FC2ブログ

『農家に嫁いだ女 若妻の旬』 美咲の場合

農家に嫁いだ女 若妻の旬 志多留を訪問した翌日、美咲は再び翔太の元を訪れた。 曇り空の下、彼は黙々と仁田特有の畑の土と戦っていた。 美咲は翔太に声をかけ、Tシャツとジーンズ姿のまま畑の中へと入っていった。

 「また手伝わせんね、草取りでも肥料撒きでん、なんでんすっとばい」
微笑む美咲に、翔太も笑みを返した。

 「農作業って、案外面白かじゃろう」
額に浮かぶ汗を腕で拭い、翔太が訊く。
「うん。 楽しか! 土ば弄るとが、こがん気持ちん良いことやとは知らんじゃったわ。 それに躰ば動かしとーと、つまらんことも忘れてしまうし」
美咲はそう言って、目を大きく瞬かせた。 翔太が口にしてくれように、鰐浦のコヤで行われた忌まわしい過去に怯えるなんて、志多留をそんな目で見てただなんて、今の翔太には似つかわしくない、お嫁に行くために是が非でも忘れたかった。

 広い畑の中でふたりは草取りに精出した。
「もう少ししたら収穫や。 うまかとが取るるごとある」
何やらコロボックルに似た葉の農産物を指して翔太が微笑む。 土の中で育っているであろうその植物を想像すると、美咲はなんだか嬉しくなった。 翔太が育てたその何とやらを早く食べたくなった。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『人妻あや 悪夢の別荘地』 第14話 望まぬ絶頂 Shyrock作

人妻あや 悪夢の別荘地 image

「あやさん、もう少し身体をずらそうか。ずっぽりと食い込んでいるところをしっかりと旦那に見てもらわなきゃいけないからな~」

 笠原はそう告げると自身がふんぞり返り、自ずとあやは身体がずれて、結合部がよりはっきりと俊介の目に入った。

「お願い……主人には見せないで!」
「旦那以外の男にオマンコされている場面を見られるのがそんなに恥ずかしいものか?女って?」
「もう許して~!いやぁ~~~!」

 返事をしないあやの代わりに百合がつぶやく。

「私だったら別に恥ずかしくなんかないけどね。それだけあやさんはお淑やかなのね」
「おまえとは育ちが違うのさ。がはははは~」
「ふん、余計なお世話よ」

 談笑しながらもしっかりと腰を動かす笠原は、百合に驚くべき提案をした。

「百合、俺たちの向かい側で旦那とやんなよ」
「そうね。あやさんの喘ぐ姿を見て私もムラムラしちゃったし。でも旦那さん、さっき一回放出しちゃったから起つかな?」

 百合は後手に縛られて横たわっている俊介のスラックスを再びずり下ろした。

「きゃっ、もう元気になってるじゃん!二人のセックスを見せつけられて興奮したのね?奥さんが知らない男に抱かれるところを見て興奮するって、旦那さん、もしかして変態じゃない?」

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 夫面前凌辱

鰐浦峠を下って港に向かう道すがら、無数のコヤがあった

鰐浦峠を下る 島の子は往々にして幼い頃、コヤと呼ばれる倉庫群やベエと呼ばれる作業広場で追っかけっこやかくれんぼをして遊ぶ。 それほど面白いとは思わないが、かと言ってつまらないとも思わなかった。 遊びはそれしかない以上、そういったことが当たり前と思いつつ大きくなった。

 そのようにして育った子らが思春期を迎えるころになると、近所の男どもはそのコヤに悪さをするため連れ込もうとし始める。 狭い地区のこと、大人がそうやってみせたので、その子らもそうそう疑問を抱くとか抵抗を試みるとかしない。 そうやって大人にさせられるとそのうち本土から来た男の人に声を掛けられるようになった。 一緒に遊んだ男の子はそうでもないのに、なぜか女の子に限って一段も二段も高みの大人の社会を垣間見させられることになる。

 急に優しくされ、親切丁寧に扱われるようになったことで自分は大人社会にとって、いや、地区にとって大切な人なんじゃないかと、勘違いするようになる。 和江はともかく、幾世も美咲もその延長線上で更なる男を咥え込むことになる。 コヤの中で乾燥させた海藻を布団代わりに、次々と男にのしかかられると、当初思ってたほど辛くはなく、むしろ天に上るような心地にさせられ、いつしか快楽目的で漢を迎え入れるようになっていった。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『人妻あや 悪夢の別荘地』 第13話 初めての三所攻め Shyrock作

人妻あや 悪夢の別荘地 image

「お、お願いだ……もうやめてくれ!」
「俺は味がどうかと聞いているんだ。質問にちゃんと答えろ!」

 百合が会話に参加してきた。

「だ~いじな奥サマの蜜なんだから旦那サマにとって蜂蜜よりも甘いに決まってるじゃん」
「そうか。野暮な質問だったかな」
「それはそうとガムテープを外すと、旦那さんやっぱりうるさいからもう一度貼ってあげるわ」
「や、やめろ!口を塞がないでくれ!」

 百合は俊介の口元に再度ガムテープを貼ってしまった。

「うぐっうぐっ……」
 
 笠原は再びあやの股間に潜り込み、わざと聞こえよがしに音を立てて陰裂を舐めまくる。

「いやぁ……もう許してぇ……」

 あやの股間から聞こえてくるビチャビチャと言う淫靡な水音に、俊介は耳を塞ぎたかったが腕を縛られているためそれができず歯痒さと口惜しさを滲ませている。
 一方俊介とは対照的に、あやの陰裂に舌を這わせる笠原の股間はいつの間にか大きく盛り上がっていた。
 昂ってきた笠原が百合に懇願する。

「百合……しゃぶってくれないか」
「構わないけど私の口の中で行かないでね。せっかくなんだあやさんの中に出してあげてね」

 百合の言葉にあやは即座に反応する。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 夫面前凌辱三所攻め

『トマトを選別する女』 になりたがる美咲

トマトを選別する女 翌日は久しぶりに晴れ、雨で鬱屈していた美咲も気分が和んだ。 民宿で美咲をこんな目に合わせた幾世の例の黒い噂を、比田勝を発ち美津島に帰るという人から聞き及んだ。 

 新たな恋人ができた幾世に姉が嫉妬し、当てつけに自分ですら持て余し気味だった漢を、夫の目をそらすため宛がい、その仲を引き裂こうとし、こともあろうに幾世が堕とされ懇願が始まるまで通いつめ見張ったというくだりだ。

 (あの姉も可哀そうな人……)
幾世さえ生まれてこなければ、生涯何も知らないまま平穏無事でいられたろうにと思うにつけ、また海栗島での記憶が蘇った。 こんなことを訊いた後は、素直に翔太に会いに行きたいと思えた。 また農道に佇み、仕事に精出す彼を見つめていたいと思った。

 大雨が降った翌日の畑はそこもここもぬかるんでいた。 お百姓さんにしてみれば手入れが大変そうだ。 美咲は翔太を目で追った。 美咲の存在に気付いた翔太が泥まみれになった手を大きく振った。

 美咲は林田のことを良く知ってる。 思い切って声を掛けたらいとも簡単になびいてくれる。 そう踏んでか、夕闇迫る車庫から道行く自分に声をかけてくれたことがある。
(…あれはたまたまMの真っ最中だったから……・)

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『人妻あや 悪夢の別荘地』 第12話 あやの蜜はどんな味 Shyrock作

人妻あや 悪夢の別荘地 image

 口元をティッシュで拭っている百合に、笠原が尋ねた。

「何も飲まなくてもいいんじゃねぇか?」
「真司、もしかして妬いてるの?」
「ふっ、冗談はやめろよ。それより味はどうだ?」
「男はみんな同じ。苦いだけよ」
「百合が旦那にフェラしている最中、あやさんが恐い顔をして睨んでいたぜ」
「そうだったの?あやさん、ごめんね。旦那さんの貴重なザーメンを吸い取っちゃって。それにしても旦那さん、私のフェラであんなに興奮するとは思わなかったわ。気真面目そうなのに意外ねぇ」

 百合はあやの嫉妬を搔き立てようとして生々しく語る。
 しかしあやは嫉妬するよりも、あやを嫉妬させようとわざとらしくつぶやく百合を軽蔑した。
 心理学的にも、男は女の性的な浮気に激しい嫉妬心を抱き、女は男の精神的な浮気に嫉妬心を抱く傾向があるので、あやが百合の愛情のない強引なフェラチオにさほど嫉妬しなかったことも納得できる。
 あやは顔を背けたままで百合の方を見なかった。
 百合は意地悪な笑みを浮かべた。

「あら、あやさん、私を無視するの?ふ~ん、別にいいけどさ。旦那さんのザーメンを飲んじゃったからお返しをしてあげないとだめね」
「お返し……?」
「真司が私の代わりにあやさんの蜜を吸ってあげて」

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 夫面前凌辱

薄明りの部屋で掛かってこない電話を、ひたすら待つ女

薄明りの部屋で掛かってこない電話を、ひたすら待つ女 幾世はそれはそれは大切に育てられていた。 義理の姉も大切に育てられてはいたが、それも幾世が生まれるまでのわずかの期間。 幾世が生まれると、遠い親戚筋に当たる鰐浦へ養女に出されてしまった。 したがって義理の姉が嫁ぐきっかけとなったのが、養女に貰われた先でその家の主がまず手を付け、そののち年嵩の順番で手を付け、貧乏くじを引いた現主人が嫁にした。

 それと比べ幾世は、例えばこの辺りではまだ貴重だった固定電話を幾世個人の部屋に置いたほどだ。 欲しいものは、どんなに苦労してでも本土に父親が出向き、買って来たほどだ。 幾世だだから、年頃になると男達と連絡を取るのにこれを利用した。

 「もしもし、幾世ちゃん? ごめんね、待った?」
「ううん……ちっとも待っとらんとよ……ごめんね、玄関は寒かろうもん……」
 
 浜田も、部隊の玄関に据えてある赤電話が空くのを待って、幾世に連絡を取った。 浜田が当直に聞こえないよう受話器の口を押さえるようにし、床にしゃがみ込んで電話を掛ければ幾世も、部屋の戸を閉め切って小声でこれに応じた。

 「平気だよ……外套着込んできたから……」
「ほんなごて……ウチが温めてあげんば良かとね……」

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『人妻あや 悪夢の別荘地』 第11話 屈辱のツーペア Shyrock作

人妻あや 悪夢の別荘地 image

「きゃっ!旦那さんのアレ、もう大きくなってるじゃん!」
「愛妻があえぐ姿を見て興奮したんじゃねぇか?」
「愛しの奥さまが他人に責められるのを見るってどんな気分?ねぇ、旦那さま、教えて?」
「んぐぐ……」
「聞くのは野暮だぜ。こんなに大きくしてるってことはやる気満々に決まってるじゃねぇか。でも悪いが今日はお預けだぜ。代わりに俺が奥さんをたっぷり可愛がってやっから楽しみにしてな」
「んぐぐぐ!」
「旦那さんをあんまり嫉妬させちゃ可哀想じゃん」
「じゃあいっそお前が旦那を可愛がってやったらどうだ?」
「うん、それいいね!私が奥さんの代わりに旦那さんを慰めてあげるよ」
「ふんぐ、ふんぐ!」

 百合はちらりとあやに目をやりながら俊介の肉棒に手を伸ばした。

「結構立派なものを持ってるじゃないの。いつもこれであやさんを泣かせてるのね?」
「……」

 俊介が百合を睨みつけた。

「声が出せなくても返事ぐらいできるはずよね?」

 百合が肉棒に爪を立てると俊介の表情が歪んだ。
 百合のサディスティックな一面が垣間見える。

「うぐぐ……」

 俊介は仕方なく首を縦に振る。

「そうそう、質問にはちゃんと返事しなくちゃね。無視はダメだからね」

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 夫面前凌辱

弱い立場の自衛官に付け入る新任女教師

新任女教師の淫らな振る舞い 若松は3年満期のお金とわずかばかりの貯蓄を注ぎ込んでカローラレビンを買った。 それに加え同期で同郷の田所と下宿を借りた。 お酒は全く口にしないが給与はそれほどもらっていないのでいつも空っ穴。 仕方なく購入したばかりの車を学校の敷地内に無断駐車していた。 事務局から常に苦情を言われていた。

 もうひとつの趣味がアマチュア無線。 
「CQCQ CQ2メーターバンド」
暇さえあれば遠方にいる同じ趣味を持つ仲間に呼びかけていた。 ピカピカの新車にアマチュア無線、それにどちらかというと可愛らしい顔立ち。 学校内に無断駐車を繰り返す常習犯。 楽しいことのひとつとしてないこの島へ赴任してきた新米教師にとって若松は格好の餌食となった。

 教師という職業は早出残業が当たり前と言われる職業のはずなのに、若松が休みで下宿に帰って来ると、どこからともなく現れ彼の部屋に入り浸る。 相部屋の田所を邪魔者扱いし部屋から追い出すなんてことは日常茶飯事だった。

 しかもふたり組で現れるものだから若松もたじたじになる。 彼女らの気が向けば対馬の南端にある厳原へケーキを買いに行きたいなどと当たり前のように要求してくる。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『人妻あや 悪夢の別荘地』 第10話 上の口と下の口 Shyrock作

人妻あや 悪夢の別荘地 image

「紫色の長ナスがグチョグチョと音を立てて喰いこむ景色って最高にいやらしいな~。百合、記念に写真撮ってやりな」
「うふ、ナスの填め撮りなんて滅多に撮れないものね」

 百合はカメラアプリを起動させあやにレンズを向けた。

「やめて!撮らないで!」
「遠慮しないで~。あやさんのエロい表情もしっかりと撮ってあげるからね~。あはは」
「いやぁ~~~!」

 真司が手を忙しく動かせているところをオートフォーカスで連写する。

「きゃっ、真司の股間、もうギンギンじゃないの!?」
「こんなきれいな人妻さんにナスをぶち込んでおいて、興奮するなって言う方が無理じゃねぇか?」
「それもそうね。じゃあ真司のデカチンぼちぼち入れてあげたら?」
「いや、物には順番ってものがあるからな」
「順番?」
「まずはしっかり咥えてもらおうか」

 笠原の股間は大きくテントを張っている。
 長ナスをあやに押し込んだまま、笠原はベルトを緩めさっさとファスナーを下ろした。
 すると怒張しビクンビクンと脈打つ巨大な肉棒がボロンとあらわになった。
 あやはその大きさに自分の目を疑った。

「うそ……」

 俊介も決して小さい方ではないが、笠原のそれはは俊介の大きさを遥かに超えていた。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 夫面前凌辱

排卵誘発剤で予期せぬ肥満に

排卵誘発剤で予期せぬ肥満に 美咲が仁田に移り住んで、恋路の予感に浮足立っていた丁度そこ頃、彼女を上手く排除したはずの泉の幾世は排卵誘発剤による予期せぬ肥満に悩まされていた。

 彼女の母も五十路の声が聞こえ始めた年齢になって初めての子を孕んでいたものだから、その血を引いた彼女も二股三股であっても孕むことなど無く、ましてやその心配など皆無のまま行為を続けたにもかかわらず、表面上処女を装ってきた。

 ところが鰐浦を起点に広まった近親相姦だの不倫だのという問題で、我が身の安全第一を考慮した高橋が部隊を去ると、彼の後輩でもある林田は今度こそ幾世を盗られまいと本腰を入れ事実関係作りに奔走し義理の兄や姉、親にまでテコ入れを迫るようになっていった。 わけても、幾世の父が不治の病で他界すると、子孫繁栄を願う義理の姉はこれ幸いと義理の妹の幾世に排卵誘発剤の処方を迫るようになる。 婚前であるにもかかわらず、林田は泊まり込みで関係を重ね幾世にやいのやいのと受胎を迫っていたからだ。

 地元病院の処方では効果が得られなかったとみるや林田は、己もそうなら幾世にも体調不良を理由に長期休暇を取らせ部隊の目が届かない本土に連れ出しどこやらの病院に連れ込んだ。 院内で人工授精のようなことまでやりつつ、ついに結果を出し、意気揚々島に帰って来た。

 入院だか通院だか知らないが、結果が出て帰郷となったものだから幾世は、これまでのように関係は持っても義兄の親しい人とシラを切るわけにはいかず、さりとて自分もそれなりに楽しんだからには犯されたとも言えず、半ば強引に籍を入れさせられる。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『人妻あや 悪夢の別荘地』 第9話 紫のディルド Shyrock作

人妻あや 悪夢の別荘地 image

 笠原は長ナスを見せつけた。
 長ナスはふつうのナスよりも長くて細い。細いとは言ってもキュウリよりも太く直径は優に五センチはある。
 不気味に黒光りしたナスを目前にしたあやの表情がこわばった。

「さあ、こんどはこれで楽しませてやるぜ」
「そんなの無理です!」
「無理だと?男の物よりちょいと太いだけじゃねぇか。毎晩旦那の物を食らってるくせによく言うぜ」
「そんなことしてません……」
「つべこべ言わずさっさと尻を上げろ!」
「真司?今度はあやさんのイイ顔を旦那さんに見せてあげたらどうかな?」
「そうだな。あやさんのバックばかリ見せつけられちゃ飽きるからな。今度は旦那の方を向いて股をおっぴろげて座ってもらおうか」
「そんなことできません」
「させてやるよ!」

 笠原はあやの背後に回り込み太股を平手でピシャリと叩いた。

「足を開け」

 あやは膝をぴったりと閉じ合わせたまま開こうとしない。

「開かねぇなら俺が広げてやるぜ」

 笠原はあやの太股の内側に自身の長い足をこじ入れ無理やり押し広げた。
 むっちりとした太股が大きく広げられ、三人の視線が一斉に無毛の秘所に注がれた。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 夫面前凌辱

秘かに島内に帰ってきていた美咲

秘かに島内に帰ってきていた美咲 美咲は逃げるように小倉に渡り、以前の職業に就こうとし勤め先を探したが、生まれ育った対馬や給与班のことが忘れられず、さりとて行き場がなくターミナル付近を彷徨っていた。

 丁度そこに用事を終えこれから対馬に帰ろうとしていた仁田の翔太と出くわした。 小倉に向かう船で一緒に6時間近く過ごしていて、同じ島出身ということもあり、すぐに仲良くなった。

 美咲は何故かひとりでに足が動き、翔太の後を追っていた。 漁民として暮らすのが嫌だと言った美咲に翔太は、それなら農民として生きてゆくのはどうかと提案してくれていたのだ。

 幸いなことに仁田には民宿も何軒かある。 翔太となら或いはと、美咲は思い切って彼に連れられまた、対馬へと引き返した。 比田勝に着くと誰にも見られないよう翔太の背中に隠れるようにしながら仁田行きのバスに乗った。

 民宿で午前中は躰を休め、午後になるとふらりと翔太の畑を訪れた。 彼のことが心のどこかに引っかかっていたからだろう。

 翔太は福岡に出向き、学んで来た技術をもとに畑の土と戦っていた。 薄紫色に咲いているのはジャガイモの花だろうか。 美咲は翔太を呼ぶこともなく、農道に佇んで翔太の働く様子を眺めていた。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『人妻あや 悪夢の別荘地』 第8話 緑のディルド Shyrock作

人妻あや 悪夢の別荘地 image

 口にガムテープを貼られ後手縛りにされた俊介が、笠原に追い立てられてあやたちの傍にやって来た。

「あやさん、愛しの旦那さまを連れてきてやったぜ」
「あなた、こっちを見ないで!」
「んぐぐぐっ……!」
「まあそう言わず、恥ずかしい姿をじっくりと見てもらいな」
「旦那は毎晩見てるから、もう見飽きてるんじゃないかな?」
「がははは~、それもそうだな。だけど愛妻が他人にいたぶられる姿って滅多に見られるものじゃねぇよ。しっかりと目に焼き付けときな」

 笠原は残酷な宣言をした。

「百合、どうだ。濡れて来たか?」
「そうね。あやさんってかなり敏感なようで、毛先が大陰唇にちょっと触れるだけで身体をビクンとさせてるわ。それに微かだけど割れ目からよだれを垂らしているしね。あはは」
「どれどれ?」

 笠原はわざとあやの臀部に顔を近づけじっくりと覗き込んだ。

「うんうん、確かに濡れてるな。本当ならこの蜜を旦那が美味そうに啜って、あやさんはヒィヒィ言わされてたんだろうが、俺たちが邪魔してしまったからな~。悪いことをしちまったなあ」
「私たちがその埋め合わせをしてあげれば丸く収まるんじゃないの?」

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 夫面前凌辱

過去の過ちを認めようとしない者たち

 最初は地区にとっても部隊にとっても取るに足らないような事件だった。 美咲が、とある男性隊員によって弄ばれ、捨てられ自暴自棄になり出勤してこなくなったのだ。 噂を聞きつけた時、本来ならばその隊員を呼び寄せ事実確認を行い、本人が口にしたことが事実なら厳罰に処すべきだった。

 ところが、部隊は恥ずべき事実をひた隠し、むしろ被害者であるはずの美咲を罵ったのだ。 そんな隊員であっても失いたくなかったからだろうが、給与班は困り果てた。 末席の班であっても人員不足は深刻だったのだ。 応募に名乗りを上げさえすれば家庭の事情など深く追求せず雇うやり方をしてきたものを、この時ばかりは人事自ら自宅に出向き呼び戻したのだ。

 戻ってはくれたものの、彼女はすっかり変わってしまっていた。 戻った理由は捨ててくれた隊員を退職に追い込むためだった。 彼女は事実を、鰐浦とはこういう地区であるとそのまま述べたのだ。

 そのことをひた隠しに隠し、訓練に励んでいた隊員がいた。 宮原、その人だ。 彼は優秀な隊員であるばかりか、優秀なランナーだった。 唯一、彼が心の奥底にしまっていたのも、それが近親結婚による出生。 彼の体内には美咲と同じ、忌まわしい血が流れていのだ。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『人妻あや 悪夢の別荘地』 第7話 あやとフェイスブラシ Shyrock作

人妻あや 悪夢の別荘地 image

「いたいっ……乱暴しないでください……」
「乳首をつねられたぐらいでたいそうね。本当の乱暴ってどんなものか教えてあげようか?」
「やめろ!あやに酷いことをするのはやめろ!」
「あんたの旦那、うるさいね」
「代わりに俺を殴ればいい!あやには指一本手を出さないでくれ!」

 後手縛りされている俊介がその不自由な身体を揺すって、百合に哀訴を繰り返すのだった。

「まあ、素晴らしい夫婦愛ね。あやさん、旦那さんに愛されて幸せね」
「百合、旦那を静かにさせろ。口にガムテープを貼ってやれ」
「分かったわ。あやさん、ガムテープどこにあるかな?」

 百合はあやからガムテープの収納場所を聞き出し、俊介の口にべったりと貼り付けた。

「これで少しは静かになったかな。さあ、あやさん、早く四つん這いになって」
「……」
「私の声が聞こえないの?犬みたいになるのよ!」

 あやは百合の催促についに観念したのか、頬を赤く染めながら四つ這いになった。
 男物のシャツなので丈は長いが秘所を隠すには及ばない。
 それでも……

「シャツが邪魔だな」

 笠原はそうつぶやきながらシャツの裾をまくり上げてしまった。
 臀部を覆うものはすっかりなくなり、秘所にとどまらず肛門までが笠原たちの目に晒された。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 夫面前凌辱

海栗島の食堂でアルバイトに励む美咲

海栗島の食堂でアルバイトに励む美咲 「うわ~、今日もいい天気」
鰐浦湾を見下ろす絶景の地に建てられた海栗島の隊舎の食堂は湾に向かって全面ガラス張りになっていて、窓の外に出て海を眺めることが出来る狭いながらも空き地が設けられている。 美咲は忙しい作業の合間を縫ってはここに出て、隠れるようにしてタバコを吸っていた。
「へえ~、美咲ってタバコ吸うんだ」
食事を終え出てきた新兵の浜田が茶化す。
「吸うよ、悪い。 そういう浜田さんて、タバコを吸う女は嫌いなんだ」
「そうじゃないけど……ランナーにはタバコはね……・それに、ちょっと驚いただけ……」

 浜田は口ごもった。 美咲は他のふたり……厚生班の幾世、会計班の和江らと比べ、明らかに派手な女の子。 ところが仕事が始まると、途端に他のふたりに比べ真面目になる。 タバコを吸う姿が板についてる風に見える美咲。 これが本来の彼女じゃなかったのかと、ふと思えて、正直な気持ちがそのまま口をついて出てしまったからだ。

 「ウチなんかにちょっかい出して、こんなとこ幾世に見られたらまずいんじゃない?」
茶化すつもりが逆に茶化された。 美咲に言われるまでもない、彼女に比べ幾世は見た目清純で気弱そうに見え、その実噂通り真逆だったからだ。 自分のことはさておき、こういったところを見たら気持ちを表には出さないものの、更に輪をかけ噂通りのことをやるだろう。 浜田にとって、それが怖かった。
「ここに居たらまずいとでも言うの?」
浜田が真剣な目で問いかけると、美咲はへへへっと笑って、そこから先何も言わず、また給与班に引き返してしまった。

 仲間内では浜田と幾世が親密に連絡を取り合ってることが相当有名になっていたんだろう。 本音を言えば自分が付き合いたいくせにこの時は、幾世に遠慮して何も言えなかった。 美咲とはそんな女だった。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『人妻あや 悪夢の別荘地』 第6話 無毛の丘 Shyrock作

人妻あや 悪夢の別荘地 image

 できあがったハムエッグは、笠原の指示もありダイニングルームの食卓ではなく居間のテーブルに並べられた。
 ダイニングルームより居間のテーブルの方が低く監視がし易いのだろう。
 白い皿に盛られたハムエッグには付け合わせに茹でたブロッコリーとトマトが添えてあった。

「ほほう、美味そうじゃねぇか」
「ご飯が炊けてないので代わりにパンでもいいですか?」
「おう、上等だ」
「私もパンをいただくわ」
「分かりました」
「ところでビールが空なんだけどなぁ」
「すぐに持ってきます」
「あやさん、妙な気を起こすなよ。もしも妙な気を起こしたら旦那がただじゃすまねぇからな」
「分かってます。何もしませんから」

 台所には包丁があるので、笠原は警戒してあらかじめあやに釘を刺した。
 まもなくあやはトレーにバゲット数切れと缶ビールを乗せて運んできた。
 二人はかなり空腹だったようで、またたく間にハムエッグとバゲットを平らげしまった。
 笠原は残った缶ビールをグビグビ飲んでいる。

 その前では上半身裸のあやが二の腕を擦りながらつぶやいた。

「寒くなってきたので何か着ていいですか」
「じゃあ旦那の白シャツを着ろ」
「え?夫のシャツですか」
「女が男シャツを着るのはエロくていいもんだ。白シャツあるだろう?すぐ着ろよ」

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 夫面前凌辱

島に別れを告げていた高浜

島に別れを告げていた高浜 「そんな理不尽なことがあってたまるもんですか!」
加奈子は電話口に向かって泣き叫んだ。 脇本商店の売り子のことを、せめても高浜にだけはわかってもらいたかったのに、その高浜はすでに自衛隊を退職し実家に帰ったと、電話口に出た当直隊員が乾いたような声で告げたのだ。

 加奈子と美宇田浜で出会ったとき、高浜は獲れたアワビを仲間に配るんだと張り切った声で言っていたが、加奈子はその意図を理解できずにいた。

 美宇田浜で加奈子に食べさせた残りのアワビは退職に際し、何かの記念になるよう無理して獲っていたのだ。

 離島で青春などということに背を向け勤めあげるのは並大抵のことではない。 離島に閉じ込められる、たったそれだけのことで精神を病む。 それを忘れさせてくれるのが、例えば脇本商店の売り子さんのような存在だ。 ところが、島にいる女の子には以前も述べた対馬独特の習慣が付きまとう。

 好きな子が出来たとし、本人同士はそうと知らず付き合っていても、周囲がそれを許してくれているとは限らない。 ライバル他者はそれをよいことに、地元民に取り入って裏から手を回し横取りしようとする。

 恋愛問題ではないにしろ、高浜はそういった軋轢に負け、自ら退職を選び島を去っていた。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

『人妻あや 悪夢の別荘地』 第5話 Tバック姿の調理人 Shyrock作

人妻あや 悪夢の別荘地 image

「ほほう、なかなか見事なおっぱいじゃねぇか。おい、両手を頭の上に乗せろ」
「……」

 あやは不安に駆られながらもここは従順にしておいた方が無難と考え、笠原の指示どおり両手を頭の上に乗せた。

「ふふふ、ムチムチ感がたまらねぇな~。この見事なおっぱいをいつも旦那に可愛がってもらってるんだろう?」
「……」
「うん?どうなんだ?」
 
 ショーツ一枚を残すだけとなったあやに、笠原は野卑な言葉を浴びせながらその美しい肉体を舐め回すように見つめた。
 
 その日あやが穿いていたショーツは純白のTバックであった。
 笠原はわざと素っ頓狂な声をあげ、あやの後方に屈みこみ臀部に顔を近づけた。

「えへへ、いいケツしてやがるな。それにしても気品のある奥さんがTバック穿くとは意外だな~。昼間は淑女、夜はエロ妻って訳か?がはははは~、今夜、旦那にたっぷりと可愛がってもらうつもりだったんだろう?」
「そんなことありません……」
「別に隠さなくてもいいじゃねぇか。お楽しみの直前にとんだ邪魔者が押しかけて悪かったな~」
「……」

 笠原は淫靡な笑みを浮かべながら何やら意味有りげな言葉をあやの耳元でささやいた。

続きを読む

テーマ : 官能小説
ジャンル : アダルト

tag : 夫面前凌辱

その他連絡事項

ブログ記事として残さない呟きをここで行います。
Shyrock様からバナーを頂きました。

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」バナー
相互リンク用バナーとしてお使いください
Size : 200 x 40



読み終えた方は感想をこちら (Shyrock様掲示板) にお願いします。
小説感想掲示板

官能文書わーるど様への投稿
  • 残照
  • 老いらくの恋
  • ヒトツバタゴの咲く島で
小説の投稿先と投稿内容のご案内(専用ページに移動)


プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは創作小説及び実話集がメインとなっています。

序文 (おおよそ500字) と本文で構成されていて「続きを読む」をクリックしていただくと本文を読むことが出来ます。

関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
特殊な記事
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム
小説系のブロ友さん募集中

詳しくは「相互リンクについて」をお読みください。

この人とブロともになる

ブロとも一覧

鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

熟・変態女教師

盛若楠紫楼の官能小説

恵子の妄想

セイカツ日記~夫婦の性活~

寝取られ体験談

日々の妄想を形にして(SM小説)

嫁の体験リポート

鳶屋の艶本

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

これも愛なんだ
タグクラウド
文字をクリくすると関連記事が検索できます。

欲情 背徳行為 婚外恋愛 寝取られ 近親相姦 覗き見 生ハメ 凌辱 姦通 誘惑 締め込み 浮気 レイプ 中出し 妄想 人妻 他人棒 恋人交換 母子姦通 自慰行為 裏切り 輪姦 W不倫 不倫 鬼畜 寝取らせ バイブ 嫉妬 クンニ 夫婦交換 童貞破り 貸し出し きむすめ ワンナイト 未通女 騎乗位 強姦 SM 夫面前凌辱 女性リーダー M字開脚 旦那制度 しゃぶる 暴走族 足入れ 濃厚精子 混浴 花街結婚 義父嫁姦通 指マン フェラ お風呂入り 手コキ 真夜中 スワッピング 愛撫 うぶな 悲恋 使用済み 有名女優 乱交 露出 完堕ち 禁断 嫁の羞恥 イタズラ 淫略 ゴルフ 生ハメ・中出し ごっくん 同一マンションに居住 寝取り 育児放棄 四つん這い 顔騎 年下 官能ホラー 未知の物体 公衆便所監禁 脱出不能 襲い来る恐怖 告白 オナニー パンチラ Shyrock 愛と官能の美学 性教育 クリトリス 夜伽 夜這い 秘密の恋愛 交尾 童貞 未亡人 母子相姦 姉弟相姦 義理の母と子 新妻 飢え 二股 他人妻 夜逃げ 屋外露出 娶わせ 肉便器 モンペ 雇女 売春 マムシ 覗き 淫臭 羞恥 奪い愛 口淫 息子の嫁 禁断の性行為 尿意 放尿 熟女 風呂 堤先生 母娘 横恋慕 出逢い系 生ハメ・生姦 男根願望 忍び逢い ご無沙汰 いじめ 10代のチ〇ポ 素人 絶頂 生活保護 母子家庭 アナル 自慰 想い出づくり 野外露出 洗濯物 レズ 人妻・熟女 ミニスカ タンポン 性癖 輪姦・凌辱 清拭 ネトラレ 脅迫 チラ魅せ 禁断の関係 疑心暗鬼 ヒトトキ 魅せ付け 淫靡 母と息子 誘導尋問 追っかけ ぶえん お義母さん 屈曲位 躊躇い 強制性交 シチリア 咥え パンティ 女囚 夜を鬻で 嬲って憂さを晴らす 身を堕とし 松葉くずし 旅籠 六十路 自己陶酔に陥る カーセックス 痴辱恋愛 媚薬 二股誘惑 黒い茂み 女衒 男鰥 寝バック 仲居 電マ 美乳 ホンバン行為 巨乳 乳首 不貞 童貞狩り 舐め 珠子さん 寛治さん 義道さん 三所攻め 乳房 仮釈 保釈金 後背位 バック 背徳的 オカズ マン繰り返し 月に1度の憂鬱な訪問者 チューブトップ 近親愛 顔面騎乗 姉弟誘惑 コンドーム 秘肉をなぞる 万引き 魔の誘惑 檀家 日照り 乳腺炎 NTR 住職 和姦 すらりと伸びた脚 パンパン おしっこ シモの世話 警備員詰所 ディルド マンネリ化 潮時 年下の男の子 妊婦 3P乱交 経産婦 兄と妹 仕返し 髪結い 素股 春を鬻ぐ ご奉仕 キス 枕芸者 不特定多数 お試し 鎌首 お母さん 落書き デリ面接 男を惹き付け 優秀な男 自慢 発情 二股不倫 男と逢瀬を重ね セックス 肉棒 恋焦がれ お潮 イタリア くぐり戸 下半身 超ミニ 太股 旦那 くぱー 出逢い 失恋  男根 シクスナイン  粘膜 全裸 トランクス 屋外 ざわめき 月のものが止まった 浮気の代償 未開発 嫉妬と苛立ちを増幅 まぐわう 素人人妻 淫声 夫婦の交換 よがり狂う 黄金排泄 性欲処理 チ〇ポとオ〇ンコの娶わせ 禁断の愛 痛い 縄張り 運搬自転車 荒勘さん 未開の地 壁ドン妻  恋文 臭いを嗅ぎ 意識し始め 張形 サカリ 割れ目 身体検査 浮気心 夫婦生活 剛毛  鑑賞 躰の関係 間男 翳り 愛欲 プレゼント攻勢 性行為 同衾 京都 ゴム AV女優 ワレメ お色気 痴女 セックスレス 怒張 もてなし 緊縛 お下げ髪 セーラー服 女教師 唇を重ね ショーツ しゃぶり 熱い視線 正常位 廃屋 バツイチ 肉体労働 割り切り 結婚 逆ナン ワンギリ 性的興奮 女日照り  うなじ 口内炎 胤の受け渡し 下働き 須恵乃さん あえぎ声 栄養補給 鯉こく 花弁 蜜壺 母子 働き口 義母 背面騎乗位 ツンデレ 妄想癖 自己顕示欲 自信過剰 我慢 堕胎 虐待 訪問介護 オイタ 対面座位 潮吹き 剥き出し 睨み据え 貧民窟 98Fの胸 長い黒髪 若いミルク 油ののりきった女体 本やビデオで勉強 淫らな光景 SEX コッペパン 結婚詐欺 父娘 マングリ返し 飯場 出戻り 後ろのすぼまり 小便臭い小娘 聞き耳 後ろめたい 兄妹相姦 すぼまり 青姦 淫語 クロスラヴ 危険な冒険 バックスクリュー 背面座位 Gスポット 打擲 女の部分 輪姦・乱交 初めて 下駄箱 顔を跨ぎ 添い寝 開脚 痴態 遺産相続 平手打ち ブラック 露天風呂 毛唐 夢精 痴漢 超常現象 暗闇 清楚 温泉 娼婦 快感を伴う 快楽に翻弄され 立ちんぼ 栄枯盛衰 性的欲動 牝獣 胴体 菊門 無理強い 畜生道 妊娠・出産 フェラチオ 夫婦円満 逢瀬 安全日 妻の気持ち  貢ぐ 後家 夫婦喧嘩 全裸の野性的な美女 ぶっかけ 息子の肉棒を愛撫 血管が威嚇 片手と手ぬぐい 睡蓮 見栄 屈辱的な姿勢 性具 哀願 クロッチ 女将 旦那以外の漢 完全勃起 淫らすぎるキス 洗い場の湯椅子 ぬめる感触 漢漁り せっくす 専業主婦 パート従業員 上司と部下 神童 ポルチオ 流出画像 牝蜜を涎のように垂らし お菓子 姉への口姦 すっぽりと咥え 大きな空洞 3輪車 拳を握り人差し指と中指の間に親指をめり込ませる ヘンタイ シモの話し 酒池肉林 街角に立つ 遣り手 禁忌のタブーを犯し 蹂躙 主婦風の女性 部屋で待つ女 頭部を支え腰をわななかせ 風景に溶け込む よそ者が紛れ込む 掃除道具入れ 差別社会 戦争ごっこ 三輪車 女の指先 クリッとした目 包皮を剥きにかかった チャンバラ 独り遊び 抱きしめ 春を鬻ぎ 母乳 孕んだ ままごと道具 リカちゃん人形 白いカスが付着 ベルを鳴らしてきた 豊尻の底 下腹部の繁み 乳房の肉丘 丹念に洗って カウパー液 腹部が波打つ 引き寄せる仕草 アナル責め 義母のパンティー 甘い体臭 舌なめずり お尻を愛し 義母の汚れ物 クリーム色のシミ 匂いを嗅ぎ 手アワビ 暴行 肉リング イチジクの実の形 敗北を伝える 跪いて 悪い母親 洗面台に片手を突きながら 濃厚な妖艶さに満ち 舌に蹂躙 義母の肛門 さいなませる わいせつ 豊尻を拝む 寸前まで追い込む 双臀を割り裂く あの匂いが嗅げる 肩に片脚を乗せ開いてくれ 退屈 転校生 悪ガキ 靴が片方なくなって 囲われ 一方は素足のまま パソコン 通せんぼ 通学路 農道 何年ぶり 縞蛇 跨った 腰を前後に擦り始め 残留物 タヒチの踊り 画像 動画 一緒に寝て 赤んべえ 調教 青荷 伊豆 覗き込んだ 一人じゃ心細い 変態極まりない行為 狼藉モノの侵入 お口で愛し 三十半ば メソメソ 母親 盲目的野獣 黒人 真っ赤に腫れ 吸って 強い匂いが沸き上がって 奥を探った 押し付けられた唇 襞の中をくまなく バージン 健忘症 まだらボケ 無防備な状態 反射的に脚を閉じ ギラギラ よーいドン 聞き耳を立て ひる 最初の人 シズク 交尾に酔いしれ 後期高齢者 自由恋愛 根元 血が付いて 淫習 肉の悦び 悪戯っぽい目 口元がついほころんで カップラーメン 生理 半勃ち 正常位を強要 お漏らし マッサージ 出血 呆気なく登り詰め 膝と膝が擦れ合う カスバの女 極楽浄土に送ってもらえ 青姦・立ちバック 妻子持ちの男を誘って ナマ着替え アソコを魅せつけ 肉感的な尻 身体の関係 夜のお仕事 不義密通 部室でレイプ 罪意識 墮ろした 擦り付け 悶絶 抽送 生臭い濁液 イラマチオ 意地の悪い詰問 両手で秘所を覆って 一糸まとわぬ姿 拒絶の態度 深い悔恨に包まれ 無言の圧力 簡易ベッド 脱衣 学生証 嫁舅 禁断の恋 恐怖で支配 クチ吸い 騙し合い 責任転嫁 私の中にインサート 夫では味わえなかった充実感 若い彼の肉体に溺れ 夫のベッド 密会 誕生日 義理マン 咥え込む 擦り 肉体関係を持つ 熱い液体 極上の作法 追い掛けるように 野獣 荒々しい抽送 中でさく裂 一人よがりな欲望 女房と乳繰り合う輩 真珠のネックレス サカル 失業 秘所 熱い肉棒 乳房を掴む 背徳感に酔いしれて 子宮口 ペニス 視姦 それを待っている自分 壁に押しつけ されるがまま クロッチの上から 独身時代の恋愛 寝室へと誘った 割れ目を拡げ 暴露 ただまん 野球拳 のの字交尾 馬乗り 体位変換 狭い肉道 オナホ いやらしい音 膣道に滲み出す愛液 万引き犯 着崩した寝巻 怒張したいちぶつ ほどよい潤滑油 欲望が激しく炸裂 締めつけ 中で字を書かれ ピストン攻撃 たらい回し  色町 義母の胸元 ふたつの豊かな膨らみ 釣鐘型の真っ白な肉丘 ノーブラ 春の臭い パンモロ 指を口に当て 謝罪 悪戯 シングル エプロン姿 金玉マッサージ 叔母息子姦通 しっぽり濡れ 移民 放浪 ネグレクト 転校 独学 食うや食わずの生活 よそ者 性病 パパ活 使用目的 膣口 吸収体 白い紐 秘豆 紅筆 排他的思想 恥骨裏側 連れ込み 力づくで抑え 妾話し 枕がふたつ 全身をわななかせ 上玉 強請る 半透明の液体 おびただしい液体 放尿前の感覚 携帯電話 バイブレーター 留守電機能を解除 ローター ぽってりとした唇 裸で抱き合っている姿 躊躇いもなく ラブホテル 初対面 身代わり 前を握りしめ 溜息を突いた じっくりと鑑賞 カップル交換 婚外性交渉 薬草 晒し 薬効 ゲンノショウコ 待ち合わせ 恋路 大きめな粒 白目を剥いて 盗撮 出来ちゃった 締め人棒 脅し 複数の漢 露わ 許可 他生ハメ 込み まさぐり合い 生臭い体液臭 喘ぎに似た声 欲得より官能の方が勝って 瞬時の快楽を貪る よがり声 父娘相姦 解放感 襞に埋もれた粒 柔らかな感触 久仁子の割れ目 部屋の鍵が掛かって やってる 尿が出にくい それを示す匂い 臭い 一塊りの滴 性的欲望 欲徳に直結 他人の女房を寝取る その場限り ぎこちない手の動き セイシ 高齢者 尿道に唇と舌で刺激 貧困 就職組 情熱が実を結び 定時制高校 偏見 貫通式 商業科 優等生 進学 具に舌を這わせ フル勃起 溢れ出たシル 丁寧に舐めあげ 3者面談 認知症 ふしだらな女 左足を肩で担ぐ 横取り 娶合わせ 搾取 痕跡 色即是空 うなじの後れ毛 慈愛に満ちた説教 娘を欲しがる 素っ裸 浴室 盗み聞き 輪姦乱交 野外 久しぶり ピル 若鮎 不憫 搾乳機 産婆 よがる 真空パック 射精 3P 療治 ウンコ アナル拡張 妖しげな手の動き 展望台 苦しみ セーラー服の少女 シックスナイン 情交 パイプカット 隣人 された腹いせ 松葉崩し 伊豆の温泉 軽はずみ 付き合う 信じられない 怖ず怖ずと エッチしてる様子 エッチな雰囲気 妖艶に微笑み 魅入って 脇腹を突っついた 女の勘 長い歳月 まさぐりながら 兄妹 嗅ぐ 肉と肉のぶつかり合う 揉み合うような気配 絞り出すような呻き 女の喘ぎ 筒抜け 肉感的 秘めやかな会話 切羽詰まった声 猟奇的な交尾 グロマン うつろ フェラ抜き 屈曲 即尺 手を取り合って 連れ合い 無賃乗車 後続列車の車輪 飛び降り 切符切り トイレに立てこもり 寝たふり 真っ暗な線路上 ポイント 誘導員 ペアルック 毛むくじゃならなもの 恋人同士 腰を激しく擦り付け 列車 身体をすり寄せ 大量のTシャツ 見せしめ 黒い姿 あの部分を連想 アワビの踊り焼き 嫌らしい動き 卑しき女衒 10円程度で買える菓子 駄菓子屋 腰を屈め 写真で見慣れた景色 御歳暮の申し込み 名前だけ旧名 同様旧態依然のやり方 麻美の茂み ヌメッとした感触 黒々として エッチな写真 悩ましげな視線 若後家 3P乱交 盗撮動画 猟奇モノ 暴漢 切れ込み ヌード写真 売春防止法に抵触 収監 切りウリ 嘘で塗り固め 犯罪人登録 仮釈放 業界関係者 情状酌量 脚を大きく開いた 真後ろから撮った 将棋賭博 呑兵衛の宛 売春まがいのこと クン二 口先だけ ビキニ 利己主義的思考 義務教育という概念 現金書き止め やや厚ぼったい襞 その部分 放物線を描いて 貶められた 金の無心 同房 つかの間の安息日 墓地脇 二束三文 戦中戦後 遊興に耽った 守番 二輪車 エッチ 女が男に跨って 質素倹約 希少価値 パックリ割れた襞 身体がピクンと震え 透明な密が溢れ 固く張りつめた粒 書画骨董 文化遺産 疑わしい目つき ヌード 大胆にも太股を触り 認知テスト 下半身は現役 無償の愛 梃子 茶飲み 覇権争い 悩み事相談 身体介助 脚を開いて見せ 半ば開いて 記念 毛を摘んで見せた 排尿介助 凄く毛深い 大きめの突起 黒ずんだ襞 二組の布団 女中が気を利かせ 裸のまま布団に 肩越し その部分のドアップ 耳たぶを軽く噛み始め 重苦しい沈黙 女の子の視線 クッキリ入った溝 改宗 藪蚊に食われ 廃慕・墓じまい 墓参り 身体を観察 黄金色 鉄火の女 昇龍 仕込み 黄金水 騎乗 白い身体 脚開いて デジカメ ハエ叩き やんちゃ 業界でも一目置く スジ 度胸 組を抜け 伯父さん 刺青 隠れ忍ぶ 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
相互リンク予定 (小説を読もう!から下段) も含む
QRコード
QR
参加ランキング
人気ブログランキング
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
221位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
13位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogと【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」の中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
拍手ランキング
この拍手は「ランクレット」と同様の意味合いで取り付けています。

他の人にお薦めしたいときに記事の上部にある拍手ボタンを押して頂くとあなたがお選びになられた記事がカウントされます。
おすすめ官能小説
18禁官能小説集です。
官能小説投稿
小説を書いたら投稿しよう
小説家になろう

小説を読もう!は「小説家になろう」に投稿されたWeb小説や作品を無料で読める・探せるサイトです。

小説家になろう
小説家になろう

入谷村の淫習を投稿中


愛と官能の美学
愛と官能の美学

愛と官能の美学は投稿も出来ますがご投稿もしていただけます。
お薦め


官能文書わーるど
官能文書わーるど

「官能文書わーるど」の管理者しょうた様はご多忙のため掲載には少々時間を要します。


Pixiv
ひそかに心を寄せる茶店の女店主
検索エンジン
ここだけは押さえておきたい検索エンジン集
投稿写真動画
素人投稿写真/素人投稿動画/素人オリジナル限定の素人投稿専門サイト
紳士淑女の夜の社交場 image
投稿写真動画 画像
35,000 (08/11/23時点)

投稿画像の壷 image

盗撮・覗きetc
どていばん.コム image
昔は盗撮が横行して……いやいや、今でも立派に横行しています。
そんな気分を味わいたい方にお勧めなのが「どていばん.コム」です。

着エロ@電脳女学園 image
着エロ、パンチラ、制服美少女、グラドル、お宝女優、えっちなお姉さんをまったりと楽しむ。そんなリンク集と画像掲示板サイトです!

ひとりエッチ倶楽部 - 告白サイト image
他人には知られたくない秘め事、ひとりエッチ…オナニー
ひとりエッチ倶楽部では、そんなあなたのために、告白コーナーやチャットによって 新たなひとりエッチの世界を提供します。!

18禁オーナーの社交場 image
アダルトサイト管理人の為の 情報交換サイト and 優良サイトランキング

緊縛・凌辱
各種掲示板
注意書きに沿ってそれぞれの掲示板をご利用下さい。
知佳の画像掲示板
知佳の画像掲示板
FC2レンタル掲示板、書き込み自由。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の書き込み掲示板
知佳の書き込み掲示板
書き込みの文章や画像など、規約に沿った内容でお願いします。
Shyrock様のご厚意により宣伝効果大


官能テキスト掲示板
官能テキスト掲示板
当掲示板は小説等更新時の案内用としてご利用ください。
違法画像、児童ポルノは厳禁です。
商業目的の使用は禁止です。
ご利用に当たって相互リンクの有無は問いません。


知佳の書き込み掲示板
知佳の書き込み掲示板
rara掲示板
http://で始まるURLを書き込んだ場合、スパムとみなされ書き込みを完了できません。
X (Twitter) と連動しており、告知には適しています。


知佳の掲示板
知佳の掲示板
HTMLにて画像挿入可能です。

アンテナ (アクセスアップ)
更新情報を素早く掲載、宣伝に効果的

読みたい小説を簡単に探し出すことが出来ます。

ブログの登録を依頼し掲載してもらうだけで訪問者が増えます。
宣伝効果が期待できます。
サイト内リンク
知佳の美貌録(総合)
知佳の美貌録(総合)バナー
一般ページ

知佳のサイト内では道路標識的役割のページ。


Japanese-wifeblog
Japanese-wifeblog ban
ブログを始めよう思って最初に手掛けたページ。
FC2のまま継続していたとしたらブロ友数の多さが目を引く。
検索エンジン登録数も他のページに比べ桁外れに多いのがこのブログ。


知佳の美貌集
知佳の美貌集 バナー
アンテナ2号館



知佳の小説系アンテナメーカー
知佳の小説系アンテナメーカー バナー
アンテナ1号館



Sexcy style
Sexcy style ban
カリビアンコムなどの有料動画の最新情報を観たい方はこちら。