FC2ブログ

掘割の畔に棲む女 ~拘留中に同房だった女囚の出獄~

 たとえどんなことがあろうとも何年経ようとも忘れないのが同じ釜の飯を食った仲間。 その仲間が出獄しお礼かたがた千里さんを掘割地区に訪ねてきました。

 千秋さんというその女とは署の房で知りあいました。 先に千秋さんが入っていて後になって千里さんが入ってきたというわけなんですが、他の房と違って千秋さんは千里さんにツルを請求したりしませんでしたし、もちろん落とし前云々など隣の房では派手にやっていましたが彼女だけはやらなかったんです。

 その理由が起訴内容、つまり犯罪の中身と刑期の違いでした。 周囲はみな窃盗や詐欺なのに対し彼女の場合傷害致死、それも仮釈中仕返しを行っても再逮捕だったんです。

 千秋さんと千里さんを署が同房にしたのは千秋さんを規則上独房に入れるわけにはいかず、さりとて窃盗犯や詐欺犯と同房では殺し合いに発展しかねないからでした。

 その点調べ中からして千里さんは素直で、千秋さんも先輩そして千里さんを守ってくれるんじゃないかと期待したからでした。 そしてそれは期待たがわず千里さんは極めて優秀とみなされ署としても情状を申請し認められ仮釈に動いき思った以上に早期に釈放が認められたんです。
 千秋さんは拘留中、刑期を科されたものの作業などについてはよく話してくれましたが、果たして彼女が一体何をやらかし逮捕・起訴されたかなどについては一切口にしませんでしした。 話してくれることと言えば調べと検察送致が度重なること。 裁判でどのような質問が飛び、それが何度行われ判決はどうなるか・・・などでした。

 それ以外に時間、千秋さんはまるで何かを忘れた以下のように一心不乱にカックロを行ってたんです。 時に意識が混乱し千里さんに問うてくることがあり頭脳明晰な千里さんがこれに応え感謝されるなどということがありました。 その千里さんはというと、貸し出してもらえた小説を、これまた一心不乱に読みふけっていたのです。

 こう言った点においても千秋さんと千里さんの房だけいつしか別扱いを受けるようになったんです。 きわめて監視が楽で、場合により自分たちこそ見習わなければならないような言語態度をとるからでした。

 ですので千里さんは出所して以降何度か房を訪れカックロの差し入れを行いました。 その折に口達で住んでいるところを教えておいたのです。

 その千秋さんがふたりが別れて4年後、千里さんの前にふらりと現れたのです。 優秀な女囚として認められ刑期短縮による仮出所で出ることが出来たそうなんです。 しかし4年という月日は千秋さんにとって相当酷だったようで別れた時とまるで違い苦労と言いますかやさぐれた様子がその顔に色濃く出ていたんです。

 拘留中千秋さん以外の人と同じ房には入れられなかったというものの隣の房に収監されている女どもの自慢話が聞こえていましたのである程度千秋さんも刑務所内では同じなんだなと感じていましたが、実際出獄したばかりの彼女から感じる威圧感は半端なくしばらくは気軽に口もきけませんでした。

 場を持たせ共通の話題を探し出そうと懸命に考え、ともあれ椅子に掛けてもらいお茶を出したんです。 農家の休憩時間のお茶は腹ごしらえをも兼ねます。 お菓子だけじゃなく煮物などもとにかく思いつく限り添えました。 千里さんにとってそんなにのんびりしている暇などなかったんですが、話すネタがない以上食うか飲むかしかないんです。

 なんでもないことのように思えうれしかったんだろうね。 それに千里さんならではの気安さがあったんだと思う。 「千里にも教えてやったろう? 時代劇でいいところの牢名主みたいな奴がいて」 収監中幾度か男欲しさに襲われたそうなんです。 「みんなで押さえつけて狂うほどいろんなところを」 いじりまわされたそうなんです。 千秋さん、人に従えない性格が災いし全員グルになって千秋さんの躰を性欲のはけ口に使われたといいますが女が性に反応し躰が変化する様を見て楽しむんだそうなんです。

 たった4年間外に出られないというだけでこれほどまでに男がと思えるほど今回、男に触れたくて気が狂いそうになると告ってくれたんです。 千里さんだってそれなりに男が欲しくなる時がありましたが、仕事が忙しくなるといつの間にかそれすら忘れてしまう程度のモノだったんです。

 「千里、何でもいいからヤラせてくれるような漢知らない?」 悲壮感に満ちた目で拝み倒してくるんです。

 しかし何年も収監され男断ちしてきた千秋さんにとって男根とは精神安定剤のようなものらしいんです。 

 千里さんにとってこれまで関係してきた男と言えば廃屋に移ってから知り合った初老で家族持ちの人たちか川で行水中に覗きに来る得体のしれない連中以外知りません。 「千秋さんの言う漢って・・・アレでしょう? ギン勃ちみたいな」 千里さん、ほんの少しうろ覚えしているそれなりの言葉を並べ立て、爺様ではと水を向けてみたんですが、 「生きが良くなくちゃ漢じゃないでしょう」 と、この期に及んで贅沢とも取れるようなことを言われたんです。

 それでいて一度気やすく話してもらえたものだからやいのやいのと後をついて回ってせっつくんです。 「そんなこと言われたってこんな山の中にそうそう便利に使える漢なんていやしないわよ。 今日は諦めてちょうだい」 こう言い捨てると果樹園の施肥の準備にかかりました。 一本一本樹木の周囲に幅30センチ、長さ3メートル、腰ぐらいまでの深さの穴を機械を入れられないものだから手で掘るんです。 

 「へえ~ 最初見た時随分張った腰つきだなって思ったらこんなことやってたんだ」 「うん、そういうこと。 こうしないと毎年毎年同じように実を付けないからね」 男探しの相手なんかしてられないとばかりに穴を掘り始めた千里さん。 手持無沙汰の千秋さん、見ちゃおれないといやいやながら手伝い始めたんです。

 「ようようやってるじゃない」 ふと顔を上げると大塚家の亭主の隆宏さんが様子見がてら千里さんの尻を狙いに来たんです。

 「あの男何者? 随分なれなれしい口きくけど、いっちょ絞めたろか? ん?」 期待たがわぬ漢を見たからでしょうか千秋さん、目の色が輝き出したんです。 「ちょっと・・・やめてよ! あれはこの仕事をさせてもらってるおばあさんの息子さん」 千里さん、千秋さんを隆宏さんから遠ざけようとするんですがおばあさんや奥さんがいない間に千里さんの尻を狙いに来てるものですから前がこんもり盛り上がってるんです。

 「あのね千秋さん、あの人ああ見えて千秋さんより少なくとも10近く若いのよ。 無理無理絶対」 「わかってるわよ! 千里の尻を狙って誰も来ないこの山奥にわざわざ足を運んだっていうんでしょ?」 なら溜まってるんじゃないって言い始める始末。

 「ウチは知らないからそんなにやりたいんならふたりで勝手にハメまくったら」 千里さん、ぶっきらぼうにこ言い切りました。 すると千秋さん、待ってましたとばかりに隆宏さんに目顔で合図し彼が乗ってきた車の中に消えたんです。

 隆宏さんも隆宏さんで千秋さんを車に乗せるとものの50メートルも進まないうちに藪の中に車ごと消えました。 顔を合わせた瞬間から千秋さんは隆宏さんにチラチラ視線を飛ばしていましたので男ならずとも女が飢えてるってわかったみたいで藪の中に分け入り千里さんが見えなくなると早速にも千秋さんの太股に手を伸ばしスカートの上からクレバスをまさぐったんです。

 そうしておいて自身はベルトをゆるめファスナーを引き下げトランクスのゴム越しに逸物を取り出し彼女の前でひけらかし 「どうや、しゃぶりたいか」 千秋さんの気持ちを確かめに来たんです。

 コクリと頷き千秋さん 「あああああ・・・」 目の色変えて隆宏さんのチ〇ポにむしゃぶりつきました。 「これっ ウチがしゃぶってもいいんか!?」 喜色満面の顔でしゃぶり始めたんです。 「どう? 美味い? 久しぶりだったんでしょ?」 千里さんしか知らない筈のことを聞いて来たんです。

 「なんでそんなこと聞くの!? あんたまさか千里から・・・」 怯える千秋さんに 「なあにね。 簡単なことですよ」 彼女が母親を頼って働きに来たのは元女囚だからでしょ?と、こう来たんです。 「そういうあの人のところに訪ねて来た貴女はさしずめ出所したばかりの女囚」 千里さんがしゃべらずともお見通しと、こう付け加えたんです。

 「要するに普通のそこらへんの人妻さんじゃ相手にしてもらえないから千里を狙おうってんだ」 千秋さんがこう言い返すと 「はっはっは、正解。 彼女はあんたも知っての通り掘割当たりじゃ有名なんだ」 いつかはいつかはと狙うものの一向にチャンスが巡ってこなくて 「そこでウチのココにお世話になろうと?」 「そう、正解。 けど今は違う、仕事で漢断ちをごまかせる彼女じゃなくて飢え切ってるあんたの方が俺の好みさ」 こう付け加えると千秋さんの顔に垂れてしまった前髪を持ち上げ、顎を上げさせたついでに唇を奪いに行ったんです。

 千秋さんからの手コキを受けながらの口づけでした。 口づけが終わっても漢断ちが過ぎてしゃぶるのを止めない千秋さんを隆宏さんは後ろの席に誘いました。 運転席ではのしかかるのにハンドルが邪魔で具合が悪いから後ろの席で千秋さんの太股を広げようとしたんでしょう。 しゃぶられすぎてチ〇ポに絡みついた唾液を垂れ流しながら後ろの席に移動していったんです。

関連記事

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 同じ釜の飯出獄掘割ツルカックロ女囚男根精神安定剤飢え切って漢断ち

コメントの投稿

Secret

その他連絡事項

Shyrock様からバナーを頂きました。

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」バナー
相互リンク用バナーとしてお使いください
Size : 200 x 40



 Shyrock様からの投稿を読んでつくづく思います。

官能小説は様々あれどほぼほぼ現実にそう文体であり感心させられます。
 流れが良いんですよ。 目をつむっていても情景が浮かんでくるような気がするんです。

 知佳のブログの中で「美貌録」だけアクセスが伸びず対策にブロ友をと探し回りましたが現実の世界とはまるでそぐわない文章の羅列、あれを見る限りこのような文を愛読する人たちって余程世の中に対し不平不満を抱いてると思えて仕方がありません。

 しかもその手の小説の方が圧倒的に人気を博している当たり書く方としても考えさせられます。 一般小説を読む人と官能小説とでは計り知れないほど隔たりがあるんですね。

 探す方面と探す手法を考え直します。
プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは創作小説及び実話集がメインとなっています。

序文 (おおよそ500字) と本文で構成されていて「続きを読む」をクリックしていただくと本文を読むことが出来ます。

関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

カレンダー
04 | 2023/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

20代肉便器妻の性処理道具な日々

熟・変態女教師

恵子の妄想

セイカツ日記~夫婦の性活~

寝取られ体験談

手コキとフェラとM男と痴女 CFNM 痴女風俗探訪記

日々の妄想を形にして(SM小説)

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

これも愛なんだ
タグクラウド
文字をクリくすると関連記事が検索できます。

背徳行為 婚外恋愛 寝取られ 凌辱 人妻 覗き見 他人棒 浮気 レイプ 姦通 近親相姦 誘惑 W不倫 混浴 輪姦 未通女 きむすめ お風呂入り 中出し 悲恋 うぶな 花街結婚 旦那制度 有名女優 生ハメ 締め込み 母子姦通 寝取らせ 寝取り 妄想 告白 ワンナイト 不倫 欲情 足入れ 義理の母と子 他人妻 雇女 同一マンションに居住 珠子さん 夜伽 寛治さん 淫略 ゴルフ 自慰 母娘 娶わせ オナニー 隠居 騎乗位 モンペ 堤先生 生ハメ・中出し 義道さん 貸し出し 自慰行為 二股 出逢い系 四つん這い 夜這い 想い出づくり 嫉妬 交尾 ダンプ 敏江さん バイブ 乳首 野田原 美乳 電マ M字開脚 男鰥 旅籠 身を堕とし 嬲って憂さを晴らす 夫婦交換 新妻 シチリア 鬼畜 六十路 夜を鬻で 強制性交 自己陶酔に陥る 女囚 二股誘惑 ぶえん 痴辱恋愛 あえぎ声 下薬研 不貞 愛欲 須恵乃さん 同衾 プレゼント攻勢 仲居 クリトリス 乳房 躰の関係 舐め 保釈金 働き口 敏江 仮釈 栄養補給 口内炎 もてなし 痴女 クンニ 素人 フェラ 巨乳 バツイチ 絶頂 野外露出 AV女優 京都  浮気心 お下げ髪 母子家庭 ワレメ いじめ 夫婦生活 風呂 壁ドン妻 サカリ 張形 カーセックス 野外セックス 未亡人 お義母さん 寝取られ願望 生ハメ・生姦 ホンバン行為 ざわめき 育児放棄 月のものが止まった 浮気の代償 未開発 NTR 嫉妬と苛立ちを増幅 秘密の恋愛 チ〇ポとオ〇ンコの娶わせ 性的興奮 結婚 躊躇い 肉体労働 廃屋 炭焼き小屋 運搬自転車 ご無沙汰 下半身 屈曲位 失恋 荒勘さん イタリア 肉棒 男根   再逮捕 没収 過料 上乗せ 起訴内容に抵触 後背位 絞り上げ 竹箒 執行猶予 童貞破り みかじめ料 DNA なまめかしい声 鼻から抜けるような切ない声 甘ったるい声 大きな声 蜜壺 母子 北里新三郎  勃起 沙織 奈緒 健太 起訴 恍惚大河の波間 余韻 惠の美肉 月の半分も出勤させてもらえなくなり 膣内射精 面影はすっかり消え失せ 享楽に悶え 結合 車の窓拭きと給油 佳子 ガソリンスタンド もつれ合い 空き家 底辺の生活 うなじ  後れ毛の生え際 三所攻め 花弁 弁護士 保釈 電話では無理 拘置所に送致 拘留 行き先 ヨガリシル 鶏小屋 任意 逮捕状 犯罪者 参考人 拘置所 手錠 身体検査 便秘と下痢を繰り返す 犬の持つ雑菌 おなかの調子 痩せこけ 留置番号 痴情のもつれ 童貞狩り 一生着物に困らない 生涯裕福に暮らせる 惠のうなじ 背中を流し 女の男性への意識 迷信 とろけるような官能劇 下っ端 愛嬌で貢献 運ちゃん ほんの合間 寸止め 鯉こく 滑った 黒い茂み ぎゅっと掴み ふくれっ面 石鹸の泡 寝ていた子を起こし 手間賃仕事 履歴書が無くても雇ってもらえた 給料が安い 外回りの掃除 清掃 撫でる 素手 放し飼い 古米 チャボ 卵かけご飯 ウナギ 飼料 イタチ 背中を流して 背中に頬を寄せ トリサシダニ 羽虫 零細 女日照り 理想的な肉付き 熟しきった千里さん 代償を躰で払わせ  越えてくる もう一度会いたい 夫のある身 衣笠 金閣寺 惠が道案内人 国道176号線 割り切り 坂道 ラフな格好 きれいになり始めていた 淫行を繰り返し 妻が外の男に恋し 躰が目的 純真な気持ち 立ちしバック 胎内に射出 自転車 人が変わった 立て替え払い 望み通りの景色 いっしょにいられる うなじのほくろ 愚鈍 ワンギリ 不細工 野太い 秘密裏に延々と 自撮り画像 別れを覚悟し 下足番 敷居が高く 料亭 惠に導かれ 3高を望み 出逢い系に登録 自転車通勤 躰は逞しくなって 数倍キツイ 農婦 優越感 競輪選手張り 男日照り 失恋を癒す イケイケ 肌が水を弾く 行水 男にモテたい おんなじ想い セメント 山川運送 眩暈 深い眠り 蝋燭 社長夫人 男と女の関係 バック 正常位 愛することに没頭 夜明け ポリ缶 水道 安達義道 コンテナ船 ミキサー車 コンクリート製造工場 ダム セメント袋 背徳 ガス 電気 生活物品 DIY 松葉くずし 上半身を前屈させ 手塚治虫記念館 和服姿の麗人 宝塚 男根を与え しゃぶり 熱い視線 良家の若奥様 1階の喫茶室 宝塚ホテル 至福のひととき おかかえの運転手 見舞金 農作業を手伝った 暗澹たるもの 裏目に出て 反抗的な態度 終焉 愛の小夜曲 仮釈の費用 握りつぶし ギックリ腰 規格外の野菜 季節労働 請求 心までも丸裸 最低限の生活 艶やかな太腿 屹立を咥え込む ハーモニカを演奏 モリマン Vゾーン 谷間の湿地帯 切ない声 声を荒げ喘ぎ 肉厚な花弁 谷間の蜜 菊門いじり 舌が小躍り ハイレッグ 下着が透けて見える 交尾の気持ちよさ 五十路の女将 妄想が湧き起る 先生の股間の具合を診て 口移しで飲ませ 部屋中に淫臭が立ち込め 肉胴を握りしめ口淫を繰り返し ジャージ 真紀さん 阿部先生 若いエネルギーが胎内を駆け巡る 一日二食 懐石風 シーツをかきむしって 快感の波 瑞々しい水蜜桃のような尻 朝露に濡れた茎 獲物を捕獲した動物 猛暑 エアコンが無い 暑さをしのげる工夫 下痢 栄養不足 自然風すら通らない 激しく律動 ギュッと締めつけ 独りで用意から片付けまでこなし 足手まとい 飯場を思わせる食堂 下働き 見た目だけの食材 造園 風呂焚き うめき声がこぼれ 欲望に燃え滾る肉棒 結合のとき 美月ちゃんの遊び相手 マムシの粉末 薬種問屋の女将 女体に生息する軟体動物 秘孔 熱い粘膜 陰裂 宮内司 裕太 屹立 押し込め 忌まわし気な役目 物置小屋 幹本体に唇を這わせ 出産 美月 酒席のとりもち 空洞 穿いて ショーツ 和服姿 下穿き 鎖骨 乳房の谷間 人夫 汽車 藤乃湯旅館 千里 飛び石を伝って忍んでいく 観光街の人々 中山峠 躰を重ねる 夜な夜な忍んで 禁欲 肢体に惹き寄せられ 杉山家 頬を染め 乳房の感触 恥毛から水滴を滴らせ 愛おしく感じ 真剣なまなざし 須恵乃 比葡の里 布団は枕元に丸めて置いとく 今宵の漢 薪で風呂と焚いてる 盛りきりの食事 雇女を買う 流れに沿って 理解しやすい 人妻の自慰行為を披露 雑木林の中で カテゴリを選択 古い順に表示 川遊び 冷感ひんやりマット 甘噛み 上半身を反り返らせ 指を唇に宛がい 激しく悶え 身体を弓なりに反り返らせ 腰がわなわなと震え 意味不明な言葉を口走り 瞬く間に水泡に帰す 正義感に満ちた発言 心の動き 四肢を硬直 ヒィヒィと喘いで シーツをかきむしり 行為を終えた妻をその場で甚振る 不具者 DNA鑑定 我慢して待つ 愛されたい 睨み合い 貞淑 胤の受け渡し 他人棒に苦悶する姿 太腿を割る 男に躰の芯まで慰められ 寝盗られ妄想 投げやりな言葉の羅列 最初は煙たがられ 鉈を奮って襲い掛かって 薬を打たれつつ行為に及んで 順番に組み入れてもらえない男 熾烈な争い 周囲に群がる 進さん 親戚縁者 土建会社の専務にのし上がり 土砂の搬出 大規模な埋め立て工事 住み込んで労働 彼女目的の野郎ども 小さな諍い ヒノキ 芳香 誘ってくれた今宵の男 面倒見の良いだけの男 終いには諦め 森林 効能 女の心 小指と小指 生まれた時から 運命的な出会い 機嫌を損ね 抱き癖 艶かしく腰を振り 後方にのけぞるような姿 か細い腰 愛らしい花芯 胸元の汗をぬぐって 変わった様子 言い逃れ 天然木の玄関 泣き暮らす 貧困と差別 不都合 嬉しいこといわはる えらい汗 高利貸 長嶋時雄 加納莞爾 地権争い 総菜 不良債権 自給自足が精一杯 裕太はん 惠の締めつけ 惠の騎乗位 土地を二重三重に抵当 膨満感に悩まされ 寝るに寝られない 土地を守って来た代償 肩代わりして耕す 物乞いと見せかけ 夜逃げ 左官屋 約束を取り付け 多頭飼い 大声を張り上げ 騒いだ 拗ね 溺愛 豊里屋 盗人猛々しい 結合の歓び じわり 円を描くように腰を旋回させ 甘い吐息 怖い夢 意味不明な言葉 うわごと 恥ずかしがって 上体を前屈させ 腰のピッチ あわただしく 溜まった土砂を竹箒で道の脇に掃き出さなければなけれ 薄い掛布団 義理の息子さん 湯船の中 連れ子 愛人の写真 仏壇に飾る 彼のモノ 淫らな想像 吸われ方 俊介のペニス 愛しさが募って 弓なりに反り返って 顔がカーッと熱く 独り暮らし 縄張り 押し倒し すごく激しい 乱暴 キスの雨 罵られる 痛い 両足を開かせて 数を増し書く 売掛帳簿 すけべなイヴ 剥き出しにし 気持ちが昂ぶって 硬いモノ 湯殿 丸見え 汗まみれ 後家さん 山姥  魅せつけ 夫の遺影 尻を高々と掲げ 腰巻 ベロチュー 傷痍軍人の妻 閨の相手 輪姦貸し出し 児童福祉 男根の斡旋 屋外露出 一途な想い 未成年との性行為 強請恐喝 男根願望 寝取り寝取られ 淫行の事例 補導員 白昼堂々と 自撮り画像を送付 シモの処理 安達家 上納金 シモの処理を専門 竿師 くぱー 媚び 十字架 復活祭 キリスト クレモナ したくてたまらない 好色な男 女同士の感 嗅ぎ分け 嫁の篤子さん 懇願 肉球 最上の楽しみ 除け者 母子は躰を重ね 息子さん  耳を塞ぎ パスクァの卵 チョコレート 処女性を見出し 母性を擽る女陰 搗きたてのお餅 道ならぬ恋 叶わない夢 独り身の男 強引に迫る人妻 パンチラ ルート営業 不貞を働く 抱いてほしい 不潔 息子が母を犯す 指輪 肥担桶 ダイアモンド 割れ目 ハンマー 切り立った崖 未開の地 人妻を転がし 野でひる マスヱさん 益一さん 女性ドライバー ワリキリ 疼き狂うオ〇ンコ 借財のカタ 禁断の愛 所詮オンナ 感情をコントロール 淫売行為 乱暴に扱われ 湯気が立ち上る屹立 観音様を拝んだ 反り返った肉胴 目は宙を仰ぎ 焼け火箸を突っ込まれ 都合の良い女 サカリが付いた しょうがない子 目を閉じて 年の離れた 膨らみに誘導 ブラを外しにかかり 臭いを嗅ぎ 凌辱貫通 誑かされ 肉便器 穢多の胤 媚薬 汗が飛び散り 性の乱れを正し 男根を拝み奉る 媚態 寝バック後背位 しがみつき 棹への締め込み 引き抜き挿し込み 経産婦 10代のチ〇ポ 性欲処理 後悔の念 如何わしい行為 つかみあい 厭らしいこと オトコ日照り セフレ探し 野外性交 生ハメ・ぶっかけ 背面騎乗位 まぐわう 下剋上 魅入られ 絡み合い 愛舐め 屋外 情事に備えたクンニ なんかの見過ぎ やり玉 悩み 離婚 しゃがんだ 肥え壺 若い方 10代 天然 ムラムラ 息子 刺激を求め 付き従う 文盲 ムズ痒さ 猿轡 山芋 写メ まぐわい 大量の脂汗 身体の火照り 男勝り 酒と女 異物 屈服 婚期 性衝動 妄想に駆り立てられ 嫉妬に駆られ 梅雨 初夏 足抜け 胤を搾り取る サカリの付いた母 エプロンの隙間 舐め口撃 童貞 未発達 恋文 逃避行 意識し始め チラチラ魅せ 惚れ 過剰 口説 背徳に次ぐ背徳 沮喪 富山 京都駅 夜汽車 落涙 肉襞を割り 男と関係を持ち 官能の炎 ビキニブラ 甘い誘惑 愛撫 恋の傷 ビキニパンティ ピッチピチ 逸物 扱き 反り返った 全裸 股間 太股 超ミニ 呟いて まかない飯 ワレメ鑑賞 触られ 喝を入れる あらぬ勘違い 戸惑 勝負 捕まえ 抱きかかえ 気遣い 咥え 大人のおもちゃ 漢断ち 人妻特有 飢え切って 精神安定剤 カックロ 背徳願望 気配を殺し 悪事と知りつつ快感に浸る 睨み据えながらの結合 反り返る 快楽を貪る ツル 掘割 パンティ 内股 牝の淫臭 母性を呼び覚まし 夫が脇で寝て 性感帯 スリット 出獄 同じ釜の飯 ひだ 粘膜 気持ち良かった 後輩 ギャンブル 逆ナン 出逢い系喫茶 ありふれた言葉 ささやき 売春宿 義母 出逢い 素人人妻 横恋慕 裏切り 心地よい京言葉 はばかりさん 淫裂の味 他人棒という凶器 躰目当て 熟れた躰 上座に座る 意表を突く 質問を浴びせ かんにんしとくれやす 契約行為 ひとつ屋根の下 愛する者同士 旦那 物足りなさ 詫びる気持ち 腹部が波打ち 吹っ切れた 真剣な眼差し 媚を売り 期待感 甘美な夜 羞恥の極み 密通 不義 不倫旅行 旦那への想い 一瞬 邂逅 出会い 茶会 全身欲情しきり 勿体無い 誠意 一夜 名残 儀礼的 刹那の瞬間 真心 シクスナイン すする ファンデーション 追っかけ 化粧 メール デート 格段に強くなり 心の奥底 股に何か挟まった パンツを履く習慣 甘美な想い 天を舞う 上手に口説かれ 位置合わせ 振り払い 競い合って 異性を求め 後継者不足 世間に疎い 大塚家 その意志 神経質 娘に乗り換え 連れ子の女性器 義母に欲情 違う女性器 素知らぬ顔で よそ様の胤 胸をよぎった プレゼント 真横に腰を掛けた ラッピング 別れた人 別れた女 貞三郎さん お潮 野でひった 恋焦がれ 冨子さん 激しく脈を打って 胸の鼓動 日照時間 嫁の来てが無い 僻地 入谷村 火が燃え盛って 悲しい習慣 他人棒の胤 すっぴん 久しぶりに会う 忌しき淫習 淫交 篤子 千秋 自慢 男と逢瀬を重ね 二股不倫 巨根 硬いポール 優秀な男 男を惹き付け カッチカチ だらしがない くぐり戸 発情 アヴァンティ 鬱積した霧 大きく割って デリ フランクフルト トランクス アソコ ソープ 袋綴じ 踊り子 愛憫の情 恋慕の情 雑誌の切れ端 出所 飢え 肌と肌を重ね Sicily 街角のカフェ セックス 快楽 Italy 辺鄙な 隆宏 源蔵 跡取り 農場 蜜月 看護師 刺激的 恋を成就 足元を掬われた マンキツ 肉塊 野望 有利に働く 誰かに奪われ 自分専用 取り除き 芽生える時期 桐箪笥 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
知佳の美貌録(総合)
Japanesewife.com
QRコード
QR
参加ランキング
知佳が参加しているランキングです
人気ブログランキング
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
328位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
20位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogの中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
おすすめ官能小説
18禁官能小説集です。
にほんブログ村
「Japanese-wifeblog」にて登録

クリックして頂くとJapanese-wifeblogにカウントとして反映されます。
小説家になろう
「父親の面影を追い求め」などを投稿中
小説家になろう

知佳のジャンルは背徳行為、突き抜けるような婚外恋愛の、あの感覚をお楽しみください。
小説家になろう