FC2ブログ

留美の同窓生、公衆浴場で2本のチ〇ポに犯される

 似た者同士だからこそ学校を卒業し遠く離れてもどこかしら通じ合えるところがある。 それが学生時代から随分年上の男と付き合い二十歳になる前に嫁いだ紗那絵さん (仮名) でした。

 地元の高校を卒業してからというもの紗那絵さんは地元に留美は大阪にと離れ離れになりましたが、蜜に連絡を取り合い特に恋バナについてはお互いに何時まで経っても相談し合う仲だったんです。

 紗那絵さんが結婚したての頃はひたすら留美の恋人探しが話題の中心でしたが、この頃では紗那絵さんの夫婦関係についての悩み事相談が中心になっていたんです。

 そんなふたりの共通の話題はもちろんチ〇ポ、それと意外や意外 旅なんです。 それもふたりともどちらかというと好む生活圏は都会派なんですが、旅行先に選ぶのは決まって古風なところとか未開地なんです。

 このふたりが連れ立って秘境に旅に出ました。 紗那絵さんはもちろんご主人に内緒でアバンチュールを楽しむため。 そして留美はそのアバンチュールに協力しつつ自分も楽しむためです。

 こうして辿り着いた秘境温泉の公衆浴場で紗那絵さんはまんまと留美の罠にはまり2本のチ〇ポに犯されることになったのです。
 「ふう~ やれやれやっと着いたわね」 紗那絵さん、結婚以来そう遠くに出かける機会に恵まれなかったためか、ほんのちょっと遠出しただけでこのありさまなんです。

 「紗那絵~ これぐらいでため息ついてたらこの先持たないよ~」 早速留美の冷やかしが入り 「そうね~・・・ それにしてもよくこんな場所探せたわね」 とても自分ひとりじゃこんな場所探せないわと紗那絵さん。

 「そりゃそうよ。 なんてったって希望が希望だからね」 こういった場所でもない限り無理よと留美。 「何よ~ その希望が希望って、嫌な言い方。 そんなにウチってヘン?」 いつになく神妙な顔つきで聞いて来たんです。

 「だあってえ~ 結婚するって告った時、あんなに自分は幸せ者だって・・・」 自慢してたくせに、いつのころからか別れるのどうのと相談してきてたんです。

 「紗那絵の望みってのが独身時代に戻ってだったんじゃないの? ウチみたいに遊びたいって」 燃えるような恋をしてみたいと日頃から口癖にように語ってたんです。

 「あんな素敵な旦那様のどこが・・・」 不満なのかと問う留美に彼女は決まって 「素敵に見えるのは表向き、あっちの方はてんでダメなの」 こう応えた後何時離婚しようかとか、離婚したら今度はどんな男探そうかとしつこく振ってくるんです。

 留美には唯一欠点があります。 それがメンヘラです。 しつこいだの急かすだのすると直ぐキレるんです。 ですのでこの件も短絡的に物事を運びました。

 まさか自分の使い古しを回すわけにもいかず、でも切羽詰まっているようなので今回のアバンチュール旅行を組んだようなんです。

 「それでさあ、留美はその時どうしたの?」 それはもうパパラッチのごとくの質問攻めに 「だからって・・・相手の男の人もすっかりその気になってるのに、今更止めるって言えないじゃない」 お店で気が合って話してるうちに飲み過ぎてお持ち帰りとなったその時のことを話題に振ってたのです。 

 「じゃあそれってさ、結構大勢の男性に取り囲まれ・・・じゃない?」 もう前のめりになって肝心な部分を聞き出そうと詰め寄ってくるんです。 誰がどう解釈しても輪姦・乱交 3Pに決まってます。 紗那絵さんにしたらその辺りをもっと詳しく聞きたかったようなんです。

 宿に到着するまでの間、あれやこれやと普段何をやってたかお互い告りあいをしたんですが、やっぱりと言おうか結論は男漁りに落ち着いたんです。

 「まあ任せなさいって、悪いようにはしないから」 直ぐにでもナンパに出かけたい風な言い回しをする彼女にこう言って聞かせる留美でした。

 崖っぷちに建つこの建屋はお世辞にも流行ってるとは言えない宿だったんですが、その分客が少なくアバンチュールには留美曰く持ってこいの場所だったんです。

 この宿の良いところは何と言っても崖の下を流れるせせらぎです。 そのせせらぎに温泉が湧き出ていて一部渓流を堰き止めお風呂として使ってるんです。 両岸の崖を壁として利用し温泉が築かれているものですから外部から入浴中の人たちを覗き見出来にくい場所となっているんです。

 留美はこのことを、更には給金が払えないものだから人手不足というふたつの点を利用に一計を案じました。

 「ちょっと様子見に直ぐそこまで行ってくる。 お風呂の準備して待っててよ」 こう言いおいて留美は部屋から出ていきました。 「そうか・・・ どうせ留美のことだから泊り客がどれぐらいいるか見に行ったのかも・・・」 紗那絵さんは良い方に解釈して待つことにしました。

 「ふふふ、いるいる。 あれなんか相当ごっついアレ持ってんだろうなあ~」 留美なりに準備を整えたんですが、部屋に帰るまでに少し遠回りして果たして問題のお風呂が本当に外部から見えないかいろんなところを巡ってみたんです。

 これぐらい待たせたらもう良いだろうという頃になって部屋に帰りました。 「あ~やっぱりねえ~」 思った通りでした。 留美の帰りを待てなくて、しかも意味深な宿のような説明をしてきたものだから紗那絵さんはひょっとしたら男湯が、待望の他人棒が覗けるんじゃないかと欲情を抑えきれず独りで出かけて行ったみたいなんです。

 留美も遅ればせながらコッソリ男湯に忍び込みました。 もちろん看板を元に戻してです。 そしてみたものは・・・

 「ええ~ 凄~い!!」 初めて見る大自然の中の岩風呂に紗那絵さんはすっかり魅了されてしまいました。 下心満々の留美と違い紗那絵さんは純然たる入浴と思って来てましたので浴衣の下はパンティ以外身に着けていません。

 一刻も早く入りたいものだから、しかも誰もいないように思えたのでサッサと浴衣だけ脱いで小走りに岩風呂に向かいました。 「ふふふ~ん、お湯加減はと」 岩風呂に手を浸そうとしてぎょっとしちゃいました。 でもここいらではこれが普通なのかと一旦引き返し今度はしっかりパンティも脱いで改めて岩風呂に戻り意を決して入りました。

 紗那絵さんは岩風呂の隅で固まっていました。 すぐ隣に並ぶようにして男性が独りチ〇ポを晒し岩に腰掛けているんですが、紗那絵さんの裸身を意識してかもうビンビンなんです。 そしてほんの少し離れてもうひとり男性が入浴してるんですが、この方はチ〇ポを晒す彼と違って見るからに筋骨隆々、しかもふたりと目が合わないよう後ろ向きで湯に浸かっておられるんです。

 留美は3人に気づかれないよう浴室の出入り口で大きな岩に身を潜めるようにして覗くことにしました。

 「ふふふ、さあ紗那絵、あなたは自分で言ったわよね。 これからどうする?」 そのつぶやきを言い終わるか終わらないかのうちに男のひとりが動きました。

 湯に浸かっていた筋骨隆々の男が立ち上がり、これも負けず劣らずの反りかえったチ〇ポを紗那絵さんに魅せ付けながら洗い場の方面に消えていったのです。

 「そうよ紗那絵、今がチャンスよ!! もう十分男らのチ〇ポを拝んだでしょ」 やきもきして観てると 「あの男も茹だってしまったみたいだね。 そんなに長い時間首まで浸かっていて大丈夫?」 そ~っと紗那絵さんの豊かな乳房に向かって手を伸ばしてきたんです。

 「イイ感じ?」 こう聞かれてとっさに紗那絵さん 「はい・・イイ感じです」 と、こう応えてしまいました。 男が聞きたかったのは乳首を嬲る感じはどうですかと聞いてきてたんです。 それを 「散々歩き疲れてバテちゃってたから・・・」 こう応えてしまってたんです。

 これでこういった行為は許されたと思ったんでしょう、男は更に積極的に乳房を愛撫してくれるようになったんです。 お互い一糸まとわぬ裸です。 おまけに紗那絵さん、ご主人の元を離れ背徳行為を味わいたくて子宮がキュンキュンしてたところだったのです。

 「すんごいボンッキュだね」 幾度も幾度もおっぱいの下方を掌で支えられ乳首を親指と人差し指で弾かれ隠すことすら忘れ男のなすままにしていました。 すると男は近寄ってきて唇を奪ったんです。

 「こういったことは初めて?」 そう言いながら舌を絡ませてきました。

 「ええ・・・あの・・・ウチなら慣れてますから・・」 オズオズとこう言うと 「ここに座ってごらん」 こう言い終わるか終わらないかのうちに男の手によって紗那絵さんは湯から引き揚げられたんです。

 「少し足を開いて、もうちょい前に来て」 テキパキと指示しながら男は紗那絵さんのオ〇ンコを調べにかかりました。 M字開脚させ自分の指をお湯でよく洗うと紗那絵さんのオ〇ンコに触れて来たんです。

 「お湯に入ってたくせにビチャビチャになってるね」 こう言うと男はほんの指先を少しだけ淫裂に挿し込みシルを絡め採りました。 「ほらっ こんなに糸引いてる」 絡め採ったシルを人差し指と親指を開き魅せてくれたんです。 「イヤッ 恥ずかしい」 以前から知り合いででもあったかのように男の肩を叩いたんです。 「イヤだもう、スケベなんだから」 満面の笑顔でそう応えてました。

 ふらつく彼女を抱きとめると男は晒していた男根を紗那絵さんに与えました。 最初はオズオズと、でも次第に大胆にチ〇ポを握りすっぽりと咥え込んだんです。

 「お湯に入る前からコレ見てたでしょう、欲しかったの?」 欲しさのあまり移ろい始め、慌てて手コキに変えた紗那絵さんに向かって甘く囁くと再び彼女の唇を奪ってきたんです。

 「先っちょから涙出てたでしょ、ここでしちゃおうか」 「ええ~ ここでするんですか~・・・」 屋外ということもあって今一歩踏み切れない紗那絵さんに 「したいんでしょ?」 視線を外そうとする彼女の肩にそ~っと優しく手を差し伸べて来たんです。 「うう~ん・・」 紗那絵さん、意を決して後ろ向きになりました。

 男の手によって今一度乳房が揉みしだかれ、やがて湯の中に再び降ろされると両足を開かされ男が背後からオ〇ンコに顔をうずめ舐め始めました。 しっかり舐め終わると今一度紗那絵さんにいきり立つチ〇ポを魅せたんです。 「う~ん・・・ゴムとかは・・・」 甘ったるい声で聴かれたんですが構わず男は発情してしまったオ〇ンコの入り口を亀頭冠で擦り上げました。 幾度も幾度も上下させ、とうとうクレバスを割り無防備にしてしまったんです。

 紗那絵さんの抗うようなくぐもった声が響き渡ったんですが、男は構わず背後からオ〇ンコに散々魅せ付け我慢の限界を超えてしまったチ〇ポを突き入れました。

 ともすれば背徳行為を恥じてチ〇ポを振り払おうとする紗那絵さんを男は乳房を握りしめ躰を引き寄せ唇を求めることによって交尾を続行させていったんです。

 バックから立位へと体位を変え紗那絵さんは旅行先の男湯で他人棒を楽しんだのです。 最初はあんなに嫌がってたくせに終いには紗那絵さん、何度も何度も結合部を見たがったんです。 ふたりの子を生したオ〇ンコとも知らず男は懸命に紗那絵さんの子宮に向かって胤を注ごうと腰を振り続けてくれたんです。 紗那絵さん、とうとう男の腰に手を回し引き寄せるような破廉恥なことまでやってしまってました。

 しかし実はそれでは終わらなかったのです。 最初の男が紗那絵さんの中で果てると、あの筋骨隆々の男が舞い戻り引き抜かれたばかりの穴をまたチ〇ポで埋めたんです。

 川べりの大きな岩に紗那絵さんの背を預けさせ、片足を持ち上げ突っ込んでいくんです。 もうこうなると男同士意地の張り合いになりました。 どちらが彼女にとって気に入ってくれたのか堕とし合いになったのです。

 ご無沙汰続きだった紗那絵さんのオ〇ンコはすっかり揉みほぐされほとほとになり淫裂が閉じなくなってしまったんです。 涼風に吹かれ本来なら寒さで血の気が引くはずなのに彼女の躰は逆に興奮で朱に染まっていたんです。

 「どう紗那絵、離婚の決心ついた?」 なんかモヤモヤしてしようがない留美はこう聞きますが、「そんなに急かさないでよ。 今考えてるところなんだから」 ここまで来たらもう女友達なんか用が無いといった風だったんです。

 日帰り旅行でしたので休憩を終え部屋を出てフロントに向かいました。 すると 「あれっ、ええっ、どうしてっ?」 と紗那絵さん。
「えっ いつの間に!? ここって男湯だったの!?」 紗那絵さんの問いに 「ええそうよ。 紗那絵知らなかったの?」 留美はすっとぼけてみせたんです。

 「誠に相済みません。 当ホテルが至らぬもので・・・ いえ結構でございます。 よろしければ又のお越しをお待ち申し上げております」

 ホテルは従業員が看板を掛け間違えたと勘違いし、休憩や食事料をロハにしてくれたんです。

 ホテルを出て駅に向かう途中 「このう、やったわね留美。 あんたの仕業ね」 ぶつような仕草をしたんですが 「知らないわよ。 でも良かったじゃない2本のチ〇ポを交互に突っ込まれ望み通り何度も何度も堕とされたんだから」 シラッとして応えたんです。
関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 岩風呂背徳行為移ろい引き寄せる堕とされ交尾

コメントの投稿

Secret

その他連絡事項

Shyrock様からバナーを頂きました。

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」バナー
相互リンク用バナーとしてお使いください
Size : 200 x 40



 Shyrock様からの投稿を読んでつくづく思います。

官能小説は様々あれどほぼほぼ現実にそう文体であり感心させられます。
 流れが良いんですよ。 目をつむっていても情景が浮かんでくるような気がするんです。

 知佳のブログの中で「美貌録」だけアクセスが伸びず対策にブロ友をと探し回りましたが現実の世界とはまるでそぐわない文章の羅列、あれを見る限りこのような文を愛読する人たちって余程世の中に対し不平不満を抱いてると思えて仕方がありません。

 しかもその手の小説の方が圧倒的に人気を博している当たり書く方としても考えさせられます。 一般小説を読む人と官能小説とでは計り知れないほど隔たりがあるんですね。

 探す方面と探す手法を考え直します。
プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは創作小説及び実話集がメインとなっています。

序文 (おおよそ500字) と本文で構成されていて「続きを読む」をクリックしていただくと本文を読むことが出来ます。

関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

カレンダー
04 | 2023/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

20代肉便器妻の性処理道具な日々

熟・変態女教師

恵子の妄想

セイカツ日記~夫婦の性活~

寝取られ体験談

手コキとフェラとM男と痴女 CFNM 痴女風俗探訪記

日々の妄想を形にして(SM小説)

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

これも愛なんだ
タグクラウド
文字をクリくすると関連記事が検索できます。

背徳行為 婚外恋愛 寝取られ 凌辱 人妻 覗き見 他人棒 レイプ 姦通 浮気 近親相姦 W不倫 混浴 輪姦 きむすめ 誘惑 中出し 未通女 旦那制度 お風呂入り 悲恋 花街結婚 うぶな 生ハメ 締め込み 有名女優 寝取り 寝取らせ 母子姦通 妄想 欲情 ワンナイト 不倫 義理の母と子 足入れ 他人妻 夜伽 告白 同一マンションに居住 珠子さん 雇女 寛治さん 淫略 ゴルフ 自慰 母娘 娶わせ オナニー 隠居 騎乗位 モンペ 堤先生 生ハメ・中出し 義道さん 貸し出し 自慰行為 二股 出逢い系 四つん這い 夜這い 想い出づくり 嫉妬 交尾 ダンプ 敏江さん バイブ 乳首 野田原 美乳 電マ M字開脚 男鰥 夫婦交換 身を堕とし 嬲って憂さを晴らす 旅籠 新妻 シチリア 鬼畜 六十路 夜を鬻で 自己陶酔に陥る 女囚 強制性交 ぶえん 痴辱恋愛 二股誘惑 あえぎ声 下薬研 不貞 プレゼント攻勢 須恵乃さん 同衾 仲居 愛欲 乳房 保釈金 躰の関係 クリトリス 働き口 栄養補給 風呂 仮釈 口内炎 もてなし 痴女 クンニ 素人 フェラ 巨乳 舐め 絶頂 野外露出 AV女優 京都  浮気心 お下げ髪 母子家庭 ワレメ いじめ 夫婦生活 敏江 壁ドン妻 サカリ 張形 カーセックス 野外セックス 秘密の恋愛 未亡人 寝取られ願望 生ハメ・生姦 ホンバン行為 ざわめき バツイチ 月のものが止まった 浮気の代償 未開発 NTR 嫉妬と苛立ちを増幅 運搬自転車 チ〇ポとオ〇ンコの娶わせ 性的興奮 下半身 育児放棄 肉体労働 炭焼き小屋 廃屋 荒勘さん 躊躇い 結婚 肉棒 ご無沙汰 イタリア 屈曲位  男根 失恋  過料 起訴 執行猶予 上乗せ 再逮捕 みかじめ料 後背位 勃起 童貞破り 起訴内容に抵触 没収 なまめかしい声 大きな声 甘ったるい声 月の半分も出勤させてもらえなくなり 竹箒 零細 鼻から抜けるような切ない声 DNA 奈緒 沙織 健太 北里新三郎 母子  面影はすっかり消え失せ 膣内射精 恍惚大河の波間 履歴書が無くても雇ってもらえた 空き家 底辺の生活 余韻 惠の美肉 ガソリンスタンド もつれ合い 結合 享楽に悶え 電話では無理 拘置所に送致 三所攻め 後れ毛の生え際 花弁 ヨガリシル 蜜壺 うなじ  拘留 行き先 保釈 弁護士 絞り上げ 飼料 参考人 犯罪者 拘置所 痴情のもつれ 童貞狩り 任意 逮捕状 痩せこけ おなかの調子 留置番号 身体検査 手錠 下っ端 愛嬌で貢献 背中を流し 惠のうなじ うなじのほくろ 溜まった土砂を竹箒で道の脇に掃き出さなければなけれ 佳子 一生着物に困らない 生涯裕福に暮らせる 運ちゃん ほんの合間 とろけるような官能劇 迷信 便秘と下痢を繰り返す 犬の持つ雑菌 ふくれっ面 ぎゅっと掴み 石鹸の泡 撫でる 素手 滑った 黒い茂み 外回りの掃除 清掃 手間賃仕事 寝ていた子を起こし 背中を流して 背中に頬を寄せ 卵かけご飯 チャボ ウナギ 鯉こく 寸止め 放し飼い 古米 トリサシダニ 羽虫 鶏小屋 イタチ 給料が安い 金閣寺  代償を躰で払わせ 越えてくる 坂道 ラフな格好 理想的な肉付き 熟しきった千里さん 国道176号線 惠が道案内人 割り切り 夫のある身 もう一度会いたい 自転車 人が変わった 躰が目的 妻が外の男に恋し 純真な気持ち 男にモテたい おんなじ想い きれいになり始めていた 淫行を繰り返し 立て替え払い 望み通りの景色 胎内に射出 立ちしバック 衣笠 土建会社の専務にのし上がり 野太い 不細工 秘密裏に延々と 3高を望み 出逢い系に登録 愚鈍 ワンギリ 料亭 惠に導かれ 別れを覚悟し 自撮り画像 失恋を癒す イケイケ 農婦 数倍キツイ 優越感 女日照り いっしょにいられる 自転車通勤 躰は逞しくなって 肌が水を弾く 行水 男日照り 競輪選手張り 1階の喫茶室 宝塚ホテル 深い眠り 眩暈 蝋燭 ポリ缶 水道 セメント 山川運送 愛することに没頭 夜明け 男と女の関係 社長夫人 ガス 電気 コンクリート製造工場 ミキサー車 ダム 心までも丸裸 女の男性への意識 安達義道 コンテナ船 生活物品 DIY 背徳 セメント袋 正常位 バック 男根を与え 宝塚 しゃぶり 見舞金 農作業を手伝った 手塚治虫記念館 和服姿の麗人 至福のひととき おかかえの運転手 良家の若奥様 熱い視線 ギックリ腰 規格外の野菜 終焉 反抗的な態度 愛の小夜曲 上半身を前屈させ 松葉くずし 暗澹たるもの 裏目に出て 季節労働 請求 握りつぶし 仮釈の費用 車の窓拭きと給油 泣き暮らす モリマン ハーモニカを演奏 Vゾーン ハイレッグ 下着が透けて見える 艶やかな太腿 屹立を咥え込む 菊門いじり 谷間の蜜 舌が小躍り 切ない声 谷間の湿地帯 ジャージ 真紀さん 先生の股間の具合を診て 妄想が湧き起る 口移しで飲ませ マムシの粉末 薬種問屋の女将 交尾の気持ちよさ 五十路の女将 阿部先生 若いエネルギーが胎内を駆け巡る 肉胴を握りしめ口淫を繰り返し 部屋中に淫臭が立ち込め 声を荒げ喘ぎ 肉厚な花弁 朝露に濡れた茎 瑞々しい水蜜桃のような尻 獲物を捕獲した動物 激しく律動 ギュッと締めつけ シーツをかきむしって 快感の波 栄養不足 自然風すら通らない エアコンが無い 猛暑 うめき声がこぼれ 欲望に燃え滾る肉棒 下働き 飯場を思わせる食堂 見た目だけの食材 懐石風 一日二食 独りで用意から片付けまでこなし 足手まとい 結合のとき 美月ちゃんの遊び相手 風呂焚き 造園 乳房の感触 恥毛から水滴を滴らせ 陰裂 熱い粘膜 宮内司 美月 酒席のとりもち 女体に生息する軟体動物 秘孔 幹本体に唇を這わせ 物置小屋 出産 屹立 裕太 人夫 汽車 和服姿 ショーツ 下穿き ノーパン 豊かな潤い 空洞 穿いて 藤乃湯旅館 千里 乳房の谷間 鎖骨 押し込め 忌まわし気な役目 禁欲 夜な夜な忍んで 肢体に惹き寄せられ 須恵乃 比葡の里 中山峠 躰を重ねる 愛おしく感じ 真剣なまなざし 頬を染め 杉山家 人妻の自慰行為を披露 雑木林の中で 盛りきりの食事 薪で風呂と焚いてる 雇女を買う 観光街の人々 飛び石を伝って忍んでいく 布団は枕元に丸めて置いとく 今宵の漢 カテゴリを選択 古い順に表示 理解しやすい 流れに沿って 下痢 暑さをしのげる工夫 激しく悶え 指を唇に宛がい 身体を弓なりに反り返らせ シーツをかきむしり 行為を終えた妻をその場で甚振る 甘噛み 上半身を反り返らせ 四肢を硬直 心の動き ヒィヒィと喘いで 意味不明な言葉を口走り 腰がわなわなと震え 他人棒に苦悶する姿 太腿を割る 愛されたい 我慢して待つ 睨み合い 機嫌を損ね 抱き癖 不具者 DNA鑑定 男に躰の芯まで慰められ 寝盗られ妄想 胤の受け渡し 貞淑 瞬く間に水泡に帰す 正義感に満ちた発言 熾烈な争い 順番に組み入れてもらえない男 周囲に群がる 彼女目的の野郎ども 小さな諍い 鉈を奮って襲い掛かって 薬を打たれつつ行為に及んで 大規模な埋め立て工事 住み込んで労働 親戚縁者 進さん 女の心 小指と小指 面倒見の良いだけの男 誘ってくれた今宵の男 終いには諦め 最初は煙たがられ 投げやりな言葉の羅列 ヒノキ 芳香 生まれた時から 運命的な出会い 効能 森林 大声を張り上げ 騒いだ 愛らしい花芯 か細い腰 胸元の汗をぬぐって 嬉しいこといわはる えらい汗 艶かしく腰を振り 後方にのけぞるような姿 貧困と差別 不都合 言い逃れ 変わった様子 裕太はん 惠の締めつけ 地権争い 加納莞爾 総菜 冷感ひんやりマット 川遊び 高利貸 長嶋時雄 惠の騎乗位 土地を二重三重に抵当 自給自足が精一杯 不良債権 敷居が高く 最低限の生活 夜逃げ 物乞いと見せかけ 左官屋 豊里屋 盗人猛々しい 土地を守って来た代償 肩代わりして耕す 拗ね 溺愛 多頭飼い 約束を取り付け 恥ずかしがって 上体を前屈させ 甘い吐息 円を描くように腰を旋回させ 怖い夢 寝るに寝られない 膨満感に悩まされ 結合の歓び じわり 腰のピッチ あわただしく うわごと 意味不明な言葉 土砂の搬出 咥え 連れ子 お義母さん 愛人の写真 仏壇に飾る 独り暮らし 義理の息子さん 湯船の中 弓なりに反り返って 愛しさが募って 顔がカーッと熱く 淫らな想像 彼のモノ 縄張り 数を増し書く 乱暴 押し倒し キスの雨 罵られる 白昼堂々と すごく激しい 痛い 売掛帳簿 すけべなイヴ 剥き出しにし 両足を開かせて 吸われ方 俊介のペニス 後家さん 汗まみれ 山姥 傷痍軍人の妻 閨の相手 湯殿 丸見え 腰巻 ベロチュー 魅せつけ  男根願望 寝取り寝取られ 屋外露出 男根の斡旋 一途な想い 硬いモノ 気持ちが昂ぶって 輪姦貸し出し 児童福祉 淫行の事例 補導員 強請恐喝 未成年との性行為 自撮り画像を送付 パンチラ シモの処理を専門 上納金 竿師 したくてたまらない 好色な男 シモの処理 安達家 キリスト 復活祭 クレモナ 媚び くぱー 母子は躰を重ね 息子さん 懇願 嫁の篤子さん 肉球 肉襞を割り 男と関係を持ち 女同士の感 嗅ぎ分け  耳を塞ぎ 除け者 最上の楽しみ 十字架 パスクァの卵 搗きたてのお餅 処女性を見出し 道ならぬ恋 叶わない夢 不潔 母性を擽る女陰 独り身の男 ルート営業 不貞を働く 抱いてほしい 強引に迫る人妻 息子が母を犯す 人妻を転がし ダイアモンド 指輪 割れ目 ハンマー チョコレート 肥担桶 切り立った崖 野でひる マスヱさん 益一さん 未開の地 尻を高々と掲げ 夫の遺影 所詮オンナ 禁断の愛 感情をコントロール 都合の良い女 サカリが付いた 疼き狂うオ〇ンコ 借財のカタ 目は宙を仰ぎ 反り返った肉胴 焼け火箸を突っ込まれ 乱暴に扱われ 淫売行為 誑かされ 肉便器 膨らみに誘導 年の離れた ブラを外しにかかり 情事に備えたクンニ なんかの見過ぎ しょうがない子 目を閉じて 穢多の胤 媚薬 凌辱貫通 臭いを嗅ぎ 湯気が立ち上る屹立 観音様を拝んだ しがみつき 寝バック後背位 棹への締め込み つかみあい 厭らしいこと 男根を拝み奉る 媚態 後悔の念 如何わしい行為 経産婦 引き抜き挿し込み 魅入られ 絡み合い 生ハメ・ぶっかけ 野外性交 背面騎乗位 性の乱れを正し 汗が飛び散り オトコ日照り セフレ探し 愛舐め 屋外 下剋上 まぐわう エプロンの隙間 舐め口撃 しゃがんだ 離婚 肥え壺 付き従う 文盲 やり玉 悩み 息子 刺激を求め 10代 若い方 男勝り 酒と女 写メ 山芋 まぐわい ワリキリ 女性ドライバー ムズ痒さ 猿轡 異物 屈服 身体の火照り 大量の脂汗 ムラムラ 天然 初夏 梅雨 足抜け 恋文 逃避行 妄想に駆り立てられ 嫉妬に駆られ 童貞 未発達 サカリの付いた母 胤を搾り取る 富山 京都駅 過剰 惚れ 口説 性衝動 婚期 意識し始め チラチラ魅せ 夜汽車 落涙 沮喪 背徳に次ぐ背徳 お潮 野でひった 愛撫 甘い誘惑 恋の傷 太股 超ミニ 官能の炎 ビキニブラ 全裸 反り返った 股間 ピッチピチ ビキニパンティ 勝負 捕まえ 触られ ワレメ鑑賞 喝を入れる 気持ち良かった 後輩 呟いて まかない飯 抱きかかえ 気遣い 戸惑 あらぬ勘違い 逸物 扱き 精神安定剤 飢え切って カックロ ツル 掘割 漢断ち 人妻特有 反り返る 快楽を貪る 気配を殺し 背徳願望 出獄 同じ釜の飯 母性を呼び覚まし 牝の淫臭 夫が脇で寝て 薄い掛布団 大人のおもちゃ パンティ 内股 ひだ 粘膜 スリット 性感帯 羞恥の極み 密通 ありふれた言葉 出逢い系喫茶 ささやき 心地よい京言葉 はばかりさん ギャンブル 逆ナン 横恋慕 裏切り 義母 売春宿 かんにんしとくれやす 契約行為 熟れた躰 躰目当て 上座に座る 桐箪笥 天然木の玄関 淫裂の味 他人棒という凶器 ひとつ屋根の下 愛する者同士 質問を浴びせ 意表を突く 素人人妻 出逢い 真剣な眼差し 吹っ切れた 媚を売り 旦那への想い 一瞬 詫びる気持ち 腹部が波打ち 不義 不倫旅行 甘美な夜 期待感 名残 儀礼的 全身欲情しきり 茶会 勿体無い 物足りなさ 旦那 邂逅 出会い 刹那の瞬間 真心 一夜 誠意 睨み据えながらの結合 悪事と知りつつ快感に浸る メール 化粧 デート 位置合わせ 振り払い ファンデーション 追っかけ 天を舞う 甘美な想い 上手に口説かれ 心の奥底 格段に強くなり 娘に乗り換え 連れ子の女性器 世間に疎い 後継者不足 大塚家 篤子 千秋 競い合って 異性を求め 義母に欲情 違う女性器 神経質 その意志 股に何か挟まった パンツを履く習慣 ラッピング 真横に腰を掛けた 別れた人 激しく脈を打って 胸の鼓動 胸をよぎった プレゼント 恋焦がれ 冨子さん 貞三郎さん 別れた女 すっぴん 久しぶりに会う 入谷村 僻地 火が燃え盛って よそ様の胤 素知らぬ顔で 日照時間 嫁の来てが無い 忌しき淫習 淫交 他人棒の胤 悲しい習慣 隆宏 源蔵 巨根 二股不倫 硬いポール アヴァンティ 鬱積した霧 自慢 男と逢瀬を重ね くぐり戸 発情 男を惹き付け 優秀な男 踊り子 愛憫の情 トランクス フランクフルト アソコ すする シクスナイン 大きく割って デリ 恋慕の情 雑誌の切れ端 袋綴じ ソープ だらしがない カッチカチ セックス 街角のカフェ 快楽 蜜月 看護師 肌と肌を重ね Sicily 跡取り 農場 辺鄙な Italy 誰かに奪われ 自分専用 マンキツ 足元を掬われた 肉塊 飢え 出所 刺激的 恋を成就 取り除き 芽生える時期 有利に働く 野望 下足番 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
知佳の美貌録(総合)
Japanesewife.com
QRコード
QR
参加ランキング
知佳が参加しているランキングです
人気ブログランキング
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
328位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogの中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
おすすめ官能小説
18禁官能小説集です。
にほんブログ村
「Japanese-wifeblog」にて登録

クリックして頂くとJapanese-wifeblogにカウントとして反映されます。
小説家になろう
「父親の面影を追い求め」などを投稿中
小説家になろう

知佳のジャンルは背徳行為、突き抜けるような婚外恋愛の、あの感覚をお楽しみください。
小説家になろう