからというもの決まって須恵乃さんが付いてきてくれてましたので堤先生も何時しか部落の付き合いとはそんなものだと思い込んでいたんです。

 九月の第三日曜日、堤先生は前日の阿部先生からの誘いも断り薬種問屋の女将にも合わないようにして体力を整え下薬研 (しもやげん) に向かいました。 公ちゃんを送りがてら峠から垣間見えていた田畑の様子とは違い、実際に近くで見ると稲穂は重く垂れさがり山間地とはいえ実りの秋はもうそこまで来てるんだということがよくわかりました。 これから刈り取るんだという田は稲の穂が黄金色に色づき更に一層重く垂れさがっているんです。

 「おはようございます。 今日は良く晴れて」
「アラ、先生。 よくおいでに」

 堤先生は朝イチ杉山家に立ち寄って須恵乃さんに挨拶しました。 案の定満面の笑みを浮かべ迎え入れていただけたんです。
「ウチも頑張るんだけど、どう頑張っても稲木 (いなぎ) を立てたり稲掛けしたりするのは漢衆じゃないとね」
「はい、教えてもらったら役に立つよう頑張ります」
須恵乃さんにこうまで頼られると張り切らざるを得ないような気になったんです。

 「行く前に… ちょっと待ってね」
須恵乃さん、家の奥に入って何やらゴソゴソしてましたが、やがて野良着を持って現れました。
「これを僕にですか?」
「センセ、ジャージじゃ稲木で擦れてすぐにダメになっちゃいます。 上だけでもこれに着替えてちょうだい」
堤先生からジャージの上だけ剥ぎ取ると代わりに持って来た野良着を着せかけました。

 「ウチの岳父が着てた野良着で形見分けに持ってたの」
「そんな大切なもの… ダメですよ仕舞っておかなくちゃ」
堤先生、慌てて脱ごうとしますが
「いいの、先生にはこれ着て欲しいの」
ポッと一瞬頬を染め真剣なまなざしで見つめられたんです。 その理由をすぐに解すことができました。 実の父以上に今は堤先生を愛おしく感じているからでしょう。

 「さあセンセ、公子ちゃんや真紀さんが待ってると思うから急ぎましょ」
須恵乃さんに急かされて加藤家に向かいました。

 公子ちゃんまで野良着を着せられ堤先生の到着を待っていてくれたんです。
「センセ、再会を喜んでる暇はないわ。 早速その稲木 (いなぎ) を立てるのを手伝って頂戴」
稲木小屋に連れていかれ柱となる丸太をまず担ぎ出し、横桟となる孟宗をも担ぎ出して最初に丸太を一定間隔で立てていくのです。

 「いい? 先生。 ウチは力ないから上手くいかないけど、こうやって立てるのよ」
柱となる丸太を杭のように地面に突き挿しぐるぐると円を描くように入り口を広め再びそこにその柱を突き挿す。
何度かこういったことを繰り返し柱が少々の風では倒れないよう深く埋めるのですが尽き挿すのは簡単でもそれを引き抜くとなると湿った土がまとわりつき相当に重たいんです。
須恵乃さんに立て方を教わり柱を立て、次に横桟を荒縄で縛っていくんですが何故に漢に柱を立てさせたかその理由がこの時わかりました。 女がこういったことをやったりすれば躰を壊すからです。

 そうして立てた柱に今度は横木となる孟宗を縛るんです。

 「ええ!? それって下段から渡していくんじゃなくて上段から渡していくんですか!?」
「ええそう、こうすることで横木に乗っても下にズリ落ちないでしょ」
言われてみれば確かにそうでした。 丸太の一番てっぺんに硬く荒縄を撒きつけ順々にその同じ縄で下に向かって縛っていきますから横桟は落ちようがないんです。 だとすると、最初に立てた柱が相当根深く突き刺さっていないことには柱に梯子を掛け登ったりすると柱が倒れてしまうからです。

 「先生は力持ちだから柱が深く刺さってるんです。 こうしとかないと晩秋の谷風が吹いたら稲木が倒れちゃうんです」
「そうなんだあ… 須恵乃さんって物知りだねえ」
「な~んだ、先生そんなことも知らなかったの?」
そばで見ていた公子ちゃんにまで小馬鹿にされたんです。

 褒められて有頂天になっていた堤先生もやがて稲刈りが如何に体力を使うか思い知らされました。
「見た目田んぼが乾いてると思たら、意外とぬかるむんだ」
「そうそう、そうなのよ。 刈り取るのは簡単なんだけど、これを稲木のある所まで持ち運ぶのがねえ……」

 稲木に横桟を縛り付けるのにまず上着どころかジャージの下がボロボロに擦り切れ、次に刈り取ったばかりの稲を運ばされるのですが重くてしかも穂にしろ稲自体にしろギザギザのあるものを担ぐものですから耳から首にかけて肌が稲で擦り傷が出来てひりひりするんです。
おまけに硬く束ねていない稲穂を担ぎぬかるんだ田の中を移動するものですから足を取られ腰が砕けんばかりに疲れるんです。
「こりゃあ大変だあ~ こんなことをお百姓さんは毎年繰り返してんだあ~……」
つくづく阿部先生や女将さんに精液を注がなくて良かったと思えた瞬間でした。

 お昼は須恵乃さんと真紀さんが拵えてくれたおにぎりが田の畔でふるまわれました。
「う~ん、汗を流した後で食べるおにぎりは最高だなあ」
「堤先生が加わってくれたお蔭ではかどって良かったわ。 女ふたりじゃ夕暮れまでかかっても終わりそうにないもんね」
真紀さんも自慢そうに堤先生を持ち上げてくれたんです。

 彼女の言葉通り刈り取った稲をあらかた稲木にかけ終えたのは夕刻にはまだ大分時間がある頃でした。
「先生、あと少しだから任せといていい?」
須恵乃さんはこう言い残し公子ちゃんを連れて加藤家に帰っていったんです。

 疲れ切った公子ちゃんをお風呂を沸かし入れてあげる為でした。
「須恵乃さんに悪いからウチも先に上がらせてもらいます」
真紀さんも堤先生の手を握りお礼を言うと帰って行ったんです。

 堤先生は稲木に掛けることが出来なかった余った稲束を集め小屋からもう一~ニ本孟宗を持ち出し中段にそれを縛り付けるとそこに干しました。
「そうか… 僕の背が高かったものだから稲穂が地面を這うような感じにならなかったんだ」
そう言い終えてふと、杉山家は 須恵乃さんはお風呂をどうするんだろうとそれが気になったんです。

 「彼女こそ疲れてるんだ…。 せめてお風呂でも沸かしておいてあげなくちゃ」
堤先生は急いで杉山家に引き返し勝手に家に上がり込んで浴槽に水を張り釜に薪を持ってきて火を点けました。 燃え始めると火の光が心地よく夢中で薪を焚べました。

 「先生ありがとう。 お風呂沸かしておいてくれたんだ」
「うん、須恵乃さん相当疲れたんじゃないかと思って」
「ウチも疲れたけど、先生こそ稲穂のカイカイが出てきたんじゃない?」
言われてみれば確かに痒いことには違いなかったんですが、それよりも須恵乃さんの体調が気になったんです。

 「僕が入ると汚れるし、それに湯船のお湯が半分以下になっちゃうから、ます須恵乃さんが入って」
「ふふふ、先生得意のレディーファーストか。 それもそうね。 じゃあ遠慮なく入らせてもらいます」
焚口で待つと、やがて湯殿から湯あみの音が聞こえてきました。

 「ああいい湯だ。 と~っても気持ちいいわよ」
「そうですか、湯はぬるくないですか」
「丁度いいわ、先生も入ってらっしゃいな。 背中流してあげるから」
背伸びして焚口の小窓から中を覗きたかったのをやっとのおもいで我慢してきた先生
稲穂を運んで背中と言わず体中チクチクしたところに持ってきて火を焚き更に汗をかいたから益々チクチクし、何の気なしに言われた通り裸になって湯殿に向かいました。

 そこで目にしたのが須恵乃さんの裸身と湯加減を見る為後ろ向きになった、かつてお世話になったことのあるあの尻でした。 殊に尻は湯あみを済ませ黒々とした恥毛から水滴を滴らせたその秘めたるソコ、オ〇ンコがすぼまりの向こうにチラッと見えるのです。 しまったと思った時はもう遅すぎました。

 「先生、お湯加減丁度いいわよ。 さあ、ここにお掛けになって」
息をのむような美しさに金縛りにあった状態に陥った堤先生
須恵乃さんの尻を見て股間がハメたくて異様にそそり立っているというのに、ほんのわずかでも振り返って観ようともしなで淡々と背中を流す準備をしてくれてたんです。

 「ありがとう、お願いします」
やらやっとそう言うと須恵乃さんの前に進み出て背中を向けました。
「ふふふ、大きな背中」
須恵乃さん、嬉しそうな笑い声を発し手ぬぐいで洗うのではなく掌に石鹸を塗りたくって背中を直に洗い始めてくれたんです。
稲穂で傷ついた肌を傷めないためでした。

 上がり湯をかけては首筋から肩へ、肩から背中~腰へと洗っていき、やがて太股へ手が伸びた時には腕が短すぎたのか彼女の乳房が背中を洗い始めていたんです。

 乳房の感触に気を取られている間に彼女の手は肉胴を掴みたっぷり塗った石鹸の泡の滑りを利用して扱き上げてくれていました。 背後から懸命に手を前に回し股間を始めチ〇ポを丁寧に洗い始めてくれていたんです。

 堤先生、下薬研 (しもやげん) に辿り着いた瞬間から須恵乃さんのお世話になるかもしれないと思わないでもなかったのです。 だかた風呂焚きまで買って出てたんですが…

 思わず振り返ったそこに彼女の唇が待ち受けてくれていました。
「須恵乃さん、この時を待っていた……」
「ウチも… センセったらウチのこと忘れたのかと……」
あとはもう言葉になりませんでした。 須恵乃さんに興奮し反り上がったチ〇ポを握られながら幾度も幾度も舌を絡めました。 堤先生も懸命に手を伸ばし須恵乃さんの尻を撫で上げたんです。 指先が辛うじて蜜ツボに届きましたので一心不乱にクレバスをなぞりクリを転がしました。 そうしておいて背中に抱き着いた須恵乃さんを力任せに引きはがし膝の上に乗せると思いっきり抱きしめ求めてしまったんです。

 須恵乃さんは朝 堤先生と顔を合わせた時からこうなりたいと願ってくれていましたので湯あみしたとはいえオ〇ンコは愛液であふれかえっています。 おまけにチ〇ポには須恵乃さんの気遣いでいつのまにやら丁寧に石鹸ならぬなんだかヌルヌルしたものが塗りこめられています。 引き寄せて膝の上に乗せた途端にオ〇ンコ目掛けチ〇ポが突入していったんです。

 「あああん、凄い!! センセったらウチのアソコが壊れちゃう」
「須恵乃さん、ごめん。 お医者さんの忠告を懸命に守り抜いてきたけど今日はそれらすべてを貴女の中に出したいんだ! もう我慢できない。 なっ いいだろ?」
恥ずかしそうにコクリと頷く須恵乃さん目掛け堤先生はありったけの力と愛を籠め腰を打ち付けました。

 チ〇ポの先がコリコリする何かを捕らえ、その気持ちよさに須恵乃さんは昼間の仕事で躰が弱り切ってるとわかってるのに引き抜くことが出来ないんです。 ピストンを繰り返すうちに須恵乃さんの躰がだんだん冷たくなってきたことに気づき、やっとの思いで引き抜くと湯船に抱きかかえて入れました。

 そうしておいて急いで焚口に回り薪を足しておいて湯殿に戻りました。 須恵乃さんと違い公子ちゃんを見送る時の行き帰りの間も体中から湯気が立ち上り一向に勃起が治まらないんです。
「そんな恰好で外に出たら寒かったでしょ」
須恵乃さんが心配してくれるのも無理はありません。 下薬研 (しもやげん) の初秋は比葡の里と違って陽が蔭ると一気に冷え込むんです。
「なんてことないよ。 それよりごめんね。 気持ちよすぎて須恵乃さんが冷え切ってることに気づかなくて」
平謝りに謝り一生懸命小さくなって開けてくれたわずかな隙間の湯船に半座りの状態で入りました。

 須恵乃さんが気を利かせ立ち上がろうとするのをチ〇ポで遮りました。 口元に興奮が治まりきらないチ〇ポを差し出したんです。

 それをさも嬉しそうに咥える須恵乃さん、堤先生は無防備になった乳房に手を伸ばし揉みしだきました。

 薪が盛んに燃えているらしく湯船の温度が上がると須恵乃さんの口元からチ〇ポを引き抜き立ち上がらせ後ろ向きにさせ代わって堤先生が湯船に沈み目の前の黒々とした繁みから水滴が垂れるその奥を鼻面で掻き分けオ〇ンコに顔を埋めたんです。

 須恵乃さんは苦し気な言葉を発しますが構わず舐め続けました。 淫らな花弁の奥底から蜜が溢れ出たのを皮切りに立ちバックで責め始めたんです。

 程よく湯温が上がってくれるので時間を気にせず責めることが出来ました。 この時になって初めて須恵乃さんに結合部を魅せ付けることが出来たのです。 須恵乃さんの背中に向かってチ〇ポを幾度も突き立てることが出来たのです。

 体位を立位に変え須恵乃さんを味わい軽く逝ってくれたのを合図に今度は洗い場で須恵乃さんの背中を流し交尾の場所を寝室に移しました。

 ここでも須恵乃さんの背後をついて襲い掛かり、あの小さなコリコリを見つけたところで須恵乃さんが逝くのに合わせ動きを止め射出し始めました。

 相当溜まっていたらしく、引き抜かないで正常位に戻し須恵乃さんの躰、特に乳房を十分に味わってから二度目の放出を行いました。

 「もう遅いから今夜はこのまま泊まってく?」
終わったらどんなに遅くなっても迷惑だろうから帰るんだと心に決めてきたはずなのに、彼女の目を見てるうちに決心がぐらつきました。
「うん、迷惑でなかったら」
言い終わってしばらくしてでした。 彼女が突然泣き出したんです。

 「大丈夫? 僕変なこと言ったかな」
オロオロする堤先生に
「うううん… うれしいの。 こうやって一緒にあなたと寝れるんだと思うと……」
胸毛だらけの懐に飛び込みすすり泣くんです。

 その夜彼女は幾度も幾度も堤先生を求め精液を残らず搾り取ってくれました。 須恵乃さんに感心されてしまうほど溜まりにたまっていたようなんです。 終わってから先ふたりはその心地よさに爆睡してしまいました。

 どこかで一番鶏の鳴き声が聞こえたようで目が覚めました。 どこいらで行為を終えたのか定かでなかったのですが胸の中で眠る須恵乃さんのオ〇ンコに未だチ〇ポが中途半端に刺さったまま抱きしめ寝ていたんです。

 「わあ~ いけない! こんな時間だ。 しまったいつのまにか寝てしまった」
「えっ!? えっ!? どうしたの? まだ出るの? ああ違った・・外は暗いんだけど……」
須恵乃さんが心配してくれるのも無理はりません。 どう見ても暁闇なんです。

 「ごめん、校門で公ちゃん出迎えなきゃいけないんだ」
須恵乃さんに連れてこられた公子ちゃんを出迎えるのが日課となっていたからでした。 呆れ返ってポカンと口を開ける須恵乃さん、しばらくしてそれが笑いに代わりました。

 「ふふふ、しようがないわね。 真紀さんには勝てても公ちゃんには負けたわ」
昨夜の名残りが残ってるチ〇ポをぬるめのお湯を沸かし蒸しタオルできれいに拭き上げおにぎりひとつ持たせて、玄関先で見送ってくれました。

 「じゃあ校門で待ってる」
抱きしめてキスをすると
「うんわかった。 気を付けて帰るのよ」
朝日の中で再び逢えるとわかって満面の笑みを浮かべて送り出してくれたんです。

 急ぎ中山峠を越え比葡の里に向かったんですが不思議と全身に力がみなぎるのが実感できたんです。

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 下薬研躰を重ねる須恵乃さん杉山家頬を染め真剣なまなざし愛おしく感じ堤先生恥毛から水滴を滴らせ乳房の感触

コメントの投稿

Secret

その他連絡事項

ブログ記事として残さない呟きをここで行います。
Shyrock様からバナーを頂きました。

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」バナー
相互リンク用バナーとしてお使いください
Size : 200 x 40



読み終えた方は感想をこちら (Shyrock様掲示板) にお願いします。
小説感想掲示板

官能文書わーるど様への投稿
  • 残照
  • 老いらくの恋
  • ヒトツバタゴの咲く島で
小説の投稿先と投稿内容の詳細(専用ページに移動)
アップデート 2024/02/21 12:45


投稿記事へのコメントをお待ちしています。



にほんブログ村「ブログみる」 image ぶろぐ村は幅広い分野のブログを閲覧できることが魅力の日本で唯一の検索エンジンです。

 にほんブログ村が提供する「ブログみる」はインストールが簡単で、いろんなブログをストレスなく見ることが出来ます。
 例えばスマホ版をご利用の場合、いつでもどこでも好きな時間に好きなだけブログを見ることが出来ます。
ご利用法>>>
バナーをクリックしていただくと、1つのリンクだけで下記3リンクへ自動で振り分けられるページに移動できます。
※閲覧する端末ごとに遷移先が分かれています。





ページトップの点滅する文字をクリックすると下のようなページに飛びます。下に掲げたリンクをクリックしても飛びません。飛びたい方はURLをコピーしURL欄に貼り付けてください。
プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは「愛と官能の美学」Shyrock様からのご投稿を含め、365日休まず更新。官能小説を書いており、不倫、近親相姦、スワッピング、NTR,実話など多岐にわたります。掲示板多数。自己紹介の小説あり。

序文 (おおよそ500字) と本文で構成されていて「続きを読む」をクリックしていただくと本文を読むことが出来ます。

関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
特殊な記事
ブロとも一覧
パスワード禁止

閲覧にパスワードをかけられたサイト様は規定に反しますので、しばらくは様子を見ますが、期間を過ぎ改善がなされない場合、ブロ友から外します。


鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

アオハル残酷ものがたり

AV-Q

還暦BoBoちゃんの射精日記

 ハメ太郎の性活日誌

熟・変態女教師

えっちな人妻ひめの露出・混浴・輪姦

人妻のよろめき

盛若楠紫楼の官能小説

菜々子の秘密部屋

恵子の妄想

愛の記録

パイパン美マン人妻愛奴「まゆ」の調教日記(完全素人オリジナル)

セイカツ日記~夫婦の性活~

寝取られ体験談

熟年夫婦の性活

日々の妄想を形にして(SM小説)

嫁の体験リポート

Sorao's Naked Activity Log -裸活-

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

鳶屋の艶本

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

これも愛なんだ

変態仲良し夫婦の性生活
ブロとも申請フォーム
小説系のブロ友さん募集中

詳しくは「相互リンクについて」をお読みください。

この人とブロともになる

アクセスランキング
嫁の性長記録 image


ブロともときめき速報
Mikiko's Room
Mikiko's Room image
Twitter
「知佳の美貌録」
今日はこんなことをツイートしました。
タグクラウド
文字をクリくすると関連記事が検索できます。

欲情 背徳行為 婚外恋愛 寝取られ 凌辱 覗き見 近親相姦 生ハメ 姦通 誘惑 締め込み レイプ 浮気 妄想 中出し 人妻 他人棒 母子姦通 自慰行為 恋人交換 裏切り 輪姦 不倫 W不倫 クンニ 寝取らせ 嫉妬 鬼畜 バイブ 騎乗位 夫婦交換 童貞破り 姦淫 貸し出し 借金肉地獄 喪服未亡人 ワンナイト SM 官能ホラー M字開脚 きむすめ 吊り責め SM 裸心縛 女性リーダー 強姦 未通女 しゃぶる 夫面前凌辱 旦那制度 暴走族 指マン 足入れ 濃厚精子 混浴 手コキ 花街結婚 義父嫁姦通 フェラ お風呂入り スワッピング 真夜中 愛撫 四つん這い うぶな 使用済み 悲恋 ファンタジー 露出 寝取り 乱交 完堕ち 有名女優 JK イタズラ 禁断 アンチ援助交際 嫁の羞恥 ゴルフ 同一マンションに居住 淫略 育児放棄 ごっくん 年下 生ハメ・中出し 顔騎 性教育 羽交い絞め 襲い来る恐怖 未知の物体 脱出不能 公衆便所監禁 パンチラ オナニー 告白 愛と官能の美学 Shyrock 純愛 未亡人 秘密の恋愛 クリトリス 夜這い 義理の母と子 交尾 夜伽 二股 母子相姦 姉弟相姦 羞恥 新妻 他人妻 菊門 屋外露出 童貞 後背位 飢え 魅せ付け 売春 肉便器 夫婦生活 奪い愛 モンペ 娶わせ 雇女 夜逃げ 淫臭 マムシ 放尿 女性用媚薬 覗き 息子の嫁 口淫 熟女 尿意 禁断の性行為 堤先生 絶頂 横恋慕 出逢い系 生ハメ・生姦 母娘 男根願望 追っかけ ご無沙汰 母子家庭 野外露出 素人 NTR いじめ 生活保護 想い出づくり アナル 自慰 忍び逢い 風呂 脅迫 洗濯物 レズ タンポン 清拭 10代のチ〇ポ 阪神淡路大震災 輪姦・凌辱 人妻・熟女 ミニスカ チラ魅せ 疑心暗鬼 ネトラレ 性癖 誘導尋問 ヒトトキ 禁断の関係 母と息子 淫靡 お義母さん 強制性交 二股誘惑 カーセックス ぶえん パンティ 痴辱恋愛 女囚 肉棒 屈曲位 発情 経産婦 旅籠 ホンバン行為 咥え 仕返し 夜を鬻で 身を堕とし 禁断の愛 自己陶酔に陥る 六十路 嬲って憂さを晴らす 媚薬 保釈金 男鰥 寝バック 仲居 不貞 怒張 女衒 巨乳 セックスレス 美乳 電マ 童貞狩り 仮釈 義道さん バック 松葉くずし 躊躇い 寛治さん 珠子さん 黒い茂み 三所攻め 舐め シチリア 万引き チューブトップ 警備員詰所 魔の誘惑 すらりと伸びた脚 月に1度の憂鬱な訪問者 マン繰り返し 秘肉をなぞる 顔面騎乗 近親愛 オカズ バイブレーター おしっこ 調理 乳首 乳房 髪結い 乳腺炎 日照り 和姦 住職 檀家 フェラチオ パンパン 潮時 素股 お母さん 落書き マンネリ化 春を鬻ぐ 3P乱交 コンドーム 妊婦 ディルド デリ面接 年下の男の子 兄と妹 不特定多数 シモの世話 姉弟誘惑 背徳的 キス 枕芸者 鎌首 ご奉仕 お試し セックス 恋焦がれ イタリア くぐり戸 男を惹き付け お潮 未開の地 優秀な男 運搬自転車 荒勘さん 割れ目 くぱー 懇願 失恋  全裸 太股 痛い 超ミニ 粘膜  二股不倫 自慢 トランクス シクスナイン 男根 男と逢瀬を重ね 夫婦の交換 性欲処理 黄金排泄 屋外 まぐわう 月のものが止まった よがり狂う 淫声 逢瀬 畜生道 夫婦円満 危険な冒険 下半身 ざわめき 浮気の代償 サカリ 張形  壁ドン妻 野外セックス 意識し始め 恋文 背面騎乗位 未開発 嫉妬と苛立ちを増幅 チ〇ポとオ〇ンコの娶わせ 臭いを嗅ぎ 縄張り 栄養補給 間男 同衾 躰の関係 浮気心 剛毛 性行為 プレゼント攻勢 ノーパン ショーツ 唇を重ね 愛欲 翳り  鑑賞 AV女優 ワレメ お色気 痴女 妊娠・出産 もてなし 女教師 ゴム 京都 緊縛 お下げ髪 セーラー服 あえぎ声 須恵乃さん 割り切り 女日照り 肉体労働 熱い視線 しゃぶり 性的興奮 ワンギリ 素人人妻 出逢い 義母 逆ナン 結婚 正常位 廃屋 身体検査 鯉こく 胤の受け渡し 口内炎 下働き 働き口 母子  バツイチ うなじ 花弁 蜜壺 旦那 無理強い 訪問介護 オイタ 対面座位 締めつけ 潮吹き パンモロ 出戻り 下駄箱 痴漢 顔を跨ぎ 添い寝 後ろのすぼまり 剥き出し 虐待 結婚詐欺 貧民窟 コッペパン 父娘 マングリ返し 睨み据え 我慢 妄想癖 堕胎 ツンデレ 自己顕示欲 自信過剰 輪姦・乱交 初めて Gスポット 背面座位 淫語 シックスナイン 青姦 バックスクリュー クロスラヴ 浣腸器 安全日 筆おろし まんチラ 秘めやか 聞き耳 小便臭い小娘 ブラック 遺産相続 露天風呂 毛唐 痴態 平手打ち 女の部分 兄妹相姦 後ろめたい エッチ すぼまり 打擲 飯場 開脚 栄枯盛衰 全裸の野性的な美女 立ちんぼ 性的欲動 牝獣 旦那以外の漢 専業主婦 漢漁り ポルチオ ぬめる感触 上司と部下 パート従業員 快楽に翻弄され 快感を伴う 後家 貢ぐ SEX 妻の気持ち 夫婦喧嘩  ぶっかけ 超常現象 暗闇 清楚 温泉 娼婦 神童 胴体 女将 夢精 クロッチ 哀願 完全勃起 本やビデオで勉強 油ののりきった女体 長い黒髪 淫らな光景 98Fの胸 流出画像 若いミルク 性具 大開脚 見栄 姉への口姦 淫らすぎるキス せっくす 牝蜜を涎のように垂らし お菓子 睡蓮 片手と手ぬぐい 屈辱的な姿勢 血管が威嚇 息子の肉棒を愛撫 洗い場の湯椅子 一方は素足のまま 囲われ 通せんぼ パソコン 動画 画像 転校生 通学路 三十半ば 残留物 農道 タヒチの踊り 悪ガキ 靴が片方なくなって 腰を前後に擦り始め 青荷 伊豆 一緒に寝て 一人じゃ心細い 追い掛けるように 覗き込んだ 跨った 赤んべえ 調教 母親 メソメソ 黒人 盲目的野獣 変態極まりない行為 狼藉モノの侵入 退屈 強い匂いが沸き上がって 健忘症 まだらボケ 交尾に酔いしれ 後期高齢者 半勃ち 正常位を強要 バージン 襞の中をくまなく 隠れ忍ぶ 反射的に脚を閉じ 最初の人 無防備な状態 奥を探った 押し付けられた唇 お漏らし マッサージ 口元がついほころんで 肉の悦び 悪戯っぽい目 吸って 縞蛇 真っ赤に腫れ 淫習 自由恋愛 出血 呆気なく登り詰め 生理 カップラーメン 根元 血が付いて 何年ぶり 麻美の茂み 後続列車の車輪 飛び降り ポイント 無賃乗車 切符切り 真っ暗な線路上 トイレに立てこもり 誘導員 列車 毛むくじゃならなもの エッチな写真 ペアルック 恋人同士 身体をすり寄せ 腰を激しく擦り付け 寝たふり 大量のTシャツ アワビの踊り焼き 腰を屈め あの部分を連想 黒い姿 卑しき女衒 嫌らしい動き 写真で見慣れた景色 ヌメッとした感触 名前だけ旧名 見せしめ 御歳暮の申し込み 同様旧態依然のやり方 黒々として シズク 悩ましげな視線 ビキニ 若後家 3P乱交 猟奇モノ 暴漢 切れ込み ヌード写真 盗撮動画 売春防止法に抵触 犯罪人登録 切りウリ 仮釈放 情状酌量 収監 業界関係者 脚を大きく開いた 真後ろから撮った 呑兵衛の宛 売春まがいのこと 将棋賭博 クン二 利己主義的思考 口先だけ 義務教育という概念 現金書き止め やや厚ぼったい襞 その部分 放物線を描いて 貶められた 金の無心 同房 嘘で塗り固め 手アワビ 謝罪 ピストン攻撃 指を口に当て 悪戯 金玉マッサージ シングル 中で字を書かれ 狭い肉道 野球拳 のの字交尾 ただまん 馬乗り オナホ 体位変換 エプロン姿 春の臭い 甘い体臭 お口で愛し お尻を愛し 義母の汚れ物 クリーム色のシミ 匂いを嗅ぎ ぽってりとした唇 釣鐘型の真っ白な肉丘  色町 たらい回し 義母の胸元 ノーブラ ふたつの豊かな膨らみ いやらしい音 膣道に滲み出す愛液 恥骨裏側 排他的思想 放尿前の感覚 おびただしい液体 ローター 携帯電話 食うや食わずの生活 よそ者 放浪 駄菓子屋 移民 カスバの女 独学 転校 留守電機能を解除 半透明の液体 着崩した寝巻 叔母息子姦通 万引き犯 怒張したいちぶつ 欲望が激しく炸裂 ほどよい潤滑油 しっぽり濡れ 全身をわななかせ 力づくで抑え 強請る 連れ込み 妾話し 上玉 枕がふたつ 義母のパンティー アナル責め 白いカスが付着 蹂躙 春を鬻ぎ 抱きしめ 孕んだ 母乳 大きな空洞 拳を握り人差し指と中指の間に親指をめり込ませる シモの話し 風景に溶け込む すっぽりと咥え 3輪車 ヘンタイ 酒池肉林 リカちゃん人形 ままごと道具 舌なめずり クリッとした目 膝と膝が擦れ合う よーいドン 聞き耳を立て ギラギラ 女の指先 三輪車 チャンバラ 独り遊び 戦争ごっこ 差別社会 掃除道具入れ よそ者が紛れ込む 部屋で待つ女 街角に立つ わいせつ 暴行 さいなませる 豊尻を拝む あの匂いが嗅げる 寸前まで追い込む 腹部が波打つ 引き寄せる仕草 乳房の肉丘 ベルを鳴らしてきた 下腹部の繁み 豊尻の底 カウパー液 丹念に洗って 双臀を割り裂く 義母の肛門 包皮を剥きにかかった 肩に片脚を乗せ開いてくれ 頭部を支え腰をわななかせ 禁忌のタブーを犯し 主婦風の女性 遣り手 洗面台に片手を突きながら 濃厚な妖艶さに満ち 敗北を伝える 舌に蹂躙 イチジクの実の形 肉リング 悪い母親 跪いて ひる ラヴ パイプカット 隣人 盗み聞き 浴室 野外 輪姦乱交 筒抜け 肉感的 揉み合うような気配 秘めやかな会話 肉と肉のぶつかり合う 裸で抱き合っている姿 女の喘ぎ 絞り出すような呻き ピル 久しぶり 若鮎 うなじの後れ毛 不憫 展望台 苦しみ 妖しげな手の動き 慈愛に満ちた説教 色即是空 娘を欲しがる 素っ裸 搾取 娶合わせ 痕跡 横取り 切羽詰まった声 屈曲 妖艶に微笑み 魅入って 脇腹を突っついた 女の勘 長い歳月 まさぐりながら 左足を肩で担ぐ ふしだらな女 盗撮 出来ちゃった 脅し 複数の漢 露わ 許可 エッチな雰囲気 エッチしてる様子 グロマン 嗅ぐ 猟奇的な交尾 うつろ 即尺 フェラ抜き 兄妹 信じられない 松葉崩し 伊豆の温泉 された腹いせ 軽はずみ 怖ず怖ずと 付き合う セーラー服の少女 情交 恋焦がれた女 こじらせ 女の何たるか 親子丼 恨みがましい目つき スカトロ 先輩の肉棒 こじらせ童貞 姉弟の淫声 恫喝 スワップ 年下に惹かれ 2穴 3P 熟れ切ったアソコ 如何にも狡猾な人妻 ゆっさゆさ ピストン たゆんたゆん おっぱい 秘所 お姫様抱っこ 亀頭 膣内 強制的なセックス スケベ妻 男女混声の三重唱 派手な服装 朝立ち 泥沼の三角関係 唸り声を発しノーパン 成長真っただ中の性 沸騰寸前 3P 会陰 アヌス 拒絶 劣情を煽る 療治 射精 ウンコ アナル拡張 よがる 産婆 真空パック 搾乳機 悶々 スキンシップ オナった M字に開脚 発情がぶり返して 美容効果 鞍替え 過激交尾 姉弟姦通 焚き付け 意思疎通 じらし かかあ天下 嬲られる 尻魅せ 定優等生の回答 締め人棒 他生ハメ 希少価値 書画骨董 質素倹約 遊興に耽った 二束三文 戦中戦後 文化遺産 固く張りつめた粒 黒ずんだ襞 脚開いて 大きめの突起 身体がピクンと震え 透明な密が溢れ パックリ割れた襞 守番 二輪車 身体介助 排尿介助 悩み事相談 下半身は現役 大胆にも太股を触り 認知テスト 凄く毛深い 毛を摘んで見せた 疑わしい目つき 女が男に跨って ヌード 半ば開いて 記念 脚を開いて見せ デジカメ 白い身体 女の子の視線 クッキリ入った溝 裸のまま布団に 女中が気を利かせ 肩越し 二組の布団 身体を観察 黄金色 墓地脇 つかの間の安息日 藪蚊に食われ 改宗 墓参り 廃慕・墓じまい その部分のドアップ 重苦しい沈黙 やんちゃ 伯父さん ハエ叩き 黄金水 騎乗 仕込み 刺青 組を抜け 鉄火の女 耳たぶを軽く噛み始め 昇龍 スジ 度胸 業界でも一目置く 無償の愛 梃子 ゲンノショウコ 薬効 恋路 待ち合わせ カップル交換 婚外性交渉 薬草 晒し 偏見 定時制高校 商業科 貫通式 父娘相姦 解放感 初対面 ラブホテル 喘ぎに似た声 まさぐり合い 欲得より官能の方が勝って よがり声 込み 瞬時の快楽を貪る 生臭い体液臭 白目を剥いて 身代わり 躊躇いもなく 前を握りしめ じっくりと鑑賞 大きめな粒 溜息を突いた 貧困 就職組 ぎこちない手の動き セイシ 一塊りの滴 臭い 柔らかな感触 久仁子の割れ目 その場限り 他人の女房を寝取る 茶飲み 覇権争い 連れ合い 手を取り合って 性的欲望 欲徳に直結 襞に埋もれた粒 部屋の鍵が掛かって 認知症 丁寧に舐めあげ 3者面談 進学 情熱が実を結び 優等生 溢れ出たシル 具に舌を這わせ それを示す匂い やってる 尿が出にくい 高齢者 フル勃起 尿道に唇と舌で刺激 10円程度で買える菓子 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
「 知佳の画像掲示板 FC2」以降のリンクは利便性を鑑み取り付けています。
QRコード
QR
参加ランキング
人気ブログランキング
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
202位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
14位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム
メールは日に何度かチェックしています。お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogと【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」の中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
拍手ランキング
この拍手は「ランクレット」と同様の意味合いで取り付けています。

他の人にお薦めしたいときに記事の上部にある拍手ボタンを押して頂くとあなたがお選びになられた記事がカウントされます。
おすすめ官能小説
18禁官能小説集です。
官能小説投稿
小説を書いたら投稿しよう
小説家になろう

小説を読もう!は「小説家になろう」に投稿されたWeb小説や作品を無料で読める・探せるサイトです。

小説家になろう
小説家になろう

入谷村の淫習を投稿中


愛と官能の美学
愛と官能の美学

愛と官能の美学は投稿も出来ますがご投稿もしていただけます。
お薦め


官能文書わーるど
官能文書わーるど

「官能文書わーるど」の管理者しょうた様はご多忙のため掲載には少々時間を要します。


Pixiv
ひそかに心を寄せる茶店の女店主
各種掲示板
注意書きに沿ってそれぞれの掲示板をご利用下さい。
知佳の画像掲示板
知佳の画像掲示板
FC2レンタル掲示板、投稿画像などFC2&国内法に適するなら書き込み自由。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の書き込み掲示板
知佳の書き込み掲示板
書き込みの文章や画像など、規約に沿った内容でお願いします。
Shyrock様のご厚意により宣伝効果大


官能テキスト掲示板
官能テキスト掲示板
当掲示板は小説等更新時の案内用としてご利用ください。
違法画像、児童ポルノは厳禁です。
商業目的の使用は禁止です。
ご利用に当たって相互リンクの有無は問いません。


知佳の書き込み&
投稿画像掲示板
知佳の書き込み掲示板
自撮り画像掲示板
★当掲示板は自分撮り、他人撮り等オリジナル画像限定でご投稿ください。


Kaede's Room
画像掲示板
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。宣伝にご利用下さい。


知佳の掲示板
知佳の掲示板
HTMLにて画像挿入可能です。

投稿写真動画
素人投稿写真/素人投稿動画/素人オリジナル限定の素人投稿専門サイト
紳士淑女の夜の社交場 image
投稿写真動画 画像
35,000 (08/11/23時点)

投稿画像の壷 image

盗撮・覗きetc
どていばん.コム image
昔は盗撮が横行して……いやいや、今でも立派に横行しています。
そんな気分を味わいたい方にお勧めなのが「どていばん.コム」です。

着エロ@電脳女学園 image
着エロ、パンチラ、制服美少女、グラドル、お宝女優、えっちなお姉さんをまったりと楽しむ。そんなリンク集と画像掲示板サイトです!

緊縛・凌辱
アンテナ (アクセスアップ)
更新情報を素早く掲載、宣伝に効果的

読みたい小説を簡単に探し出すことが出来ます。

ブログの登録を依頼し掲載してもらうだけで訪問者が増えます。
宣伝効果が期待できます。
サイト内リンク
知佳の美貌録(総合)
知佳の美貌録(総合)バナー
一般ページ

知佳のサイト内では道路標識的役割のページ。


Japanese-wifeblog
Japanese-wifeblog ban
ブログを始めよう思って最初に手掛けたページ。
FC2のまま継続していたとしたらブロ友数の多さが目を引く。
検索エンジン登録数も他のページに比べ桁外れに多いのがこのブログ。


知佳の美貌集
知佳の美貌集 バナー
アンテナ2号館



知佳の小説系アンテナメーカー
知佳の小説系アンテナメーカー バナー
アンテナ1号館



Sexcy style
Sexcy style ban
カリビアンコムなどの有料動画の最新情報を観たい方はこちら。


知佳の美貌録(総合)
舞ワイフ ~セレブ倶楽部~ 171 ban
不倫・不貞、他人棒の総合案内こちら。


知佳のアルバム
知佳のアルバム
知佳の美貌録のアルバムをご覧になりたい方はこちら。
最新動画
ごっくんする人…
林原さとみ    
滴り落ちるマン…
みこと    
魔物の母体 2
クレア・ギャルティア ハニーン カイサ・ノード    
マスク美人!マ…
砂田弘子    
素人奥様初撮り…
高橋和美    
じいちゃんの面…
上野千春    
突然押しかけてき…
白木優子    
ごっくん淫語 耳…
藤木紗英    
性欲を持て余した…
センズリ鑑賞倶楽部    
【依頼痴●】21 …
スケベな人妻    
浮気盛りの人妻さ …
浮気盛りの人妻さん    
人気ランキング