FC2ブログ

老いらくの恋 ~画家のモデル聡美への偽らざる想い~

ギャラリートーク もう30分も前からその絵のギャラリートークを評論家の先生、つまり企画展担当学芸員が自慢げに説明し続けていた。
集まった観衆は実際の絵を見てくれてはいるが自身がその良さに惹きつけられるわけではない。
こうやって評論家の先生が批評してくれて初めて、それが良い絵だとか悪い絵だとか納得して帰るわけである。

矢口康祐は出来ることならその場を離れたかった。 が、説明を受けているその絵を描いたのが自分であっては身勝手な行動は許されない。
先生の説明とあって一番集団の前で聴いている康祐は終始しゃがんで聴いていて足がそろそろ痺れはじめたころになってやっと説明が終わりかけ、評論家の口調も一段落し、他の絵に移動するのかというころになって集団の後方がざわめいた。
観衆の一番後ろにいた幾人かが立ち上がって今来た人物のために道を開け、ざわめかれたことに呆然と今入り口に佇んでいる少女に、まるで亡霊でも見ているかのような視線を放っていた。

一瞬の沈黙の後その集団の中から「本物だ」「絵から抜け出したようだ」という声が飛んだ。
素人画家の矢口康祐が何年もかけてほぼ等身大に描いた絵のモデル聡美がそこにいた。

すると観衆の中から妙なヤジが飛んだ。
「本物のほうがきれいだ」
この一言で聡美の顔がサッと曇った。
観衆の邪魔にならないよう脇に控えていたこの会の広報担当者が慌てて駆け寄り来訪をねぎらった。
観衆が立ち去った後になって広報担当は気を利かせて聡美を絵の前に立たせ数枚の写真を、今後の広報活動に使うという名目で撮ったが終始聡美に笑顔は戻らなかった。

絵に描かれていたのは康祐が6年がかりで描いた聡美の24歳の頃の姿、それも自分でわざわざ頼み込み撮った写真をもとに人生で2番目に描いた油彩画。つまり今目の前の聡美の6年前の姿を額の中に納め出展してしていてその年数分違って見えるのも無理はなかった。
そういった表現を本人が一番好まないのを暗に知っていてこの会のある委員候補者が、よく言えば絵の出来が素晴らしいと、悪く言えばホンモノは絵ほどきれいじゃないよと観衆に向かって聞こえよがしに言ったものだ。

委員候補者の気持ちもわからぬではなかった。
みんなが良く集まる街の展示会場を兼ねる喫茶店に、初めて訪れた一組の客がいた。
展示してあったのはこの地区でも名をはせた人の絵だった。

来た客はしばらく熱心にその絵を見ていたが、帰り際になって絵の値段を聞いてきた。
売るとも売らないとも書かれていない絵、それをいきなり身なりもそれほどでもない人物が買おうとする。
店主はやんわりと絵の持ち主に電話をかけ値段交渉する傍ら、会の責任者にもこっそりと離れた場所で購入者が現れたことを告げ、正当な価格で売るべきか問うた。

その時が康祐と会の代表者助沢との初の出会いだった。
突然呼び出された助沢は当然購入してもらいたいがため購入者の機嫌を取るべく「絵に興味がおありなら描いてみられたらいかがですか?」とポツリと言った。

今回の展示会というのはそもそも、その一言がきっかけだった。
購入した絵を自慢げに部屋に掲げ誰彼なしに吹聴していた弥和は夜勤明けで疲れ果て足元に寝っころがる康祐に向かって一冊の本の開いて見せこう言った。
「あの小生意気な先生とやらの鼻っ柱をへし折ってやりたいと思わない? これ描いてみてよ」

絵を描くなどということは義務教育で多少習った程度で、何をどうして良いやらわからない康祐に今購入してきたばかりの絵に比べさらに高度な写真を突き付け 「これを描いて見ろ」 と言ってきたのである。
言い出したら聞かない弥和を黙らせるには眠さや辛さを我慢してひたすら努力の姿勢を示すしかなかった。
「どうせできないとわかったら諦めてくれる・・」

ほんの軽い気持ち・・・でもなかったが時間が許す限り昔を思い出し手を動かした。
幸いなことに苦学生時代、友人にイラストが上手い友達がいてしょっちゅう講釈を聞かされていたことも幸いした。
弥和の出した宿題はおよそ3ヶ月を要したが10号程度のスケッチブックに鉛筆1本で描いた絵が完成した。

出来上がった絵を画材屋さんに持ち込んで額を選び、その場で額装した。
たまたま来店した方がこれを見て絶賛した。
「まるで写真みたいに見えるけど、これ鉛筆で描かれてるんですか? どこに所属されてますか?」

自宅に持ち帰って来客があるたびに弥和は自慢したが、これで下地ができたとばかりに次の課題を出してきた。
それが聡美の幼いころの写真だった。
手のひらサイズの写真を10号大に拡大して描き、しかもそっくりに描くというのは相当難しい。

再び時間が許す限り絵と向き合う日々が続いた。
写真をそのまま描いただけでは臨場感が出ないから、写真に見合う光景を探して方々彷徨ったりもした。
半年近くかかってそれが完成すると絵を購入した喫茶に持ち込み、あの助沢の更に上の階級の先生と呼ばれる方に見せた。

それを見た件の先生からもっと大きくて、出来たら油彩を描かないかと誘われた。
描きさえすれば会で賞を取れるとまで言われその気になった。
聡美が学校を卒業し、都会にも慣れたある日の午後、公園の桜の木の下にたたずむ彼女を友人が撮ってくれた、そのポートレートをもとに油彩を描き始めた。

その写真の聡美はコートを着 美しい茶色く染めた髪をなびかせ弾けるような笑顔で写真に納まっており如何にも愛らしく康祐の印象に残り、バックの桜を止め、髪をなびかせるをいかすべく風をテーマに後方の光景を構成することにした。
故郷の高原に立つ聡美像 (聡美の風) を苦心惨憺5年がかりでようやく描いて展示会に出した。
康祐としてはこれまでと違って大きなキャンバスに描いたつもりだったが悲しいことに20号では隣に並ぶ100号に比べ見劣りした。

巡回展を終え帰ってきた作品を前にして助沢の更に上の階級の先生はこういった。
「とても評判は良かったです。 ただ作品が小さすぎて評価の伸びが今ひとつでした。 次回は100号とまではいかなくても隣に並べても見劣りしない程度の大きさで描いてほしいですね」
それをクリアーすべく頑張ったのが企画担当学芸員が講釈を述べた、その60号の絵だった。




康祐が聡美と初めて顔を合わせたのは聡美が10歳に満たないころだった。
英語塾に通い始めていた聡美を雨や雪が降る日は必ず塾へ送迎した。

出かけた先で体調が悪くなったり天候が悪くなると必ず聡美の方から声がかかるようになった。
なにか不都合なことが起こると母親の弥和を通じて連絡してくるようになった。
高校生になるとそれが頻繁になり、卒業して就職すると往復7時間要し手伝いや相談にはせ参じ、帰省の折は車で送迎した。

職場のアイドル的存在で雑誌モデルにもなった聡美はよくそれらの写真を送って寄越したが、それでも個人的な写真をも目一杯送ってよこした。
その中から絵の素材になるような写真を公募展に出展する絵を描くべく懸命にピックアップしている康祐に弥和は聡美の撮影会を行ってみてはどうかと提案してくれた。
その撮影会で康祐が心を籠め撮った写真を、ある写真と組み合わせてできた絵が「本物よりきれい」な、あの絵だったのである。

24歳の時に撮った写真を30歳を前にした本人と見比べ批評されたのが聡美にはやりきれなかったであろうし、康祐にすれば手の遅さ・未熟さが悔やまれた。
次の作品に掛かりたいと思って聡美にそれとなく頼んだが、素っ気ない返事が返ってくるばかりだったのだ。

絵は時として10円玉程度の部分を描くのに数日要するときもあるほど雰囲気を醸し出すのは難しい。
絵が好きというより聡美が好きでなければ到底この時間を我慢 (精神を集中させねばならず) しなければならない絵に向き合うことなど出来ない。
素っ気ない返事ばかりが帰ってくる年は結局何も描けず出展を諦めたが、帰省してくれた聡美にそれでもと暗に気持ちを伝え来期の協力をお願いもしてみた。

協力をお願いするとき、これまでのように目そらしながら話すようなまねはしなかったつもりだった。
真剣さを、聡美がいるから前に進めるんだということを伝えたつもりだった。
聡美は休みが終わって帰りのバスの中から撮りためた写真をいっぱい送ってくれていた。それが聡美から康祐への答えだった。

康祐と聡美は30歳以上年が離れている。
康祐は老いて聡美と最初に出会った頃の精悍さはもうない。
それが康祐の負い目だったが、聡美も同じことを展示会で言われ傷つき、それでようやく見た目の姿だけにモデルとしてだけに康祐が乞うてくれているんじゃないことに気が付き、しかもアラサーになっているのになお一層追い求めてくれていることに歓びを感じ始めてくれていた。

学生時代から聡美にはファンクラブがあった。
就職した先でも男性に付きまとわれ何度も連絡先を書いた名刺様のものを手渡され、時には人恋しくなりその中から思いついた人と付き合ったが一様に関係が進むと雲が流れるかのごとく疎遠になりはじめ、淋しさに耐えきれなくなり聡美から別れを告げていた。

その点康祐は違った。
母が体調不良になり精神を病んで一時は廃人とまで言われた折にも必ずそばにいて見放した家族に変わってサポートし続けてくれた。
それがもう20年以上にもなる。

故郷に帰ってくれば聡美とは親子のように接触していた。
それが功を奏したのか今度こそと思うこの展示会 (事前に入賞の知らせは受けていた) で体調不良の母弥和に変わって聡美がパートナーとなって会場にに足を運んでくれていた。
「悪いな聡美ちゃん、じいさんのお守までさせて」

遠慮がちにいう康祐に聡美は小首をかしげた。
「どうして?」
「どうしてって・・・」

弥和を看病し家事を手伝ったり一緒に買い物に出かけたりしている間に女房ともうまくいかず離婚し、子供たちも独立 天涯孤独な老人になってしまっていたからだが…
「今度こそ一緒に歩きたいんです。だってこの会場で一番の作品を描いた作家さんでしょう?その絵のモデルがわたしだからうんと自慢しなくちゃね」
前回この会場に来たときとは打って変わって訥弁だった。母の弥和に似て弁が立つようだ。

「おいおい、よさんか大声で・・・」
苦笑いしながらも悪い気はしない。 そしてその評論家の先生曰く
「ぜひ、脱がせてみたいほど服の上からでもよくわかる豊満さを描ききってますね」
人物画はこうでなくちゃいけないとまで言わしめるほどの作品に仕上がっていたのだ。

前回の絵の批評にあったように、聡美と関係が持てたらと瞬間思い、自分を叱責した。

「こちらで用事があったら遠慮なく済ませてくれてもいいんだよ」
「わかった、何かあったら連絡くれない?」
「うん、メールならできるんだがベル番がな・・・」

前回気まずくなった折に登録情報をすべて削除し、付き合いを諦めていた。
「今鳴らせばいい?」
聡美はスマホを取り出し康祐のガラケーを鳴らしてくれた。

「ありがとう、今度こそ大事に登録しとくよ。私もちょっと見たら残念だが急いで帰らないんだ、残して来た子らが心配でな。飛行機使えば夕方には帰り着く、聡美ちゃんも気を付けて帰るんだよ」
この時の聡美は明るく手を振ると展示室を出て行った。




2月末になって遅い冬休みを利用して聡美は帰ってきた。
駅に迎えに康祐だけが行った。
母の弥和は体調がすぐれず自宅で娘の帰りを待つと言った。

帰省してどこかに友達と出かける際だけ聡美を助手席に乗せて走るだけの車、それが今日は最初から聡美だけが乗ってくれていた。
自宅までの僅かの間、聡美と久しぶりに短い会話を交わすことができた。
康祐の心は浮き立った。交差点で信号待ちの間を惜しんで聡美の横顔をしっかり目に止めた。気が付いた聡美もちゃんと見返してくれた。ただそれだけで心躍るほどうれしかった。

その夜はいつものように3人揃って夕食を済ませ寝た。
帰省したとき聡美はいつも母親とひとつの大きなベッドで寝る。
自身の稼ぎだけでは粗末な寝具しか買えず、実家に帰ったとき使うことができるクイーンサイズのベッドが大のお気に入りなのだ。

翌朝、少し遅れて目覚めた聡美は軽い朝食をとると出かける準備を始めた。
いつもなら帰省の折は休み中の計画を母親に打ち明け、その計画に沿って康祐はタクシー代わりに送迎していたが、今回は聡美が送迎を直接頼んできた。
行き場所を聞くと曖昧な返事が返ってきた。時間も場所も雰囲気で適当に告げているとすぐに分かった。

「今回の休みは友達との約束が取れなかったんだ」
それとなく聞いた康祐に聡美は付き合っていた人と別れたいきさつをいきなり話し出した。
「誕生日に合わせてどこかにって前から話してたのに、あと少しで誕生日だからどうするか聞いたら忘れてたって・・・」

唇をかみしめながらつと顔が窓の外に向いた。
「そうか、聡美ちゃんのこと真剣に考えてくれてなかったんだ」
学生時代から大勢の男に言い寄られてきた聡美にとって、約束をすっぽかされたことが相当ショックだったようでアラサーになったことの悔しさがまたぶり返し愚痴ったようだった。

母親にはその男とはずいぶん前に別れたと言いながら、隠れて付き合い続け半同棲になった今頃になって男から距離を取られ始め自尊心の強い聡美の方から別れを切り出し、気持ちの持っていき場所が無くなり吹っ切れたくて帰ってきたと言った。
描き続けている絵はちょうど聡美の太腿の部分、同棲と聞いて康祐は心穏やかではおれず、つい助手席の聡美の足に目をやった。
ミニのフレアスカートの裾から透き通るような太腿とその隙間が見えた。

事故を起こさないよう細心の注意を払いながらも視線を聡美の豊かな胸元と太腿に走らせてしまっていた。
自暴自棄になっている。そう思った康祐は車をこの時期デート目的のカップルでもない限り立ち入らない海岸線にある公園目指して走らせた。
公園の入り口に差し掛かり周囲に車がいなくなると聡美はそっと運転席の康祐に手を伸ばしてきた。

その指先を康祐の手が捉え引き寄せた。
「聡美ちゃんだけを来る日も来る日も見続け頑張ってきたんだ」
「うん、わかってた。ごめんなさい」

もう別れた男のことは忘れてくれるんだねと聞くと聡美はクスッとわらってこう聞いてきた。
「気になる? 妬いてくれてたんだ」
「とられたと思っただけで頭が混乱して思うように描けなくなるんだ」

康祐は聡美に懇願した。
「それじゃ今後は素直に白状してくれるんだ」
聡美が嬉しそうに運転中の康祐に寄りかかってきた。




車は岬の先端にある公園まで行き着かなかった。
康祐はガードレールにかろうじてぶつからないようハンドルをさばき車を止め聡美を受け止め唇を奪った。
奪いながらも懸命に右手を伸ばし助手席の座席シートを後ろに倒し聡美の上にのしかかった。

聡美の舌を絡め取りつつ右手を今度は聡美の胸に這わせブラウスのボタンを外しにかかったが場所がわからず一瞬唇が離れた。
その康祐の唇を聡美が追って舌を挿し込んできてくれた。
「絶対離れないと言って、お願いだから」

聡美は積極的だった。
一時期は同棲し頻繁に男と行為を繰り返したであろう聡美。いくら美人と言っても同棲してしまえばあとはズルズルと男の言いなりになって言われるまま寝てくれる聡美。それに飽きた男が恐らく別の女を作って聡美を放置し始めたんだろうとわかった。
聡美は巧みな指使いで康祐のズボンのジッパーを引き下ろし元気になり始めた愚息を取り出し握ってくる。

もはや悠長にブラウスのボタンを外す余裕などなかった。
指先にまとわりつくスカートをどかしながら太ももの付け根に押し進もうとすると足裏で向う脛を擦り上げられた。
聡美の手の中で愚息が急激に勢いを増すのがわかった。危うく前戯なしで挿し込もうと図った下品さを恥じた。

せっかく相手から飛び込んできてくれたチャンスを逃さないようにと慎重に唇を下へと下ろしていく。
顎から首筋へ。更に肩から二の腕へと唇を押し付ける。
「あっ・・・そこ、いやっ」

腕をあげさせ、ノースリーブの腋の下にキスをすると馥郁たる汗の臭いが鼻腔から忍び込んできた。
聡美は数ヶ月前から脱毛サロンに通ってレーザー治療を受けていた。
ツルツルになった腋窩を舐めながら乳房を愛撫した。いつぞや評論家が言った服の上からでもわかるたわわさを直に味わった。

「うんっ・・・あっ・・やっ、あん」
腋窩への愛撫で感じたのか聡美はビクンビクンと肢体を震わせる。
康祐は面倒なボタン外しを途中でやめ、ブラウスの下から手を滑り込ませ、ブラジャーを潜り抜け直に乳房を掴んだ。

すべすべした感触を味わいながらふくらみの量感を確かめる。
描くため幾度も想像し、耐え切れなくなって自分で処理していた。その空想以上の豊かさだった。
服を半分脱がせた状態で乳房と乳首を心行くまで責め、徐々に聡美の上で体勢を入れ替えながらズボンとトランクスを脱ぎ聡美に愚息を与え自身はスカートを捲りあげパンティーを脇にどかしながら隙間に鼻づらを押し込んで太腿を開かせた。

鼻の頭に聡美の潤みが付着し甘酸っぱい芳香を放った。
鼻の先端が丁度窪みにめり込む位置に顔を据えると舌先が陰核に程よく触れる。
康祐は膨らみ始めた陰核の周囲を丹念に嬲った。

その間にも鼻先を使って窪みを何度も突いて先端に付着する愛液を嗅いだ。
嗅ぐたびに聡美が含んでくれた愚息が勢いを増すのがわかった。
すっかり陰核をむき出しにすると舌と鼻を使って陰唇を割った。

何度も舌を上下させるうちに聡美の恥骨がビクンビクンと扇動しはじめかわいらしい喘ぎ声が漏れ始めた。
ふたりの吐く息で車の窓ガラスは完全に曇って外は見えなくなっていた。
康祐はそれを確認すると聡美の尻からパンティーを脱ぎ取って運転席に丁寧に置き彼女の両足を抱えると深々と秘部に顔を埋めた。

何度も何度も秘部を責め乳首を指で弾き甘噛みし聡美を逝かせようと試みた。
150センチにも満たない背丈の聡美のたわわな乳房が躍っている。
40キロにならないよう食事制限しジムに通って体型の維持に気を使ってるというが必要なところにはちゃんと肉がついて、それが生身の女の色気を醸し出している。

「恥ずかしいからあまりじろじろ見ないで」
聡美が脱がせたばかりの服を使って身体を隠し始めた。
「そんなことはないよ、この状態が描きたくなってきてたんだ」

「ヌードは絶対嫌だからね」
「わかってる。自分の女房のヌードを描いて売るほど落ちぶれちゃいないつもりだ」
この言葉を聞いた聡美の目が潤んだ。

「それって変じゃない? 普通こんな時に言う?」
「聡美ちゃんの気持ちを確認しないうちはこんなじいさんが滅多なことを言えないよ」
「本気にしてもいいの? 気が変わったって後で言わない?」

「絶対言うもんか。体力が擦り切れるまで愛し続けるに決まってる。今周囲のみんなに自慢したくて仕方がないんだ」
半裸の聡美の脇に康祐は身体を寄せ愛撫し続けた。
たわわな乳房は静脈が透けるほどに張りつめ乳暈から乳首がツンと上を向いて康祐の愛撫を待っていてくれる。

このピンクに色づく乳首についつい引き寄せられ唇を這わせ舌先で転がした。空いている乳房を手のひらで包み揉みしだくと滑るような感触が伝わった。精力を全て吸い取られるような気がした。
「あっ・・・ぁあああぁぁ・・あん、恥ずかしい・・・」
快美の声を漏らす聡美を、恥ずかしがって手で顔を隠す仕草をする聡美をこれほど愛おしいと思ったことはこれまでなかった。

乳首を口から吐き出すとべとべとに濡れた乳暈と乳首がぷるんと躍る。
下半身へと至る曲線をなぞり、再び片足を持ち上げて膝が腹につかんばかりに押し付け広げ、秘肉に顔を埋めた。
「だめっ、誰かに見られたら・・・」

思わず顔をあげ周囲を見回す聡美、だが窓は先ほど以上に曇って一寸先も見えなくなっていた。
「見えるわけないよ私の頭でちゃんと隠してる。せめてのこの機会に自分だけのためにある大切な場所を脳裏に焼き付けておきたいんだ」
心からの声だった。

わずかにチーズ臭をただよわせた女の苑は、ぷっくりとした肉ビラがよじれるようにし内部を護っていた。
再び秘肉の合わせ目に舌を走らせると、ゆっくり広がって内部のピンクに色づいた肉襞をのぞかせてくれる。
許された時間、遮二無二しゃぶった。

「あああん、いい・・・そこ・・・もっと」
すっかり上を向いて勃ってしまったクリを舌先でつつくと太腿を突っ張らせ下腹部をせり上げてくる。
「うあっ、うあっ、ああ、やっ」

腰があさましく横揺れする。
舐めても舐めてもすくいきれない愛液が尻の方へと滴り落ちた。
「あああん、入れて・・お願い・・」

聡美は康祐に押さえ込まれ身動きできない状況の中で哀願してきた。
康祐は聡美の要求に従って上体を入れ替え聡美の潤んだ秘部に愚息を近づけてみた。
聡美の秘部を散々見せつけられ興奮の極に達し、先走りしていながらも挿入可能な硬度が既に失われていた。

「出来ちゃった婚にしたかったけど、久しぶりにきれい過ぎる聡美ちゃん見たら調子が狂っちゃったみたいだ」
聡美は悔やんだ。最初に口に含んだ時には十分すぎるほど怒張し欲望を募らせてくれた。
それがいざ子作りの胤をと思うと緊張しすぎて・・残念だが聡美にもそれは理解できた。待たせた年数が長すぎたんだとその日は諦めた。

関連記事

テーマ : 老いらくの恋、そして愛と性
ジャンル : アダルト

tag : 24歳の頃の姿写真キャンバス撮影会モデル老いファンクラブアラサー油彩画脱がせてみたいほど

コメントの投稿

Secret

その他連絡事項

ブログ記事として残さない呟きをここで行います。
Shyrock様からバナーを頂きました。

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」バナー
相互リンク用バナーとしてお使いください
Size : 200 x 40



読み終えた方は感想をこちら (Shyrock様掲示板) にお願いします。
小説感想掲示板

官能文書わーるど様への投稿
  • 残照
  • 老いらくの恋
  • ヒトツバタゴの咲く島で
小説の投稿先と投稿内容の詳細(専用ページに移動)
アップデート 2024/02/21 12:45


投稿記事へのコメントをお待ちしています。



にほんブログ村「ブログみる」 image ぶろぐ村は幅広い分野のブログを閲覧できることが魅力の日本で唯一の検索エンジンです。

 にほんブログ村が提供する「ブログみる」はインストールが簡単で、いろんなブログをストレスなく見ることが出来ます。
 例えばスマホ版をご利用の場合、いつでもどこでも好きな時間に好きなだけブログを見ることが出来ます。
ご利用法>>>
バナーをクリックしていただくと、1つのリンクだけで下記3リンクへ自動で振り分けられるページに移動できます。
※閲覧する端末ごとに遷移先が分かれています。





ページトップの点滅する文字をクリックすると下のようなページに飛びます。下に掲げたリンクをクリックしても飛びません。飛びたい方はURLをコピーしURL欄に貼り付けてください。



PR
料亭で扱われているマグロを中央卸市場より直送でお送り致します。
女性向けお仕事 ここから
DXLIVEJOB


SakuraLiveJOB【英】


モンロー JOB


キャッチレディー


ファンブルビー


シークレットラブ


ウェブマスター

ブログを立ち上げ、日々のちょっとした出来事を書き込むだけ

女性向けお仕事 ここまで
レッツゴー知佳の
プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは「愛と官能の美学」Shyrock様からのご投稿を含め、365日休まず更新。官能小説を書いており、不倫、近親相姦、スワッピング、NTR,実話など多岐にわたります。掲示板多数。自己紹介の小説あり。

序文 (おおよそ500字) と本文で構成されていて「続きを読む」をクリックしていただくと本文を読むことが出来ます。

関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

アクセスランキング
嫁の性長記録 image


ブロとも一覧
パスワード禁止

閲覧にパスワードをかけられたサイト様は規定に反しますので、しばらくは様子を見ますが、期間を過ぎ改善がなされない場合、ブロ友から外します。


鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

愛妻変貌録

赤星直也のエロ小説

アオハル残酷ものがたり

AV-Q

 ハメ太郎の性活日誌

熟・変態女教師

えっちな人妻ひめの露出・混浴・輪姦

人妻のよろめき

kaede's Room Annex

Kaede's Room

菜々子の秘密部屋

恵子の妄想

愛の記録

パイパン美マン人妻愛奴「まゆ」の調教日記(完全素人オリジナル)

セイカツ日記~夫婦の性活~

罰と罪-嗜虐的な天使を探して-

寝取られ体験談

日々の妄想を形にして(SM小説)

SM Sleeper

嫁の体験リポート

Sorao's Naked Activity Log -裸活-

只野課長の調教日記(五人の性奴隷)

鳶屋の艶本

北海道SM  調教室   

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

これも愛なんだ

desire Gs  ~妻との性記録~
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
特殊な記事
ブロとも申請フォーム
小説系のブロ友さん募集中

詳しくは「相互リンクについて」をお読みください。

この人とブロともになる

ブロともときめき速報
Mikiko's Room
Mikiko's Room image
Twitter
タグクラウド
文字をクリくすると関連記事が検索できます。

欲情 背徳行為 婚外恋愛 寝取られ 凌辱 近親相姦 覗き見 生ハメ 姦通 誘惑 締め込み レイプ 浮気 妄想 中出し 人妻 他人棒 母子姦通 自慰行為 恋人交換 裏切り 輪姦 不倫 W不倫 クンニ ファンタジー 嫉妬 寝取らせ 鬼畜 貸し出し 夫婦交換 騎乗位 ワンナイト 童貞破り 姦淫 強姦 バイブ 借金肉地獄 コメディ 喪服未亡人 SM 官能ホラー きむすめ しゃぶる SM 吊り責め 裸心縛 M字開脚 未通女 女性リーダー 夫面前凌辱 旦那制度 暴走族 指マン 足入れ 混浴 濃厚精子 兄妹 花街結婚 義父嫁姦通 手コキ 四つん這い スワッピング 真夜中 お風呂入り クリトリス 愛撫 悲恋 うぶな 使用済み 露出 看護師 寝取り 乱交 性教育 フェラ 禁断 完堕ち JK アンチ援助交際 嫁の羞恥 イタズラ 淫略 ゴルフ 生ハメ・中出し ごっくん 同一マンションに居住 育児放棄 顔騎 未知の物体 年下 襲い来る恐怖 羽交い絞め 脱出不能 公衆便所監禁 パンチラ 屋外露出 告白 愛と官能の美学 交尾 Shyrock 菊門 羞恥 純愛 母子相姦 秘密の恋愛 未亡人 二股 義理の母と子 乳首 夜這い 夜伽 放尿 他人妻 姉弟相姦 覗き 新妻 童貞 飢え 後背位 セックス 生ハメ・生姦 夜逃げ 肉便器 モンペ オナニー 魅せ付け 娶わせ 夫婦生活 雇女 売春 マムシ おしっこ 女性用媚薬 奪い愛 医療 淫臭 息子の嫁 尿意 熟女 禁断の性行為 口淫 おちんちん ご無沙汰 舐め 乳房 松葉くずし 追っかけ 風呂 NTR 男根願望 10代のチ〇ポ 出逢い系 自慰 生活保護 いじめ 絶頂 性癖 母子家庭 アナル 母娘 忍び逢い 想い出づくり 堤先生 横恋慕 清拭 タンポン ミニスカ 脅迫 輪姦・凌辱 阪神淡路大震災 疑心暗鬼 羞恥凌辱 ラヴ 洗濯物 バイブレーター キス 誘導尋問 ヒトトキ レズ 淫靡 母と息子 チラ魅せ ネトラレ 人妻・熟女 禁断の関係 強制性交 二股誘惑 痴辱恋愛 お義母さん カーセックス 女囚 媚薬 肉棒 屈曲位 発情 ぶえん 仕返し ホンバン行為 屋外 経産婦 パンティ 旅籠 夜を鬻で 自己陶酔に陥る 六十路 嬲って憂さを晴らす 身を堕とし 禁断の愛 保釈金 寝バック 仲居 不貞 童貞狩り 男鰥 怒張 セックスレス 素人 野外露出 女衒 仮釈 黒い茂み 割り切り 躊躇い シチリア 全裸 バック 義道さん 三所攻め 珠子さん 寛治さん 咥え 和姦 万引き 警備員詰所 魔の誘惑 すらりと伸びた脚 チューブトップ マン繰り返し 秘肉をなぞる 顔面騎乗 近親愛 オカズ パンパン 住職 幼稚園先生 処女膜 髪結い 奇抜な体位 調理 乳腺炎 檀家 日照り 青姦 シックスナイン フェラチオ 月に1度の憂鬱な訪問者 コンドーム 素股 お母さん 落書き 潮時 マンネリ化 3P乱交 妊婦 ディルド 春を鬻ぐ デリ面接 年下の男の子 ポルチオ シモの世話 背徳的 姉弟誘惑 兄と妹 不特定多数 ご奉仕 お試し 鎌首 枕芸者 未開の地 割れ目 お潮 荒勘さん 懇願 くぱー 野外セックス 壁ドン妻 恋焦がれ 丸見え 縄張り 痛い 運搬自転車  シクスナイン アソコ 男根   粘膜 トランクス 二股不倫 男を惹き付け くぐり戸 優秀な男 男と逢瀬を重ね 自慢 イタリア 逢瀬 危険な冒険 夫婦円満 夫婦の交換 淫声 賢婦 よがり狂う 失恋 畜生道 夫婦喧嘩 後家 妻の気持ち 安全日 妊娠・出産 黄金排泄 性欲処理 臭いを嗅ぎ チ〇ポとオ〇ンコの娶わせ 恋文 意識し始め 張形 嫉妬と苛立ちを増幅 背面騎乗位 月のものが止まった まぐわう ざわめき 浮気の代償 未開発 サカリ 働き口 翳り 愛欲 プレゼント攻勢 性行為 間男 同衾 唇を重ね ノーパン 屹立 須恵乃さん あえぎ声 陰裂 ショーツ 躰の関係 浮気心 もてなし 女教師 ワレメ 有名女優 貢ぐ セーラー服 お下げ髪  剛毛 鑑賞 ゴム 緊縛 下働き 口内炎 ワンギリ 結婚 性的興奮 女日照り 肉体労働 逆ナン 義母 下半身 超ミニ 旦那 出逢い 素人人妻 熱い視線 しゃぶり 鯉こく 母子 栄養補給 身体検査 胤の受け渡し 蜜壺 花弁 廃屋 正常位 バツイチ  うなじ 太股 京都 後ろのすぼまり 添い寝 出戻り パンモロ 訪問介護 オイタ 顔を跨ぎ 下駄箱 開脚 痴態 初めて 輪姦・乱交 痴漢 対面座位 締めつけ 自己顕示欲 ツンデレ 自信過剰 我慢 睨み据え 妄想癖 秘所 剥き出し 潮吹き 膣口 虐待 堕胎 毛唐 露天風呂 筆おろし 浣腸器 まんチラ 秘めやか バックスクリュー クロスラヴ ディープキス アップスカート 膣洗浄器  廃墟 だっこ まんこ 背面座位 Gスポット 打擲 すぼまり 女の部分 平手打ち 遺産相続 騎乗 エッチ 聞き耳 淫語 小便臭い小娘 後ろめたい 兄妹相姦 貧民窟 ブラック 上司と部下 ぬめる感触 パート従業員 専業主婦 栄枯盛衰 旦那以外の漢 漢漁り つるつる 姉への口姦 牝蜜を涎のように垂らし お菓子 流出画像 神童 立ちんぼ 性的欲動 娼婦 温泉 ぶっかけ 結婚詐欺 無理強い 清楚 超常現象 胴体 牝獣 快楽に翻弄され 快感を伴う 暗闇 せっくす 全裸の野性的な美女 若いミルク 長い黒髪 油ののりきった女体 本やビデオで勉強 女将 夢精 淫らな光景 SEX 父娘 コッペパン マングリ返し 愛液 飯場 大開脚 98Fの胸 片手と手ぬぐい 息子の肉棒を愛撫 睡蓮 見栄 淫らすぎるキス 血管が威嚇 洗い場の湯椅子 屈辱的な姿勢 哀願 完全勃起 性具 クロッチ 久仁子の割れ目 柔らかな感触 襞に埋もれた粒 やってる それを示す匂い 臭い 部屋の鍵が掛かって 他人の女房を寝取る 性的欲望 尿が出にくい 欲徳に直結 その場限り ぎこちない手の動き セイシ 一塊りの滴 就職組 優等生 進学 情熱が実を結び 定時制高校 手を取り合って 貧困 3者面談 認知症 フル勃起 尿道に唇と舌で刺激 具に舌を這わせ 溢れ出たシル 丁寧に舐めあげ 高齢者 文化遺産 守番 二束三文 二輪車 女が男に跨って ヌード 疑わしい目つき 戦中戦後 遊興に耽った 透明な密が溢れ 偏見 固く張りつめた粒 書画骨董 質素倹約 希少価値 半ば開いて 脚を開いて見せ 大胆にも太股を触り 認知テスト 無償の愛 梃子 茶飲み 覇権争い 下半身は現役 悩み事相談 毛を摘んで見せた 記念 凄く毛深い 排尿介助 身体介助 連れ合い うつろ 脇腹を突っついた 妖艶に微笑み 女の勘 まさぐりながら エッチな雰囲気 長い歳月 魅入って 左足を肩で担ぐ 脅し 盗撮 複数の漢 許可 ふしだらな女 露わ エッチしてる様子 伊豆の温泉 猟奇的な交尾 グロマン パックリ割れた襞 フェラ抜き 屈曲 即尺 嗅ぐ 信じられない された腹いせ 松葉崩し 軽はずみ 付き合う 怖ず怖ずと 出来ちゃった 締め人棒 待ち合わせ 恋路 婚外性交渉 カップル交換 ラブホテル 初対面 ゲンノショウコ 薬効 解放感 貫通式 父娘相姦 晒し 薬草 躊躇いもなく 身代わり 欲得より官能の方が勝って 喘ぎに似た声 よがり声 瞬時の快楽を貪る 他生ハメ 込み まさぐり合い 生臭い体液臭 じっくりと鑑賞 前を握りしめ 溜息を突いた 大きめな粒 白目を剥いて 商業科 後続列車の車輪 やや厚ぼったい襞 その部分 放物線を描いて 貶められた 金の無心 同房 真後ろから撮った 脚を大きく開いた 若後家 3P乱交 猟奇モノ 暴漢 切れ込み ヌード写真 現金書き止め 義務教育という概念 エッチな写真 悩ましげな視線 毛むくじゃならなもの ペアルック 腰を激しく擦り付け 恋人同士 ビキニ 利己主義的思考 呑兵衛の宛 売春まがいのこと 将棋賭博 クン二 口先だけ 盗撮動画 売春防止法に抵触 黒人 母親 盲目的野獣 狼藉モノの侵入 調教 変態極まりない行為 メソメソ 退屈 通せんぼ 一方は素足のまま パソコン 画像 三十半ば 動画 赤んべえ 一緒に寝て 犯罪人登録 切りウリ 仮釈放 情状酌量 収監 業界関係者 嘘で塗り固め 隠れ忍ぶ 伊豆 青荷 一人じゃ心細い 覗き込んだ 追い掛けるように 身体をすり寄せ 列車 その部分のドアップ 肩越し 重苦しい沈黙 耳たぶを軽く噛み始め 昇龍 鉄火の女 二組の布団 女中が気を利かせ 黄金色 墓参り 身体を観察 クッキリ入った溝 裸のまま布団に 女の子の視線 スジ 業界でも一目置く 白い身体 仕込み デジカメ 脚開いて 大きめの突起 黒ずんだ襞 黄金水 ハエ叩き 組を抜け 度胸 刺青 伯父さん やんちゃ 廃慕・墓じまい 改宗 大量のTシャツ 寝たふり 見せしめ 名前だけ旧名 同様旧態依然のやり方 御歳暮の申し込み 真っ暗な線路上 トイレに立てこもり ポイント 誘導員 飛び降り 切羽詰まった声 切符切り 無賃乗車 麻美の茂み 黒々として 駄菓子屋 卑しき女衒 10円程度で買える菓子 つかの間の安息日 藪蚊に食われ 墓地脇 嫌らしい動き 黒い姿 写真で見慣れた景色 ヌメッとした感触 腰を屈め アワビの踊り焼き あの部分を連想 身体がピクンと震え 発情がぶり返して 性器に触れ おびただしい愛液 包皮がめくられ クリトリスが剥き出しに 太くて硬い器具 クリトリスを擦る治療方法 膣壁を擦るように進攻 陰唇を開いて 小陰唇がまとわりつく 小陰唇をかき分け 膣壁を執拗に擦られ 乙女の泉をかき廻され 膣の洗浄 おびただしい愛液にまみれ 男のモノ 弓のように反り返って ポジティブワード 初デート カラダ目当て ラップスカート 別の縦線を想像し ゆる腹筋 一番最後の治療 ヘルペス 鎮まりかけていた快楽の炎 抽挿 恥ずかしい蜜液が溢れ 中で出し 放心状態 乱交パーティ 生交尾 婦人科 医師 触診 スカートを脱ぐ 患部 白いTバックショーツ 引締まった上半身 小さなニキビ ノーパン&スカート わざとらしい泣き顔 膝丈のワンピース 奴隷 唇に軽く口づけ ぷぅっとふくれた顔 三角形の布切れ デルタ地帯 嘴のような形 治療の一環 クスコ くちばしが開き シモネタ 薄暗い四畳半 M字開脚 膣内を検査 男性医師 皮をかむったまま 淡い恥毛 恥骨 クリトリスを硬化 へそ出しコーデ 気分が高ぶって 生暖かいものをぶっかけられ 楚々とした美しさ 嫁も舅とのセックスに没頭 セックスは濃密 春のつむじ風が吹き荒れ 騎乗位に変換 心ときめかせるほどのベッピン 木履で地面を蹴り 白い頬に紅が射し 首を縦に振る 艶めかしく映る 秘裂をこじ開け 薄壁ひとつ隔てた屋外 嫁相手の生ハメ 喘ぎを漏らし 素直に快感を告白 足音を忍ばせ チラリと舅を見やった 下着を毟り取って 淫臭漂うクレバスを舐め まるで包み込むように取って寝間に誘おうと 物思いにふけって 仕込んで 亭主の持ち物チェック 腰を振った 自ら蜜唇を突き出す 泣き出しそうな声 身体をピクピク痙攣させ 肘立て伏せみたいな体勢 すっぽりと咥え込み カリの部分 強姦めいた青姦 あわや背面座位に 嫁いで間もない嫁の身 カットソーの中 甘い嬌声 ぬめった舌先 年甲斐もなく溺れ 若鮎のような肢体 乳首を吸われ 硬直したペニス 身体中涎まみれに おまんこ 夜這いに応じる 股間をびりびりと痺れさせ ねっとりと指がうごめく しゃくり上げが止まらない 義父を禁断行為へと煽り立て サカリがついた 精気を搾り取ろうとする 肉柱を頬張る キャンディーを舐める 平常心も音を立てて崩れ 猛り狂った舅 下半身が熱を帯び 吐息が乳輪にかかる 飢えきった若妻 交接行為 歯茎をも舐め上げ あそこ 締め付け 会陰 沸騰寸前 アヌス 劣情を煽る 悶々 拒絶 療治 射精 ウンコ アナル拡張 よがる 産婆 真空パック 搾乳機 スキンシップ じらし オナった M字に開脚 美容効果 過激交尾 成長真っただ中の性 鞍替え 姉弟姦通 焚き付け かかあ天下 意思疎通 嬲られる 定優等生の回答 尻魅せ 情交 セーラー服の少女 盗み聞き パイプカット 浴室 輪姦乱交 ピル 野外 隣人 筒抜け 肉と肉のぶつかり合う 揉み合うような気配 裸で抱き合っている姿 絞り出すような呻き 肉感的 女の喘ぎ 久しぶり 素っ裸 若鮎 うなじの後れ毛 不憫 展望台 苦しみ 妖しげな手の動き 慈愛に満ちた説教 色即是空 搾取 娘を欲しがる 娶合わせ 横取り 痕跡 唸り声を発しノーパン 恫喝 まっぱ エロ本 筋一 顔をかしげ 小さくて柔らかい手 上使い ロリコン ノーパンスカート 背面側位 歓喜と羞恥イキ ま○こ 無毛 女子高生 女性器 ぺろっと舐め 兄妹でセックス 鮮血 ぎこちない舌使い 女性上位 座位 幼すぎる 唾液 子供特有の香り 清潔感 顔射 しごいて ぺったんこ 一本のライン 皮がむける 肉厚の恥丘 陰唇 恋焦がれた女 こじらせ 女の何たるか 親子丼 恨みがましい目つき スカトロ 先輩の肉棒 こじらせ童貞 スワップ 姉弟の淫声 年下に惹かれ 3P 2穴 熟れ切ったアソコ 如何にも狡猾な人妻 ピストン 亀頭 ゆっさゆさ たゆんたゆん お姫様抱っこ おっぱい 膣内 朝立ち 強制的なセックス スケベ妻 男女混声の三重唱 派手な服装 泥沼の三角関係 秘めやかな会話 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
「 知佳の画像掲示板 FC2」以降のリンクは利便性を鑑み取り付けています。
QRコード
QR
参加ランキング
人気ブログランキング


アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
98位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
10位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム
メールは日に何度かチェックしています。お気軽にお寄せください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogと【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」の中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
拍手ランキング
この拍手は「ランクレット」と同様の意味合いで取り付けています。

他の人にお薦めしたいときに記事の上部にある拍手ボタンを押して頂くとあなたがお選びになられた記事がカウントされます。
おすすめ官能小説
18禁官能小説集です。
官能小説投稿
小説を書いたら投稿しよう
小説家になろう

小説を読もう!は「小説家になろう」に投稿されたWeb小説や作品を無料で読める・探せるサイトです。

小説家になろう
小説家になろう

入谷村の淫習を投稿中


愛と官能の美学
愛と官能の美学

愛と官能の美学は投稿も出来ますがご投稿もしていただけます。
お薦め


官能文書わーるど
官能文書わーるど

「官能文書わーるど」の管理者しょうた様はご多忙のため掲載には少々時間を要します。


Pixiv
ひそかに心を寄せる茶店の女店主
各種掲示板
注意書きに沿ってそれぞれの掲示板をご利用下さい。
知佳の画像投稿掲示板
知佳の画像投稿掲示板 image
FC2レンタル掲示板、投稿画像&彼女・妻自慢にご利用ください。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の画像掲示板
知佳の画像掲示板
FC2レンタル掲示板、投稿画像などFC2&国内法に適するなら書き込み自由。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の書き込み掲示板
知佳の書き込み掲示板
書き込みの文章や画像など、規約に沿った内容でお願いします。
Shyrock様のご厚意により宣伝効果大


官能テキスト掲示板
官能テキスト掲示板
当掲示板は小説等更新時の案内用としてご利用ください。
違法画像、児童ポルノは厳禁です。
商業目的の使用は禁止です。
ご利用に当たって相互リンクの有無は問いません。


知佳の書き込み&
投稿画像掲示板
知佳の書き込み掲示板
自撮り画像掲示板
★当掲示板は自分撮り、他人撮り等オリジナル画像限定でご投稿ください。


Kaede's Room
画像掲示板
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。
ブロとも様 相互リンク様専用  画像掲示板です。宣伝にご利用下さい。


知佳の掲示板
知佳の掲示板
HTMLにて画像挿入可能です。

投稿写真動画
素人投稿写真/素人投稿動画/素人オリジナル限定の素人投稿専門サイト
紳士淑女の夜の社交場 image
投稿写真動画 画像
35,000 (08/11/23時点)

投稿画像の壷 image

盗撮・覗きetc
どていばん.コム image
昔は盗撮が横行して……いやいや、今でも立派に横行しています。
そんな気分を味わいたい方にお勧めなのが「どていばん.コム」です。

着エロ@電脳女学園 image
着エロ、パンチラ、制服美少女、グラドル、お宝女優、えっちなお姉さんをまったりと楽しむ。そんなリンク集と画像掲示板サイトです!

緊縛・凌辱
アンテナ
更新情報を素早く掲載、宣伝に効果的

読みたい小説を簡単に探し出すことが出来ます。

ブログの登録を依頼し掲載してもらうだけで訪問者が増えます。
宣伝効果が期待できます。
  • 小説・詩ランキング

  • 動画ナビあんてな

    以下「知佳の美貌録」コンテンツ
  • 知佳の美貌集
    上位優遇の強弱設定を弱く上位優遇に設定するなど公平性を高めています。
  • 知佳の小説系アンテナメーカー
    上位優遇の強弱設定を弱く上位優遇に設定するなど公平性を高めています。




  • R小説の栞

サイト内リンク
知佳の美貌録(総合)
知佳の美貌録(総合)バナー
一般ページ

知佳のサイト内では道路標識的役割のページ。


Japanese-wifeblog
Japanese-wifeblog ban
ブログを始めよう思って最初に手掛けたページ。
FC2のまま継続していたとしたらブロ友数の多さが目を引く。
検索エンジン登録数も他のページに比べ桁外れに多いのがこのブログ。


元ヤン介護士の
知佳のブログ
元ヤン介護士の知佳のブログ ban
ぶろぐ村に登録しているブログ



letsgochikaのblog
letsgochikaのblog ban
ライブドアブログ




知佳の美貌集
知佳の美貌集 バナー
アンテナ2号館



知佳の小説系アンテナメーカー
知佳の小説系アンテナメーカー バナー
アンテナ1号館



Sexcy style
Sexcy style ban
カリビアンコムなどの有料動画の最新情報を観たい方はこちら。


知佳の美貌録(総合)
舞ワイフ ~セレブ倶楽部~ 171 ban
不倫・不貞、他人棒の総合案内こちら。


最新動画
日下部ひながぼ…
日下部ひな


人気ランキング
アクセスランキング
100位まで