FC2ブログ

悲壮感漂う姦通

 当時運悪く入谷村に残らねばならなくなった村人には一種の悲壮感が漂っていました。 現状を何か別の方法でもって打開しない限りこの苦境から抜け出せそうにないからです。

 入谷村内はともかく、そこから山をいくつも越えた先にある野田原 (のうだはら) などこのままの状態が続けば間違いなく孤独死しなければならないような状況でした。

 どう見ても義道さんの出稼ぎはうまくいってるようには見受けられません。

 生計が嫁いで来たあの頃珠子さんに夢を語ってくれた時のように立ち行かないからです。

 義道さんはもうとっくに体力を使い果たし、残るは気力のみとなっていました。 だから余計に心配でした。

 確かに誰をもうらやむ美形の妻を山深い自宅に残し里に出稼ぎに出るなどということはよほどのことでもない限りできません。 心配事というのが寝取られです。 入谷村の悪しき噂はよく見聞きしてるからでした。

 それでも出かけねばならなかったのは妻との間に出来た子供たちを立派に世に送り出すためでした。 この時代、財布は大方の世帯では当主が握っています。 主要産業がないだけに先祖代々受け継いだものを切り売りと、まるで博奕のようなやり方で生計を維持していたからです。

 いつかはこれを脱しなければと思いながら気が付いたときにはすでに遅くこの状態のままでは到底珠子さんに責任を擦り付けるような形で渡せなかったのです。

 この日も炎天下に早朝からセメント運びをやらされくたくたになって会社に辿り着いたというのに遊び惚けた奥さんは亭主の苦労も知らず酒を進めて来たのです。

 「あら~ よしちゃん呑んでるぅ~ ツマミそれで良かったかしら」
「ああ・・・ はいっ ちゃんと頂いてます」
遠慮深げに入り口付近に突っ立ちコップを捧げる義道さん、すると何を思ったか奥さん、いきなり表に駆けだし向いの魚屋に駆け込み造りを持ち帰ってきました。

 「気が利かなくて悪かったわねえ~。 これをアテにして呑んで頂戴」
そそくさと奥の事務所に引っ込んでいったんですが、この酒もそうなら先ほどの魚屋の支払いの折もつい今しがた社長が受け取ったばかりの現金封筒を握ってのことだったのです。

 実はダム工事でのセメント運びはその日の終わりに即金で払われており、その上がりに応じて従業員は事務所を出る前に集められこれまた分け前を現金で手渡されるんです。 今呑んでる酒は事務所へお歳暮に届いたもので (中元・歳暮の酒は酒屋に下取りさせていた - お歳暮の酒なので半年以上経った色が変わりつつある酒を定価で振舞った) 先ほどの造りも含めちゃっかり封筒の中から抜き取って山分けにされるようなんです。

 少しでも多くもらいたい義道さんにとって今度は分け前がどう分配されるかが心配でたまりません。 ところが妙なことに時には運転手が一番偉かったなどとのたまい社長分を水増しして分配するなどやらかすスケベながらとてもけち臭いご婦人なんです。 正平さんはともかくとして義道さん、ハラワタが煮えくり返り呑めない酒も呑まずにおれなくなりました。

 このトラックにも問題がありました。 結構新しそうに見え使い勝手の悪いトラックだなと正平さんに聞いてみて驚いたのは、運送業を考え付いたきっかけが竹 (竹材屋に卸す孟宗竹) を積む為だったそうなんです。 一般的な2トン車に比べ荷台が高いうえに制限一杯積むと狛犬スタイルでヨロヨロ走るようになるんです。 シャーシがわざと軟弱に作ってあるためでした。 そのためセメントを積んで荷台に乗ってると排ガスと船酔いで気持ち悪くなるんです。 正直者の義道さんはそれでも頑張るしかなかったんです。

 「ホントに大丈夫なの? そんなになってまで山川運送さんに義理立てすることないんじゃない?」
「そんなこと言ったって、滅多にこんな高給支払ってくれる親方いないんだぞ」
疲れが溜まり、それとは反対に気が立って眠れないものだから呑めない筈の酒をわざわざ買って来てコップに注ぎ煽る義道さん

 「ちょっと~ せっかく作った夕食どうするのよ」
「いらん、子供にでも食わしとけ」
「子供たちはもうとっくに食べて寝てますよ。 ったく、あなたのお勤めは昼間の仕事なんでしょ? 今何時だと・・・」
「え~いっうるさい! 黙れ! 男には男の付き合いがある。 儂に里からここまで歩いて帰れと言うんかお前は~」

 山川運送社長夫人は夫の仕事の何たるかを知りません。 夫が仕事に出た後は寝て過ごすお気楽人だからです。 その怠け者のご婦人が何故か新人の義道さんにぽ~っとなって仕事上がりにお酒をふるまうようになっていったんです。 相方の送迎を担う左官屋の池之原正平さんもお酒は極端に弱いものの父親の幸次さんに似て好きで平気な顔して呑んでるんです。 義道さんも正平さんの軽の三輪車に乗せてもらい通勤してるものですから付き合い上呑まないわけにはいきません。

 19時近くなって仕事を上がり、そこから呑み始め22時になって初めて気が付いた風を装いよろけながら正平さんがハンドルを握り入谷村の中組 (なかぐん) の左官屋前で義道さんを降ろし自身はサッサと家に引っ込んでしまうため義道さん、仕方なくそこから本谷 (ほんだん) を通って野田原 (のうだはら) 越えをやるんです。 帰宅が深夜になるのも無理はありませんでした。

 「昨夜も鼾が酷かったわよ。 息が止まるかと思えるほど・・・」
「儂だけが鼾をかいてるとでも! お前が言えたことか~」
最後まで言いそうになって止めてくれたものの珠子さんもご主人に合わせた生活を続けていたものだから寝つきが悪くなっていたんでしょう。 心不全風の呼吸をするそうなんです。 久しぶりにオ〇ンコを昼間まさぐられたことでその気になって珠子さん、ご主人に水を向けようとし逆に言い争いになってしまいました。

 大体社長夫人たるもの夫をよしちゃんなどと呼ぶだろうかと考え、それを浮気と勘繰り余計に腹が立って眠れなくなったんです。

 珠子さんが義道さんのために朝食に供したのはだから昨夜の夕食でした。 義道さんは酒臭い息を吐きながら一気にそれを掻き込み地下足袋をはいて玄関を出たんです。 この日ばかりは素早過ぎて珠子さん、後を追いかけようにももう玄関に出てみたら影も形もありませんでした。

 その時間帯よりやや早めに寛治さんは自宅を発ちました。

 入谷川から別れ本谷 (ほんだん) 川を遡り長嶋巌さん方の庭先を過ぎるともうそこは完全な獣道です。 滅多に人が通りませんから誰かが通れば降り積もった木の葉が足跡の部分だけ違う色合いになります。

 義道さんは自宅を発ち尾根道に差し掛かる頃、これから向かおうとする本谷 (ほんだん) への下る道の中間点をを誰かが確かに登った跡があるのを見つけました。 しかし珠子さんの様子はいつもと変りないことからむしろ独りで留守を守って田の草取りを頑張ってくれてる方に気をとられ男の存在に気付かなかったのです。

 男と女の関係とは不思議なもので連日のように締め込みを行っていれば次の日も何ら警戒することなく誘えるものを、一度何かの都合で断ったりすれば次のチャンスをモノにするには相当な勇気が必要です。 義道さんは珠子さんが淋しくしていることに気付いていながら目の前に立ちはだかる漢社会の権威の方に気が行きどうしても抱いてやれなかったんです。

 寛治さんは過去に幾人もこういった状態に陥った所帯の人妻を施しを餌に締め込みに誘い逝かせ堕としていますので、珠子さんについても家計もさることながらオ〇ンコの具合などとっくにお見通しでした。 面の皮を厚くし、ただ一押ししてやるだけで股を開かずにはおれない状態になるほど珠子さんはと言おうかご無沙汰オ〇ンコは今オトコを求め狂い始めているからでした。

 それを一番感じているのは当の義道さんであり珠子さんの筈で、夫の義道さんは力自慢をひけらかしに出かけ負けが込んでしまい股間が萎えてしまっているのに比べ寛治さんは珠子さんのシルを塗り付けてもらえたものだから今や珠子さんのことだけを想い四六時中ハメたくておっ勃っているんです。 その自信に満ち溢れた男根を他人妻は待ち焦がれてくれてる筈でした。

 女性、殊に人妻はこうなった (一度逢瀬を交わしてしまった) 殿方に極端に弱いんです。 生活の一部どころか生きていること自体寛治さんのためと想い始めているに違いないと当の寛治さんは考えていました。

 義道さんが見過ごしたその足跡こそ珠子さんを寝取るべく野田原 (のうだはら) に向かい本谷 (ほんだん) 川を遡り獣道を登って来た寛治さんのモノで義道さんが尾根を越え本谷 (ほんだん) まで半ば下りた辺りで本来ならばすれ違ってた筈なんです。

 寛治さんは義道さんが里に向かって稼ぎに出る姿を確認しなければと道を上に逸れ物陰に隠れてしばし、目の前を下っていく義道さんを見送りがてら棹をズボンの中から引き出し唾をつけ擦ってたんです。
「珠子よ待っとれ。 今すぐこいつをぶち込んで気持ち良くさせてやるからな」

 そうこうしてるうちに義道さんの姿がまるで坂を転がり落ちるように目の前を通り過ぎ入谷村に向かって下りて行ったんです。
彼女が一体全体どういったやり方を一番好むのか、おおよそ昨日の締め込みで答えを引き出していた寛治さんは今日こそと張り切りました。

 尾根を野田原 (のうだはら) 側に下り始め道半ばのところを少し脇に逸れると今はもう使われなくなった炭焼き釜があります。 寛治さんが何気にその脇道の奥に目をやると何故かそこに珠子さんが立っていました。
「誰かと思ったら、おう、おはよう。 イヤに早いじゃないか」
「寛治さん、あなたこそ」
そう言うと珠子さん、後ろを振り返りもせず炭焼き小屋に向かって歩き木陰に消えていったんです。 寛治さん、慌てて追いかけ炭焼き小屋の中でようよう珠子さんを捕まえました。

 「こんなとこで無理に犯そうなんて気はこれっぽっちもないんだ。 ここでヤリたいんなら自分で脱いでくれないか」
「わかったわ。 脱げばいいのね」
売り言葉に買い言葉、珠子さんはサッサとパンツを脱ぎ炭俵を敷き横になり股を広げました。

 「今日もきれいに手入れして来てるじゃないか。 本当はやりたかったんだろ?」
寛治さんは普通にしていてもそれと分かるほど出逢った時にはもう前を膨らませていました。 その目的である珠子さんのオ〇ンコを見下ろしながら突っ張ったズボンを脱ぐと中から弾き上がるようにしながらマ〇が飛び出しました。

 「あああ・・・たまんねえなあ~」
珠子さんのオ〇ンコをぺろりと舐め上げ、早速取り出したマ〇の切っ先をクレバスに沿わせ何度も何度もシルが溢れ出るまで撫で上げました。

 何度も撫で上げるうちに昨日のこともあり珠子さんの腰が浮きオ〇ンコが上向きになり膣の中で蠢く具が確認できるまでになったんです。 でも今朝の珠子さんの反応は明らかに昨日とは違い無反応と言いましょうか、膣は反応し始めてくれているのに心ここにあらずなんです。

 それでも唯一救いだったのは珠子さんのクレバスを伝ってシルが滲みだしたことでしょうか。 寛治さんはそれを亀頭冠で掬い取って陰部全体、殊に蜜壺周辺とアナルに塗りたくりました。 そうやっておいて昨日珠子さん自身が挑戦し挿入に苦しんだ小さな入り口の攻略に踏み切りました。

 なるほど納得で、亀頭冠の先が半分程度埋まりそうになったところから奥に突き進もうとすると粘膜が裂けそうな雰囲気になるんです。

 時に娶わせを中断し幾度もクレバスとクリを舐めたり吸ったりしながらトロトロになるのを待ちました。

 しかしその間にも人様の炭釜で情交を行ってることもあり焦りが生じとうとう最後は強引と知りながら無理やり挿し込んでしまいました。

 この日の寛治さんは朝方妻の身を心配しつつ峠を下って行った義道さんの顔が思い浮かび、益々寝取りたくなって胃がせり上がるほど狂おしかったんです。 胤付けというよりこの漢 (上背もさることながら恰幅も完全に寛治さんが負けていた) から珠子さんの身も心をも奪い取りたくてたまらなくなってたんです。

 一方珠子さんは未だふたりの漢を巡り心は揺れていました。

 寛治さんは前日から珠子さんの中に出したくて堪らず夜もろくに寝てませんでしたので挿入できたと確信すると兎に角突きました。 それでも無反応と分かると今度は挿し込んだまま首筋を舐め上げました。

 多少反応が出始めたのは一旦引き抜きしゃぶらせた後でした。 観念したのか珠子さん、寛治さんのマ〇が再びオ〇ンコを割ると小さくうめき声が漏れ始めたんです。

 この頃になって寛治さんの棹に珠子さんの膣粘液がまとわりつきぐちゃぐちゃと音を立て淫臭も立ち上り始めました。 肉胴はもちろんのこと亀頭冠に明らかに珠子さんの肉球が絡みつきヒタヒタと欲情を伝えて来始めたんです。

 こうなると寛治さんが唇を求めてもあからさまに拒否されることは無くなりました。 時間が経てば経つほど男女の情交ですので粘膜が反応し始めるのが普通です。 ところが珠子さんはとうとう寛治さんの気持ちを受け入れずじまいで炭焼き小屋を後にすることになるんです。

 珠子さんにとって馴染んだ野田原 (のうだはら) の暮らしは心地よく義道さんさえと思うにつけ離れがたい土地でした。 この地で平穏に暮らすことが出来るなら間漢との締め込みも或いは楽しめたかもしれません。 事実寛治さんが頑張って田んぼの雑草を抜いてくれた時は手放しで喜んで締め込みに没頭しました。

 しかしその夜夫から聞かされた会社でのことは珠子さんを不安のどん底に突き落としたんです。

 ダム工事というからには合同企業体に属し、そこから直接上がりを受け取ってるものとばかり思っていたら何のことはない、ただの下請けの更に下請けの使い走りを、上前を撥ねられながらさせられていただけだったんです。 しかもその運送会社の社長夫人の言動は都合が悪くなれば何時でも切るような言い方に思えてなりませんでした。

 綺麗だの美しいだのと言われても珠子さんは実は勝手に家を飛び出しフラフラしているところを義道さんに拾われ山奥に連れてこられ食べ物や衣服を与えられてるうちに情が移り結婚に合意しただけのオンナだったんです。 暮らしていけなくなっても帰る家はもうありません。

 その点において山川運送社長夫人と何ら変わりはなかったんです。

 なんとしても頼りになる漢をつかまえ前向きな暮らしを手に入れなくちゃなりません。 それなのにこの山奥で暮らしてきた義道さんにはそれがどうにも理解できなかったようなんです。 それじゃせめて寛治さんの方から遠回しにでもと考えて今に至ったんですが、当の寛治さんはただただ女の胎内に濁流を注ぎ込みたいがため来てくれただけとわかったんです。

 「今日は昨日出せなかった分も含め中に出したかったんでしょ? それなら余計なことしないでサッサと出して帰ってよ」
「いやにつんけんしとるな~ そうかい、わかったよ」
寛治さんはこれまでの女と同様、気が逝くまで腰を振り続け背筋に幾度かツーンとした感覚がよぎった辺りで引き抜き珠子さんの剥き出しになったオ〇ンコに向かって放ちました。 長時間に渡って想い続けただけに名の如く膿のように濁った精液がほとばしりました。

 この時の珠子さん、つくづく寛治さんを可哀想だと思いました。 何故なら恐らくこれまで一度だって本当の意味で添い遂げても良いと思える女に向かって渾身の濁流を胎内に飛沫いたことは無いだろうと思われたからです。 だからせめても今回だけは貸してあげても良いとまで思ってこう告げたんです。 それを理解してもらえなかったことが悲しみを一層深くしました。 今の寛治さんなら恐らく夫の義道が誑かされてる山川運送の従業員にでも夫の前で色目を使うような奥さんにであっても誘われたら全力でのしかかり濁流を放とうとするに違いないからです。

 寛治さんが小屋を去ったあと、珠子さんは起き上がると小屋の真上に向かって山を登りました。 尾根道を少し左に行くと安達家の墓があるからです。

 その墓に立つと眼下に安達家の田畑や家が見えます。 暫らくそこにいて更に左に道を取って大窪のある田の一番突き当りまで行って今度は畦道を通って家路に向かいました。

 (そうよね。 安達家のご先祖様だってこの家が絶えたとしても誰か助けてくれない限り身動きできないんだものね )
ここに嫁いだ時、この地で一生を終えるんだと心に誓ったはずでした。
義道さんが運送会社を諦めて帰って来てくれたら、改めてお願いし使ってもらおうと心に決めた瞬間でした。

関連記事

テーマ : NTR 他人棒に欲情する女
ジャンル : アダルト

tag : 野田原寝取られ義道さんセメント山川運送社長夫人珠子さん寛治さん男と女の関係炭焼き小屋

コメントの投稿

Secret

その他連絡事項

ブログ記事として残さない呟きをここで行います。
Shyrock様からバナーを頂きました。

【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」バナー
相互リンク用バナーとしてお使いください
Size : 200 x 40



Shyrock様への投稿
読み終えた方は感想をこちら (Shyrock様掲示板) にお願いします。
小説感想掲示板
プロフィール

知佳

Author:知佳
当ブログは創作小説及び実話集がメインとなっています。

序文 (おおよそ500字) と本文で構成されていて「続きを読む」をクリックしていただくと本文を読むことが出来ます。

関連ブログはこちら
Japanese-wifeblog

カレンダー
08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

鬼灯に涕す

世津子の秘密部屋・・オナニー日記

赤星直也のエロ小説

20代肉便器妻の性処理道具な日々

熟・変態女教師

恵子の妄想

セイカツ日記~夫婦の性活~

寝取られ体験談

手コキとフェラとM男と痴女 CFNM 痴女風俗探訪記

日々の妄想を形にして(SM小説)

嫁の体験リポート

鳶屋の艶本

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

これも愛なんだ
タグクラウド
文字をクリくすると関連記事が検索できます。

欲情 婚外恋愛 背徳行為 寝取られ 近親相姦 生ハメ 凌辱 姦通 覗き見 締め込み 誘惑 浮気 中出し レイプ 妄想 人妻 他人棒 母子姦通 裏切り 自慰行為 輪姦 W不倫 不倫 鬼畜 バイブ 寝取らせ 夫婦交換 貸し出し ワンナイト きむすめ 童貞破り 騎乗位 未通女 女性リーダー SM M字開脚 旦那制度 暴走族 クンニ 強姦 足入れ 混浴 しゃぶる 濃厚精子 花街結婚 義父嫁姦通 お風呂入り 手コキ 真夜中 有名女優 嫉妬 フェラ うぶな 使用済み 悲恋 完堕ち イタズラ 露出 嫁の羞恥 禁断 指マン 育児放棄 愛撫 寝取り 生ハメ・中出し 四つん這い 淫略 乱交 ごっくん 年下 襲い来る恐怖 未知の物体 官能ホラー ゴルフ 脱出不能 公衆便所監禁 同一マンションに居住 告白 オナニー 愛と官能の美学 性教育 顔騎 Shyrock 秘密の恋愛 パンチラ クリトリス 未亡人 交尾 夜伽 義理の母と子 母子相姦 姉弟相姦 童貞 新妻 夜逃げ 飢え 二股 売春 他人妻 娶わせ 屋外露出 モンペ 夜這い 雇女 息子の嫁 肉便器 覗き マムシ 熟女 禁断の性行為 尿意 奪い愛 放尿 出逢い系 ご無沙汰 風呂 横恋慕 スワッピング 堤先生 10代のチ〇ポ 生ハメ・生姦 男根願望 母子家庭 野外露出 素人 恋人交換 いじめ 性癖 忍び逢い 想い出づくり 自慰 母娘 生活保護 脅迫 洗濯物 レズ 疑心暗鬼 タンポン 輪姦・凌辱 清拭 羞恥 人妻・熟女 ミニスカ ヒトトキ チラ魅せ ネトラレ 誘導尋問 魅せ付け 淫靡 禁断の関係 母と息子 二股誘惑 カーセックス 痴辱恋愛 強制性交 女囚 屈曲位 追っかけ ぶえん お義母さん 経産婦 旅籠 ホンバン行為 NTR 咥え 夜を鬻で 身を堕とし 自己陶酔に陥る 六十路 嬲って憂さを晴らす 媚薬 仮釈 女衒 男鰥 寝バック 電マ 美乳 仕返し 絶頂 乳首 仲居 童貞狩り 寛治さん 義道さん 躊躇い 珠子さん 舐め 黒い茂み 保釈金 乳房 シチリア 秘肉をなぞる マン繰り返し 淫臭 月に1度の憂鬱な訪問者 オカズ 近親愛 口淫 背徳的 顔面騎乗 チューブトップ 警備員詰所 檀家 日照り 髪結い 住職 おしっこ 魔の誘惑 すらりと伸びた脚 パンパン 姉弟誘惑 万引き マンネリ化 年下の男の子 素股 お母さん 春を鬻ぐ ディルド 3P乱交 シモの世話 妊婦 落書き 潮時 枕芸者 不特定多数 兄と妹 鎌首 キス お試し ご奉仕 デリ面接 肉棒 二股不倫 トランクス 自慢 男根  男を惹き付け 粘膜 くぐり戸 発情 優秀な男 男と逢瀬を重ね 素人人妻 出逢い 旦那 義母 イタリア 逆ナン 下半身 超ミニ 全裸  失恋 太股 パンティ 背面騎乗位 チ〇ポとオ〇ンコの娶わせ 嫉妬と苛立ちを増幅 禁断の愛 臭いを嗅ぎ 恋文 結婚 未開発 まぐわう 屋外 月のものが止まった ざわめき 浮気の代償 意識し始め 張形 未開の地 荒勘さん くぱー お潮 恋焦がれ 運搬自転車 痛い サカリ  壁ドン妻 縄張り セックス 下働き  剛毛 鑑賞 京都 ゴム 浮気心 夫婦生活 性行為 同衾 間男 躰の関係 アナル 緊縛 お色気 AV女優 痴女 巨乳 性欲処理 ワレメ 怒張 お下げ髪 セーラー服 女教師 もてなし プレゼント攻勢 翳り  バツイチ うなじ 花弁 蜜壺 廃屋 しゃぶり 性的興奮 女日照り 肉体労働 熱い視線 母子 働き口 ショーツ あえぎ声 唇を重ね 不貞 愛欲 須恵乃さん 口内炎 鯉こく 栄養補給 身体検査 胤の受け渡し ワンギリ 割れ目 父娘 コッペパン マングリ返し 飯場 SEX 結婚詐欺 貧民窟 自己顕示欲 ツンデレ 自信過剰 我慢 睨み据え 淫らな光景 長い黒髪 クロッチ 女将 哀願 完全勃起 コンドーム フェラチオ 夢精 98Fの胸 若いミルク 油ののりきった女体 本やビデオで勉強 妄想癖 堕胎 女の部分 打擲 遺産相続 ブラック 露天風呂 すぼまり 兄妹相姦 黄金排泄 青姦 聞き耳 小便臭い小娘 後ろめたい 毛唐 初めて 訪問介護 オイタ 対面座位 剥き出し 虐待 後ろのすぼまり 添い寝 輪姦・乱交 痴漢 下駄箱 顔を跨ぎ 性具 出戻り ぶっかけ 菊門 無理強い  貢ぐ 娼婦 温泉 快感を伴う 暗闇 超常現象 清楚 後家 妻の気持ち 夫婦の交換 セックスレス 屈辱的な姿勢 よがり狂う 淫声 危険な冒険 夫婦円満 安全日 妊娠・出産 畜生道 逢瀬 快楽に翻弄され 夫婦喧嘩 牝蜜を涎のように垂らし 血管が威嚇 姉への口姦 お菓子 流出画像 淫らすぎるキス 見栄 洗い場の湯椅子 息子の肉棒を愛撫 胴体 片手と手ぬぐい 睡蓮 神童 せっくす 全裸の野性的な美女 牝獣 栄枯盛衰 立ちんぼ 漢漁り 旦那以外の漢 性的欲動 専業主婦 ぬめる感触 上司と部下 パート従業員 舌に蹂躙 義母の肛門 肉リング 跪いて 双臀を割り裂く イチジクの実の形 敗北を伝える さいなませる 暴行 腹部が波打つ 手アワビ わいせつ 引き寄せる仕草 寸前まで追い込む 豊尻を拝む あの匂いが嗅げる 部屋で待つ女 シモの話し 風景に溶け込む 街角に立つ すっぽりと咥え カウパー液 酒池肉林 3輪車 主婦風の女性 遣り手 洗面台に片手を突きながら 濃厚な妖艶さに満ち 肩に片脚を乗せ開いてくれ 包皮を剥きにかかった 禁忌のタブーを犯し 頭部を支え腰をわななかせ 悪い母親 シングル エプロン姿 金玉マッサージ 悪戯 パンモロ 春の臭い  色町 指を口に当て 謝罪 体位変換 ヘンタイ 馬乗り オナホ 狭い肉道 ピストン攻撃 中で字を書かれ たらい回し 義母の胸元 アナル責め 義母のパンティー クリーム色のシミ ベルを鳴らしてきた 乳房の肉丘 豊尻の底 下腹部の繁み 匂いを嗅ぎ 義母の汚れ物 釣鐘型の真っ白な肉丘 ノーブラ ふたつの豊かな膨らみ ぽってりとした唇 お口で愛し お尻を愛し 甘い体臭 丹念に洗って 肉の悦び 根元 血が付いて カップラーメン 自由恋愛 淫習 ただまん 開脚 生理 出血 正常位を強要 後期高齢者 交尾に酔いしれ 半勃ち お漏らし 呆気なく登り詰め マッサージ 口元がついほころんで 悪戯っぽい目 靴が片方なくなって 通学路 農道 悪ガキ 転校生 一方は素足のまま 囲われ 残留物 タヒチの踊り 真っ赤に腫れ 吸って 縞蛇 何年ぶり 腰を前後に擦り始め 跨った 健忘症 まだらボケ 戦争ごっこ チャンバラ 独り遊び 差別社会 よそ者が紛れ込む 三輪車 掃除道具入れ ままごと道具 リカちゃん人形 白いカスが付着 蹂躙 大きな空洞 春を鬻ぎ 抱きしめ 孕んだ 母乳 女の指先 クリッとした目 押し付けられた唇 無防備な状態 反射的に脚を閉じ 奥を探った 強い匂いが沸き上がって バージン 襞の中をくまなく 最初の人 シズク 膝と膝が擦れ合う 舌なめずり よーいドン ギラギラ ひる 聞き耳を立て 拳を握り人差し指と中指の間に親指をめり込ませる 一糸まとわぬ姿 されるがまま それを待っている自分 壁に押しつけ クロッチの上から 寝室へと誘った 視姦 独身時代の恋愛 真珠のネックレス 女房と乳繰り合う輩 若い彼の肉体に溺れ 夫のベッド 密会 誕生日 義理マン 咥え込む 擦り ペニス 秘所 墮ろした 部室でレイプ 罪意識 擦り付け 抽送 不義密通 悶絶 私の中にインサート 夫では味わえなかった充実感 サカル 失業 熱い肉棒 乳房を掴む 背徳感に酔いしれて 子宮口 肉体関係を持つ 熱い液体 刺激 小さな布切れ 新婚 6つ上 学生 オマンコ 週末の夜に一度 毎晩 家庭訪問 浮浪児 69 通せんぼ 大人のエゴ 路上生活 罵倒する教頭 担任の女教師 貞操帯 裸身を晒し 極上の作法 性興奮 ためらって 野獣 荒々しい抽送 中でさく裂 一人よがりな欲望 理不尽 男が欲しくて 大切な場所 左半身の姿勢 腰をよじって うつむいて 破廉恥極まりない きれいな割れ目 夜のお仕事 妻子持ちの男を誘って ローター バイブレーター 携帯電話 留守電機能を解除 半透明の液体 力づくで抑え 強請る おびただしい液体 放尿前の感覚 独学 転校 カスバの女 よそ者 食うや食わずの生活 恥骨裏側 排他的思想 連れ込み 妾話し 締めつけ ほどよい潤滑油 怒張したいちぶつ 欲望が激しく炸裂 膣道に滲み出す愛液 のの字交尾 いやらしい音 万引き犯 潮吹き 上玉 枕がふたつ 全身をわななかせ しっぽり濡れ 着崩した寝巻 叔母息子姦通 移民 放浪 クチ吸い 恐怖で支配 嫁舅 責任転嫁 騙し合い 脱衣 学生証 禁断の恋 イラマチオ ナマ着替え 極楽浄土に送ってもらえ 青姦・立ちバック アソコを魅せつけ 身体の関係 生臭い濁液 肉感的な尻 両手で秘所を覆って 意地の悪い詰問 紅筆 白い紐 吸収体 秘豆 パパ活 ネグレクト 性病 使用目的 膣口 深い悔恨に包まれ 拒絶の態度 簡易ベッド 無言の圧力 暴露 割れ目を拡げ 野球拳 複数の漢 偏見 定時制高校 貧困 商業科 貫通式 父娘相姦 解放感 就職組 情熱が実を結び 丁寧に舐めあげ 溢れ出たシル 具に舌を這わせ 認知症 3者面談 優等生 進学 晒し 薬草 前を握りしめ 身代わり 躊躇いもなく じっくりと鑑賞 溜息を突いた 白目を剥いて 大きめな粒 ラブホテル 初対面 ゲンノショウコ 薬効 恋路 待ち合わせ カップル交換 婚外性交渉 フル勃起 尿道に唇と舌で刺激 無償の愛 大胆にも太股を触り 認知テスト 梃子 覇権争い 連れ合い 茶飲み 下半身は現役 悩み事相談 記念 脚を開いて見せ 半ば開いて 毛を摘んで見せた 凄く毛深い 身体介助 排尿介助 手を取り合って 欲徳に直結 部屋の鍵が掛かって 襞に埋もれた粒 柔らかな感触 やってる それを示す匂い 高齢者 尿が出にくい 久仁子の割れ目 臭い 他人の女房を寝取る 性的欲望 その場限り セイシ 一塊りの滴 ぎこちない手の動き 生臭い体液臭 まさぐり合い 隣人 筒抜け 肉感的 パイプカット 盗み聞き 輪姦乱交 浴室 女の喘ぎ 絞り出すような呻き 切羽詰まった声 屈曲 即尺 秘めやかな会話 揉み合うような気配 裸で抱き合っている姿 肉と肉のぶつかり合う 野外 ピル 若鮎 うなじの後れ毛 慈愛に満ちた説教 不憫 展望台 苦しみ 妖しげな手の動き 色即是空 痕跡 素っ裸 久しぶり 娘を欲しがる 搾取 横取り 娶合わせ フェラ抜き うつろ 露わ 許可 脅し ふしだらな女 左足を肩で担ぐ 妖艶に微笑み 魅入って 盗撮 出来ちゃった よがり声 欲得より官能の方が勝って 喘ぎに似た声 瞬時の快楽を貪る 込み 締め人棒 他生ハメ 脇腹を突っついた 女の勘 信じられない 怖ず怖ずと 付き合う 兄妹 嗅ぐ 猟奇的な交尾 グロマン 軽はずみ された腹いせ 長い歳月 まさぐりながら エッチな雰囲気 エッチしてる様子 松葉崩し 伊豆の温泉 ヌード 疑わしい目つき 呑兵衛の宛 売春まがいのこと 義務教育という概念 将棋賭博 クン二 口先だけ 平手打ち 現金書き止め 金の無心 その部分 真後ろから撮った 脚を大きく開いた やや厚ぼったい襞 放物線を描いて 同房 貶められた 利己主義的思考 ビキニ 飛び降り ポイント 誘導員 後続列車の車輪 無賃乗車 トイレに立てこもり 切符切り 列車 身体をすり寄せ エッチな写真 悩ましげな視線 毛むくじゃならなもの ペアルック 腰を激しく擦り付け 恋人同士 切れ込み ヌード写真 調教 変態極まりない行為 狼藉モノの侵入 赤んべえ 一緒に寝て 伊豆 青荷 盲目的野獣 黒人 動画 画像 パソコン 三十半ば 退屈 母親 メソメソ 一人じゃ心細い 覗き込んだ 盗撮動画 売春防止法に抵触 収監 3P乱交 若後家 暴漢 猟奇モノ 業界関係者 情状酌量 隠れ忍ぶ 追い掛けるように 嘘で塗り固め 切りウリ 仮釈放 犯罪人登録 真っ暗な線路上 寝たふり 仕込み 黄金水 ハエ叩き 騎乗 白い身体 脚開いて デジカメ やんちゃ 伯父さん スジ 昇龍 鉄火の女 業界でも一目置く 度胸 刺青 組を抜け 黒ずんだ襞 大きめの突起 二束三文 戦中戦後 遊興に耽った 守番 二輪車 エッチ 女が男に跨って 質素倹約 希少価値 パックリ割れた襞 身体がピクンと震え 透明な密が溢れ 固く張りつめた粒 書画骨董 文化遺産 耳たぶを軽く噛み始め 重苦しい沈黙 アワビの踊り焼き 腰を屈め 写真で見慣れた景色 あの部分を連想 黒い姿 卑しき女衒 嫌らしい動き ヌメッとした感触 黒々として 名前だけ旧名 見せしめ 大量のTシャツ 御歳暮の申し込み 同様旧態依然のやり方 麻美の茂み 和姦 駄菓子屋 10円程度で買える菓子 裸のまま布団に 女の子の視線 クッキリ入った溝 女中が気を利かせ 二組の布団 その部分のドアップ 肩越し 身体を観察 黄金色 墓地脇 つかの間の安息日 藪蚊に食われ 改宗 墓参り 廃慕・墓じまい 痴態 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
(相互リンクも含む)
QRコード
QR
参加ランキング
人気ブログランキング
アクセスカウンター
現在の閲覧者数:
ジャンルランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
303位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
官能小説
19位
サブジャンルランキングを見る>>
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランクレット
Japanese-Wifeblogと【知佳の美貌録】高原ホテル別版 艶本「知佳」の中でGoogle アナリティクスが選んだ一番読まれている記事をランキング順に表示しています。
おすすめ官能小説
18禁官能小説集です。
官能小説投稿
小説を書いたら投稿しよう
小説家になろう

小説を読もう!は「小説家になろう」に投稿されたWeb小説や作品を無料で読める・探せるサイトです。

小説家になろう
小説家になろう

入谷村の淫習を投稿中

愛と官能の美学
愛と官能の美学

愛と官能の美学は投稿も出来ますがご投稿もしていただけます。
お薦め

官能文書わーるど
官能文書わーるど

「官能文書わーるど」の管理者しょうた様はご多忙のため掲載には少々時間を要します。
アンテナ (アクセスアップ)
更新情報を素早く掲載、宣伝に効果的

読みたい小説を簡単に探し出すことが出来ます。

ブログの登録を依頼し掲載してもらうだけで訪問者が増えます。
宣伝効果が期待できます。
各種掲示板
注意書きに沿ってそれぞれの掲示板をご利用下さい。
知佳の画像掲示板
知佳の画像掲示板
書き込み自由。
記入位置はスレッドの一番下にあります。


知佳の書き込み掲示板
知佳の書き込み掲示板
画像は3枚までアップ可能
文中にURL挿入可能
Shyrock様のお取り計らいにより宣伝効果大

知佳の掲示板
知佳の掲示板
HTMLにて画像挿入可能です。

投稿写真動画
素人投稿写真/素人投稿動画/素人オリジナル限定の素人投稿専門サイト
拍手ランキング
この拍手は「ランクレット」と同様の意味合いで取り付けています。

他の人にお薦めしたいときに記事の上部にある拍手ボタンを押して頂くとあなたがお選びになられた記事がカウントされます。